オートバイライフ

50代でバイクリターンする。不器用でも良い!バイクライフのすすめ

趣味の世界を満喫したい! 昔乗っていたバイクにまた乗りたい! 40代・50代だけどバイクに乗りたい!

こんな方は多いはず。 決して遅くはありません。 昔バイクに乗っていたリターンライダー もたくさんいます。今やバイク乗りの平均年齢は50歳を超えています。バイクは大人の楽しい趣味なのです。

趣味の時間を謳歌したい! ”刺激が欲しい” 迷える中年の方、青春を取り戻したい方 読んでみてください。

不器用でも良い!50代でリターンするあなたに贈るバイクライフのすすめです。

(私もリターンライダーです。)

サラリーマン時代何度も転勤を経験しました。20歳から乗ってきたバイクも、35歳を過ぎてから
転勤で仲間もいなくなり、バイクを室内保管(インテリアとして DUCATI400F3を床の間バイク化)してました。

転勤を機に昔の仲間に再会、 大型免許を取得、40歳でリターン 大型バイク2台(ハーレーとDUCATI)を乗り継いできました。

そんな経験から リターンしたい方に向け、再開するバイクライフについて、この記事を書いてみたくなりました。

最近のバイクは進化している。選ぶ前に考えておくべき点がある

明らかに、現在 基本的にバイクの性能は技術の進歩とともに上がっています。

当時(20年前)は大型バイクでも 一部のスーパースポーツやスポーツツアラー 以外のパワーは100psに届かないものでした。

当然、大型未経験の私は、バイクに復活するに当たり、スーパースポーツとは考えませんでした。

理由は ライディングポジションにありました。 バイクを乗り継いできて最後の中型車にDUCATI400F3を選んだ私ですが、きつい前傾姿勢のため、長距離ツーリングが辛くなっていたこと、そのため バイクから徐々に離れた休日を過ごすようになった過去がありました。

結果的に、ハーレースポーツスター1200sに車種を決めました。
ハーレー最速 と言われていた1200s ですが、パワーはメーカーでは未発表ですが、せいぜい60ps程度。
これでも、パワフルなバイクだ! と感じました。

私は、バイクで速く走ることが好きです。2サイクルのミニバイクレースなどもしていましたので、そこそこのスピード狂です。

この60psのスポーツスター は、慣れてくると使い切れるパワーでしたが、使い切るほどに走るとブレーキがそれに見合わず、危ない思いを何度もしました。(つまり、止まりきれないのです)

このスポーツスター 見た目はスリムで軽そうなのですが、235kgあります。(現在のスポーツスター1200と同等のものが255kgです。 考えると恐ろしい重さです。)

また、基本は、アメリカンクルーザー特有のライディングポジションのため、場合によっては速く走ることに向いていません。 サーキットを走って、友人のDUCATIに追いつこうとして転倒も経験しました。(無理が効かないと言うことですね)

私の技量の問題もありますが、40代 やはり、バイクで無理できる年齢では無いのです。

次に選んだのはDUCATI ムルティストラーダ1100 空冷の95ps 車重は195kg

この今で言う”アドベンチャータイプ”を選んだ理由は、DUCATIは前傾姿勢のキツい車種ばかりだったため、唯一のアップハンドル車が”ムルティストラーダ ”だったためです。

この選択は正しくて、実に長距離ツーリング、おまけにタンデムでも疲れないバイクでした。

パワーは、想定内の加速感、 しかし、一般道の走行では使い切るほどアクセルは開けられません。高速道の加速時以外はフル加速できません。充分なパワーでした。95ps

問題は小柄な私(身長168cm)にとってのシート高850mmは両足では爪先立ちだと言うこと。 車重は195kgです。  何とか辛さを感じない程度の車重でしたが、背の高さが問題でした。

タンデムで立ちゴケ、低速で障害物を避けたはずみにバランスを崩してバイクを支えきれず転倒。

(アドベンチャーバイクを謳ってているのにフロントのタイヤ系が16インチ?これじゃ悪路は不安定です。)

これももちろん私の技量不足ですが、 ベテランライダーのはずがこんな失敗までしました。

 

 

話が長くなりましたが、  私の経験上、40代からの大型バイクは パワーのことを考え、車重と、シート高 これは意識すべき重要項目です。

 

40代 体力・反射神経は落ちている

今まで内容を振り返ってみますと、

40代 反射神経も体力も若い時とは違うのです。
これを、自覚することです。

大型バイクに憧れるのはわかりますが、自分の体に合った大きさや重量・パワーライディングポジションを考えましょう。

40代 どのタイプのバイクを選ぶべきか?

