キャンプツーリング

ツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適に

ロングツーリングに出たい!あるいはキャンプツーリングに出たい!

または、タンデムでも同じことしたい!と思う方は多いはず。

でも、荷物をあまり積めないバイクでは、しっかりとした荷物の積み方を
考えないと難しいのは事実です。

あなたのバイクでどんな荷物の積み方をすれば良いか。車種別に解説して行きます。

 

大型バイクでなくたって、タンデムキャンプだって、ロングツーリングだって可能にする方法です。

じっくり読んでみてください。

悩める人
悩める人

ロングツーリングやキャンプツーリングがしたいんだ!

バイクに必要な荷物を積む方法が知りたい。

老ライダー
老ライダー

対策をしっかりすれば、

1週間のタンデムロングツーリングだってできますよ♪

その具体的方法がわかります。

読んでみてください。

この記事ははこんな方向け

●タンデムロングツーリングやキャンプツーリングできる快適な積載方法が知りたい

●大型バイクでなくてもキャンプツーリングをしたい

●たくさん荷物を積める積載グッズが欲しい

荷物の積載グッズについて


バイクに荷物をたくさん積む 駆使する積載グッズはこのつです。

●タンクバッグの大容量タイプ
●シートバッグの大容量タイプ
●リアボックス(トップケース)
●サイドバッグ(サドルバッグ)

いずれも荷物の積載量をアップするために大容量のものを考えます。
(バイクに固定する積載グッズです。身につけるものは含みません)

車種によって注意点があります。

タンクバッグ


タンクバッグは、すでにお持ちの方もいるでしょう。

タンクバッグは、取り付け方法がマグネットや、吸盤式のもの、ストラップ式のものと様々ですが、 ハンドルの位置が高く、幅も広い場合は、大容量のものに交換して

積載容量を確保することをおすすめします。

理由は、目の前に荷物がある安心感は違います。

バイクの重心位置(エンジン近く)に荷物を置くのが最もバイクが安定するからです。

25Lまで拡張できるタイプもあります。

 

大容量のタンクバッグを集めた記事があります。

デイパックにもなる2WAY タイプもあり便利ですよ。

【参考記事】大容量タンクバッグの記事

タンクバッグ はダサい?ツーリングに必要な最強グッズ おすすめ10選バイクのタンクバッグはダサくはない機能的な最強ツーリングアイテムです。 機能面の充実したおしゃれな万能バッグを選びましょう。 厳選10選 ランキングあり...

シートバッグ


タンデムでない場合は、リアシートが一番荷物を積みやすい場所です。

大容量(70L)の機能的シートバッグがあります。

これはマストアイテムですね。(タンデムの場合は不可ですが)

タンデムでない場合はまず準備しましょう。

 

人気の大容量バッグの比較記事があります。注意点も書いてありますので

気になる方は、参考までにお読みください。

きっと自分にあったバッグが見つかります。

 

【参考記事】人気の大容量シートバッグの比較記事

ツーリングに1つで無敵  おすすめ大容量シートバッグ比較5選キャンプツーリングやロングツーリングに欲しい大容量シートバッグ は、手軽さと機能面でも無敵で万能なものを選ぶべき。 一つあればバッグ選びに迷わずに済みます。 おすすめ5製品を比較しました。...

リアボックス(トップケース)


リアボックスは、樹脂製やアルミ製のハードタイプのため、

中身の荷物を守れるという点で、積載量を増やしたい場合は導入すべきです。

特にタンデムの場合、同乗者(タンデマー)の背もたれになるため安全性も高まります。

取り付け取り外しがワンタッチのものが多く、

バイクの見て目が気になる フォルムが崩れるなど、

気になるとしても、使わない時に外して置けるのでと考えれば

そのハードルは下がるでしょう。50L程度入る大型タイプがおすすめです。

高額なものから廉価なものや、丸型、角型など様々ですが、

高額なものでなくても十分役に立ちます。

トップケースは、最もメジャーなブランドはGIVIです。

 

2つの記事があります。  GIVIについてとその他のトップケースについての記事です。 参考になりますよ。(商品紹介多数あり)

【参考記事】リアボックスのおすすめ品

バイクのリアボックスどう選ぶ?容量別12選 取り付け方と選び方 バイクのリアボックスは一度使うと手放せなくなるほど快適なツーリンググッズです。 容量別のおすすめ品と取り付け方と選び方がわかります。12選...
バイクの荷物をどうする? おすすめのGIVIのリアボックス徹底比較バイクの荷物が多い場合、リアボックスを考えましょう。GIVIがやはりおすすめです。どう選ぶ?モノキー・モノロックの違いは?おすすめ品の紹介...

