オートバイライフ

最強のツアラーバイク20選 高速ライディングが快適 どれがおすすめ?

高速道路を一気に500km こんなことが快適にできるバイクはツアラーしかありません。

行動範囲を広く取れるビッグツーリングがしたい、威風堂々としたバイクに乗りたい!

そんな方にはツアラーバイクがぴったりです。

最新の車種とツアラーのトレンドについて、選ぶべきツアラーを考えます。

この記事はこんな方向け

●目立つツアラーが欲しい方

●ロングツーリングに快適なバイクを探している方

●タンデムで長旅したい方

疲れない、理想のツアラーについて考えてみました。

20車種ご紹介します。

最新のツアラー事情について、私見も展開してみました。

最後までお読みいただければ、ツアラーを物色している方の参考になるはずです。

 

●バイク保険に入っておこう
同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/

インズウェブバイク保険

ツアラーというバイクはどんなバイク?


ツアラーというバイクは、ほとんどが大排気量の大型バイク。

とにかくデカイ、目立つバイクという印象で、

高速長時間走行でも疲れないように作られたバイクですね。

一般的なバイクとは一線を画すコンセプトのバイクなんです。

では、ツアラーの条件とはなんでしょうか?

ツアラーの条件

ツアラーと呼べる条件はというと

●疲労の原因となるものを排除したバイク

○風に対してライダーを守る大きなシールドやフェアリング

○パワフルでトルクフルで振動の少ないエンジン

○乗車姿勢がゆったりでリラックスできるライディングポジション

●より快適にするための工夫として

○荷物の積載量が多い

○各種ライダーをサポートする電子制御機能

○無給油で長距離走行が可能

○安定感をつくる車格・重量感

これらの条件を満たしているバイクですね。

ツアラーは走る応接室から冒険者へ 変わるトレンド


ドイツのアウトバーンを疾走するBMW

アメリカ大陸の直線道路を悠然と走るハーレー

これがツアラーでしたが、以前の日本では少し事情が違いました。

高速のパーキングなどにカーステレオで演歌を大音量で流しながら登場するおじさんの乗る、
バイクの走る応接室みたいなHONDAのゴールドウイング。
バイクのデコトラ版(馬鹿にしているつもりはありません)

確かに、ストイックなバイク青年(当時の私)とはかけ離れた存在でした。

そんなコテコテの親父みたいな感覚はないとしても、金銭的に余裕が出てくると、

快適なすごいバイクに乗って、長旅をしたくなるのです。

荷物もスマートに積んで大型バイクでカッコよくツーリングがしたい。

タンデムだってしたい! だからツアラーが欲しいんですね。

しかし、近年このツアラー事情は変わりつつあるんです。

アドベンチャーバイクの登場です。

フルカウル高速ツアラーや大型スクリーンアメリカンクルーザー

従来のツアラーは今も一定の人気があります。

大きく分けて、先ほど少し触れた、ヨーロピアンツアラーBMW

大型シールド付きハーレーなどは、今でも根強い人気がありますね。

アウトドア志向の新しいトレンド 大型アドベンチャーツアラー

大型ツアラーは、確かに、走っていて疲れません。

ただ、大きくて重いため、日本の道路事情には最適とは言えません。

アメリカ大陸横断ではなく、

ヨーロッパの山あり谷あり、国境の険しい山脈を超えて

石畳を走るロングツーリング

ここで、アウトドア志向の強い、パリ・ダカールラリーで活躍した

ワイルドなバイクに荷物を満載して出かける、

ヨーロッパのお金持ちの嗜好が入ってきて、

今や、ヨーロッパの大型バイクのトレンドはアドベンチャーバイクなのです。

日本の地形とヨーロッパ、どこか似ていますね。

そのため、ツアラーはアベンチャーバイクバイクが今のトレンドなのです。

従来のツアラーと比べ、快適性では引けを取らず低価格、しかし、車高が高く

シート高の高いバイクなので、身長の低い方には注意が必要です。

そのことも、頭に入れて置いてください。

 

【参考記事】アドベンチャーバイクの記事

人気のアドベンチャーバイク 大型はすごい! 日本でどこを走るの?

