バイク用品

バイクのリアボックスどう選ぶ?容量別12選 取り付け方と選び方 

ツーリングや通勤で荷物を楽に安全に運ぶことを考えると、ハードタイプのリアボックスが欲しくなります。手ぶら感覚で楽々なんですよね。

 

 

とにかく、リアボックスは便利そうなんだけど、どうなの?取り付け方は簡単か?
気をつけるべき点はなんだろう?とお考えの方

あなたに合ったリアボックスの選び方がわかります。

もしも、タンデムツーリングを考えていて、荷物をどうしようかと悩んでいる方は、

リアボックスを迷わず選びましょう。

上手な選択の方法を解説いたします。

この記事を書いた私

タンデムロングツーリングの経験豊富

リアボックス支持者

バイクのフォルムがダサくなる? でも便利さには適わない


リアボックス(トップケース)をつけると、バイクのフォルムが崩れる、

ダサくなると考えますよね。 確かにそうです。

でも、必要ない時には外しておける最強の収納グッズ

一度使うと手放せなくなるのです。

合理的な荷物の積載グッズについて考えましょう。

リアボックス 良い選択をした場合のメリット

良い選択とはどういうことかというと

【良い選択とは?】

バイクに合った大きさを選ぶ

バイクに合ったデザインを選ぶ

品質の良いものを選ぶ

目的に合った製品を選ぶ

バランスが悪くならずバイクの操縦に影響が出ない

見た目がバイクと溶け込みしっくりくる

防水性が高く荷物を守れる

重い荷物も安心して積める

ちょっとした転倒でも壊れない

強度があり、タンデマー(同乗者)も安全

リアボックス 間違った選択をした場合のデメリット

一方、間違った選択をするとどうなるか?
デメリットを考えますと。

バイクのバランスが崩れ操縦に影響が出る。

ケースなのに防水性がなく荷物が雨で濡れてしまう。

蓋の開け閉めがスムーズでな使いずらい

重量の負荷が大きいと脱落などの安全性の問題がある。

カッコ悪いバイクになる。

リアボックスの選び方

リアボックスを正しく選ぶ選び方を解説します。

車種別・タイプ別に考える

●積める容量を考える

●積める容量以外に重量も考える

大きさを考えておく(特に横幅)

●荷物をひとまとめにしたいなら大容量タイプを選ぶ

バイクの車種別に選ぶ

バイクの排気量によって、バランスも考えて適切なサイズを選ぶことです。

容量は大きさの目安になります。

●250cc以下のバイクの場合、35L以下のもの

●400ccクラスなら45Lくらいまで

●大型クラスなら45L以上も可能

かっこいいリアボックス 角形もある

バイク型リアボックスはかっこいい
リアボックスは、丸型のものが基本的に多いです。

理由は、ヘルメットを入れやすい形、空気抵抗を抑える流線形
こんな発想から始まったと考えられるのですが、

ファミリーユースのスクーターにはマッチしますが、
スポーツタイプのバイクにはどうも不釣り合いに映りますね。

ところが、最近人気のアドベンチャータイプのバイクには
角型が取り付けられています。

これが、ヘビーデューティーでかっこいいのです。
角型は、アドベンチャーバイク専用と考える必要もないのです。

スポーツバイクの角型リアボックス かっこいいですよ。

どれだけ積めるか 積載重量も重要

30L ・45L ・50L この容量についての表示は各製品にはありますが、

積載できる重量について記載された項目を考えたことはありますか?

ほとんどの製品は、 3キロ となっています。

 

3キロの荷物を想像してみてください。

旅行カバンに数泊分の荷物を詰め込んで、3キロですみますか?

まず無理でしょう。

リアボックスを選ぶ場合、特に数泊のツーリングやタンデムツーリングなどを
考えた場合、

10kg積載を選ぶ必要があるのです。

(注)10kg積載可能なのはGIVI製品のみ 別売の取り付けベースが必要

 

10kg積載可能なリアボックスは、実は一部の製品しかないのです。

重要ポイントなのです。

10kg積載可能なGIVIのモノキー・リアボックスの記事を読むとわかります。

【リアボックス GIVIの記事】

バイクの荷物をどうする? おすすめのGIVIのリアボックス徹底比較バイクの荷物が多い場合、リアボックスを考えましょう。GIVIがやはりおすすめです。どう選ぶ?モノキー・モノロックの違いは?おすすめ品の紹介...

