バイク用品

サイドバッグが欲しい 車種別に適したカッコいいおすすめ品と注意点

 

ロングツーリングやキャンツーなどでは、バイクの積載量を増やしたいですよね。

サイドバッグは、デッドスペースに荷物の積載を増やすためにはぜひ欲しいバッグ

 

バイクにピッタリとキマるサイドバッグ(サドルバッグ)
おすすめ20種の紹介と選ぶときの注意点について解説いたします。

 

この記事はこんな方向け

●サイドバッグのおすすめが知りたい方

●サイドバッグを選ぶ時のポイントを知りたい方

●サイドバッグをなるべく安くゲットしたい方

サイドバッグのメリット・デメリット


まず、サイドバッグをバイクにつける場合のメリットデメリットを考えておきましょう。

●低重心に荷物が積めるメリット(バイクが安定する)

●デッドスペースに荷物が積載でき、積載力がアップする

●タンデムシートが使える(タンデムできる)

●うまく選べば、バイクの見た目がアップする

●バイクの乗り降りがしずらい

●大型はバイクの横幅ができ、すり抜けに神経を使う

●バッグのタイヤとの接触防止策が必要(ステーが必要なものがある)

●バイクのシートカウルに傷がつきやすい

サイドバッグは、以前は、

純正品のハードシェルタイプを着けるのが安心という考え方があり、

とても高額なものという印象が強かったのですが、

今は、社外品で手軽で便利なコスパの良いものが豊富に揃っています。

手軽な積載方法になったと言えますね。

サイドバッグに欲しい機能について

ハードタイプから、単なる布製バッグなど、様々なタイプのあるサイドバッグですが、

ツーリングで安全に確実に荷物を運ぶ場合、欲しい機能があります。

あったらより便利という機能性について考えてみましょう。

●防水性
●持ち運べる
●盗難防止

必ずしも、これらは全てのサイドバッグに備わっている機能ではありませんが、

選ぶ時の目安にはなると思います。

防水性

サイドパニアなどは、バイクの車体色に合わせた樹脂製で、防水性の高いものがありますが、

社外品の汎用タイプは、防水性をうたっていても、完全防水と考えない方が無難です。

唯一、ロールアップ式の防水素材(ターポリン)を使用したものが、完全防水と言えます。

(防水カバー付きのものもありますが、 車輪側にカバーをすることはできませんので完全防水にはなりません。)

サイドバッグの中の荷物を防水にして守るためには、

荷物をビニールバッグなどに包んでバッグに収納することをおすすめします。

持ち運べる

サイドバッグは、固定式のものと、簡単に脱着でき、持ち運べるタイプがあります。

盗難やいたずらを心配するなら、持ち運べるタイプがいいいですね。

盗難防止ができる

固定式の持ち運べないタイプのものは、中身の盗難防止のために、

ロック付きのものもあります。

無い場合は、小さなロック(キー)を取り付けておくという手もあります。

バイクのタイプ別に適したタイプを選ぶ

バイクのタイプによって、似合う、似合わない、または装着できる、できないタイプが存在します。

●アメリカンクルーザータイプ
●ネイキッドタイプ
●スポーツタイプ

大まかに3タイプのバイク別に似合う、似合わないサイドバッグがあります。

タンデムツーリングにはぜひ活用したいサイドバッグ

また、タンデムツーリングで、ロングツーリングやキャンプなどで荷物が多くなる場合は、

サイドバッグはタンデムシートを使わないため、おすすめの積載方法です。

注意点として、

バッグを取り付ける時にシートの上に取り付け金具などが来ないタイプを選ばないと、

同乗者が座る時に凸凹で、快適ではなくなります。

振り分け式のバッグの場合、シート下で連結するタイプか、

シートの座面が平坦になるタイプを選ぶ必要があります。


(※これならシート上でも問題ありません)

取り付け金具がシート中心部に来るタイプには、

同乗者用に座布団を用意する必要が出てきます。

 

ゲル状で凸凹にも対応し、お尻が痛くならない、同乗者専用座布団という

蒸れないタンデム補助シートがあります。

アメリカンクルーザーはサドルバッグが似合う

アメリカンクルーザーに似合うバッグ

アメリカンクルーザーにはデザイン性の高い、

バイクの雰囲気をアップさせるおしゃれなサドルバッグが定番です。

防水性を抜きにして、本革製のものは間違いなくカッコよくキマリます。

フェイクレザーで安い製品もあり、色々なデザインが楽しめます。
振り分け式と、片側用のどうちらかです。

【関連記事】クラシックテイストのサイドバッグ(サドルバッグ)の記事

クラシック・旧車バイクに似合うおすすめサドル(サイド)バッグ15選クラシックテイストの旧車風バイクに似合うバッグの15選 おしゃれにカッコよくバイクを仕立てる...

