キャンプツーリング

キャンプツーリングのバーナー 使える12選 一台選んで自分だけのキャンプ飯

キャンプツーリングでキャンプ飯を作って楽しむためには、火(熱源)が必要です。

手軽に使えて、携帯しやすく、料理を作るにはガスバーナーが一番最適

コーヒーを飲む、ラーメンを作る、本格的にキャンプ飯を作る、目的は様々ですが
バーナーがあればキャンプでの料理がとりあえず楽しめます。

色々なタイプのバーナーの中から、
タイプ別、目的別に自分にあったバーナーを選びましょう。

これが自分には一番!というバーナーを見つけてください。

この記事はこんな方向け

●キャンプツーリングを始めたい方

●バーナーをどう選んで良いかわからない方

●おすすめのバーナーが知りたい方

バイクキャンプで使うバーナーを選ぶ 一番手軽なのはシングルガスバーナー


冒頭でガスバーナーと書きましたが、バーナー(ストーブ)にも色々なタイプがあります。

バイク用にはコンパクトなバーナー一択です。(一口コンロタイプ)

登山用に開発されたコンパクトなものは下記の4タイプ

●ガスバーナー

●アルコールバーナー

●ウッドストーブ(焚き火台)

●ガゾリンバーナー

いずれも、料理を作れるものです。

それぞれの特徴は、

●ガスバーナー→時短で手軽で万能、ガスボンベは2タイプ

●アルコールバーナー→超小型・火力が弱いがコーヒーやラーメンは作れる

●ウッドストーブ(焚き火台)→小型のものは超小型 時短向きではない

●ガゾリンバーナー→火力が最大、価格が高い(20000円程度)

いずれも登山用のコンパクトなものですが、

手軽さと万能タイプという点ではガスバーナーが最も無難ということになります。

軽量でコンパクト 万能タイプのガスバーナーの種類

シングルバーナーは驚くほどコンパクトに収納できる
手軽さと万能さでNo. 1なガスバーナーは、小さく畳めて荷物になりません。

手軽に組み立ててすぐに火がつく、実に便利な道具です。

ガスバーナーにも色々なタイプがあります。

大きく分けて3タイプ

●ダブルバーナー
●シングルバーナー一体型
●シングルバーナー分離型
(※バイク用とした場合、ダブルバーナーはコンパクトでないため除外)

ガスバーナー用のガスは2種類

OD缶(アウトドア専用ボンベ)
CB缶(家庭用ガスボンベ)

それぞれ専用のバーナーを使用します。
(一部の製品は両用タイプもあります)

 

一体型と分離型・CD缶用とCB缶用の特徴とメリットデメリット
を簡単に説明します。

 

ガスバーナーの種類 一体型と分離型

●一体型

一体型はガスボンベをバーナーと直結させること

台座として直立させて使うことができるのはOD缶タイプのみ

CB缶は細長いため横に寝かせて直結します。

 

●分離型

細長いCB缶を直結させるとボンベが火に近いため、遮熱対策をしないと危険です。

このため、ホースと繋いで分離して使うのが分離型です。
(OD缶用の分離型もあります)

アウトドア専用のOD缶使用タイプ メリットとデメリット


OD缶(アウトドア専用ボンベ)

メリット
火力が強い(寒冷地でも使える)
遮熱対策は不要

デメリット
ボンベの価格が高い(CB缶の約4倍)
専門店しか入手できない

入手しやすいCB缶使用タイプ メリットとデメリット


CB缶(家庭用ボンベ)

メリット
ボンベの価格が安い
どこでも入手しやすい

デメリット
外気温のよって火力が不安定
直結の場合、ボンベに遮熱対策が必要

キャンプ飯の目的にあったバーナーを選ぶ

バーナーを選ぶ場合、キャンプで作る料理によって選び方が変わります。

①コーヒーやラーメンという手軽なものを作るだけ

②大きなクッカー、重いクッカーを使いたい場合

バーナーには五徳(ごとく)というクッラーを安定させておくための台座がありますが、

大きなクッカー(鍋)を置けないものもあります。

 

湯沸やラーメン程度の料理なら特に気にすることはなし。

キャンプ飯をじっくりバーナーで作りたいなら、

経済的なCB缶使用のバーナーを選び、

五徳(ごとく)の性能や大きさを意識しましょう。

 

老ライダー
老ライダー

ここからは、おすすめ商品の紹介になります

おすすめのバーナー 12選 (OD缶タイプ)

