オートバイ知識

アドベンチャーバイク中型スモールクラス  比較して失敗しない方法

人気のアドベンチャーバイクですが、実用的な中型(スモールクラス)を比較した記事です。車種選びの参考になり役立つはずです。

このスモールクラスは、バイクに乗り慣れていない方や初心者にも最適です。

パリダカール・ラリー等で活躍するバイクがモチーフ、今や バイクの人気のカテゴリー ”アドベンチャータイプ”

オフロードとツアラーの機能をミックスしたオールラウンドタイプとして人気なのは皆さんご存知でしょう。

試乗レポートなどを研究して現在発売中の車種の良い点悪い点をまとめてみました。

初心者の方にも参考になると思います。

人気のアドベンチャーバイク 大型はすごい! 日本でどこを走るの?人気の大型アドベンチャーバイクについての考察 本当に必要なのか?日本人や日本に合っているのか?...

人気のアドベンチャーバイクの特性


人気のアドベンチャータイプは大型バイクが始まり

大型クラス → ロングツーリングで一日1000キロもの移動が可能
ただし、パワーも重量もあり決して手軽なバイクとは言えません。

ミドルクラス → 2から3泊ほどのツーリングや、オフロード走破も可能
日本人の体型に合っているがやはり手軽ではありません。

スモールクラス →見た目は大型クラスと同様ですが実用的
シート高も低くなり、身長の低い方でも安心して乗り出せる設計のもののあります。

初心者にも乗りこなせる上、多少の悪路も走行可能
タウンユースでも気楽に使用できる。

このスモールクラス の人気が高まっている。と言うわけですね。

アドベンチャーバイクは中型(スモールクラス)が良い

 

理由はスモールクラス は車検がないこと。これは維持費の点で大きなメリットですね。

 

今や、注目されているのは中型クラス
日本人の体格に合っているのはミドルクラス
しかし、 もっと気軽に手頃なスモールクラス

 

日本の各メーカーも入門者をターゲットにオフロード車からの変更車種も発売しています。今後面白くなるカテゴリーです。

アドベンチャーバイク中型は、初心者にも日本の事情にも最適

 

リターンライダーもなじみやすい 操縦安定性も魅力です。

オフ車ベースのバイクは安定感があり非常に運転が楽なバイクです。

バイク入門者にも最適です。

大型のアドベンチャーバイクは欧州で大人気ですが、 よく考えてください。

日本人の体型や道やバイクの使い方のことを。

欧州では、石畳や荒地などを超rより異動で走破するバイクの使い方のため、需要があるのです。

日本の道路事情とは違います。小回りのきく中型が日本では使いやすい。これも理由です。

アドベンチャーバイクに似合う専用ヘルメット14選【おすすめ入門編】アドベンチャーバイクにかっこよく似合う専用ヘルメット ハイブリッドなマルチパーパスがおしゃれ おすすめ14選 ...

アドベンチャーバイク 中型ならではの 使い方

 

中型(スモールクラス)は軽量で気楽にタウンユースに使えます。

また、キャンプツーリングの需要も増えています。

つまり、ちょっとした悪路を少し走る機会が有るという程度です。

軽い中型なら、多少の悪路も初心者でも安心して走れることです。

アドベンチャーバイク 中型の メリット・デメリット

車検がない。(維持費が安く済みます)

軽量 (初心者でも安心)

タウンユースにも手軽に乗り出せる

大型車と比較すれば価格が安い

見た目は堂々としたアドベンチャーバイクの風格

絶対的パワーはない(高速走行などは苦手)

一日に長距離を走るようなツーリングには向かない

本格オフロード走行にはそれほど適していない

所有することでのステイタスはない

 

しかし、 実用範囲で考えると、これで良いと思うのです。
”見た目” ”風格”は 大型と変わらず 男っぽいバイクです。

アドベンチャーバイク 中型 車種別紹介

 

これから日本メーカーも 車種が増えると予測できますが、現在の車種は以下のような内容です。

今後 国内メーカーヤマハもセローに変わる新型を出してくる気もいたします。

 

 

