記事内にはアフィリエイト広告を使用している場合があります。

オートバイ知識

大型バイクのおすすめ トレンドとタイプ別25車種【2024年最新】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

大型バイクに一度は乗ってみたい! どんなバイク乗りでも考えるはず。

大型バイクの迫力ある走りやサウンド これが本物のバイクの醍醐味! だと思いますよね。

しかし、大型バイクはそんなに手軽に買えるものじゃ無いですし、

今後のバイクライフにも影響を及ぼす大切な選択になるはず。

自分に合った最高の1台を探さなければなりません。

自分のスタイルに合った大型バイク探しの旅に出ましょう♪

この記事では、興味深い大型バイクの最新の25車種を紹介していきます。

“バイク合宿免許の教習所を探す”

●バイク免許は

合宿で取ろう

全国80ヶ所のバイク合宿免許教習所が選べます。

安く短期間充実した設備でバイク免許を取るには
合宿免許教習所がおすすめです。

全国の合宿免許場のランキングで選べる
マイライセンス
あなたに最適な合宿免許場を探しましょう!

(大型免許も合宿で短期間で取れます)
83,000円〜

\マイライセンスにアクセス/
大型バイクの合宿教習プラン

 

【関連記事】ゆっくり走って楽しい大型バイク

【2024年最新】乗って楽しい ゆっくり走って楽しい大型バイク7選乗って楽しく、ゆっくり走って楽しい大型バイクのランキング 大型バイクでのんびり走るのに最適なバイクをピックアップしています。 7選 2024年最新版...

【関連記事】長距離走行が楽で疲れない大型バイク

長距離が楽な大型バイク ロングツーリングでも疲れないおすすめバイク長距離が楽な大型バイク ロングツーリングでも疲れないバイク3タイプからおすすめバイクをチョイス それぞれの車種の特徴を解説する長距離ツーリング向き大型バイクの記事...
目次(クリック)

あなたはどっち? あなたのタイプからおすすめ大型バイクを考える

疾走する大型バイク 迫力あるサウンド 加速感

 

⭐︎もう何台も大型バイクに乗り継いできた方、ベテランライダーの方

⭐︎大型バイクは未経験だけど、バイクに何台も乗り継いできたので、そろそろ大型が乗りたい方

⭐︎若い頃にバイクに乗っていたけど、バイク復活したいと大型免許をとったリターンライダーの方

⭐︎バイクに乗った経験は浅いけど、大型バイクにいずれは乗ってみたい方

 

このいずれかに、あなたは含まれることでしょう。

大きく分けると、大型バイク初心者復活したいベテランライダー2つだと思います。

大型バイクに求めるものってなんだろう?と考えますと、以下の内容になるのではないでしょうか?

 

大型バイクを選ぶ基準

●あまりライディングに自信がないから、乗りやすい大型バイク

●人と被らない個性的でおしゃれなバイク

●価格面優先のお得だけど価値のある大型バイク

●所有欲を満たしてくれる”すごい大型バイク”

こんな感じでしょうか?

では、まず大型未経験者の方について考えていきましょう。

 

 

※まだ、大型免許取得検討中の方、中型免許があれば大型バイク免許教習は簡単!誰でも取得できる!のです。

まだの方、参考までにどうぞ♪

普通二輪から大型二輪 限定解除は簡単 誰でも取れる 注意点は2つだけ大型バイク免許は教習所で取れる。普通二輪免許があれば誰でも取れる。気を付けるポイントはたった2つだけ...

大型初心者におすすめな大型バイク

大型未経験ということで”大型初心者”として考えますと、

乗りやすいバイクはどれかな?と考えることでしょう。

ここでは、初の大型バイクに”向いている車種”についてです。

 

大型バイク初心者のおすすめ車種10選の記事も参考になります。

↓↓↓

大型バイク初心者向けおすすめランキング10選 初めてならこれ【2024年最新版】初めて大型バイクに乗る方に向けたおすすめランキング(10選)国産車編です。 乗りやすくて初めてでも安心の車種紹介...

