オートバイライフ

キャンプツーリングに向いているおすすめバイク【小型〜大型24種】 

世の中のキャンプブームもあって、バイクで自由度の高いキャンプツーリングを始める人も増えています。

キャンプは装備さえ整えてしまえば、最もリーズナブルな宿泊の方法です。

そこで、キャンプツーリングに向いているおすすめのバイクについて書いてみることにしました。

キャンプ場に行くこと、道具を積むことを考えると、 悪路での走りやすく荷物も積みやすいバイクを選ぶ必要があります。

大型バイクから、小型(125cc)バイクまで、キャンプツーリングに向いているバイク24種を紹介いたします。

 

この記事はこんな方向け

キャンプツーリングに最適なバイクを探している方

キャンプツーリングに必要なバイクの装備を知りたい方

ぜひ、読んでみてください。

 

【関連記事】キャンプツーリングの記事カテゴリー

\キャンプツーリングの記事一覧/
キャンプツーリングINDEX

キャンプツーリングに適したバイクはどんなバイクか?

冒頭でも書きましたが、キャンプに出かけるのに、向いているバイクの条件は

●悪路(未舗装路)の走りやすいバイク

●荷物を積みやすいバイク

●荷物を積んでも走りやすいバイク

ということになります。

車種について考えますと、

●アドベンチャーバイク
●オフロードバイク
●ネイキッドバイク
●アメリカンクルーザーバイク

最も、適しているのは、アドベンチャーバイクです。

アドベンチャーバイク 最もキャンプに適したバイク

もともと、悪路(未舗装路)を早く走るために作られた、オフロードバイクの
派生型(長い距離を荷物を積んで走破することをプラスした)なので、

荷物をたくさん積んで悪路を安定して走ることができるバイクは、

アドベンチャータイプが最も適していると言えます。

ただし、注意点として、大型クラスのアドベンチャーバイクは、車重が重く、
サスペンションストロークが長く、シート高が高いバイクです。

小柄な方や、運転テクニックに自信のない初心者には、大型クラスはおすすめできません。

ただ、荷物の積載量は、ダントツで多く積めるため、最適なことは、間違いありません。

【関連記事】アドベンチャーバイクの記事

人気のアドベンチャーバイク 大型はすごい! 日本でどこを走るの?人気の大型アドベンチャーバイクについての考察 本当に必要なのか?日本人や日本に合っているのか?...
アドベンチャーバイク中型スモールクラス  比較して失敗しない方法人気のアドベンチャーバイクですが、実用的な中型(スモールクラス)を比較した記事です。車種選びの参考になり役立つはずです。 このスモ...

オフロードバイク 荷物の量と長距離走行で少し苦しい

未舗装路が得意なオフロードバイクですが、欠点として荷物をたくさん積みづらい、
ツーリングでの長距離走行に向いていないという2点がありますが、

荷物をコンパクトにしたり工夫をすれば、走りやすいので十分使えるバイクです。

ネイキッドバイク  ハンドル幅が広くブロックタイヤ仕様は使える

キャンプツーリングにはブロックタイヤが走りやすい
アドベンチャーバイクのフォルムはある意味、特殊です。

オンロードバイク派には、抵抗があるのも事実

普段の街乗りも考える方には、選びにくいですね。

ネイキッドバイクでも、ハンドル位置が高く、幅広のバイクや、

スクランブラータイプなどの、ブロックタイヤを履いたバイクは、悪路も難なく走れます。

ネイキッドタイプでも、積載の装備を整えれば、なんとかなります。

アメリカンクルーザーバイクでも可能

アメリカンクルーザーは、悪路(未舗装路)向きのバイクではありませんが、

ハンドル幅が広く、車格も大きく、車重もあるため、荷物をたくさん積んでも
安定して走行できるため、ある意味、向いているとも言えます。

未舗装路を延々と走るツーリングでなければ、使えるバイクです。

キャンプツーリングに向いているバイクの紹介 24車種

●アドベンチャーバイク
●オフロードバイク
●ネイキッドバイク
●アメリカンクルーザー

4タイプの中から、排気量別におすすめのバイクを紹介して行きます。

私の持論では、おすすめは125ccバイクで行くキャンプツーリングが

一番経済的で手軽なのでおすすめですが。

大型から中型、小型の順で紹介して行きます。

キャンプツーリングに向いているバイク 【大型クラス】

1000ccクラスから大型の中排気量タイプ12車種の紹介です。

アドベンチャータイプが主流ですが、一部 他の車種も載せています。

HONDA アフリカツイン DCT

日本車のアドベンチャーバイクの最も有名なバイク。

パリ・ダカールラリー仕様車と言える本格派

DCTというオートクラッチ切り替え機能が付き、初心者でも乗りこなせそうですよ。

これなら、ロングツーリングでどこに行っても快適でしょう。

 