① SUZUKI Vストローム 250ABS

SUZUKI Vストローム250 特徴

 

今一番売れている中型アドベンチャータイプ
前後17インチタイヤを装着 オンロード走行重視タイプ

SUZUKI Vストローム250 良い点

 

堂々とした車格・見た目

シート高が800mmと低めの設定

ナックルガード・フック付きリアキャリア・センタースタンド標準装備

ガソリンタンク容量17Lと大容量で燃費も良い

価格的にクラスナンバーワンの低価格(中国での製造)

エンジン形式水冷並列2気筒
排気量・馬力248cc 24ps
車両重量188kg
シート高800mm
車両価格61万3800円

 

 

SUZUKI Vストローム250 悪い点

オフロード走行にはあまり向いていない。
17インチタイヤではオフロード走行を過信しない方が良い。

オンロードタイヤ装着だがサスペンションストロークがオフ車ほどないため、タイヤをブロックタイヤに変えたとしてもオフロード走行には不向き

② Kawasaki VERSYSーX ツアラー

Kawasaki VERSYSーX ツアラー 特徴

ツアラーという名称の通り、パニアケース ナックルガード リアキャリアを標準装備

このクラスではパワフルなエンジンで高速道路走行も楽々こなす。

エンジン形式水冷並列2気筒
排気量・馬力248cc 33ps
車両重量183kg
シート高815mm
車両価格70万4000円

Kawasaki VERSYSーX ツアラー 良い点

スポークホイール オンオフ両用タイヤ

フロント19インンチタイヤは悪路でも安定して走行できます。

ツアラー としての装備が標準装備

Kawasaki VERSYSーX ツアラー 悪い点

低速トルクがなくサスペンションも本格オフロード向きではないため、オフロード走行には技術が必要

③ HONDA CRF250ラリー

HONDA CRF250ラリー特徴

CRF 250L をアドベンチャー仕様にして発売

ベースはオフロード車フロントタイヤ径21インチの本格オフ車仕様

エンジン形式水冷単気筒
排気量・馬力249cc 24ps
車両重量157kg
シート高895mm(LD 835mm)
車両価格66万3000円

HONDA CRF250ラリー 良い点

パリダカに出る CRF450ラリーのイメージを再現

大型スクリーン 異形2目ヘッドライトは夜道でも明るく安心

スポークホイール・ブロックタイヤの本格オフローダーの流れのためアンダーガードも装着

前後度起立したABS採用でオフ走行に心強い

車体が157kg と軽量

HONDA CRF250ラリー 悪い点

シート高が高く、足つき性が不安な場合がある。

LD(ローダウン)仕様もあるがその場合のサスペンションストロークは、本格オフ走行には十分ではない。

④ BMW G310GS

BMW G310GS 特徴

車検なしの250ccクラスではないですが、注目のBMWの小型アドベンチャーバイク

後方排気・前方吸気 後方にエンジンシリンダーを倒したユニークなエンジンレイアウト

BMWのアジア向け戦略の一環 小排気量車で低価格路線(インドで生産)

 

エンジン形式水冷単気筒
排気量・馬力313cc 34ps
車両重量170kg
シート高820mm
車両価格69万5000円

BMW G310GS 良い点

車格は兄貴分の大型GSに匹敵するような堂々としたものがある。

車体も上質な仕上がり

820mm のローシートと 850mmのハイシート仕様も選択できる

国産車に負けない低価格の設定

BMW G310GS 悪い点

ABS以外の電子制御機能はない。シンプルな構造

ガソリンタンク容量が11Lと少なめ

フロントがハイスクリーンではない
(高速走行ではやや不安)

