記事内にはアフィリエイト広告を使用している場合があります。

オートバイ知識

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

スクランブラー バイクは今注目のおしゃれでかっこいいバイクですね。

人気のスクランブラーバイクの中型(250cc〜400cc)の魅力的な車種をご紹介します。

ストリートに映えるカジュアルでおしゃれさで人気のスクランブラーバイクですが、中型に注目してみました。

セカンドバイク ・タウンユース・あるいはキャンプなどの使える自分だけの個性ある愛車が発見できるかもしれません。

読んでみてください。

バイク探しに迷う人
バイク探しに迷う人

手軽でおしゃれなバイクが良いのだけれど

あるの?

 

老ライダー
老ライダー

はいスクランブラーバイクの中型で面白いのがありますよ!

国産車ではありませんが、おしゃれなスクランブラー バイクがおすすめだと思いますよ。

自分だけの一台 見つかるかもしれませんよ

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

スクランブラーバイクとはどんなオートバイ?

まず歴史をお話しします。

1940年代後半にイギリスで未舗装コースで行われていたオートバイレース車を模して、1960年代に市販車を改造し楽しみ始めたのが始まりとのこと。

スクランブラーは当時のレースのスタートスタイルが、一斉に横並びでスタートすることから”スクランブル”と呼ばれるようになったとか。

オフロードバイクのなかった時代のレーサーということです。

スクランブラーバイク が今なぜ人気なのか?

発祥から見て、バイクのスタイルがレトロなクラシックタイプという点。

近年のネオクラシックブームで注目され始めたため。

カジュアルな服装にも似合うおしゃれなバイクという位置づけで若者のファッションの一部となったためだと思われます。

【スクランブラー バイクの関連記事】

スクランブラーバイク 大型 人気の車種良い点・気になる点と選び方人気のスクランブラー バイク(大型)の紹介と選ぶべきポイントを細かく解説 大型スクランブラー(外車)の選び方がわかる記事...

 

スクランブラーバイク125 ストリートに映えるおすすめ8メーカースクランブラーバイクはストリートに似合うカジュアルでおしゃれな手軽なバイク 人と被らないこだわりバイクの125ccの原付二種タイプのおすすめ車種を紹介...

 

 

スクランブラーバイクの 定義

市販車を改造したのが始まりですが、定義としては以下の通りです。

スポークホイール

タイヤはオフロードタイプのブロックタイヤ

アップマフラー

ワイドなアップハンドル

単気筒か2気筒のエンジン

軽量化している

スクランブラーバイク どんな使い方?

ストリートバイクという使い方で人気です。

オフロード走破性は低いですが、サスペンションのストロークは若干長くなっていて、軽量で乗り心地がよく気楽に乗り出せる。

ライダーウエアに身を固めなくとも自由なファッションで乗ることができるということで、カジュアルなシティーユースにも向いています。

また近年のキャンプブームもあり、手軽に小型バイクに荷物を積んでキャンプする

キャンプツーリングに使うこともできます。

スクランブラーバイクは250(中型)がおすすめ その理由

目的から考えて”スクランブラー ”は 乗りやすいものが良いはずです。

乗りやすさとは軽量であること。 中型バイク(250cc〜400cc)がやはり良いというのが理由です。

スクランブラーバイク 250(中型) 車種の紹介

調べてみると、始めに説明した通り、国産車がほとんど見当たらないのです。

以前は200ccのTWなどが盛んにカスタムして人気だったように思うのですが、どうしてでしょうか?