おすすめなのは雰囲気のある本革製サドルバッグ

ハーレーなどのアメリカンクルーザー用のサドルバッグで、おすすめできるのは、

断然、DEGNERのサドルバッグです。 雰囲気のあるものが揃っています。

【サドルバッグ取り付け方法動画】

DEGNER レザーサドルバッグ SB-55

革製品の老舗 DEGNERにはさまざまなサドルバッグのバリエーションがあります。

最も、標準的な容量12,5Lタイプ

大きすぎず、小さすぎず、大型バイクでなくても、どんなバイクにも合う大きさ

商品ページへいく

DEBNER レザーサドルバッグ SB-601N

容量は12L  バイクとバッグの傾きが微妙に変えて、シルエットをしっくりさせたいならこの形

 

商品ページにいく

DEGNER レザーサドルバッグ SB89

容量7Lの小ぶりなバッグ 日常使いの必要最小限なもの収納に。

商品ページへいく

DEGNER レザーサドルバッグ SB360

やや大きめにも使える可変式(9〜17L)

デザインにこだわるなら彫刻デザインの入った、雰囲気の良いこのタイプの選択もアリでしょう。

 

商品ページへいく

DEGNER レザーサドルバッグ SB641N


ツーリングにも使える20Lのたっぷり収納タイプ

牛革の風合いがワイルドで良いですね。

商品ページへいく

DEGNER ナイロン ダブルバッグ NB-39B

 

ダブルバッグのナイロン製ですが、その分防水性は高くなり実用的です。

容量は32L確保できます。

商品ページへいく

DEGNER ナイロン ダブルバッグ NB-4FB

ナイロン製ダブルバッグの容量28Lタイプ

商品ページへいく

ハーレーやレブル用サイドバッグ(サドルバッグ)の注意点

サドルバッグは製品によって、バイクの後輪にバッグが巻き込まれないために、

サポートステー(金具)が必要なものと不要なものがあります。

必要なものは専用品があると思いますが、

無い場合は、自分のハーレーやレブルに適合したステーを取り付けた方が安心です。

必要な場合は、amazon楽天で探すことはできます。

オールドルックなネイキッドバイクに似合うサイドバッグ

クラシックなバイクに似合うバッグ
SR400、W800 などのオールドルックなネイキッドバイクには、

スポーツバイク用デザインのバッグではなく、少し個性を出して、

革製のものやミリタリー風のバッグを選ぶとバイクとマッチしてしっくりきます。

キャンプツーリングやロングツーリングに向いた大容量タイプや、

おしゃれな小さめなバッグなどがあります。

おすすめはクラシックな革製やミリタリー風

クラシックテイストのものとミリタリー風のものがおすすめ

小ぶりなスタイリッシュタイプと左右のサドルバッグをご紹介します。

DEGNER プレミアサドルバッグ SB-3

容量 13L  コンチョ付き ヌメ革の経年劣化が楽しめます。

ほとんどの車種に取り付け可能です。

商品ページへいく

DEGNER レザーサドルバッグ SB-79

ショルダーバッグやシーシーバーにも取り付けられるサイドバッグ

容量 13L  柔らかな風合いの多目的に使えるサイドバッグ。 開口部が大きく開き

中身の取り出しが便利。

ショルダーバッグとしても持ち運びができます。

裏側のスリットにより、アメリカンクルーザーなどのシーシーバーに取り付けることも可能なサポート付き。

 

商品ページへいく

DEGNER サドルバッグ ミリタリー NB-132

容量 12L クラシカルなネイキッドバイクには、カーキ色のミリタリーテイストの

バッグも似合いますね。

商品ページへいく

DEGNER ダブルバッグ ミリタリー


容量 左右で32Lを確保した、右だしマフラー用のダブルサドルバッグ

細かいポケット付きで実用面でも便利に使えますね。

商品ページへいく

KUMIMOTO サイドバッグ 汎用

耐荷重10kgのリーズナブルな製品
オールドスタイルのネイキッドバイクに似合います。
評判の良いバッグです。
(容量については明記なし)

SRなどオールドルックなバイクのサイドバッグ 注意点

ネイキッドバイクでも、サイドバッグは製品によって、

バイクの後輪にバッグが巻き込まれないために、

サポートステー(金具)が必要なものと不要なものがあります。

必要なものは専用品があると思いますが、無い場合は、

自分のSRや愛車に適合したステーを取り付けた方が安心です。

必要な場合は、amazon楽天で探すことはできます。

 

スポーツタイプはパニアよりも手軽なサイドバッグ


スポーツタイプのバイクには、バイクのフォルムに合わせたデザインの小型タイプが一般的ですが、

40Lの大容量タイプも良いものがあります。

ロングツーリング用としては、なるべく大型のもを選びたいですね。

スポーツバイクには、サイドバッグをサポートするステー自体が付かないものが多いため、
基本は、振り分け式のポン付け簡単タイプがおすすめです。

おすすめは手軽な振り分け式のスポーティータイプ

バイク用品メーカー各社からスポーツタイプに合う、手軽に取り付け可能な(ポン付け)タイプをご紹介します。

ドッペルギャンガー サイドバッグ

完全防水のターポリン生地を使用した、ロールアップ方式のサイドバッグ

キャンプツーリングなどにはピッタリです。

左右で40Lと大容量なのですが、注意点として耐荷重は3kgまで

サポートステー(金具)不要

強度の問題で、重いものは避けたほうが良いかもしれません。

 