サイドバッグ(サドルバッグ)


サイドバッグは手軽で便利なものがあります。

以前は、別売の取り付けステーが必要で高額なものが主体でしたが、

ステー不要の取り外しも簡単なものが多くあります。

アルミ製のリアボックスと共通のデザインは容量の多く(60L以上)

カッコよくキマリます。

そんな高額品でなくてもバイクにはフィットするものがあります。

バイクの横幅が広くなり、すり抜けなどに注意が必要になりますが、

40Lの大容量タイプもあり、サイドバッグは、有効な積載方法です。

低重心にもなりバイクが安定します。

 

大容量のサイドバッグを紹介した記事(記事)もあります。

自分の車種にあった商品選びもできますよ。

【参考記事】 サイドバッグやサドルバッグについての紹介記事

サイドバッグが欲しい 車種別に適したカッコいいおすすめ品と注意点サイドバッグは、キャンプやロングツーリングに使える積載方法です。 バイクに適したカッコいいおすすめ20品と選ぶ際の注意点を解説...
クラシック・旧車バイクに似合うおすすめサイドバッグ(サドルバッグ)15選クラシックテイストの旧車風バイクに似合うバイカーバッグの15選 おしゃれにカッコよくバイクを仕立てる...

重量バランスも考える  ライディングに影響あり

大型バイクの場合は、あまり考える必要はありませんが、250cc程度のバイクの場合、

前後の重量バランスも考えたほうが良いのです。

積載グッズというより、積み方の問題になりますが、

リアボックスにはあまり、重量のあるものを載せず、

シートバッグやタンクバッグに重量物を積む方が、

バイクの重心が後に偏ることがないためライディングに影響があまり出ません。

頭に入れておきましょう。

特にタンデムの場合は、低い重心位置に荷物が置けるサイドバッグが重要です。

荷物の積み方  まず車種別に考えましょう


排気量(バイクの車格)別に少し考えて行きましょう。

●大型バイク

●250ccバイク

この 2点について考えます。

大型バイクの場合

大型バイクはバイク自体の重量もあり、車体も大きくて荷物の積載はあまり苦労しない車種です。

●SSタイプ
●ネイキッド
●アメリカンクルーザー
●ツアラー
●アドベンチャー

このタイプの大型バイクですが、唯一SSタイプは荷物の積載が難しいタイプですね。

ご承知のようにSSバイクの特性上、荷物の積載やタンデムについてあまり考えられていないためです。

対策を考えました。 SSの積載についての記事があります。

SSバイクでキャンプツーリングなどを考えている方は必見です。

【参考記事】SSの荷物の積載対策キャンプやタンデムについて

SSでもキャンプツーリングができる カッコよく積載する方法SSでもキャンプツーリングができる サイドバッグとシートバッグのカッコいい組み合わせで積載量を確保し旅仕様に。...

 

※その他の車種についての対策は次の250ccクラスの積載を参考にしてください。

250ccの場合

250ccクラスに車格のあまり大きくないタイプの場合が、荷物の積み方が重要です。

●ネイキッドタイプ
●アメリカンクルーザータイプ
●アドベンチャータイプ
●オフロードタイプ

車種別に考えて行きましょう。 また、詳しく解説した関連記事も

ありますので気になる方は、その都度チェックしてみてください。

具体的なおすすめ商品も多数紹介しています。

ソロでのキャンプツーリングの場合


ソロツーリングの場合、キャンプ用の荷物を積んでもできる方法を
考えます。

たっぷり100L以上の積載対策です。

車種別に必要なグッズを考えますと

ネイキッドタイプ

 