サスペンションストロークは本格オフ車ほどではないストローク。

アイドリングに近い状態での走行はエンストしやすい。
3000回転以下の回転数は使えないエンジン特性

失敗しないアドベンチャーバイク 中型(スモールタイプ)の比較 まとめ

まとめと筆者の意見

最近注目の小型アドベンチャー バイクについて書いてきました。

乗りやすいと言う点で、バイクに不慣れな初心者や運転に不安のあるリターンライダーの方でも安心して乗れるカテゴリーのバイク

それがアドベンチャーバイクです。

各車とも個性的デザイン、男らしい見た目で本格志向 しかもタウンユースでもこのクラスは楽々楽しめます。

さらに今のトレンドであるアウトドア志向にもマッチして、

これから車種が増えるカテゴリーではないかと思います。

上記のレビューの各車種の 良い点悪い点を吟味していただいて、あなたの車種選択にお役立てください。

このアドベンチャーバイクの小型は、大人のバイクライフが楽しめます。

私も今後の、アドベンチャーバイクに期待しています。

老ライダー
老ライダー
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

【関連記事】アドベンチャーバイク専用ヘルメットについて

アドベンチャーバイクに似合う専用ヘルメット14選【おすすめ入門編】アドベンチャーバイクにかっこよく似合う専用ヘルメット ハイブリッドなマルチパーパスがおしゃれ おすすめ14選 ...

 

【バイクを売る・ スマートの高く売る】

\バイクを売りたい場合チェック/

バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策を解説...
バイクの売るならどこがいい?の疑問に答えます。買取業者を選びましょうバイクの売り先はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...
バイク記事一覧roriderblog

●バイクローンの賢い組み方

バイクローン探しの近道

 

バイクでローンを組むなら銀行から借りる方が有利です。

クラウドローンは銀行ローンの代行業者

●ネットで3分で診断完了

●金利の安い銀行を探して交渉

交渉はクラウドローンにお任せ
(金利の安い安心の銀行マイカーローンが選べます)

●登録無料
闇金業者ではありません。
(2020年スタートの新システム)

バイク店の信販ローンとの金利差は約7%
(銀行のマイカーローンの金利は約3%
バイク店は約10%)
3年で100万円のローンなら13万円もお得です。
200万円なら26万円もお得)。

バイクをローンで買うなら
銀行のマイカーローンを使いましょう!

\サイトで3分間診断/
クラウドローン

 

●欲しいバイクを探そう
(中古バイク)
\Zutto Ride Market/

\ 欲しいバイクを探す/
\【登録無料】/

バイク盗難保険

盗難保険は任意保険とは違います。
盗難に特化した保険です。

ZuttoRide保険はロードサービスとセットもあります。

1日25円からのZuttoRideバイク盗難保険

●ロードサービス JAFなら安心


\JAF会員の内容を見る/

なるほど!使えるねJAF

●バイク保険に入っておこう

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!

<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

●バイクの置き場所を確保しよう(レンタルボックス)

(全国対応 あなたの近所で探せます)
屋根付き・屋根なし・本格バイクヤードが選べます。
●IF物件はバイクに使えます。(物件多数)

トランクルーム、レンタルボックス、バイクヤードなら加瀬倉庫!

\バイク用レンタルBOXを探す/

>>バイク専用(バイクヤードは4タイプ

>>レンタルボックスもバイクで利用可能

●バイクの買い替え資金を確保しよう(バイク買取業者)

バイク王に無料見積依頼をしよう!

\No. 1のバイク王にアクセス/
バイク王

\ネットで簡単査定のバイクワン/

バイクワン

◆バイクを売る方法のおすすめ記事

バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策を解説...
バイクの売るならどこがいい?の疑問に答えます。買取業者を選びましょうバイクの売り先はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...

【バイク関連】
【カテゴリー別記事一覧】

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ
老ライダー
老ライダー

気になる項目の記事をチェックしてみてくださいね♪

バイク用品

\ヘルメット・季節ごとのウエア・バッグ類など/
\バイクに関する役立つグッズについての記事/
>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ24選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ24選を紹介します。...
普段着でおしゃれにバイクに乗りたい。最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込む大人のバイクには、レトロでカジュアルなセンスある大人のバイクファッションを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...
バイクインカムのおすすめ 最適な選び方と目的・予算別16選バイクインカムのおすすめ16選 最適な選び方と目的・予算別に考える...
バイクガレージを予算10万円以内で実現 バイクを守る保管庫5選バイクガレージを10万円以内で実現 しっかり保管する保管庫5選...

