バイク初心者

バイクが楽しくなる!ライディングテクニック【基礎編】【初級編】

ライディングテクニックを磨く

『どうして、あの人はあんなに速くコーナーを駆け抜けられるのだろう?』

『ついていけない!』

『怖い! コーナーは苦手なんだ!』

こういう初心者の方の悩みを解決します。

私は、バイク歴40年ですが、特に本格的なバイクのレースの経験者ではありません。

草レースやサーキット走行を楽しみ、峠道を楽しむためにツーリングに出る。若い頃はそんなライダーでした。

レースでは、いかに速く走れるかで多少の無理はできますが、一般公道ではあくまでも安全を前提に走ってきました。

ここで、私が話す事は 一般公道でライディングを楽しむための ライディング講座です。

教習所で行われるような低速での基礎テクニックではありません。

題して、 『速くなりたいあなたへのアドバイス』

コーナリング技術を磨き、楽しく安全にバイクを楽しみ 友達に負けないための考え方です。

読んでみてください。

【基礎編】 と 【入門編】 に別れています。

老ライダー
老ライダー
心がけることは意外とシンプルなことなんです。

ライディングテクニック 基礎編

 

まずこれを読んでみましょう。

納得した人

そうか!そういうことかと納得できるかもしれません。

考え方とバイクについて

オンロードのコーナーリングについて書いています。
直進性能重視のアメリカンタイプ はコーナーを速く駆け抜けるには向いていません。
常識的に ロードスポーツタイプでテクニックを磨きましょう。

ブレーキを効果的に使う

コーナーの手前でブレーキングをしっかりすることです。 前7後3の割合でブレーキはかけましょう。

前ブレーキだけや後ブレーキだでではバイクが不安定になります。 後ブレーキも補助的に同意に掛けることが基本です。

もちろん、バイクが直立しているコーナーに侵入する前の段階がブレーキのタイミングです。
ブレーキングをした直後はバイクをコーナーに向けて倒し込みやすくなります。試してみてください。

姿勢について

リラックスした姿勢で腕が突っ張らないように。ハンドルに余計は力は要りません。

ハンドルは勝手にバイクを曲がらようと動いてくれます。(セルフステアリング)

無駄に力を入れずにハンドルに手を添えている感覚で良いのです。

バイクをしっかり体に密着させます。 ニーグリップですね。ステップも同様です。

コーナリング中は自分は荷物と一緒 バイクに身を任せてください。

バイクと一緒に傾けていきます。 でも 顔の角度は地面と同じ水平を保ってください。

頭の角度だけ地面と同じ 水平ですよ。そうしないと平行感覚が狂います。

視線について

 

なるべく遠く できればコーナーの見れる ずっと先に視線を向けてください。

ライディング時の視線

足下やコーナーの外側に視線を持っていかないこと。
見ている視線の先にバイクは走っていきます。 行きたい方向以外は見ないことです。

メーターを見てばかりいると視線が近くなってしまいます。 見ない方が怖くないですよ。

視線を遠くにすることで恐怖感が消え、バイクが思った方向に自然に向いていくのです。

 

コース取りの重要性

なるべく バイクを直線的に走らせる方が走りやすいという論理からコーナーの外から侵入して内側を目指したコースを走行しましょう。

あまり深いコーナーをコーナーに沿って走るのは走りづらいものです。 なるべく直線的に走りましょう。

ライン取りの例
上の図の 緑色のコース取りが一番直線に近いコース取りですね。
アウトから入ってインにつけてアウトに出ていく。
(他のコースは 非常に走りづらいライン取りです)

アウト から イン に切れ込んでいく そしてアウトに向かって出ていく。
コース幅をいっぱいに使ってなるべく直線的に走る感じです。

連続するコーナーの場合は、下の図のように走ると速く走れます。

アウトインアウトの図解

 

