キャンプツーリング

キャンプツーリングは寝るだけじゃつまらない。焚き火や酒・キャンプ飯

キャンプツーリングは、宿泊には最も安上がりな方法なので始めたい方も多いでしょう。

バイク歴が長くても、キャンプのこと、道具のことを知らないと、何を揃えて良いのか迷いますよね。

 

また、せっかくキャンプするなら何をしたら楽しいかも気になります。

バイクは荷物をたくさん積めないので、キャンプ道具に何が最低限必要か

考える必要があるし。

悩めるライダー
悩めるライダー

ツーリングでキャンプ場に泊まれば安上がりだから、始めたいけど何揃えれば良い?

キャンプ場で何すれば楽しい?

老ライダー
老ライダー

キャンプツーリングは、お金のかからない手軽なツーリングの楽しみ方なんです。

最低限必要なものと、楽しむためのヒントをお話しします♪

 

この記事は、キャンプツーリングを始める方法と、楽しみ方のヒントを書いていきます。

この記事はこんな方向け

●キャンプツーリングをするのに必要な最低限のものが知りたい

●キャンプでの楽しみ方を知りたい

●キャンプでできることを知りたい

単なる宿泊代節約なら快適に寝られる装備だけあれば良い

日帰りではない、宿泊を前提に考えたツーリングにキャンプを取り入れる場合、

通常の荷物以外にキャンプ用の荷物が増えるわけですから、
合理的に最低限必要なことを考えていきましょう。

最も重要なことは、 まずバイクの積載です。

次に、最低限必要なキャンプ用アイテムです。

快適なライディングのための準備する積載

テントなどのキャンプ用品を合理的に積むことを考えて
積載するバッグを大型にする、あるい追加する必要があります。

荷物が増えてもライディングが快適にできる、安心できる積み方が必要です。

走りながら、積んだ荷物が邪魔になるとか、脱落の心配をしながら走るのでは、
快適なツーリングができません。

積載量を増やしましょう。

バイクの車種にもよりますが、手っ取り早く積載を増やす方法は、

リアボックス(トップケース)サイドバッグです。

プラス50L(合計100L)の積載を無理なく確保しましょう。

これが最も簡単な方法です。
それなりの出費が必要ですが、疲れず無理のない方法です。

100Lと言ってもピンとこないかもしれません。

【関連記事】ツーリングのバイクの積載についての記事
に詳しく書いてあります。

リアボックスの記事

バイクのリアボックスどう選ぶ?容量別12選 取り付け方と選び方 バイクのリアボックスは一度使うと手放せなくなるほど快適なツーリンググッズです。 容量別のおすすめ品と取り付け方と選び方がわかります。12選...

サイドバッグの記事

サイドバッグが欲しい 車種別に適したカッコいいおすすめ品と注意点サイドバッグは、キャンプやロングツーリングに使える積載方法です。 バイクに適したカッコいいおすすめ20品と選ぶ際の注意点を解説...

積載全般の記事

キャンプツーリングの積載 効率良い5つの方法【ソロキャンプ編】キャンプツーリングの積載 効率よく荷物を積む工夫と方法を考える【ソロキャンプ編】...

 

快適に寝られるために準備するもの キャンプ用品

キャンプ場で宿泊するために必要なことは、

ちゃんと寝られることです。

寝るだけアイテムとして 点を挙げておきます。

食事は、そのまま食べられるものを持参すれば問題ないのですから。

最低限必要なキャンプ道具は5アイテム アイテムリスト

最低限必要なものは 5アイテムです。

①テント
②マット
③グランドシート
④シュラフ(寝袋)
⑤ランタン類(照明器具)

テントは、1人用の寝るだけテントなら10000円以下のものもあります。

ただし、雨の場合も考えて置く必要があります。 テントによって雨でも安心のテントは、価格に反映すると言って良いと思います。

つまり、10,000円以下のテントと20,000円のテントなら、20,000円のテントの方が雨に強いテントです。

1人用テントは寝るだけ仕様のコンパクトなものがありますが、2〜3人用の
軽量でコンパクトに畳めるテントがおすすめです。

荷物置き場やテント内が広い方が断然快適です。
(テント選びについての記事で詳しく解説しています。)

【関連記事】バイクツーリングのテントの選び方

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める場合のおすすめの方法と、バイク用に最適なテント11種の紹介...