エンジン形式・排気量 水冷2気筒 1083cc
パワー 102ps
シート高 810mm〜
車体重量 236kg
車体価格 172万7000円
おすすめ度 🌟🌟🌟🌟

 

【純正の積載装備品】

あくまでも、純正品装着の場合ですが、積載能力は、

固定のトップケース58L、パニアケース左右で70L 合計128Lという最強の積載量

他のバッグを追加しなくても、キャンプツーリングには不安なしですね。

HONDA NC 750X

一見、アドベンチャーバイクのようですが、厳密に言えば、デュアルパーパスタイプです。

タイヤサイズはオフ車仕様ではなく、オンロード仕様なので悪路に無敵というバイクではありません。

ただし、乗りやすいバイクであることは間違いありません。
粘り強いロングストロークエンジンは低速でも不安なく頼もしいはず。

初心者の初バイクにもおすすめできます。 価格がリーズナブルな点も高評価です。

エンジン形式・排気量 水冷2気筒 745cc
パワー 58ps
シート高 800mm
車体重量 224kg
車体価格 99万円
おすすめ度 🌟🌟🌟🌟🌟

【純正の積載装備品】

あくまでも、純正品装備の場合ですが、

洗練されたツアラー風ケースが特徴で積載能力は、トップボックス50L サイドパニアケース左右で65L 合計115Lを確保

キャンプでの積載については不安なしです。

SUZUKI Vストローム 1050

HONDAアフリカツインと同等のアドベンチャータイプの本格派

V型エンジンが楽しそうです。 SUZUKI車は価格がリーズナブルな点が実に好感が持てます。

本格派を選ぶならこれがいいですね。

 

エンジン形式・排気量 水冷V型2気筒 1036cc
パワー 106ps
シート高 835mm
車体重量 236kg
車体価格 143万円
おすすめ度 🌟🌟🌟🌟

【純正の積載装備品】

あくまでも、純正品装備の場合ですが、角型アルミトップケース38L

サイドケース左右で74L 合計112Lを確保

別タイプの丸型トップケースは55Lタイプ

キャンプでの積載には不安なしです。

SUZUKI Vストローム 650XT ABS

同SUZUKIのVストロームの中排気量タイプ

むしろ、このくらいの方が、悪路を走る時に扱いやすいのです。

価格もうれしい100万円を切る価格 このクラスでは、一番のおすすめです。

エンジン形式・排気量 水冷V型2気筒 645cc
パワー 69ps
シート高 835mm
車体重量 215kg
車体価格 96万8000円
おすすめ度 🌟🌟🌟🌟🌟

