バイク用品

大型バイクのエンジンオイルのおすすめ12選と車種別の正しいオイルの選び方

バイクのエンジンオイルはバイクの血液みたいなもので重要なメンテナンス用品です。

あなたのバイクもオイル交換をこまめにして、

いつもエンジンの状態を快調にしておくためにも

エンジンオイルを意識する必要があります。

大型バイクはオイルも4L近く必要で、3,000km走行ごとに交換するとなると維持費としてのコスパも意識しますよね。

ただ安ければ良いという理由でオイルを選んではいけません。

オイルは純正!と信じている方も読んでみてください。

高機能オイルはオイル交換の頻度を減らせるコスト的にもメリットがあります。

あなたのバイクに合った高性能でコスパの良い大型バイク向けエンジンオイルが見つかりますよ。

大型バイクのおすすめエンジンオイル12選です。

 

目次(クリック)

バイク用エンジンオイルの規格の基礎知識

大型バイクのエンジンオイルのコスパ良いおすすめ品
バイクのエンジンオイルのおすすめ品を紹介する前に

エンジンオイルの規格についての基礎知識を入れておきましょう。

オイル選びの重要な基準になります。

オイルの規格(JASO規格)

バイクのエンジンオイルの選び方
バイク専用4ストオイルには日本ではJASOという規格があります。
(JASO:Japan Automobile Standards Organization:日本自動車規格)

JASO規格に適合していないオイルはバイク用ではありません。

バイク用オイルは車用と違いクラッチ摩耗防止の強化に重点が置かれています。
(高回転型とクラッチの酷使)という特性があり、

バイク専用品を使わないと不具合が起こります。

バイク用オイルには

MAMBと大きく分けて種類あり

MA1は小型〜中型バイク用   (単にMAと表示されているものもある)

MA2は大型バイク用(高温になりがちな大型排気量ののエンジンに向いている)

MBはスクーターなどのオートマチック車用

湿式クラッチ(クラッチがオイルに浸っている)を搭載しているバイクはMBだとクラッチが滑る恐れがあります。
スクーターや乾式クラッチのバイク、メーカーに指定された一部の車両にMBグレードが用いられます

オイルのSAE規格について

エンジンオイルの規格SAE(Society of Automotive Engineers:米国自動車技術者協会)で

オイルの成分により3つのタイプに分類されます。

●鉱物油
●部分化学合成油
●100%化学合成油

バイクのエンジンオイルの種類

(画像引用元 HONDA GO エンジンオイルの油種(ベースオイル)

 

最もグレードの高い(機能面で優秀)なオイルは、

結論から言って100%化学合成油が最強ということになります。

簡単に言うと、劣化が遅く、エンジンの金属部分への保護効果が最も高いからです。

鉱物油

価格が安く、多く流通しているオイル

通勤や街乗り用に使うならこのオイル
こまめなオイル交換の必要があります。

メリット

価格が一番安い

デメリット

品質劣化が早い(オイル交換の頻度が多くなる)

部分化学合成油

鉱物油と化学合成油をミックスしたオイル(比率は化学合成油20%程度)

鉱物油よりの高品質で価格も比較的安い設定になっています。

メリット

100%化学合成油よりも安い

デメリット

100%化学合成油より機能面で劣る

100%化学合成油

100%化学合成油の品質はエンジン保護のための摩擦軽減被膜構成の性能が高く

最も優秀な化学的に合成されたオイルで、

レースの世界での使用は常識のオイルです。

過酷な環境でも機能を維持できる点で優秀なのです。

メリット

最も劣化が遅く、高機能を長期間維持
(オイル交換の頻度は減らせる)

