オートバイライフ

バイクショップ選び 一人で始める上手な始め方 ショップの選び方

老ライダー
老ライダー
オートバイを購入する時の

ショップ選びの方法が

わかります。そんな内容です。

いよいよバイクライフをスタートするあなた

もうどんなバイクを買おうかとすでに候補は決まっていることでしょう。

バイク乗りの友人、仲間もいないあなた。 バイクを乗ってバイクの世界を広げたければ不安になることでしょう。まして、今まで乗ったことのないメーカーであればなおさらですね。

ここでは、どのメーカーが良い!
というような偏見に満ちたアドバイスをするつもりはありません。

どこで買ったらいいか?

結論から言って、 こう言えます。

バイクショップ選び次第で あなたのバイクライフ 充実します!

それによってはバイクの世界の広がり方も違います。

乗り始めたはいいがいつも、一人で走りに行っているうちに目標も魅力も感じなくなり

乗り機会が減っていく、なんてことにならないように ちょっとアドバイスして差し上げます。

まずは、バイク ショップ選びから これが重要です。

老ライダー
老ライダー
そうそう!。ショップ選びが重要なのです!

読んで見て!

では目次です。

①オートバイ どこで買うべきか?

各販売店別にメリット。デメリットを考えていきましょう。

(1)メーカー直営店やディーラー

ショールームも兼ねた大規模な店舗で、主要都市にありますね。

●メリット
1 車種が豊富で希望のバイクが置いてあり実際に触れられる。
試乗できるイベント等もある。

2 任意保険以外にも店独自の保険・保証サービスも充実している。

3 値引きも多少期待できる。

4 人気車種も直営のため、他より納期が早い。

5 整備面で専門店ということで信頼できる。

6 部品も豊富に在庫している。

✖️デメリット
1 選べる車種がそのメーカーのみ

2 対応が表面的

3 純正部品以外の扱いには消極的

(2)大型量販店

全国300店舗を展開するチェーン店等ののことですね。

●メリット
1 選べる車種・メーカーが豊富。

2 トラブルの際にロードサービスのメリット他、独自のサービスがある。

✖️デメリット

1 整備に専門性がなく信頼性を欠く場合がある。

2 人気車種の納期が遅い。

3 希望車種の取り寄せには取り寄せ料金が発生する。

4 担当者が異動により変わる場合もある。

(3)地域密着のバイクショップ

当然代理店契約のあるショップですが、メーカー直営ではない店。

●メリット
1 フレンドリーで個人的な繋がりが出来やすい。

2 1メーカーだけの取り扱いではなく選択の幅も広い。

3 地域密着型のイベント等を積極的に行うショップもある。

4 担当者が変わらず、個人的な希望にも融通が利く。

5個人的な繋がりが作りやすい。

✖️デメリット
1 展示車種の種類が少ない。

2 値引きがあまり期待できない。

3 人気車種の場合、入荷が遅くなることもある。

4 整備が人手の点で時間がかかることがある。

老ライダー
老ライダー
ここからが本題ですぞ!! よく読んで!
書斎

②オートバイ購入 大事なのは価格だけではない。 理由は?

一見すると、直営店や大手量販店での方がメリットがあるように感じますが、

大事なことは、家から遠くなく、修理等の困った時に便利なショップ。

これからの付き合いを考えると、実はこう言うタイプの店の方がメリットがある、という考え方の方が正解だと思います。

(1)優先するのはアフターサービスと便利さ

 

つまり、近くて便利がやはり一番です。

(2)見極めよう! バイクショップ

 

つまり、家から遠い直営店やディーラーより、希望の車種が手に入るなら近くの店がやはり良いのです。

だた、ショップの整備や対応に関する見極め これはやはり大事です。

特に、どんな車種やバイクの活動に力を入れているのか?自分の希望車種に力が入っているかどうか? 分かりやすいショップなら間違い無いでしょう。

(3)バイクショップ選びで今後のバイクライフに影響あり

これは重要で、バイク購入後にあなたのバイクライフに一番影響を

及ぼすのはバイクショップの方向性次第ということです。

あなたは、一人でバイクを始めたわけですから、違うバイクの世界のことはまだわからないはずです。

購入したバイクショップがイベントで 例えば、サーキット壮行会に力を入れているとか、オフロードの草レースに熱心だとか、ツーリング活動も行っているとか、バイクのカスタムが得意だとか、その地域ならではの活動を行い、顧客との繋がりを深めようと努力している特徴があるはずです。そればあなたの興味に合えばそこで新しいバイクの世界が広がっていくでしょう。 新しい出会いもできることでしょう。

こればディーラー等では無い世界だと思うのです。

ですから、その店の特徴に興味が持てれば良い繋がりができることでしょう。

③バイクショップとのつながりが大事

(1)買い方の裏技 大型店で触れ、地域の店で買う

 

説明した通り、希望の車種が近くのバイクショップで展示されていなければ。

そこで 裏技ですが、 近くショップ以外の大型店や直営店に行って触れてみましょう。

そして購入申し込みは、雰囲気の良いと思得たあなたの家に近いショップでね。

(2)地域密着型のバイクショップ 選び方のコツ

先ほど軽く触れましたが、 整備体制や接客等の態度も含めて好感が持てたら、そのショップの力を入れていること、あなたが興味が湧く活動等があるか確認しましょう。

バイクを買う前提で話を聞けばわかることなのです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

( 筆者の体験談)

私も、地域密着型のバイク屋さんには色々お世話になりました。草レースに参加するサポートもしてもらいましたし、イベントにも参加しました。レースやセカンドバイクの売買も良い条件でやってくれたり。以前、私は転勤族でしたので、各地域で関わったバイク屋さんではやはり、小規模の地域密着型の店が、色々のバイクの世界を私に教えてくれたと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ

まとめと筆者の意見

バイクをどこで買うか?を書いてきました。

候補としては大きなショールームの直営店・ディーラーが便利。

価格面・各種保証等では充実したサービスです。

しかし、、、、買うときの価格だけがメリットではありません。

ここでは、バイクとの付き合いに欠かせないバイク屋さんの選び方を別角度から書きました。

転勤等で同じ場所に住むことが叶わないのであれば、どこにでもある全国チェーンの方がサービスを引き継いでくれると言う点で良いかもしれませんが。

そう、 あなたが今の地域に長く住む予定の方なら、地域に根付いたショップで是非、購入することをおすすめします。家の近所の地域にあなたのバイクの世界を広げてくれる良いショップがきっとあると思います。

老ライダー
老ライダー
私の経験談です。

参考になったら幸いです。

色々なショップを見比べてみましょうね。

バイクを高く売りたい!スマートに売るための基礎知識とコツバイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識...

 

 

 

 

 

 

 

NEW スマホ ホルダー

【革新的】新しいタイプのスマホ ホルダーは簡単脱着

\詳細を見てみる/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です