オートバイライフ

大人のバイクライフ バイクにのめり込む楽しみ①

今やバイク乗りの平均年齢は54,7歳 ということをご存知ですか?
40代、50代のリターンライダーの方は相変わらず増えています。
大人のバイクライフ 徹底的に楽しみませんか?

いろんな趣味を経験してきたけれど、やっぱり
バイクが今一番の関心事

”バイクにまた乗りたい”

”バイクがとにかく好き”

”バイクのある生活に憧れる”

こんな方には最高に役に立つ記事のはずです。
年齢に合った後悔しないバイクライフ目指しましょう。

老ライダー
老ライダー
バイクライフを突き詰めたい40代50代の方へ  理想のバイクライフについて書きました。楽しめると思いますよ♬

大人のバイクライフ  筆者のバイク歴

簡単な私のバイク経歴です。

老ライダー
老ライダー
バイク歴40年 私のバイク歴です。

20歳で中型免許(当時)取得

250ccアメリカンタイプ バイク 3年
400ccヤマハSR400 フルカスタム 5年

外車に対する憧れ捨てきれず
400cc DUCATI 購入 15年(うち7年間は乗らず)

ヤマハ DT 125(2サイクルオフロード車)
ヤマハ YSR50(ミニバイクレース)にハマる

オフロードレースにも興味を持つも練習で骨折 挫折
ホンダ CR 90(オフロードレーサー)

42歳で大型免許取得

ハーレースポーツスター1200s 7年
ホンダ VT250スパダ(セカンドバイク )

DUCATIムルティストラーダ1100 3年
ホンダ スーパーカブ70(セカンドバイク )

ビギナー卒業後は外車(DUCATI単気筒バイクに興味が湧き、
単気筒バイク→Vツインバイクへと移行

レースにも興味を持ちますが、手軽なミニバイクのレースに参戦
あくまでも趣味の領域ですが、スポーツライディングは大好き

いわゆる マルチエンジン(4気筒)バイクには楽しさを見出せず
Vツインバイクの鼓動感や振動の乗り味・音が好きですが、

ハーレーのようなアメリカンタイプは嫌い。

あくまでも、スポーツライディング派でした。

若い時はさておき、大型バイクに40歳を過ぎて乗ってきて、感じる部分があります。

経験から 今後バイクにこだわりたいあなたのへの”大人のバイクライフ” を提案したいと思います。

40代 50代 大人のバイクライフ まず現実を知ろう

またバイクを乗ってみようと考えているリターンラーダーの方、

あるいは今までバイクの経験がないけれど、40代になって初めて乗ってみたいと思う方には考えておきべきことがあると思います。。

若い頃に比べると

体力が落ちている

反射神経が鈍くなっている

今のバイクは高性能化している

このことを考えておく必要があるのです。

大人のバイクライフ 理想

若い頃は金銭的な理由で乗れなかった大型バイク、
これにやはり乗ってみたい。

速くてかっこいい他人と差別化できるバイク

これが理想です。

大人のバイクライフ 現実

しかし、現実はどうでしょうか?

体力、反射神経が落ちているのに重いパワーのある大型バイクに乗るのです。

若い時は”ライディングに自信あり”と思っていても能力は落ちているのです。

また、初めてバイクを乗る方は、初めからこの問題を考えておく必要があるのです。

不慣れなバイク乗りがいきなり大型バイクに乗り出すのには、注意が必要です。

大人のバイクライフ 条件を満たすバイクはなんだ?

いい意味で”大人” 悪い意味で ”体力無いヘタな人” この条件に合うバイクを選ぶ必要があるわけです。

どんな、バイクを選ぶべきなのか?

失敗しない選択が必要です。

キーワードを並べて見ましょう。

1 重量の軽いバイクを選ぶこと(取り回しで苦労しない)

2 足つき性の良い(シート高の低いもの)バイクを選ぶこと

3 バイクのパワーをよく見ること

4 差別化できるバイク(若者と被らないバイク)を選ぶこと

この4点を考えておくことが、後悔しない選択になると思います。

楽なライディングポジション

いわゆる、かっこいいフルカウルのスポーツバイク、ハンドル位置も低く、かなりの前傾姿勢のライディングポジションです。

短時間であれば良いのですが、

いざツーリングとなると腰や首、腕に負担がかかり長距離を走るのは若い人でも辛いものです。

まず、ライディングポジションが楽なゆったり乗車できるものを選ぶべきです。

重量 なるべく軽いバイク

 

125ccのバイクはどれくらいの重量でしょうか? 120kg程度です。

250ccのバイクはどのくらいの重量でしょうか? 160kg程度です。

これくらいは、軽く、扱いやすく感じるはずです。

大型バイクになると軽くても200kg近くになります。

重いもので300kgという車種もあります。300kgのバイクが倒れた時に起こせますか?

