オートバイ知識

ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング形式(大型〜250)40選

こんにちは! バイク歴40年の老ライダーです。

ネイキッドバイクはオートバイの原型をとどめたデザインとシンプルさが特徴のバイクです。

ネイキッド(裸)な点で、バイクのデザインがダイレクトに見える点が面白いのです。

実は、もっともバイク好きに潜在的に求められているバイクの形は、ネイキッドバイクなのです。

250cc〜大型までのおすすめ度ランキング(全40台)を評価しました。

目次(クリック)

ネイキッドバイクの特徴 好みがはっきりと別れ人気を左右する

はっきりと見た目の好みが人によって別れる点

MOTO GPマシン好きにはわからないバイクのフォルムが好き!というのが

ネイキッドバイク好きです。

エンジンの形、タンクの形状、ヘッドライトの形がよくわかる、ごまかしようがないデザイン。

好きなデザインはずっと好きなのです。 旧車でもいまだに現役車種もあります。

これがネイキッドバイクの根強い人気の理由で特徴でもあります。

ネイキッドバイクは余計なものがついていないためお買い得

 

ネイキッドバイクの注目すべき点は、付属品(カウル等)がないため、価格的に他車種と比較して廉価な点

これも魅力です。

ネイキッドバイクは初心者にも最適

自然なライディングポジション、最もバイクを操作するのに適したバイク

ライディングテクニックを磨くのには最適

ネイキッドバイクが、教習所で採用され使われていることでもわかります。

ネイキッドバイクはコンサババイク(無難・伝統的)

バイクの王道感です。大型車の威風堂々としたデザイン。

ネイキッドバイクの派生型として

● ストリートファイタータイプ

●スクランブラータイプ

●モタードタイプ

などの現代的デザインのバイクがありますが、

ネイキッドバイクは、これとは違う 定番のデザイン 王道感があるのです。

定番・無難・伝統的なコンサバタイプのバイクです。

ネイキッドバイクはレトロ感も特徴

また、レトロ感を感じるとも言えます。 それは当然で、バイクの原型だからです。

”ネオクラシック”と言われているバイクはネイキッドバイクです。

ネイキッドバイク 250ccのランキング

私は、バイク歴40年ですから、印象に残っている”昔のネイキッドバイク”も紹介します。
1980年代くらいのバイクも登場します。

ネイキッドバイク 250  10位

HONDA CB250RS

空冷単気筒の軽快な走りと、単気筒なのにエンジンからは2本のエキパイが出ていたツインエキゾーストエンジンのバイクです。
当時人気のオフロード車、XT250と共通のエンジンで一世を風靡した人気250ccでした。

エンジン形式 空冷単気筒 248cc
パワー 25ps
車両重量 139kg
シート高 700mm
車体価格 中古価格 23〜47万円

 

