キャンプツーリング

SSでもキャンプツーリングがしたい! SSの荷物積載対策を考える

バイクにキャンプ道具を積んでキャンプする、以前は地味でマニアックな趣味でしたが、

昨今のキャンプブームで今やバイクライフのトレンドになりつつあります。

でも、私のバイクはSS(スーパースポーツ)  かっこいいと思って買ったは良いけど、

キャンプ道具を積める気がしない。キャンプなんてできるのかな?

 

そんな疑問に対する解決方法をお話しいたします。

おまけに愛車が旅仕様のバイクのルックスになって

カッコよくなりますよ。

タンデムについても検証してみます。 読んでみてください🎵

この記事はこんな方向け

●キャンプツーリングしたいけどバイクがSSの方

●SSのかっこいい荷物の積載グッズを探している方

SS(スーパースポーツ)の荷物の積載の欠点

SSでもキャンプツーリングはできる
SSは荷物が積みづらいバイクですね。

メーカー側もSSやストリートファイター系のバイクには、

荷物の積載について考えていないようで、積載のための補助具などが
ついていない場合がほとんどですね。

SSでツーリングをするときは、荷物の積載に困ってしまうのが現実です。

キャンプツーリングで必要な積載 100Lを確保する

宿泊を含んだツーリングにはよく行くけれど、

キャンプ用のテントや寝袋、その他の
キャンプ用品を積んでツーリングに行くことができるんだろうか?

と不安になるかと思います。

キャンプツーリングの場合、キャンプ道具が増える分

どれだけ荷物を積めれば良いのかという目安は、

100Lと考えましょう。(もちろんキャンプ用品は、軽量でコンパクトなものを選ぶ必要がありますが。)

SSでかっこよく積載する方法は2点で解決する

SSのバイクのフォルムを崩さずに、かっこよく荷物が風圧で脱落することなく安全に積む方法は

大容量 シートバッグ

大容量 サイドバッグ

この2つで 100Lの積載は可能です。

これだけあれば、キャンプツーリングも可能です。

大容量のシートバッグと補助具


取り付けスペースのないSS、おまけに小さなリアシートしかないため、
しっかりとした固定のできるシートバッグが必要です。

また、バッグを固定するストラップをとめる場所も必要なため、荷掛け用の補助具も考える必要があります。

 

早速、大型のキャンプに向いたシートバッグが知りたい方は

大型シートバッグの比較記事があります。

【参考記事】大容量シートバッグの比較記事

ツーリングに1つで無敵  おすすめ大容量シートバッグ比較5選キャンプツーリングやロングツーリングに欲しい大容量シートバッグ は、手軽さと機能面でも無敵で万能なものを選ぶべき。 一つあればバッグ選びに迷わずに済みます。 おすすめ5製品を比較しました。...

大容量のサイドバッグ


サイドバッグは、専用のサイドバッグステーを使って取り付けるハードタイプのものはあります。

しかし、高額品です。車種によっては、使えないものもあります。

また、アメリカンクルーザーなどに似合う大きめなサドルバッグは、

巻き込み防止ステーが必要ですし、SSにはしっくりきません。

つまりミスマッチなんですね。

今は、 流線型でSSバイクのフォルムを崩さないものがあります。

しかも、巻き込み防止ステーも不要で、取り外しも簡単なものがあります。

シートバッグのセットで大容量のものを装着すると、まとまった感じになってカッコよくキマリます。

つまり優れものなんです。

早速、SS用のサイドバッグを見たいならサイドバッグを集めた記事があります。

チェックしてみてください。

【参考記事】サイドバッグについて(商品紹介あり)

サイドバッグが欲しい 車種別に適したカッコいいおすすめ品と注意点サイドバッグは、キャンプやロングツーリングに使える積載方法です。 バイクに適したカッコいいおすすめ20品と選ぶ際の注意点を解説...

SSのおすすめ積載グッズ

自分好みの積載グッズのスタイルはどれなのか?

