オートバイ知識

バイク ロイヤルエンフィールドは”シーラカンス”のような 希少なバイク

イギリス発祥のインドのバイクメーカー ロイヤルエンフィールドは実に希少なバイクの持つ、個性的なバイクメーカーです。

どんな希少な魅力があるのか?

または購入に当たっての疑問点が解消できる内容になっています。

その魅力をご紹介します。 単気筒や2気筒の空冷エンジン好きの方はもちろん、個性的な自分だけのバイクをお探しの方、読んで損はない内容ですよ。

 

バイク選びに悩む方
バイク選びに悩む方
個性的なバイクが欲しんだけど、ロイヤルエンフィールドってどう個性的なの?

外車だけど大丈夫?

老ライダー
老ライダー
詳しくご説明しますね。

自分だけの一台をお探しのあなたにはぴったりかもしれませんよ♬

 

ロイヤルエンフィールド バイクはインド製


ロイヤルエンフィールドは1901年に世界で最初のオートバイを作ったイギリスのメーカーで、現在はインドの会社となっています。当然製造もインドです。

ユニークなバイクを製造すること、そのポリシーの基づき、現在残ってきたと推測されます。

1970年代の日本メーカーの台頭により多くの二輪メーカーは淘汰されてきましたが、
ロイヤルエンフィールドも例外ではなく、最終的にはインドの会社に経営権を譲渡し生き残ったという経緯があります。

そのポリシーとは 1960年代のイギリスのバイクのスタイルをかたくなに守ってきたこと言うことです。

そして、今のそのポリシーは変わりません。

言ってみれば ”バイク界のシーラカンス” とも言えると思います。・

ロイヤルエンフィールド バイクの特徴 バイク界のシーラカンス?


何がシーラカンスなのかと言いますと、

はい、そうなんです。 とにかく 昔から変わってないのです。

デザインは、レトロ
もちろん、デザインだけではなく、 エンジンもかなり今では個性的です。

昔のままです。

当然、最先端のエンジンのコンセプトからは、かけ離れていますので、性能・スペック的には見るものはありません。

しかし、 それが ”味” なのです。 ”バイク界のシーラカンス”という理由です。

この”希少性”が今では注目すべき点なのです。

ロイヤルエンフィールド バイクはこんなバイク

 

デザインは、先ほど書いたように、1960年代のバイクの匂いがします。

肝心なエンジンですが、 ”空冷” です。 そして”単気筒”と”2気筒” です。

ロイヤルエンフィールド バイクはどんな人に向いているか?

 

まず、向いていない人を挙げてみれば分かりやすいと思います。

ハイパワーのバイクが好きな方

バイクの”鼓動感”や”パルス感”がわからない!という方

4気筒のエンジン音が”かっこいい”と思う方

スポーツライディングやサーキット走行に興味がある方

最先端デザインが好きな方

人気のあるバイクが安心と思う方

 

では、向いている方を挙げてみますと

単気筒バイクの鼓動感が好きな方

人と被らない個性的なバイクが欲しい方

バイクを乗り慣れたベテランの方

今時のバイクのハイパワーバイクに興味がない方

今風のデザインでなく、レトロなバイクが好きな方

飽きないバイクが欲しい方

 

考えてみるとこんなこんな感じでしょう。

では、詳しくロイヤルエンフィールドのこと見ていきましょう。

2気筒 と 単気筒 いずれも空冷です。

ロイヤルエンフィールド バイク 2気筒エンジン

 

レトロで変わらない”ロイヤルエンフィールドですが、

時代と共に進化もしてきています。

現行車種は インジェクション仕様となっています。

空冷並列2気筒エンジンです。

クランク角は 270°   クランク角て何? という方は

クランク角とは複数あるエンジンのピストンの上下するタイミングのこと

このように大まかに3タイプ 270°クランク角は 心地よいパルス感を感じやすく、回転が上がりトルクの出やすいエンジン形式(詳細は別記事で説明しますが)