本格的な登山用で定評のあるメーカーの中から、

コンパクトな照準タイプを選びました。

グレード的には標準タイプで価格もリーズナブルな製品のラインアップです。

火力も強いので、初めてなら、この中から選べば失敗はありません。

イワタニ プリムス ウルトラバーナー P-153

五徳(ごとく)部分が折り畳み式で大きなクッカーでも安定して使えます。

イワタニのODガスバーナーの定番、スタンダードタイプ

火力も強力 選んでおいて間違いはないアウトドア商品の代表的存在です。

収納サイズ 75✖️88✖️30mm
本体重量 110g
火力 3600k cal
キャンプ飯おすすめ度 🌟🌟🌟
その他 ケース付き・ボンベは別売

SNOW PEAK ギガパワーストーブ

こちらもアウトドア製品の定評ある有名ブランド

収納サイズ 82✖️45✖️37mm
本体重量 90g
火力 2500k cal
キャンプ飯おすすめ度 🌟🌟🌟
その他 ボンベは別売

EPI GAS REVO3700ストーブ

強力、最大4800KCALの登山用では定評のあるメーカーEPI GAS製

五徳(ごとく)も大きく、万能に使える逸品

風に強いガス噴出口のプロ仕様という優れもの

収納サイズ 89✖️52✖️54mm
本体重量 111g
火力 4200k cal
キャンプ飯おすすめ度 🌟🌟🌟
その他 ボンベは別売

コールマン アウトランダーマイクロストーブ

コールマンのコンパクトバーナー、五徳(ごとく)は折り畳み式、風にも強いと定評あり

収納サイズ 100✖️55✖️75mm
本体重量 200g
火力 2500k cal
キャンプ飯おすすめ度 🌟🌟🌟
その他

キャンプスタッグ オーリンク ガスバーナー Mー7900

リーズナブルなアウトドア製品が特徴のキャプテンスタッグ

火力も十分、ガス噴出口部分の直径が大きいため、クッカーにムラなく熱が

伝わり料理がしやすいという口コミがあります。(風には弱いようです)

4000円ほどで買えてしまうバーナー

収納サイズ 117✖️105✖️65mm
本体重量 300g
火力 2700k cal
キャンプ飯おすすめ度 🌟🌟🌟
その他 ケース付き ボンベは別売

HIKENTURE シングルバーナー

分離型でボンベを本体から離して使用するタイプ

一番の特徴は、OD缶とCB缶がアタッチメントによって両方使えるという点

これは便利です。

収納サイズ 100✖️92✖️92mm
本体重量 記載なし
火力 記載なし
キャンプ飯おすすめ度 🌟🌟🌟🌟
その他 ケース付き ボンベは別売

おすすめのバーナー 12選 (CB缶タイプ)

一般家庭用ボンベが使えるという点で、気軽にアウトドアキャンプを始める人に、

支持されているのがCB缶使用のバーナーです。

一体型と分離型があります。 一体型は、セッティングが簡単。

人気ブランド イワタニとSOTOの製品には、各メーカーから色々な使いやすいオプションも出ていて、

楽しめる点が良いですね。経済性と遊び心でアウトドアファンには、人気なのです。

イワタニ ジュニアコンパクトバーナー


選んで問題はないバーナーです。

コンパクトに畳めて使いやすい、しかも価格が安いという点で、ジョニアコンパクトは一番かもしれません。

お湯を沸かす程度の短時間使用なら問題はありませんが、

本格的に調理をするなら、遮熱版は必要になります。

遮熱効果のある使いやすい様々なオプションで楽しむことをお勧めします。

収納サイズ 70✖️70✖️110mm
本体重量 400g
火力 2300k cal
キャンプ飯おすすめ度 オプションつければ🌟🌟🌟🌟🌟
その他 ケース付き ボンベは別売

SOTO  レギュラーストーブ ST-310

イワタニ製品と人気を二分するSOTO製品のなかで、

最も評価され人気が高いのがこのST310

マイクロレギュレーターという機能付きで、冬場でも

安定した火力が得られる点、五徳(ごとく)が広くて使いやすい点

人気のため品薄気味で、価格が高騰しています。

それでも買う人がいるようです。

遮熱版付き

豊富なオプションが、イワタニ製品と同様に出ていて楽しめるバーナー

 

