キャンプツーリング

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方

バイクのツーリングを楽しんでいますか?

自由を感じさせてくれるバイクの旅をもっと手軽に自由にするために

コスパよくキャンプツーリングをできたらと思いますよね。

 

まず、キャンプツーリングを始めるには、バイクに積みやすいコンパクトなテント
準備しましょう。

選び方とバイクでキャンプに適したおすすめ品をご紹介します。

初めでも迷わない、ちょうど良いテントがありますよ。

まずは、使えるテント選びです。 キャンプツーリングに適したものを失敗なく選びましょう。

こんな方におすすめ

●キャンプツーリングを始めたい方

●コスパの良いテントを探している方

●テントの選び方を知りたい方

目次(クリック)

キャンプツーリングの失敗しない始め方

失敗しないキャンプツーリングのテント選び
ツーリングの大前提として、バイクには荷物がさほど多く積めません。

宿泊をするツーリングには、荷物をたくさん積める装備が必要です。

さらに、キャンプツーリングとなれば、テントをはじめとした荷物が増えることになります。

よく考えておかないと、積みきれなくなります。

まずは、バイク選びから考える場合は、適したバイクを選ぶこと。

その次に、始める時の季節や天候も考えて、始めやすい季節で始めること。

次に、どこに泊まったら良いのか、考えておきましょう。

キャンプツーリングに向いたバイクは?

バイク選び方から考える場合、キャンプツーリングに適したバイクは
オフロードタイプやアドベンチャータイプのバイクです。

理由は、キャンプをする場所(キャンプ場)へのアクセスを考えればわかります。

舗装路でない道を走行する場合も十分考えられます。

悪路でもある程度心配なくバイクを操れる必要があるので、

オンロード用のバイクでも、ハンドル幅のあるバイクにしましょう。

悪路でのハンドルを取られることなく安全に走りやすいためですね。

キャンプは季節の良い時に始めよう

初めてキャンプツーリングにトライする場合、まずは夜間でも
軽装で過ごせる季節にしておきましょう。

夏はともかく、早春や晩秋は、山間部のキャンプに適した場所は、
軽装では野外の宿泊はできませんよね。

まずは、野外でも軽装で過ごせる季節を選びましょう。

キャンプ初心者は天候を考えよう

天候も気をつけたいところ

ツーリングでの雨の辛さはライダーなら知っているでしょうが、
テントがあっても、雨では快適というわけにはいきません。

キャンプツーリングに慣れない場合は、雨の日は、やめておきましょう。

初めてのキャンプツーリングが雨では、トラウマになりかねません。

まずは、ハードルを下げて、快適な季節や良い天候の日にしましょう。

キャンプする場所選びの注意点

テントがあれば、どこにでも寝泊まりできるのですが、
基本的に、キャンプ場にしておきましょう。

キャンプ場は、有料のところがほとんどですが、初めての場合
安全面を考えるとキャンプ場がやはり安心です。

キャンプ場は、色々なタイプがあります。

●予約不要なところ
●予約の必要なところ

また、

●キャンプサイトにバイクが入れるところ
●駐車場以外は、車両の乗り入れできないところ

できれば、テントを貼った場所にバイクも目に付く場所に置いておければ安心です。

事前に、予約や、確認をしておきましょう。

いきあたりばったりで出かけると、キャンプする場所が見つからないなんてことにもなりかねません。

慣れないうちは、事前予約がおすすめです。

 

【キャンプ場検索サイト】

【バイクをテントサイトに置けるキャンプ場 検索サイト】

なっぷという全国キャンプツーリングに使えるキャンプ場検索サイト。

全国の情報を見ることができます。予約の際に役に立ちますよ。

キャンツーに必要なバイクの積載を考える

バイクにどれがけ荷物が積めるのか、キャンプ道具を積むことで荷物が増えることを
想定しておきます。

テントなどのキャンプ道具は、通常のツーリングバッグには収まらないと思って
荷物の上にプラスして積載できるか装備を整えましょう。

通常のバックの上に防水バッグに入れてネットで固定する方式で十分対策になります。

キャンプツーリングの準備 まず、テントを選ぼう

キャンプツーリング用のテントの失敗しない選び方
とりあえず、設備の整ったキャンプ場であれば、テントさえあればなんとかなります。

 