最強のツアラー 20選の紹介

従来のツアラーとアドベンチャーツアラーも含めたラインアップ20車種の紹介です。

各メーカーのツアラーには、最先端技術が惜しげもなく投入された車種もあり
価格も高額。   確かに、感心してしまうほどの機能がある車種もあります。

特徴もまとめてみました。

HONDA ゴールドウイング ツアー

ゴールドウイングツアラーは、その車体の威風堂々としたスタイルで

ツアラーの代名詞にもなっている存在です。

まず、何から書こうかと迷ってしまう程の装備が満載されています。

ライディングモードやクルーズコントロールを始め、電子制御サスペンション、トラクションコントロール関係と、

ここで細かく説明するのが大変なくらいの各種機能が満載。

もちろんオーディオ機能などもあり走る応接室のようです。

特徴的なのは、ライダーを守るエアバッグシステムが二輪で採用されていること。

エンジンは、”シルキー”と称される滑らかでパワフルな6気筒エンジン搭載車

これはバイクなのか?車なのか?と思うほどです。1人で乗るにはもったいないですね。

このバイクの特徴 使い方

ツアラーの王様 多機能満載バイク

●タンデムロングツーリング

エンジン型式 水冷水平対向6気筒
排気量・パワー 1833cc・ 126ps
ガソリンタンク容量 21L
車体重重(シート高) 389kg(745mm)
車体価格 346万5000円

 

HONDA CB1300 スーパーボルドール

HONDAのネイキッドバイクの最高峰CBのツアラーバージョンという表現が

ぴったりのバイク 水冷4気筒としては控えめなエンジンパワーは、

中低速での乗り味の楽しさを重視したツーリング向けバイクです。

ツアラーとしてこんな選択もアリだと思います。

ハーフカウルでも、高速走行には効果絶大ですよ。

このバイクの特徴 使い方

古典的ネイキッドバイクの王道ツーリングバイク

●ワインディングを楽しむロングツーリング

エンジン型式 水冷4気筒
排気量・パワー 1284cc・ 113ps
ガソリンタンク容量 21L
車体重重 272kg(790mm)
車体価格 167万円

HONDA CRF1100 アフリカツイン DCT

ライディングモード、クラッチアシスト、トルクコントロールなど、最先端技術満載のHONDAのアドベンチャーツアラーの最高峰

乗車姿勢は直立ですが、大型スクリーンで高速の長時間走行も楽々こなします。

悪路でも不安なし、オールマイティーなツアラー。

アドベンチャータイプにしてはシート高が低めな設定なので初心者でも不安なし

このバイクの特徴 使い方

オールマイティーなアドベンチャーツアラー

●タンデムキャンプのロングツーリング

エンジン型式 水冷2気筒
排気量・パワー 1082cc・ 102ps
ガソリンタンク容量 24L
車体重重(シート高) 240kg(810ー830mm)
車体価格 180万4000円

HONDA NC750X DCT

アドベンチャーバイクの乗りやすさを備えたツーリング仕様のデュアルパーパスバイク。

コンパクトなツアラーが欲しい型向けの入門者向け一台

初心者でもタンデムのロングツーリングが快適に楽しめます。

疲れずロングツーリンングが可能です。

このバイクの特徴 使い方

コンパクトなロングツーリング向けツアラー

●ロングツーリング

エンジン型式 水冷2気筒
排気量・パワー 745cc・ 58ps
ガソリンタンク容量 14L
車体重重(シート高) 224kg  (800mm)
車体価格 99万円