スーパースポーツは200kgをはるかに切るものがありますが。

またがってみるとわかります。エンジンが大きい車格も大きい。

大きなバイクだなと思うはずです。

足つき性 シート高は目安になる

 

理想は、またがったときにほぼ両足がかかと近くまでつくものが安心です。

身長にもよりますが、175cm以下の方はシート高は気にした方が良いです。

830mm以上のものは170cm以下の身長では両足が爪先立ちになりかねません。

足つき性は重要です。

特に停車時のちょっとした事でバイクを支えきれず、立ちゴケなんてことになりかねません。

私も経験があります。バイクが傾いてしまった時、踏ん張りがききません。

パワー バイクのパワーはほどほどに

 

パワーはどうでしょうか?

エンジンタイプにもよりますが、400ccのバイクの場合、4気筒のスーパースポーツタイプ以外は50馬力以下です。

これならさほどのパワーは感じないものです。

大型バイクの場合はどうでしょう?  100馬力くらいのパワーになると、一般公道では持て余すパワーとなります。

大型バイクの場合、制限速度60キロ走行ではトップギアに入れて走ることはできないものがほとんどです。

また、100馬力をはるかに超えるパワーの場合、サーキットでも走らない限り、使いきれないパワーです。

今は流行りつつある3気筒バイク これは軽量ですが(4気筒同様)ハイパワー化を目的としたバイクです。

サーキット走行でも考えない限り、腕に自信がない限り考えない方がいいと思います。

差別化 こだわりを感じるバイク

 

若い人と被らないバイク

差別化という意味で考えると国産の一般的なスポーツバイクではない気がします。

特殊なカテゴリーのバイクや外車が差別化できる!となります。

”こだわりを感じるバイク”と言ってもこのこだわりは今までの自分の経験から導き出された選択ということになるわけです。

こだわり あなたは持っていますか?

バイクに乗る目的を考える

 

バイクに乗るあなたの目的もよく考えておきましょう。

 

あくまでも気晴らしで乗りたい

旅に使いたい ソロツーリング

旅に使う タンデムツーリング

カスタムする(見て 眺めて 少し走って楽しむ)

こんなところではないかと思います。考えていきますと。

バイクに乗るのは気晴らし

 

気晴らしでバイクに乗る。バイクの非日常感やスピード感を味わいたい。

こう漫然と考えている方もいるでしょう。

バイクに乗る  一人旅

 

旅の足としてバイクを使う。 一味違った旅のスタイル
ある意味”小さな冒険”という使い方。

バイクに乗って旅に出る。これがしたくてバイクが欲しい方もいるでしょう。

一人の時間を楽しむ これのバイクソロツーリングの醍醐味です。

バイクに乗る タンデムツーリング

 

タンデムツーリングで出かける。  楽しそうですよね。

一人より二人 バイクは孤独な乗り物ですが

二人で出掛ければ全く違った旅になります。

しかし、ライダーにもそれなりの経験と運転テクニックは必要になります。

一人では自由自在にバイクを操れても、

後に重い荷物が乗った状態ですから事情が変わってきます。

また、後ろに乗る同乗者が快適になるように考えなくてはなりません。

ほとんどのバイクはデザインを重視するあまり、

同乗者に快適なシートになっていないものです。

タンデムツーリングを快適にするためには、程よいパワーは必要です。

やはり長距離を旅することを考えればパワー面で余裕のある大型バイクです。

見て 眺めて 少し走って楽しむ

 

バイクでどこかに出かけるというより、バイクを自分好みにカスタムして楽しみたい。

見た目や性能について考える。こんな楽しみ方もあります。

こんな志向だってあります。

盆栽バイク なんて言葉もありますが、

少しずつ時間をかけて好みのバイクに仕上げていく。

最も重要なこと  トータルでバイクライフを考える

老ライダー
老ライダー
バイクに乗るだけが大人のバイクライフ じゃありませんよ。

もっと掘り下げて考えていきましょう

 

