オートバイライフ

キャンプツーリングの持ち物リスト コンパクトに上手に積んで快適キャンプ

バイクで野や山に行って自由を満喫できるキャンプツーリング

キャンプ泊を始めるにあたって必要な持ち物や積載の工夫について

これから始める初心者向け情報をお伝えいたします。

持ち物として、キャンプ道具を積むためのバッグ類と、
バイクに使えるコンパクトなキャンプ用品について解説しています。

 

上手に積載方法を整えて、バイクに積める必要な持ち物を考えていきましょう。

その記事を読むことで以下のことがわかります。

●バイクにキャンプ道具を積む効果的な方法

●必要なキャンプ用品の選び方

●持ち物をコンパクトにする工夫

キャンプツーリングを始める場合に注意するポイントは2点


キャンプツーリングの場合、注意するポイントは2つあります。

●積載グッズを駆使して、快適なライディングを確保する。

●キャンプグッズは便利で必要な持ち物をなるべく軽量・コンパクトに揃える。

この2点だけです。

積載方法を検討してライディングしやすくすること

ただ、バイクにテントや寝袋をくくりつけるということではありません。

荷物の、取り付け、取り外しが合理的にできる積載方法

欲を言えば、キャンプサイトに持ち込んでキャンプグッズとしても

使える合理性のあるグッズを検討するということ。

必要最小限に持ち物を準備する 軽量・コンパクトに厳選する

キャンプは人気のアクティビティーです。

山ほど、星の数ほどキャンプ用品があります。

基本的にキャンプ用品は、登山用に開発された軽量でコンパクトなものが多いのですが、

バイクに積んで運ぶことを考えると、

その中でも使いやすくてかさばらない便利な道具を揃える必要があります。

バイクには、車のように荷物を積めるわけではないですから。

キャンプ用の持ち物を合理的に積む方法


合理的に積めること 先ほども書きましたが、荷物の積み下ろしって結構

めんどくさいですよね。いくつもバッグがあるとバイクから外して持ち運びも大変。

また、リアシートにたくさん荷物を満載すると、ライディングが窮屈で大変。

合理的に考えるしっかりとした積載グッズ

荷物をバイクに合理的に積むには、

●大型シートバッグ

●リアボックス(トップケース)

●サイドバッグ(サドルバッグ)

●大型防水バッグ

●大容量タンクバッグ

シートバッグは基本ですが、荷物の多い場合、リアボックスサイドバッグ
積載容量を増やすのが一番です。

特におすすめの方法は、金属製の角型リアボックスです。
(キャンプでのテーブル代わりに使えて便利ですよ。)

具体的な積載用グッズと注意点

各積載グッズについて選び方とおすすめ品をあげていきます。

全て用意する必要はありません。

自分の好みのにあったグッズで
合計で100Lを目安に積載を確保すれが良いのです。

●注意点として、 なるべくバイクの中心に近い部分と、低い位置で容量を

確保すること、左右のバランスを均等に保つことです。

後ばかりや高い位置に重いものばかり積むのは、ライディングシズらく、ライディングに悪影響が出ます。

大容量確保にはシートバッグが基本

一番手軽なベーシックな方法は、リアシートに載せること。

各バイク用品メーカーから、大容量のキャンプ向けシートバッグが発売されています。

横から荷物が出し入れできたり、他のバッグと連結しやすく工夫がされていたり、
キャンプ用品も収納できてしまう大型のものがあり機能的で人気があります。

まずは、これが基本です。 50L以上の容量のものがあります。

まずは、シートバッグを準備しましょう。

 

【参考記事】人気の大容量シートバッグの比較記事

ツーリングに1つで無敵  おすすめ大容量シートバッグ比較5選キャンプツーリングやロングツーリングに欲しい大容量シートバッグ は、手軽さと機能面でも無敵で万能なものを選ぶべき。 一つあればバッグ選びに迷わずに済みます。 おすすめ5製品を比較しました。...