3パターンのSSに合う積載グッズを考えてみました。

気に入った組み合わせを見つけることができるかもしれません。

各組み合わせで100L以上の積載の能力が確保できます。

タナックスでまとめる 流線型サイドバッグと大型シートバッグ

 

パターン① 流線型サイドバッグ

タナックス キャンピングシートバッグ2 容量 75L

タナックスカービングシェルケース 容量 32L

容量合計 107L

バイクのフォルムを崩さず、サイドバッグ自体がシートバッグを固定するために

利用できるため、サポートフックの取り付けが不要で便利です。

無骨にまとめる  角型サイドボックスと大型防水バッグ


パターン② 角型フォルムのサイドバッグとドラムバッグ

タナックス ツアーシェルバッグ 容量 40L

エンデュリスタン トルネードドラムバッグXL 容量 82 L

容量合計 122L

角型のハードタイプのサイドボックスと大型防水ドラムバッグの組み合わせ

防水バッグをシートバッグの代わりに載せる無骨でコスパの良い形

 

ミリタリー風にまとめる  モールド付きサイドバッグとシートバッグ


パターン③ ミリタリー風にまとめる

ヘンリービギンズ キャンプシートバッグ PRO LL  容量70L

(タナックス キャンピングシートバッグ2 容量 75L)

ヘンリービギンズサイドバッグ   32L

容量合計 102〜107L

ヘンリービギンズのモールド付きのサイドバッグと大型シートバッグ

あるいは、タナックスの迷彩柄キャンピングシートバッグ2と組み合わせる。

おしゃれな組み合わせです。

SSでタンデムについて検証する  できるのか?


SSでタンデムについて考えていきましょう。

タンデムの場合、SSバイクはリアシート部分が高い位置で、なおかつ小さいのが問題ですね。

同乗者(タンデマー)が加速時にふり落とされる心配もSSにはあります。

シートバッグも使えないのですから、リアボックスは必須で用意すべきです。

タンデマーの背もたれのもなりますし、安全性も一気にアップしますよ。

まずはリアキャリアがあるかどうか、あれば解決します。

SSのタンデムにはリアボックスは必要

リアキャリア

これが必要です。 リアキャリアにトップケース(リアボックス)のベースを固定できれば

大容量(50L)以上のトップケース(リアボックス)が着けられます。

できれば、その上にバッグをくくりつけやすいような、フックやレールがついたもの、 最低でも角型に近いものをつければ、容量アップが期待できます。

あとは、今まで紹介してきた、サイドバッグを使えば、タンデムできます。

50Lのリアボックス➕40Lのサイドバッグプラスα100Lを確保)

足らない分は、プラスαで中型防水バッグ(32L)で補いましょう。

積載量は、132L これならキャンプのタンデムも可能でしょう。

 

下記リンク(楽天)でSS用バイク用のリアキャリアが探せます
(楽天には、豊富にSS用リアキャリアがありますよ)

リアキャリアを探す

●●楽天でSS用のリアキャリアを見つれる

HONDA SSリアキャリア リンク

HONDA SS用リアキャリア

YAMAHA

YAMAHA SS用リアキャリア

SUZUKI

SUZUKI SS用リアキャリア

KAWASAKI

KAWASAKI SS用リアキャリア

リアボックス(トップケース)記事で商品紹介をしています。

リアボックスにつて詳しくわかりますよ。

バイクのリアボックスどう選ぶ?容量別12選 取り付け方と選び方 

バイクの荷物をどうする? おすすめのGIVIのリアボックス徹底比較

中型の防水バッグ

シンプルな防水バッグはしっかりした強度の強いものがおすすめです。

これで、SSのタンデムキャンプ用の積載がクリアできます。

キャンプ用品もコンパクトに徹して選ぼう

特にキャンプの場合、 必要なグッズを揃えるのに、共通していることは

なるべく、軽量でコンパクトなもので揃えるべきということ。

ファミリーキャンプや、車でのキャンプ用品から選ぶことはおすすめしません。

使い勝手のの良い究極の軽量コンパクトグッズをバイク用には選びましょう。

賢く揃えれば積載も楽々、快適なライディング、楽しいキャンプが実現できます。

キャンプ用品に関して

ライダー目線で考えた、キャンプグッズ選びのヒントになる記事があります。

以下の記事をチェックしてみてください(商品紹介多数あり)

キャンプツーリンググッズ商品紹介記事一覧

テント

寝袋(シュラフ)

バーナー

焚き火台

クッカー

テーブル

チェア(椅子

クーラーボックス

キャンプツーリングはSSでもできる


キャンプツーリングはSSでもできます。

100L以上の積載容量をシートバッグとサイドバッグで確保すれば、

カッコいい旅仕様バイクが出来上がります。

もちろん、タンデムツーリングも工夫次第で可能でしたね。

 

バイクの積載バッグ別の各記事詳しく書いています

◆各積載グッズの記事をチェックする

シートバッグ

リアボックス

サイドバッグ

タンクバッグ

 