ネイキッドバイク 250  9位

SUZUKI バンディット 250

250ccで4気筒、日本メーカー各社は当時、4気筒を250ccクラスにも持ち込んでパワー競争をしていました。

名車の1つがSUZUKIのバンディット250です。 中型(400)〜大型までバンディットはライナップがありました。

今では、希少な250cc4気筒車です。

エンジン形式 水冷4気筒 248cc
パワー 40ps
車両重量 172kg
シート高 不明
車体価格 中古価格 24〜47万円

ネイキッドバイク 250  8位

Kawasaki バリウスⅡ

同じく Kawasakiの4気筒250cc バリウスとは、ギリシャ神話に出てくる”馬神”のこと

タンクのエンブレムが”馬神”を表現していたのが特徴的です。

エンジン形式 水冷4気筒 249cc
パワー 40ps
車両重量 151kg(乾燥)
シート高 745mm
車体価格 中古価格 17〜85万円

ネイキッドバイク 250  7位

HONDA ホーネット 250

250cc4気筒バイクの名車 車格が中型車並み、

180mmの極太タイヤで迫力あるルックスでいまだに中古市場で
出回っている人気車。

このホーネットをはじめ他社の同クラスは、当時のエンジン回転数が16000回転がレッドゾーンという高回転型エンジンで、高音の迫力ある排気音が特徴的でした。

エンジン形式 水冷4気筒 249cc
パワー 40ps
車両重量 168kg
シート高 745mm
車体価格 中古価格 26〜99万円

ネイキッドバイク 250  6位

Kawasaki エストレア 250

エストレアは、エンジンデザインや質感にレトロ感が漂い、いまだに人気の250ccの名車です。

空冷単気筒エンジンは、低回転重視の設定で、ゆっくり走って楽しい雰囲気あるバイクです。

エンジン形式 空冷単気筒 249cc
パワー 18ps
車両重量 161kg
シート高 735mm
車体価格 中古価格 50〜80万円

ネイキッドバイク 250  5位

HONDA VTR 250

HONDAの250ccを代表する、軽快スポーツバイク

ロングセラーとなった水冷Vツインエンジンは軽快に回りました。

軽量でコンパクト Vツインの軽快な鼓動感漂う名車です。

私もセカンドバイクで使用し、街乗りの便利さとVツインの鼓動感が楽しくて、

大好きなバイクでした。

エンジン形式 水冷V型2気筒 248cc
パワー 30ps
車両重量 160kg
シート高 740mm
車体価格 中古価格 13〜75万円

ネイキッドバイク 250  4位

SUZUKI ジグサー 250

ここからは、 現行車の紹介になります。

油冷エンジンの250cc単気筒、燃費の良さと軽量・コンパクトな人気車種

やや、伝統的なネイキッドバイクではなく現代風なデザインです。

エンジン形式 油冷単気筒 249cc
パワー 26ps
車両重量 151kg(乾燥)
シート高 800mm
車体価格 44万8800円

ネイキッドバイク 250  3位

スクバーナ スヴェルトピレン 250

2020年の輸入車の250ccクラスでグランプリを受賞したバイクです。

軽量・ハイパワーの水冷単気筒エンジンを搭載、モダンなデザインのネイキッドバイク

価格が輸入車としては抑え目な点が高評価です。 こんな外車が手軽に乗れるなんて、良さそうな外車です。

エンジン形式 水冷単気筒 248cc
パワー 31ps
車両重量 153kg
シート高 835mm
車体価格 59万9000円

ネイキッドバイク 250  2位

MUTTモーターサイクルズ MONGREL250

SUZUKI製 250ccエンジンを搭載した”カスタムバイク”
MUTTモーターサイクルズは作る250ccはカスタムしたかのような美しい、雰囲気あるラインアップが豊富にあります。

外車と言っても価格は国産車並み、魅力的なバイクです。

エンジン形式 空冷単気筒 249cc
パワー 21ps
車両重量 139kg
シート高 780mm
車体価格 59万9000円

ネイキッドバイク 250  1位

HONDA CB 250 R

HONDAの新しいスポーツネイキッド、CBの新しい形だと思います。

軽量・コンパクトでモダンなデザインのバイクです。
(650ccや1000ccのラインアップの中の弟分)倒立フォーク採用

エンジン形式 水冷単気筒 249cc
パワー 27ps
車両重量 144kg
シート高 795mm
車体価格 56万3000円

ネイキッドバイク 中型(400cc)クラスのランキング

ネイキッドバイクの中型(400cc)クラスになります。

こちらも、過去の名車が登場します。

もちろん、中古車市場にも出回っっていますが、人気車は驚くべき価格です。

今や、手に入らないデザイン・根強いファンがいるのです。

※旧車と言っても”旧車會”という特殊な需要もあります。そのベース車として人気がある車種があります。
盗難されやすいとも言われています。

ネイキッドバイク 中型  10位

スズキスズキ GSX400インパルス

水冷4気筒の400ccは当時、最も売れたバイクのカテゴリー

中古市場でも人気車種

エンジン形式 水冷4気筒 399cc
パワー 53ps
車両重量 197kg
シート高 760mm
車体価格 中古価格 35〜91万円

ネイキッドバイク 中型  9位

YAMAHA XJR400R

こちらは、YAMAHAのXJR 大型車のラインアップもありました。

ネイキッドバイクの王道デザインです。

エンジン形式 水冷4気筒 399cc
パワー 53ps
車両重量 199kg
シート高 780mm
車体価格 中古価格 26〜88万円

ネイキッドバイク 中型  8位

YAMAHA RZ350

4気筒パワー競争に明け暮れていた日本メーカーのなかで唯一、ヤマハは2サイクルエンジンでハイパワー競争に対抗しました。 250ccもラインアップし、大ヒットしました。