バイクのリアボックス 横幅も考える

リアボックスの容量が大きいものは、横幅も考える必要があります。

バイクの横幅もありますが、ライダーの肩幅(約50cm)より幅の広いものは注意が必要です。

(サイドパニアケースなどに比べれば、さほど問題はありませんが、大きすぎるとすり抜けなどに影響がが出ます)

大容量タイプを選ぶ

タンデムツーリングや、数泊などのロングツーリングをお考えなら

50Lクラスの大型

取り付けることを考えましょう。

とにかく快適になります。

荷物をひとまとめにでき、楽なこと間違いなしです。

リアボックスの取り付け方法

ワンタッチで、キー1つで本体を取りつけ、取り外しができるように、
バイクの荷台の部分にベースを取り付ける必要があります。

リアボックスの取り付け方法

汎用性のあるベースがついており、数カ所バイクの荷台にネジ止めし、カバーで覆うので、外したあとも見た目がブサイクにはならないデザインに作られています。

思っているよリは、簡単なんです。

(荷台のあるバイクには取り付け可能です)※(注)一部適応しない車種もあります。

【参考】GIVIの車種別適応表 モノキータイプ

バイクのリアボックス 商品紹介

リアボックスおすすめ品の紹介
以上の点を考えてバイクの車種別におすすめなリアボックスをご紹介します。

●中型バイク以下におすすめ 30〜35Lクラス

●中型バイク(400cc)クラスにおすすめ 中間タイプ

●大型バイクには50L以上の大容量のおすすめ

中型バイク以下バイクにおすすめ 30〜35Lクラス


どれだけの荷物が入るかの目安は、画像の通りです。

また、30〜35Lクラスでは、10kgまで積載できる製品というものもありません。

重いものを詰めこむというより補助的な荷物入れや、
ヘルメットやレインウエアいると考えた方が良いですね。

ツーリングでの1泊程度に向いていると言えます。

250ccクラスやそれ以下の車種にはやはりあまり大きなサイズはおすすめできません。

理由は、バイク最後部に大きなボックスがつくとバランスが悪くなり操縦に影響が出るからです。

GIVE リアボックス 30L

GIVIの30L   しっかりした製品はやはりGIVIになります。

積載重量は3kg  横幅410mm

価格は10000円程

(取り付けベース付き)

GIVI リアボックス 32l オプション付き


こちらもGIVIの角型タイプ

オプション付き(アルミバー・荷物ストラップ用)

積載重量 3kg 横幅405mm

価格は18000円程

(取り付けベース付き)

(動画)

公式 GIVIの動画

バイクパーツセンター 32L

amazonで売れ筋No. 1製品の丸型タイプ

価格の圧倒的安さが特徴

価格は4500円程

積載重量 3kg  横幅400mm

(取り付けベース付き)

400cc以上バイクにおすすめ 40L〜45Lクラス

40Lクラスになりますと、積載重量が10kgのものもあります。

角型と丸型に大別されます。

GIVI トップケース 42L モノロック

GIVIの角型タイプ 18000円程

積載重量 3kg  横幅 495mm

(取り付けベース付き)

GIVI トップケース 43L オプション付き

タンデムには最適なバックレストと 補助用ネット付き

これもGIVIの人気商品です。
(バックレフト・ネット付き)

価格は24000円程

積載重量 3kg  横幅 545mm

(取り付けベース付き)

GIVI GIVI トレッカーアウトバック 42L

GIVIの人気No. 1商品 アドベンチャーバイクにはピッタリですが、

ロードタイプのバイクにもおすすめします。カラーはブラックもあります。

アルミ製でコーナー部分には樹脂製の補強があり、堅牢な作りの完全防水タイプです。重いものを入れても安心です。

価格は50000円程

積載重量 10kg  横幅 409mm

(取り付けベース別売)

SHAD トップケース 48L チタニウム

スペイン製の大容量タイプ

GIVIと比較してみてください。価格面でリーズナブルです。

積載重量は3kg  トップの部分はチタン製で質感が良い製品

30000円程

横幅 600mm (取り付けベース付き)

APS トップケース 43L 【PCX専用品】


PCX専用品ですが、GIVIと互換性のある廉価品です。

ノーブランド品ですが、 ベースの部分はGIVIと共通で
使用できるベース(金属製)が付属しています。

タンデマー用の背もたれ(バックレフト)付き。 取り外した時のスーツケースの
ような持ち手はなく、内装もプラスチック剥き出しのそのままの形

形状は、GIVIの丸型に酷似しています。 フタは若干閉まりにくいようです。

防水性はどこまであるか不安がありますが、

価格はわずか8400円程で購入できます。

積載重量 記載なし  幅570mm


大型バイク用におすすめ 大容量50L以上

50L以上は、サイズ的には充分のサイズで、数泊分の荷物も楽々入るサイズです。

ロングツーリングやキャンプツーリング前提なら検討すべきです。

GIVI トレッカー アウトバック 58L


GIVIの最強クラス アルミ製

高額品ですが、GIVIの中で最も売れ筋です。

65000円程

積載重量 10kg  横幅 555mm

(取り付けベース別売)


GIVI トレッカー 52L

GIVIのアドベンチャータイプでもロードタイプバイクでも似合う角型

樹脂で部分的に覆い、傷にも強いタイプ

トレッカーアウトバックと比較すれば、

コスパの良い価格なので(36000円程

角型が欲しければ、これでいいと思います。

積載重量 10kg 横幅 600mm

(取り付けベース別売)

 