デメリット

価格が高いこと

オイルの粘度について

バイクのエンジンオイル選び方

(画像引用元 WeBike
オイルの粘度は 例として
10Wー40 

などで表示されています。

10W低温粘度

極寒地では5Wを使うこともあります。

40高音粘度

30〜40程度が一般的です。真夏は50以上が良い場合もあります。

粘度については

低温粘度SAE規格の左の数字は、低温時にオイルが固まらない温度を表します。

寒冷地などでは5Wが適している場合があります。

高音粘度

SAE規格の右の数字は、高温時に粘度を保てる温度を表し、各メーカーでは基本的に30~40程度を推奨しています。

数字が大きいほど高温でも粘度を保て、真夏の暑い中でもサラサラにならずエンジンを焼きつきから守ります。

高温粘度 30 → 30℃前後

高音粘度 40 →35~40℃前後

での使用が可能となっています。

また真夏に空冷バイクを長距離走行させたり、暑い時期にサーキット走行をしたりする場合は、50以上使う場合があります。
サラサラになって粘度が落ちてしまうと、その分エンジンにダメージを与える原因になるため。

注意点 旧車やハーレーなどは鉱物油というのは都市伝説

旧車やハーレーなどは鉱物油でないとだめ という定説を聞いたことがあるのではないですか?

実はこの考え方は近年は間違いなのです。

定説の理由は、100%化学合成油はオイルの粒子が細かすぎて、エンジンからオイルが漏れるからという説です。

エンジンオイルが漏れるは問題ですが、

オイル漏れとオイル滲みは違います。

もしも旧車に化学合成油を使ってオイル滲みが出たら、それはパッキンなどの劣化が原因だということです。

(※1980年代以前の旧車にはパッキンの性能面で化学合成オイルはおすすめできません)

エンジン保護の観点から考えたら、旧車やハーレーなどに化学合成油を使った方が良いのです。

覚えておきましょう。

注意点 使っていないオイルでも劣化する

オイル交換は走行距離を基準に考えますが、走っていなくてもオイルは劣化(酸化)します。

エンジンオイルの20L缶などのコスパの良いサイズの製品がありますが、
1年程度で使い切れる量を買い、冷暗所で保管しましょう。
(一台のバイクだけでは1年では使いきれません。)

3,000km走っていなくバイクでも、一年くらいに一回はオイル交換はすべきです。

バイクのエンジンオイル 選び方の常識について

バイクのエンジンオイルと一言で言っても、どんなバイクでも同じものを使うわけではないことはお分かりだと思います。

常識的な使い分け方を大まかに説明します。

●排気量で違う
●車種のタイプ別
●バイクの使い方
●季節(冬・真夏)
●予算面

排気量で違う

バイクの場合、大型バイクと小排気量バイク、またはオートマチックトランスミッションのスクーターなどでは使う(適合)オイルは違います。

それぞれに適したオイルを使います。

MA1は小型〜中型バイク用   (単にMAと表示されているものもある)

MA2は大型バイク用

MBはスクーターなどのオートマチック車用

湿式クラッチを搭載しているバイクはMBだとクラッチが滑る恐れがあり,
スクーターや乾式クラッチのバイク、メーカーに指定された一部の車両にMBグレードが用いられます

車種やタイプで違う

排気量以外に、バイクの車種によっても適したオイルは違います。

マルチエンジンのSS(スーパースポーツ)や空冷エンジンの旧車やハーレーなど、

高回転型水冷エンジン用と、そうでない旧車などでは選ぶオイルは考えるべきなんです。

高回転型エンジンのSSバイクは化学合成油のMA2は必須

バイクの使い方で違う

バイクの使い方によっても適したオイルも違います。

●街乗り・通勤
●ツーリング
●サーキット走行

どんなバイクの使い方しているのかという点で使い分けた方が良いのです。

街乗り通勤 →鉱物油のMAでも問題ない

ツーリング主体なら→部分合成油か化学合成油以上

サーキット走行主体なら→化学合成油は必須

季節で使い分ける

季節で考えると 寒冷地の冬や真夏については特別に考えることもあります。

オイルの粘度

寒冷地の冬 →低温粘度5W

真夏の長時間走行 →高音粘度50以上

気温が低くても滑らかなオイルが5W規格のオイル
(極寒地でもエンジンの始動がスムーズ)