シートバッグ大型 50L以上
リアボックス大型 43L
サイドバッグ 40L

合計 133L

 

 

アメリカンクルーザータイプ

シートバッグ大型50L以上
リアボックス32L
サドルバッグ(左右)30L

合計 112L

 

アドベンチャータイプ

シートバッグ大型50L以上
リアボックス 45L
サイドバッグ 40L

合計 135L

 

オフロードタイプ

シートバッグ 中型40L
リアボックス大型 45L
サイドバッグ片側 30L

合計 115L

この4車種についてなのですが、
とりあえず積めるという発想ではなく、

車種に合ったカッコいい積載グッズを考えましょう。

 

●人気の2504車種について具体的な方法を書いた記事があります。

レブル250・Vストローム250・CB250R・VERSYS X250ツアラー

各車種別に解説しています。

人気の250cc4車種で荷物を最大化しタンデムもキャンプもする方法250ccでタンデムでもソロでもキャンプツーリングをしたい。荷物の積載を最大化する方法を人気4車種で考える。(レブル250・Vストローム250・CB250R・VERSYS250X)...

 

●250ccクラスでもソロキャンプできる積載方法を紹介した記事がありますよ。

上記で紹介した必要な商品が車種別でわかりますよ。↓↓

【関連記事】ソロキャンプの積載5つの方法を読んでみてください。(詳細説明あり)

キャンプツーリングの積載 効率良い5つの方法【ソロキャンプ編】キャンプツーリングの積載 効率よく荷物を積む工夫と方法を考える【ソロキャンプ編】 5つの積載方法...

 

タンデムロングやタンデムキャンプの場合 車種別


まず、タンデムに向いているバイクと向いていないタイプがありますね。

ネイキッドタイプ・アメリカンクルーザータイプ・アドベンチャーバイクが

タンデムの向いているおすすめバイクです。
【参考記事】タンデムに向いているバイク10選

※ツアラー・オフロードタイプは除外しています。
(ツアラーは特に対策は特に不要・オフロードバイクはおすすめしないため)

必要な積載グッズと大まかな、積載容量がわかります。

このアイテムで対策すればタンデムキャンプも可能です。

100L以上の積載量があれば、キャンプだけでなく、

1週間程度のロングツーリングもタンデムで可能です。

 

SSタイプ

タンクバッグは大型にはできないため、リアボックス上に防水バッグの

中型を取り付けます。

●確保できる積載量

リアボックス 50L

サイドバッグ 40L

防水ドラムバッグ32L

合計 122L

 

ネイキッドタイプ

タンクバッグを大容量のものにしましょう。

リアボックスとサイドバッグで容量を稼ぎます。

●確保できる積載量

タンクバッグ大型 25L

リアボックス 43L

サイドバッグ 40L

合計 108L

 

アメリカンクルーザータイプ

サドルバッグは、大型のものではタンデムできないものがあります。

足らない分は、防水ドラムバッグをリアボックスの上に取り付けます。

タンクバッグは可能であれば大容量タイプにしましょう。

●確保できる積載量

リアボックス 43L

サドルバッグ 22L

防水ドラムバッグ32L

タンクバッグ 10L

合計 107Lは可能

 

 

アドベンチャータイプ

角型大型リアボックスの上に防水ドラムバッグ中型を取り付けましょう。

角型は取り付けやすいですよ。

サイドバッグは、ステーの不要な角型で良いですね。

 

●確保できる積載量

リアボックス45L

サイドバッグ 40L

防水ドラムバッグ32L

合計 117L以上が可能

 

🌟各車種向けの具体的な製品については別記事にて詳しく紹介しています。

こちらの記事でチョイスした製品が確認できます。↓↓

読んでみてください。

【関連記事】キャンプツーリングの荷物の積載 最強の5つの対策
(ソロでもタンデムでも)

キャンプツーリングの積載 ソロ・タンデムに適した最強の対策キャンプツーリングの積載の最強対策 ソロでもタンデムでも快適な方法 まとめ...

