記事内にはアフィリエイト広告を使用している場合があります。

オートバイライフ

バイクでキャンプ キャンツー道具を揃えて自由な旅の準備をしよう

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

自由な旅をもっと満喫するためにキャンプツーリング(キャンツー)を始めようと考えている方!

キャンツーを始める準備について解説します。
 

バイクのツーリングの楽しさは、自由を感じられること

好きな時に、好きな場所に手軽にフットワークの軽いバイクで出かけて、自分だけの時間を楽しめるバイクでのツーリングが好きな方なら、

さらに好きな場所、気に入った場所があったらそこに泊まれたら最高ですよね。

 

キャンプの経験がない人は、大変そう!ハードルが高そう!と思うかもしれませんが、

ソロツーリングでキャンプをバイク始めるのは、

寂しくも、つまらない、なんてことはなく、

焚き火もできて、アウトドア料理が楽しめて、

1人の静寂の時間を楽しめて、気持ちも豊かになるうってつけのツーリング

それがキャンツーです。

 

キャンツーの上手な準備の方法と楽し味方をお話しいたします!

この記事はこんな方向け

●ソロツーリングで自由を味わいたい人

●キャンツーに興味がある人

●ロングツーリング(北海道など)を考えている人

●ツーリング費用を節約したい人

キャンツーを始めよう メリットとデメリット


キャンツーを始めるにあたって考えておくことは、いくつかあります。

キャンプのその前にキャンツーのメリットデメリット
考えてみましょう。

 

メリットから考えます。

●格安・無料で宿泊ができる(コスパが良い)

●好きな場所で泊まれる・時間の制約がない

●アウトドア調理・焚き火が楽しめる

●自然を満喫できる

●プライベート(1人の時間)を楽しめる

一番のメリットは、コスパが良いこと

キャンプ場での宿泊は、バイクの場合、格安です。
(キャンプ場を選べば、無料〜1500円程度で利用が可能)

時間が自由に使えて、アウトドアの魅力の一つ 焚き火やアウトドア

調理が楽しめる!

自然を満喫でき、静寂の中で1人の時間と、人とあまり接触することなく自由な時間を過ごせる。

一言でまとめると 自由を満喫できる でしょうか?

 

では、デメリットを考えましょう。

●バイクに積む荷物が増える

●バイクの積載を増やす装備が必要

●初期投資にお金が必要

●宿と比較して快適ではない

●走って疲れていても宿泊の準備が必要

●風呂や食事がない

キャンプ用品をバイクに追加して積む必要があるため、

バイクや装備にひと工夫が必要になる。

つまり、

最初の準備にお金がかかることとノウハウが必要なこと

 

テントや、宿泊のための道具を買い揃える必要があり、お金がかかる。

あくまでも野外なので、虫や衛生面・暑さ・寒さなどは快適ではない。

雨の場合などは、しっかりした対策が必要になる。

走った後の疲れた状態でも準備でくつろげない。

食事や風呂はない。

 

一言でまとめると めんどくさく快適ではない でしょうか。

 

キャンツーに向いている人と そうでない人の違いを考えると、

向いている人は、ソロツーリングが好きで1人が楽しいマメな人

向いていない人は、いつも人と関わっていたいズボラな人

マメで、1人が好きな人は、迷わず、キャンツーを始めましょう!

という結論になります。

 キャンプ道具をレンタルする

キャンプ道具をキャンプ場で受け取る

○まずキャンプを体験してみたい!

○道具を揃えるのが大変そう!

そんな方向けのサービスもあります。

手ぶらキャンプを楽しむ【hinataレンタル】



 

【参考記事】 まずは、日帰りでキャンプ気分を味わえる ラーツー(ラーメンツーリング)

バイクでラーツー おすすめの小道具たちでツーリングを楽しむバイクでラーツー(ラーメンツーリング)を手軽に始められる小道具を紹介 日帰りでも手軽に簡単に料理が楽しめる必要なグッズ...

