バイク初心者

ツーリングのおすすめバイク25選 目的や内容で全く変わる選び方

ツーリングのおすすめバイクってどれ?

こんなことを質問をされたら、即答できるバイク乗りはいないのです。

あなたが初心者という前提で考えたら 最初のツーリングに向いたバイクはどれ?

ということであればその質問には答えることはできます。

ここでは、そんな初心者の方にわかりやすいように、ツーリングの目的や内容別に、

または、バイクの車種別・排気量別におすすめのバイクを解説したいと思います

じっくり読んでみてください。

あなたの選ぶべきバイクがわかるかもしれません。(責任は取れませんが w)

この記事はこんな方向け

●初めてバイクを選ぶ方

●本格的なツーリングに憧れている方

●自分に合ったバイクを探している方

目次(クリック)

ツーリングといっても色々ある ツーリングとは長距離を走って快適なバイク


バイクで遠出をする  それがツーリングだと思います。

100kmくらい走る、県境を超えて遠出する これからがツーリングですね。

ツーリングは日帰りもあるし、何泊もするツーリングはロングツーリングと言って

北海道を一周するとか、九州を一周するとか、長期間をかけて日本一周をするとか
広く目的や内容が違いますね。

 

そこまで考えなくても、長距離を走って快適なバイクということになると思います。

バイクは疲れる乗り物です。

バイクで走行する距離は車で走行する距離に比べて、慣れないうちは
同じ距離を走っても疲れるものです。

理由は、風の受けて走るから(思っている以上に風を受けて走ると疲れるものです

100km程度走るにも、鼻歌まじりにちょっとそこまでという感覚ではいかないのがバイクです。

慣れた人でもそこそこ疲れるわけです。

また、全身を使ってライディングするバイクの運転は、神経も使います。

そのことを考えるとなるべく、疲れないバイクということなのですが。

ツーリング向けバイクを考えているあなたが、

どんなツーリングをしたいのかによって選ぶべきバイクが違います。

目的や内容によっておすすめバイクは全く違います

どんなツーリングをするのかによって選ぶべきバイクは違う理由は

ツーリングの目的や内容によって求められるバイクの特性が違うからです。

ツーリングのタイプとしては、

①100km−200km程度を走る日帰りツーリング

②高速道路を中心に500km程度走る長距離日帰りツーリング

③数日をかけて1000km以上走るロングツーリング

④タンデムツーリング(二人乗り)

⑤悪路(未舗装路)を中心に走る林道ツーリング

⑥キャンプを楽しむキャンプツーリング

ツーリングを大まかに分けるとこの6つになると思います。

① 100−200km 日帰りツーリング


100−200kmの日帰りツーリングはバイク乗りにとっては軽めのツーリングです。

250cc以上のバイクにとっては問題のない疲れない距離だと思います。

ただし、パワーのない125ccクラスのバイクには本気で出かけるツーリングです。

この程度のツーリングは荷物もレインウエア程度で、ほとんど必要なく、
どんなバイクでも問題はないはずです。

② 高速道路中心 500km長距離日帰りツーリング


都市圏から100km以上離れたところまで一気に高速で移動

その後、有料道路などを走って楽しむ日帰りツーリングには、

パワー面や高速道路の快適性を考えて、

大型バイクが疲れずに快適にツーリングができます。

速くてパワーがあって長距離走行でも疲れないバイク、

大型バイクほど快適です。

③ 数日かけていくロングツーリング


数日の宿泊を兼ねたツーリングの場合、

荷物の積載を考えないといけなくなります。

バイクには、あまりたくさんの荷物は積めません。

積むためのスペースや、荷物の重量が増すことを考えると、

パワーのない125ccクラスでは、

1日の移動距離を少なくしないと無理があります。

荷物も積めて、疲れず快適に走れる大型バイクが一番向いています。

④ タンデムツーリング


125ccバイクでも二人乗りはできます。(高速道路は125cc超)

長距離を走るツーリングは、2人乗ってもパワーに余裕のあるバイクで、

大柄なバイクでないと、運転する側も、同乗者(タンデマー)も窮屈で
疲れてしまいます。

250ccクラスでも可能ですが、疲れないことを考えると大型バイクが向いています。

タンデムツーリングに向いているバイクの記事もあります。

気になる方は、読んでみてください。

【参考記事】タンデムツーリングのバイクに関する記事

タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
タンデムツーリング 夫婦で始めるメリットと広がるバイクライフタンデムツーリング は夫婦で始めるのがおすすめ。 その理由とすごいメリットを解説 タンデムに便利なグッズも紹介...

