バイク初心者

初心者のバイク入門の徹底解説とおすすめ250cc車種比較ランキング8選

これから初めてのバイクを購入するけれど、初心者としての自分はどんなバイクを選んだら良いか?

こうお考えの方に向けた、車種別・排気量別・エンジン形式別のバイクの選び方です。

あなたが、初めてバイクを購入するなら、断然 新車の国産250ccがおすすめです。

初めてのバイクの悩む方
初めてのバイクの悩む方
あまり大きいバイクは不安だし

250ccあたりがいいと思っているけど新車? なぜ?

老ライダー
老ライダー
私の初めてバイクを購入した時のこと思い出しながら書いてみます。

いずれは、もっと排気量の大きいバイクに乗る時がきますから、

まずは手ごろな250ccの新車が良いと思いますよ。

おすすめの250cc8車種の紹介と、おすすめ度のランキングも紹介しています。

 

 

\バイク用品についての記事/
バイク用品INDEX

バイク用品一式の選び方の記事もチェック!

初心者にはどんなバイクがおすすめなのか?車種別に知ろう

まずは、どんなバイクを選んだら良いのかわからない方はバイクの車種について解説した記事があります。

選ぶべきバイクの車種がわかります。

バイクに乗ろう
バイクの種類は?排気量やエンジンで全然違う車種選び【バイクの始め方】バイク初心者や40代、50代のリターンライダーにむけたバイクの知識や個性の解説 エンジン形式や排気量、メーカー別の解説とおすすめ車種...

バイク入門者は250ccを選ぼう

続いて、おすすめの250ccについて解説していきます。

国産4社のおすすめ車種徹底比較していきます。

まず、初めて普通二輪のバイクを購入する方は、入門者ですから、バイクに慣れる必要があるんです。

250ccをすすめる理由をご説明いたします。

●250ccは、普通二輪で本格的なバイクらしいバイクですが、重量や車格がコンパクトで扱いやすい。

●扱いやすいパワーである。

●バイクの構造が比較的シンプルで、基本的なメンテナンスの方法が実践しやすい。

バイク初心者 最初のバイクは新車が良い

では、新車をすすめる理由なのですが。

初めてだし、転倒したり、バイクを傷つけてしまいそうだから”中古車”でいいのでは?と思うかもしれません。
でも、中古車には問題がいくつかあります。

初心者(上級者でも)はプロと違い、外観で良い中古車を選ぶのは難しい。

基本的な部分(エンジンやサスペンション)は状態が良いとは限らない

事故等で、基本的な問題があるバイクもある。

つまり、本来あるはずのそのバイクの”新車時の性能”が損なわれている場合が多い ということです。

初めて買ったバイク、乗ってみたけど、その車種の本来の性能を発揮できていないバイクに乗って、楽しくない!と感じる可能性があるのです。

新車時は日本のメーカーが作ったバイクは、どのバイクも素晴らしいバイクなのです。
それを実感して欲しいのです。

ハズレた”中古車”に乗って ”バイクは楽しくない”とは思う可能性もある というのが理由です。

バイク初心者 250ccのオーソドックスな車種を選ぼう

バイクの車種別解説をチェックしてみましたか?

初めての本格的なバイクには、

レーサー仕様のバイクやフルカウルがついた車種はおすすめできません。

サーキットのような道を走るわけではありません。 一般公道は舗装路でも凸凹だったり、未舗装の場所もあったり、ある程度悪路も走る場合も想定して、

初心者はハンドル位置はゆったりとしたものにすべきです。

カウルは、メンテナンスの時や洗車の時に外さなければいけません。

めんどくさいのでメンテナンスを意識しないことになりかねません。

また、初心者は 必ず一度や二度 バイクを転倒させたり、事故を起こします。
(初心者の頃、一度も転倒や事故もない なんてライダーは皆無だと思います)

カウルがあると、カウルは傷つき、バイクの見た目が悪くなりますよ。 カウルは不要です。

選ぶべき車種としては

●ネイキッドバイク

●アドベンチャーバイク

●オフロードバイク

がおすすめです。

(※スクータータイプは、ギア付きバイクではないため除外しています)