リアボックス(トップケース)も検討する

バイクのリア部分の後ろ、そして、高い位置に設置する方法で、

バランスや見た目の問題がリアボックスにはありますが、確実に持ち物を守ってくれる優れた積載グッズです。

リアボックスの大きさはさまざまです。形も様々ですが、キャンプ用として使うなら、

おすすめはアドベンチャーバイクによく使われている、アルミ製の角型タイプの大容量タイプはおすすめです。

理由は、

角型は、上に荷物を乗せても安定します。

取り外して、キャンプにテーブル代わりで使えるのでおすすめです。

アドベンチャーバイク専用と考えなくても検討の余地はあります。

大容量の50Lクラスのものがあります。

【参考記事】 リアボックスの選び方(商品紹介あり)

バイクのリアボックスどう選ぶ?容量別12選 取り付け方と選び方 バイクのリアボックスは一度使うと手放せなくなるほど快適なツーリンググッズです。 容量別のおすすめ品と取り付け方と選び方がわかります。12選...

サイドバッグ(サドルバッグ)はおすすめ


サイドバッグは、ライディングの妨げにならないデットスペースに荷物が積めるため
合理的な方法です。

また、低重心でライディングに影響があまりない点、大容量を

確保できるため、良い方法です。

固定式の樹脂製のものは価格も高く、中身を取り出して持ち運ばないといけませんが、

簡単にバッグごと取り外せるものがあり、便利です。

左右振り分け式は容量が40Lクラスのものもあります。

アメリカンクルーザータイプのバイクには見た目の良い商品が多く、必須ですね。

スポーツバイクにも似合う、取り外しでき、持ち運びができるのが最も便利。

しかも、巻き込み防止のステー不要のもののあり、

バイクの雰囲気が”旅バイク風”になりカッコよくなりものもあります。

あまり、大型のものを小型バイクに取り付けると、横幅が増え、渋滞時のすり抜けが

できなくなる場合があるので注意が必要です。

 

かっこいいサイドバック(サドルバッグ)を取り上げた記事があります。

バッグ選びの参考になりますよ(紹介商品あり)

チェックしてみてください。

【参考記事】かっこいいサイドバッグの記事

サイドバッグが欲しい 車種別に適したカッコいいおすすめ品と注意点サイドバッグは、キャンプやロングツーリングに使える積載方法です。 バイクに適したカッコいいおすすめ20品と選ぶ際の注意点を解説...

防水バッグ


防水バッグはターポリンを使用した100%防水の強度のある素材のバッグがおすすめです。

バッグに入らない大きな荷物(テントやシュラフなど)を雨から守れます。

補助的にシュラフやマットなどの軽いものを、大型シートバッグなどに乗せてしまうバッグとして、最適です。

50L 以上入る大容量タイプもあります。

その他の積載グッズ 大容量タンクバッグ・ツールバッグ


少しでも、荷物を積みやすくする工夫を考えると、

全て荷物をライダーの後ろに載せるのではなく、

バイクの重量バランスを考えて、前の方にも積みたいところ。

タンクバッグを大容量(25Lクラス)にしたり、

大きめなツールバッグに、重くて小さいものを入れるなど工夫する余地はあります。

 

タンクバッグの大容量タイプは便利なので、集めた記事があります。

【参考記事】大容量タンクバッグについて(商品紹介あり)

タンクバッグ はダサい?ツーリングに必要な最強グッズ おすすめ10選バイクのタンクバッグはダサくはない機能的な最強ツーリングアイテムです。 機能面の充実したおしゃれな万能バッグを選びましょう。 厳選10選 ランキングあり...