キャンプツーリング

\キャンプツーリング全般について/
\バイク・キャンプ道具・積載グッズの記事/
>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

テントがあればキャンプツーリングは簡単 選び方とおすすすめ11選バイクのキャンプツーリングを始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント選びについて おすすめテント11種の紹介...
バイクでキャンプする便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...
ツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適にツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適に...
キャンプツーリングの積載 効率良い5つの方法【ソロキャンプ編】キャンプツーリングの積載 効率よく荷物を積む工夫と方法を考える【ソロキャンプ編】 5つの積載方法...

 

バイクを高く売る

\バイクの売却方法について/
\買取業者情報や売り方のコツやヒント/
>>INDEX一覧

【注目記事】

バイク王の買取査定交渉術で上手にバイクを売る方法バイク王の買取査定交渉術で上手にバイクを売る方法...
バイクの買取のコツ 高く売るための査定業者選び 損しない方法バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?バイク買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...
バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策を解説...
ローンが残ってるバイクでも売れるのか?全然問題なく売れますよ!ローンが残っているバイクでも売れるのか?ハイ、全然問題なく売れますよ! 買取専門業者なら可能です。...
傷のあるバイクは売れる?ボロボロでも売れる?治して売るかの考察少し問題のあるバイク、壊れたり傷や凹みがあったり、動かないバイク、ボロボロのバイクなどを高く買取してもらうには、修理をすべきなのか、そのまま売るべきなのか?最適な方法をアドバイス...
バイクを個人で売るのはトラブルの元 買取専門業者ならすぐ売れるバイクを個人で売るのはトラブルの元 すぐ売れてトラブルのない買取専門業者に売ろう...

オートバイライフ

\バイクライフの提案記事/
\バイク選び・バイク免許/
\ツーリング/

>>INDEX一覧

【おすすめの記事】

バイクローンの借り方の簡単な方法 低金利のローンが3分でわかるバイクローンを低金利で組むおすすめの新システムの紹介 低金利の銀行ローンをネットで診断する安心のサービスの紹介(クラウドローン)...
中古バイクの250ccはネイキッドがおすすめ 安く買える車種20選手軽な中古バイクを買うならネイキッドタイプの250ccが断然おすすめ 安く買える狙い目20車種...
スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種のおすすめ これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...
タンデム旅行の荷物 最強の積載方法とおすすめバッグ20選タンデム旅行の荷物は3つの積載方法で最適になる。おすすめバッグ20選...
【二輪教習特化】バイクの快適教習ができるおすすめ合宿教習所7選【バイク特化】合宿教習所のおすすめ 二輪教習で快適に過ごせる教習所7選...

オートバイ知識

\バイクの知識全般/
\エンジンや車種タイプについての記事/
>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

\バイク初心者向けの記事/
\バイク入門・バイク用品選びなどの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

バイクの免許は合宿で取るのがおすすめ 短期間で取れて出会いもあるかもバイクの免許は合宿で取るのがおすすめ 短期間で快適な環境でじっくり教習でき、出会いも期待できるのでメリットがいっぱい...
40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめ250ccバイクランキング8選 初心者向けを徹底比較バイク初心者におすすめの国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...
ツーリングのおすすめバイク25選 目的や内容で全く変わる選び方初心者向けツーリングのおすすめバイク25選 ツーリングの目的や内容で選び方は変わる...

バイク保管・盗難防止

\バイクの盗難防止対策について/
\ガレージライフ・ロック・盗難対策の記事/
>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクのアパートでの保管について解説...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックやアンカーバイクの盗難は2度と経験したくない。 経験者が最強のバイクロックと防犯対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る究極の方法。盗難防止と快適空間バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える快適空間を手軽に作る究極の方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

\バイクに関する雑談/
\バイクの歴史・情報などの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

\外車の魅力について/
\各メーカーの車種紹介の記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...
かっこいい大型バイク 手に入れたい外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

\バイクのカスタムについて/
\基本的なカスタム・旧車のカスタム/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

●コンタクトフォーム お問い合わせはこちらまで●