記事内にはアフィリエイト広告を使用している場合があります。

バイク初心者

大型バイク初心者向けおすすめランキング10選 初めてならこれ【2024年最新版】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

憧れの大型バイク これから乗る”大人のあなた”へのおすすめランキングです。

大型バイクが初めての方向けのおすすめ記事です。

ランキングは、大型バイクに慣れていない方に適した順のランキングです。

なおかつ、大人のバイクという観点でランキングを作りました。

もちろん、かっこいいことを前提に今のトレンド”ネオクラシックタイプ”、 ”アドベンチャー バイク”の大人向けを選んでいます。

老ライダー
老ライダー
国産大型編、 大人編です。クラシック調の バイクもありますよ♪

大型初心者
大型初心者
最新の流行のバイクは乗れるかどうか不安なんだよね。

大人っぽい派手派手じゃない落ち着いたバイクはどれだろうか?

 

ハイ! 乗って安心な若い人とかぶらない、かっこよくて渋いバイクがあります。

おすすめ車種をランキング形式でお話ししますね♬

バイクをネットに写真をアップして売るKATIX

\スマホで見積もりチェック/
\KATIXで見積り依頼する/


大型バイクのおすすめ 大人向けのバイクって?

大人のバイク

つまり、こんなバイクのことです。(※あくまでもイメージです。画像はBMW旧車のカスタム車)

ライダースーツに身を固めなくても似合うバイク

身の丈に合ったバイクがやはりいいですね。

気になる方は、大型初心者向けに詳しく説明したこの記事が参考になります。

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...

まず、 選び方のポイントからお話しします。

初めての大型バイク おすすめは? 大人が選ぶポイント

色々なタイプのオートバイがありますが、選ぶポイントを挙げていきます。

●タイプ→大人に合うタイプを絞り込みましょう。

●パワー・重量→扱いやすいか考えましょう。。

●用途→どんな目的でバイクに乗るか考えて選びましょう。

●経済面→性能・価値を価格で検討しましょう。

大型バイクをタイプ別に選ぶ

バイクは色々なカテゴリーに分かれています。

ガチガチのライダースーツに身を固めて走りたいですか?

ここでは、自由なファッションで大人が乗るということを考えて、
オーソドックスなタイプやユーザーフレンドーなタイプを選びましょう。

ライディングポジションの楽なことやデザインを前提に。

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...

大型バイクはパワーや車重・車格・足つき性を考えて選ぶ

 

大型バイクはハイパワーで重量が重いのです。

これは普通免許の中型クラスと比較すると明白です。

しかし、実用面を考えるとハイパワー過ぎず、取り回しが楽な車重の方が良いのです。

パワーは100ps程度までのもの。

重量の目安は200kg前後のものが扱いやすいのです。

また、小柄な方(身長170以下)の方は

足つき性の良いシート高800mm以下を

選んだ方が安心です。

初めての大型バイク 用途で選ぶ

バイクで何をしたいのか?よく考えて決めるべきですね。

かっこいい! デザインが好き!これだけではいけないと思いますよ。

主に、初めは気晴らしのチョイ乗りやツーリングですよね。

用途に適した車種を選ぶべきです。

初めての大型バイク 価格で選ぶ

 

昨今のバイクの排ガス規制やABS機能の義務化などにより、国産バイクの価格は全体的に上昇傾向にあります。

最新機能が満載のバイクは値段に反映されています。

100万円を切るものから300万円近いものまで様々ですが、

リーズナブルにこしたことはありません。

初めての大型バイク おすすめはネイキッドタイプ

やはり無難な選択肢として、”ネイキッドタイプ”です。

また、”アドベンチャータイプ”も大人の雰囲気にあっていると思います。

かっこよさでは、断然、ネオクラシックバイク

ネイキッドタイプのバイクは、カウルのない”裸のバイク”という意味ですが、

この中でもいくつかのカテゴリーに分類されます。

●モダンネイキッドタイプ

●ネオクラシック タイプ

●スクランブラー タイプ

●ストリートファイタータイプ

●モタードタイプ

落ち着いた大人の雰囲気と言ったら、

ネオクラシック タイプスクランブラー タイプの懐かしさを感じるような、

クラシックテイストの車種だと思います。

今の流行はこのクラシックテイストです。

昔のバイクの形にデザインのトレンドが向いています。

これは大人にとって、理想のバイクらしい形、喜ばしいことですね。

初めての大型バイク おすすめランキング10選

 