中古価格は暴騰しています。

エンジン形式 水冷2気筒 399cc
パワー 45ps
車両重量 162kg
シート高 780mm
車体価格 中古価格 148〜293万円

ネイキッドバイク 中型 7位

YAMAHA SRX400

空冷単気筒のSRの後継車として発売されたSRXシリーズは、600ccもラインアップしていました。

モダンデザインの単気筒スポーツ

エンジン形式 空冷単気筒 399cc
パワー 33ps
車両重量 170kg
シート高 760mm
車体価格 中古価格 22〜98万円

ネイキッドバイク 中型 6位

DUCATIモンスター400

外車のラインアップに大型車が多い中で、400ccのモンスターは希少な存在でした。

モンスターは、DUCATIを代表するネイキッドスポーツバイクです。(現在は残念ながら生産中止)

エンジン形式 空冷V型2気筒 398cc
パワー 40ps
車両重量 168kg(乾燥)
シート高 770mm
車体価格 中古価格 31〜100万円

ネイキッドバイク 中型 5位

Kawasaki Z400FX

これも4気筒400ccの当時の人気車種。角形の男っぽいタンクのデザインはZシリーズの特徴でした。

旧車會でお馴染み 中古価格は暴騰しています。

エンジン形式 空冷4気筒 399cc
パワー 43ps
車両重量 208kg
シート高 805mm
車体価格 中古価格 218〜550万円

ネイキッドバイク 中型  4位

Kawasaki ゼファー400カイ

Kawasakiの名車 ゼファーの弟分

いまだに人気は衰えていません。  このデザインで復刻したR900RSは今一番売れている大型バイクです。

Kawasakiの名車です。同じく中古価格は暴騰しています。

エンジン形式 空冷4気筒 399cc
パワー 53ps
車両重量 186kg(乾燥)
シート高 775mm
車体価格 中古価格 47〜495万円

ネイキッドバイク 中型  3位

HONDA CB400SF

現行車ですが、昔のネイキッドバイクのフォルムを継承しているCBシリーズは、やはりネイキッドバイクの代名詞のようなバイクなので外せません。

人気車種ゆえに、最も盗難被害にあいやすい、狙われるバイクとして有名です。

エンジン形式 空冷4気筒 399cc
パワー 56ps
車両重量 201kg
シート高 755mm
車体価格 92万9000円

ネイキッドバイク 中型  2位

HONDA GB350

久しぶりにレトロ感漂うネイキッドバイクが登場したということで、今、最も話題となっている空冷単気筒ネイキッドバイク

エンジンが、昔風のロングストロークエンジンを採用、ノスタルジックファンには、YAMAHA SRに代わるバイクとして注目されています。

エンジン形式 空冷単気筒 348cc
パワー 20ps
車両重量 180kg
シート高 800mm
車体価格 55万円

ネイキッドバイク 中型  1位

YAMAHA SR 400

2021年をもって生産中止が決まったSR400
スペックは平凡で作りも無骨なバイクですが、根強いファンがいてロングセラーとなっていました。 カスタムベース車として人気です。