【純正の積載装備品】

あくまでも、純正品装備の場合ですが、積載装備のオプションは、

1050と共通のトップケース38L サイドケース左右で74L 合計 112L

別タイプのトップケースは55Lを確保

KAWASAKI VERSYS 1000SE

パワフルな4気筒エンジン搭載のKAWASAKIのアドベンチャーバイク

高速走行メインのロングツーリングには心強いパワーですが、

キャンプを目的とするツーリングには、車重が重く、要らないパワーという気がします。

エンジン形式・排気量 水冷4気筒 1043cc
パワー 120ps
シート高 820mm
車体重量 257kg
車体価格 199万1000円
おすすめ度 🌟🌟🌟

【純正の積載装備品】

あくまでも、純正品装備の場合ですが、

ツアラー風のトップケースと、サイドパニアもおしゃれです。

合計積載容量は、トップケース47L サイドパニア左右で56L 合計103Lを確保

YAMAHA TRASER9 GT

YAMAHAの新型アドベンチャーバイク   アドベンチャーツアラーという

走りを追求したアドベンチャー風高速ツアラーです。

3気筒エンジンのため、車重は抑えられています。

YAMAHAは3気筒エンジンを最近のスポーツバイクに採用しています。

エンジン形式・排気量 水冷3気筒 888cc
パワー 120ps
シート高 810mm
車体重量 220kg
車体価格 145万2000円
おすすめ度 🌟🌟🌟

【純正の積載装備品】

純正品の積載装備のデザインはツアラー風

トップケース50L サイドケース左右で60L 合計110Lを確保

YAMAHA NIKEN GT

ユニークな3輪バイク   キャンプを兼ねたロングツーリングには

安定感という点で向いてると思い選んでみました。

バックギアでもついていれば高評価なのですが、悪路でこの車重の取り回しができるかというとちょっと不安ですね。

エンジン形式・排気量 水冷3気筒 845cc
パワー 116ps
シート高 835mm
車体重量 267kg
車体価格 198万円
おすすめ度 🌟🌟🌟

【純正の積載装備品】

あくまでも純正品装備の場合ですが、トップケース50L サイドパニア左右で50L

合計100Lを確保しています。

YAMAHA TENERE700

オフローダー寄りのアドベンチャーバイクだと思います。

悪路での走破性が抜群でしょう。  車高が高いため、重い荷物を積んで走るキャンプツーリングには初心者には辛い気がします。

オフ車に乗り慣れた方には、軽量で最強のフットワークのある一台になるでしょう。

エンジン形式・排気量 水冷2気筒 688cc
パワー 72ps
シート高 875mm
車体重量 205kg
車体価格 125万5000円
おすすめ度 🌟🌟🌟

【純正の積載装備品】

あくまでも、純正品装備の積載能力ですが、トップケース42L サイドケース左右で72L 合計114Lを確保

積載には不安なしです。

HONDA レブル1100 DCT

前後16インチタイヤを装着、ネイキッドスポーツのようにキビキビ走れるアメリカンクルーザーのレブルの最大排気量車

アメリカンクルーザーは積載量を増やすには、工夫が必要ですが、

キャンプでも頼もしい相棒になるでしょう。 ロングツーリングも楽しそうです。

エンジン形式・排気量 水冷2気筒 1082cc
パワー 87ps
シート高 700mm
車体重量 233kg
車体価格 121万円
おすすめ度 🌟🌟🌟

【純正の積載装備品】

あくまでも、純正品装備の場合ですが、サイドバック左右で24Lと使えません。

社外品で、もっと大容量のサドルバッグにすべきですね。

リアキャリアを使用し、社外品のバックで積載力をアップする必要があります。

YAMAHA BOLT

今や希少の空冷Vツインエンジン搭載のアメリカンクルーザー

ハーレーのスポーツスター883に匹敵するタイプですが、

ハーレーよりも軽量・低価格・個性あるエンジンで、

むしろこちらの方が、大排気量空冷Vツインエンジンの鼓動を楽しめると思います。

キャンプでは積載を整える必要があります。

エンジン形式・排気量 空冷V型2気筒 941cc
パワー 54ps
シート高 690mm
車体重量 252kg
車体価格 104万5000円
おすすめ度 🌟🌟🌟

【純正の積載装備品】

純正品はリアキャリアしかありませんが、

サドルバッグや大容量リアバッグを装着してワイルドにキャンプグッズを積んでいけば、大型バイクなので、なんとかなると思います。

SUZUKI SV 650 ABS

ネイキッドバイクの中で、ハンドル位置の高いSVはキャンプツーリングに適していると思います。(大容量のタンクバッグも装着できます。)

大型バイクの中では、軽量でシート高の低いSVはキャンプでの不安はないでしょう。

エンジン形式・排気量 水冷V型2気筒 645cc
パワー 76,1ps
シート高 785mm
車体重量 197kg
車体価格 78万5400円
おすすめ度 🌟🌟🌟🌟

