キャンプツーリング

人気の250cc4車種で荷物を最大化しタンデムもキャンプもする方法

250ccバイクでも荷物を積んでキャンプやタンデムロングツーリングする方法

これが知りたい方には役に立つ記事です。

手軽な250ccで荷物を満載してキャンプに行けたら、

快適にタンデムツーリングができたら

この悩みを解消する具体的な方法を掘り下げて考えてみました。

こう考えると、どの250のバイクが可能にしてくれるのか気になりますよね?

車種に合う商品も紹介していきます。

人気の国産250の4車種について検証してみました。

●レブル250

●CB250R

●Vストローム250

●VERSYS 250Xツアラー

この記事はこんな方向け

●250ccで荷物を最大限に積む具体的積載グッズが知りたい

●250ccでタンデムツーリングを快適にしたい

●250ccで荷物を積んでキャンプツーリングをしたい

あなたの愛車がこの4台なら、具体的対策がわかりますよ♪

250ccバイク 大容量の積載100Lを目指す


バイクにキャンプ道具を満載したり、タンデムでツーリングに行く場合、

重量が増えてもなんとか走れるバイクは250ccというところでしょう。

250ccでできる方法を考えないといけません。
荷物の積載がどこまでできるのか気になりまよね。

大型バイクと違って大きなラゲッジスペースもないですし、荷物を積みづらい
仕様のバイクも多いのが今のバイクデザインでもあります。

2人(タンデム)でロングツーリングをしたり、キャンプ道具を積んでキャンプツーリングをするには、積載量をたっぷり100L確保する必要があります。

キャンプタンデムでも100Lの積載を確保して、快適に走れることを目指しましょう。

愛車の積載 どこまで積めるか検証しましょう

人気の国産250cc 4車種について考えました。

●レブル250

●CB250R

●Vストローム250

●VERSYS 250Xツアラー

今回は、この4車種です。

 

上記車種以外の積載をお考えなら一般的な内容ですが、下記記事は参考になります。

【参考記事】積載グッズに関する記事一覧

レブル250の荷物の積載

人気のレブル250についての荷物の積載を考えます。

アメリカンクルーザータイプのレブル 積載グッズを載せてもカッコよくいきたいですね。

レブル250の積載の問題点

レブルの積載に関する問題点は、ソロでのキャンプの場合はそれほどハードルは高くありません。

タンデムの場合を考えると、定番の大型のサドルバッグはタンデマー(同乗者)の
ステップが使えなくなってしまいます。

車体がスリムなため、リアボックスを大型にしにくい点です。

レブル250 具体的積載方法

◆ソロでのキャンプツーリングの場合

そんなに難しくはありません。必要な装備は以下の3点です。

●リアボックス中型

●サドルバッグ(大容量)

●中型シートバッグ

これで100Lの積載を確保します。

100Lが確保できました。

【対象商品リスト】

◆タンデムの場合

必要なものは6

 

●リアボックス中型

●サドルバック(タンデム可能のもの)左

●サドルバッグ(タンデム可能のもの)右

●防水バッグ(リアボックスの上に固定)

●ツールバッグ(大容量)

●※タンクバッグ小型

サドルバッグをタンデム可のもので左右別売のものにする必要があります。
防水バッグはリアボックスの上に固定

足らない分は、タンクバッグや、ツールバッグで容量を確保します。

これで100Lの積載を確保します。

 

※ツールバッグは重くて小さなものを収納する
アイテムとして、バイクの見た目もよくするためや
、バイクの前後の重量バランスを取るため取り付けます。

合計でなんとか100L確保できました。

【対象商品リスト】

CB250Rの荷物の積載

軽量で扱いやすい単気筒エンジンのCB250R

オールマイティーに使える万能バイクなのですが、

積載に関しては弱いバイクです。

これもカッコよくツーリング用積載装備でキメたいですね。

CB250Rの積載の問題点

モダンなデザインのバイクのため、あまり積載について考えられた設計ではない点

メーカー純正品で積載をサポートするものはありません。

CB250Rの具体的積載方法

◆ソロでのキャンプツーリングの場合

 

必要なものは3

●リアボックス大型

●サイドバッグ(大容量)

●中型シートバッグ



これで余裕で100Lの積載を確保できます。

社外品でリアキャリアとセットの大型リアボックスがあります。

これを使えば、シートバッグと組み合わせて、
100Lは確保できました。

【対象商品リスト】

 

◆タンデムの場合

 

必要なものは3

●リアボックス大型

●サイドバック(タンデム可能のもの)左右

●タンクバッグ大容量

ソロ用と共通の大型リアボックスと、タンデム可能な
サイドバッグにします。
足らない分は、大容量のタンクバッグで補います。

これで100Lの積載を確保します。

 

タンデムなのでシートバッグは積めません。
大容量のタンクバッグで補いましょう。

なんとか100L確保できました。

【対象商品リスト】

Vストローム250の荷物の積載

キャンプツーリングにも心強いVストロームの人気車種

荷物の積載にはあまり苦労することはないでしょう。

アドベンチャーバイクらしく無骨にキメたいですね。

Vストロームの積載の問題点

特に積載に関する問題はありませんが、

アドベンチャーバイクにぴったりのアルミ製角型リアボックスは
純正品は高額品のため、社外品で良いものを吟味します。。

Vストローム250の具体的積載方法

◆ソロでのキャンプツーリングの場合

 