味わいのあるVツインエンジンと同じパルス感を得られる ”味のあるエンジン形式”と理解してください。

ロイヤルエンフィールドは このエンジン形式を採用しています。

乗り味にこだわっているのです。

ロイヤルエンフィールド バイク 単気筒エンジン

 

こちらも現行車種はインジェクション仕様になっています。

今はほとんど現存しない ”ロングストローク”単気筒エンジン これが特徴です。

ロングストロークエンジンは、 強いトルクと鼓動感を生み出すエンジンです。
現在は、エンジンの性能向上には向かないとして、ハーレーくらいしか採用していません。

ロングストロークエンジンてなに? という方は

ロングストロークとは、エンジンのピストン径と上下するストロークの関係が、ストロークの方が大きいこと

エンジン回転は上げづらいのですが、強いトルクを発生するエンジン(古典的)です。

反対なのがショートストロークエンジン
高回転型のハイパワーエンジンはすベて”ショートストローク”です。

トルク感の強いエンジンは、4気筒ショートストロークエンジンでは味わえない鼓動感です。

※鼓動感の強いバイクとしてSR400が挙げられますが、実はあのエンジン ”ショートストローク”エンジンです。
その同じピストン径のSR500ですら”ショートストローク”エンジンなのです・

ですから、 強烈な鼓動感はハーレーに匹敵するエンジン それが”ロイヤルエンフィールド”の単気筒エンジンなのです。

ワクワクしてきませんか?

ロイヤルエンフィールド バイク どんな人におすすめなのか?


いうまでもなく、今までの話を聞いて ”ワクワクした方”が今バイクに向いています。

では、車種を紹介いたしましょう。

ロイヤルエンフィールド バイク 車種紹介

現行は 5車種です。 2気筒 単気筒の順にご紹介します。

ロイヤルエンフィールド コンチネンタルGT650


カフェレーサースタイルのシート・レトロなクリップオンハンドル仕様
ABS  新開発のエンジンです。

もちろん270°クランク採用のエンジンです。 2019年発売

コンチネンタルGT650 動画

https://youtu.be/JBJbvHWyhAI

エンジン OHC空冷並列2気筒648cc
パワー 47ps
シート高 793mm
車両重量 198kg
タイヤ径 前18 後18インチ
価格 79万5000〜83万9000円

 

ロイヤルエンフィールド インターセプター650(INT650)


ロングシートのネイキッド タイプ アップライトなハンドルポジション
他はGT650と同じ

エンジン OHC空冷並列2気筒648cc
パワー 47ps
シート高 820mm
車両重量 198kg
タイヤ径 前18 後18インチ
価格 77万6000〜82万1000円

”アドベンチャータイプ” ヒマラヤ


インジェクション化した 今人気の”アドベンチャータイプ”
この ヒマラヤ はシート高はこのタイプにしては低めで800mm

ユニークなデザインが特徴
もちろん、ロングストロークの単気筒エンジン搭載 最大トルク発生は4250回転 扱いやすいエンジンです。 2018年発売

※以前の名は ヒマラヤン 現在は販売代理店が変わり名称を変更

アンダーガード・リアキャリア・フレームガードが標準装備

ユニークなデザイン 二重のフロントフェンダー  ヘッドライトからタンクにかけての”ガードフレーム”か個性的。 ヘビーデューティなアウトドア志向の人にはカッコよく見えるでしょう。

 

特筆すべきは、燃費の良さです。定地走行燃費で45km /L

15リッタータンクなので計算すると、東京⇨大阪間無給油で走れることになります。

ヒマラヤ動画

https://youtu.be/5gPbbr6Leto

エンジン OHC空冷単気筒411cc
パワー 24,5ps
シート高 800mm
車両重量 199kg
タイヤ径 前21 後17インチ
価格 62万5000〜70万円

ロイヤルエンフィールド クラシック500


どこまでもクラシカルな見た目を再現
スプリング式シングルシートがユニーク

見づらい写真ですが、昔の自転車のサドルのようです。
乗り心地うんぬん言う前に、ノスタルジックで素敵ですね。

エンジン OHV単気筒499cc
パワー 27,3ps
シート高 805mm
車両重量 195kg
タイヤ径 前19 後18インチ
価格 71万3000〜77万3000円