ロングツーリングも可能にする 慣れればどこにでも泊まれるのがキャンプ

キャンツーバイク

キャンツーはコスパの良い宿泊方法です。

何泊もするロングツーリングは、最も費用のかかるため、宿代を節約したいところです。

近くにトイレや水があるところなら、どこにだって泊まることはできます。
(私の場合、若い頃山岳部でしたので、トイレもなくても平気ですが)

キャンツーはキャンプ場に泊まろう

一般的には、人里離れた自由な場所に宿泊するというのは、なれないうちはやめておきましょう。

空き地があるから、どこでも良いと考えがちですが、地主や土地の人から思わぬ反感を買うこともあります。

慣れないうちは、キャンプ場を予約しておきましょう。

キャンツーに向いているバイクを選ぼう

キャンツーに行くキャンプ場は人里離れた場所です。

舗装路でない部分や山道などの悪路を走る必要もあります。

バイクも悪路でも走りやすいバイクを選びましょう。

断然走りやすさが違います。

【関連記事】キャンツーに向いているバイク

キャンプツーリングに向いているおすすめバイク【小型〜大型24種】 キャンンプツーリングに最適なおすすめバイク 小型から大型まで24種の紹介とおすすめの装備...

 

キャンツー ソロツーリングでのキャンプ場の選び方

ソロツーリングでは、キャンプ場を選ぶ必要があります

キャンプをする良い気候の季節は、車などを利用したグループ客や、家族づれなどが

キャンプ場に押し寄せてきます。

ソロで出かけるキャンプでは、そんなキャンプ場ではくつろげないものです。

せめて、バイクをテントサイトに駐めて利用できる、静かなサイトのある

キャンプ場を選びたいですね。

少し、山間部のキャンプ場の方が

ソロキャンプに向いた静かなキャンプ場があります。

バイクのソロキャンプに最適なキャンプ場をチェックおきましょう。

バイクをテントサイト(テントと同じ場所)に置けるキャンプ場が理想です。

駐車場にバイクを止めて、荷物を運ぶのはめんどくさいし、バイクも心配ですよね。

 

バイクを近くに置いておける、そんなキャンプ場が知りたい場合↓↓↓

【バイクをテントサイトに置けるキャンプ場 検索サイト】

 

なっぷという全国キャンツーに使えるキャンプ場検索サイト。

全国の情報を見ることができます。予約の際に役に立ちますよ。

 

キャンツー用にバイクの装備を整える


バイクのキャンプツーリング(キャンツー)には

バイクにたくさんの荷物を積むための装備が必要です。

基本は、タンクバッグ(大容量)シートバッグ(大容量)

または、リアボックス

サイドバッグ(サドルバッグ)

などで積める量を増やす必要がありますが、

すでに使っている場合、キャンプ道具を追加して積まなければなりませんね。

最も手軽な方法は、シートバッグの上に大型(50L程度)の防水バッグ

くくりつけること、そこにキャンプ道具一式を入れる。

これが一番て手っ取り早い早い方法で安上がりで合理的な方法です。

キャンプ道具は防水バックを追加して積む

 

【参考記事】バイクでキャンプの積載方法について具体的に解説した記事が参考になります。

バイクでキャンプの積載まとめ ソロでもタンデムでも適した最強の対策バイクでキャンプするキャンプツーリングの積載の最強対策 ソロでもタンデムでも快適な個別対策 まとめ...

キャンツーに必要なキャンプ用品

キャンプツーリングの道具一式
バイクの積載スペースはそんなにありません。

防水バックを追加しても、100Lくらいが現実的です。

なるべくコンパクトで機能的なものを選ぶ必要があります。

軽量なもの、畳めば小さくなるものを前提に選びます。

とりあえず、始める。 宿代を節約するのが目的で調理はしない、
快適にネグラが作れれば良いという場合と、

調理も焚き火も

キャンプでしか味わえない楽しみを満喫したい場合も含めてリストアップします。

 

基本の装備一覧 10種

必要なキャンプ道具は、全部で10種リストアップしました

※各アイテムを紹介した記事にリンクしています。

●最初の5つ(最低限必要なもの)