【純正積載装備品】

あくまでも純正品装備の場合ですが、トップケース27Lなので、

社外品で大型(40L以上)のトップケースを装着しましょう。

私なら、アルミ角型トップケースにして、上にキャンプ用品をくくりつけます。

大型タンクバックも含めれば、100L確保は可能で、タンデムキャンプにも使えると

思います。

KAWASAKI W800ストリート

このW800ストーリートのハンドル幅は広く高めのため、

キャンプでの未舗装路走行も不安なく可能でしょう。

控えめなパワーなので初心者でも安心。

先ほど紹介したSV同様、積載を工夫すれば

キャンプツーリンングには向いているバイクです。

エンジン形式・排気量 空冷2気筒 773cc
パワー 52ps
シート高 770mm
車体重量 221kg
車体価格 101万2000円
おすすめ度 🌟🌟🌟

【純正の積載装備品】

純正品はリアキャリアのみ

社外品で SV同様に積載を確保しましょう。

キャンプツーリングに向いているバイク 【中型クラス】

250ccクラスから400ccクラスの普通免許用バイクのおすすめ8車種です。

こちらのアドベンチャーバイクが主流ですが、他のタイプの車種のおすすめもあります。

HONDA 400X

アドベンチャーバイク派にはおすすめな一台です。

400ccの希少なデュアルパーバスツアラー

アドベンチャーバイクの入門車

エンジン形式・排気量 水冷2気筒 399cc
パワー 46ps
シート高 800mm
車体重量 196kg
車体価格 82万6000円
おすすめ度 🌟🌟🌟🌟🌟

【純正の積載装備品】

あくまでも純正品装備の場合ですが、トップケース35L サイドパニア左右で48L 合計83L

私なら、社外品のアルミ角型トップケース(50L程度)の上にバッグを括り付けてタンデムで使います。

HONDA CRF 250L

このCRF250Lは、軽量で乗りやすいことは間違いなし

新型のCRF250はオフローダー好きに評判の良かったYAMAHA セロー

とほぼ同じに乗りやすいオールマイティーバイクといえます。

オフロードバイクをツーリンングにも使えるように作られたバイクだと思います。

装備を整えてキャンプツーリングに使いましょう。

エンジン形式・排気量 水冷単気筒 249cc
パワー 24ps
シート高 830mm
車体重量 140kg
車体価格 59万9500円
おすすめ度 🌟🌟🌟

【純正の積載装備品】

あくまで純正品ですが、ベースキャリアをつけてトップボックス38L があります。

同様に社外品で、大型アルミ角型トップボックスをつけてリアシートに荷物を積めば

キャンプツーリングに使えます。

 