 

大型バイク初心者・リターンライダーが大型バイクを選ぶ場合の注意点

何度も、私のこのブログ内で力説していることなのですが、

初めて大型バイクに乗る場合、注意してほしいことがあります。

 

注意点は、事故やトラブル防止のためですが、

特に40代以上のリターンライダーの方に向けた注意点をあげておきます。

簡単にまとめますと

選ぶときのの注意点

●選ぶべき車種

スーパースポーツやフルカウルのスポーツバイクのライディングポジションは不向き (疲労しやすい点)

 

●パワー

150psを超えるようなハイパワーエンジン車は不向き(技量を伴わないハイパワーは危険)

 

●重量

車体重量は200kg程度のものが取り回しが楽

遥かに超える重量級車種は不向き(体力・筋力面)

【参考記事】とにかく軽い大型バイク

 

●足つき性(シート高)

両足がしっかり地面に着き、バランスを崩しても支えられる車高のもの(体力・筋力面)

【参考記事】足つき性の良い大型バイク

以上の点を考えて車種を選ぶべきなのです。

 

大型バイク初心者に向けた詳しく解説した記事があります。
大型バイク初心者向けの注意点を書いた記事

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...

大型バイクのおすすめ 初心者向けなのはツインエンジン車

大型未経験者の注意点を考えますと、自然と選択すべきバイクが絞られてくると思います。

見た目のカッコよさだけでなく、バイクのスペック(諸元表)は事前によくチェックすべきですよ。

初めての大型バイクにはおすすめできるのは、扱いやすい程よいパワーのエンジンを持つ、

比較的軽量で車体がコンパクトなツインエンジン車がおすすめです。

大型バイク=4気筒マルチエンジンが絶対ではありませんよ。

大型初心者のおすすめバイクの記事が参考になります。なぜツインエンジンが良いのかがわかります。

初の大型バイクには国産ツイン(2気筒)が最適 一覧とおすすめの理由国産大型ツイン(2気筒)バイクが初めての大型バイクにはおすすめ その理由の解説と全車種一覧と筆者の選んだランキングを記載しています。...

大型バイク トレンドを気にするならどう選ぶ?

個性的でおしゃれ、今のトレンドを求める方には、こんな選択があります。

今 流行のバイクのトレンドは、大きく分けて2タイプです。

●クラシックテイストのカジュアルなおしゃれなバイク

●ワイルドでおしゃれなアドベンチャーバイク

 

⭐︎クラシックテイストのおしゃれなバイクは、

『ネオクラシック 』『スクランブラー 』と呼ばれてカテゴリー分けされたバイクのこと

⭐︎ワイルドでおしゃれなアドベンチャーバイクは、

ご存知のようにヨーロッパで人気No. 1カテゴリーの、おしゃれな”パリダカ仕様”バイクのことですね。

 

大型バイクのトレンドは大きく分けて3タイプ

●ネオクラシックバイク

●スクランブラーバイク

●アドベンチャーバイク

この3タイプについて考えます。

大型バイクのトレンド ネオクラシックバイク

ネオクラシックバイク
ネオクラシックバイクは、 NEO ”新しい” ということで
クラシックバイクのフォルムを踏襲した最新の”復刻版”のこと

おしゃれで懐かしいレトロ感あるバイクです。

 

スーパースポーツタイプと違い、速さだけではなく、乗り味やデザインを重視した傾向があります。

大型初心者に適した車種です。 青春時代の名車 という感覚で捉えられリターンライダーにも人気です。

ネオクラシックバイクの大型の記事でおすすめ車種を紹介しています。

ネオクラシックバイクの大型に乗る!レトロで最新!大人の選択ネオクラシック バイクはレトロで最新の懐かしいバイク。バイク本来のかたちでおしゃれ。安心して大人のバイクライフ が実現できます。 ...

一気に30車種を紹介した記事もあります。

チェックしてみてください。参考になりますよ。

ネオクラシックバイクの30選【2024年最新】おしゃれ心をくすぐるトレンドネオクラシックタイプのかっこいいバイクを30種紹介 排気量別 国産 輸入車(外車)ごとに解説・紹介しています。...