老ライダー
老ライダー
大型バイクにこだわるなら、以下のことを意識しましょう。

 

大型バイクでもパワーのなるべく少ないバイク⇨80ps程度

体格に合ったシート高⇨両足がしっかり着くもの

車重のなるべく軽いもの⇨200kg以下のもの

一言で言うと 軽量コンパクトなノーマルタイプ が無難な選択と言いきれます。

老ライダー
老ライダー
 パワー 車重 シート高(実際の足つき性)

前傾姿勢のキツくないバイクですよ。

40代 どうせ乗るなら で考えてみましょう

パワー・見た目もありますが、 大型バイクの音、重低音の迫力は魅力的です。

しかし、バイクの操縦に自信がないなら、大型バイクにこだわる必要は特に無いと思いますよ。

50代リターンしたい人
50代リターンしたい人
うーん  そうなんですか? 

 

バイクに乗る目的別に考える

また、きっとこんなことを考えている方もいるかと思います。

昔の憧れのバイクに乗りたい!

20年以上前の名車  魅力的ですね。

人それぞれ、憧れの名車はあると思います。

憧れの名車にこだわりたい! これは分かります。

私のこの憧れを追い求めた結果はこうでした。

↓↓↓

私の憧れのバイクは DUCATI 900MHR(1978年〜の初代)

専門の中古ショップに観に行きました。

当時、すでに20年以上前の絶版車です。 価格は新車が買えるほどの価格150万円

しかも、所々手直ししないとみすぼらしい姿。

跨ってみると、ライディングポジションもとにかく前傾、不安しか感じません。

※いくら憧れがあると言っても、これでは。

また、後々の維持費や故障時などの部品供給のことを考えると
現実的ではありません。(純正部品なんてもうないのですから)

憧れのバイクは 今や旧車です。  メンテナンスのこと、部品の有無などを考えると
この一台だけでは、乗れないバイクになりかねません。(つまり、半年修理待ちで乗りたい時に乗れないなんて事態が発生しかねません。)

中古車にもかかわらず、この価格 後々のことを考えると、憧れの名車はやはり厳しいですね。

これは、国産車の往年の人気車種でも言えることではないでしょうか?

それでも大型バイクにこだわるのなら

復刻版の最新のバイクにしましょう。

国産車なら、Kawasaki好きの方、 Z900 RS や W800 は、フォルムは再現されていて、中身は最新です。

普通二輪や小型二輪のバイクと言う選択もある

こんな形でのリターンはどうですか?

ツーリングです。 しかも タンデムツーリングです。

そして、大型にこだわらず、普通二輪で考えるのです。

エコだし、自分の年齢には合っていると思います。

何が言いたいかと言うと、 理想のバイクライフの実現です。

理由をこれから説明いたします。

夫婦でタンデムツーリングは、あなたのバイクライフを広げます。

理由は、バイクに乗るだけがバイクライフでは無いと言うことです。

男の隠れ家 バイクライフの実現です。これが理想のバイクライフ です。

つまり、そのためには 、家族を巻き込む必要があると言うことです。

大型バイクは重いし、でかいし、お金ががかる (本体価格と部品代です。維持費は変わりませんが)

エコで手軽に しかも、自分の居場所を創造できるのです。

ここで、 乗ることだけでない バイクを含めた趣味の世界を広げるのです。

バイクのガレージハウスは手軽に実現できる。リモート空間も確保するバイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

バイク 趣味の世界 バイク以外に考えて欲しいこと

バイクという趣味の世界 これを考えますと、トータルの”バイクライフ”に目を向けて欲しいのです。

お父さんだけの楽しみのバイクになってしまってはいけません。

家族を巻き込んで欲しいのです。 せめて理解を得る ⇨  家でもバイクを楽しめる。

バイクで走りに行く、出かける機会のみが”バイクライフ”を楽し無こと と思っていませんか?

そうでは、ないのです。そのために家族を巻き込むのです。家でのバイクの居場所を確保するのです。

その方法が⇨ 夫婦でタンデムツーリングです。女性は、バイクで旅をする、つまり非日常を味わう冒険は好きですよ。 一味違う旅のスタイルです。

参考記事です。(夫婦タンデムツーリングのすすめ)

↓↓↓

タンデムツーリング 夫婦で始めるメリットと広がるバイクライフタンデムツーリング は夫婦で始めるのがおすすめ。 その理由とすごいメリットを解説 タンデムに便利なグッズも紹介...

