バイク用品

バイクの荷物をどうする? おすすめのGIVIのリアボックス徹底比較

バイクの荷物をどうするか? たくさん積む方法は何か?と考えたらトップケースに行き着きます。

 

トップメースはどうなんだ?何がベストな選択なのか?と気になりますよね。

使い勝手の快適さを最強のリアボックスのトップブランド、GIVIのリアボックスで考えます。

 

GIVIがなぜ最適なのか? どう選べば良いかがわかります。

 

この記事を読んで欲しい方

トップケースの購入を考えている方

大型バイクの積載に悩んでいる方

ツーリングの最強の快適性を求めている方

GIVIのリアボックスについて詳しく知りたい方

タンデムツーリングの装備を検討中の方

(※トップケース=リアボックスです)

 

 

【リアボックスの売れ筋をチェック amazon】

\amazonの売れ筋をチェック/
amazonトップケース売れ筋ランキング

トップケースに求められる機能は積載量と快適性

トップケースは快適性と機能性で積載には最適

トップケースに求められる機能性ってなんでしょうか?

防水性荷物の保護防犯効果などですが、すべてひっくるめて

一言で言うなら”最強の機能性”ということになります。

私もそうなのですが、どんな人に向いているかといえば、

”めんどくさがり屋”の方に最適ということでしょう。

 

●荷物のバイクから外す、わずらわしさからの解放

●複数のバッグがいらない

●体が身軽な点

などを考えたら、究極のバイク用バッグです。

トップケースはスーツケース感覚GIVIのトップケースは快適さで最強

バイクから取り外せば、旅行カバンのようです。

海外旅行で使うスーツケース、便利な機能がツーリングで使えると想像すれば、

大袈裟ですが、夢のバイク用バッグです。

カッコいい 信頼のブランドはやはりGIVI

GIVI製品はかっこいい

私事ですが、大型バイクでのツーリングは、トップケースを愛用しておりました。

当時(10年以上前)はトップケースは価格的に高額なモノでした。
一式込みで60000円程でした。
純正(当時の愛車 DUCATI)で採用されていたのは。GIVIでした)

その快適性といったら、装備の多い、タンデムツーリングでも大活躍しました。

当時と何が違うかというと、 GIVI

●価格が安くなった。

●デザインが豊富になり選択の幅が広がった。

では、なぜGIVIが良いのか? というと

圧倒的な品質と信頼です。他の廉価な商品とは明らかに違うからです。

ハードケース部門では世界のトップブランドでもあるという点でもわかります。

 

通販サイト(amazon)売れ筋ランキングを見てみれば人気の度合いがわかります。

↓↓↓

amazon リアボックス(トップケース)の売れ筋ランキング

トップケース 選ぶ時の注意点

トップケース、他のメーカーでもたくさんの製品がありますが、

選ぶ時の注意点、重視すべき機能はなんでしょうか?

目的にあった容量は?

荷物の少ない、日帰りや1泊程度のツーリングでは、

さほど大きなバッグは必要ありませんね。

タンクバッグや、リュックタイプのバッグでも問題ないでしょう。

トップケースを考える場合、荷物が多いことが前提にきます。

どのくらい荷物が入れられるのか考えると、ある程度大型のものが必要です。

40L以上、理想を言えば50L近い容量があるトップケースであれば、
着ける意味があるということになります。

(数泊分の荷物も入るということです)

バイクに合うデザインか

バイクの車種によっても、考えた方がいいでしょう。

大きくわけで、角形と丸型他タイプがあります。

しっくりくるデザインかどうかも重要です。

トップケースの機能性を考える 積載重量も重要

トップケースの機能性についてです。

●積載重量

重要なのは、容量の含めて積載可能な重量も大切です。

一般的なトップケースは容量はうたっていますが、重量について見逃しがちなのです。

●タンデムに使える

トップケースがタンデムの同乗者(タンデマー)の背もたれになります。

タンデムツーリングの装備を考えた場合、

2人分の荷物の入れ場所以上に背もたれ機能が役に立ちます。

キャンプではテーブル代わりになる。

また、キャンプツーリングでは、

トップケースをそのままテーブルとして使用することも考えると応用範囲が広がります。(角型の一部の製品)

スーツケースと同じ機能。

ハードシェルなので荷物の保護ができ、
スーツケースのようにバイクから、
ワンタッチで外せて持ち運びやすい

中で荷物がゴロゴロ動かないように内部構造にも工夫があります。

(荷物のズレ防止のストラップなど)

GIVIのモノロックとモノキーとはどう違うのか?