今までのことを踏まえて、 初めての大型バイクに選ぶべきバイク という考え方でランキングを作りました。

大人が選ぶべき、大型バイクのランキングということです。

大型バイク おすすめランキング 10位

HONDA VFR800X

このHONDAの VFR800Xはアドベンチャータイプに入ると思います。
アドベンチャータイプは乗りやすいバイクです。

アドベンチャータイプということと、エンジンがV型4気筒ということで選びました。

V4は並列4気筒バイクと比較し、エンジンフィーリングに個性があり楽しい乗り味のエンジンです。独特のサウンドも魅力。

個人的にV型エンジンの音は上品な音だと思います。

どうしても アドベンチャータイプは車重が重くなる点と、

価格が150万円を超えているという点がマイナスポイントですが、良いバイクだと思います。

エンジン諸元水冷V型4気筒781cc 107ps
車体重量246kg
シート高815〜835mm
車体価格150万400円

 

大型バイク おすすめランキング 9位

HONDA CB1000R

HONDAの新しいCBの形だと思います。 新しいと言ってもデザインはレトロな部分と現代風のデザインの部分をミックスしたカスタムバイク のような印象です。

スーパースポーツのレトロデザインのカスタムネイキッドバイクというバイクです。

ハイパワー4気筒エンジンの伝統的大型CBシリーズの中では軽量コンパクト

古いバイク乗りにとっては、もっとレトロなデザインにして欲しかった気はします。

少し、初めての大型バイクとしては車体は軽量で酔うのですが、パワーがありすぎるとは思います。

パワーは100馬力程度で良いので、価格をもう少し抑えてくれていれば、もっと上位に入ると思います。

エンジン諸元水冷並列4気筒998cc 145ps
車体重量212kg
シート高830mm
車体価格167万400円

大型バイク おすすめランキング 8位

Kawasaki W800ストリート

ネオクラシック タイプの代表的存在の人気の車種W800ですが、思ったより上位には入れませんでした。

理由は、このクラスの空冷並列2気筒エンジン車の中では車重は重めで、価格的にも外車と変わらないという点、

このW800シリーズは、少し割高な価格設定だと思います。

その中で、一番リーズナブルなストリートならハンドル位置も高めで、価格的も抑えられていて、この選択はありかな?という印象です。

並列2気筒の360°クランクは、個人的には面白くないエンジンですが、ロングストロークエンジンはゆっくり走って楽しめるエンジンです。

できれば、270°クランクにして欲しかったと思います。

少し、大人しすぎるエンジンで、もう少しパワーが欲しいところです。

エンジン諸元空冷並列2気筒773cc 52ps
車体重量221kg
シート高770mm
車体価格101万2000円

大型バイク おすすめランキング 7位

Kawasaki Z900RS


Z900RSは今一番売れている国産大型バイクです。

昔の名車を限りなく忠実に再現してきたデザインが受けているのでしょう。

今風にモディファイしなかったことが高評価なんだと思います。

新型KATANAのようにしてしまってはレトロ感がなくなり、台無しですので、成功例だと思います。

価格の点で1位とはしませんでした。

水冷4気筒の大型バイクとしては車重は軽めです。

エンジン諸元水冷並列4気筒948cc 111ps
車体重量215kg
シート高800mm
車体価格135万3000円

大型バイク おすすめランキング 6位

SUZUKI Vストローム650XT ABS

重い、価格が高い というアドベンチャータイプの中で、車重と価格が実にリーズナブルな点で上位に入ると思います。

兄貴分の1050XTと比較すれば、間違いなく大型初心者に向いています。

アドベンチャータイプを考えているなら、第一候補ですね。

エンジン諸元油冷V型2気筒645cc 69ps
車体重量215kg
シート高835mm
車体価格96万8000円

大型バイク おすすめランキング 5位

HONDA NC750S (DCT)