タンデムツーリングするなら装備も重要ですよ。

↓↓↓

タンデムツーリング便利グッズを徹底解説 タンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

 

目指せ!トータルなバイクライフ

トータルなバイクライフ とは ⇨ 男の秘密基地という発想です。

家族の理解を得られたら、 つまり奥様を見方につけられたら、秘密基地の実現です。

目指すは『所ジョージの世田谷ベース』です。 あそこまでは無理でも、家の中に

バイクを楽しむ空間を確保することです。

老ライダー
老ライダー
保管場所、盗難対策もしっかり考えておく必要がありますよ。

バイクの保管場所も視野に入れて考える

バイクガレージ

バイクカバーをかけて屋根付きの場所に置く ⇨ 物置と意味ではありません。

ここまでやって初めて”趣味と種てもバイク”の実現ですよ。 バイク置き場ではなく、バイクとともに寛ぐ空間”男の秘密基地”の実現です。

バイクのガレージハウスは手軽に実現できる。リモート空間も確保するバイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

盗難対策や保守

しっかりしたバイク保管場所の”男の秘密基地”確保は、単なる 男のエゴ ではなく、盗難対策にも役に立ちます。

バイクの盗難(私もハーレースポーツスター を盗難されたことがあります)対策にも役に立ちます。

盗難(窃盗団)は 狙ったバイクは必ず盗難できると言います。 実に盗難場所の50%は自宅敷地内で発生しているのです。(マンションの駐輪場ではありませんよ)

バイク盗難場所のデータ(警視庁調べ)

バイク 用物置であっても、二重三重のロックなど盗難対策は必須です。 そのためにも 最低限 自宅でも”バイクの保守・盗難対策は考えておかないといけません。

バイクの盗難対策で必要なこと 準備すべきもの【体験談】 バイクの盗難は人ごとではありません。 泣き寝入りしないためにも保管方法をすぐ実践しましょう。経験談からのおすすめ記事...

 

そのためにも、 トータルのバイクライフ 目指しましょう。

お気に入りの一台を見つけたら、これを守らないといけません。

乗っていない時でも バイクと共に楽しむ バイクライフ の実現です。

意外と手軽、 バイクガレージ で新しい空間を! という提案記事です。

↓↓↓

バイクのガレージハウスは手軽に実現できる。リモート空間も確保するバイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

 

 

40代でバイクに乗りたい リターンするバイク初心者のすすめのまとめ

まとめ

50代 憧れのバイクライフの復活について書いてきました。

自分の年齢にあったバイクを選ぶこと(パワー・重量・足つき性)と 独りよがりにならない家族を巻き込んだバイクライフ の実現の提案でした。

保管場所を確保し、盗難対策を意識し、乗っていない時も楽しめる
理想のバイクライフ『男の秘密基地』の実現 これが ”50代のバイクライフ ”です。

是非、実現させてください。

バイクという趣味の世界で豊かな人生を! 私からの提案でした。


\バイクの買い替え 高く売るなら/
●バイクを賢く高く売る! バイクの買い替えで損をしないように!

バイクを売りたい方向けの記事はこちらでご覧になれます。

\記事を読んでみる/
バイクを売るための基礎知識とコツ
\バイク王の評判 最大手バイク王の記事/
バイク買取 バイク王の評判
\買取業者ランキング/
出張買取業者ランキング
\レッドバロン/
レッドバロンの評判と特徴
\バイク館SOX/
バイク館SOX 特徴と評判
\YSP/
YSPの評判と特徴
\ホンダドリーム店/
HONDAドリーム店 評判と特徴

バイク王の評判 悪いが買取査価格は高い 最後に依頼するのがコツバイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイク王でバイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...
●読んでみてくださいませ♩

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説しています。...
大人のバイクライフ バイクにのめり込む楽しみ①今やバイク乗りの平均年齢は54,7歳 ということをご存知ですか? 40代、50代のリターンライダーの方は相変わらず増えています。 大...
大人のバイクライフ バイクにのめり込む楽しみ②結論からものを言うと、大人のバイクは差別化と同時に価格も意識しよう。 バイクは、乗るだけがバイクライフではない!と言いたいのです。...
バイクをすぐに売るなら大手が安心 出張買取業者ランキングバイクを高くスマートに売るためにはバイク買取業者をるようするのが一番です。 大手買取業者のランキングと買取の特徴を解説と注意点を解説しています。...

 

NEW スマホ ホルダー

【革新的】新しいタイプのスマホ ホルダーは簡単脱着

\詳細を見てみる/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です