⑤ 林道ツーリング


未舗装の田舎道や林道を中心に自然を味わう林道ツーリング

バイクの速度は低め、不安定な悪路の走行を考えると、

軽くて、悪路を軽快に走れるオフロードタイプの250cc以下のクラスが向いています。

大型バイクでは難しいツーリングです。

⑥ キャンプツーリング


今流行のキャンプツーリングですが、

キャンプ場まで安全に、たくさんの荷物を積んで行けるバイクが快適です。

荷物を積むことを考えると積載方法がしっかりしていて、

多少の悪路も安心して走行できるバイクが必要です。

荷物をたくさん積むからといって、

大型バイクである必要はなく、むしろ小型バイクで軽量なバイクの方が向いています。

 

【参考記事】キャンプツーリングのバイクに関する記事

キャンプツーリングに向いているおすすめバイク【小型〜大型24種】 キャンンプツーリングに最適なおすすめバイク 小型から大型まで24種の紹介とおすすめの装備...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...

目的がわかったら 排気量別やタイプ別に考えよう

やりたいツーリングの内容、目的がわかったら、バイクを選んでいきましょう。

バイクの特性について少し、掘り下げます。

●排気量別

●車種のタイプ別

簡単に解説します。

排気量について

排気量の違いはバイクのパワーの差と重量の差に現れます。

排気量が大きいほどパワーもあり、重いバイクになるということです。

それぞれの特性を考えていきましょう。

●125ccクラス

パワーも10から15ps程度

バイクの重量も120kg前後

原付バイクに乗り慣れている人にはパワーがあって重くなく、快適と感じるはずです。

 

125ccのおすすめバイクを集めた記事があります。

気になる方はチェックしてみてください。

【参考記事】125ccバイクについての記事

ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...
スクランブラーバイク125 ストリートに映えるおすすめ8メーカースクランブラーバイクはストリートに似合うカジュアルでおしゃれな手軽なバイク 人と被らないこだわりバイクの125ccの原付二種タイプのおすすめ車種を紹介...

●250ccから400ccバイク

車種にもよりますが、パワーもあり、車格もある程度あり、疲れずに長距離を走れるバイクです。’

パワーもあり過ぎることはなく、車重もさほど重くはないため(200g以下)、初心者にも向いています。

250ccを集めた記事もあります。気になる記事をチェックしてみてください。

 

【参考記事】250ccバイクについての記事

250ccバイクは手軽で楽しい! 新車で考えるおすすめ 厳選5選大人がバイクを乗り出すかあb、最新の250ccが一番手軽で無難です。 若者と被らない従部にあったバイクを厳選5車種から探す...
おすすめ250ccバイクランキング8選 初心者向けを徹底比較バイク初心者におすすめの国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...
外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

●400cc超の大型バイク

大型バイクは、パワー面で、ライダーが意図せず巨力なパワーが出るため、

初心者には注意が必要です。

扱いきれないパワーのため、ある意味危険とも言えます。

車重もエンジンが大きくなるため、どっしりとした安定感がありますが、

重いものがほとんどで、(200kg以上)

取り回しが大変なため、初心者は車種を選んだ方が無難です。

 

初めての大型バイクについて、選び方やおすすめ車種がわかる記事があります。

【参考記事】大型バイクについての各種記事

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
大型バイクランキング10選 初めてならこれ【2021年最新版】初めて大型バイクに乗る方に向けたおすすめランキング(10選)国産車編です。 乗りやすくて初めてでも安心の車種紹介...
初の大型バイクには国産ツイン(2気筒)が最適 一覧とおすすめの理由国産大型ツイン(2気筒)バイクが初めての大型バイクにはおすすめ その理由の解説と全車種一覧と筆者の選んだランキングを記載しています。...