ロイヤルエンフィールド  BULLET500


この単気筒エンジンの最大トルク発生回転は4000回転
リアブレーキも日本仕様はディスク化されています。

BULLET500動画

https://youtu.be/d_akqm4JXUs

エンジン  OHV単気筒499cc
パワー 27,2ps
シート高 790mm
車両重量 195kg
タイヤ径 前19 後18インチ
価格 79万5000〜83万9000円

ロイヤルエンフィールド どこで買える

2020年5月より、日本における販売代理店が ピーシーアイ(株)に変更

http://www.royalenfield-tokyoshowroom.jp/

全国販売網は
ロイヤルエンフィールド販売代理店 ディーラー

http://index.html

ロイヤルエンフィールド バイク メリット デメリット

インド製の外車です。  国産車と比較したメリットとデメリットを挙げると

本物のレトロなデザイン、エンジンは他にない

価格面でも日本車と変わらず低価格

シンプルな構造で、基本的にメンテナンスが楽

他人と被らないバイクである

日本車では味わえない乗り味

販売網(ディーラー)が限定される

故障の確率は日本車と比較すれば高い

部品の供給は時間がかかる可能性がある

スペックや速さでは劣る

万人受けしない個性

ロイヤルエンフィールド バイク 故障・トラブルについて

私は、所有したことはありませんが、ユーザーのインプレなどを総合して考えますと

エンジンに関するトラブルはほとんどない

メーター内のランプの球切れ

ヘッドライトのポジションランプの球切れ

クラッチワイヤーが 7000km走行くらいでき切れたという事例がいくつかある

せいぜい こんな程度のトラブルでした。
他に重大なトラブルというコメントは見当たりませんでした。

現在の車種は、電装品は日本製を使用しています。信頼性については心配ないようです。

メーカーのオイル交換推奨の走行距離は10000km。

エンジンの信頼性はこう言う数字から見ても高いことを証明しています。(通常は3000kmで交換推奨と言うメーカーもあります)

ロイヤルエンフィールド バイク まとめ

バイク界の”シーラカンス” ロイヤルエンフィールドについて

ロイヤルエンフィールド 希少なバイク まとめ

本物のレトロなオートバイ ロイヤルエンフィールドを紹介してきました。

地味ですが希少なバイク

エンジン形式が 空冷の2気筒と単気筒であり、しかも個性的で注目のバイクといえるでしょう。

排ガス規制により車種は少なくなってしまいましたが、現行車種は良い個性を残したまま近年、研究所をイギリスに開設し、今後も希少なユニークな車種の継続が期待できます。

バイクを乗り継いできたベテランラーダー、 または 初心者ライダー には

バイクの原点のようなバイク本来の楽しさを発見できるバイク こんなバイクに乗ってもらいたいと思いました。

鼓動感の強い 乗り味の良いバイク ロイヤルエンフィールド どうでしょうか?乗ってみたくなりませんか? 私は乗りたいですね。

 

老ライダー
老ライダー
最後までお読みいただきありがとうございます。

\バイクの買い替え 高く売るなら/
●バイクを賢く高く売る! バイクの買い替えで損をしないように!

バイクを売りたい方向けの記事はこちらでご覧になれます。

\記事を読んでみる/
バイクを売るための基礎知識とコツ
\バイク王の評判 最大手バイク王の記事/
バイク買取 バイク王の評判
\買取業者ランキング/
出張買取業者ランキング
\レッドバロン/
レッドバロンの評判と特徴
\バイク館SOX/
バイク館SOX 特徴と評判
\YSP/
YSPの評判と特徴
\ホンダドリーム店/
HONDAドリーム店 評判と特徴

バイク王の評判 悪いが買取査価格は高い 最後に依頼するのがコツバイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイク王でバイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...
●読んでみてくださいませ♩

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクの保管について...
NEW スマホ ホルダー

【革新的】新しいタイプのスマホ ホルダーは簡単脱着

\詳細を見てみる/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です