必要なものは3

●リアボックス角型 大型
●サイドバッグ角型
●中型シートバッグ

これで100Lの積載を確保します。

全て角型のもので統一するとアドベンチャー
バイクの無骨さが出て、良い感じになります。

サイドバッグは、巻き込み防止のサポート金具が
不要なものを選んでいますが、不安なら取り付けましょう。
サイドバッグは、ハードタイプの角型がリアボックス
とマッチします。

100Lが確保できました。

 

【対象商品リスト】

 

 

 

◆タンデムの場合

 

必要なものは3

●リアボックス角型 大型

●サイドバッグ角型(タンデム可能のもの)左右

●防水バッグ(リアボックスの上に固定)

ソロ用との共通の
角型リアボックス(大型)
サイドバッグ(角型ハードタイプ)

足らない分はリアボックスの上に自由度の高い
コンパクトな防水バッグを載せます。

これで100Lの積載を確保します。

 

タンデムの場合、シートバッグが積めません。

角型ボックルにソフトタイプの防水バッグを取り付けます。

角型ボックスには、その上にゴムバンドやネットで固定、
ステーがあるので積みやすいはずです。

100L確保できました。

【対象商品リスト】

 

VERSYS 250Xツアラーの荷物の積載

車体も無理なくタンデム可能なアドベンチャーバイク
パワーもあり、重量増加には不安のないバイクです。

標準装備でサイドバッグあり

VERSYS 250Xツアラーの積載の問題点

VERSYSの積載に関する問題点は、トップボックス。

兄貴分のVERSYS 1000の純正トップボックスが使えません。

積載の肝となるトップボックス取り付けを考えないといけません。

VERSYS 250X ツアラーの具体的積載方法

◆ソロでのキャンプツーリングの場合

 

必要なものは2点です。

●リアボックス角型 大型

●中型シートバッグ

リアボックスは角型荷物掛けステー付きの大型タイプ
(幅420mm)
シートバッグも中型タイプ(幅430mm)

※既存品のサイドボックス

これで100Lの積載を確保します。

リアボックス角型(大型)と中型シートバッグで、
標準装備のサイドボックスと合わせれば、

100Lが確保できました。

【対象商品リスト】

 

 

◆タンデムの場合

 

必要なものは2点です。

●リアボックス角型大型(荷掛けステー付き)

●防水バッグ(リアボックスの上に固定)

これで100Lの積載を確保します。

 

角型リアボックスにソフトタイプの中型防水バックを載せます。

なんとか100L近く確保できました。

 

【対象商品リスト】

タンデムツーリングは250ccでもできる

ご紹介してきた、各車種別の積載方法を行えば、

タンデムでも、無理なく荷物を積んでロングツーリングが可能になります。

手軽な250ccは無理なく、背伸びすることなくタンデムの楽しめるバイクです。

積載グッズを賢く選んでツーリングを楽しみましょう。

【参考記事】タンデムツーリング便利用品の記事

タンデムツーリング便利グッズ 6種のおすすめ これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

 

タンデム用品についての商品を探すなら amazon ・楽天のサイトもチェックしてみてください。

タンデム用の便利なグッズを探すことができますよ。

 

キャンプの場合 キャンプ道具を軽量・コンパクトにする対策が重要

特にキャンプの場合、 必要なグッズを揃えるのに、共通していることは

なるべく、軽量でコンパクトなもので揃えるべきですね。

ファミリーキャンプや、車でのキャンプ用品から選ぶことはおすすめしません。

使い勝手のの良い究極の軽量コンパクトグッズをバイク用には選びましょう。

賢く揃えれば積載も楽々、快適なライディング、楽しいキャンプが実現できます。

キャンプ用品に関して

ライダー目線で考えた、キャンプグッズ選びのヒントになる記事があります。

チェックしてみてください(商品紹介多数あり)

キャンプツーリンググッズ商品紹介記事一覧

テント

寝袋(シュラフ)

バーナー

焚き火台

クッカー

テーブル

チェア(椅子

クーラーボックス

人気の250cc4車種で積載を最大化にする考察  まとめ

 

まとめ

●250ccで大容量の積載を実現しよう

●人気の250cc4車種の積載方法
ソロキャンプとタンデムの場合

○レブル250
○CB 250R
○Vストローム250
○VERSYS250Xツアラー

●タンデムのロングツーリングは250でもできる
タンデム便利グッズ記事の紹介

●キャンプの場合、キャンプグッズを軽量・コンパクトに
揃えよう(おすすめ記事の紹介)

以上の内容でした。

 

老ライダー
老ライダー

最後までお読みいただきありがとうございます♪

250ccでも荷物を満載して本格ツーリングを楽しみましょう。

荷物を積めるからといって、過信は禁物です。

タンデムでもキャンプでも、荷物の重量が増えるとバイクには

負担がかかります。 無理な運転や速度オーバーにならないよう

気をつけてライディングしてくださいね。

【関連記事】

バイク用品の記事をチェック

\バイク用品についての記事をチェック/
バイク用品INDEX

【関連記事】

キャンプツーリング記事INDEX

\キャンプツーリングの記事一覧/
キャンプツーリングINDEX

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET 欲しいバイクを探す【登録無料】/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込む大人のバイクには、レトロでカジュアルなセンスある大人のバイクファッションを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種のおすすめ これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめ250ccバイクランキング8選 初心者向けを徹底比較バイク初心者におすすめの国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...

キャンプツーリング

>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
キャンプツーリングの持ち物 使える便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイク買取のコツ 高く売る方法と買取交渉について【体験談】バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?口コミから考える買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクのアパートでの保管について解説...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックは必要バイクの盗難は2度と経験したくない。 最強のバイクロックと対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告) 二郎系ラーメンの宅配

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です