真夏の長時間走行が多いなら高温粘度50のオイル
(特に空冷エンジン車)
(エンジンの焼き付きの心配がなくなります)

予算面でも考えるべき

エンジンオイルの価格もピンからキリまであります。

オイルの性能は成分などによって様々で、

安い順に鉱物油>部分化学合成油>100%化学合成油
(同一メーカーの場合の価格)

1Lで1,000円以下のオイルから3,000円以上のオイルまであります。

予算も重要なオイルの選択要素ですね。

しかし、よく調べればバイクメーカーの純正オイルが一番最適、安いということはないのです。

純正が安いというのは思い込みです。(むしろ割高です)

結論 大型バイクに選ぶべきオイルは100%化学合成油

バイクのエンジンオイルは100%化学合成油がおすすめ
大型バイクで考える場合、理想を言えば、100%化学合成油 のMA2規格品
(理由は粘度が安定しているためエンジン保護効果が高いから)

コストのことも考えて選ぶなら鉱物油 その中間として部分合成油となります。

100%化学合成油は価格が高いのですが、オイル交換の頻度を抑えられる(品質劣化しづらい)ため考え方によってはかかるコストは変わらないと言えます。

大型バイクには大型バイクに合ったMA2規格の100%化学合成油がおすすめなのです。

(中型バイクにはMA規格のオイルでも問題ありません)

バイク用エンジンオイル 100%化学合成油のおすすめ

バイク用エンジンオイルは化学合成油のMA2規格品がおすすめ
性能面で最強の100%化学合成油のおすすめ品を紹介します。

オイルの成分効果により、オイル交換回数を減らせ、エンジン保護効果も高い

ので安心(5,000km走行で交換でも問題なし)

なおかつメーカー純正品より安いおすすめオイルです。
(純正オイルのの部分合成油よりも実は割安なのです)

(MAタイプです。スクーター用のMBタイプではありません)

TEITO プレミアム M4S エンジンオイル 10Wー40

大型バイクエンジンオイルおすすめ
●MA2規格の大型バイクに最適な人気のオイル(日本製)

100%化学合成油

低価格で高性能 純正オイルの同グレード品よりも圧倒的にコスパよし

4Lで3,500円程とコスパは良いのが人気の理由です。

AZ(エーゼット)4Tエンジンオイル 10W-40 SL

大型バイクのエンジンオイル安い
● 100%化学合成油でコスパが最も良いMA2規格オイル

4Lでわずか2,400円程

純正オイルと比較すれば価格差は歴然

AZ(エーゼット)4Tエンジンオイル  CIRCUIT EsterTech 10W-50

大型バイクエンジンオイル サーキットおすすめ
●同AZ(エーゼット)もサーキット用高粘度オイル

SS乗りにおすすめ

価格は4L 6,800円程

NUTEC ニューテック ZZ-02  10W-45

大型バイクのエンジンオイルおすすめ
●100%化学合成オイル 空冷エンジンにも違いが出る

旧車・空冷のハーレーにもおすすめ サーキット用にも対応
(MA規格ですがオイル粒子はMA2よりも細かい)

NUTECのオイルは同社のオイル粘度違いを混ぜることも可能

季節によってブレンドを変えるなど通に有名なオイルです。

NUTECオイルのラインアップ

一般的なバイクショップでは扱いがない希少品

4Lでは8,800円程になりますが、価格に見合う高性能オイル

バイク用エンジンオイル 鉱物油のおすすめ

鉱物油はオイル交換の頻度を多くしないといけませんが、

低価格のオイルとして一般的に売れているのは鉱物油です。

こまめなオイル交換を心がけましょう。(目安3,000km走行ごと)

カストロール エンジンオイル Activ ESSENTIAL 4T 10W-30

バイクエンジンオイル コスパ
●コストパフォーマンスに優れた鉱物油エンジンオイル

エンジンオイルの中ではナンバーワンの売れ筋商品です。(MA規格)