車種タイプについて

車種タイプ別にツーリングに向いているか簡単に説明します。

●SS(スーパースポーツタイプ)

●ネイキッドタイプ

●ツアラータイプ

●アメリカンクルーザータイプ

●ストリートファイタータイプ

●ハイパーモタードタイプ

●アドベンチャータイプ

●オフロードタイプ

大まかに分けて8タイプです。

●SS(スーパースポーツタイプ)


ツーリング目的の場合、 スーパースポーツタイプの前傾姿勢でハンドル高の低バイクは、
長距離走行には、快適ではありません。 乗車姿勢がきつく、疲れやすいバイクです。

大型バイクでも中型バイク並に軽量(200kg程度)なものもありますが、

パワーが強大なため一般道で初心者が乗っても楽しめないでしょう。

ツーリング向きではありません。

●ネイキッドバイク


カウルのないネイキッドバイクは、

ハンドル位置が高くリラッックスしてライディングできるタイプが多く、

ツーリングに向いているバイクです。

車重は平均的でパワーもツーリング主体で考えられたバイクのため、

スーパーバイクと比較すれば低い設定になっています。

カウルがないため、風を体に受けて走行することになるため、

長距離の高速走行は辛い場合があります。

しかし、ツーリング向けにカスタムすることができ、

さまざまなツーリングにも向いていて初心者向にも扱いやすいバイクです。

【参考記事】ネイキッドバイクの紹介記事

ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...
中古バイクの250ccはネイキッドがおすすめ 安く買える車種20選手軽な中古バイクを買うならネイキッドタイプの250ccが断然おすすめ 安く買える狙い目20車種...

●ツアラータイプ


ツアラータイプは、エンジンの振動を抑え、

高速道路をライダーに安定して快適に走れる設計のバイク

空力面でライダーに風が直接当たらないカウルがあり、高速走行がしやすくなっています。

ほとんどが大型バイクで車重が300kgを超えるものもあります。

パワーに余裕がありロングツーリングには快適ですが、車格が大きく、

初心者向きではありません。

【参考記事】ツアラーに関する記事(20車種紹介

最強のツアラーバイク20選 高速ライディングが快適 どれがおすすめ?

●アメリカンクルーザータイプ


アメリカンクルーザーはハーレーを代表するようなゆったりとしたライディングポジションで、

直進安定性を重視したツーリング向けバイクです。

車格の割にはパワーは控えめで、高速道路よりも一般道をゆったり走るのに適したバイクです。

カウルのないネイキッドタイプとカウルのあるツアラータイプに分かれています。

ツーリングに向いているバイクですが、車重が重い(250kg以上)のが難点。

 

アメリカンクルーザーを代表する
”ハーレーダビッドソン”についての記事が参考になります。

【参考記事】ハーレーダビッドソンに関する記事

ハーレーダビッドソンの世界 憧れる前に知っておくべき事 ハーレーなんて乗るのはやめましょう! 私の第一声はこれです。 あくまでも バイクを楽しむための ”嗜好” の問題ですが。 ...

●ストリートファイタータイプ


ストリートファイターは、 スーパースポーツバイクを

カウルをなくしてハンドル位置を高くした比較的リラックスして乗れるバイク。

ネイキッドバイクのハイパワーバイクという位置付けです。

スーパースポーツ同様に軽量でツーリングにも向いています。

●ハイパーモタードタイプ


オフロードバイクの軽快な運動性能をオンロード用に取り入れたバイク。

ライディングポジションはオフロードバイク同様、

直立姿勢のため、長距離走行には不向きです。

ハイパーモタードはストリートユースに向いています。

●アドべンチャータイプ


アドベンチャーバイクは。荷物もたくさん積めて、オフロード(悪路)も走破しやすいコンセプトのバイク。

ツアラーの代わりとしてロングツーリング用のトレンドバイクです。

オフロードバイクに似ていますが、車重は重めで(250kg前後)

シート高が高いものが多く、ツーリング向けですが、

大柄な大型バイクは初心者には不向き。

 

アドベンチャーバイクについての記事が参考になります。

【参考記事】アドベンチャーバイクについての記事

人気のアドベンチャーバイク 大型はすごい! 日本でどこを走るの?人気の大型アドベンチャーバイクについての考察 本当に必要なのか?日本人や日本に合っているのか?...
アドベンチャーバイク中型スモールクラス  比較して失敗しない方法人気のアドベンチャーバイクですが、実用的な中型(スモールクラス)を比較した記事です。車種選びの参考になり役立つはずです。 このスモ...