収納サイズ 高さ110mm(他は記載なし)
本体重量 350g
火力 2500k cal
キャンプ飯おすすめ度 🌟🌟🌟🌟🌟
その他 収納ポーチ付き ボンベは別売

SOTO  レギュラーストーブ FUSION ST-330


SOTOの分離型バーナー  これも人気の製品です。

余計なものがついていない、最も合理的なバーナー

収納サイズ 110✖️75✖️90mm
本体重量 245g
火力 2500k cal
キャンプ飯おすすめ度 🌟🌟🌟🌟
その他 ボンベは別売

SOTO  Gストーブ

基本的に風に弱いのがシングルバーナーの弱点ですが、

風に強く、幅の広い大きめなクッカーでも
使いやすさを考えたのが、SOTOのGストーブです。

今、流行のクッカー”メスティン”には最適な形です。

折り畳んでコンパクトに収納できます。

収納サイズ 142✖️78✖️225mm
本体重量 380g
火力 1800k cal
キャンプ飯おすすめ度 🌟🌟🌟🌟
その他 収納ケース付き ボンベは別売

ユニフレーム セパレートバーナー

こちらも分離型の人気暑品 火力が強いこと

五徳(ごとく)は太く熱でも変形しないと高評価品

収納サイズ 125✖️135✖️75mm
本体重量 450g
火力 2400k cal
キャンプ飯おすすめ度 🌟🌟🌟🌟
その他 ボンベは別売

SNOW PEAK ホーム&キャンプバーナー

ボンベカバーのついたしっかりした構造のシングルバーナー

簡易型とは違い、本体の高さもありテーブルの上でも調理可能とメーカーは

保証しています。

五徳(ごとく)は、ボンベケースに収納できコンパクトに。

本体の重量はありますが、本格料理にも使いやすい通販人気No. 1商品です。

デザインが洗練されていて良いですね。


(引用元 SNOW PEAK)

収納サイズ 255✖️120✖️90mm
本体重量 1400g
火力 2100k cal
キャンプ飯おすすめ度 🌟🌟🌟🌟🌟
その他 ボンベは別売

 

キャンプ飯で何を作るかでバーナーを選べば失敗しない

ガスバーナーについて書いてきましたが、

アウトドア料理の中では、実は、補助的に使うものなのです。

シングルバーナーは基本的に風に弱いという点があります。
(テント内での使用はできないと考えましょう)

快適さを考えると 風防があると便利です。

少しこだわったキャンプ飯を作る(料理を作る、長時間バーナーを使う)場合は、

しっかりした構造の本格調理向けのバーナーを選びましょう。

CB缶使用の
🌟SNOW PEAK ホーム&キャンプバーナー
🌟SOTO Gストーブ
🌟イワタニ ジュニアコンパクトバーナー(オプションをつけて)

この3点がキャンプ飯には最適なバーナーです。

○シングルバーナーの人気商品がチェックできます。

amazon シングルバーナーの人気ランキング

 

時短で簡単な料理を作る、これが本来のガスバーナーの便利な使い方です。

長時間ガスバーナーを使うのは、ガスの消費が激しく、経済的ではありません。

本来のアウトドア料理のメイン調理台は”焚き火台”の活用です。

ガスバーナーは、実はお湯をさっと沸かせれば良い、

焚き火ができない時の緊急用と考えても良いかもしれませんよ。

手軽なコンパクトタイプを選んでおけば十分だと思います。

 

アウトドアキャンプ飯には、焚き火台がおすすめという記事があります。

チェックしてみてください。

【関連記事】 コンパクトなキャンプツーリングに使える焚き火台

ソロキャンプに最強の焚き火台13選 コスパ良く目的別に選ぶソロキャンプに最強のコンパクトな焚き火台13選 目的別コスパの良いおすすめ品 ...

バイクキャンプでのグッズ選びは全てを軽量コンパクトに

バイクキャンプのグッズ選びはとにかく、コンパクトで軽量であるということが重要です。

コンパクトで軽量なものを厳選した、

キャンプツーリング道具一式や予算などについての記事もあります。

チェックしてみてください。

全てをコンパクトなグッズで揃えれば、荷物の量(かさ)が減って、

ライディングも快適になります。

 

【関連記事】キャンプツーリング初心者向けの記事

バイクでソロキャンプのセット一式は予算5万円でそろえられるバイクでソロキャンプを始めよう。 予算5万円で実現 ゼロからわかる初心者向けソロキャンプグッズセットの話...
キャンプツーリング初心者の装備 自由な旅の始める準備をしようバイクのキャンプツーリングの始め方。コスパの良いキャンプで初心者でも手軽にソロツーリングを楽しむための装備を紹介。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...