中型ではマイナーな存在なのかもしれません。

しかし、面白いバイクが色々ありました。

おしゃれなスクランブラー 250 ①

MUTTモーターサイクル MONGREL250

おしゃれなスクランブラーバイク マットモーターサイクルスのスクランブラーはおすすめ

聞いたことのないメーカーでしょうか? 外車? こう思いますが、まずこの”MUTTモーターサイクルズ”から説明する必要がありますね。

このメーカーは、2019年にイギリスのカスタムビルダー たちが設立したカスタムバイクメーカーです。

普段は高価なカスタムバイクを製作するので有名な”ペニー・トーマス”氏が手掛けたカスタムバイクです。

エンジンは日本の’SUZUKI"製の250ccです。125ccも同SUZUKI製のエンジンで製作していますが、今回は250ccをご紹介します。

外車ではありますが、エンジンは日本製、あまり外車のデメリットを考える必要はないという点がメリットです。これは魅力の一つです。

アップマフラーではありませんが、実にかっこいいカスタムバイク という印象です。 ”スティーブマックイーン”の映画”大脱走”をイメージした車種もあります。

もちろん、日本で購入することができます。
最もベーシックなタイプ ”MONGUREL 250”です。

エンジン型式空冷単気筒 5速
排気量・パワー249cc 21ps
シート高780mm
重量130kg
タイヤ径前18  後18インチ
価格69万4000円

まるで、SRをカスタムしたようなバイク、初心者でも安心、しかも低価格でレトロなカスタムバイクが日本で手に入る貴重なメーカーだと思います。

250ccは9種 125ccは7種 ラインアップがあります。

ディーラーは全国16 カ所。

MUTTモーターサイクル日本法人

\HPをチェック/
http://www.muttmotorcycles.jp

マットモーターサイクルズの詳しい車種紹介記事もあります。

実際に私も試乗してみましたよ。

250ccでも感覚としては、スーパーカブ感覚で気楽に乗れるバイクで、

細部までカスタムしたようなおしゃれさが満載のバイクでした。

下記記事にて多くのラインアップを紹介しています。

【参考記事】外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

おしゃれなスクランブラーバイク 400 (中型)②

ハスクバーナ スヴェルトピレン401


スウエーデンのモトクロス・エンデューロバイクのメーカーで、現在はKTMの傘下

エンジンはKTM製をベースに使用しています。

スヴェルトピレンとは”黒い矢’という意味で、ロードスポーツ風デザインにアップハンドル・ブロックタイヤというデザイン。

どちらかというとストリートバイクという印象です。

水冷単気筒、高回転型エンジンです。

エンジン型式水冷単気筒 6速
排気量・パワー373cc 43ps
シート高835mm
重量150kg
タイヤ径前17 後17インチ
価格69万5000円

ディーラーはこちら 全国10カ所で販売しています。

https://www.bikebros.co.jp/vb/offroad/extreme/e-08/

 

おしゃれなスクランブラーバイク 400 (中型)③

SWN シルバーベース

1971年創業のイタリアのメーカー
空冷単気筒 アップマフラー フォークブーツ スポークホイール ブロックタイヤの正統派スクランンブラー

ガソリンタンク量が22,5Lと大容量

エンジン型式空冷単気筒 5速
排気量・パワー397,2cc  27ps
シート高820mm
重量153kg
タイヤ径前19  後19インチ
価格68万2000円

これも日本で購入が可能です。 ディーラーは全国に27ヶ所あります。こちらで確認できます。

https://www.swm-motorcycles.jp/lineup/detail/12

 

おしゃれなスクランブラー 400(中型)④

DUCATI スクランブラー SIXTYー2

スーパーバイクのイメージの強いDUCATIですが、ブランドとしてカジュアルな”SCRAMBLER DUCATI”
と位置付けるほど、このカテゴリーは充実しています。

車名の”SIXTY−2”は 1962年に当時の単気筒スクランブラーをアメリカに輸出したことが名前の由来になっています。

DUCATIはアメリカで流行り始めた当時のトラッカーブームに乗ろうと

”スクランブラー ”を作ったのようです。

今のスクランブラー は 空冷Lツイン2気筒 この中型クラスの一台です。

残念ながら生産中止になっています。買うなら中古車になります。

エンジン型式空冷2気筒 6速
排気量・パワー399cc 40ps
シート高770mm
重量167kg(乾燥)
タイヤ径前18  後17インチ
価格中古で70〜90万円

スクランブラー DUCATIサイト

https://scramblerducati.com/ja/

 

スクランブラー 250(中型)⑤

FANTIC キャバレロ250


1968年創業のイタリアのメーカー

倒立フォーク アップマフラー スポークホイール ブロックタイヤ 2チャンネルABS装備

デザインは”ビンテージスクランブラー ”テイストです。

どちらかというとオフローダー寄りのバイク。魅力的なデザインのバイクですが、価格がリーズナブルではないのが残念です。

エンジン型式水冷単気筒 6速
排気量・パワー249,6cc  25ps
シート高820mm
重量140kg(乾燥)
タイヤ径前19  後17インチ
価格91万円

日本でのディーラーは

https://caballero.jp/dealers/

 

スクランブラー 400(中型)⑥

YAMAHA SR400


やはりここで日本の名車SR400は紹介しなけれがならないと思います。

SRはよく見れば スクランブラー タイプのバイクと言えるかと思います。

元々オフローダーのXT500から始まったSR500の400cc版ですから、ルーツはスクランブラー と言えるのではないでしょうか? 昔の私の愛車の一台です。

2021年に製造中止が決定しました。残念ですね。

エンジン型式空冷単気筒 5速
排気量・パワー399cc  24ps
シート高790mm
重量175kg
タイヤ径前18  後18インチ
価格ファイナルエディション 60万9000円