オーソドックスなネイキッド。 レトロな匂いはしませんが、ユーザーフレンドリー度はナンバーワンなバイクだと思います。

HONDA DCT⇨(デュアルコントロールトランスミッション)によりクラッチ操作が不要なモードが選べるタイプを選びました。

燃費も60km /h定地燃費42,5kmという低燃費 パワーは控えめです。 価格もリーズナブルです。

特徴的なのはトルク重視型のロングストロークエンジンです。(ボア77mm ×ストローク80mm) 他メーカーではKawasaki W800くらいしかないと思います。

こういうエンジンはパワー云々というより、乗り味が楽しめるエンジンです。

\ロングストロークエンジンって何?という方はお読みください/

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...

このNC 750Sはノンストレスで大型バイクが楽しめますね。

ガソリンタンク部分は収納スペースでヘルメットが入るスペースを確保 バイクの形をしたビッグスクーターとでも表現できますね。

エンジン諸元水冷並列2気筒745cc 54ps
車体重量228kg
シート高770mm
車体価格82万6100円

大型バイク おすすめランキング 4位

HONDA レブル1100 (DCT)

250ccで人気のレブルですが、大型クラスに、一つ新機種が登場しました。
このレブルのデザインは大人も引きつけられます。低いシート高で小柄な方も不安なし。

排気量も1100cc(定評のあるアフリカツイン のエンジンを使用)となり パワフルになりました。

アメリカンクルーザーのラインアップの乏しい国産車ですが、注目の一台です。

これから人気になるでしょう。

DCT搭載で初心者にもツーリングにも重宝しそうです。

パワーはハーレー以上です。価格面も抑えられていて、ハーレーと勝負できるかもしれません。

1位にならなかった理由は アメリカンタイプだから この一点のみです。

エンジン諸元水冷並列2気筒1082cc 87ps
車体重量223kg
シート高700mm
車体価格121万円

大型バイク おすすめランキング 3位

YAMAHA XSR700

クラシック調のデザイン 並列2気筒エンジンの700は軽量コンパクト 186kg 73psと理想的なバランスのバイクです。

YAMAHAの新しい形のネオクラシックバイク 並列2気筒 270°クランクの独特の鼓動感が楽しめます。

残念なのはシート高がちょっと高いことでしょうか。

エンジン諸元水冷並列2気筒688cc 73ps
車体重量186kg
シート高835mm
車体価格91万6300円

大型バイク おすすめランキング 2位

YAMAHA XSR900

並列3気筒 パワフルなエンジンを積んだ900 は700に比べると乗る人を選ぶバイク。

過激な味付けのエンジンです。

やや、エンジン周りが大きな印象がありますが、このスペックで100万円程度の価格設定はお得な買い物だと思います。

乗りやすさで言えば700ですが、4気筒マルチエンジンが好きな方にはおすすめです。

3気筒の900は4気筒のような乗り味のバイクです。

エンジン諸元水冷並列3気筒845cc 111ps
車体重量195kg
シート高830mm
車体価格106万1500円

大型バイク おすすめランキング 1位

SUZUKI SV 650X ABS

堂々の1位はSUZUKIのVツインSV 650X ABSです。

(※ややハンドル位置の高い SV 650 ABSもありますが、スタイリングではこのXが大人向けバイクです。ビキニカウル、ブラックボディにチャコールシート。渋い大人のデザインです)

従来の少し平凡かな?というデザインから、ミニカウルで精悍さが増しました。

Xの黒のルックスは、レトロモダンでネオクラシック にも通じるデザインで心が惹かれますね。

Vツインの独特な鼓動と軽めな車重と程よいパワーと低めなシート高。

それだけではなく、1位に輝いた理由は、驚くべき価格にあります。

80万円で大型バイクに乗れるのです。

これが一押しの大型入門者用バイクだと思います。

エンジン諸元油冷V型2気筒645cc 76ps
車体重量197kg
シート高790mm
車体価格79万6000円

大型バイクに乗り換えるなら



“新しいバイクが欲しいときどうする?”