GIVIのトップケース(リアボックス)は2タイプに分かれています。

モノキータイプ
モノロックタイプ

一見すると区別がつかないのですが、取り付けベースが違います。

モノキータイプ

ハイエンドモデル(2重構造のシェル)

10kgの積算ができる強度のあるタイプ

モノロックタイプ

3kgまでが推奨積載重量のタイプ

GIVIのリアボックス 取付け方法はどうなってる?

では、取付け方法は、どうかというと、公式の画像がわかりやすいです。

GIVIのモノロックとモノキーの違いは?
モノキータイプ(10kgまでの積載)の取り付けには、

別売の取り付けベースが必要になります。

強度面でよりしっかりしたタイプということです。

目的を考えたらやはりモノキータイプを選ぶべき

荷物をたくさん積みたいけれど、重さが3キロまでと考えると、

なんでも積めるというわけにはいきません。

つまり、一般的なトップケースは、

バイクヘルメットやカッパ類の収納が主目的になるのです。

キャンプ用品や着替えなど、50L近くのバッグに詰め込んだら、

3kgで収まるわけはないのです。

トップケースを選びのなら、モノキータイプ(10kg積載)が断然おすすめです。

適応車種のチェックをする

バイクの車種によっても一部適応しないものがあります。

基本的に、バイクのリアシートの後に荷物用のラックやステーがついている必要があります。

(車種別適応表で確認しておきましょう)
●GIVI モノキータイプの適応車種一覧表)

適応車種一覧表へリンク

GIVI製品の紹介

ハイエンドモデルであるモノキータイプ(サイズ別7種)

モノロックタイプ(取り付けベース付き)1種

ご紹介します。

 

GIVI トレッカーアウトバック 42L 58L


アドベンチャーバイク用とも言って良いほど、有名で代表的なBWMのGSなどにも使われる、アルミ製のヘビーデューティーなトップケース

GIVIのトップケースの代表格です。

価格は。58Lで60000円程42Lで50000円程の高額品ですが、

トップケースでは通販の人気ナンバーワン製品です。

アドベンチャーバイク専用のようですが、

HONDA ハンターカブなどの原付2種バイクでも

キャンプツーリングやロングツーリング用として圧倒的に人気があります。

カブにGIVIリアボックスも似合う

ヘビーデューティーな用途なら、本物のGIVIにすべきです。

見た目だけではなく作りもしっかりしていて、防水性も完璧です。

カラーは、黒タイプもあります。


 

 

GIVI トレッカー モノキー46L 52L

デザイン面では、角形タイプです。 ヘビーデューティーな作りで、

アドベンチャーバイク用としてこちらも人気の商品です。

バイクに取り付けた場合、

どうしても丸型は似合わないと感じた場合、オンロードバイクにもマッチします。

46Lが30000円程 52Lが35000円程と価格面で少し割安です。

 

GIVI リアボックス モノキー47L


従来のトップケースは、丸みを帯びたもので、スクーターなどのファミリーバイク用ではないかと敬遠していた方でも、

スポーツバイクに似合うエッジの効いたこのタイプは違和感がないでしょう。

上部のパネルは、アルミパネルとカーボンパネルがあります。

カラーパターンは5色。バイクとうまくマッチングするカラーが選べそうです。

47Lの大容量で36000円程

GIVI リアボックス モノキー46L

従来からある丸型のノーマルタイプ カラーパターンは黒ベースのものか、黒赤タイプです。(このタイプ 以前は60000円程しました)

価格は若干お安くなっています。 30000円程

GIVE リアボックス モノキー40L

価格面で30000円は厳しいのであれば、40Lの容量になりますが、

こちらがお買い得です。18000円程 カラーはモノカラータイプか赤黒タイプの2色

GIVI リアボックス モノロック43L オプション付き

モノキータイプ(10kg積載)までは必要ないと思うなら、

モノロックタイプ(3kg積載)の多機能なこの製品が一番のおすすめです。

角形のデザインで、どんなタイプのバイクにも似合い、

タンデマー用の背もたれパッド付きで、

荷物が増えた場合に外側に付けられる補助ネットもついています。

23000円程とリーズナブルな価格

(取り付けベースは、ベースキット付属のため購入不要です。)

