オートバイライフ

バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックは必要

この記事を読む方は、バイクの盗難被害にあった経験者の方ではないでしょうか?

実は、私のその経験者です。

●15年前 ハーレースポーツスター1200S(場所 自宅集合マンションの駐輪場)

盗難経験者は、切実なんですね。 一度盗難にあってしまうと、
その時の防犯対策の自分の甘さを痛感すると同時に
窃盗犯への怒りの他に、絶対今後は盗まれない方法を考えますよね。
(引っ越すわけにはいかないし)

100%有効とは言い切れませんが、考えられるベストな方法として、

ロックについての最強の防衛策をお話しいたします。

この記事はこんな方向け

●盗難経験者の方

●人気バイクなので盗難が心配な方

●自分の盗難対策が完璧か確認したい方

バイクの盗難について最強のロックを考えている方読んでみてください。
ロックだけでなく、バイクの盗難防止策全般に渡っても説明しています。

バイクの盗難は他人事じゃない

バイクの盗難にあったことはありますか? と冒頭で書きましたが、
盗難されてしまうと、金銭面だけでない取り返しのつかない損失がありますね。

カスタムしていて、同じバイクはもう手に入らない。

もちろん、150万円もした外車を盗まれたら、その金銭的負担は計り知れませんね。

私の場合は、自宅(集合マンションの駐輪場でしたが)、バイクの盗まれている場所は色々なところで発生しています。

バイクの盗難場所のグラフ

なんと、住宅(自宅の敷地内)が50%です。次が駐車場です。
(年間盗難件数は20000件以上 一日54件 1時間2,3件近いんです)

そして、一番安全だと思われるバイクの停める場所が狙われるということです。

何を意味しているかと、事前に下調べをして盗んでいるということです。

犯人はどんな輩

犯人は2タイプ

●近所の悪ガキ
●プロの窃盗団

このうちプロの仕業というのが圧倒的に多いのです。
理由は、検挙件数の絶対的低さです。(実際に警察に盗難届を出しても、
バイクが出てこなければ警察は何もしてくれません。これが現実です)

最大の脅威 プロの窃盗団の手口

プロの窃盗団の手口は以下の通りです。

●大型クレーン付きトラック持参
●大型カッター(電動の油圧カッター)
●台車

これで何が考えられるかというと、時間をかければ、どんなバイクでも盗むことができるのです。

重い大型バイクでも地面や固定物と繋いでいないバイクは、クレーンで積んで終了です。(ディスクロックやU字ロックは無意味)

また、地面とつないであるロックを破壊すれば、クレーンに積めてしまいます。

 

狙われたら終わり  狙われないための防衛策は必要

●一つ目は置き場を工夫する

車が入れない狭い場所や、クレーンが使えない低い屋根のある場所(ただし、台車を使って運ばれたら盗まれます)

●二つ目は、めんどくさいと思わせること

複数のロックがある。太めのロックがしてある。

窃盗団が使うハンディー型の最強の油圧カッターも20mm以上の鉄製鋼材はカットできないという点です。(外部電源仕様の油圧カッターは切断可能ですが)

要は、太さ20mm以上の鋼材のロックが必要ということです。

最強の防衛策には最強のロック


最強のロックとは、 地面や固定物のバイクのフレームを繋ぐ太さ20mm

以上のロックを使うこと。

また、一つではなく、複数のロックを使うことです。

複数ロックの場合、壊せるといっても、時間が掛かります。

時間がかかる、手間がかかる→めんどくさい→狙うのやめた 

と思わせることは、狙われないための最重要項目なのです。

もちろん、外部電源などが取れる場所は、最強のロック(20mm以上の太さ)でも切られてしまいます。周りに電源がない場所であれば安全と言えます。

気付かせない ここに高級バイクがあると気付かせないこと

盗難防止にはバイクカバーと前後の車輪にロックをかけること
まだまだ、大切なことがあります。
バイクをとめる場所は、人の出入りが少ない場所の場合が多いですね。

下調べに来た窃盗団がバイクの車種を確認できないようにしておくこと。

バイクカバーをかけ、前後のホイールにU字ロックをして中身が確認
できないようにすること

または、簡易テント型のバイク車庫に入れておくことなどです。

集合住宅で簡易テント型の設置が可能?と疑問に思うかもしれませんが、

そんなころでを遠慮していてはいけません。

権利として、駐車料金を払っていても、盗難された時の保証などはないのが
駐車場契約です。 管理会社と交渉するくらいはしないといけないですよ。

バイクを自転車置き場に自転車と一緒になんてのは論外です。
せめて、車の入り込めない場所に余裕を持って停められるべきです。

私の経験談を書いています。アパートでも交渉できるんです。↓↓

【関連記事】バイクの盗難対策 アパート編で確認してください。

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクの保管について...