特殊添加剤で有害堆積物の蓄積を防止 コスパが良いのは事実です。

REVTECH OIL(レブテックオイル) エンジンオイル 20Wー50 946ml

大型バイクのエンジンオイル鉱物油ハーレー
●ハーレー用鉱物油信者にはおすすめオイル

高音粘度が50に設定され、高温になりがちな大排気量の空冷エンジン

にも安心だとして、ハーレー純正オイルの代わりに使用するユーザーも多いですね。
(ハーレーの場合は、エンジン関連のオイルは2〜3種必要です。 これはエンジン用のみ)

MA規格

SUZUKI純正 エクスター R5000 10Wー40

SUZUKIバイクエンジンオイル比較
鉱物油ベースに的確な添加剤を配合した汎用エンジンオイル。

通勤・街乗りには最適なコストパフォーマンス

オイル交換はこまめに行いましょう。

MA2規格なので大型バイクでも安心

定価1L 1,584円
実勢価格 1L  1,150円程

SAE粘度規格:10W-40
油種:鉱物油
JASO:MA2

YAMALUBE(ヤマルーブ) スタンダードプラス

YAMAHAバイクエンジンオイルおすすめ
●YAMAHAの純正 コストパフォーマンスに優れ、スポーツ走行からタフな業務使用まで

幅広い車種や用途に対応した機能性の高い鉱物油

鉱物油でMA2規格のオイルはこのスタンダードとSUZUKIの純正R5000以外には見当たりません。

SAE粘度規格:10W-40
油種:鉱物油
JASO:MA2

バイク用エンジンオイル 部分化学合成油のおすすめ

部分合成油も低価格の設定になっていて売れているようです。

ツーリング主体の場合はこれでも問題はないでしょう。

サーキット走行や長時間の高速走行スタイルでない、のんびりツーリング派にはピッタリなはずです。

カストロール エンジンオイル POWER1 4T 10W-40

大型バイクエンジンオイルおすすめ
●通販部門ベストセラー1位の人気ナンバーワンオイル

部分合成油のMA規格品

 

KAWASAKI純正オイル (4サイクル オイル) R4 SJ10W-40

バイクエンジンオイル純正
●部分合成油のMA規格品 (Kawasakiのスタンダードタイプ)

部分合成油のKAWASAKI純正オイルは2タイプありますが、

こちらの方が大型バイク向きです。

4Lで4,000円程

YAMALUBE(ヤマルーブ)スポーツ 10W-40

大型バイクのエンジンオイルMA2
●YAMAHA純正の部分合成油MA2規格品

価格はやや高いのですがMA2規格品という点が光ります。

4L で6,500円程

SUZUKI ECSTAR(エクスター)オイル R7000 MA2 10W-40

バイクエンジンオイルおすすめ
●SUZUKI純正の部分合成油MA2規格品

隠れた名オイル。MA2規格でこの価格は純正オイルとしてはさすがです。

4L換算で4,000円程

HONDA URTLA G1  5Wー30

大型バイクのエンジンオイル寒冷地用
●HONDA純正・部分合成油MA規格品(低粘度オイル)

純正オイルの中でも特殊なオイルを紹介します。

寒冷地の冬場の使用にも適応したオイル
(一般向けオイルですがHONDAの新規格品)

低温粘度で寒冷地向けのオイルです。
(極寒環境でも一発始動)
低燃費という特徴もあります。

年間を通して使える全車種対応のHONDAのベーシックオイル

MA規格品 4L換算で3,600円程

メーカー純正にこだわるなら メーカー別指定オイルについて

オイルはメーカー純正が安心という方は各メーカー別の指定オイルをチェックしてみてください。

価格設定は部分合成オイルでも、オイル専用メーカー品の100%化学合成油よりも割高な傾向にあります。

(各バイクメーカーはバイク販売店の利益を確保するための価格設定だと推測されますね

バイクメーカー4社の大型バイク向けのオイルをピックアップしておきました。
(100%化学合成油)