これは、海外のカスタムの例ですが、ハンドルをワイドに、フォークブーツ、シートや前後フェンダーを短しし、ブロックタイヤに交換

そして、マフラーをアップマフラーにするだけで、”スクランブラー”ということができるのがSRだと思います。 (残念なことにSRのカスタム部品にアップマフラーは発見できませんでしたが)

【追加分】スクランブラー250(中型)

※追加情報(新車情報)

HONDA CL250

スクランブラーバイク中型 日本車
2023年4月に発売になったHONDA CL250は日本メーカーでは久々のスクランブラーバイク

500ccもラインアップされ、今後面白そうなバイクです。

中型クラス(250cc)では唯一の日本車です。

レブル250のエンジン搭載を搭載、 悪路走行も可能になった

ネオクラシックスタイルで、今度人気となるはずですよ。

 

エンジン型式水冷単気筒 6速
排気量・パワー249cc  24ps
シート高790mm
重量172kg
タイヤ径前19  後17インチ
価格62万1500円

 

スクランブラーバイク 250−400(中型) 選ぶべきポイントは?

中型のスクランブラー 選ぶべき点を考えてみましょう。

軽量でデザインがおしゃれ

カスタムしたようなカッコよさ

セカンドバイクに使える

価格がリーズナブル

人と被らないバイク

自分なりに個性が主張できる

まとめると、リーズナブルな価格で個性的な車種ということでしょうか!

スクランブラーを選ぶなら基本は国産車だが

スクランブラーを選びならやはり国産車が無難です。

理由は、価格麺とメンテナンス(トラブル時)の費用面です。

国産スクランブラーは、ベースとしてはSR400

残念ながら、SRは中古車しかなく、発売当初の価格よりも中古車か割高という傾向にあります。

新車ではCL250の一択になります。

CL250は最も適しているでしょう。

気になるのは車重くらいで、ノーマルで乗っても、スクランブラーバイクですから。

スクランブラー外車で選ぶなら

スクランンブラーは外車に多く存在します。

見た目のかっこよさ、スクランブラーの軽量な点を満たしているのが

スクランブラーの外車です。

問題は車体価格の高さと、メンテナンス性で、

近所にディーラーがないと何かと不便であること

外車の場合、専門ショップでないと整備を請け負ってくれないからです。

日本製エンジンを使用しているマットモーターサイクルズでも、専門のディーラー
に整備を依頼するしかありません。

外車を選ぶには、近くに整備できる専門ショップがあることを確認したほうが良いでしょう。

スクランブラーバイクを自分で作る カスタムする

ご紹介してきたスクランブラーバイクですが、

元々はオンロード用のネイキッドバイクを悪路も走れるようにカスタムしたのがルーツです。

始まりは市販車のカスタムからだったのです。

であれば、自分でかカスタムして、作ってしまう、こんな発想だってできるんです。

125ccや250ccのネイキッドバイクなら意外と手軽に実現できるのです。

スクランブラーバイクの条件は

●幅広のアップハンドル

●オフロード用タイヤ(キャラメルタイヤ)

●アップマフラー

さらにルックスを近づけたいなら、軽量化も考えて

●前後フェンダーのショート化

●テールランプの小型化

●シートの小型化

こうすることにより、スクランブラーバイクが出来上がります。

↓↓↓↓(SR400の例)

さほどお金がかかるものでもありません。

検討してみる価値はあると思いますよ。

しかし、正直言って、人気車種ではないと、

カスタムパーツが入手できないということが

あるのも事実。自分でマフラーを作ることはできないですよね。

専門知識がない、自分でカスタムするような道具もない場合は難しい場合があります。

カスタムのベースとなる中古車を探したいなら

下記記事が参考になります。

【参考記事】中古バイクの250ccはネイキッドがおすすめ 安く買える車種20選

かっこいい中古バイクのネイキッド250cc 安く買える車種12選手軽な中古バイクを買うならネイキッドタイプの250ccがカッコよくておすすめ 安く買える狙い目12車種をピックアップ ...