HONDA VFR 800X

HONDA伝統のツアラー向けV型4気筒エンジンは、唯一このアドベンチャースタイル

の800Xのみが現在残っています。

V4エンジンは、独特の乗り味で捨てがたいロングツーリングに最適なパワフルなエンジンです。

ツアラー仕様のグリップヒーターや、可変スクリーン、ナックルガード、クイックシフターなどを備え、ツアラーとしての条件が揃っています。

このバイクの特徴 使い方

高速ツーリングツアラー

●高速ロングツーリング

エンジン型式 水冷v型4気筒
排気量・パワー 781cc・ 107ps
ガソリンタンク容量 20L
車体重重(シート高) 246kg (815mm)
車体価格 150万4000円

YAMAHA FJR1300 AS

軽快なヨーロピアンスポーツツアラーはYAMAHAのFJのみ

走行モード選択は2つですが、ツアラーとしての機能は全て揃っており

リーズナブルに本格ツアラーが手に入ります。

ラゲッジスペースはオプションですが、重量級ツアラーと同等の積載能力

は確保できます。お買い得な一台だと思います。

このバイクの特徴 使い方

ヨーロピアンライトスポーツツアラー

●高速ロングツーリング

エンジン型式 水冷4気筒
排気量・パワー 1297cc・ 147ps
ガソリンタンク容量 25L
車体重重(シート高) 296kg  (805mm)
車体価格 187万円

YAMAHA NIKEN GT

新コンセプトの三輪バイク 安定感といったらこのNIKENだと思います。

ライディングに自信がなくても気楽にタンデムツーリングに乗り出せます。

三輪といってもパワフルで運動性能も高いようですよ、

ツアラー用標準装備のグリップヒーターや走行モードの選択ができます。

このバイクの特徴 使い方

三輪の気軽な力強いツアラー

●タンデムロングツーリング

エンジン型式 水冷3気筒
排気量・パワー 845cc・ 116ps
ガソリンタンク容量 18L
車体重重(シート高) 267kg (835mm)
車体価格 198万円

KAWASAKI NINJA H2 SX SE

ハイパワーのツアラー、高速走行性能を考えれば、このH2のパワーは十分すぎるはず

H2 SXは、スーパースポーツをツアラーに仕立てたバイクと思えば良いでしょう。

大柄は車体の割には、ホイールベースは一般の大型スポーツバイク並みなので、

ワインディングでもヒラヒラと軽快に走れるはず。

とにかく、圧倒的ハイパワーバイクが欲しい方にはおすすめですね。

 

このバイクの特徴 使い方

究極の高速スーパースポーツツアラー

●高速ツーリング

エンジン型式 水冷4気筒
排気量・パワー 998cc・ 200ps
ガソリンタンク容量 19L
車体重重(シート高) 260kg (820mm)
車体価格 244万2000円

KAWASAKI VERSYS 1000SE

Kawasakiのアドベンチャーバイクははハイパワーの高速ツアラーというコンセプト

高速の長時間走行に向いています。

ライディングポジションは快適そのもの ロングツーリングには疲れ知らずでしょう。

 

このバイクの特徴 使い方

ハイパワーアドベンチャーツアラー

●ロングツーリング

エンジン型式 水冷4気筒
排気量・パワー 1043cc・ 120ps
ガソリンタンク容量 21L
車体重重(シート高) 257kg (820mm)
車体価格 199万1000円

SUZUKI 隼

かつて、世界最速の伝説の名車”隼”が復活しています。

パワーは以前よりも抑えられていますが、最高速バイクと言ったら

このバイクのボリューミーなフォルムにファンも多く、所有欲を満たしてくれるバイクです。

日帰り高速ツーリングが似合います。

このバイクの特徴 使い方

孤高の高速ツアラー

●日帰り高速ツーリング

エンジン型式 水冷4気筒
排気量・パワー 1339cc・ 188ps
ガソリンタンク容量 20L
車体重重(シート高) 264kg (800mm)
車体価格 216万7000円