価格を比較してみてください。

(メーカーごとの記事にリンクしています)

HONDA純正エンジンオイル 他のオイルとの比較記事

(例)100%化学合成油 ULTRA G3 →4Lの価格 10,560円

YAMAHA純正エンジンオイル 他のオイルとの比較記事

(例)100%化学合成油 ヤマルーブ RS4GP →4Lの価格 15,488円

SUZUKI純正エンジンオイル 他のオイルとの比較記事

(例)100%化学合成油 エクスター R9000 MA2 10W-40 →4Lの価格 9,856円

KAWASAKI純正エンジンオイル 他のオイルとの比較記事

(例)100%化学合成油 カワサキエルフ
Vent Vert(ヴァン ヴェール) 冴速 → 4Lの価格 10,400円

メーカー純正のMA2オイルは割高なのがよくわかりますね。

専門オイルメーカーのオイルなら約2,500円〜8,800円です。

オイル交換は高品質オイルがおすすめ コスパも考える

オイルの価格だけを考えると鉱物油がコスパが良いのですが、

100%化学合成油と鉱物油と比較すると、

価格の高い化学合成油は品質劣化が遅く、エンジン保護にも有効で

オイル交換の頻度が減らせるため、割高の価格であってもコストパフォーマンに優れているオイルと言えるのです。

バイクの血液代わりに使うには高品質オイルの方がコスパが良いと言えます。

大型バイクにおすすめ コスパの良いエンジンオイル

純正オイル信者の方は、純正オイルは安くて安心、高品質と思うかもしれませんが、

高性能オイルは純正品は安くなくむしろ高いのです。

また、メーカーによっては、大型バイク用にMA2ではなくMAを指定している場合などがあります。

(理由はMAオイルにない部分を添加剤で補っているため)

何度も言いますが、100%化学合成油が一番

オイル交換の頻度を抑えられエンジンにとっても良いオイルなのです。

ツーリングでの高速走行などを重点をおいたバイクの使用が多い場合

大型バイクには100%化学合成油のMA2規格のオイルを使いましょう。

(オイル専用メーカー品が価格面でも圧倒的です)

100%化学合成オイルのおすすめ品を再度あげておきます。

TEITO プレミアム M4S エンジンオイル

大型バイクエンジンオイル最強
●人気ナンバーワン品(日本製)100%化学合成油

4Lの価格 3,500円程

AZ(エーゼット)4Tエンジンオイル10W-40 SL

大型バイクのエンジンオイル安い
●コスパ最強の100%化学合成油(日本製)

4Lの価格 2,500円程

NUTEC(ニューテック) エンジンオイル インターセプター ZZ-02 10w45

大型バイクのエンジンオイルおすすめ

●通好みの本格派 旧車や空冷エンジンにも違いが出る

100%化学合成油(MA規格)

4Lの価格 8,800円程

純正にこだわらないオイル選びで 維持費を抑えよう

一回のオイル交換(4L)のことを考えた場合

20,000km 走れば交換回数は

3,000km毎なら7回
5,000km毎なら4回

紹介したオイル専門メーカーのおすすめオイルと純正オイル比較してみましょう。
(同グレード 100%化学合成油の場合)

おすすめの100%化学合成オイル使用では

(4Lを交換で使用)

走行5,000kmに一回 4回✖︎3,500円=14,000円

(※メーカー純正化学合成オイル費用 同グレードは約10,000円)
走行5,000kmに一回 4回✖︎10,000円=40,000円

純正オイルと同品質であればおすすめオイルを使った方がコスパが圧倒的に良い。

安い鉱物オイル使用でも

(4Lを交換で使用)