バイクでキャンプ泊ができる持ち物 軽量・コンパクトな道具

キャンプツーリングの持ち物は軽量・コンパクトなもので揃える
アウトドア製品の中でも、登山用のものが、軽量・コンパクトなものが多いので、

最低限必要なものをリストアップしてご紹介していきます。

●寝るだけ最低限の5アイテム

●快適に過ごすための厳選グッズ

軽量化とコンパクトな持ち物 寝るだけの最低限5アイテム

●テント

●グランドシート

●寝袋(シュラフ)

●マットやコット

●ランタン(照明器具)

これが最低限、寝られる、寝るだけに必要な持ち物5アイテムです。

これだけあれば、キャンプ場でも宿泊が快適にできます。

最低限必要な持ち物リスト 5アイテム

最低限のキャンプ用品、必要な持ち物5アイテムについて簡単に解説していきます。

詳細な内容や、具体的な商品については、【参考記事】でよくわかると思います。

(必要な場合は、リンクをみてください。)商品紹介もあります。

コンパクトなテント


テントを選ぶ場合、重要なのは 畳んだ時のサイズと重量です。

畳んでも長さが、60cm以上あるテントは、バイクには積みづらいですよ。(横幅の問題で)

重さも、考えて選ばないといけません。軽いものは2kgほど、
同じようなテントでも10kg近くあるものもあります。

組み立てが簡単な自立型のドームテントがおすすめです。

できれば、軽くてテント内スペースが、

2人用の余裕あるサイズのテントが荷物などが置けて快適ですよ。

価格の目安としては、2万円以上のものがおすすめです。

1万円以下のテントもありますが、品質面や雨に弱い(雨漏り)の心配があります。

バイクに積める前提で選んだテントの記事が参考になりますよ。

(商品紹介もあります)

 

【参考記事】 キャンプツーリングの軽量・コンパクトなテントのおすすめ品

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント11種の紹介...

グランドシート


キャンプ場で清潔に快適に過ごすには、グランドシートは必須です。

ピクニック用のシートでも問題はありませんが、テント入り口付近に敷いたり、

バイクのカバーの代用品として使えたり、

タープ代わりに、日よけや雨よけに使えたり、

用意して置いて損はないものです。

高額なものは必要ありませんが、アウトドア風のカラーのものを選ぶと違和感がなくて良いですよ。

寝袋(シュラフ)


寝袋(シュラフ)は快適な睡眠のためのマストアイテムです。

季節によっては本格的なものは必要ありませんが、軽量・コンパクトなものを
選びましょう。

(つまり、夏用とその他の季節では違います)

 

バイクに積めるコンパクトな寝袋(シュラフ)を紹介した記事があります。

コンパクトに畳める寝袋を選んでいます。

チェックしてみてください。

【参考記事】キャンプツーリングの寝袋(シュラフ)の選び方(商品紹介あり)

バイクキャンプの寝袋15選 軽くてコンパクトでコスパ良く選択キャンプツーリングでの寝袋選びはコンパクトなものを選ぶ。季節を考えて適したコスパの良い厳選15選 これが賢い選択...

マットやコット(簡易ベッド)


キャンプ場では地面に直接寝ることになります。

地面が平坦でない場合や、直接地面からの温度に影響さえない方が、快適に眠ることができます。

寝袋だけでない、快適睡眠のための必須グッズが、マットやコットです。
(コット = 簡易布製ベッド)

手軽なのは、折り畳み式のソフトなマットです。

コットは快適ですが、畳んでコンパクトではなく、
価格も手軽ではありません。  アウトドア専用マットが一番です。

手軽な2000円程度のものもありますが、長く使える良いものがおすすめです。

ランタン(照明器具)


電気のない野外での宿泊には、ランタン(照明器具)が必要です。

初めてならば、電池式のテント内用と、トイレなどで野外を歩くために携帯型
の両方があったほうが快適です。

懐中電灯とは違い、広い範囲を明るく照らすことができます。

照明器具は小型で高性能ののものもありますが、まずはアウトドア用の小さくて手軽なもので良いと思います。

キャンプを快適に楽しむために必要な持ち物 5アイテム

キャンプに行って、寝るだけの持ち物は、上記の5アイテムでできますが、

キャンプならではの楽しさも考えたいですよね。

料理を作ったり、焚き火をしたり  キャンプならではの楽しみです。

必要なものをリストアップしていきます。

あると快適 キャンプならではの便利な基本グッズ5アイテム

アウトドア料理(キャンプ飯)は本格的なものでなくても
楽しいものです。自分流のキャンプ飯を楽しむのは
キャンプ特有の楽しさです。

焚き火を使って料理を作る、焚き火を見つめているだけでも

楽しいものです。 そしてコンパクトな道具でくつろぐのです。

キャンプを快適にする、楽しむ持ち物リスト

●バーナー(ガスバーナー)