キャンプツーリンググッズ商品紹介記事一覧

テント

寝袋(シュラフ)

焚き火台

クッカー

テーブル

チェア(椅子

ナイフ

クーラーボックス

 

キャンプツーリング キャンプ飯に使えるバーナー12選 まとめ

まとめ

●キャンプのバーナーはガスバーナーが時短で一番手軽

●ガスバーナーの種類
○一体型と分離型
○OD缶用とCB缶用がある

●キャンプ飯の目的にあったバーナーを選ぶ

●おすすめのシングルガスバーナー 12種

●やりたいことに合わせてバーナーを選べば失敗しない。

●アウトドア料理を楽しむなら”焚き火台”が良い。

以上の内容でした。

 

老ライダー
老ライダー

最後までお読みいただきありがとうございます♪

ガスバーナーは手軽さではNo. 1の調理台ですが、

長時間使うものではありません。

ちょっとこだわったキャンプ飯を楽しみたいなら

焚き火台を上手に楽しみましょう。

アウトドア料理がもっと楽しくなりますよ♪

【関連記事】キャンプツーリング記事INDEX

\キャンプツーリングの記事一覧/
キャンプツーリングINDEX

【関連記事】

バイク用品の記事INDEX

\バイク用品についての記事をチェック/
バイク用品INDEX

 

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET/
\
 欲しいバイクを探す【登録無料】/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

●バイクを売ろう●



バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策を解説...
バイクの買取業者はどこがいい?の疑問に答えます。考える前にすぐ行動バイクの買取業者はどこがいい?の疑問に答えます。一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法...
ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

\ヘルメット・季節ごとのウエア・バッグ類など/
\バイクに関する役立つグッズについての記事/
>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込む大人のバイクには、レトロでカジュアルなセンスある大人のバイクファッションを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...

 

キャンプツーリング

\キャンプツーリング全般について/
\バイク・キャンプ道具・積載グッズの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
キャンプツーリングの持ち物 使える便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...
ツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適にツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適に...
キャンプツーリングの積載 効率良い5つの方法【ソロキャンプ編】キャンプツーリングの積載 効率よく荷物を積む工夫と方法を考える【ソロキャンプ編】 5つの積載方法...

 

バイクを高く売る

\バイクの売却方法について/
\買取業者情報や売り方のコツについての記事/
>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイク王の買取査定交渉術で上手にバイクを売る方法バイク王の買取査定交渉術で上手にバイクを売る方法...
バイクの買取のコツ 高く売るための査定業者選び 損しない方法バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?口コミから考える買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...
バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策を解説...
ローンが残ってるバイクでも売れるのか?全然問題なく売れますよ!ローンが残っているバイクでも売れるのか?ハイ、全然問題なく売れますよ! 買取専門業者なら可能です。...
傷のあるバイクは売れる?ボロボロでも売れる?治して売るかの考察少し問題のあるバイク、壊れたり傷や凹みがあったり、動かないバイク、ボロボロのバイクなどを高く買取してもらうには、修理をすべきなのか、そのまま売るべきなのか?最適な方法をアドバイス...
バイクを個人で売るのはトラブルの元 買取専門業者ならすぐ売れるバイクを個人で売るのはトラブルの元 すぐ売れてトラブルのない買取専門業者に売ろう...

オートバイライフ

\バイクライフの提案記事/
\バイク選び・ツーリングに関する記事/
>>INDEX一覧

【人気の記事】

中古バイクの250ccはネイキッドがおすすめ 安く買える車種20選手軽な中古バイクを買うならネイキッドタイプの250ccが断然おすすめ 安く買える狙い目20車種...
スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種のおすすめ これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...
タンデム旅行の荷物 最強の積載方法とおすすめバッグ20選タンデム旅行の荷物は3つの積載方法で最適になる。おすすめバッグ20選...

オートバイ知識

\バイクの知識全般/
\エンジンや車種タイプについての記事/
>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

\バイク初心者向けの記事/
\バイク選び・バイク用品選びなどの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめ250ccバイクランキング8選 初心者向けを徹底比較バイク初心者におすすめの国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...
ツーリングのおすすめバイク25選 目的や内容で全く変わる選び方初心者向けツーリングのおすすめバイク25選 ツーリングの目的や内容で選び方は変わる...

バイク保管・盗難防止

\バイクの盗難防止対策について/
\ガレージライフ・ロック・盗難対策の記事/
>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクのアパートでの保管について解説...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックは必要バイクの盗難は2度と経験したくない。 最強のバイクロックと対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

\バイクに関する雑談/
\バイクの歴史・情報などの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

\外車の魅力について/
\各メーカーの車種紹介の記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...
かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

\バイクのカスタムについて/
\基本的なカスタム・旧車のカスタム/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です