バイク初心者 バイクの見た目は重要だが 考えておくこと

あこがれのバイクというものは、誰にでもあると思います。

バイクを見た目で選ぶというライダーは80%というデータがあります。

しかし、250ccがバイク初心者には最適と言いたいのです。

スペックを見て比較する やはり250ccはハードルが低い

バイクのスペック(性能や諸元)は気になるところですね。

メーカー情報を見ると、細かいスペックが書いてありますが、

以下の点をチェックしてみてください。

車重

シート高

パワーとトルク

フロントタイヤの径

ハンドル位置ゆったりのもの

燃費

車体価格

車重はできるだけ軽い方が良い

バイクは、50ccなどの小型バイクと違って、力尽くでバイクを操ることはできない重量になります。

その中でも、比較的”軽量のものを考えた場合、250ccになります。

理由は、いざという時バイクを支えられる車重だからです。

理想的には170kg程度までと考えましょう。

シート高 大型車に比べ 車体が小ぶりで低い

身長の問題もありますが、 身長170cm以下の方は バイクのシート高を気にしてください。

止まっているときにバイクを支えるのに、片足だけでは、初心者には厳しいですよ。

両足が、しっかり着くものを選ぶということで考えると250ccはシート高のあまり高くないものが多いのです。

身長170cm以下の方は、シート高800mm以下のものを選ぶと安心です。

パワー 250ccは扱いやすいパワー

大型バイクのパワーは、バイクの操縦に慣れていない初心者には、ある意味危険とも言えます。

250ccのバイクであれば、パワーは心配するほどのパワーはどの車種もありません。

快適に走りやすいパワーという観点から見ると、

250ccは非力さを感じることなく、快適に走れるパワーです。

フロントタイヤの径についても考える

基礎知識として タイヤ径について触れておきます。

フロントタイヤだけの問題ではありませんが、 フロントタイヤ径が大きいものは
”直進安定性”と”悪路で乗りやすい”ということです。

ロードタイプは基本的に”17インチ” この径よりも大きいサイズのタイヤは21インチ径などのオフロード車などに採用されています。

オフロードタイプやそこから派生したアドベンチャータイプは、

基本的に初心者にも優しい乗りやすいバイクです。

燃費が良いのが250cc 経済的です

経済面を考えたら燃費も気になるところですね。

一般的に、単気筒エンジンのバイクは燃費が良いですよ。

しかし、250ccで考えた場合、2気筒エンジンでも燃費はよく、

あまり気にするほどではありません。

車体価格の安さ 整備費の安さ それが250ccの手軽さ

これも、経済的なことを考えて、バイクの買い替えも今後は想定して、

もちろん転倒したりすることも想定して、車体価格は抑えておきたいところです。

250ccのバイクの部品代や修理代金は、大型バイクと比較し、安い設定になっています。(つまり、あまり手間がかからないということです、)

【バイク入門】初心者へのおすすめ250cc 国産4社から紹介

初心者から”外車”という方は、あまりいないと思います。

外車がかっこいい! 250ccの外車はないの? という方には

外車のかっこいい250cc の記事をチェックしてみてください。

 

国産4社に差は有りません。近所にあるメーカーショップが一番便利です。

おすすめの250ccをご紹介します。

 

ハンドル位置ゆったりの車種という前提で

ネイキッドタイプ・アメリカンクルーザータイプ・

オフロードタイプ・アドベンチャータイプで選びました。

その後に 各項目の ランキングをまとめています。

バイク初心者 おすすめ250cc①

HONDA CB250R


HONDA 新型CBシリーズはこの形です。 オーソドックスな形 軽量コンパクト

フロントサスペンションは大型バイク同様のハイスペックな倒立フォークをおごります。

エンジン形式 水冷単気筒249cc
車重 144kg
シート高 795mm
パワー(トルク) 27ps(2,3kg)
タイヤ径 前17 後17インチ
燃費(60km /h定地) 44,5km
車体価格 56万4300円