ソロキャンプはハードルが低い とにかくテントさえあればなんとかなる

ソロツーリングであれば、自由気ままに、寝る場所さえ確保できればなんとかなります。

一人分のスペースがテントのあればなんとかなるのです。

食料などは、調理済みのものを持参すれば済みますから。

 

タンデム(2人)でキャンプする場合は、もう少し考えないといけません。

テントの広さです。実際の広さを確認しておきます。

【関連記事】タンデムキャンプのテントについてはこの記事が参考になります。

バイクでキャンプ タンデムでも使えるテントおすすめの厳選6種タンデムツーリングでキャンプをするときの2人用コンパクトなおすすめテント。 2人用の快適なテントを選ぶ時の目安になります。おすすめ6選...

 

ソロキャンプ 寝るだけ その他最低限必要なもの

ただ寝場所を確保する以外にキャンプを快適にするために
必要なものはあります。

キャンプであれば、野外での調理や焚き火もキャンプの楽しみの一つですが、

食事は、そのまま食べられるお弁当でも問題はないわけです。

最低限快適に寝るためのものを考えましょう。

そのためには。

マットとブランケット(寝袋)くらいは、あったほうが良いです。

マットは、地面が凸凹でも快適に寝られるように、
立派な寝袋でなくても、毛布の代わりになるようなブランケットは

あったほうが快適です。

ツーリングに向いているテントを選ぶ チェックポイントは7つ

テント選びの大前提は、 テントの梱包時の大きさです。

バイクに積むことを考えた場合、小さく折り畳めて、軽い方が良いですね。

その他の重要な部分もチェックしておきましょう。

軽量・コンパクトなこと 60cm以下で5kg以内

バイクにテントを積む場合、梱包サイズを意識しましょう。

60cm以内でないとバイクから大きくはみ出し、走行中のすり抜けなどが不安です。

テントを縦にして積めない場合、大きさは60cm以内のものにします。

重さも、なるべく軽いものを選びましょう。 3〜5kgが理想的な軽量タイプです。

価格面の目安は? 30000円ほどのものが安心

テントの価格も気になります。

安いものは10,000円以下、高いもので50,000円と幅があります。

10000円以下のものと50000円のものの違いは、簡単に言ったら、

耐久性や雨に対する耐水性の差です。

長く使いたい、雨でも安心と考えるなら、

10,000円以下のものはやめておきましょう。

耐水性が弱いものは、豪雨にでもなれが悲惨はことになります。
(テントの生地や継ぎ目からの雨漏り)

気楽に使いたい、雨の日は使わないと割り切れるなら、10000円以下のもの

の選択もアリだと思います。

二重構造のもの フライ付きの二重構造

テントは野外で使う物なので、どうしても雨や夜露のことを考えておく必要があります。

本体と、フライ(雨よけ)の二重構造になっているものを選びましょう。

耐水性以前の問題で、

二重構造(フライシート付き)でないものは、宿泊には向いていません。

通気性や虫対策があるか?