①テント
②シュラフ(寝袋)
③グランドシート
④マットやコット
⑤ランタン(照明器具

●快適グッズ5つ

⑥バーナー
⑦クッカー(調理器具)
⑧焚き火台
⑨テーブル
⑩チェア

これだけあれば、快適に過ごすことができます。

まず始めてみる場合のスタートは、最初の5つ

テントを張って寝ることができる、

これが最低限必要なものとして用意すれば、とりあえず泊まれます。

 

残りの5つは、楽しみや、キャンプの醍醐味を味わえるもの

せっかく、始めるのですから、野外で調理をしたり
くつろいだりできる快適グッズなどを選びます。

まず、最低限始められる最初の5つについて、

続いて、楽しみ、快適グッズ5つと説明していきます。

最初に揃える 最低限必要なグッズ 5アイテム

生活でいったら、衣食住の基本の”住”の睡眠について

これが、快適でないと、よく眠れず疲れが取れません。
(食物は調理済みものを持ち込めば良いのです)

●テント
●グランドシート
●シュラフ(寝袋)
●マット や コット
●ランタン(照明器具)

これが、最低限必要です。

キャンツーを楽しむ快適グッズ 5アイテム

●バーナー
●クッカー
●焚き火台
●テーブル
●チェア

キャンプでの醍醐味は、野外で調理したものを食べる、焚き火を

楽しむ。これが最大の楽しみです。

あとはテーブルと椅子があれば、快適になります。

 

バイクにだって積める軽量でコンパクトなものがあります。

 

具体的なアイテム、予算面など、この記事が参考になります。

【関連記事】キャンプツーリングに必要な道具一式の記事(商品紹介あり)

バイクでソロキャンプのセット 道具一式は予算5万円でそろえられるバイクでソロキャンプを始めよう。積載バッグからバイク向きキャンプ道具まで予算5万円で実現 ゼロからわかる初心者向けソロキャンプグッズセットの話...

キャンプは季節別に装備を考える

よほどの強者でない限り、晩秋〜冬〜早春にキャンプに行くことはないでしょう。

あくまでも、季節の良いバイクで走れる季節として考えると、

5月のゴールデンウイークから10月の行楽シーズンくらいではないでしょうか?
北海道の場合は、断然 夏 ということになります。

季節ごとの必要な装備について解説していきます。

春・秋の装備

山間部は、春・秋は夜間や早朝は天気が良い日でも冷え込むものです。

冬でも使えるようなしっかりとしたシュラフ(寝袋)が必要です。

羽毛製のシュラフは軽くてコンパクトで便利です。

また、シュラフの中に入れて使うインナーシュラフなどを補助的に使うと快適です。

【参考記事】

バイクでキャンプ 冬のおすすめの快適睡眠の最強対策について

冬のツーリングのシュラフ 防寒対策は二択のおすすめ方法で

夏の装備

夏のテントでの宿泊は、平地では思ったよりも暑いものです。

暑さ対策が必要になります。

暑さを避ける方法としては、高地(標高1000m以上)のキャンプ場を選択する方がおすすめです。

あとは、テントの通気性です。 雨が降らなければ、防虫対策のしっかりした
通気口のあるテントが快適です。

【参考記事】

テントがあればバイクでキャンプは簡単 選び方とおすすすめ11選

寝袋も手軽なものでも大丈夫です。

【参考記事】

バイクキャンプのおすすめ寝袋15選 軽量コンパクトをコスパ良く選ぶ

その他の キャンプで快適さを求める工夫

キャンプ場には、風呂やシャワーの設備がない場合がほとんどです。

宿泊するキャンプ場の近くに温泉があれば、そんな風呂のない悩みは解決できます。

キャンプ場に行く前に近くの温泉施設などをチェックしておくことは、大切です。

 

もう1つは、キャンプでの雨の場合の対策をしっかりしておくことです。

雨の場合は、テントがあっても、テント自体の雨漏りや地面がぬかるんで辛い思いを
することになります。

防水対策は、万全にしましょう。 防水のシュラフカバーなどはあると

雨の日でも寝具が濡れることなく快適になります。

テントもあまり安いものを選ばず、

しっかりしたメーカーの製品を選んでおくと快適さが違います。

テント選びの参考になる記事があります。チェックしてみてください。

 