 

バイク初心者 おすすめ250cc②

HONDA レブル250

レブル

アメリカンクルーザータイプ 特にシート高が低いことで小柄な女性にも人気です。

スリムな車体にファットタイプのタイヤを装着 デザインでも人気の車種

車重は軽くありませんが、燃費がクラスNo. 1の低燃費

エンジン形式 水冷単気筒249cc
車重 170kg
シート高 690mm
パワー(トルク) 26ps(2,2kg)
タイヤ径 前16 後16インチ
燃費(60km /h定地) 46,5km
車体価格 59万9500円

バイク初心者 おすすめ250cc③

HONDA CRF 250L


HONDAのオフロードタイプ  装備を追加したアドベンチャータイプのRALLYもありますが、

ベーシッックな L がおすすめです。 シート高は2タイプから選べます。

オフロードバイクはシティユースでは最強の乗りやすいバイクです。

注意点はシート高の高さです。

エンジン形式 水冷単気筒249cc
車重 140kg
シート高 830〜880mm
パワー(トルク) 24ps(2,3kg)
タイヤ径 前21後18インチ
燃費(60km /h定地) 46km
車体価格 59万9500円

バイク初心者 おすすめ250cc④

YAMAHA MT 25

MT25 YAMAHA
ネイキッドモデルですが、”ストリートファイター”とも言われるカテゴリーのバイクです。
フロントヘッドライトのデザインが”戦闘的”なのがストリートファイターです。

フロントサスペンションはHONDA CB250同様、倒立フォークで高性能。

エンジン形式 水冷2気筒249cc
車重 169kg
シート高 780mm
パワー(トルク) 35ps(2,3kg)
タイヤ径 前17 後17インチ
燃費(60km /h定地) 37km
車体価格 62万1500円

バイク初心者 おすすめ250cc⑤

SUZUKI Vストローム250ABS

アドベンチャータイプは初心者にも乗りやすい反面、

シート高の高いものが多いのですが、このVストロームは、シート高を低く、

初心者でも安心です。

多少の悪路もこなせますが、

オンロードをメインとした設計の万能タイプです。

エンジン形式 水冷2気筒248cc
車重 189kg
シート高 800mm
パワー(トルク) 24ps(2,2kg)
タイヤ径 前17 後17インチ
燃費(60km /h定地) 44,5km
車体価格 61万3800円

バイク初心者 おすすめ250cc⑥

SUZUKI ジグサー250

ジグサー250 SUZUKI

SUZUKIのネイキッド250はユニークです。 カウル付きのSFもありますが、ネイキッドを選択

価格が同クラスではトップのリーズナブルな設定、これが魅力です。

燃費も良く、車体価格がクラスNo. 1の安さで経済的おすすめバイクです。

エンジン形式 油冷単気筒249cc
車重 144kg
シート高 800mm
パワー(トルク) 26ps(2,2kg)
タイヤ径 前17 後17インチ
燃費(60km /h定地) 45km
車体価格 44万8800円

バイク初心者 おすすめ250cc⑦

Kawasaki Z 250

Z250 Kawasaki

Kawasaki Zシリーズの末弟  クラス最高のパワーを誇ります。

デザインは精悍なフロントグリルの”ストリートファイター”

エンジン形式 水冷2気筒248cc
車重 164kg
シート高 795mm
パワー(トルク) 37ps(2,3kg)
タイヤ径 前17 後17インチ
燃費(60km /h定地) 37km
車体価格 61万500円

バイク初心者 おすすめ250cc⑧

Kawasaki KLX230

厳密には250ccではありませんが、Kawasakiの本格志向のオフロードバイクです。
オフローダーはシティーユースには走りやすくて最強のバイクです。

シート高は高いです。身長の低い方は注意です。

エンジン形式 水冷単気筒232cc
車重 134kg
シート高 885mm
パワー(トルク) 19ps(1,9kg)
タイヤ径 前21 後18インチ
燃費(60km /h定地) 38km
車体価格 49万5000円