通気性と虫対策も大切です。

部分的に網戸のように使用できるもの、通気口の役目ができることが大切です。

夏場はテントの中は、暑いものです。また通気口は、結露も防いでくれます。

設置が簡単 1人で5分で組み立てられる

テントを1人でも簡単に組み立てられることも重要です。

ドーム型の自立式テントが一番手軽です。
風にも強い点で一般的です。

組み立て方式は柔軟性のあるポールを繋いで組み立てますが、

吊り下げ式が一番組み立てやすいです。

前室があると便利で快適

前室とは、 テントの入り口にひさしを作れるタイプか、
土間部分に屋根のついた2分割の構造のものを指します。

前室があると、寝る場合以外の活動場所荷物置き場としてスペースが
作れ、広くて便利です。

テントのタイプによっては、前室にバイクをおけるものもあります。
バイクが雨露に濡れずに安心です。

こだわり 好みのデザインで楽しむ

テントの選び方として、デザインが気になる人もいるでしょう。
登山用で始まったテントは、なるべく目立つ色を前提で作られています。

カラーもアウトドア用とは違う場合があります。
迷彩柄など、選ぶときにカラーを楽しむこともできます。

また、 ドーム型ではない、ミリタリー風もテントもあります。

キャンプツーリングのおすすめのテント 11選

おすすめのバイクツーリング用テント
おすすめのテントは、

今まで書いてきた内容を踏まえて選んでいます。

●軽量でコンパクト(60cm以内 5キロまでの重さ)

●1人用サイズとワイドなゆとりのあるタイプ

●前室付きのものは快適で広く使える

●品質(耐水性のある二重構造)と生地の素材
(耐水圧が1500以上ある生地は雨でも安心)

●デザイン

いずれも10000円以下のもの、30000円程度のものをチョイスしています。

ベーシック型 超軽量コンパクト ①BUNDOK ソロドームテント

前室はありませんが、少しだけ、入り口付近に荷物を置けるスペースはあります。

ポールがジュラルミン製で丈夫。 吊り下げ式で設置も簡単です。

手軽に始めるには、超軽量でコンパクト 完全な1人用サイズ

コスパが良くて言うことなしです。

カラーが、ブルーとベージュのみという点が残念です。

梱包サイズ 38cm✖️直径15cm
重量 1,88kg
広さ 200✖️90✖️(高さ)100cm
前室 なし
耐水性 弱い

 

【購入者の口コミ】

5つ星のうち5.0 3年間使い倒しました

購入してからあちこちに持ち出し、なかなかに酷使したと思います。
当方、バイクでの移動になるので特に重要視したのがパッキングの小ささでした。
本来、キャンプツーリングであれば荷物分を入れて2人用のテントがおすすめですが
私は極力荷物を抑えたかったのでこちらを購入しました。
そのため室内にあまり荷物は置けません(ライディングブーツなどが置ける前室あり)が、180cm90kgの自分が寝ても十分に快適でした。
フライの耐水圧はこの価格帯としては頭1つ出ており、今まで雨漏りを起こした事はありません。
また、インナーがフルメッシュのため、夏場でも比較的楽に過ごせると思います。
インナーにはいくつかの収納があり、貴重品を入れるなどとても便利でした。
さらにランタンフックがついているため、効率よく室内を照らすことが出来ます。
特筆すべき点は、ポールの丈夫さでしょうか。

ベーシック型 ②キャプテンスタッグ ツーリングテント

これも手頃な価格の1人用テント 標準的なサイズ感

荷物置き場として使える前室あり

グランドシート付きのお得なセット

【購入者の口コミ】

5つ星のうち4.0 必要十分

数回使用しての感想ですが、ツーリングでの使用では全く問題ないと思われます。

ただ、弱点と感じた所が幾つかあります。
まず,インナーテントの底の素材です。ゴツく、静電気を帯びやすく、畳みにくいのに浸水に強くもないので強い雨が降った場合少々心配です。
次に,ガイドロープを使っての固定が出来ないので、風に弱いという事です。
が、そもそも大雨や暴風の中テントを張る行為自体が間違いであり、どちらもタープや軒下に設営する等の対策で解決します。心配なら地面に排水溝でも掘っておけば良いでしょう。
また、インナーテント・フライ共に天井のメッシュ部分は閉められないので冬季の使用は厳しいと思われます。
まぁ、どうせこの手の「安物テント」に多くは求めていないと思いますが…