●クッカー(調理器具と食器)

●焚き火台

●キャンプ用テーブル

●キャンプ用チェア(椅子)

これだけ(5アイテム)のキャンプ専用品があれば、

料理をして、食事をして、焚き火を楽しむ

そして快適に過ごすことが実現します。

一つずつ簡単に説明したします。

 

また、【参考記事】もあります。必要な場合、チェックしてみてください。

いすれも、キャンプツーリングを前提に考えた記事ですよ。

最適な商品を探せると思います。

コンパクトなバーナー


コーヒーを飲むためにお湯を沸かす。 ラーメンを作る。

手軽にサッとできるのが、バーナーです。

最も手軽で小さく畳んで持ち運べるバーナーが一つあると便利です。

手軽な価格で特に、家庭用のガスボンベが使えるものが人気でおすすめです。

 

【参考記事】 キャンプツーリングに使えるおすすめバーナー

キャンプツーリングのバーナー 使える12選 一台選んで自分だけのキャンプ飯キャンプツーリングに最適なバーナー12選 目的別にガスバーナーを選んでキャンプ飯を楽しむ...

コンパクトなクッカー(調理道具)


鍋・フライパン・食器・鍋ぶたの機能を兼用した、スタックできるキャンプ用のクッカー

アルミ・ステンレス・チタンなど様々な素材製のものがあります。

1人〜2人で使えるコンパクトで軽量なクッカーを準備しましょう。

セットになっている手軽なもので良いと思います。

あれもこれもは必要ないのです。

キャンプのクッカーは、セットがおすすめという記事があります。

コンパクトなものがチョイスできます。

【参考記事】 軽量・コンパクトなクッカーセットのおすすめ品

キャンプツーリングのクッカーのおすすめ6選 セットが気楽で快適キャンプツーリングのクッカーはセットで揃えるのが最適 おすすめ6選(バウルーも紹介)...

コンパクトな焚き火台(ウッドストーブ)


焚き火には不思議な魅力があります。

癒し効果や、なんといってもすぐ暗くなる野外での、

くつろぎの時間や暇つぶしができて、料理(キャンプ飯)も作れます。

また、ストーブとして暖をとることや、夏場などは、煙で防虫効果もあります。

キャンプで焚き火はやらない手はありませんね。

 

焚き火台があれば、どこでも、自分のテントの近くで安全に焚き火が楽しめます。

こんなに手軽で便利なの?と思える製品が多数あります。

小さく折り畳めて、使いやすいのです。。ぜひ準備して欲しいアイテムです。

キャンプ場によっては、ルールの厳しい場所がありますが、

焚き火台があれば楽しめますよ。

 

焚き火台について詳しく書いた記事もあります。 商品紹介もあります。

【参考記事】バイクキャンプに最適な焚き火台13選

ソロキャンプに最強の焚き火台13選 コスパ良く目的別に選ぶソロキャンプに最強のコンパクトな焚き火台13選 目的別コスパの良いおすすめ品 ...

コンパクトなテーブル


キャンプにテーブルは必要? バイクに積めるの?と思いますが、

バイク積める小さなって軽量で快適に使えるテーブルがあるのです。

補助的(作業台)として使えるローテーブルから、

椅子とセットでくつろげるコンパクトサイズのテーブルがバイク用には適しています。

有ると無いとでは、快適さが全然違います。

バイクに積めるのですから、軽量なものを選んでおきましょう。

 

荷物にはならない、コンパクトなものを選んだ記事が参考になりますよ。

 

【参考記事】 バイクに積めるコンパクトなテーブル14選(商品紹介あり)

キャンプツーリングのテーブルはチェアとの相性で選ぶ おすすめ14選キャンプツーリングのテーブルのおすすめ14選 椅子との相性を考えてコンパクトなタイプを選ぶ ...