SUZUKI Vストローム 1050XT

大型Vツインエンジン搭載のSUZUKIのアドベンチャーバイクの最高峰

悪路を走破するアドベンチャーバイク仕様車

ドライブモードは3つ、各種トラクションコントロールや可変式ウインドスクリーン

など、高速走行も悪路でもオールマイティーに快適に走れます。

 

このバイクの特徴 使い方

本格アドベンチャースポーツ

●キャンプツーリング

エンジン型式 水冷V型2気筒
排気量・パワー 1036cc・ 106ps
ガソリンタンク容量 20L
車体重重(シート高) 247kg (855mm)
車体価格 151万8000円

BMW R 1250 GS アドベンチャー

アドベンチャーバイクの先駆者 BMWのアドベンチャータイプのフラッグシップ

7つのドライブモード、各種電子制御装備で最先端機技術の結晶のようなバイク

パワーの割には、ライダーの負担を感じさせないモードが豊富に選べます。

グリップヒーターだけでなく、シートヒーターも装備、

各種積載装備を完備すれば、大柄なライダーには、無敵なツアラーになります。

このバイクの特徴 使い方

究極のアドベンチャーバイク

●オールマイティーなロングツーリング

エンジン型式 水冷水平対向2気筒
排気量・パワー 1254cc・ 136ps
ガソリンタンク容量 20L
車体重重(シート高) 278kg (850ー870mm)
車体価格 231万9000円

BMW R18 B

ターゲットはハーレーのツアラー。大排気量の水平対向2気筒

エンジンは、ハーレーにも負けないとトルクフルさが特徴

大型スクリーンとラゲッジスペースを確保したノスタルジックな

大型ツアラーもラインアップに加わりました。

このバイクの特徴 使い方

重量級クラシッククルーザー

●タンデムロングツーリング

エンジン型式 空冷水平対向2気筒
排気量・パワー 1801cc・ 91ps
ガソリンタンク容量 24L
車体重重(シート高) 398kg (720mm)
車体価格 341万8500円

BMW R 1250 RT

ヨーロピアンスポーツツアラーの先駆者 BMWのモダンツアラー

BMWには様々なロードスポーツツアラーがありますが、実用面を考えると

これくらいが丁度良いと思います。

ロングツーリングを疲れず快適に走行するための機能はBMWは作り出したもの

安定のロードスポーツツアラーです。

このバイクの特徴 使い方

ヨーロピアンロードスポーツツアラー

●高速タンデムロングツーリング

エンジン型式 水冷水平対向2気筒
排気量・パワー 1254cc・ 136ps
ガソリンタンク容量 25L
車体重重(シート高) 290kg (805ー825mm)
車体価格 289万8000円

ハーレーダビッドソン FLHTK エレクトラグライド ウルトラリミテッド

応接セットのようなタンデムシート 大きな風防、ハーレーのツアラー伝統の形、

重量級のハーレーのツーリングモデル 排気量も1868ccまで拡大した新型エンジン

オーディオを大音量にして豪快にハーレーの乗り味が楽しめます。

ハーレーは所有欲を満たしてくれる究極のアメリカンクルーザーです。

ヨーロピアンツアラーとは違った独特のエンジンの乗り味と個性が、

ハーレーの魅力です。 ツアラーといったらこの形と思う方もいるでしょうね。

このバイクの特徴 使い方

本家重量級アメリカンクルーザー

●タンデムロングツーリング

エンジン型式 空冷V型2気筒
排気量・パワー 1868cc・ 未発表
ガソリンタンク容量 22,3L
車体重重(シート高) 416kg(740mm)
車体価格 395万2300円

ハーレーダビッドソン PAN AMERICA 1250

ヨーロッパでのアドベンチャーツアラーの人気に危機感を持った同じツアラーメーカーであるハーレーが打ち出した、

新しいエンジンのアドベンチャーツアラー

低くゆったりと鈍重なハーレーイメージからは一転、新型ハイパワーエンジン搭載の

尖った、アドベンチャースポーツが、PAN AMERICAです。

デザイン面では、特徴的なアドベンチャーバイクのスタイルからは逸脱した個性的なデザインになりました。

これは、砂漠でも走れるツアラーをイメージしているのでしょうか?