走行3,000kmに一回 7回✖︎3,000円=21,000円

おすすめの100%化学合成オイルよりも割高になります。

交換頻度の高い鉱物油か、

少し割高ですが、専門メーカーの100%化学合成油で交換の手間を減らして

エンジンを労るかは考えればわかりますね。

エンジンにとってはおすすめのオイル専門メーカー品を使った方が断然良いのです。

大型バイクのエンジンオイルのおすすめ品 車種別の正しい選び方 まとめ

まとめ

●バイク用エンジンオイルの基礎知識

○オイルの規格について

●バイク用エンジンオイルの選び方

○排気量別
○車種別
○バイクの使い方別
○季節別
○価格面

●おすすめのバイク用エンジンオイルの紹介

○100%化学合成油
○鉱物油
○部分合成油

●結論 100%化学合成油がおすすめ

●メーカー純正品について

●コスパを考える

オイルの単価だけでなく交換回数で考える

●メーカー純正品にこだわらずオイルを選ぼう

○メーカー純正品は価格が割高
(大型バイク一台で)

純正オイル → 約10,000円

おすすめ専門メーカーオイル → 約3,500円

以上の内容でした。

 

老ライダー
老ライダー

最後までお読みいただきありがとうございます♪

バイクのエンジンをいたわるエンジンオイルの解説でした。

オイルと併用してエンジンをいたわる、

走行距離の長くなったバイクを元気にする

エンジン添加剤の記事もチェックしておいてください。

愛車を長く快調に保つ方法がわかります。

バイクの添加剤はのおすすめ品と効果ある使い方解説

バイクの添加剤は必要か? おすすめ品と効果ある使い方解説バイクのエンジン添加剤についての考察とおすすめの使い方解説 添加剤は手間がかからず、長い目で見れば燃費が良くなり、エンジンの寿命が伸びてむしろ経済的...

 

メーカー純正オイルの比較記事

 

 

【関連記事】バイク用品記事をチェック

\役立つバイク用品記事を読む/
バイク用品

バイク記事一覧roriderblog

金利の低い銀行ローンの近道

かしこく借りて夢をかなえる

\詳しく見てみる/
クラウドローン

バイクでローンを組むなら銀行から借りる方が
金利は低くて圧倒的に有利です。

クラウドローンは銀行ローンの代行業者

●ネットで3分で診断完了

●金利の安い銀行を探して交渉

交渉はクラウドローンにお任せ
(金利の安い安心の銀行マイカーローンが選べます)

●登録無料
闇金業者ではありません。
(2020年スタートの新システム)

バイク店の信販ローンとの金利差は約7%
(銀行のマイカーローンの金利は約3%
バイク店は約10%)
3年で100万円のローンなら13万円もお得です。
200万円なら26万円もお得)。

バイクをローンで買うなら
銀行のマイカーローンを使いましょう!

\サイトで3分間診断をしてみる/
クラウドローン

●欲しいバイクを探そう
(中古バイク)
\Zutto Ride Market/

中古バイクが探せる ZuttoRide Market
\ 欲しいバイクを探す/
\【登録無料】/

バイク盗難保険

盗難保険は任意保険とは違います。
盗難に特化した保険です。

ZuttoRide保険はロードサービスとセットもあります。

1日25円からのZuttoRideバイク盗難保険

 

●バイク保険に入っておこう

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!

<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

●バイクの置き場所を確保しよう(レンタルボックス)

(全国対応 あなたの近所で探せます)
屋根付き・屋根なし・本格バイクヤードが選べます。
●IF物件はバイクに使えます。(物件多数)

トランクルーム、レンタルボックス、バイクヤードなら加瀬倉庫!

\バイク用レンタルBOXを探す/

>>バイク専用(バイクヤードは4タイプ

>>レンタルボックスもバイクで利用可能

●バイク用 ガラスコーティング剤

最強のガラスコーティングを愛車に!

バイクの輝きが保てる(3年間ワックス不要)
ガラスコーティングは最強の愛車のコーティング剤です。

愛車に至高の艶を─。完全硬化型ガラスコーティング剤
\サイトにアクセス/


●バイクの買い替え資金を確保しよう(バイク買取業者)

バイク王に無料見積依頼をしよう!