コンパクトなチェア(椅子)


キャンプ用チェア(椅子)もコンパクトで優秀なものがあるんです。

簡易タイプではなく、背もたれもあってくつろげて、小さく畳めて軽量なもの

バイクに積むことも可能なものがあります。

有名メーカーとして”HELINOX”というブランドがありますが、

基本的に、キャンプ用椅子のデザインの見本のような存在で、似たタイプの椅子が
キャンプ用には人気です。

【参考記事】をチェックしてみてください。手軽なものですよ。

”HELONOX”等を取り上げたキャンプ用椅子の記事です。

背もたれがついて重さがわずか450gなんて椅子もあるのです。

 

【参考記事】バイクに積めるキャンプ用椅子10選

バイクキャンプの椅子のおすすめ10選 くつろげるチェアの選び方バイクキャンプの椅子選びは寛ぐための重要アイテムです。バイクに積めるおすすめの10アイテムとくつろげる椅子の選び方と注意点を解説...

キャンプ場で過ごす服装について

溶接用のウエアはキャンプの焚き火用に使える
バイクウエアは、保温性に優れているものが多く、

防寒に関してはあまり野外での宿泊で心配になることはありません。

バイクウエアでもカジュアルなものでは、そのままアウトドアシーンにも違和感がないものもあります。

ただし、バイクウエアは化学繊維製のものが多く、火に弱いという特性もあります。

焚き火などをする場合、火の粉が飛んでウエアに穴が開くこともあるんです。

綿シャツなどを着ていれば問題ないのですが、 ウエアの上からは着れません。

アウトドア用では良いものがありますが、高額なものが多いですね。

アウトドア用ブランドでなくても、

溶接などの作業用の火に強いヤッケタイプがあると

バイクウエアも隠せてアウトドアでの違和感がなくなりますね。

また野外では、汚れても良いウエアも必要です。(バイクウエアは汚したくないですね)

リーズナブルな価格なので、重宝するはずです。

ウエアとしてアウトドア用を用意するより手軽な方法です。

 

◆(おすすめ品)【焚き火用】アウトドアでも使える溶接作業用ヤッケ

持ち物をコンパクトに圧縮できるものもある

コンパクトなキャンプ用品ですが、シュラフや衣類などは、さらにコンパクトに
してバイクに積んでしまう方法もあるんです。

コンプレッションバッグです。

これは、優れもので、 シュラフ(寝袋)などは半分以下の大きさにできるものもあります。

衣類圧縮袋でも良いのですが、この製品が一番信頼性の高いアウトドアグッズです。

キャンプ場で快適に過ごすにはキャンプ場選びや時期も大切


キャンプ初心者は、始めは、キャンプ場に宿泊する、

予約しておくことが慣れないうちはおすすめです。

時期についてですが、ソロキャンプを始める場合、

夏休みお盆、GWなどのシーズンは、家族連れやグループ客がキャンプ場にはたくさん集まってきます。

ソロで始める場合、そんな季節以外で、人の少ない時期に始める方が、

1人の時間を満喫でき、抵抗がないと思います。

 

キャンプ場には、

バイクをテントサイトに置ける

バイクは駐車場にしか置けない

という2つの場合があります。

愛車は守りたいですよね。
(バイクの保管や盗難、いたずらに心配です)事前に確認しておきましょう。

できれば、バイクを自分のテントのそばに置いておきたいところ

荷物を持って移動する必要もないため断然快適です。

バイクをテントサイトに置けるキャンプ場を選びましょう。

画像のように、バイクを利用してシートで天幕のようにすることも可能です。

そんなキャンプ場が知りたい場合↓↓↓

【バイクをテントサイトに置けるキャンプ場 検索サイト】

なっぷという全国のキャンプツーリングに使えるキャンプ場が検索できます。

全国の情報を見ることができます。予約の際に役に立ちますよ。

初めてなら日帰りでもキャンプ気分を味わってみよう ラーツー

の帰りでキャンンプ気分 ラーメンツーリング

キャンプツーリング気分を日帰りで楽しんでいるライダーは多いです。

日帰りでも、料理を作って、居場所を作ってくつろぐだけでも

キャンプツーリングになります。

ラーメンツーリング(ラーツー)です。

気に入った場所で簡単で、暖かい手軽なインスタントラーメンやコーヒーを

楽しむ。

まずはこんな楽しみだってキャンプツーリングの始まりです。

 