ツアラーとしての実用面を考えると、上級者向けでしょうか?

このバイクの特徴 使い方

新コンセプトアドベンチャーバイク

●悪路ツーリング

エンジン型式 水冷V型2気筒
排気量・パワー 1252cc・ 152ps
ガソリンタンク容量 21,2L
車体重重(シート高) 245kg (890mm)
車体価格 231万円

DUCATI ムルティストラーダ V4

ムルティストラーダを生み出したDUCATIは、アドベンチャーバイクというより

オールラウンドのツーリングバイクというコンセプトでヨーロッパで人気を獲得しています。

DUCATIの個性は軽量・ハイパワーです。

スーパーバイク並みのパワーを備えた

そのコンセプトをアドベンチャーツアラーとして進化させました。

どんな道でもより速く走れるバイク、これがDUCATIの新型ムルティストラーダです。

ドライブモードも多彩、安全面にも個性を出し、レーダーシステムという、

安全サポート機能を搭載した最新鋭車

 

このバイクの特徴 使い方

ハイパワーアドベンチャーツアラー

●オールマイティー高速ツーリング

エンジン型式 水冷V型4気筒
排気量・パワー 1158cc・ 170ps
ガソリンタンク容量 22L
車体重重(シート高) 218kg (820mm)
車体価格 288万円

モトグッチ V85 TT トラベル

伝統の空冷縦置きVツインエンジンが特徴のモトグッチも

アドベンチャーツアラーがあります。

アドベンチャーツアラーは、ハイパワー化が進んでいますが、モトグッチは

乗りやすさを追求した独自路線でV85TTを生み出しています。

新型は、ドライブモードを5つに拡大 パワーではない標準的な

ツアラーになっています。価格はリーズナブル 実用的な一台です。

このバイクの特徴 使い方

アドベンチャーツアラー

●タンデムロングツーリング

エンジン型式 空冷V型2気筒
排気量・パワー 853cc・ 80ps
ガソリンタンク容量 23L
車体重重(シート高) 229kg (830mm)
車体価格 159万5000円

KTM 1290 スーパーアドベンチャー S

単気筒・V型2気筒エンジンに突出した軽量ハイパワーバイクが特徴の

KTMの大型アドベンチャースポーツ

ツーリングをコンセプトにしたハイパワーツアラーです。

 

このバイクの特徴 使い方

ハイパワーアドベンチャースポーツ

●オールマイティロングツーリング

エンジン型式 水冷V型2気筒
排気量・パワー 1301cc・ 160ps
ガソリンタンク容量 23L
車体重重(シート高) 220kg (849mm)
車体価格 239万円

URAL ギアアップ2022 サイドカー2WD

ツアラーとは、快適に旅を楽しめるバイクです。

サイドカーはその点、究極のツーリング(旅)バイクとも言えます。

今の新車で買える現役のサイドカーはこのURALのみ

この2WDは後輪の2輪が駆動するため、

普通自動車免許でこのサイドカーは乗れるのです。

大型ツアラーよりも雰囲気ある旅が楽しめるはず

存在感があるサイドカーは、目立ちたい、人と違ったバイクに乗りたい方には

最適かもしれません。大型ツアラーと変わらぬ価格で手に入るのは魅力

のんびり、夫婦や恋人と旅が楽しめます。

【URAL JAPAN 公式サイト】

URAL JAPAN

このバイクの特徴 使い方

唯一の現役サイドカー

●タンデムロングツーリング

エンジン型式 空冷水平対向2気筒
排気量・パワー 749cc・ 41ps
ガソリンタンク容量 19L
車体重重(シート高) 331kg (810mm)
車体価格 256万8500円

ツアラーに求められるもの 求めるものにより選択が変わる

ツアラーに乗りたい方は、その堂々とした風貌が好きだからなのか?