おすすめ250cc 各車比較 車重 ランキング

各車を比較してみましょう。

車重の軽い順のランキングです。

ランキング 車種名  車重(kg)
1位 Kawasaki KLX230 134kg
2位 HONDA CRF250L 140kg
3位 HONDA CB250R 144kg
4位 SUZUKIジグサー250 154kg
5位 Kawasaki Z250 164kg
6位 YAMAHA MT25 169kg
7位 HONDAレブル250 170kg
8位 SUZUKI Vストローム250ABS 189kg

 

おすすめ250cc 各車比較 シート高 ランキング

シート高の低い ユーザーフレンドリーな順ランキングです。

ランキング 車種名  シート高(mm)
1位 HONDAレブル250 690mm
2位 YAMAHA MT25 780mm
3位 Kawasaki Z250 795mm
3位 HONDA CB250R 795mm
5位 SUZUKIVストローム250ABS 800mm
5位 SUZUKIジグサー250 800mm
7位 HONDA CRF 250L 830〜880mm
8位 Kawasaki KLX230 885mm

おすすめ250cc 各車比較 パワー・トルク ランキング

パワー順のランキングです。トルクは全車大差はありません。

2気筒車はパワフルです。

ランキング 車種名  パワー(ps)(トルクkg)
1位 Kawasaki Z250 37ps(2,3kg)
2位 YAMAHA MT25 35ps(2,3kg)
3位 HONDA CB250R 27ps(2,2kg)
4位 SUZUKIジグサー250 26ps(2,2kg)
4位 HONDAレブル250 26ps(2,2kg)
6位 HONDA CRF250L 24ps(2,3kg)
7位 SUZUKI Vストローム250ABS 24ps(2,2kg)
8位 Kawasaki KLX230 19ps (ⅰ,9kg)

おおすすめ250cc 各車比較 燃費 ランキング

単気筒車と2気筒車は差があります。

ランキング 車種名  60km /h 定地燃費
1位 HONDAレブル250 46,5km
2位 HONDA CRF 250L 46km
3位 SUZUKIジグサー250 45km
4位 HONDA CB250R 44,5km
5位 SUZUKI Vストローム250ABS 39km
6位 Kawasaki KLX230 38km
7位 Kawasaki Z250 37km
7位 YAMAHA MT 25 37km

おすすめ250cc 各車比較 価格 ランキング

車体価格の安い順ランキングです。

ランキング 車種名  車体価格
1位 SUZUKIジグサー250 448800円
2位 Kawasaki KLX230 490500円
3位 HONDACB250R 564300円
4位 HONDA レブル250 599500円
5位 HONDA CRF250L 599500円
6位 Kawasaki Z250 610500円
7位 SUZUKIVストローム250ABS 612800円
8位 YAMAHA  MT25 621500円

おすすめ250cc 各車比較 総合ランキング

あくまでも筆者の意見としてお考えください。

価格と燃費という経済性を重視しました。

パワーに関しては、排気量250ccで単気筒・2気筒ですから大差はありませんので

あまり重視はしておりません。

乗りやすさ・扱いやすさ(ユーザーフレンドリー)も評価の基準になっています。

ランキング 車種名  筆者のコメント
1位 SUZUKIジグサー250 価格面で他を圧倒
2位 HONDA CB250R 燃費 車重 価格のバランスが良い
3位 Kawasaki Z250 パワフル2気筒 燃費のみ上位に劣る
3位 YAMAHA MT25 パワフル2気筒 燃費のみ上位に劣る
5位 HONDAレブル250 アメリカンタイプがマイナス
6位 HONDA CRF250L シート高がマイナス
7位 SUZUKI Vストローム250ABS 車重がマイナス
8位 Kawasaki KLX230 シート高がマイナス