 

マットは、 平坦とは限らないキャンプ場での睡眠には、必須です。

地面の熱も遮断してくれます。折り畳み式の手軽なものがあります。

 

グランドシートは、地面に敷く防水シートです。
以下のことに役に立つため、必須です。

●テント周りを清潔に保てる(ピクニックにもシートを使うように)

●雨の時の雨よけとして使える

バイクカバーとして使える

 

 

シュラフ(寝袋)は、季節によって選び方が違います。

夏場であれば、野外や山間部でも、さほど高性能のものは必要ありません。
(夏場は暑くて不要です)

羽毛製のものは小さく折り畳めますが、高価なものが多く、
化学繊維製のものは、安いのですが、かさばります。

最低気温が、10°c程度の季節では、コンパクトな災害用ブランケットでも代用できます。

夏以外の季節にもキャンプしたくなったら、寝袋を考えるで良いと思います。

 

【関連記事】キャンプツーリングに適したコンパクトな寝袋(商品紹介あり)

バイクキャンプの寝袋15選 軽くてコンパクトでコスパ良く選択キャンプツーリングでの寝袋選びはコンパクトなものを選ぶ。季節を考えて適したコスパの良い厳選15選 これが賢い選択...

 

ランタン(照明器具
寝るだけと言っても、夜間トイレに行ったり、

テント内で過ごす場合、照明器具は必要です。

電気式の簡単なもので良いのでテント内用と、野外用に用意したほうが快適です。

 

【●おすすめの手軽なアイテム】

マットシュラフ(寝袋)代用品ランタン(照明器具)

 

 


以上の5アイテムが最低限必要な寝るだけグッズです。

●キャンプ用に必要なものを、詳しく解説している記事があります。

参考になるはずです(商品紹介あり)

【関連記事】キャンプ道具一式や選び方や予算についての記事

バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
バイクでソロキャンプの始め方 予算5万円で始める道具セットバイクでソロキャンプを始めよう。 ゼロからわかる初心者向けソロキャンプグッズ...

寝る以外にキャンプでできる楽しみは、キャンプ飯と焚き火

キャンプ飯はキャンプの醍醐味
今までは、とりあえず寝るだけに必要なキャンプグッズを紹介してきましたが、キャンプ場での楽しみ方について考えていきましょう。

キャンプでの楽しみは

●キャンプ飯
●焚き火を楽しむ

この2点がキャンプ場で楽しめることです。

せっかく、野外で過ごすわけですから、アウトドアライフを楽しみましょう。

料理といっても、本格的なものでなくても十分楽しめます。

インスタントラーメンを作る、調理済み食品を温める、缶詰を使って料理をする。

つまり、手軽なキャンプ飯です。  これだけでも、アウトドアライフです。

必要なものは、調理器具(クッカー)バーナー類(熱源)です。

酒とキャンプ飯という楽しみ

キャンプ飯に決まりはありません。

お酒のつまみを自分の好きなもので作って食べる。これで良いのです。

コンパクトなクッカーバーナーがあれば可能です。
また、バーナーとして焚き火を利用して料理をすることもできます。

 

【関連記事】クッカーとバーナーについての記事

キャンプツーリングのクッカーのおすすめ6選 セットが気楽で快適キャンプツーリングのクッカーはセットで揃えるのが最適 おすすめ6選(バウルーも紹介)...
バイクキャンプのバーナー 一台選んで自分だけのキャンプ飯 12種のおすすめ品バイクキャンプに最適なバーナー12選 目的別にガスバーナーを選んでキャンプ飯を楽しむ...

焚き火で料理をして 焚き火の火を見つめるプライベート感

キャンプでは焚き火がおすすめ
焚き火には、焚き火台があったほうが便利です。

キャンプ場によっては指定場所以外で焚き火ができない所や、

直火(地面で直接焚き火をすること)を禁止しているところもあります。

焚き火台は慣れない初心者でも手軽に焚き火ができる優れものです。

畳むとコンパクトになる焚き火台は多く、荷物にならないし、長い夜を焚き火を眺めて過ごすのは、

良い暇つぶしになるので、ぜひキャンプでは焚き火を楽しみましょう。

テント前でキャンプ飯で晩酌、最高の楽しみですよ。

 

【関連記事】 バイクキャンプ用コンパクトな焚き火台の記事

キャンプツーリングライダー向け焚き火台 コンパクトなおすすめ13選キャンプツーリングの小道具の焚き火台 コンパクトなおすすめ品12選 目的に合った使い方で焚き火を楽しむ...