GIVI リアボックス56L カーボン

GIVIの丸型最大サイズ トップ部分はカーボン製

以前は、このサイズで樹脂製で60000円程したのですが、

ずいぶんお安くなりました。46000円程です。

積載重量 10kg  横幅 600mm

(取り付けベース別売)

キジマ トップケース 50L

日本のメーカーですが、台湾のメーカーのOEM製品

GIVIのコピーとも言えます。(取り付けベースは互換性があるようです)

価格は確かに安いので売れていますが、内装を見ればその価格には納得

安いものは細かい品質面でそれなりの商品なんです。

(内装も二重構造ではありません)これは単なるプラスチックケースです。安いリアボックスは内装がしょぼい

価格優先なら、12000円程で手に入ります。

積載重量 3kg  横幅を抑えた横幅500mm

(取り付けベース付き)

人気のキャンプツーリング カブ用に人気の中華系廉価品


GIVIのトレッカーアウトバッグシリーズは圧倒的に人気があります。

人気のせいもあり、中国製で似たような廉価な模倣品も実は多く出ています。

その中でも評判の良いものがあります。

 

SPEE リアボックス 45L


実は、原付2種のHONDAのスーパーカブ(ハンターカブなどの荷台の大きなタイプ)
用に人気の製品です。

確かに、荷台の大きなハンターカブのキャンプツーリングなどにはピッタリです。

GIVIと違う部分は、総アルミ製ではない点と、蓋の部分にアルミステーが一部ない点で、

よく似たフォルムでかっこいいですね。

積載重量は未表記ですが、取り付けベースは、GIVIのこのタイプと同様で

なおかつ、金属製のため10kg積載は可能でしょう。

価格は3分の1、20000円程で手に入ります。

横幅 495mm(取り付けベース付き)

一度使うと手放せない それがリアボックス だからよく吟味しよう


一度使うと手放せなくなるのが、リアボックスの快適性です。

紹介した商品は、GIVI製品の比率が多くなりましたが、

品質やデザイン面を考えると結果的に多くなりました。

安い製品はたくさんあります。

ですが、ハードタイプのボックスなのに雨が入って荷物が濡れる。こんなことは
安い製品には珍しくありません。

またタンデムツーリング用に考えた場合、安全性も重要です。

積載重量が3kgのものに荷物を詰め込んでタンデムで出かけるには、やはり

安全性が不安でおすすめできません。

しっかりした製品を選ぶべきだと思います。

手ぶらで楽ちんなツーリングには、しっかりしたリアボックスを

装備してくださいね。

多少コストはかかってもそれが、失敗しない選択です。

 

おすすめのリアボックスどう選ぶ? 容量別12選 まとめ

まとめ

リアボックスについて書いてきました。

リアボックスは、サイズやタイプもさまざまで、多くの製品が存在しますが、

今回の記事は以下のように説明してきました。

●選び方

バイクの排気調

●注意点

容量だけではなく積載重量もチェック

●車種別おすすめ品

12種の紹介

●安全性も考えよう

いずれも、価格だけを考えた安いものというよりも

一部廉価なものも紹介いたしましたが、

評判と品質の良い本当におすすめできる商品をご紹介したつもりです。

皆様のリアボックス選びの手助けになればと考えこの記事を書きました。

失敗しないよう、うまく選択できることを願っております。

快適なツーリングをお楽しみください。

 

老ライダー
老ライダー

最後までお読みいただきありがとうございます🎵

バイク用品はコスパも大事ですが、安全性も重要ですよ。

安全で楽しいバイクライフ グッズ選びで成功しましょうね。

他の記事も参考になりますよ。チェックしてみてください!!

【関連記事】バイク用品の記事

\バイク用品についての記事をチェック/
バイク用品INDEX

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET 欲しい中古バイクを探す/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

\(広告)強い男へ クラチャイダム初回お試し500円/
クラチャイダムゴールドお試し

 

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテムです。 インナープロテクターは、おしゃれでダサくならないバイクのファッションの幅広がる最強アイテムです。...

 

ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込むおしゃれなバイクには、レトロでカジュアルなセンスあるアイテムを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...

 

ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
便利で人気のシステムヘルメット 初心者からベテランまでおすすめ10選機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...

 

タンデムツーリング便利グッズ 6種は必要 これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...

 

タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング形式(大型〜250)40選ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...

 

初心者のバイク入門の徹底解説とおすすめ250cc車種比較ランキング8選バイク初心者むけのおすすめ国産250cc8車種の紹介とランキング一覧...

キャンプツーリング

>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める場合のおすすめの方法と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
バイクのキャンブに使える便利グッズ 超コンパクトな14選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ 14選 これでキャンプがより快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...

 

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイクを高く売りたい!買取で損しない方法 基礎知識とコツ【体験済】バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ...
バイク王の評判は最悪?高く売りたいなら買取依頼のコツと方法がある バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイク王でバイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクの保管について...

 

バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...

 

V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告
クラチャイダムゴールドお試し