SSでもキャンプツーリングがしたい! SSの荷物積載対策を考える    まとめ

まとめ

●SSは荷物の積載の積載の欠点

●SSでもキャンプツーリングができる方法
○サイドケース
○リアボックス
○サポート金具

●SSをカッコいい旅仕様バイクにする商品紹介
○3パターンの提案

●SSでもタンデムツーリングができる方法
○リアキャリア
○リアボックス
○サイドケース

●キャンプ道具をコンパクトなもので揃えよう。

以上の内容でした。

老ライダー
老ライダー

最後までお読みいただきありがとうございます♪

SSでも準備を整えてキャンプツーリングをはじめましょう

キャンプツーリングが可能になります♪

 

●ライダー目線で考えたキャンプグッズの記事もあります。

ぜひ チェックしてみてください🎵

【関連記事】

バイク用品の記事をチェック

\バイク用品についての記事をチェック/
バイク用品INDEX

【関連記事】

キャンプツーリング記事INDEX

\キャンプツーリングの記事一覧/
キャンプツーリングINDEX

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET/
\
 欲しいバイクを探す【登録無料】/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

●バイクを売ろう●



バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策を解説...
バイクの買取業者はどこがいい?の疑問に答えます。考える前にすぐ行動バイクの買取業者はどこがいい?の疑問に答えます。一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法...
ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

\ヘルメット・季節ごとのウエア・バッグ類など/
\バイクに関する役立つグッズについての記事/
>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込む大人のバイクには、レトロでカジュアルなセンスある大人のバイクファッションを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...

 

キャンプツーリング

\キャンプツーリング全般について/
\バイク・キャンプ道具・積載グッズの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
キャンプツーリングの持ち物 使える便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...
ツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適にツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適に...
キャンプツーリングの積載 効率良い5つの方法【ソロキャンプ編】キャンプツーリングの積載 効率よく荷物を積む工夫と方法を考える【ソロキャンプ編】 5つの積載方法...

 

バイクを高く売る

\バイクの売却方法について/
\買取業者情報や売り方のコツについての記事/
>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイク王の買取査定交渉術で上手にバイクを売る方法バイク王の買取査定交渉術で上手にバイクを売る方法...
バイクの買取のコツ 高く売るための査定業者選び 損しない方法バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?口コミから考える買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...
バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策を解説...
ローンが残ってるバイクでも売れるのか?全然問題なく売れますよ!ローンが残っているバイクでも売れるのか?ハイ、全然問題なく売れますよ! 買取専門業者なら可能です。...
傷のあるバイクは売れる?ボロボロでも売れる?治して売るかの考察少し問題のあるバイク、壊れたり傷や凹みがあったり、動かないバイク、ボロボロのバイクなどを高く買取してもらうには、修理をすべきなのか、そのまま売るべきなのか?最適な方法をアドバイス...
バイクを個人で売るのはトラブルの元 買取専門業者ならすぐ売れるバイクを個人で売るのはトラブルの元 すぐ売れてトラブルのない買取専門業者に売ろう...

オートバイライフ

\バイクライフの提案記事/
\バイク選び・ツーリングに関する記事/
>>INDEX一覧

【人気の記事】

中古バイクの250ccはネイキッドがおすすめ 安く買える車種20選手軽な中古バイクを買うならネイキッドタイプの250ccが断然おすすめ 安く買える狙い目20車種...
スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種のおすすめ これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...
タンデム旅行の荷物 最強の積載方法とおすすめバッグ20選タンデム旅行の荷物は3つの積載方法で最適になる。おすすめバッグ20選...

オートバイ知識

\バイクの知識全般/
\エンジンや車種タイプについての記事/
>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

\バイク初心者向けの記事/
\バイク選び・バイク用品選びなどの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめ250ccバイクランキング8選 初心者向けを徹底比較バイク初心者におすすめの国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...
ツーリングのおすすめバイク25選 目的や内容で全く変わる選び方初心者向けツーリングのおすすめバイク25選 ツーリングの目的や内容で選び方は変わる...

バイク保管・盗難防止

\バイクの盗難防止対策について/
\ガレージライフ・ロック・盗難対策の記事/
>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクのアパートでの保管について解説...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックは必要バイクの盗難は2度と経験したくない。 最強のバイクロックと対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

\バイクに関する雑談/
\バイクの歴史・情報などの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

\外車の魅力について/
\各メーカーの車種紹介の記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...
かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

\バイクのカスタムについて/
\基本的なカスタム・旧車のカスタム/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です