合理的に積載グッズを選べば、ロングツーリングもキャンプも不安なし

タンデムロングツーリングでも、キャンプツーリングのタンデムでも、バイクに荷物を効率よく
カッコよく積む方法について解説してきました。

積載量を100L以上確保すれば、タンデムでもロングツーリングの荷物は問題なく積めます。

各車種別に、バイクの積載グッズをキャンプツーリング前提で解説してきました。

これでキャンプツーリングの積載について問題が解決できると考えます。

各種積載グッズの個別の記事もありますので、

気になる方は、ぜひ チェックしてみてくださいませ♪

商品紹介も多数あります。

□おすすめの積載グッズの記事一覧

リアボックス

(●リアボックスGIVI製品

シートバッグ

サイドバッグ

サドルバッグ

タンクバッグ

250ccクラスのキャンプツーリングは、荷物の重量も意識しよう


250ccクラスのバイクでも、タンデムでキャンプすることだって不可能ではありません。

250ccクラスのバイクで気をつけるべき点は、容量をクリアしたとしても重量です。

キャンプツーリングの場合は、キャンプグッズをなるべく軽量なものを選んでおきましょう。

重いとライディングに支障がでますし、キャリアなどが曲がってしまうことも考えられます。

キャンプをする場合は、キャンプ道具は厳選し、なるべく軽量なもの選びに徹しましょう。

 

【参考記事】キャンプ道具の軽量化について

キャンプツーリングの軽量化 10kg軽くする対策と考え方 キャンプツーリング必要な道具の軽量化は10kgできる。道具を徹底検証してバイクのライディングの負担を減らす。...

 

ライダー目線で厳選した

キャンプツーリング道具一式や予算などについての記事もあります。

チェックしてみてください。コンパクトなもので揃えれば、

それだけでバイクの荷物積載の負担が減って、

ツーリングが快適になりますよ。

 

【関連記事】キャンプツーリング初心者向けの記事

バイクでソロキャンプのセット一式は予算5万円でそろえられるバイクでソロキャンプを始めよう。 予算5万円で実現 ゼロからわかる初心者向けソロキャンプグッズセットの話...
キャンプツーリングのすすめ 初心者でもキャンプを楽しめるバイクのキャンプツーリングのススメ。コスパの良いキャンプで初心者でも手軽にソロツーリングを楽しめる。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...

キャンプツーリンググッズ商品紹介記事一覧

当サイト内のバイクに合ったキャンプ用品の記事が確認できます

 

テント

シュラフ

バーナー

焚き火台

クッカー

テーブル

チェア(椅子

ナイフ

クーラーボックス

 

 

ツーリングの荷物の積み方対策 キャンプやタンデムでも快適に まとめ

まとめ

●積載グッズの説明 4種
○タンクバッグ
○シートバッグ
○リアボックス(トップケース)
○サイドバッグ

●重量バランスを考えよう

●積載を車種別に考える
○大型バイク
○250ccクラスのバイク

●ソロでのキャンプツーリングの積載
○車種別
○関連記事の紹介

●タンデムでの積載(キャンプやロングツーリング)
○車種別
○関連記事の紹介

●合理的に積載グッズを選べは、バイクの積載には
不安がなくなる。

●250ccクラスは荷物の重量も意識しよう
○キャンプツーリング軽量化の記事紹介

以上の内容でした。

老ライダー
老ライダー

最後までお読みいただきありがとうございます♪

上手に積載を考えて、ツーリングを楽しんでください

【関連記事】

バイク用品の記事をチェック

\バイク用品についての記事をチェック/
バイク用品INDEX

【関連記事】

キャンプツーリング記事INDEX

\キャンプツーリングの記事一覧/
キャンプツーリングINDEX

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET 欲しいバイクを探す【登録無料】/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込む大人のバイクには、レトロでカジュアルなセンスある大人のバイクファッションを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種のおすすめ これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめ250ccバイクランキング8選 初心者向けを徹底比較バイク初心者におすすめの国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...

キャンプツーリング

>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
キャンプツーリングの持ち物 使える便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイク買取のコツ 高く売る方法と買取交渉について【体験談】バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?口コミから考える買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクのアパートでの保管について解説...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックは必要バイクの盗難は2度と経験したくない。 最強のバイクロックと対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告) 二郎系ラーメンの宅配

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です