KAWASAKI KLX 230

このバイクは、オフローダーです。 悪路は得意

荷物は社外品のトップボックスをつけて、大型リュックを背負って、

近場でキャンプツーリングというスタイルだと思います。

エンジン形式・排気量 空冷単気筒 232cc
パワー 19ps
シート高 885mm
車体重量 134kg
車体価格 49万5000円
おすすめ度 🌟🌟🌟

【純正の積載装備品】

リアキャリアが純正品であります。

リアボックスが装着できますね。

KAWASAKI VERSYSーX250 TOURER

サイドボックスが標準装備されている点がうれしいアドベンチャーツアラー

ツアラーとなっていますが、アドベンチャーバイク特有のスポークホイールやタイヤ径なので、
本格アドベンチャーバイクの中型車だと思います。

タンデムキャンプでも大活躍することでしょう。価格がやや高いのが気になります。

エンジン形式・排気量 水冷2気筒 248cc
パワー 33ps
シート高 815mm
車体重量 183kg
車体価格 70万4000円
おすすめ度 🌟🌟🌟🌟

あくまでも純正品の積載能力は、標準装備のサイドボックスの容量は記述なし

社外品で大型アルミトップボックスを装備して積載量を確保しましょう。

SUZUKI Vストローム 250 ABS

中型バイクのアドベンチャータイプで最も人気があるのは、このVストローム250

オフロード嗜好でない方や、初心者にも扱いやすいという点で万人受けしているのが

理由と思われます。高速走行がメインでなければ、ツーリングに適したバイクです。

キャンプツーリングにも当然最適です。

エンジン形式・排気量 水冷2気筒 248cc
パワー 24ps
シート高 800mm
車体重量 189kg
車体価格 61万3800円
おすすめ度 🌟🌟🌟🌟🌟

【純正の積載装備品】

あくまでも純正品装備の場合ですが、 トップボックス23L サイドケース左右で40L   合計63L

社外品でもっと大型(40L以上)のトップボックスにして

さらに、バッグを追加すればタンデムでもキャンプツーリングが可能だと思います。

HONDA レブル250

ここ数年、一番売れている250ccはこのレブル250

初心者でも安心、豊富な社外パーツもあり、どんなスタイルにもカスタム可能になっています。

キャンプツーリング仕様のカスタムも自由自在でしょう。

エンジン形式・排気量 水冷単気筒 249cc
パワー 24ps
シート高 690mm
車体重量 170kg
車体価格 59万9500円
おすすめ度 🌟🌟🌟🌟

【純正の積載装備品】

あくまでも純正品の場合ですが、サドルバッグ左右で24Lとリアキャリアのみ

レブルに合う社外品は豊富なので、積載量を増やしましょう。

大型リアバッグの上に防水バッグを重ねて装着すれば、キャンプツーリング用の装備が積めます。

HONDA GB350

オーソドックスなネイキッドタイプ。人気のGB350はノーマルなままで、

のんびりキャンプツーリングも似合います。

クラシカルなサイドバッグやリアバッグなどで渋く揃えたいですね。

エンジン形式・排気量 空冷単気筒 348cc
パワー 20ps
シート高 800mm
車体重量 180kg
車体価格 55万円
おすすめ度 🌟🌟🌟

【純正の積載装備品】

あくまでも純正品の装備ですが、リアキャリアと サイドバッグ左右で20L

これでは使えませんので、大型のサイドバッグや、シートバッグと防水バッグ

大容量タンクバッグで容量を確保しましょう。

YAMAHA SR400

SR400もスクランンブラー風にカスタムすれば、さらにキャンプツーリング

には使えるようになります。軽量なバイクですので、万能バイクです。

 

エンジン形式・排気量 空冷単気筒 399cc
パワー 24ps
シート高 790mm
車体重量 175kg
車体価格 60万5000円
おすすめ度 🌟🌟🌟

【純正の積載装備品】

社外品が豊富なSRを選んでおけば、積載については問題なく装備は整います。

スマートではないですが、こんな感じでもなんとかなります。

旧車風のSR400やGB350、W800などには、クラシカルなサイドバッグが似合います。

クラシック・旧車バイクに似合うおすすめサドル(サイド)バッグ15選クラシックテイストの旧車風バイクに似合うバッグの15選 おしゃれにカッコよくバイクを仕立てる...

 

【おすすめ度が高い】 キャンプツーリングに向いているバイク 【小型クラス】

125ccクラスには、アドベンチャータイプのバイクは存在しません。

●ある程度車格のあるタイプ
●工夫次第で荷物をたくさん積めること

この2つをクリアすれば、

125ccクラスでもキャンプツーリングは可能です。

おすすめの車種4種をご紹介します。

HONDA ハンターカブ CT125

サスペンションがオフでも不安なしのハンターカブは

ソロキャンプツーリング用バイクのトレンドかもしれません。

急がず、のんびり125ccで行くキャンプは格別ですよ。

大型リアキャリア付きなので、大型リアボックスが装着でき、積載能力はかなりのものです。

キャンプにハンターカブを選ぶ理由が分かりますね。

エンジン形式・排気量 空冷単気筒 124cc
パワー 8,8ps
シート高 800mm
車体重量 120kg
車体価格 44万円
おすすめ度 🌟🌟🌟🌟

【純正の積載装備品】

あくまでも純正品ですが、 リアボックス45L

社外品の大型角型アルミトップボックス(50L以上)のつけ、その上に大型防水バッグ

で、ハンターカブのキャンプ用積載能力を確保できます。

HONDA CB125R

125ccをキャンプツーリングに使うと発想は突飛でしょうか?

そんなことはないと思います。  車格の大きなタイプなら大きな荷物を

積んでも、バイクのバランスは保てます。CB125Rは車格は250ccの同じ

積載を工夫してキャンプツーリングに使いましょう。

むしろ、ハンターカブより、パワーもあり楽ちんなはず。

エンジン形式・排気量 水冷単気筒 124cc
パワー 15ps
シート高 815mm
車体重量 130kg
車体価格 47万3000円
おすすめ度 🌟🌟🌟🌟

【※ 社外品の積載装備品】

純正品で積載用品はありませんが、社外品では大型のトップケース(48L)と取り付けステーが20000円程で手に入リます。

ロングツーリングでなければ、タンデムキャンプだって可能だと思いますよ。

SUZUKI GSX125 S ABS

CB125R同様に車格の大型なGSX125S もキャンプツーリングには使えますよ。

社外品でトップケースが確保できれば、タンデムキャンンプも使えます。

 