【参考記事】ラーメンツーリング(ラーツー)の始め方

バイクでラーツー おすすめの小道具たちでツーリングを楽しむバイクでラーツー(ラーメンツーリング)を手軽に始められる小道具を紹介 日帰りでも手軽に簡単に料理が楽しめる必要なグッズ...

必要な持ち物の予算と持ち物リスト

キャンプツーリング用のキャンプ用品10アイテム

(最低限・寝るだけ5アイテム・楽しむアイテム5アイテム

キャンプ用品を揃えるのに、

予算的にどうなのか?まとめてみました。

以下のリストで確認できますよ。

テント 10000円〜20000円
②グランドシート 2000円〜
シュラフ(寝袋 2000円(ブランケットで代用)
④マット・コット 2000円〜
⑤ランタン 2000円〜
①〜⑤小計 18000円〜
バーナー 5000円〜
クッカー 〜5000円
焚き火台 5000円〜
テーブル 3000円〜
チェア(椅子) 4000円〜
①〜⑩合計 40000円〜

グッズの選び方で予算は変動しますが、最低限を考えると

10種で40000円程度で揃えることができます。
(しっかりしたテントを選べば、50000円程度)

 

●その他必要なものチェックリスト

チェックリスト ●箸やスプーン(カトラリー)

●キッチンペーパー(トイレットペーパー)

●水入れ(ウォータージャグ)

ナイフ

●調理料や油

●ゴミ袋

●着火剤・ライター

●焚き火用シート

(●クーラーバッグ

準備するときに備忘録としてお考えいただければ良いと思います。

キャンプツーリングの持ち物リスト コンパクトに上手に積んで快適キャンプ まとめ

この記事のまとめ

●キャンプツーリングの準備 注意点2つ

○バイクの各種おすすめの積載方法
○コンパクトなキャンプ道具を選ぶ

●キャンプ道具(最低限)持ち物はアイテム
○テント
○グランドシート
○寝袋(シュラフ)
○シートやコット
○ランタン(照明器具)

●キャンプを楽しむ持ち物はアイテム
○バーナー
○クッカー
○焚き火台
○テーブル
○チェア(椅子)

●キャンプの服装について
火の粉対策品の紹介

●持ち物をさらにコンパクトにするアイテム

●キャンプ場選びや始める時期について
バイクをサイトにおけるキャンプ場や季節について

●日帰りのラーツーも楽しい

●キャンプ道具の予算・持ち物リスト
予算は5万円以内で可能

以上の内容でした。

老ライダー
老ライダー

最後までお読みいただきありがとうございます♪

キャンプのための持ち物を上手に選んで積んで

快適にキャンプツーリングを楽しみましょう♪

【関連記事】

キャンプツーリング記事INDEX

\キャンプツーリングの記事一覧/
キャンプツーリングINDEX

【関連記事】

バイク用品の記事をチェック

\バイク用品についての記事をチェック/
バイク用品INDEX

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET 欲しいバイクを探す【登録無料】/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込む大人のバイクには、レトロでカジュアルなセンスある大人のバイクファッションを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種のおすすめ これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめ250ccバイクランキング8選 初心者向けを徹底比較バイク初心者におすすめの国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...

キャンプツーリング

>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
キャンプツーリングの持ち物 使える便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイク買取のコツ 高く売る方法と買取交渉について【体験談】バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?口コミから考える買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクのアパートでの保管について解説...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックは必要バイクの盗難は2度と経験したくない。 最強のバイクロックと対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告) 二郎系ラーメンの宅配

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です