●オフロードタイプ


オフロードバイク(エンデューロ)にはあまり大型タイプはありません。

軽量で悪路も走りやすい設計のバイクのため、

オンロードでも乗りやすいバイクです。

乗車姿勢が直立のため、長距離走行に向いていません。

長距離を走らないキャンプツーリングや林道をメインで走る
林道ツーリングに向いています。

ツーリングには向いていないバイクについて

ツーリングに向いていないいバイクは、スーパースポーツバイクです。

理由は、ハイパワーすぎる点もありますが、

乗車姿勢がとにかく疲れやすいバイクなため

長距離走行は辛いのです。(サーキットを走る前提のバイクのため)

また、ツアラータイプやアメリカンクルーザーのツアラータイプもあまり向いていません。
車体が大きく、重量が300kg以上の大型バイクは、

大陸を移動するような直線道路の多い場所むけで、

交通量の多い、カーブの多い、狭い日本の道にはあまり向いていません。

ツーリングのおすすめバイク25選 排気量別

お待たせしました。 前置きが長くなりましたが、

ツーリングの目的別、内容別のおすすめバイクを紹介していきます。

バイク選びの参考になるかと思います。

(向いているツーリングをを①〜⑥のツーリングのタイプで表示しました)

長距離走行は苦しいけど手軽にキャンプなどが楽しめる小型125ccクラスのおすすめバイク

①の100−200km程度の日帰りツーリングや、⑥のキャンプツーリングなど

長距離走行を必要としないツーリングには、軽量で扱いやすい点でおすすめできる125ccです。

おすすめ車種  HONDA ハンターカブ CT150

125ccエンジンで控えめなパワーのスーパーカブの中で、ツーリングに向いている

のは、ハンターカブです。

ブレーキも、重い荷物を積んでも安心の前後ディスクブレーキ、

マフラーは、多少の水の中でも走破できるようにアップマフラーになっています。

オフロードを走ることを前提に作られていて、ソロキャンパーには人気ナンバーワンのバイクです。

リアキャリアも大きく、50L以上の大型固定式ボックスも装着可能

ボックスの上に大型バッグを固定すれば、キャンプツーリング用の荷物は楽々積載できてしまいます。

キャンプツーリングを主体に考えている場合、最適なバイクです。

エンジン型式・排気量 空冷単気筒  124cc
パワー 8,8ps
シート高・車重 800mm・ 120kg
ガソリンタンク容量 5,3L
向いているツーリング ①100−200km日帰り ⑥キャンプツーリング
車体価格 44万円

 

おすすめ車種  HONDA クロスカブ110

ハンターカブほどではありませんが、悪路も走れ、

アウトドア用のヘビーデューティー仕様のクロスカブもおすすめです。

全てハンターカブより一回り低スペックですが、使えると思います。

車体価格もハンターカブよりは、ずいぶんリーズナブルな点が良いですね。

エンジン型式・排気量 空冷単気筒 109 cc
パワー 8ps
シート高・車重 784mm・ 106kg
ガソリンタンク容量 4,3L
向いているツーリング ①100−200km日帰り ⑥キャンプツーリング
車体価格 34万1000円

おすすめ車種  HONDA CB125R

CB125Rは125ccですが、 車体が250ccと同様の大柄なサイズのため、

125ccの不安定感はなく、ツーリングにも快適です。

パワーもあり、長距離移動にも疲れず快適に走れる125cc。

キャンプツーリングにも使えます。ハンドル位置も高く、

社外品に、リアキャリアと大型トップケース(48L)があり、

リアシートに大型バッグを追加すれば、キャンプ道具は問題なく積めますよ。

エンジン型式・排気量 水冷単気筒  124cc
パワー 15ps
シート高・車重 815mm・ 130kg
ガソリンタンク容量 10L
向いているツーリング ①100ー200km日帰り ⑥キャンプツーリング
車体価格 47万3000円

おすすめ車種  SUZUKI GSXーS 125 ABS

HONDA CB125R 同様の大柄な車格で、これも125ccの中では

ツーリング向きバイクです。

パワーも十分。 ハンドル位置も低いことなく、

オールマイティーに使えるバイクです。

 

エンジン型式・排気量 水冷単気筒  124cc
パワー 15ps
シート高・車重 785mm・ 133kg
ガソリンタンク容量 11L
向いているツーリング ①100ー200km日帰り ⑥キャンプツーリング
車体価格 38万2800円