今のバイクから乗り換える場合にバイクを処分する場合もあるでしょう。

 

なるべく高く売って新しいバイクのための資金をなるべく多く確保したいところ。

 

バイクを高く売るためのヒントなのですが、バイク買取の専門業者で一番の

買取の大手バイク王は有名ですが、

一社だけに値段を出してもらうと高い値段はつきません。

(バイク王に買取にはばらつきがあるので有名です)

売るなら複数の会社に値段を出してもらう、これが高く売るためのコツです。

しかし、忙しい方にとっては複数業者にコンタクトを取るのは面倒で手間がかかることです。

 

KATIX (カチエックス)という買取業者は
ネットに写真を載せるだけで売れます。

バイクを買い取る業者ともコンタクトや交渉をする必要がなく、

一番高い値段をつけてくれた業者に売ることができます。
(気に入らなければキャンセルもできますよ)

今のバイクがいくらになるか、一度試してみるのはただです。

試してみる価値はあります。

やり方は簡単ですよ。

他業者からのしつこい連絡なし!バイクを高く買い売るなら一括査定の【KATIX】

\サイトを見てみる/


“写真で”バイクを売るKATIX
●売りたいバイクの写真を撮るだけ
●最大10社の査定額をスマホからチェック
●金額に納得いけば売却
●営業電話や現地査定なし
●担当スタッフが全面サポート

【簡単3STEPの仕組み】

バイクを乗り換える方法

こんな仕組みで手軽に試せます

新しいバイクを買う資金計画も楽になるはず

KATIXですよ!

大型バイクランキング10選 初めてならおすすめはこれ【2024年最新版】まとめ

 

まとめ

2021年版の大型バイクの大型初心者向けランキングでした。

大人が選ぶ初めての大型バイクという視点で、選ぶべきポイント

10車種を選んだ上のランキングでした。

今後、国産大型バイクは ”ネオクラシックバイク”は人気という世界的トレンドで、今後も新車種が登場してくるだろう!というのが筆者の予測です。

大型バイク乗りはリターンライダー が今や主流です。 個性ある外車も日本車と価格の差がないものを出てきています。

個性的な欲しくなる、程よいパワーやスペックの魅力的なバイクの登場を期待してやみません。

ちょうど良い大きさ、スペック、リーズナブルなレトロな大型バイク 登場することを日本メーカーに期待しましょう。

いいんですよ!昔のデザインそのままで!

外車や昔風デザインのバイクに心奪われている老ライダーでした。

 

他にも大型バイクを紹介した記事があります。気になる記事をチェック

 

 

⭐️バイクの買い替えや乗らないバイクをスマートに売る方法

記事にしています。読んでみてくださいませ♪

【関連記事】その他、バイクを売りたい方向けの記事は

こちらでご覧になれます。

バイク売るならどこがいい?の疑問に答えます。知恵袋を読むより簡単なことバイクの売り先はどこがいい?バイク買取はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...
バイクの売り方 高く売る方法とコツ 買取業者情報や最強の具体策ですバイクの売り方 高く売る方法コツを解説 買取業者の情報を知って上手にバイクを売る具体的対策...
【決定版】バイクの買取交渉術で上手にバイクを高く売る方法バイクの買取査定交渉術で上手にバイクを売る方法 バイク王以外にも依頼し、交渉術でなるべく高く売りましょう。...
バイク記事一覧roriderblog

バイク用品・装備ランキング
人気ブログランキングでフォロー

金利の低い銀行ローンの近道

かしこく借りて夢をかなえる

\詳しく見てみる/
クラウドローン

バイク買うのにローンを組むなら銀行から借りる方が
金利は低くて圧倒的に有利です。

クラウドローンは銀行ローンの代行業者

●ネットで3分で診断完了

●金利の安い銀行を探して交渉

交渉はクラウドローンにお任せ
(金利の安い安心の銀行マイカーローンが選べます)

●登録無料
闇金業者ではありません。
(2020年スタートの新システム)

バイク店の信販ローンとの金利差は約7%
(銀行のマイカーローンの金利は約3%
バイク店は約10%)
3年で100万円のローンなら13万円もお得です。
200万円なら26万円もお得)。

バイクをローンで買うなら
銀行のマイカーローンを使いましょう!