バイクをどう使うか? どんなバイクに乗るか? これだけでは実は物足りません。

乗っている時だけがバイクライフではありません。

毎日は時間がなくて乗れないけれど生活の中にバイクを楽しめる環境を整えることも”大人のバイクライフ”です。

それって ”理想”ですよね!? こう言いたくなるかもしれません。

しかし、 理想を追い求めていくからこそ、いつかは理想が現実になるのです。

目標は大気に持つべきなんです。

大人のバイクライフをあなたはおくりたいわけですから!!

大人のバイクライフ 必要な準備を考える

理想のバイクライフのため 大切なバイク、保管場所もしっかり考えましょう。

賃貸住宅の場合は限界がありますが、一味違う”大人のバイクライフ”を考えるなら、

バイクが自転車置き場や物置というのでは寂しい限りです。

バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

 

 

そして、バイクの盗難は相変わらず多く発生しています。

大切なバイク 盗難されないためにも保管場所は考えておくべき重要な点です。

盗難対策だけではなく、保管場所についてもこだわりたいものです。

 

 

理由はトータルで楽しむバイクライフ、単にバイクを持つだけがバイクライフではありません。

理想を言えば、”バイクのガレージライフ”です。

これには、色々な問題をクリアする必要があります。

まずは、家族を巻き込んで承諾を得る事。金銭的な問題も絡んできますし、場所の問題もあります。

しかし、この実現が 理想の”大人のバイクライフです。

実現したいものです。

生活の中に溶け込んだバイク これを目指していただきたいのです。

段階別に考えますと。

第一段階 ①バイク専用の簡易型保管スペース⇨盗難対策にもなる保管場所

第二段階 ②バイク保管用建築物の確保

第三段階 ③バイク保管だけでないバイクライフを楽しむための専用スペース

第四段階 ④ガレージハウス →バイク保管+居住スペースの融合

こうなります。

理想は、”バイクガレージハウス ”です。  家の設計段階でバイクの保管場所を生活と融合させる事です。

これはまさに夢の大人のバイクライフですね。

そこまで出来なくとも

”男の秘密基地” 独立したスペースのあるバイクライフ実現させませんか?

夢のバイクライフ 目標をそこまで持っていきましょう!

①バイク用簡易型保管庫

 

簡易型で自分で組み立て・設置可能な専用のもの
バイクをカバーだけで保管するよりはよい。

予算は数万円程度です。

② 物置タイプのバイク保管庫 大型物置の設置

 

イナバ物置に代表される 建築物です。
バイク専用として出回っています。

外国製の自分で施工を行うことができるタイプもあります。

単なる物置ではなく、バイク愛好者向けに様々な雰囲気を演出するオプションもあります。
バイクだけではなく、関連のバイク用品置き場やメンテナンス品置き場として使えます。

予算は本体30〜50万円ほど 施工等を依頼する場合、プラス30万円 こんなところです。

バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

 

③ 物置ではなく居住環境も整える 空調や寛ぎの空間


②をベースにするか、建築施工型のバイクガレージ に居住可能な設備をつける。

建築申請の不要な面積以内(10 平方メートル)であれば現実的です。

②の物置をベースに内装、結露対策、空調を設置、移住空間として

寛ぎの作業場や書斎のような”秘密基地化”です。

作業スペースという発想だけではなく、デスクを置く、

ソファーを置く バイクを眺めながら一人の時間を楽しむ。 こんな秘密基地です。

やり方にもよりますが、外装 内装 断熱 空調 家具 装飾品 などの費用が必要になります。

関連記事はこちらで詳しくご覧になれます。↓↓↓

バイクのガレージハウスは手軽に実現できる。リモート空間も確保する

 

④ 家の設計・ガレージハウス バイクを室内に、インテリアの一部にする


簡単にいうと 家を建てる時に設計段階で考えておくということです。

家を建てる計画がある場合、 バイクを保管する場所を室内に!

これは究極のガレージライフです。

リビングから見えるところににインテリアとしてのバイクがある。

こんなバイクライフを考えて想像してみてください。

家のインテリアの一部に旧車をオブジェとして飾る人だっています。

夢は大きく持ちましょう!