おすすめ車種  AJS テンペストスクランブラー125

イギリスの伝統あるメーカーAJSは小型車で復活、

日本にも正規品として販売されている外車です。

デザインは、125ccクラスでは日本車にはない
クラシカルでおしゃれなバイク

車格は大柄で250cc並の頼もしさ

エンジンはYAMAHA製なので故障等のリスクも気になりませんね。

ガソリンタンク容量は中型バイク並の16Lと余裕の容量

125ccの非力さはありますが、ツーリングには使えます。

価格が魅力的! 日本車よりもリーズナブルな価格設定です。

さらにこのバイクの利点は、スクランブラーバイクという点。

スクランブラー仕様のブロックタイヤ装着、悪路も走破できます。

純正品でリアキャリアもあり、大型トップボックスも装着可能です。
車体の大きさもあってキャンプに必要な荷物は問題なく積載可能

キャンプツーリングにおすすめです。

解説・試乗動画があります。↓↓

AJS公式サイトもチェックしてみてください。

 

【YAHOO】で買うことができます。

\販売サイト スクランブラー125/

テンペスト スクランブラー125

エンジン型式・排気量 空冷単気筒  124cc
パワー 10,36ps
シート高・車重 780mm・124kg
ガソリンタンク容量 16L
向いているツーリング ①100−200km日帰り ⑥キャンプツーリング
車体価格 35万5300円

おすすめ車種 AJS デザートスクランブラー125

こちらは、同じAJSのデザートスクランブラーと言うアップマフラー仕様タイプ

オフロードでも走れるスクランブラー仕様のバイクは、日本車には存在しないので、
このバイクは、廉価で購入できる外車として注目のバイクです。

ハンターカブよりも安く手に入るのですから。

 

\販売サイト デザート 125/

デザートスクランブラー125

エンジン型式・排気量 空冷単気筒  124cc
パワー 10,36ps
シート高・車重 780mm・ (推定)110kg
ガソリンタンク容量 不明(推定10L)
向いているツーリング ①100−200kmに帰り ⑥キャンプツーリング
車体価格 39万3800円

ツーリングに無難な選択 乗りやすい中型250から400ccクラスのおすすめバイク

250cc以上のバイクは、パワーにも余裕があり、長距離ツーリングや高速走行でも

さほどストレスを感じず楽しめるバイクです。

その中でも、初めての本格ツーリングに向いている車種を選択しました。

おすすめ車種 HONDA CB250R

軽量で乗りやすいネイキッドスタイル  ツーリングを始めるなら

このバイク 小気味よい単気筒エンジンは軽快に走ります。

エンジン型式・排気量 水冷単気筒 249cc
パワー 27ps
シート高・車重 795mm・ 144kg
ガソリンタンク容量 10L
向いているツーリング ③ロングツーリング ⑥キャンプツーリング
車体価格 56万4000円

おすすめ車種 HONDA GB350

ロングストロークエンジンを搭載した、ゆっくり走って楽しいバイク

それがGB350です。高速道路を走るより一般道を走って楽しいはずです。

ロングストロークエンジンは低速で粘り、乗りやすいですよ。

【参考記事】ロングストロークエンジンについてはこちらの記事

エンジン型式・排気量 空冷単気筒 348cc
パワー 20ps
シート高・車重 800mm・ 180kg
ガソリンタンク容量 15L
向いているツーリング ③ロングツーリング ⑥キャンプツーリング
車体価格 55万円

おすすめ車種 HONDA 400X

アドベンチャーバイクの要素を取り入れたロードスポーツモデル

最もツーリングに適した乗りやすく疲れないバイクです。

タンデムツーリングもできますよ。

エンジン型式・排気量 水冷2気筒  399cc
パワー 46ps
シート高・車重 800mm・ 196kg
ガソリンタンク容量 17L
向いているツーリング ③ロングツーリング ⑥キャンプツーリング
車体価格 82万6100円

おすすめ車種 HONDA CRF250L

少なくなったオフロードバイクのラインアップですが、キャンプツーリングなどには

最適です。長距離でなければオンロードも乗りやすい、それがオフロードバイクです。

エンジン型式・排気量 水冷単気筒  249cc
パワー 24ps
シート高・車重 830mm・ 140kg
ガソリンタンク容量 7,8L
向いているツーリング ⑤林道ツーリング ⑥キャンプツーリング
車体価格 59万9500円