\サイトで3分間診断をしてみる/
クラウドローン

 

バイク盗難保険

盗難保険は任意保険とは違います。
盗難に特化した保険です。

ZuttoRide保険はロードサービスとセットもあります。

1日25円からのZuttoRideバイク盗難保険

 

●バイク保険に入っておこう

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!

<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

●バイクの置き場所を確保しよう(レンタルボックス)

(全国対応 あなたの近所で探せます)
屋根付き・屋根なし・本格バイクヤードが選べます。
●IF物件はバイクに使えます。(物件多数)

トランクルーム、レンタルボックス、バイクヤードなら加瀬倉庫!

\バイク用レンタルBOXを探す/

>>バイク専用(バイクヤードは4タイプ
>>レンタルボックスもバイクで利用可能

●バイクの買い替え資金を確保しよう(バイク買取業者)

乗らなくなったバイク、買い替えで手放すバイク

無料で査定してもらって売れる

●バイク王
バイク王に無料見積依頼をしよう!

\No. 1のバイク王にアクセス/
バイク王

●バイクワンバイク買取
\ネットで簡単査定のバイクワン/

バイクワン●KATIX
複数業者が見積もる
納得したら売るシステムのKATIX
\写真で簡単査定/

◆バイクを売る方法のおすすめ記事

バイク売るならどこがいい?の疑問に答えます。知恵袋を読むより簡単なことバイクの売り先はどこがいい?バイク買取はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...

バイクメーカー(リンク)メーカーの新車がチェックできる

HONDA

YAMAHA

SUZUKI

KAWASAKI

二輪車関連団体(リンク)バイク業界の情報を詳しく見る

(社)全国軽自動車協会連合会

(社)日本の二輪車普及安全協会

(財)日本モーターサイクルスポーツ協会

【カテゴリー別記事一覧】

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ
老ライダー
老ライダー

気になる項目の記事をチェックしてみてくださいね♪

バイク用品

\ヘルメット・季節ごとのウエア・バッグ類など/
\バイクに関する役立つグッズについての記事/
>>INDEX一覧

キャンプツーリング

\キャンプツーリング全般について/
\バイク・キャンプ道具・積載グッズの記事/
>>INDEX一覧

バイクを高く売る

\バイクの売却方法について/
\買取業者情報や売り方のコツやヒント/
>>INDEX一覧

オートバイライフ

\バイクライフの提案記事/
\バイク選び・バイク免許/
\ツーリング/

>>INDEX一覧

●バイク免許●

\バイク免許/
\教習所情報/
>>INDEX一覧

オートバイ知識

\バイクの知識全般/
\エンジンや車種タイプについての記事/
>>INDEX一覧

バイク初心者

\バイク初心者向けの記事/
\バイク入門・バイク用品選びなどの記事/
>>INDEX一覧

バイク保管・盗難防止

\バイクの保管・盗難防止対策について/
\ガレージライフ・ロック・盗難対策の記事/
>>INDEX一覧

【番外編】     バイク雑談

\バイクに関する雑談/
\バイクの歴史・情報などの記事/
>>INDEX一覧

外車の魅力

\外車の魅力について/
\外車各メーカーの車種紹介の記事/
>>INDEX一覧

バイクカスタム

\バイクのカスタムについて/
\基本的なカスタム・旧車のカスタム/
>>INDEX一覧

 

●コンタクトフォーム お問い合わせはこちらまで●