エンジン形式・排気量 水冷単気筒 124cc
パワー 15ps
シート高 785mm
車体重量 133kg
車体価格 38万2800円
おすすめ度 🌟🌟🌟🌟

AJS  デザートスクランブラー125

AJS テンペストスクランブラー

AJSという英国のバイクメーカーは、オールドファンは知っているブランドですが、

近年、小型バイクで復活し、日本にも正規ルートで販売されています。

非常に特徴的なメーカーで、クラシカルなデザインはむしろ新鮮でおしゃれ。

エンジンはYAMAHA製エンジンを搭載し、故障などでのメンテナンス面の不安はありません。

一番のおすすめの理由は、車格が250cc並な大きさである点と、

軽さ、とバイクの仕様(タイヤもオフロードを走れるキャラメルタイヤ)

そして、外車なのに日本車よりもリーズナブルな価格設定と言う点。

これは、キャンプツーリングに使えます。

エンジン形式・排気量 空冷単気筒 124cc
パワー 7,4kw
シート高 780mm
車体重量 未発表(推定110kg)
車体価格 36万〜39万円
おすすめ度 🌟🌟🌟🌟

 

【純正の積載装備品】

純正品ではリアキャリアがあります。

これがあれば、社外品のトップボックスが装着可能です。

私なら、大型アルミ製トップボックス(50Lクラス)を装着し、サイドバッグや
タンクバッグなどで積載容量を確保して、タンデムキャンプツーリングに使います。

幅広ハンドルでブロックタイヤ、まさにキャンプツーリング向き

AJSにはキャンプ向きには2タイプあり、

アップマフラー仕様のデザートスクランブラー

テンペストスクランブラーがあります。

 

解説・試乗動画があります。↓↓

AJS公式サイトもチェックしてみてください。

 

●お近くに販売店がない場合。YAHOOで買うことができますよ↓↓↓

AJS テンペスト スクランブラー125

\画像から販売サイトに行く(YAHOO)/

AJA デザートスクランブラー125の詳細を見てみてください。

【購入者の口コミ YAHOO】

本日、商品到着しました。連絡、梱包、発送など迅速、丁寧な対応有難う御座いました。

迅速な対応ありがとうございます。また購入の際には宜しくお願い致します。

キャンプツーリング対策 積載の装備について【車種別】

キャンプ用の装備を積むための積載について

車種別の対策を書いて行きます。積載の基本形です。

●アドベンチャーバイク →アルミトップケース・サイドボックス

●オフロードバイク → トップケース・シートバッグ

●ネイキッド → サイドバッグ・トップケース・シートバッグ・パニアケース

●アメリカンクルーザー → サドルバッグ・シートバッグ

キャンプ道具のことを考えると、合計で100Lくらいの積載ができる装備を
固定式のバックで確保できると安心です。

足らない場合は、 大型の防水バッグをシートバッグと合わせて
バイクに固定すれば、可能です。

アドベンチャーバイクの積載

アルミタイプのトップケースとサイドボックスを装備すれば最強になります。

積載量は120L確保することも可能です。

リアシートも空くためタンデムツーリングも快適にこなせるでしょう。

ネイキッドバイク・オフロードバイクの積載

ネイキッドバイクはシートバッグに加えサイドバッグやシートバッグ
全てつければなんとかなりますが、

タンデムツーリングを考えた場合。

シートバッグの代わりにトップケースと大容量のタンクバッグは欲しいところです。

オフロードバイクは、タンデムツーリングには不向きです。

【関連記事】 大容量タンクバッグ・大容量シートバッグ・トップケース(リアボックス・サイドバッグ)の記事(商品紹介あり)

タンクバッグ はダサい?ツーリングに必要な最強グッズ おすすめ10選バイクのタンクバッグはダサくはない機能的な最強ツーリングアイテムです。 機能面の充実したおしゃれな万能バッグを選びましょう。 厳選10選 ランキングあり...
ツーリングに1つで無敵  おすすめ大容量シートバッグ比較5選キャンプツーリングやロングツーリングに欲しい大容量シートバッグ は、手軽さと機能面でも無敵で万能なものを選ぶべき。 一つあればバッグ選びに迷わずに済みます。 おすすめ5製品を比較しました。...
バイクの荷物をどうする? おすすめのGIVIのリアボックス徹底比較バイクの荷物が多い場合、リアボックスを考えましょう。GIVIがやはりおすすめです。どう選ぶ?モノキー・モノロックの違いは?おすすめ品の紹介...
サイドバッグが欲しい 車種別に適したカッコいいおすすめ品と注意点サイドバッグは、キャンプやロングツーリングに使える積載方法です。 バイクに適したカッコいいおすすめ20品と選ぶ際の注意点を解説...