いざバイクに乗る! 注意して欲しいこと

バイクの乗り始めは不慣れなため、不安がつきものです。

しかし、二、三ヶ月もすると、慣れもあり、今回ご紹介したバイクであれば、いずれは上達しすることは誰でも可能です。

しばらくすると”自信”が着くと思います。

少し、遠くまで走りに行ってみよう!こんな気分になると思います。

皆さんにアドバイスしたいのは、一番危ないのが、このしばらく経った時の自信です。

バイクに乗っている人で事故や転倒の経験のない人はおそらく、皆無です。

私も何度も、自損事故や対車との事故も経験しています。 バイクに乗って数年も経つと、いろんなことはわかってきて、そういう事故も起こさなくなるものです。

そのことを忘れずに、アクシデントになったときに重大事故にならないためにも、初心者の方は、いつも冷静に体調の良いときに充分注意して、バイクを乗られることを志してください。

初心者のバイク入門の徹底解説とおすすめ250cc8種 各車の比較   まとめ

この記事のまとめ

初めて本格バイクを買う場合の初心者の方に対するアドバイスは

250ccの新車にすべきということ

車重やシート高を考えてノーマルなタイプを選択すべきということと提案してきました。

国産4社のおすすめ250ccの紹介と、

各項目別のランキング

筆者の考える総合ランキング

最後に
初心者の方にバイクを乗るときに注意して欲しいこと

以上の内容でした。

老ライダー
老ライダー
参考になりましたら幸いです。

 

【バイク用品】初心者向けバイク用品の記事

\バイク用品についての記事/
バイク用品INDEX

【バイク初心者の方むけの関連記事】

バイク用品一式は何種類そろえれば良いのか? 予算や選び方のアドバイスバイクライフを始める方に向け、また再開する方に向けたバイク用品一式のついての記事。6種のグッズを推奨。費用や失敗しない選び方と考え方を解説しています。【初心者向け】...
ライディングテクニックを磨く
バイクが楽しくなる!ライディングテクニック【基礎編】【初級編】『どうして、あの人はあんなに速くコーナーを駆け抜けられるのだろう?』 『ついていけない!』 『怖い! コーナーは苦手なんだ!...
250ccバイクは手軽で楽しい! 新車で考えるおすすめ 厳選5選バイク初心者から大人まで、手軽でおしゃれな新車の250ccを考えている人への記事です。 国内メーカー4社の現行 250ccバイク(...
50代でバイクリターン・初バイク 不器用でも良い!バイクライフのすすめ40代や50代のバイクライフの提案 リターンライダーや初めてのバイクについて おすすめとバイクライフ ...
40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
ライディングテクニックを磨く方法【東京近郊】おすすめプチツーコース東京近郊のおすすめの日帰りツーリングコースを紹介 穴場でテクニックを磨くのに最適なコースを紹介...
ツーリングに最低限必要な装備品 10個これだけ!【バイク初心者】ツーリングに最低限必要な装備品(マストアイテム)について選び方を初心者向けに解説。 経験上、最低限10種あれば良い。...
バイクショップ選び 一人で始める上手な始め方 ショップの選び方 いよいよバイクライフをスタートするあなた もうどんなバイクを買おうかとすでに候補は決まっていることでしょう。 バイク...
リターンライダー  バイクカスタムのすすめと手順 考え方 カスタムと言っても、幅が広く一言では表現しにくいのものです。 簡単にまとめると 手軽なものから、究極のカスタム...
老ライダー
老ライダー
最後までお読みいただきありがとうございます♪

 

バイク記事一覧roriderblog

(広告)
クラチャイダムゴールドお試し

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテムです。 インナープロテクターは、おしゃれでダサくならないバイクのファッションの幅広がる最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込むおしゃれなバイクには、レトロでカジュアルなセンスあるアイテムを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
便利で人気のシステムヘルメット 初心者からベテランまでおすすめ10選機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種は必要 これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング形式(大型〜250)40選ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
初心者のバイク入門の徹底解説とおすすめ250cc車種比較ランキング8選バイク初心者むけのおすすめ国産250cc8車種の紹介とランキング一覧...

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイクを高く売りたい!買取で損しない方法 基礎知識とコツバイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識とコツ...
バイク王の評判は最悪?高く売りたいなら買取依頼のコツと方法がある バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイク王でバイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクの保管について...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...
かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告
クラチャイダムゴールドお試し

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です