カスタムショップを参考にする。 あるいは作ってもらう

自分でできない場合は、カスタムショップに依頼する方法もあります。

平和モータースはスクランブラー風の
小型バイクのカスタムではピカイチだと思います。

バイクのカスタムを依頼する場合、一品ものを作ってもらうわけですから、お金はかかります。

でも、HPを見て見れば参考にはなると思います。

スクランブラーバイク 250(中型)で選ぶおしゃれなバイク まとめ

スクランブラーバイク(250−400)中型 は

スクランブラーとして使用するのにはおすすめ

●スクランブラーバイクとはどんなバイクか

●スクランブラーバイクが人気の理由

●スクランブラーバイクの定義

●スクランブラーバイクの使い方

軽量・軽快さを生かした街乗り・キャンプなど

●スクランブラー(中型)の紹介

●スクランブラー(中型)を選ぶなら

○国産の場合のアドバイス
○外車の場合のアドバイス

●市販車になければ中古車をカスタムする

○ベースとなる中古車を探す
○カスタムショップで作ってもらう

 

 

日本車では該当する車種が少なかったのですが、

現在手に入る個性的な車種を紹介してきました。

まだまだ日本では、市販車を改造して楽しむカテゴリーとして”中型スクランブラー ”は位置付けられているのかもしれません。

今、静かなブームとして、中型クラスのスクランブラー は海外から入ってきています。

バイクに対する考え方が、手軽なファッションの一部として今後、カスタムしたような小型クラスの外車が広まる可能性は高いと思います。

”かっこいい中型スクランブランブラー”は外車になりますが、一度興味を持ってディーラーを訪れてみたらいかがでしょうか?

自分なりの個性ある一台が見つかる気がいたします。

私は セカンドバイクとして MUTTモーターサイクルズに個人的に惹かれます。 皆様はどうお考えになったでしょうか?

単気筒250ccのかっこいい外車を集めた記事に

MUTTモーターサイクルズの他車種を紹介しています。↓↓

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

老ライダー
老ライダー
最後までお読みいただきありがとうございます♪

スクランブラーバイクに関する記事は他にもあります。

読んでみてくださいませ♬

 

【関連記事】スクランンブラーバイクの関連記事

スクランブラーファッションの記事↓↓

スクランブラーバイクのファッション 街乗りバイカースタイルやアウトドアスタイルスクランブラーバイクのファッションを提案 これからくるおしゃれなスクランブラーバイクファッションを街乗りとアウトドア用のおすすめ品を紹介...

大型スクランブラー の記事 ↓↓

スクランブラーバイク 大型 人気の車種良い点・気になる点と選び方人気のスクランブラー バイク(大型)の紹介と選ぶべきポイントを細かく解説 大型スクランブラー(外車)の選び方がわかる記事...

スクランブラーバイクに合うヘルメットの記事↓↓

スクランブラーバイクに合うフルフェイス チョイ悪のおすすめ15選スクランブラーバイクやネオクラシックバイクのストリート系のバイクに似合うファッションとして、ビンテージテイストのチョイ悪タイプのヘルメットが人気です。 アレンンジできる楽しいスリット入りスクランブラーヘルメットのおすすめ品15選...

スクランブラーバイク125ccの記事↓↓

スクランブラーバイク125 ストリートに映えるおすすめ8メーカースクランブラーバイクはストリートに似合うカジュアルでおしゃれな手軽なバイク 人と被らないこだわりバイクの125ccの原付二種タイプのおすすめ車種を紹介...

 

【バイク用品をチェックするなら】

\バイク用品についての記事/
バイク用品INDEX

 

⭐️バイクの買い替え・バイクを売るなら

下記記事が参考になります。
チェックしてみてください♪

バイクを高く売る 老ライダー
●バイクを賢く高く売る! バイクの買い替え等をお考えなら、

バイクを売りたい方向けの記事はこちらでご覧になれます。

https://roriderblog.com/2021/04/02/check-your-motorcycle-purchase-price-online

●バイクを賢くスマートに売る基礎知識とコツに関する記事

バイクの買取(下取り)のコツ 査定で損しない楽に高く売る方法バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...