【関連記事】キャンプツーリングのテント選びの記事(商品紹介あり)

テントがあればバイクでキャンプは簡単 選び方とおすすすめ11選バイクでキャンプ(キャンプツーリング)を始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント選びについて解説 おすすめテント11種の紹介...
ツーリングテント 安くて優秀 コスパの良いおすすめ10選 ツーリング用テント ワンタッチやポップアップや軍幕 安くて優秀 コスパの良いおすすめ10選 ...

バイクのキャンツーは意外と手軽に始められる

快適なキャンプツーリングの装備は意外と手軽
キャンツーは、意外と手軽にコスパよく始めることができます。

 

必要なキャンプグッズは一式で50000円程度で揃えることができるんです。

初期投資としてある程度費用が必要ですが、

ツーリング中の半分を宿ではなく、キャンプにしたら、宿泊代の数泊分で

キャンプ道具一式を揃えることができてしまう程度の初期投資なのです。

キャンプ未経験の方でも、まずは、季節の良い、天気の良い日に、トライしてみてはいかがでしょうか?

気ままに、好きなものを食べて焚き火をして、大自然の中で寝る。

しっかり準備して出かければ、天気の良い日なら快適そのものです。

(天候が悪ければ、キャンプ場は諦め、宿に泊まれば良いのです)

ゆるくはじめるのが賢い方法です。

一度体験すれば、きっと、キャンツーの楽しみの幅が広がりますよ。

 

【関連記事】キャンプツーリングの道具一式の選び方と予算の記事

バイクでキャンプの始め方 初キャンプに準備するものと注意点バイクでキャンプ(キャンプツーリング)の始め方を解説 上手に道具を揃えるコツと予算 必要なものを揃えてキャンプを始めよう...

バイクでキャンプ キャンツー道具を揃えて自由な旅の準備をしよう まとめ

 

まとめ

キャンツーを始めたい方に向けた準備方法とキャンプの始め方を解説

●キャンツーのメリット・デメリット

●装備を整えればコスパの良いロングツーリングも可能

自由を満喫できる

●キャンプ場の選び方

●キャンプ道具のバイクへの積載グッズ

●必要なキャンツー道具10種

○最低限必要なもの5選
○快適になる道具5選

●季節別に装備を整える

●快適にするポイント
○雨対策
○しっかりしたテント選び

●キャンツーはコスパが良く
手軽に始められる

以上の内容でした。

 

老ライダー
老ライダー
最後までお読みいただきありがとうございます♪

北海道ツーリングに行くなら、断然キャンプ道具を準備して

キャンツーを楽しみましょう。

野外で気ままに一人旅 最高の癒しを体験できますよ。

まずは、近場のツーリングスポットでキャンツーやってみてください。

きっとハマります♪

 

【関連記事】キャンプツーリング記事INDEX

\キャンプツーリングの記事一覧/
キャンプツーリングINDEX
<

バイク記事一覧roriderblog

バイク用品・装備ランキング
バイク用品・装備ランキング

バイクランキング
バイクランキング

人気ブログランキングでフォロー

金利の低い銀行ローンの近道

かしこく借りて夢をかなえる

\詳しく見てみる/
クラウドローン

バイクでローンを組むなら銀行から借りる方が
金利は低くて圧倒的に有利です。

クラウドローンは銀行ローンの代行業者

●ネットで3分で診断完了

●金利の安い銀行を探して交渉

交渉はクラウドローンにお任せ
(金利の安い安心の銀行マイカーローンが選べます)

●登録無料
闇金業者ではありません。
(2020年スタートの新システム)

バイク店の信販ローンとの金利差は約7%
(銀行のマイカーローンの金利は約3%
バイク店は約10%)
3年で100万円のローンなら13万円もお得です。
200万円なら26万円もお得)。

バイクをローンで買うなら
銀行のマイカーローンを使いましょう!