私も実はカスタムして乗っていた時期もありました。

中古市場で価格が上昇しそうなバイクです。

エンジン形式 空冷単気筒 399cc
パワー 24ps
車両重量 175kg
シート高 740mm
車体価格 60万6000円

ネイキッドバイク 大型(リッタークラス)のランキング

大排気量のネイキッドバイクは迫力ある威風堂々とした車種が豊富です。

魅力的デザインの外車もランキングに入れています。

ネイキッドバイク大型  20位

BMW  R NINE T PURE

BMW R NINE T PURE

2014年にBMWの ヘリテイジ ”遺産” シリーズとして発売された レトロなネイキッドバイク

エンジンは最新のハイパワーな空油冷エンジンを搭載

カスタムベースと銘打っていますが、シンプルさを打ち出した割には価格が割高

エンジン形式 空油冷水平対向2気筒 1169cc
パワー 119ps
車両重量 219kg
シート高 820mm
車体価格 196万5000円

ネイキッドバイク大型  19位

ロイヤルエンフィールド コンチネンタルGT 650

今はインドの会社となっている、古典的ブリティッシュスポーツバイクのメーカーの1台

懐かしさ漂うネイキッドバイクです。 ロングストロークエンジンを搭載

ロイヤルエンフィールドは味のある乗り味が特徴のバイクです。

エンジン形式 空冷2気筒 648cc
パワー 47ps
車両重量 208kg
シート高 820mm
車体価格 91万6000円

ネイキッドバイク大型  18位

トライアンフ ストリートツイン

こちらは世界最古のオートバイメーカー  ブリティッシュトラディショナルの正統派 トライアンフの最新型

水冷化しましたが、ネイキッドバイクを絵に描いたようなバイクのデザインが魅力的です。

トライアンフ2気筒の記事でも紹介しています。

エンジン形式 水冷2気筒 899cc
パワー 65ps
車両重量 217kg
シート高 765mm
車体価格 110万5000円

ネイキッドバイク大型  17位

YAMAHA MTー07

YAMAHAの現行車の数少ないネイキッドタイプ
YAMAHAの MTシリーズは ネイキッドバイクというより”ストリートファイター”に近いシリーズです。

唯一 モダンネイキッドと言えるYAMAHAの1台です。

ネイキッドバイクの特徴である廉価な点で光ります。

エンジン形式 水冷2気筒 688cc
パワー 73ps
車両重量 182kg
シート高 805mm
車体価格 79万2000円

ネイキッドバイク大型  16位

Kawasaki メグロK3

Kawasakiが過去に吸収合併した”目黒製作所”の名車”メグロ”の復刻版

基本的に W シリーズと同じものです。

エンジン形式 空冷2気筒 773cc
パワー 52ps
車両重量 227kg
シート高 790mm
車体価格 127万6000円

ネイキッドバイク大型  15位

KawasakiW800

W800

KawasakiのWシリーズは旧目黒製作所のネイキッドバイクを継承したものです。

過去には他の排気量のWもありましたが、現在は復刻し、800ccのみ

エンジン形式 空冷2気筒 773cc
パワー 52ps
車両重量 226kg
シート高 790mm
車体価格 110万円

ネイキッドバイク大型 14位

Kawasaki Z 650

Kawasaki伝統のZシリーズのネイキッド

モダンなストリートファイター風のデザインのラインアップがありますが、

’ネイキッドバイクらしいお買い得な価格のため、ネイキッドバイクとして挙げました。

エンジン形式 水冷2気筒 649cc
パワー 68ps
車両重量 189kg
シート高 790mm
車体価格 84万7000円

ネイキッドバイク大型  13位

DUCATI モンスター 937

DUCATIのネイキッドスポーツ モンスター

新型モンスターはさらに軽量コンパクトになりました。

価格が上がってしまったことが気になります。

ネイキッドバイクは、お買い得価格の方がいいですね。

エンジン形式 水冷V型2気筒 937cc
パワー 111ps
車両重量 188kg
シート高 820mm
車体価格 144万5000円

ネイキッドバイク大型  12位

HONDA CB1100

空冷4気筒、ノスタルジック感漂う風貌、 大型ネイキッドバイクに憧れるリターンライダー向けのバイク

エンジン形式 空冷4気筒 1140cc
パワー 90ps
車両重量 256kg
シート高 785mm
車体価格 136万2400円

ネイキッドバイク大型  11位

HONDA NC750S

大型バイクでモダンなデザイン、水冷4気筒を連想させますが、こちらは低回転重視型の2気筒エンジン

ロングストロークのトルク型エンジンで、大排気量車の過激さのない初心者でも安心のネイキッドバイク

お買い得価格です。 大型バイクがこんな値段で買えるのですね。

エンジン形式 水冷2気筒 745cc
パワー 54ps
車両重量 218kg
シート高 790mm
車体価格 77万5500円

ネイキッドバイク大型  10位

モトグッチ V7ストーンⅢ

モトグッチは伝統を重んじ長年変わらぬバイクを作り続けるメーカーです。

V7シリーズも復刻してから何回かマイナーチェンンジを続けています。

かっこいいネイキッドバイク あまり見られなくなった古典的なデザインが今や魅力的です。

モトグッチ 全車種紹介でもご覧になれます。

エンジン形式 空冷2気筒OHV 853cc
パワー 65ps
車両重量 218kg
シート高 780mm
車体価格 118万8000円

ネイキッドバイク大型  9位

Kawasaki Z900

Zシリーズはネイキッドバイクの特徴を表す、お買い得な点で上位にランクインすると思います。

新しいネイキッドというデザインです。

エンジン形式 水冷4気筒 948cc
パワー 125ps
車両重量 213kg
シート高 800mm
車体価格 110万円

ネイキッドバイク大型  8位

YAMAHA XSR 700

YAMAHAは MT−07と同エンジンながら、レトロ感を狙ったXSRシリーズを発売しています。

復刻となるベースの車種はありませんが、どこか懐かしいデザインのネイキッドバイクです。

XSR700は2気筒エンジンです。

エンジン形式 水冷2気筒  658cc
パワー 73ps
車両重量 186kg
シート高 835mm
車体価格 91万6300円

ネイキッドバイク大型  7位

HONDA CB1300 スーパーフォア

大型バイクに乗るなら、いつかはCBに乗りたい!という方は多いのではないでしょうか?