場面別にあった最強バイクロックを選ぶ

盗難の危険を感じる場面はどんな時でしょうか?

必要なロックについて考えてみましょう。

●自宅での保管時(不在時)

●出先(ツーリングなどの休憩時や宿泊時)

自宅での保管時 最強策 窃盗団にも対抗できる

先ほど説明した通り、
●最強のロック
●バイクカバーとロック2つ
●バイク用簡易テント

これらを組み合わせて行Uことが最強の対策になります。

準備コストは、 最強20mn以上のロックで50,000円
バイクカバーやU字ロック2つで10000円
(バイク用簡易テントは30,000円)

これが安いと思うか、高いと思うかは、愛車が無くなったことを
考えれば、高い保険とは思えませんね。

結論から言って、最強のロックは、KITACOのスーパーロボットアームが最強です。

20mm以上の太さがあり、固定物と接続しやすいよう、停める場所、状況にあった長さのバリエーションがあります。

私も盗難以降、使っています。年々使っても全く問題ないですよ。

出先、ツーリング先 最強策 コンパクトで効果大のもの

出先ではどうでしょうか?

駐車場などに一泊して停める場合は、心配になりますね。

ツーリングに重いチェーンタイプのロックを持っていくのは合理的ではありません。

アラーム機能がついた、コンパクトなディスクロックブレーキレバーロックを使いましょう。

アラームが鳴れば、付近の人が気付きます。盗難作業の実行はできませんよね。

バッグに入れて出かければ安心です。

また、ツーリング中の荷物の盗難という事例も 散見します。(意外と荷物も盗難は多いようですよ)
ロックのかからないバッグなどには、振動で反応するアラーム付きロックキーがあれば安心です。

荷物に触られたら反応してくれます。 これなら安心。

ロックだけではない。考えられる盗難防止策

一戸建て自宅の場合も盗難被害が多く発生しています。

自分の自宅敷地内だから安心とは言えないところが怖いところですね。

窃盗団は、不在の時を狙って来るのです。

いっそのこと、盗難防止も兼ねて バイクガレージにバイクを保管するという方法もあります。

流石にガレージまで破壊して窃盗を試みることはないでしょう。いくらなんでも付近の住民にわかってしまいますよね。

盗難防止だけでなく、自由なリモートスペースを創造すできるいう点で、考える余地はありますね 断然安心です。

【関連記事】バイクガレージの実現

バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

万が一に備えて 盗難保険に入っておくという手段もある

その他、バイクの盗難に関しても、ダメージを少なくする方法を考えていくと、

こんな手段があります。

盗難保険です。月々わずかな出費で、いたずらや部品の盗難などにも保証がつく保険が
あります。

この保険がとにかく一番のおすすめ保険です。
内容を確認してみる価値はあると思います。

1日25円からのZuttoRideバイク盗難保険

最強のバイクロック  場所別対策はこれが最適 まとめ

まとめ

●盗難は他人事ではない(経験者の視点)

●盗難の窃盗団の実態・手口

●盗難防衛策は、最強のロック

●その他の盗難対策のススメ

●場所別盗難対策

●盗難保険で安心を買う

 

以上の内容でした。

老ライダー
老ライダー

バイクの盗難は、2度と経験したくないですよね。

最強のロックを固定物と繋げて、バイクカバーをして、その上から

前後のタイヤにU字ロックでカバーを開けられないようにしましょう♪

これが、考えられる最強の防衛手段です。

【関連記事】バイクの盗難対策

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクの保管について...

 

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET 欲しいバイクを探す【登録無料】/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテムです。 インナープロテクターは、おしゃれでダサくならないバイクのファッションの幅広がる最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込むおしゃれなバイクには、レトロでカジュアルなセンスあるアイテムを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種は必要 これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめバイクランキング8選 初心者向け250ccの徹底比較バイク初心者むけのおすすめ国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...

キャンプツーリング

>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める場合のおすすめの方法と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
キャンプツーリングの持ち物 使える便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイクを選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイク買取のコツ 高く売る方法と買取交渉について【体験談】バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?口コミから考える買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクの保管について...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックは必要バイクの盗難は2度と経験したくない。 最強のバイクロックと対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告) 二郎系ラーメンの宅配

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です