大型バイクのトレンド スクランブラーバイク

スクランブラーバイク
スクランブラーバイクは、クラシックバイクのオフロードバイク版とお考えください。

オフロードバイクの無かった時代のデザインを踏襲したバイク。

当時は無骨なバイクでしたが、今は カジュアルなトレンドバイクとして人気なのです。

普段着感覚で乗れるバイクで、おしゃれという位置づけになりました。

日本車では大型車は現在、存在しません。

唯一、ルーツが”スクランブラーバイク”と言える中型バイク YAMAHA SR400が存在するだけです。

小型クラスも外車(輸入車)が中心で、大型バイクは外車のみのラインアップになります。

マイナーな存在のようですが、ネイキッドバイクをカスタムして、

このスクランブラー タイプにすると

バイクがカッコよく、粋でおしゃれなカジュアルバイクになるのです。

普段着感覚で、街中を颯爽と疾走したいなら、この”スクランブラーバイク”の大型もありなのです。

ただ、大型になると、気になるのが車重です。 あまり大型初心者向きではないかもしれません。

スクランブラーバイク 大型に関する記事が参考になります。
気になる方は、チェックしてみてください。

スクランブラーバイク 大型 人気の車種良い点・気になる点と選び方人気のスクランブラー バイク(大型)の紹介と選ぶべきポイントを細かく解説 大型スクランブラー(外車)の選び方がわかる記事...

大型バイクのトレンド アドベンチャーバイク

アドベンチャーバイク
バイクのことを検索する方にとって、一番多いキーワードが

”アドベンチャーバイク”のようですね。

ヨーロッパのトレンド、長いバカンスを装備の整ったオフロードタイプのバイクで出掛ける。

ヨーロッパのお金持ちが始めた趣向、これがツアラーバイクとして人気です。

ツアラー といえば、ハーレーダビッドソンを代表とする、アメリカンクルーザーが頭に浮かびますが、

そのハーレーもヨーロッパの人気に危機感を感じたのか、

”パンアメリカン”というハーレー初のアドベンチャーバイクを発売するほどです。

もちろん、日本でも人気が高まっています。簡単にいうと、

”パリダカ仕様”バイクです。

日本車にもおすすめな車種がありますよ。

ただし、体格の良いかた(身長180cm以上)の方向けでしょうか?

車重もオフロードタイプという割に重いものがほとんどです。

スーパースポーツと同様に最新技術が盛り込まれ、

走行モードの切り替えがいくつもあり、

走りやすいバイクなのですが、初心者向けではない車種が多めです。

アドベンチャーバイクの大型を取り上げた記事もあります。

読んでみてください。参考になると思いますよ。

人気のアドベンチャーバイク 大型はすごい! 日本でどこを走るの?人気の大型アドベンチャーバイクについての考察 本当に必要なのか?日本人や日本に合っているのか?...

大型バイク 人と被らないなら外車の選択はどうですか?

人と被らない、個性的でおしゃれなバイク

こだわりのバイクは、外車に多い気がしますね。

こだわる方は、外車の選択はどうですか?

外車については、”良いですよ!外車は!”これが私の提案です。

大型外車は新車か旧車か?を考えた記事もあります。

かっこいい外車バイクに乗る! あなたの選択はどっち?  かっこいい外車バイクに乗る! 外車の主要メーカーと外車のメリット・デメリットを解説 どのメーカーか?新車か中古車か?あなたの選択はどっち? ...

大型バイク  なるべくリーズナブルなお買い得な車種

大型バイクの価格はピンからキリまであります。

300万円のバイクは無理!という方がほとんどだと思います。

なるべく、安いもの できれば100万円程度で何かないかな?

豪華装備はいらないから、大型バイクの迫力を味わえるリーズナブルな車種は

ないか?ですよね。

初めて大型に乗るなら、この考え方は正解だと思います。

乗ってみてからでないとわからないことがある。

乗ってから、自分の方向性が見えて来る。ということもあります。

とりあえず、体験してみたいという場合、

まずはリーズナブルな1台の選択はありですね。

ありますよ。お手頃価格の大型バイク

大型バイクの国産車おすすめランキング10【2023年最新版】
の中にあります。

価格面が気になる方は一度目を通してみてください。

大型バイク初心者向けおすすめランキング10選 初めてならこれ【2024年最新版】初めて大型バイクに乗る方に向けたおすすめランキング(10選)国産車編です。 乗りやすくて初めてでも安心の車種紹介...

 

また、外車でも実は100万円程度で買えるものもあるのです。

そんな方は予算100万円で可能な大型バイクの外車を読んでみてください。

あこがれのバイク 外車が予算100万円で可能です!おすすめ車種紹介かっこいい大型バイク、あこがれの外車が予算100万円で買える。リーズナブルな外車を紹介しています。外車に乗るのは今は手軽です。 ...