\No. 1のバイク王にアクセス/
バイク王

\ネットで簡単査定のバイクワン/

バイクワン

◆バイクを売る方法のおすすめ記事

バイクの売り方 おすすめの方法 買取業者情報や最強の具体策が解るバイク売却のおすすめの方法 考え方はシンプルです。買取業者情報やよくわかる最強の具体策を解説...
バイク売るならどこがいい?の疑問に答えます。買取業者を選びましょうバイクの売り先はどこがいい?バイク買取はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...

【バイク関連】
【カテゴリー別記事一覧】

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ
老ライダー
老ライダー

気になる項目の記事をチェックしてみてくださいね♪

バイク用品

\ヘルメット・季節ごとのウエア・バッグ類など/
\バイクに関する役立つグッズについての記事/
>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ24選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ24選を紹介します。...
普段着でおしゃれにバイクに乗りたい。最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込む大人のバイクには、レトロでカジュアルなセンスある大人のバイクファッションを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...
バイクインカムのおすすめ16選 最適な選び方が目的・予算別にわかるバイクインカムのおすすめ16選 最適な選び方が目的・予算別にわかる 音質良い最強品から目立たないものまで...
バイクガレージを予算10万円以内で実現 バイクを守る保管庫5選バイクガレージを10万円以内で実現 しっかり保管する保管庫5選...

キャンプツーリング

\キャンプツーリング全般について/
\バイク・キャンプ道具・積載グッズの記事/
>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

キャンプツーリングの完全ガイド バイクでキャンプもこれで不安なし バイクでキャンプを楽しむためのキャンプツーリングを完全網羅 キャンプのメリットやバイクの準備・バイク合ったキャンプグッズの紹介...
テントがあればバイクでキャンプは簡単 選び方とおすすすめ11選バイクでキャンプ(キャンプツーリング)を始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント選びについて解説 おすすめテント11種の紹介...
バイクでキャンプする便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...
ツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適にツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適に...
キャンプツーリングの積載 効率良い5つの方法【ソロキャンプ編】キャンプツーリングの積載 効率よく荷物を積む工夫と方法を考える【ソロキャンプ編】 5つの積載方法...

 

バイクを高く売る

\バイクの売却方法について/
\買取業者情報や売り方のコツやヒント/
>>INDEX一覧

【注目記事】

バイク王の買取査定交渉術で上手にバイクを高く売る方法バイク王の買取査定交渉術で上手にバイクを売る方法 バイク王以外にも依頼して高く売りましょ...
バイクの買取(下取り)で高く売るためのコツ 査定で損しない方法バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?でもおすすめでバイクを高く売るには外せない理由バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...
バイクの売り方 おすすめの方法 買取業者情報や最強の具体策が解るバイク売却のおすすめの方法 考え方はシンプルです。買取業者情報やよくわかる最強の具体策を解説...
ローンが残ってるバイクでも売れるのか?問題なく売れます!賢く売りましょローンが残っているバイクでも売れるのか?ハイ、全然問題なく売れますよ! 買取専門業者なら可能です。...
傷のあるバイクは売れる?ボロボロでも売れる?治して売るかの考察少し問題のあるバイク、壊れたり傷や凹みがあったり、動かないバイク、ボロボロのバイクなどを高く買取してもらうには、修理をすべきなのか、そのまま売るべきなのか?最適な方法をアドバイス...
バイクを個人で売るのはトラブルの元 買取専門業者ならすぐ売れるバイクを個人で売るのはトラブルの元 すぐ売れてトラブルのない買取専門業者に売ろう...