梱包サイズ 40cm✖️直径16cm
重量 3,1kg
広さ 210✖️130✖️(高さ)120cm
前室 なし
耐水性 弱い

ベーシック型 広めな1人用 ③キャンプテンスタッグ カモフラージュ

こちらは、カモフラージュ柄 やや大きめサイズ

価格もリーズナブル

1人では広さはゆったりサイズ。荷物もテント内に収納できます。

梱包サイズ 40cm✖️直径15cm
重量 2,8kg
広さ 260✖️210✖️(高さ)130cm
前室 なし
耐水性 弱い

ベーシック型 ④PIKES PEAK ソロドーム

Amazonでは2020年でベストセラーテント その新作テント

吊り下げ式で簡単設置が可能 1人用サイズ

耐水性も標準的(耐水圧2000の生地)

人気の理由も納得できますね。

 

梱包サイズ 44cm✖️直径18cm
重量 2,6kg
広さ 210✖️105✖️110(高さ)cm
前室 なし
耐水性 強い

ベーシック型 超軽量コンパクト ⑤コクーンテント100

1人用サイズのコンパクトタイプ(超軽量)

特徴は、安価なテントの中では、雨に強い耐水圧1500の生地を使用していること

 

梱包サイズ 長さは38cm以下
重量 2kg以下
広さ 210✖️90✖️(高さ)100cm
前室 なし
耐水性 普通

ワイドタイプ ⑥広さで選ぶ FIEL DOOR クロスポールテント

2人でも使える広い室内のクロスポール型テント

丈夫なジュラルミン製ポール 耐水性も高く耐水圧1500の生地

前室としての機能もあり

梱包サイズ 54cm✖️直径20cm
重量 3,2kg
広さ 350✖️220✖️(高さ)120cm
前室 あり
耐水性 普通

ワイドタイプ ⑦広さで選ぶ MERMONT テント三人用

梱包サイズがやや大きいですが、広さと価格ではNo. 1

吊り下げ式で簡単設置 前室もあり、使い勝手は良いでしょう。

耐水性は耐水圧2500の生地使用とありますが、あてにしないほうが無難

とにかく安くて、広くテントが欲しければこれもアリです。

梱包サイズ 63cm✖️直径15cm
重量 3,53kg
広さ 300✖️210✖️(高さ)130cm
前室 あり
耐水性 普通

高品質⑧有名ブランドで選ぶ コールマンLX


コールマンのおすすめテント

これを選んでおけば間違いはありません。

20000円以内で手に入るコールマンでは最も

廉価な1人用サイズのテントです。

吊り下げ式で簡単設置

本格的なテントならこのくらいの製品を選択すべきです。

耐水性は標準的(耐水圧1500の生地)

極端に軽い、小さいテントは機能性や快適性は低いものです。

梱包サイズ 49cm✖️直径21cm
重量 5,2kg
広さ 210✖️180✖️(高さ)110cm
前室 あり
耐水性 普通

高品質⑨ ロゴス ツーリングデューブル


このテントの良さは、前室部分がバイクが収まるくらい広いこと

室内は1人用サイズですが、使い勝手は良いでしょう。

難点は、梱包サイズが65cmという点

耐水性もまずまず、耐水圧2000の生地で雨の日も安心

 

梱包サイズ 65cm✖️直径16cm
重量 4,1kg
広さ 290✖️100✖️(高さ)115cm
前室 あり
耐水性 強い

個性派⑩ ミリタリー風 ブラック パップテント

ミリタリー風の幕営式テント

耐水性は最強です。(耐水圧3000)