大型バイク 所有欲を満足させるすごいバイク


これは、実用面というより、持っていることでの満足感

ハイパワーな大型バイクは200馬力を超えるものもあります。

サーキットでも走らないと、真価が発揮できないバイク

でも、乗ってみたい 乗っていることでの満足感で良い。

つまり、飾っておく程度でも良い『盆栽バイク』という発想です。

そんな選択肢もあると思います。
そんな方には盆栽バイクの記事が参考になります。

盆栽バイク 夢(理想)のバイクで楽しむバイクライフ盆栽バイク(あまり乗らないで眺めて楽しむ)でもバイクライフは面白い。自分好みのバイクを自分好みの空間(バイクガレージ)で楽しむのもバイクライフ 。...

また、一気に30車種の外車を紹介したかっこいい!大型バイク外車の個性ある30選という記事もあります。

所有欲を満足させるバイクは、外車のなかにきっとあります。

かっこいい大型バイク 手に入れたい外車の個性あふれる30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力ある渋くてすごいバイク30選...

大型バイクのおすすめ車種別

老ライダー
老ライダー
ここから、大型バイクのおすすめ車種をご紹介していきます♬

大型初心者のおすすめ度も分かります。

大型バイクのおすすめ ネオクラシックバイク 10選

大型バイクの中でも、選んで失敗はないタイプだと思いますよ。

大型初心者のおすすめ度を、五段階評価(⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎)していますのでスペック表をチェックしてみてください。

大型バイクのおすすめ ネオクラシック ①

HONDA CB1000R

HONDAの伝統CBがパワフルに、ネオクラシックテイストを残して新登場しています。

従来のリッターCBよりも40kg以上軽量化した、モダンネイキッド

パワーがあります。 初心者はどうでしょうか?ちゅっと心配ですが、車重は扱い安く、車格もコンパクト

 

エンジン形式水冷4気筒 998cc
パワー145ps
シート高830mm
車体重量213kg
車体価格167万9000円
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎

 

大型バイクのおすすめ ネオクラシック ②

HONDA レブル1100 DCT

レブルはアメリカンクルーザーですが、このシリーズならではの、新コンセプトの前後16インチタイヤで軽快にワインディングを走れそうです。 車重だけやや重め

エンジン形式水冷2気筒 1082cc
パワー87ps
シート高700mm
車体重量233kg
車体価格121万円
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

大型バイクのおすすめ ネオクラシック ③

SUZUKI SV 650X ABS


スタイリング ・パワー・車重・シート高で全て基準内、

大型初心者でも楽しめるおすすめバイクです。

エンジン形式水冷V型2気筒 645cc
パワー76ps
シート高790mm
車体重量197kg
車体価格82万9400円
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

大型バイクのおすすめ ネオクラシック ④

Kawasaki Z900RS

近年、一番売れている大型バイクです。  デザインがKawasakiの名車を再現

中身は最新 同スペックの車種に比べて割高な価格設定ですが、バイクはデザインなんだなと思わせます。

エンジン形式水冷4気筒 948cc
パワー111ps
シート高800mm
車体重量215kg
車体価格135万3000円
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎

大型バイクのおすすめ ネオクラシック ⑤

YAMAHA XSR900

新しい車種ですが、どこな懐かしいクラシックテイストのデザイン

2気筒の700は乗りやすいエンジン特性ですが、この900は4気筒エンジンのように過激です。 シート高が少し高め。小柄な人は注意です。

魅力は車重が軽いこと

エンジン形式水冷3気筒 845cc
パワー115ps
シート高830mm
車体重量195kg
車体価格106万1500円
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎

大型バイクのおすすめ ネオクラシック ⑥

Kawasaki W800

W800
ロングストロークエンジンの乗り味が楽しめる、クラシックテイストのWシリーズ

ゆっくり走って楽しめるエンジンです。 ちょっと重いのですが、ロングストロークエンジン車はこんなものです。

エンジン形式空冷2気筒 773cc
パワー52ps
シート高790mm
車体重量225kg
車体価格110万円
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