おすすめ車種 HONDA CB400FOUR

水冷4気筒エンジンは振動もなくスムーズ。 乗りやすいネイキッドスタイルと

伝統的なデザインはバイクの基本形として、CBは人気が衰えません。

ツーリングに最適なバイクです。

エンジン型式・排気量 水冷4気筒  399cc
パワー 56ps
シート高・車重 755mm・ 201kg
ガソリンタンク容量 18L
向いているツーリング ③ロングツーリング
車体価格 92万8400円

おすすめ車種 YAMAHA MT−25

軽量でパワフルな2気筒エンジン、モダンなストリートファイター風のデザインが好みなら、

MT−25が手軽でおすすめのツーリングバイクです。

エンジン型式・排気量 水冷2気筒  248cc
パワー 35ps
シート高・車重 780mm・ 169kg
ガソリンタンク容量 14L
向いているツーリング ③ロングツーリング
車体価格 62万1500円

おすすめ車種 SUZUKI Vストローム250

人気のアドベンチャーバイクの実用的な250cc。 特にVストロームは

初心者にも乗りやすく売れているバイクです。 ツーリングには最適

どちらかというとオンロードが得意です。

エンジン型式・排気量 水冷2気筒  248cc
パワー 24ps
シート高・車重 800mm・ 189kg
ガソリンタンク容量 17L
向いているツーリング ③ロングツーリング ⑥キャンプツーリング
車体価格 61万3800円

おすすめ車種 SUZUKI ジグサー250

軽量で乗りやすいネイキッドバイク。燃費の良さと価格に安さで

注目の250ccです。 ツーリング入門者には最適です。

エンジン型式・排気量 油冷単気筒  249cc
パワー 26ps
シート高・車重 800mm・ 154kg
ガソリンタンク容量 12L
向いているツーリング ③ロングツーリング
車体価格 44万8800円

おすすめ車種 KAWASAKI VERSY 250ツアラー

250ccのアドベンチャーバイク オフロードもオンロードも得意です。

悪路も走れて250ccとしてはパワフルなマルチパーパスモデルです。

 

エンジン型式・排気量 水冷2気筒  248cc
パワー 33ps
シート高・車重 815mm・ 183kg
ガソリンタンク容量 17L
向いているツーリング ③ロングツーリング ④キャンプツーリング
車体価格 70万4000円

長距離もタンデムツーリングも楽々 大型401cc超バイクのおすすめバイク

大排気量の大型バイクは、パワー面で余裕があり

長距離走行でも疲れないバイクです。

ツーリング主体の初心者でも安心のものや、タンデムツーリングにも向いている
車種もおすすめいたします。

おすすめ車種 HONDA レブル1100 DCT

レブルはアメリカンクルーザーですが、見た目の鈍重な割には、

キビキビとワインディングロードも走れます。

250cc、500ccの兄弟車もありますが、パワフルな1100ccは

ロングツーリングでもタンデムツーリングでもストレスなく使えます。

エンジン型式・排気量 水冷2気筒  1082cc
パワー 87ps
シート高・車重 700mm・ 233kg
ガソリンタンク容量 13L
向いているツーリング ③ロングツーリング ④タンデムツーリング
車体価格 121万円

おすすめ車種 HONDA NC 750X DCT

初心者には最適な大型バイクだと思います。

アドベンチャーバイクの乗りやすさを備えたロードタイプの

デュアルパーパスツアラーだと思います。 これがタンデムには最適バイク

だと思います。

エンジン型式・排気量 水冷2気筒  745cc
パワー 58ps
シート高・車重 800mm・ 224kg
ガソリンタンク容量 14L
向いているツーリング ③ロングツーリング ④タンデムツーリング
車体価格 92万4000円

おすすめ車種 YAMAHA XSR700

クラシカルなレトロなルックスが良いですね。

軽量な大型ライトスポーツなので、ツーリングで楽しめる

ネイキッドバイク。

エンジン型式・排気量 水冷2気筒  688cc
パワー 73ps
シート高・車重 835mm・ 180kg
ガソリンタンク容量 13L
向いているツーリング ③ロングツーリング
車体価格 91万6800円

おすすめ車種 YAMAHA BOLT RスペックABS

空冷Vツインエンジンは希少なバイク 日本車ではこの一台のみ

ハーレーよりも格安で手に入る、Vツインエンジンの鼓動が

楽しめます。のんびりロングツーリングには最適バイク

エンジン型式・排気量 空冷V型2気筒  941cc
パワー 58ps
シート高・車重 690mm・ 252kg
ガソリンタンク容量 13L
向いているツーリング ③ロングツーリング ④タンデムツーリング
車体価格 104万5000円