ポール4本付きで超軽量です。

テント前を広々と使えます。

梱包サイズ 不明(仕様変更予定のため改良中)
重量 1,5kg
広さ 210✖️120✖️(高さ)115cm
前室 なり
耐水性 強い

テントとセットで最低限必要なものリスト

テント以外に最低限必要なものがありましたね。

マット と ブランケット と ランタンです。

まずは、これだけあれば始められます。

キャンプツーリング初心者は まず季節を考えてトライしよう

キャンプツーリングを始めるにあたって、まずは、テントで
泊まってみることから始めましょう。

最初から、必要な装備を揃えるよりも、足りないものを後から足していくのが
失敗しない方法です。

バイクに積める荷物の余裕を考えて徐々に増やしておけば良いと思います。

まずは、自分の目的にあった、手軽でコンパクトなテント選びから始めてください。

キャンプツーリングは、コスパの良い旅の形です。

30000円のテントは高いと思うか、安いと思うか、数回のツーリングの
宿代を考えれば、高い買い物ではありません。

まずは、テントでの野外宿泊をキャンプ場で体験してみてください。

きっと、ハマります。まず一歩踏み出しましょう。

バイクキャンプでのグッズ選びは全てを軽量コンパクトに

バイクキャンプのグッズ選びはとにかく、コンパクトで軽量であるということが重要です。

コンパクトで軽量なものを厳選した、

キャンプツーリング道具一式や予算などについての記事もあります。

チェックしてみてください。

全てのグッズをコンパクトに揃えれば、荷物の量(かさ)が減って、

ライディングも快適になります。

 

【関連記事】キャンプツーリング初心者向けの記事

バイクでソロキャンプの始め方 予算5万円で始める道具セットバイクでソロキャンプを始めよう。 ゼロからわかる初心者向けソロキャンプグッズ...
キャンプツーリングのすすめ 初心者でもキャンプを楽しめるバイクのキャンプツーリングのススメ。コスパの良いキャンプで初心者でも手軽にソロツーリングを楽しめる。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...

キャンプツーリンググッズ商品紹介記事一覧

寝袋(シュラフ)

バーナー

焚き火台

クッカー

テーブル

チェア(椅子

ナイフ

クーラーボックス

 

バイクでキャンプ おすすめの始め方 テント11選 まとめ

まとめ

●キャンプツーリングの準備と考え方

バイクの車種や季節や天候

キャンプ場の選び方

●キャンプツーリングはまずは、テント選びから

テントがあればなんとかなる

●バイクツーリングに向いているテント

○軽量コンパクト(60cm以内・5kg以下)
○価格の目安(30000円くらいが安心)
○二重構造(雨や結露に強い)
○通気性(虫対策や暑さ対策)
○組み立てやすさ(ドーム型がおすすめ)
○前室があると便利(快適さアップ)
○デザイン(好きなカラー)

●おすすめの手軽なテント11種

●その他、最低限必要なもの

●バイクキャンンプグッズは軽量・コンパクトな
ものを揃える

 

以上の内容でした。

老ライダー
老ライダー
最後までお読みいただきありがとうございます♪

キャンプツーリングに関する他記事もチェックしてみてくださいませ♪

【関連記事】 タンデムでキャンプツーリング テント選び

2人でも快適なキャンプツーリングのテント選びの記事です。

バイクでキャンプ タンデムでも使えるテントおすすめの厳選6種タンデムツーリングでキャンプをするときの2人用コンパクトなおすすめテント。 2人用の快適なテントを選ぶ時の目安になります。おすすめ6選...

 

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET 欲しいバイクを探す【登録無料】/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテムです。 インナープロテクターは、おしゃれでダサくならないバイクのファッションの幅広がる最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込むおしゃれなバイクには、レトロでカジュアルなセンスあるアイテムを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種は必要 これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめバイクランキング8選 初心者向け250ccの徹底比較バイク初心者むけのおすすめ国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...

キャンプツーリング

>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める場合のおすすめの方法と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
キャンプツーリングの持ち物 使える便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイクを選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイク買取のコツ 高く売る方法と買取交渉について【体験談】バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?口コミから考える買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクの保管について...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックは必要バイクの盗難は2度と経験したくない。 最強のバイクロックと対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告) 二郎系ラーメンの宅配

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です