大型バイクのおすすめ ネオクラシック ⑦

モトグッチ V7 ストーン スペシャル

伝統の空冷縦置きV型OHVエンジンのモトグッチ

エンジンがスケールアップしました。

V7はかっこいいクラシックテイストいっぱいのバイクです。

良い意味でもクセが魅力のバイク これもゆっくり走って楽しめるバイクです。

大型初心者でも充分楽しめる、ノスタルジックなバイクです。

大型バイクおすすめ モトグッチ の記事があります。

気になる方はお読みください。全車ラインアップしています。

モトグッチ 楽しい空冷ツインエンジン 大人の変態?バイクの魅力 イタリアの名車MOTOGUZZIはご存知ですか? 今日は私の大好きな 空冷ツインエンジンの話です。 大人のバイクライ...
エンジン形式空冷縦置V型2気筒 853cc
パワー65ps
シート高780mm
車体重量218kg
車体価格118万8000円
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

大型バイクのおすすめ ネオクラシック ⑧

トライアンフ ストリートツイン

伝統のバイクらしいデザイン、ボンネビルシリーズはエンジンを水冷化しましたが、テイストは昔のまま

落ち着いたかっこいい大人のバイクとしておすすめです。

大型バイクのおすすめ トライアンフの記事もあります。

2気筒の車種を紹介しています。
気になる方はチェックしてみてください。

2気筒エンジンの正統派 トライアンフは人気上昇中 レトロなおすすめの5台2気筒エンジンの正統派 トライアンフはレトロで魅力的 人気の5台を紹介 新しくなった二気筒エンジンのモダンクラシックタイプはおすすめで欲しいバイクです。詳しく解説...
エンジン形式水冷2気筒 899cc
パワー65ps
シート高765mm
車体重量217kg
車体価格110万5000円
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

大型バイクのおすすめ ネオクラシック ⑨

ロイヤルエンフィールド クラシック500

ユニークで個性的 スペックは40年前なバイク  ロイヤルエンフィールドは シーラカンスのような昔から変わらないバイクです。

大型バイクでこの選択は大人の選択のできるバイクのベテランでしょう。

ノスタルジック気分に浸るには最適な1台ですよ。

ロングストロークエンジンの乗り味を楽しみましょう。

大型バイクのおすすめ ロイヤルエンフィールドの記事もあります。

気になる方はチェックしてみてください。

バイク ロイヤルエンフィールドは”シーラカンス”のような 希少なバイクイギリス発祥のインドのバイクメーカー ロイヤルエンフィールドは、実に希少なバイクを作る個性的なバイクメーカーです。 どんな希少な魅...

 

エンジン形式空冷OHV単気筒 499cc
パワー27,2ps
シート高805mm
車体重量195kg
車体価格71万3000円〜
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

大型バイクのおすすめ ネオクラシック ⑩

BMW R NINE T PURE

BMWのネオクラシックデザインの R NINE Tシリーズのベーシックタイプ

伝統の水平対向エンジンは新型になり健在

BMWは”終のバイク”と言われる乗り味です。

ちょっとエンジンがパワフルです。一般道では2速でしか使えないとか。

エンジン形式空油冷水平対向2気筒 1169cc
パワー119ps
シート高820mm
車体重量219kg
車体価格196万5000円
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎

大型バイクのおすすめ スクランブラーバイク 5選

スクランブラーバイクには日本車はありません。

大型スクランブラーにこだわるなら外車です。

ただし、大型初心者向けのものはあまりありませんが、

代表的なものをラインアップしました。

大型バイクのおすすめ スクランブラー ①

DUCATI スクランブラー アイコン

尖ったスポーツバイクのDUCATIの中でスクランブラーシリーズは、ユーザーフレンドリーなネオクラシックタイプです。

車体重量・車格は中型バイク並みです。

DUCATIなのに乗りやすい。 これはおすすです。

最もベーシックなスクランブラーシリーズの1台です。

エンジン形式空冷V型2気筒 803cc
パワー73ps
シート高796mm
車体重量189kg
車体価格114万5000円
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

大型バイクのおすすめ スクランブラー ②

ハスクバーナ スヴェルトピレン701

個性あふれるデザイン、スクランブラーと言っても”モダンスクランブラー”と言えるでしょう。

車重が軽く、シート高はやや高め、ハイパワーシングル車。

単気筒エンジンですが、過激な走りで乗りこなすのには慣れが必要とか。

エンジン形式水冷単気筒 697cc
パワー75ps
シート高835mm
車体重量158,5kg
車体価格149万3000円
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎

大型バイクのおすすめ スクランブラー ③

トライアンフ ストリートスクランブラー

スクランブラー をさ最初に作ったのはこのトライアンフです。

元祖スクランブラーですが、 スクランブラー 的な使い方をするには、

車重が重いのが気になります。

エンジン形式水冷2気筒 899cc
パワー65ps
シート高790mm
車体重量205kg
車体価格130万3000円
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎

大型バイクのおすすめ スクランブラー ④

ファンティック キャバレロ スクランブラー500

日本ではまだ、なじみが薄いですが、歴史あるイタリアのエンデューロマシンメーカーです。

車重がオフロード車のように軽く、本来の軽快なスクランブラーの走りが期待できます。

デザインもクラシカルでかっこいいですね。倒立フォーク等、足回りもしっかりしています。

エンジン形式水冷単気筒 499cc
パワー40ps
シート高820mm
車体重量150kg
車体価格124万円
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

大型バイクのおすすめ スクランブラー ⑤

BMW R NINE T スクランブラー

BMWもスクランブラーがあります。 かっこいいですが、重いのが難点でしょう。

このエンジンでは、軽くしようがないのですが。

エンジン形式空油冷水平対向2気筒 1169cc
パワー110ps
シート高820mm
車体重量223kg
車体価格197万8000円
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎

大型バイクのおすすめ アドベンチャーバイク 5選

アドベンチャーバイクの大型は、最新装備が搭載された車種が多く、価格面でリーズナブルなものが少ないです。

よく吟味すれは、手軽なかっこいい実用的な車種がありますよ。

どれでしょうか?読んでみればわかります。

大型バイクのおすすめ アドベンチャー ①

HONDA アフリカツイン DCT

定評あるHONDAのアフリカツイン 本格的なアドベンチャーバイクです。

DCT(HONDAのクラッチ操作の要らないオートマモード)搭載ですが、

車重もあり、初心者には不向きでしょう。

エンジン形式水冷2気筒 1082cc
パワー102ps
シート高810〜830mm
車体重量236kg
車体価格172万7000円
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎

大型バイクのおすすめ アドベンチャー ②

SUZUKI Vストローム 1050XT

SUZUKIのアドベンチャーバイクの最高峰 本格派志向の方向け

エンジン形式水冷V型2気筒 1036cc
パワー106ps
シート高850mm
車体重量247kg
車体価格151万8000円
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎

大型バイクのおすすめ アドベンチャー ③

HONDA NC750X

アドベンチャーバイクの大型車で最もユーザーフレンドリーなバイクです。

ロングストロークエンジンは低速で粘り、初心者でも安心 低回転でのトルク重視型エンジンです。

価格もリーズナブル。 シート高も低くて安心ですよ。

エンジン形式水冷2気筒 745cc
パワー58ps
シート高800mm
車体重量224kg
車体価格92万4000円
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

大型バイクのおすすめ アドベンチャー ④

BMW R 1250GS

アドベンチャーバイクといえば、BMWのGSです。

至れり尽くせりの走行モードのあるアドベンチャーバイクですが、

車重が重量級で、オフロード走行になれたベテランラーダー向け。

エンジン形式水冷水平対向2気筒 1254cc
パワー136ps
シート高800〜850mm
車体重量256kg
車体価格271万5000円
大型初心者おすすめ度⭐︎

大型バイクのおすすめ アドベンチャー ⑤

DUCATI ムルティストラーダ 950S

DUCATIのリリースした新型アドベンチャーバイク

新型は、軽量コンパクト化して登場。 車体重量の軽さが目を引きます。

シート高が気になりますが、初心者でも、さほどハードルは高くないと思います。

エンジン形式水冷V型2気筒 937cc
パワー113ps
シート高840mm
車体重量207kg
車体価格199万9000円〜
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎

大型バイクのおすすめ【番外編】 5選

所有することでもステイタスや希少性、あるいは差別化

そんな価値観でバイクを所有することだってあります。

どうせ乗るなら、ということでいくつかピックアップしてみました。

大型バイクのすすめ 番外編 ①

DUCATI パニガーレV2

DUCATIのLツインエンジンの最高峰スーパーバイク 記念碑的バイクです。

乗りこなせませんが、2気筒最強のバイクということで、コレクションしたいですね。

エンジン形式水冷V型2気筒 955cc
パワー155ps
シート高840mm
車体重量200kg
車体価格225万円〜
大型初心者おすすめ度⭐︎

大型バイクのすすめ 番外編 ②

DUCATI ストリートファイターV4

同じくDUCATIの最強V4エンジンを搭載した、ストリートファイター

カウルのないスーパーバイクです。 ハンドルポジションはフレンドリーですが、

カウルなしで走るのはしんどそうですね。

でも、かっこいいバイクです。

エンジン形式水冷V型4気筒 998cc
パワー208ps
シート高845mm
車体重量201kg
車体価格244万5000円
大型初心者おすすめ度⭐︎

大型バイクのすすめ 番外編 ③

SUZUKI 隼

こんなすごいバイクが必要なのか? どこで走るのか?と話題になり、

危険だと社会現象まで巻き起こした”隼”が3代目となり復活しました。

きっと、乗りたい人はたくさんいるでしょうが、初心者はやめておきましょう。

エンジン形式水冷4気筒 1339cc
パワー188ps
シート高800mm
車体重量264kg
車体価格215万8000円
大型初心者おすすめ度⭐︎

\隼の動画/

大型バイクのすすめ 番外編 ④

Kawasaki Z1000

デザインが新しいKawasakiの男のバイク.実にかっこいいバイクです。

スーパースポーツ同等のハイパワーバイクですが、

ハンドルポジションが高めで、価格がリーズナブル、おすすめバイクです。

エンジン形式水冷4気筒 1043cc
パワー141ps
シート高815mm
車体重量220kg
車体価格117万1500円
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎

大型バイクのすすめ 番外編 ⑤

ハーレーダビッドソン XL1200X フォーティーエイト

ハーレーに求めるものがなんなのか? やはり乗り味とカッコ良さですね。

それだけで充分です。 見た目よりも車重はかなり重いのですよ。

エンジン形式空冷V型OHV2気筒 1201cc
パワー60ps(非公式)
シート高705mm
車体重量263kg
車体価格160万円〜
大型初心者おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

大型バイク 人気以外に自分に合うかどうかで選択しよう

じっくり読んでみてどうお感じになりましたでしょうか?

初心者向き度の星の数は参考になりましたでしょうか?

あえて、各メーカーのスーパースポーツの最高峰モデルである、”フラッグシップモデル”は載せませんでした。

かっこよさで選べば、当然ラインアップに入ってくるのですが、自分に合うバイクと考えた場合の選択肢には入りませんよね。

かっこよさだけで選ぶバイクの基準ではありません。

用途と目的に合ったバイクの選択 これが現実的な選択、賢い選択です。

大型バイクのおすすめ トレンドとタイプ別おすすめ25車種 まとめ

まとめ

●大型バイクに求めること

●大型バイク 初心者が選ぶ注意点

●大型バイク 初心者向けおすすめバイク

●大型バイクを今のトレンドから候補を選ぶ

●大型バイクを所有欲優先で選ぶ

●大型バイクを価格で選ぶ

●大型バイクを外車から選ぶ

●カテゴリーごとのおすすめバイク紹介25車種

○ネオクラシックタイプ10車種

○スクランブラータイプ5車種

○アドベンチャータイプ5車種

○大型バイク(番外編)タイプ5車種

●目的・用途に合った選択が賢い選択

以上についての内容でした。

 

老ライダー
老ライダー
最後までお読みいただきありがとうございます♬
かしこく借りて夢をかなえる

クラウドローン
バイクでローンを組むなら銀行から借りる方が有利です。

クラウドローンは銀行ローンの代行業者

●金利の安い銀行を探して交渉

●ネットで3分で診断完了

交渉はクラウドローンにお任せ(金利の安い安心の銀行マイカーローンが選べます)

●登録無料
闇金業者ではありません。
(2020年スタートの新システム)

バイク店の信販ローンとの金利差は約7%
(銀行のマイカーローンなら約3%
バイク店は約10%)

3年で100万円のローンなら13万円もお得です。

バイクをローンで買うなら
銀行のマイカーローンを使いましょう!