ラフアンドロード AQA DRY サイドバッグ

サイドバッグの防水性は、カバーをかけても内側(タイヤ側)までかけられません。

そのため、完全防水とは言えないものが多いのですが、

このバッグは、内側の防水対策がしっかりしてあり、完全防水のバッグです。

容量は左右で40L とたっぷり入ります。
サポートステー(金具)不要

ヘンリービギンズ サイドバッグ


スポーツバイクのシルエットを崩さないデザイン。

サイドポケットがアクセント 容量は左右で32Lの標準サイズ

(ファスナーは横開き) サポートステー(金具)不要

タナックス ツアーシェルケース


最もかっこいい手軽なハードタイプのサイドバッグ

これが一番、おすすめかもしれません。

とにかく、高級感があり良いですね。

防水に関しては、インナーポーチ付きの親切設計

ファスナー用のミニキーも付属しています。

容量は左右で40L サポートステー(金具)不要

コミネ モールデッドサイドバッグ

容量は可変式となっていて、36〜56L

ファスナーは上開きで中身の取り出しが簡単

(注意点 耐荷重は3kg)
サポートステー(金具)不要

GIVI サイドバッグ 60L

可変式で60Lまで入る大型サイドバッグ

これだけ入ればロングツーリングでも安心ですね。

(注)GIVIバッグサポート(金具)取り付けが推奨されています。

サンシャインライフ サイドバッグ

上開きファスナー 容量は58L とたっぷり入ります。

有名メーカー品の良いところを採用しています。

ノーブランド製品ですが、とにかく価格がリーズナブルで
評判も良いようですよ。

サポーツステー(金具)不要

スポーツタイプのサイドバッグ 注意点

スポーツタイプのバイクは基本、乗せるだけのサイドバッグがおすすめです。

安全を考えたらバイクの後輪にバッグが接触しない、

サポートステー(金具)があると安心です。

スポーツタイプ用のバイクに合うものは少ないのですが、

車種によってはあると思います。

必要な場合は、amazon楽天で探すことはできます。

 

もう1つの注意点として、

取り付けステーの不要なバッグでも、シートカウルにバッグの吊り下げストラップが当たって、車体に傷が着く場合があります。

その場合、バイクボディ用保護フィルム(プロテクションフィルム)があるとバイクを傷から守ることができますよ。

(細かいことですが重要なことです)

キャンプツーリングやロングツーリングにはサイドバッグは必要

日帰りツーリングなどでは、サイドバッグは好みの問題になりますが、

荷物の多くなるタンデムツーリング、ロングツーリングでは導入を考えるべきです。

キャンプ道具を満載するキャンプツーリングでは、

荷物をデッドスペースに積めて、快適になるのは間違いありません。

●防水性
●取り外し、持ち運び可能
●固定式でロックをつける

以上のことをよく考えて、

自分のスタイルにあったベストな選択をしてくださいね。

サイドバッグが欲しい 車種別のおすすめ品と注意点 まとめ

まとめ

●サイドバッグ(サドルバッグ)のメリット・デメリット
●バイクのタイプ別に似合うサイドバッグを選ぼう。
●タンデムロングツーリングでは活用しよう。
●アメリカンクルーザー用サイドバッグ(サドルバッグ)
○おすすめ品の紹介
○注意点

●オールドルックネイキッドバイク用サイドバッグ
○おすすめ品の紹介
○注意点

●スポーツタイプ用サイドバッグ
○おすすめ品の紹介
○注意点

●サイドバッグは、キャンプやロングツーリングでは必須

以上の内容でした。

 

老ライダー
老ライダー

最後までお読みいただきありがとうございます♪

その他のバイク用品の関連記事もぜひチェックしてみてください。

わかりやすく解説していますよ♪

【関連記事】

バイク用品の記事をチェック

\バイク用品についての記事をチェック/
バイク用品INDEX

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET 欲しいバイクを探す【登録無料】/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテムです。 インナープロテクターは、おしゃれでダサくならないバイクのファッションの幅広がる最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込むおしゃれなバイクには、レトロでカジュアルなセンスあるアイテムを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種は必要 これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめバイクランキング8選 初心者向け250ccの徹底比較バイク初心者むけのおすすめ国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...

キャンプツーリング

>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める場合のおすすめの方法と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
キャンプツーリングの持ち物 使える便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイクを選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイク買取のコツ 高く売る方法と買取交渉について【体験談】バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?口コミから考える買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクの保管について...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックは必要バイクの盗難は2度と経験したくない。 最強のバイクロックと対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告) 二郎系ラーメンの宅配

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です