GIVIのリアボックスを選ぶ メリットとデメリット

GIVIのトッププケースのモノキータイプについてのメリットとデメリットをまとめると以下の通りです。

●防水性が高い(ほぼ完璧)

●強度面の信頼性

●質感が良い

●積載能力が高い(10kg)

●価格が高い

●モノキーの場合、取り付けベースが別売

 

その他必要なもの

モノキータイプ用 取り付けベース

モノキータイプには、取り付けベース(別売)が必要です。

汎用タイプと、デザインの違う2タイプ(合計3タイプ)です。

価格的な差はほとんどありませんが、汎用タイプが少しリーズナブル。

取り外した時のデザインが気になるなら 他の2タイプが選択できます。
(デザイン上の違いくらいです)

GIVIモノキーベースは別売

(画像は、M5と M7タイプ

GIVIモノキーベース(汎用タイプ)

GIVIモノキーベース M5 や M7

トロリーベース

スーツケースのようにコロコロと運べるオプション部品

モノキータイプには、取り付けベースにつけられる便利なキットがあります。

ワンタッチで持ち運びできるようになります。

重くなっても心配なし、バイクの旅の荷物運びが快適になります。

 

トップケース(リアボックス)は最強 究極の快適性が得られる

トップケースを導入するなら、バイクの大きさにもよりますが

(大型バイクの場合は問題はないですよ)どれだけ入るか?

どれくらいの重さのものを入れても大丈夫か?気になることころ。

65000円のハイエンドモデルもありますが、20000円プラス取り付けベース代で

便利で快適な楽々ツーロングバッグが手に入ると考えれば、

安い買い物です。

今年のツーリングは、身軽にスマートの出かけることができます。

バイクで出かけても旅行感覚で移動できるトップケースは

やはり最強のツーリングバッグです。

合理的でめんどくさがり屋の方には理想のバッグですね。

タンクバッグなどと併用すれば、タンデムのロングツーリングも可能です。
(筆者は、5〜6泊程度のロングツーリングで経験済み)

モノキータイプを選べば失敗はありません。

【関連記事】 大容量タンクバッグのおすすめ記事

タンクバッグの紹介記事

タンクバッグ はダサい?ツーリングに必要な最強グッズ おすすめ10選バイクのタンクバッグはダサくはない機能的な最強ツーリングアイテムです。 機能面の充実したおしゃれな万能バッグを選びましょう。 厳選10選 ランキングあり...

 

バイクの荷物どうする? GIVIリアボックスがおすすめ まとめ

まとめ

GIVIのトップケースに関する記事でした。

●トップケースに求められる機能
を考えたおすすめ品の紹介

●選ぶならGIVIが最強

●モノキーとモノロックの違い

●選ぶなら10kg積載のモノキータイプ

○おすすめ商品

○その他の付属品

タンクバッグと併用すれば、
タンデムロングツーリングも

手ぶら感覚で、楽々

以上の内容でした。

老ライダー
老ライダー

最後までお読みいただきありがとうございます♪

 

その他のバイク用品の記事もあります。

チェックしてみてくださいませ♪

 

【関連記事】バイク用品のその他の記事

\バイク用品についての記事をチェック/
バイク用品INDEX

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET 欲しい中古バイクを探す/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

\(広告)強い男へ クラチャイダム初回お試し500円/
クラチャイダムゴールドお試し

 

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテムです。 インナープロテクターは、おしゃれでダサくならないバイクのファッションの幅広がる最強アイテムです。...

 

ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込むおしゃれなバイクには、レトロでカジュアルなセンスあるアイテムを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...

 

ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
便利で人気のシステムヘルメット 初心者からベテランまでおすすめ10選機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...

 

タンデムツーリング便利グッズ 6種は必要 これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...

 

タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング形式(大型〜250)40選ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...

 

初心者のバイク入門の徹底解説とおすすめ250cc車種比較ランキング8選バイク初心者むけのおすすめ国産250cc8車種の紹介とランキング一覧...

キャンプツーリング

>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める場合のおすすめの方法と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
バイクのキャンブに使える便利グッズ 超コンパクトな14選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ 14選 これでキャンプがより快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...

 

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイクを高く売りたい!買取で損しない方法 基礎知識とコツ【体験済】バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ...
バイク王の評判は最悪?高く売りたいなら買取依頼のコツと方法がある バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイク王でバイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクの保管について...

 

バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...

 

V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告
クラチャイダムゴールドお試し

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です