\サイトで3分間診断をしてみる/
クラウドローン

●欲しいバイクを探そう
(中古バイク)
\Zutto Ride Market/

中古バイクが探せる ZuttoRide Market
\ 欲しいバイクを探す/
\【登録無料】/

バイク盗難保険

盗難保険は任意保険とは違います。
盗難に特化した保険です。

ZuttoRide保険はロードサービスとセットもあります。

1日25円からのZuttoRideバイク盗難保険

 

●バイク保険に入っておこう

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!

<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

●バイクの置き場所を確保しよう(レンタルボックス)

(全国対応 あなたの近所で探せます)
屋根付き・屋根なし・本格バイクヤードが選べます。
●IF物件はバイクに使えます。(物件多数)

トランクルーム、レンタルボックス、バイクヤードなら加瀬倉庫!

\バイク用レンタルBOXを探す/

>>バイク専用(バイクヤードは4タイプ
>>レンタルボックスもバイクで利用可能

●バイクの買い替え資金を確保しよう(バイク買取業者)

乗らなくなったバイク、買い替えで手放すバイク

無料で査定してもらって売れる

●バイク王
バイク王に無料見積依頼をしよう!

\No. 1のバイク王にアクセス/
バイク王

●バイクワンバイク買取
\ネットで簡単査定のバイクワン/

バイクワン●KATIX
複数業者が見積もる
納得したら売るシステムのKATIX
\写真で簡単査定/

◆バイクを売る方法のおすすめ記事

バイクの売り方 高く売る方法とコツ 買取業者情報や最強の具体策ですバイクの売り方 高く売る方法コツを解説 買取業者の情報を知って上手にバイクを売る具体的対策...
バイク売るならどこがいい?の疑問に答えます。知恵袋を読むより簡単なことバイクの売り先はどこがいい?バイク買取はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...

●バイクウェアを高く売る

 

眠っているバイクウェア、買い替えでいらなくなったウェア

思わぬ価格で買い取ってくれるかも?

(宅配便で送って手間要らずで売れる)

バイクウェア専門 バイクウェア宅配買取STST

\バイクウェア宅配買取STST/

 

【バイク関連】
【カテゴリー別記事一覧】

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ
老ライダー
老ライダー

気になる項目の記事をチェックしてみてくださいね♪

バイク用品

\ヘルメット・季節ごとのウエア・バッグ類など/
\バイクに関する役立つグッズについての記事/
>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク乗りのファッション(メンズ)最新トレンドと車種別ウェアのおすすめバイクファッションのかっこよくておしゃれな最新トレンドと車種別目的別のファッションスタイルの選び方 モテるバイク乗りになるにはバイクファッションのトレンドを知ろう...
バイク用便利グッズ 快適で買って良かったと思うはず おすすめ33選快適なツーリングのためのおすすめできるバイク便利グッズを紹介 疲労軽減とストレスフリーを考えてバイクライフが快適に、 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ33選を紹介します。...
普段着でおしゃれにバイクに乗りたい。最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚でキメる!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込む大人のバイクには、レトロでカジュアルなセンスある大人のバイクファッションを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘルメットは開放感が最高 機能性やレトロ感で選ぶおすすめ18選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した18選...
システムヘルメットのおすすめ12種とランキング 機能的2wayタイプも機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品12選 2WAYタイプが特におすすめです。...
バイクインカム最強のおすすめ16選 最適な選び方が目的・予算別にわかるバイクインカムのおすすめ16選 最適な選び方がわかる 音質良い最強品から目立たないものから予算別に紹介しています。...
バイクガレージを予算10万円以内で実現 バイクを守る保管庫5選バイクガレージを10万円以内で実現 しっかり保管するバイクガレージを安く建てられる保管庫5選を紹介...