おすすめ車種 SUZUKI SV 650X ABS

バランスの取れた軽量Vツインスポーツバイクだと思います。

デザインは大人のデザインです。(ビキニカウルやシートと車体のカラーコーディネートがおしゃれです。)

初心者にも乗りやすいはず。大型ネイキッドで小柄な方にも最適です。

Vツインエンジンの乗り味も楽しめるツーリングに最適な一台です。

エンジン型式・排気量 水冷V型2気筒  645cc
パワー 76,1ps
シート高・車重 790mm・ 197kg
ガソリンタンク容量 12L
向いているツーリング ③ロングツーリング
車体価格 82万9400円

おすすめ車種 KAWASAKI W800ストリート

バーチカルツインエンジンの乗り味とレトロなルックスが良い落ち着いたバイク

W800 の中で最もハンドル位置が高く、ゆったり走れます。

大人のツーリングにぴったりなバイクです。

エンジン型式・排気量 空冷2気筒 773cc
パワー 52ps
シート高・車重 770mm・ 221kg
ガソリンタンク容量 15L
向いているツーリング ③ロングツーリング
車体価格 101万2000円

おすすめ車種 外車 DUCATI スクランブラーアイコン

DUCATI の中でも、中型バイクのようにコンパクトでユーザーフレンドリーなのが

スクランブラー。このアイコンはベーシックタイプで価格もこなれています。

キャンプツーリングでもこなせる大型バイク  欲しいバイクの一つです。

エンジン型式・排気量 空冷V型2気筒 803cc
パワー 73ps
シート高・車重 798mm・ 189kg
ガソリンタンク容量 13,5L
向いているツーリング ③ロングツーリング ⑥キャンプツーリング
車体価格 114万6000円

おすすめ車種 外車 トライアンフ ストリートツイン

ネイキッドバイクのお手本のようなデザイン。伝統のトライアンフボンネビル

シリーズのストリートツインは、価格も国産車並。

雰囲気あるツインエンジンは水冷化しましたが、

外車のサウンドを楽しめツーリングに出かけたくなるバイクです。

エンジン型式・排気量 水冷2気筒  899cc
パワー 65ps
シート高・車重 785mm・ 217kg
ガソリンタンク容量 12L
向いているツーリング ③ロングツーリング
車体価格 101万5000円

おすすめ車種 HONDA CRF1100L アフリカツイン アドベンチャースポーツ

日本を代表するアドベンチャーバイクのアフリカツイン

本格的なアドベンチャーバイクは初心者には敷居が高いと思われがちですが、

ひたすら乗りやすいのがアドベンチャーバイクでもあります。

その気になれば、高速ツーリングもパワフルなエンジンや大きめなシールドで

楽々こなせてしまいます。ロングツーリングやタンデムツーリングにおすすめです。

エンジン型式・排気量 水冷2気筒  1082cc
パワー 102ps
シート高・車重 810mm・ 238kg
ガソリンタンク容量 24L
向いているツーリング ②500km高速ツーリング ④タンデムツーリング
車体価格 194万7000円

おすすめ車種 SUZUKI Vストローム650XT

SUZUKIのVストロームには1050ccタイプもあります。この650ccは

車重の重くなく、ちょうど良いアドベンチャーバイクだと思います。

タンデムツーリングに最適

エンジン型式・排気量 水冷2気筒  645cc
パワー 69ps
シート高・車重 835mm・ 215kg
ガソリンタンク容量 20L
向いているツーリング ③ロングツーリング ④タンデムツーリング
車体価格 96万8000円

おすすめ車種 YAMAHA FJR 1300A

500kmの高速ツーリングを考えた場合、ツアラーは最も疲れない快適バイクです。

ただし、大きくて重くて高額でなかなか手が出ない車種でもあります。

同クラスのBMWやハーレーやHONDAのゴールドウイングと色々考えても

価格面で300万円超えを考えると、圧倒的にお買い得、

FJRが良いと思います。

高速ツーリング、タンデムツーリングには向いています。

 

エンジン型式・排気量 水冷4気筒  1297cc
パワー 147ps
シート高・車重 805mm・ 289kg
ガソリンタンク容量 25L
向いているツーリング ②500km高速ツーリング ④タンデムツーリング
車体価格 154万円

