キャンプツーリング

バイクのキャンプにちょうど良い!おすすめクーラーボックス10選

キャンプツーリングに出かけるときに、キャンプ場で冷えたビールが飲みたい!

食材を保冷して運びたい! そんな場合には、クーラーボックスが必要ですね。

 

荷物をあまり積めないバイク用には、積みやすくてコンパクトなクーラーボックスを選ぶ必要があります。

バイク用としては、クーラーバッグがおすすめです。

保冷能力や機能面・容量を考えたおすすめ品10品をご紹介します。

キャンプが充実し、快適になりますよ♪

クーラーボックスはキャンプツーリングにあると便利なアイテム

キャンプ場で冷えたビールが飲みたい!

夏場のキャンプ用の食材を保冷して使いたい!

そのためには、クーラーボックスが欲しいですよね。

車ならクーラーボックスの大きさを気にする必要はありませんが、

バイクでは大型の箱をバイクに積むには、収納ボックスを兼ねたクーラーボックスにしないと荷物が多くなりすぎてしまいます。

キャンプを快適にする是非とも欲しいクーラーボックス 良いもの、使えるものを
選ばないといけません。

キャンプ用品以外に保冷機能のあるものを持参したい場合は、シートバッグの上にまだ積むスペースがある場合、

ソフトタイプの畳めるクーラーバッグをおすすめします。

バイクで行くキャンプで使えるクーラーボックスはソフトタイプ

クーラーボックスよりもクーラーバッグがおすすめ
ボックスを積むよりも、クーラーバッグをバイクの荷物と一緒に積んでしまうことが、一番合理的です。

使用後や使用前はコンパクトに折り畳めるという大きなメリットがあります。

持ち運びもしやすい、クーラーバックがキャンプツーリングには最適です。

クーラーバッグ選びは用途と性能で選ぶ


バイクのキャンプで選ぶには、クーラーバックがおすすめですが、

クーラーバッグは、スーパーで買い物した時のおまけのようなものから、
本格的な耐久性のあるアウトドア用のものまでいろいろあります。

価格も1000円から20000円を超えるものまで様々です。

保冷能力・耐久性で価格が違ってくる

その違いはなんなのか?  安いに越してことはないのですが、

選ぶときに気をつける点が3つあります。

●保冷力 保冷可能時間
●耐久性 何度も使えるもの
●使った後のこと 小さく畳める・別の用途で使える

クーラーバッグの容量

ソロキャンプを前提として考えた場合、

最低限の容量として10L 程度は欲しいですね。

欲を言えば、20〜30Lはあると余裕があります。

(例)10Lはビール350ML缶で10本くらい
20Lは500ML缶20本くらい

※意外と入らないのです。ソロキャンプの場合は、ビールの本数を減らして食材を入れたとして10Lクラスがなんとか使えるサイズです。

できれば、20Lくらいあれば余裕ができますね。

バイクに積めるクーラーバッグのおすすめ品 10種

クーラーバッグは、保冷力の差によって価格が左右されます。

目的にあったチョイスをすべきですね。

保冷力の高いものは、真夏でも中身の氷が24時間溶けないものもあります。

安いものは、半日(6〜8時間)くらいの能力しかないと思いましょう。

キャンプ場の近くで調達したものを、

とりあえずその日だけキープできる程度であれば、手軽なものでも大丈夫ですが、

夏場に冷えたビールが飲みたい場合は、

保冷力の高い製品の方を選ぶべきでしょう。

何度もキャンプに行く場合、

耐久性も考えて選ぶ必要もありますね。

いろいろタイプ別に選んでみました。

保冷力 おすすめ品 BISON COOLERS ソフト 13L

アメリカ製のアウトドアグッズ。 最強のクーラーバッグだと思います。

バッグは5層構造、表地も耐久性のあるナイロン素材を使用

価格のことを考えなければ、これがソロキャンプには一番のおすすめ品です。

容量 13L
最大サイズ 33✖️28✖️20,5cm
収納サイズ 33✖️28✖️10cm
保冷力 強い(24時間氷も溶けない)
機能性 ショルダー機能

 

保冷力・容量 おすすめ品 AO COOLER 23L

アメリカの業務用クーラーのブランドAOの最強のクーラーバッグです。

5層構造で、24時間夏場でも氷が溶けない最強のクーラーバッグ
結露も起こりません。

容量 23L
最大サイズ 43✖️25✖️30cm
収納サイズ 43✖️25✖️10cm(推定)
保冷力 強い(24時間氷も溶けない)
機能性 ショルダー機能

保冷力 おすすめ品 LOGOS ハイパー氷点下クーラー 12L

アウトドア有名ブランドのLOGOSの人気商品

ジッパーで折りたため、サイズがかなりコンパクトになります。

LOGOSの氷点下パック(保冷パック)使用により、最強の保冷効果が
得られます。

容量 12L
最大サイズ 30✖️24✖️24cm
収納サイズ 34✖️24✖️11cm
保冷力 強い
機能性 ショルダー機能

保冷力・容量 おすすめ品 LOGOS ハイパー氷点下クーラー 20L


同じくLOGOSの 20Lタイプ

折り畳んだ状態であれば荷物になりません。

LOGOSの氷点下パックを使えば、中身が冷凍庫並に機能します。

価格は、最強クラスのクーラーバッグの中ではリーズナブル

色だけ、残念です。バイクに合う色であれば言うことないのですが。

容量 20L
最大サイズ 30✖️39✖️29cm
収納サイズ 30✖️39✖️12,5cm
保冷力 強い
機能性 ショルダー機能

容量・機能 おすすめ品 TWRクーラーバッグ 25L

ロールアップ式の完全防水クーラーバッグ

厚みのある生地構造で衝撃にも強く、中身を守ります。

持ち運びやすい形のバッグ

 