キャンプツーリング

\キャンプツーリング全般について/
\バイク・キャンプ道具・積載グッズの記事/
>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイクでキャンプする完全ガイド 不安なしの粋なキャンプツーリングバイクでキャンプを楽しむためのキャンプツーリングを完全網羅 キャンプのメリットやバイクの準備・バイク合ったキャンプグッズの紹介...
テントがあればバイクでキャンプは簡単 選び方とおすすすめ11選バイクでキャンプ(キャンプツーリング)を始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント選びについて解説 おすすめテント11種の紹介...
バイクでキャンプする便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...
ツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適にツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適に...
バイクキャンプの積載 効率良い5つの方法を解説【ツーリング編】キャンプなどのツーリングの積載を効率よく荷物を積む工夫と方法を考える記事【ツーリング編】 5つの積載方法を解説...

 

バイクを高く売る

\バイクの売却方法について/
\買取業者情報や売り方のコツやヒント/
>>INDEX一覧

【注目記事】

KATIXはバイクを写真で売る手間要らずのシステム おまかせで売れる仕組みについて解説KATIX(旧アップス)でバイクを高く売る手間要らずの方法です。 ネットに写真をアップしておまかせで売れる仕組みについて解説 希望価格を設定できますよ。...
バイク売るならどこがいい?の疑問に答えます。知恵袋を読むより簡単なことバイクの売り先はどこがいい?バイク買取はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...
バイクの買取(下取り)のコツ 査定で損しない楽に高く売る方法バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?でもおすすめでバイクを高く売るには外せない理由バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...
バイクの売り方 高く売る方法とコツ 買取業者情報や最強の具体策ですバイクの売り方 高く売る方法コツを解説 買取業者の情報を知って上手にバイクを売る具体的対策...
ローン中のバイクでも売れるのか?問題なく売れます!賢く売りましょうローンが残っているバイクでも売れるのか?ハイ、全然問題なく売れますよ! 買取専門業者なら手間要らずで可能です。あなたはなるべく高く売ることに集中するだけで良いのです。...

 

オートバイライフ

\バイクライフの提案記事/
\バイク選び・バイク免許/
\ツーリング/

>>INDEX一覧

【おすすめの記事】

バイク盗難保険は盗難特化のずっとライドクラブがおすすめ 評判と入るべき6つの理由バイクの盗難保険は盗難特化のZuttoRideClubの一択で決まり。 他の盗難保険よりもバイク乗りにはうれしい安心の補償内容で最強です。...
バイク保管には月極のコンテナ・ガレージがおすすめの4つの理由バイク保管には月極のコンテナ・ガレージがおすすめの4つの理由を解説  盗難対策には最強対策です。...
バイクが好きで職業にするには?バイクに関わる仕事に転職して夢を実現させるバイクが好きでバイクの仕事をしたい場合、自分に合った関わり方を考えて転職しよう。 バイクに関わる具体的職種14種を紹介 夢を実現させよう...
かっこいい中古バイクのネイキッド250cc 安く買える車種12選手軽な中古バイクを買うならネイキッドタイプの250ccがカッコよくておすすめ 安く買える狙い目12車種をピックアップ ...
スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング 二人乗りを快適にする6種の対策 これで不安解消!タンデム(2人乗り)でタンデマーが快適で安全になる対策6種 タンデムで持つところや背もたれも。ツーリングの二人乗り不安を解消する...
タンデム旅行の荷物 タンデムの邪魔にならないタンデムバッグ20選タンデム旅行の荷物は3つの積載方法で最適になる。タンデムの邪魔にならないおすすめバッグ20選...