 

【関連記事】 その他バイクの買取についての記事

\記事を読んでみる/
バイクを売るための基礎知識とコツ
\バイク王の評判 最大手バイク王の記事/
バイク買取 バイク王の評判
\買取業者ランキング/
出張買取業者ランキング
\レッドバロン/
レッドバロンの評判と特徴
\バイク館SOX/
バイク館SOX 特徴と評判
\YSP/
YSPの評判と特徴
\ホンダドリーム店/
HONDAドリーム店 評判と特徴

●バイクを売りたい方、読んでみてくださいませ♬

バイク売るならどこがいい?の疑問に答えます。知恵袋を読むより簡単なことバイクの売り先はどこがいい?バイク買取はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...
バイク記事一覧roriderblog

バイク用品・装備ランキング
人気ブログランキングでフォロー

金利の低い銀行ローンの近道

かしこく借りて夢をかなえる

\詳しく見てみる/
クラウドローン

バイク買うのにローンを組むなら銀行から借りる方が
金利は低くて圧倒的に有利です。

クラウドローンは銀行ローンの代行業者

●ネットで3分で診断完了

●金利の安い銀行を探して交渉

交渉はクラウドローンにお任せ
(金利の安い安心の銀行マイカーローンが選べます)

●登録無料
闇金業者ではありません。
(2020年スタートの新システム)

バイク店の信販ローンとの金利差は約7%
(銀行のマイカーローンの金利は約3%
バイク店は約10%)
3年で100万円のローンなら13万円もお得です。
200万円なら26万円もお得)。

バイクをローンで買うなら
銀行のマイカーローンを使いましょう!

\サイトで3分間診断をしてみる/
クラウドローン

 

バイク盗難保険

盗難保険は任意保険とは違います。
盗難に特化した保険です。

ZuttoRide保険はロードサービスとセットもあります。

1日25円からのZuttoRideバイク盗難保険

 

●バイク保険に入っておこう

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!

<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

●バイクの置き場所を確保しよう(レンタルボックス)

(全国対応 あなたの近所で探せます)
屋根付き・屋根なし・本格バイクヤードが選べます。
●IF物件はバイクに使えます。(物件多数)

トランクルーム、レンタルボックス、バイクヤードなら加瀬倉庫!

\バイク用レンタルBOXを探す/

>>バイク専用(バイクヤードは4タイプ
>>レンタルボックスもバイクで利用可能

●バイクの買い替え資金を確保しよう(バイク買取業者)

乗らなくなったバイク、買い替えで手放すバイク

無料で査定してもらって売れる

●バイク王
バイク王に無料見積依頼をしよう!

\No. 1のバイク王にアクセス/
バイク王

●バイクワンバイク買取
\ネットで簡単査定のバイクワン/

バイクワン●KATIX
複数業者が見積もる
納得したら売るシステムのKATIX
\写真で簡単査定/

◆バイクを売る方法のおすすめ記事

バイク売るならどこがいい?の疑問に答えます。知恵袋を読むより簡単なことバイクの売り先はどこがいい?バイク買取はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...

バイクメーカー(リンク)メーカーの新車がチェックできる

HONDA

YAMAHA

SUZUKI

KAWASAKI

二輪車関連団体(リンク)バイク業界の情報を詳しく見る

(社)全国軽自動車協会連合会

(社)日本の二輪車普及安全協会

(財)日本モーターサイクルスポーツ協会

【カテゴリー別記事一覧】

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ
老ライダー
老ライダー

気になる項目の記事をチェックしてみてくださいね♪

バイク用品

\ヘルメット・季節ごとのウエア・バッグ類など/
\バイクに関する役立つグッズについての記事/
>>INDEX一覧

キャンプツーリング

\キャンプツーリング全般について/
\バイク・キャンプ道具・積載グッズの記事/
>>INDEX一覧

バイクを高く売る

\バイクの売却方法について/
\買取業者情報や売り方のコツやヒント/
>>INDEX一覧

オートバイライフ

\バイクライフの提案記事/
\バイク選び・バイク免許/
\ツーリング/

>>INDEX一覧

●バイク免許●

\バイク免許/
\教習所情報/
>>INDEX一覧

オートバイ知識

\バイクの知識全般/
\エンジンや車種タイプについての記事/
>>INDEX一覧

バイク初心者

\バイク初心者向けの記事/
\バイク入門・バイク用品選びなどの記事/
>>INDEX一覧

バイク保管・盗難防止

\バイクの保管・盗難防止対策について/
\ガレージライフ・ロック・盗難対策の記事/
>>INDEX一覧

【番外編】     バイク雑談

\バイクに関する雑談/
\バイクの歴史・情報などの記事/
>>INDEX一覧

外車の魅力

\外車の魅力について/
\外車各メーカーの車種紹介の記事/
>>INDEX一覧

バイクカスタム

\バイクのカスタムについて/
\基本的なカスタム・旧車のカスタム/
>>INDEX一覧

 

●コンタクトフォーム お問い合わせはこちらまで●