【番外編】バイク雑談

バイク好きならサーキットを走っておこう

バイク好きの皆様 サーキットを走ったことがありますか?

この記事は,サーキット走行体験やレース体験に興味のある方向けの記事です。

走ったことがない方 是非読んでみてください。

走りに行きたくなるかもしれません。
実現する方法もお伝えいたします。

簡単に私のサーキット体験ですが、 サーキット走行会とミニバイクレースに参戦していたことがあります。
(30年前ですが私の経験からお話しいたします。)

サーキットを走るということ

普段、バイクに乗っていて、バイクの性能を100%引き出して走ることってありますか?

大きな声では言えませんが、高速道路なんかで最高速にチャレンジしたことは、皆さんも1度や2度あることでしょう。

コーナーの多い峠道で思いっきり走ったこともあるでしょう。

しかし、100%の力で走ったことはありますか?

おそらく、あまりいないのではないかと思います。

なぜなら 、一般道には 信号あり、対向車あり、ガードレールあり、障害物あり、ブラインドのコーナーもあり、100%安心な環境ではないからです。

サーキットを走るとは、バイクの限界や自分の能力の限界を感じ、掴むことができる場なのです。

サーキット走行を手軽に始めるには、大きく分けて2種類あります。

サーキット走行会に参加する と ミニバイクレースに出ることです。

サーキットを体験する サーキット走行会


とりあえず、サーキットを走る一番手軽な方法は、 サーキット走行会に参加することです。

国際サーキットでも体験できます。

単なる走行会の場合、 サーキットのライセンスは不要なものがあります。

バイクショップが主催するイベントなどです。  体験するだけなら、ライセンス取得は少し、大袈裟ですね。
これが手軽でいいと思います。

ただし、参加するには、大体以下の条件が必要になります。

上下繋がったレザースーツを着用

ヘルメットはフルフェイス

ブーツやグローブはバイク専用のものを着用

ヘッドライト、ウインカー等はガムテープで飛散防止を行う

小排気量・アメリカンタイプの車両は不可

だいたいこんな感じです。

費用は、サーキットによりますが、1〜2万円程度で10分〜20分程度
レーシングスーツがなければサーキットでスーツメーカーのレンタルはあります。(一回2万円程)

手軽と言えば手軽ですが、サーキットはどこにでもあるわけではありません。遠方の場合は2時間も3時間も離れた場所にあるものです。

もちろん、自分のバイクで走ることになります。

レースに参加する ミニバイクレース

これは、”草レース”のことです。
草レースでないといきなり参加することは不可能です。

草レースになる会場は、オンロード用、オフロード用、または両方併せ持つコースなどがあります。

カートコースミニバイクレースのサーキットということです。

”ミニバイクレース”とは 50ccから125ccまでのレースです。

こういうコースは、全国に色々あり、さほど遠方でなくともあるものです。

怪我等の心配を考えると、オンロードレースが安心です。

最も手軽でおすすめなのは、ミニバイクレース ノーマルクラス


ミニバイクレースは、125ccまでですが、色々なカテゴリーに分かれています。

最も、始めやすいのは 50ccと125ccのノーマルクラスです。

理由は

低コストで始めやすい。(車体価格の点)

参加後も、改造等が不可のため低コストで続けられる。

小排気量なので車重が軽く、大怪我などの心配はない。
(50ccと言っても、最高速は100km /h を超えますが)

転倒してもバイクのダメージは少ない。壊れることはあまりない。(低コスト)

※『ミニバイクレース』で検索すればさほど遠方でもないコースを簡単に探すことができます。
あなたの家の近所にもあると思います。

ミニバイクレース ノーマルクラスの紹介

開催する団体によって使われている車種が若干違いますが、手軽に始められる”ミニバイクレース”のミッション付き(スクーターではない)
ノーマルクラスに使用される車種は以下の3台です。

HONDA NSF100

HONDA HRCが発売するレース専用車です。(4サイクル) 価格は約50万円

HONDA NSR50

市販車ですが、今は製造中止の2サイクルエンジン車 中古価格35万円〜50万円
以前はこれが、ミニバイクレースの主流の車種でしたが、生産中止のため中古のみ
しかし、人気がいまだにあるようです。

HONDA GROM

今、主流になるつつあるのが125cc4サイクルエンジンのGROMです。価格は35万円

GROMはHONDA HRCからレース専用車両も新型が発売予定です。

価格は現在不明(2021年3月発売予定)

旧 HRCのGROMの価格は 中古車で35万から45万円です。

これら3機種のノーマルクラスが1番手頃なミッション付ミニバイクレース用車種だと思います。

ミニバイクレース 補足説明

サーキットにもよりますが、2ヶ月に1回くらいのペースでレースは行われています。

レースのない日は練習走行が可能です。 1回1日、時間制限はあまりなく、5000円以下で走ることができます。

ライセンス取得というほどのことはなく、初めての場合は走行上のルールの説明を受けるくらいです。

改造の範囲は、タイヤのみと言ってもよく、エンジンや吸排気系以外の部分の変更程度です。

さほど、郊外でもなく近い場所にあるサーキット、一度見学に行ってみたらいかがでしょうか?

ミニバイクレース 参加するにあたって必要なもの

装備についてです。
最低限、以下のものは必要になります。

国際サーキット同様ですが、

専用レザーウエア
グローブ、ブーツ

 

トランポ(バイクを積む車)

 

ラダー(バイクを車に積み込む板)

 

走行費用 レース参加費用(5000円程度)

 

整備等でお願いできる近くのバイク屋さん
(タイヤの交換やレース後の車検後の整備依頼のため)

どうでしょうか? あなたにとって手軽でしょうか?

ミニバイクレース サーキット走行すると何が良いのか?