容量 25L
最大サイズ 46✖️26✖️34cm
収納サイズ 46✖️26✖️15cm(推定)
保冷力 (普通)10時間
機能性 ショルダー機能

多機能・コンパクト おすすめ品 DOD ソフトクーラー 10L

他のバッグに固定するためのショックコード付き

バイクのソロツーリング専用に考えられたコンパクトなタイプです。

生地構造に厚みがあり、中身を衝撃から十分守れます。

クーラーボックスとしての役目が終われば、収納バッグとしても使用できますね。

容量 10L
使用サイズ 36✖️21✖️11cm
収納サイズ 同じ
保冷力 普通
機能性 ショックコード付き・ショルダー機能

多機能・容量 おすすめ品 DEZHAO 保冷リュック 30L

リュック式クーラーバッグ

手軽に積む場所を考えることなくキャンプの食材を運べる点が良いですね。

大容量を確保

生地は3層構造 保冷能力は高くはありません。普通の保冷バッグです。

クーラーバッグには見えず、生地も汚れに強く耐久性があり、

保冷バッグの機能を抜きにしてリュックと考えてもコスパが良い商品です。

容量 30L
使用サイズ 47✖️42✖️7cm
収納サイズ 同じ
保冷力 普通
機能性 リュックタイプ

容量 おすすめ品 サーモスソフトクーラー 20L

通販amazonの売れ筋ナンバーワンのクーラーバッグ

生地は5層構造(8mm)ですが、生地全体の厚みはさほどなく、

保冷効果は通常の保冷バッグ程度でしょう。

コンパクトでリーズナブルなファミリー用として人気のようです。

この大きさなら、バイク用にも使えそうですよ。

 

容量 20L
最大サイズ 30✖️23✖️34cm
収納サイズ 30✖️10✖️34cm
保冷力 普通
機能性

容量 おすすめ品 キャプテンスタッグ クーラーバッグ25L

機能面でユニークなクーラーバッグ

コンパクトに畳めるのはもちろんですが、天板にドリンクホルダーがあり、
補助テーブル代わりに使えるようです。(ただし中身がたくさん入っていないと不安定なようです。)

 

 

容量 25L
最大サイズ 38✖️29✖️29cm
収納サイズ 380✖️29✖️11,5cm
保冷力 普通
機能性 小テーブルとしての機能・ショルダー機能

容量 おすすめ品 TENT FACTORY 保冷バッグ20L

縦長タイプなので、中身を満載にしても高さがなく、バイクに積みやすい形なので選びました。

表生地はしっかりとしたジャガード生地で、耐久性もあり汚れにも強いでしょう。

クーラーバッグの性能は高くはありませんが、

普通のバッグとしても使える両用タイプとして考えれば、

使えるサイズ・使えるバッグです。

容量 20L
最大サイズ 44✖️28✖️17cm
収納サイズ 44✖️28✖️10cm(推定)
保冷力 普通
機能性

クーラーバッグ 賢く選んで使えば失敗しない

繰り返しになりますが、クーラーバッグは キャンプの用途・季節によって
最適なものを選ぶ必要があります。

 

1日経っても、中の氷が溶けないクーラーバッグ

使った後に、小さく畳めて耐久性があり、何度も使える

そんなバッグがベストです。

 

とりあえず、食材が傷んだりしなければ良いという場合は、そこまで考えなくても良いかもしれません。

しかし、何度もキャンプツーリングを楽しむ場合、

耐久性の高いバッグ

を選んでおく方が賢い選択だと思います。

快適に、冷えたビールでプライベートなキャンプを楽しみたいですよね。

 

【保冷剤パックも強力なものを選びましょう】

LOGOSの氷点下パック は使えます。

一般的な保冷パックと比較すると、凍結時間や保冷能力は8倍とのこと

氷よりも強力です。

最強の保冷剤バッグと併用すれば、不安がなくなります。

 

バイクのキャンプにちょうど良い!おすすめクーラーボックス10選 まとめ

まとめ

●保冷ボックスはキャンプを快適にしてくれる便利グッズ

●折り畳めるクーラーバッグがバイクには最適

●クーラーバックを選ぶ基準
○保冷能力(時間)
○容量は10L以上がおすすめ
○耐久性・機能性を考える

おすすめ10種の紹介

●用途・目的に応じてクーラーバッグを賢く選ぼう。
○強力な保冷パックと併用しよう

以上の内容でした。

 

老ライダー
老ライダー

最後までお読みいただきありがとうございます♪

キャンプツーリングに関する他の記事もぜひチェックしてみてくださいませ♪

【関連記事】キャンプツーリング関連記事ピックアップ

キャンプツーリングの持ち物 使える便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
キャンプツーリングライダー向け焚き火台 コンパクトなおすすめ13選キャンプツーリングの小道具の焚き火台 コンパクトなおすすめ品12選 目的に合った使い方で焚き火を楽しむ...

【関連記事】キャンプツーリング記事INDEX

\キャンプツーリングの記事一覧/
キャンプツーリングINDEX

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET 欲しいバイクを探す【登録無料】/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテムです。 インナープロテクターは、おしゃれでダサくならないバイクのファッションの幅広がる最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込むおしゃれなバイクには、レトロでカジュアルなセンスあるアイテムを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種は必要 これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめバイクランキング8選 初心者向け250ccの徹底比較バイク初心者むけのおすすめ国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...

キャンプツーリング

>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める場合のおすすめの方法と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
キャンプツーリングの持ち物 使える便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイクを選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイク買取のコツ 高く売る方法と買取交渉について【体験談】バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?口コミから考える買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクの保管について...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックは必要バイクの盗難は2度と経験したくない。 最強のバイクロックと対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告) 二郎系ラーメンの宅配

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です