伝統のCBの王道的大型大排気量ネイキッドバイク  好きな人にはこれがベストなのでしょう。

エンジン形式 水冷4気筒 1284cc
パワー 113ps
車両重量 266kg
シート高 780mm
車体価格 156万2000円

ネイキッドバイク大型  6位

Kawasaki Z1000

KawasakiのZシリーズのネイキッド最高峰バイク

Kawasakiの大型車らしく ガシとした男っぽいデザインは、今になっても変わりませんね。

エンジン形式 水冷4気筒 1043cc
パワー 141ps
車両重量 220kg
シート高 815mm
車体価格 117万1500円

ネイキッドバイク大型  5位

YAMAHA XSR900

3気筒の利点を活かした軽量・コンパクトなハイパワーバイク

このクラスとしては価格が抑え目なところが高評価の理由です。

新設計のレトロ感漂うネイキッドバイク

エンジン形式 水冷3気筒 845cc
パワー 116ps
車両重量 195kg
シート高 830mm
車体価格 106万1500円

ネイキッドバイク大型 4位

Kawasaki Z900RS

今大型バイクで一番売れているバイクです。

その理由は、美しい往年のネイキッドバイクの名車の復刻版だからと考えざるを得ません。

エンジン形式 水冷4気筒  948cc
パワー 111ps
車両重量 215kg
シート高 800mm
車体価格 135万3000円

ネイキッドバイク大型  3位

SUZUKI SV 650 ABS

歴史的にはさほど古くないSUZUKIのSVシリーズ。

2気筒Vツインエンジンは、軽量コンパクトなバイクに仕上がっています。

シート高の低くコスパは最強のバイクがSV 650 です。

エンジン形式 水冷V型2気筒 645cc
パワー 76ps
車両重量 196kg
シート高 640mm
車体価格 78万5400円

ネイキッドバイク大型  2位

HONDA CB1000R

HONDAのCBの新コンセプトの最高峰

どこか懐かしいネイキッドバイク のデザインを残した新型CB

4気筒ハイパワーエンジンのネイキッドとしては、軽量・コンパクト

旧デザインのCBと比較して、40kgも軽量になりました。

ネイキッドバイクとして、価格面だけが少し気になります。

エンジン形式 水冷4気筒 998cc
パワー 145ps
車両重量 213kg
シート高 830mm
車体価格 167万9000円

ネイキッドバイク大型  1位

SUZUKI SV 650X ABS

SUZUKI SVシリーズはすでにランクインしていますが、後発のXは デザイン面で俊逸です。

ブラックボディーとチャコールカラーのシートの組み合わせは、伝統あるブリティッシュネイキッドバイクに負けていません。

総合的に見て デザイン・価格・パワー・車重・乗りやすさ 全て考えてナンバーワンネイキッドバイクです。

軽快なVツインエンジンの鼓動感が体験できます。

Vツインエンジンの魅力については気になる方はお読みください。

エンジン形式 水冷V型2気筒 645cc
パワー 76ps
車両重量 197kg
シート高 790mm
車体価格 82万9400円

ネイキッドバイクの特徴と魅力 価格も魅力な万能バイク

今まで触れてきませんでしたが、ネイキッドバイクの最大の特徴は、いろいろなシチュエーションでも使える万能バイクという点が挙げられます。。

ツーリングにも最適、ロングツーリングでも疲れない自然で楽なポジション

荷物を積むのにも適した標準的なデザインです。

そして、何より価格面のメリットがあります。

ベース車として自分好みに後から色々な装備を追加して、またはカスタムしても楽しめますね。

ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング形式 40選 まとめ

まとめ

●ネイキッドバイクの特徴

お買い得・デザイン・レトロ感・根強い人気

●ネイキッドバイクのランキング

○ ネイキッドバイク250ccクラスのランキング 10選

○ ネイキッドバイク中型(400cc)クラスのランキング 10選

○ ネイキッドバイク大型クラスのランキング 20選

●ネイキッドバイクは万能バイク

 

NEW スマホ ホルダー

【革新的】新しいタイプのスマホ ホルダーは簡単脱着

\詳細を見てみる/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です