結論 初心者ならまず乗りやすいバイクを選ぶ パワー・車重・シート高


色々なツーリングに関しておすすめの車種を紹介してきました。

これから本格的なツーリングを始めるならという視点で選んだラインアップです。

まず、バイクに乗りなれていない方がバイクを選ぶ場合を想定して

●パワー
●車重
●シート高

この3点に着目していました。

パワー

大型バイクについてですが、 選びべきバイクは100PS程度がおすすめです。

理由は、150PSを超えるようなパワーは一般道では必要ないからです。

(高速道路で最高速チャレンジするわけにも行きませんよね)

60km /h制限の道ではハイパワーバイクは2速ギアくらいしか使えませんよ。

タンデムツーリングで重量が増したバイクでも50PS以上パワーがあれば

タンデムで非力、辛いということはありません。

車重

バイクの重量は、200kg程度を選ぶべきです。

取り回しは重いと大変です。 ついつい重いバイクは乗るのが面倒になって

乗らなくなるものです。かっこよさだけでバイクを選んでも、

つい面倒でツーリングに行かなくなる恐れもありますよ。

それでは本末転倒ですよね。

シート高

身長が180cm近くある方は良いのですが、 小柄な方はシート高800mm
程度のバイクを選びましょう。

つま先がやっと着く程度では、

フラついた時に踏ん張りが効かなくて、上級者でも立ちゴケしてしまいます。

乗り味も考える (エンジン特性などでツーリングに向いているバイク)

ツーリングは 長時間バイク乗り続けることの連続です。

なるべく、楽なポジション(乗車姿勢で)エンジンを高回転にしないで走行する方が
疲れないのです。

そのため、高速走行などでは、小型のバイクは高回転エンジンの振動で疲れやすく、

そのため、高回転にしなくても走れる大型バイクが高速走行には向いています。

また、一般道ではその逆で、ハイパワーの大型バイクでは眠くて退屈してしまうこともあります。
(本来の性能を出す場がないため)

ツーリングは、目的によって選ぶバイクが違うのだということを考えましょう。

ツーリングではそんなにハイパワーのバイクは必要ないのです。

乗り心地やゆっくり走って楽しいバイクを選びましょう。

 

私のおすすめは、

ゆっくり走って楽しい乗り味のバイク → Vツインエンジンのバイク です。

【参考記事】Vツインエンジンの魅力についての記事

V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 

 

ツーリングのおすすめバイクは大型バイク?目的や内容で全く変わる選び方 まとめ

まとめ

●ツーリングのおすすめバイクは長距離を走っても疲れないバイク

●ツーリングの目的・内容で、選ぶバイクは変わる

●ツーリングの種類はどんなツーリングに分かれるのか?

●バイクの排気量別特性 初心者に合う排気量は?

●バイクの車種別特性 どのタイプがツーリングに向いているか?

●ツーリングに向いていないバイク

●排気量別のツーリングおすすめバイク25車種

●初心者なら乗りやすいバイクをまず選ぼう
○パワー 100Ps程度まで
○重量 200kg程度まで
○シート高 800mm程度
○乗り味(ゆっくり走って楽しいバイク)

以上の内容でした。

老ライダー
老ライダー

最後までお読みいただきありがとうございます♪

ツーリングをメインでバイク歴40年のバイク好きの記事でした。

バイクのこと、まだまだ伝えたいことがたくさんあります。

特に初心者の方は、初心者向け記事でバイクの楽しさを

感じられる記事が多数あります。 チェックしてきてくださいね。

【参考記事】バイク初心者向け記事

\初心者向け記事をチェック/
バイク初心者向け記事INDEX

【関連記事】

バイク用品の記事

\バイク用品についての記事をチェック/
バイク用品INDEX

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET 欲しいバイクを探す【登録無料】/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込む大人のバイクには、レトロでカジュアルなセンスある大人のバイクファッションを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種のおすすめ これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめ250ccバイクランキング8選 初心者向けを徹底比較バイク初心者におすすめの国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...

キャンプツーリング

>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
キャンプツーリングの持ち物 使える便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイク買取のコツ 高く売る方法と買取交渉について【体験談】バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?口コミから考える買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクのアパートでの保管について解説...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックは必要バイクの盗難は2度と経験したくない。 最強のバイクロックと対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告) 二郎系ラーメンの宅配

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です