サーキットを走って得られるメリットをあげてみます。

思いっきりバイクを走らせることができる

ライディングテクニックが向上する

どうしたら速くなるのか追求できる場が得られる

バイクを乗ることに自信ができる

安全を意識し、無茶な運転をしなくなる

サーキットを走ってみると、公道は危険だということがよくわかるようになります。

サーキットでは無理をして転倒しても大怪我にはなりません。(ミニバイクレースの場合)

また自分の力量を測ってバイクを運転できるようになります。
(転倒することによっていろいろ学べるのです)

ミニバイクレースの場合です。国際サーキットでの転倒は、高くつきますよ。

サーキットやミニバイクレースの私の体験談

 

 

老ライダー
老ライダー
サーキットとミニバイクレースです。

サーキット走行は遠方なので手軽ではなく、はまりませんでした。

思いっきり走れると言っても、1度や2度では国際サーキットはコツを掴むことは簡単ではありません。

ミニバイクレースはハマりましたよ♫

岡山国際サーキット TI英田 でサーキット走行の経験があります。
ハーレースポーツスターで転倒の経験あり

また、30年程前になりますが、50cc2サイクルエンジンのレーサーレプリカ全盛の時代、YAMAHA YSR 50 でミニバイクレースに参戦しておりました。(群馬 赤城カートランド ※現在は廃業)

ノーマルクラスですが、ノービスクラスから初めてA級クラスまで昇格しました。ノービスクラスでは表彰台の経験もあります。(あくまでも草レースレベルです。 でもみんな本気で走るんですよ)

サーキットと言ってもカートコースです。 コーナーはかなりキツく限界までバイクをバンクさせて走りますので、ステップは自作のステーで高い位置に変更します。

それでもブーツの外側は削れてしまうほどのバンク角で走ります。最高速は80km /h以上は出ていたと思います。 転倒しても怪我はしませんでした。スーツでコース外に滑っていくだけです。

また、レースの緊張感はたまらない魅力でした。走りは精神状態にかなり影響されすことも知りました。

落ち着いて頭をクールに!そうしないといい結果は出ませんね。 なんでも同じだと思いますが。

軽のワンボックスカーを中古で10万円くらいで買って、後座席を全部外して床にアンカーボルトを取り付けてバイクを固定していました。 ラダーは専用品は高いので長い板切れを使っていました。

毎週のように練習走行に行ってタイム短縮に励んでいました。楽しかったですよ。

バイク本体は当時25万円くらいでした。リミッターを外してもらってレースに参加

最高速は軽く100km /hを超えましたよ。

それでもレースで転倒しても怪我はしませんでした。

これで一年以上楽しんでいたのですから、さほど金銭的な負担は感じませんでした。

その後のバイクライフが少し変わる

バイクライフも、ツーリングに出かけるというだけでなく、レースをするということで、バイクに対するスタンスは私の場合、始めたことで、広がって行ったと思います。

30代くらいなら、まだ始めるには遅くはないですよ。  チャレンンジしてみませんか?

バイク好きならサーキットを走っておこう! まとめ

まとめ

サーキットを走る方法は、まず手軽なことから始めてみようと提案してきました。

走行会ミニバイクレース(ノーマルクラス)がその方法です。

バイクが好きなら、やってみよう!という私の提案をどうお感じになったでしょうか?

バイクライフを楽しむなら一度は体験してみて欲しいと思います。

きっと、あなたの視野が広がると思いますよ。

定期的に走りたいなら、手軽なミニバイクレースがやはりおすすめです。ミニバイクと言ったって甘くないですよ。


\バイクの買い替え 高く売るなら/
●バイクを賢く高く売る! バイクの買い替えで損をしないように!

バイクを売りたい方向けの記事はこちらでご覧になれます。

\記事を読んでみる/
バイクを売るための基礎知識とコツ
\バイク王の評判 最大手バイク王の記事/
バイク買取 バイク王の評判
\買取業者ランキング/
出張買取業者ランキング
\レッドバロン/
レッドバロンの評判と特徴
\バイク館SOX/
バイク館SOX 特徴と評判
\YSP/
YSPの評判と特徴
\ホンダドリーム店/
HONDAドリーム店 評判と特徴

バイク王の評判は最悪?高く売りたいなら買取依頼のコツと方法がある バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイク王でバイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...
●読んでみてくださいませ♩

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET 欲しい中古バイクを探す/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

\(広告)強い男へ クラチャイダム初回お試し500円/
クラチャイダムゴールドお試し

 

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテムです。 インナープロテクターは、おしゃれでダサくならないバイクのファッションの幅広がる最強アイテムです。...

 

ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込むおしゃれなバイクには、レトロでカジュアルなセンスあるアイテムを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...

 

ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
便利で人気のシステムヘルメット 初心者からベテランまでおすすめ10選機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...

 

タンデムツーリング便利グッズ 6種は必要 これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...

 

タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング形式(大型〜250)40選ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...

 

初心者のバイク入門の徹底解説とおすすめ250cc車種比較ランキング8選バイク初心者むけのおすすめ国産250cc8車種の紹介とランキング一覧...

キャンプツーリング

>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める場合のおすすめの方法と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
バイクのキャンブに使える便利グッズ 超コンパクトな14選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ 14選 これでキャンプがより快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...

 

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイクを高く売りたい!買取で損しない方法 基礎知識とコツ【体験済】バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ...
バイク王の評判は最悪?高く売りたいなら買取依頼のコツと方法がある バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイク王でバイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクの保管について...

 

バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...

 

V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告
クラチャイダムゴールドお試し

POSTED COMMENT

  1. 720p より:

    Hi there. I found your website by means of Google at the same time as looking for a similar matter, your web site came up. It appears to be great. I have bookmarked it in my google bookmarks to come back then. Lorri Nye Kathye

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です