大人のバイクライフ おすすめのバイク

 

保管場所の話が長くなりましたが、 話を大人のバイクの選択について戻しましょう。

軽いこと 重量200kg

シート高が低いこと

パワーのこと

差別化できるバイク

要約すれば、

大きくなく、パワーが扱いきれて、若い人と差別化できるバイク ⇨ 外車のバイク

国産もご紹介していきます。

国産バイク

 

国産車では4気筒や3気筒バイクを選ぶのはおすすめできません。

理由はもう説明済みですね。

大型バイクの場合は、空冷の2気筒にしましょう。

空冷2気筒バイクのメリットデメリットをあげておきます。

価格面 水冷エンジンより価格が安い

エンジン自体のデザインがバイクらしい

水冷式と比べて軽い

見た目がシンプル すっきりしたデザイン

エンジンの鼓動感や乗り味に味がある

車種の選択が限られる

パワー面で水冷エンジンには及ばない

最高グレードの装備でないもののもある

あまり人気がない

こちらの記事に詳しく解説しています。

初の大型バイクには国産ツイン(2気筒)が最適 一覧とおすすめの理由国産大型ツイン(2気筒)バイクが初めての大型バイクにはおすすめ その理由の解説と全車種一覧と筆者の選んだランキングを記載しています。...

輸入車(外車)

私の経験から言って、差別化するなら外車です。

差別化という面で最大のメリットがありますね。
もちろん4気筒や3気筒は避けよう。

2気筒の味のある乗り味のバイクにしましょう。

外車の国産車と比較したデメリットも挙げてきましょう。

外車としての希少価値がある

価格が国産車と比較して高い

整備費や部品代が国産車より高い

故障のリスクは国産車より高い

販売店の数が限られ、近所にない場合もある

おすすめの大型外車の車種やメーカーについて
こちらの記事に詳しく解説しています。

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
モトグッチ 楽しい空冷ツインエンジン 大人の変態?バイクの魅力 こんにちは 老ライダーです。 今日は私の大好きな 空冷ツインエンジンの話です。 大人のバイクライフとくれば、空冷ツイ...
2気筒エンジンの正統派 トライアンフはレトロで魅力的こんにちは! 老ライダー です。 トライアンフ 最近日本でもメジャーになるつつあるメーカーです。 英国を代表する世界最古の二...

>>  続き 大人のバイクライフ② おすすめバイクについて

老ライダー
老ライダー
②に続きます。独断と偏見の記事ですが、読んでみてください。

バイクを高く売る 老ライダー
●バイクを賢く高く売る! バイクの買い替え等をお考えなら、

バイクを売りたい方向けの記事はこちらでご覧になれます。

\記事を読んでみる/
バイクを売るための基礎知識とコツ
\バイク王の評判 最大手バイク王の記事/
バイク買取 バイク王の評判
\買取業者ランキング/
出張買取業者ランキング
\レッドバロン/
レッドバロンの評判と特徴
\バイク館SOX/
バイク館SOX 特徴と評判
\YSP/
YSPの評判と特徴
\ホンダドリーム店/
HONDAドリーム店 評判と特徴

バイク王の評判は最悪?口コミから考える買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...
●読んでみてくださいませ♪

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET 欲しいバイクを探す【登録無料】/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテムです。 インナープロテクターは、おしゃれでダサくならないバイクのファッションの幅広がる最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込むおしゃれなバイクには、レトロでカジュアルなセンスあるアイテムを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種は必要 これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめバイクランキング8選 初心者向け250ccの徹底比較バイク初心者むけのおすすめ国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...

キャンプツーリング

>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める場合のおすすめの方法と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
キャンプツーリングの持ち物 使える便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイクを選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイク買取のコツ 高く売る方法と買取交渉について【体験談】バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?口コミから考える買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクの保管について...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックは必要バイクの盗難は2度と経験したくない。 最強のバイクロックと対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告) 二郎系ラーメンの宅配

POSTED COMMENT

  1. Judy より:

    I’ve been surfing online more than 3 hours today, yet I never found any interesting article like yours.
    It’s pretty worth enough for me. In my opinion, if
    all web owners and bloggers made good content as you did, the internet will be a
    lot more useful than ever before.

    Here is my web site :: Florentina

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です