オートバイライフ

\バイクライフの提案記事/
\バイク選び・バイク免許/
\ツーリング/

>>INDEX一覧

【おすすめの記事】

バイク盗難保険は盗難特化のZuttoRideClubがおすすめの6つの理由バイクの盗難保険は盗難特化のZuttoRideClubの一択で決まり。 他の盗難保険よりもバイク乗りにはうれしい安心の補償内容で最強です。...
バイク保管には月極のコンテナ・ガレージがおすすめの4つの理由バイク保管には月極のコンテナ・ガレージがおすすめの4つの理由...
バイクが好きで職業にするには?バイクに関わる仕事に転職して夢を実現させるバイクが好きでバイクの仕事をしたい場合、自分に合った関わり方を考えて転職しよう。 バイクに関わる具体的職種14種を紹介 夢を実現させよう...
中古バイクの250ccはネイキッドがおすすめ 安く買える車種20選手軽な中古バイクを買うならネイキッドタイプの250ccが断然おすすめ 安く買える狙い目20車種...
スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種のおすすめ これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...
タンデム旅行の荷物 タンデムの邪魔にならないタンデムバッグ20選タンデム旅行の荷物は3つの積載方法で最適になる。タンデムの邪魔にならないおすすめバッグ20選...

●バイク免許●

\バイク免許/
\教習所情報/
>>INDEX一覧

【免許取得のためのおすすめ記事】

バイク免許を取るのは難しい? 免許の取り方の不安を解消するバイク免許取得が難しく取れる気がしない!と考えているバイク入門者に向けたアドバイス。簡単に取るための2つの方法と未経験者と教習中の悩みについての解決策のアドバイス。...
合宿免許【バイク】の教習所おすすめランキング 評判・口コミで選んで快適教習バイクの合宿免許 合宿で免許の取れる教習所のおすすめランキング 評判・口コミ集を25箇所チェックしました。 あなたにあった失敗しない快適教習所を探せます。...
大型二輪免許合宿の格安教習所20選 安いだけでないメリットも探そう大型バイク免許は合宿で取るのが安くてメリットいっぱい! 全国の格安おすすめ教習所20選の紹介...
50代でバイク免許は取れる シニアや女性でも参加可能な合宿教習所50代でバイク免許は取れる 女性でも挑戦 夢実現!シニアに優しい教習所5選の紹介...
バイク合宿教習なら出会いはあるはず 免許が短期間で取れしかも格安バイクの免許は合宿で取るのが出会いもあっておすすめ 短期間で快適な環境でじっくり教習でき、メリットがいっぱい...
バイク免許を合宿で快適に取れるおすすめの合宿教習所を調べました 厳選7選バイクに特化して選んだ合宿教習所のおすすめ 若者ばかりの教習所でも快適に過ごせる教習所7選...

オートバイ知識

\バイクの知識全般/
\エンジンや車種タイプについての記事/
>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

\バイク初心者向けの記事/
\バイク入門・バイク用品選びなどの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク免許教習は簡単!誰でも取れる。注意点はたった2つだけ!大型バイク免許は教習所で取れる。普通二輪免許があれば誰でも取れる。気を付けるポイントはたった2つだけ...
40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめ250ccバイクランキング8選 初心者向けを徹底比較バイク初心者におすすめの国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...
ツーリングのおすすめバイク25選 目的や内容で全く変わる選び方初心者向けツーリングのおすすめバイク25選 ツーリングの目的や内容で選び方は変わる...

バイク保管・盗難防止

\バイクの盗難防止対策について/
\ガレージライフ・ロック・盗難対策の記事/
>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 アパート編大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクのアパートでの保管について解説...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックやアンカーバイクの盗難は2度と経験したくない。 経験者が最強のバイクロックと防犯対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る究極の方法。盗難防止と快適空間バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える快適空間を手軽に作る究極の方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

\バイクに関する雑談/
\バイクの歴史・情報などの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

バイク乗りの出会い バイク女子との出会うのが一番 出会う方法を考えるバイク乗りの出会いの方法を考える。ここではバイク女子だけではなくバイクに興味のある予備軍女子を狙った方がうまく行きやすいということでマッチングアプリでの出会いを推奨しています。...
大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

\外車の魅力について/
\各メーカーの車種紹介の記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...
かっこいい大型バイク 手に入れたい外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

\バイクのカスタムについて/
\基本的なカスタム・旧車のカスタム/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

●コンタクトフォーム お問い合わせはこちらまで●