\サイトで3分間診断/
クラウドローン

 

 

 

バイク記事一覧roriderblog

バイク用品・装備ランキング
人気ブログランキングでフォロー

金利の低い銀行ローンの近道

かしこく借りて夢をかなえる

\詳しく見てみる/
クラウドローン

バイク買うのにローンを組むなら銀行から借りる方が
金利は低くて圧倒的に有利です。

クラウドローンは銀行ローンの代行業者

●ネットで3分で診断完了

●金利の安い銀行を探して交渉

交渉はクラウドローンにお任せ
(金利の安い安心の銀行マイカーローンが選べます)

●登録無料
闇金業者ではありません。
(2020年スタートの新システム)

バイク店の信販ローンとの金利差は約7%
(銀行のマイカーローンの金利は約3%
バイク店は約10%)
3年で100万円のローンなら13万円もお得です。
200万円なら26万円もお得)。

バイクをローンで買うなら
銀行のマイカーローンを使いましょう!

\サイトで3分間診断をしてみる/
クラウドローン

 

バイク盗難保険

盗難保険は任意保険とは違います。
盗難に特化した保険です。

ZuttoRide保険はロードサービスとセットもあります。

1日25円からのZuttoRideバイク盗難保険

 

●バイク保険に入っておこう

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!

<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

●バイクの置き場所を確保しよう(レンタルボックス)

(全国対応 あなたの近所で探せます)
屋根付き・屋根なし・本格バイクヤードが選べます。
●IF物件はバイクに使えます。(物件多数)

トランクルーム、レンタルボックス、バイクヤードなら加瀬倉庫!

\バイク用レンタルBOXを探す/

>>バイク専用(バイクヤードは4タイプ
>>レンタルボックスもバイクで利用可能

●バイクの買い替え資金を確保しよう(バイク買取業者)

乗らなくなったバイク、買い替えで手放すバイク

無料で査定してもらって売れる

●バイク王
バイク王に無料見積依頼をしよう!

\No. 1のバイク王にアクセス/
バイク王

●バイクワンバイク買取
\ネットで簡単査定のバイクワン/

バイクワン●KATIX
複数業者が見積もる
納得したら売るシステムのKATIX
\写真で簡単査定/

◆バイクを売る方法のおすすめ記事

バイク売るならどこがいい?の疑問に答えます。知恵袋を読むより簡単なことバイクの売り先はどこがいい?バイク買取はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...

バイクメーカー(リンク)メーカーの新車がチェックできる

HONDA

YAMAHA

SUZUKI

KAWASAKI

二輪車関連団体(リンク)バイク業界の情報を詳しく見る

(社)全国軽自動車協会連合会

(社)日本の二輪車普及安全協会

(財)日本モーターサイクルスポーツ協会

【カテゴリー別記事一覧】

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ
老ライダー
老ライダー

気になる項目の記事をチェックしてみてくださいね♪

バイク用品

\ヘルメット・季節ごとのウエア・バッグ類など/
\バイクに関する役立つグッズについての記事/
>>INDEX一覧

キャンプツーリング

\キャンプツーリング全般について/
\バイク・キャンプ道具・積載グッズの記事/
>>INDEX一覧

バイクを高く売る

\バイクの売却方法について/
\買取業者情報や売り方のコツやヒント/
>>INDEX一覧

オートバイライフ

\バイクライフの提案記事/
\バイク選び・バイク免許/
\ツーリング/

>>INDEX一覧

●バイク免許●

\バイク免許/
\教習所情報/
>>INDEX一覧

オートバイ知識

\バイクの知識全般/
\エンジンや車種タイプについての記事/
>>INDEX一覧

バイク初心者

\バイク初心者向けの記事/
\バイク入門・バイク用品選びなどの記事/
>>INDEX一覧

バイク保管・盗難防止

\バイクの保管・盗難防止対策について/
\ガレージライフ・ロック・盗難対策の記事/
>>INDEX一覧

【番外編】     バイク雑談

\バイクに関する雑談/
\バイクの歴史・情報などの記事/
>>INDEX一覧

外車の魅力

\外車の魅力について/
\外車各メーカーの車種紹介の記事/
>>INDEX一覧

バイクカスタム

\バイクのカスタムについて/
\基本的なカスタム・旧車のカスタム/
>>INDEX一覧

 

●コンタクトフォーム お問い合わせはこちらまで●