あるいは、快適なロングツーリングを楽しみたい、機能や利便性を求めるのか?

人それぞれだと思います。

趣味・嗜好の強いバイクの世界には、自分の好みのバイクの形・デザインが
車種選択には大きく影響しますね。

バイクのスペックだけでバイク乗りはバイクを選びません。

目的が、快適なロングツーリングにあるなら、アドベンチャーツアラーは

リーズナブルで快適さの点では、従来のツアラーよりも軽量で運動性能もよく、

ライダーの負担が少ない、楽しめるバイクではないかな?と思うのは私だけでしょうか?

最適な一台を選んで、究極のロングツーリングを楽しんでください。

最強のツアラーで快適な旅に出よう

ツアラーで旅に出るなら快適な旅に必要なものがあります。

安心と安全です。

旅でのトラブルやストレス軽減のための準備も万全に。

● バイク用ナビ

●ロードサービスなどへの加入

快適さを求めるとこんな装備があるといい バイク用ナビ


さらに快適さを求めるなら

●バイク用ナビ

ナビに表示されるスポットに寄ってみる。地図を見るより簡単です。

音楽を聴きながら、長時間を地図なしで、ストレスフリーの旅が実現できます。

ちょっとした工夫が必要になりますが、バイクナビは最強 地図なし旅実現の記事で紹介しています。

バイクナビは防水にして最強に スマホではできない専用ナビで快適に バイク用ナビは使えるか? バイク用ナビを使う場合は防水対策をしましょう。バイク専用のナビを選びましょう。地図なしでストレスフリーのツーリングが実現できます。...

トラブルに備える  ロードサービス加入

単独での旅先でトラブルの場合、自力で対処しなければなりません。

考えたくはないですが、転倒した場合、パンクした場合、故障してバイクが動かなくなった場合、旅先で立ち往生では困ります。

 

●ロードサービスに入っておく

JAFあるいはZUTTOライドクラブ(保険)や各メーカーや販売店のロードサービスに入っておくこと

遠方での事故や故障では自力で帰ってくることを考えるというより、近くの修理できるショップまで運んでもらいという考え方で良いと思います。

年会費等は4000円から9000円

これで手軽で安心のロードサービスがいざというとき無料で受けられます。 ぜひ加入しておきましょう。

\JAF個人会員加入ページ/

\ZUTTOライドクラブ ロードサービスと盗難保険/

最強のツアラーバイク 20選 どれがおすすめ?  まとめ

まとめ

●ツアラーとはどんなバイク?

●ツアラーの条件

●ツアラーの最近のトレンドは変わりつつある
○従来型ツアラーについて
○アドベンチャーツアラーの人気

●最強のツアラー20選

●ツアラーに何を求めるかよく考える

●最強のツアラーで旅に出よう
○バイクナビの導入
○ロードサービスへの加入

以上の内容でした。

老ライダー
老ライダー

最後までお読みいただきありがとうございます♪

新しいバイクで旅を始めるなら、

バイクを買い替えるのでしょうか?

バイクを下取り査定で上手に高く売るなら、下記記事が参考になりますよ♪

 

●【バイク下取り査定するなら】

\サイト内記事をチェック/
バイク買取業者に関する記事

\今すぐコンタクト/
バイクを売るならバイク王無料見積



バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET 欲しいバイクを探す【登録無料】/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込む大人のバイクには、レトロでカジュアルなセンスある大人のバイクファッションを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種のおすすめ これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめ250ccバイクランキング8選 初心者向けを徹底比較バイク初心者におすすめの国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...

キャンプツーリング

>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
キャンプツーリングの持ち物 使える便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイク買取のコツ 高く売る方法と買取交渉について【体験談】バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?口コミから考える買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクのアパートでの保管について解説...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックは必要バイクの盗難は2度と経験したくない。 最強のバイクロックと対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告) 二郎系ラーメンの宅配

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です