●バイク免許●

\バイク免許/
\教習所情報/
>>INDEX一覧

【免許取得のためのおすすめ記事】

普通二輪から大型二輪 限定解除は簡単 誰でも取れる 注意点は2つだけ大型バイク免許は教習所で取れる。普通二輪免許があれば誰でも取れる。気を付けるポイントはたった2つだけ...
バイクの合宿教習の徹底解説 二輪免許合宿の疑問点・不安点を解消するバイクの合宿教習に関する疑問点や不安点を解消できるまとめ記事 大型・普通の免許別 年齢や経験別におすすめ教習所を紹介しています。 安心して合宿に臨める情報満載です。...
バイク免許を合宿で快適に取れるおすすめの合宿教習所厳選5選バイクに特化して選んだ合宿教習所のおすすめ 若者ばかりの教習所でも快適に過ごせる教習所5選...
バイク免許を取るのは難しい? 免許の取り方の不安を解消するバイク免許取得が難しく取れる気がしない!と考えているバイク入門者に向けたアドバイス。簡単に取るための2つの方法と未経験者と教習中の悩みについての解決策のアドバイス。...
バイク合宿の教習所の評判・口コミで考察した教習所20選ランキングバイクの合宿免許 合宿で免許の取れる教習所を調べたランキング 評判・口コミ集を20箇所チェックしました。 あなたにあった失敗しない快適教習所を探せます。...
大型二輪免許合宿の格安教習所18選 安いだけでないメリットも探そう大型バイク免許は合宿で取るのが安くてメリットいっぱい! 全国の格安おすすめ教習所18選の紹介...
50代でバイク免許は取れる シニアや女性でも参加可能な合宿教習所50代でバイク免許は取れる 女性でも挑戦 夢実現!シニアに優しい教習所5選の紹介...

 

オートバイ知識

\バイクの知識全般/
\エンジンや車種タイプについての記事/
>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクランキング40選(大型〜250)現行から名車までネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

\バイク初心者向けの記事/
\バイク入門・バイク用品選びなどの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

普通二輪から大型二輪 限定解除は簡単 誰でも取れる 注意点は2つだけ大型バイク免許は教習所で取れる。普通二輪免許があれば誰でも取れる。気を付けるポイントはたった2つだけ...
40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
初心者におすすめは250ccバイク ランキング8選で徹底比較バイク初心者には国産250ccがおすすめできるバイク 8車種の紹介と比較ランキング一覧 価格・重量・パワー・シート高などを比較して選びやすくしてみました。...
ツーリングのおすすめバイク25選 目的や内容で全く変わる選び方初心者向けツーリングのおすすめの旅バイク25選 ツーリングの目的や内容で選び方は変わる...

バイク保管・盗難防止

\バイクの盗難防止対策について/
\ガレージライフ・ロック・盗難対策の記事/
>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクガレージどこにたのむ?低予算で地元のプロの施工業者が探せますバイクガレージを作るたいけどDIYに自信がない方に向けたプロを紹介するZehitomo(ゼヒトモ)というサービス。利用すればやりたい夢であるバイクガレージが実現できる。...
バイクガレージは土間・床付どちらが良い?メリット・デメリットと失敗しない方法バイクガレージは土間・床付どちらが良い?メリット・デメリットと失敗しない方法...
バイクガレージ メーカー比較 イナバ ヨドコウ タクボ どれがいい?国内メーカーのイナバ・ヨドコウ・タクボのバイク用物置はやはり安心 3社の比較とどこで買うかどう作るかを解説 ...
バイク盗難防止チェーンロックの最強品で盗難対策を完璧にするバイク盗難防止の最強のロックチェーン紹介 バイクの盗難は2度と経験したくない。 経験者が最強のバイクロックと防犯対策を解説...

 

【番外編】     バイク雑談

\バイクに関する雑談/
\バイクの歴史・情報などの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

バイク乗りの出会い バイク女子との出会うのが一番 出会う方法を考えるバイク乗りの出会いの方法を考える。ここではバイク女子だけではなくバイクに興味のある予備軍女子を狙った方がうまく行きやすいということでマッチングアプリでの出会いを推奨しています。...
大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るセンス良いプレゼント16選 バイク好きが選んだおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品16選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

\外車の魅力について/
\各メーカーの車種紹介の記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...
かっこいい大型バイク 手に入れたい外車の個性あふれる30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力ある渋くてすごいバイク30選...

カスタム

\バイクのカスタムについて/
\基本的なカスタム・旧車のカスタム/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

バイクのカスタム 愛車を手軽にドレスアップするおすすめグッズ25選 バイクのカスタムはしたいけど 専門知識もないし、自分でできる気がしないというあなた、 私も初心者の頃はそんなライダーでカスタ...
BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

●コンタクトフォーム お問い合わせはこちらまで●