アメリカンクルーザーバイクの積載

アメリカンクルーザーのバッグの定番、サドルバッグは左右で最大50L程度

シートバッグも大容量にすれば、100Lも可能です。

タンデムツーリングの場合、シーシーバーをうまく活用すれば
なんとかなります。

【関連記事】サイドバッグ(サドルバッグ)の記事(商品紹介あり)

クラシック・旧車バイクに似合うおすすめサドル(サイド)バッグ15選クラシックテイストの旧車風バイクに似合うバッグの15選 おしゃれにカッコよくバイクを仕立てる...

 

【関連項目】キャンプ道具は、どんなものが必要か?

参考までに、最低限必要な、キャンプ用グッズをリストアップしておきます。

必要なアイテムは、テント等含めて10種です。

なるべくコンパクトなものを選んでいく必要があるのですが、荷物は必然的に多くなります。 積載については神経を使いましょう。

①テント
②グランドシート
③シュラフ(寝袋)
④マットやコット
⑤ランタン(照明器具)
⑥バーナー
⑦クッカー(調理器具)
⑧焚き火台
⑨テーブル
⑩チェア

 

詳しく解説した記事があります。参考になりますよ。

【参考記事】キャンプツーリングの持ち物・積載 初心者でも軽量化できる方法

キャンプツーリングの持ち物 初心者でもわかる積載や道具の軽量化グッズキャンプツーリングの持ち物 初心者でもできる積載や道具の軽量化 始め方とキャンプとツーリング用品の有効活用...

【関連記事】 キャンプツーリングの道具一式について

バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...

キャンプツーリングの肝は積載方法の賢い選択

社外品を賢く選ぶのがコツ
荷物を積むための固定式バイク専用バッグで、全ての装備が積めることが理想です。

荷物の付け外しのことを考えると、できるだけ、シンプルにまとめたいですね。

車種によって付けられるバッグが限定される場合がありますし、バック自体の価格も
高額のものがあります。

メーカー純正品を参考までに載せましたが、社外品の方が、大容量でリーズナブルな製品が揃っています。(車種にもよりますが)

よく調べれて検討することをおすすめいたします。

【参考記事】キャンプツーリングの積載

キャンプツーリングの積載 効率良い5つの方法【ソロキャンプ編】キャンプツーリングの積載 効率よく荷物を積む工夫と方法を考える【ソロキャンプ編】...

 

amazon楽天で見つけることができますよ。

賢い選択をして、バイクのライディングの妨げにならない方法を模索して行きましょう。

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

キャンプツーリングに向いているおすすめバイク【小型〜大型24種】  まとめ

まとめ

●キャンプツーリングに向いているバイク4タイプとその理由

アドベンチャーバイクがやはり最適だが、

車種を選べばなんとかなる。

●大型から小型までのおすすめ車種24種の紹介

●積載を車種別に工夫するヒント

100Lは積めるように積載方法を考えよう。

●(補足説明)キャンプに最低限必要なグッズ

●車種に合う社外品を上手に活用して積載量を確保しよう。

以上の内容でした。

老ライダー
老ライダー

最後までお読みいただきありがとうございます♪

あなたのキャンプツーリングに最適なバイクは見つかりましたか?

賢くバイクを選んで快適にキャンプツーリングを楽しみましょう。♪

【関連記事】キャンプツーリングの記事

\キャンプツーリングの記事一覧/
キャンプツーリングINDEX

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET 欲しいバイクを探す【登録無料】/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテムです。 インナープロテクターは、おしゃれでダサくならないバイクのファッションの幅広がる最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込むおしゃれなバイクには、レトロでカジュアルなセンスあるアイテムを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種は必要 これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめバイクランキング8選 初心者向け250ccの徹底比較バイク初心者むけのおすすめ国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...

キャンプツーリング

>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める場合のおすすめの方法と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
キャンプツーリングの持ち物 使える便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイクを選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイク買取のコツ 高く売る方法と買取交渉について【体験談】バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?口コミから考える買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクの保管について...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックは必要バイクの盗難は2度と経験したくない。 最強のバイクロックと対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告) 二郎系ラーメンの宅配

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です