キャンプのためのツーリングになれば楽しみは広がる

目的がキャンプになると、バイクでキャンプ場に行くのがツーリングになります。

ツーリングでルートを厳選してワインディングロードをひた走ったり、名所巡りや、B級グルメの旅に行き尽くしたら、

キャンプ場までをツーリングにして、あとはキャンプ場でゆっくりくつろぎ楽しむ、いろいろなキャンプ場に行ってみる。

これだってツーリングの目的になります。

バイクで朝から夕方まで走るだけがツーリングではないですよ。

とにかく、キャンプはプライベート感が満喫できます。

静かなところで読書でも良いし、自然の中の散歩でも良いのではないですかね。

何もやることがなくたって、素晴らしい休日の過ごし方です。

バイクでキャンプを楽しむ 楽しむためにキャンプ場を選ぶ


キャンプ場を選びましょう。

キャンプ場によっては、テントサイトにバイクを持ち込めないところもあります。

愛車はテントサイトに置いておきたいですし、バイクを利用して雨よけなどを設置することもできます。

テントサイトにバイクが置けるキャンプ場を選びましょう。

全国版のバイクが乗り入れられるキャンプ場の検索サイトが便利です。

【キャンプ場検索サイト】

【バイクをテントサイトに置けるキャンプ場 検索サイト】

なっぷという全国キャンプツーリングに使えるキャンプ場検索サイト。

全国の情報を見ることができます。予約の際に役に立ちますよ。

 

キャンプが目的になれば道具で楽しむ こだわって楽しむとさらに世界が広がる


バイクに関してこだわってきた、趣味の世界を広げてきた方が、

アウトドアライフに寝覚めると、

また、こだわりが生まれてきます。

このこだわりが趣味の世界では、限りなく楽しいもの。

キャンプの世界でも、こだわり出すとバイクのように、こだわりりの泥沼にハマってしまうことでしょう。

こだわりだすと、ナイフ一本でもこだわりが生まれます

それがキャンプの楽しみ、それが趣味の世界です。

キャンプツーリング、楽しんできましょう。

まず一歩から、趣味の世界がまた一つ広がります。

 

【関連記事】キャンプで使えるコンパクトなグッズ選びの記事一覧(商品紹介あり)

 

キャンプツーリングは寝るだけじゃつまらない。焚き火や酒・キャンプ飯  まとめ

 

まとめ

●キャンプツーリングを始めるなら、まずバイクの積載量を確保しよう。

●最低限必要なキャンプでの”寝るだけグッズ”は5つ

●キャンプで寝るだけじゃつまらない 楽しみ方を考える
○キャンプ飯
○焚き火

●ツーリングの目的がキャンプでも良い

●キャンプ場はテントサイトにバイクを置ける場所が良い

●キャンプを始めれば、また楽しいこだわりの
趣味の世界が広がる

以上の内容でした。

 

老ライダー
老ライダー

キャンプツーリングは寝るだけじゃつまらないですよ。

こだわり出したらキリがない、アウトドアの趣味の世界を

楽しみましょう♪

【関連記事】キャンプツーリング記事INDEX

 

\キャンプツーリングの記事一覧/
キャンプツーリングINDEX

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET 欲しいバイクを探す【登録無料】/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテムです。 インナープロテクターは、おしゃれでダサくならないバイクのファッションの幅広がる最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込むおしゃれなバイクには、レトロでカジュアルなセンスあるアイテムを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種は必要 これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめバイクランキング8選 初心者向け250ccの徹底比較バイク初心者むけのおすすめ国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...

キャンプツーリング

>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める場合のおすすめの方法と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
キャンプツーリングの持ち物 使える便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイクを選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイク買取のコツ 高く売る方法と買取交渉について【体験談】バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?口コミから考える買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクの保管について...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックは必要バイクの盗難は2度と経験したくない。 最強のバイクロックと対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告) 二郎系ラーメンの宅配

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です