追い越し、追い抜きの注意点

どうしても 遅く走る車を抜いていかなければいけないタイミングは発生します。

一緒に走っている仲間はどんどん車を追い越して先に行ってしまいました。
気分は焦ると思います。 でも少し待って慎重に考えてください。

狭い一車線の道では センターラインをオーバーして追い越しをかける場合、対向車に気をつけなければなりません。

この場合は、必ず 右コーナーや直線の時に追い越しましょう。

左コーナーでは対向車線の様子が死角になり見えません。

右コーナーや直線は対向車線の様子が遠くから見渡すことができます。
しばらく対向車線を走っても安全です。

間違っても、左コーナーの時に追い越しをかけるのは厳禁です。
死角から対向車が突然現れ、正面衝突事故なんてことになりかねませんよ。

ギアの適正を意識する

コーナーリング中のギア選択について

コーナーでは今まで走っていた直線よりもスピードが落ちます。 コーナーに入る前にブレーキで減速するから当然ですね。
その時に、 ギアを合わせてやりましょう。

どういうことかというと スピードに合わせてギアを一段 場合によってはそれ以上落としてやる必要があるのです。

高いギアのまま走るとバイクはどうなるでしょうか? アクセルを開けても反応しません。アクセルを開けて向きを変えようとしても加速しなければ難しいですね。

ハンドルで回る? そんなこと余程の低速でなければできません。
バイクは傾いて走行しているわけですから。 ですから方向を変えるにはアクセルを開けて加速させないとなりませんね。

ですから ギアを落としておく必要があります。

でもただ落とすでは こんな弊害が起こります。  エンジンブレーキです。

エンジンブレーキ、程よいエンジンブレーキなら問題はないのですが、 突然ギアを落としてクラッチを繋げればバイクに強いブレーキがかかっって不安定になりますし、怖いですよね。

そのため、ブレーキングして速度を落としたらエンジンの回転が下がりますからギアを落とした時にエンジンブレーキが極端に効かないようにクラッチを切った状態の時にエンジンを空ぶかしして回転を上げてクラッチを繋ぐと極端なエンジンブレーキがかかることが防げるのです。

エンジン回転をシフトダウン時、合わせるということです。

その結果、 コーナリング中にスピードが落ちてもアクセルを開ければバイクはスムーズに反応し加速し走行が安定するのです。

そしてより速く加速してくれます。 これが速く走るためこ基本です。

ライディングテクニック  基礎編 まとめ

ポイントとしてまとめてみます。

ブレーキをきっかけにバイクを倒し込む方法を覚える

視線は常に遠くを見る コーナーの先を見る

頭は自然と同じ 水平を保つ

コース取りを意識する

車を追い越す時の注意点

(※左コーナーでの追い越しは厳禁)

エンジン回転をシフトダウンじに合わせる

(※コーナー手前でギアを上手に落とす)

 

ライディングテクニック 入門編

ライダー

基本的な操作に慣れた後で考えることを書いていきます。

ブレーキングで効果的に倒し込む

コーナーリングに入る前はバイクは直立姿勢のはずです。
そしてブレーキング 前7後3くらいの割合ですね。

その時にブレーキによってバイクが少し前のめりになったタイミング
それがバイクの前輪に荷重が乗った状態です。

そのタイミングでバイクを寝かせて行くことがコーナーリングがやりやすく、早くバイクの向きを変えることができるコツです。

ブレーキングの時のこのきっかけを使って一気に曲がっていきましょう。

ブレーキング後、一気にバイクの向きを変えてしまう

こう方式を使ってなるべくバイクの向きをコーナーに入ってすぐに一気に変えるよう意識します。

そうすることによって余裕が生まれます。 早めにコーナーリング中の我慢の時間を短くすること。 コーナーの出口に向けて早めにアクセルを開けることができるはずです。

ストレートをいかに速く走るかを意識する

峠道などのコーナーの連続するところでも、直線部分とコーナー部分とのつながりで道はできているものです。

ストレートでスピードに出せるということは、アクセルを開けたらすぐ加速するギアで早くアクセルを開けること。

コーナーリング中にスピードアップということは簡単にできることではありません。
それは 怖い と感じるはずで危険でもあります。

速い人でもコーナーリング中は加速はしていません。あなたと同じ速度です。

速い人は コーナーの先を見て早めに加速しているだけなのです。

コーナーリング中 アクセルは?

アクセル全閉では失敗
全閉でなければ曲がりきれないと感じるのは失敗です。
怖いからとりあえず全閉 これも良くありません。

アクセルはパーシャル(加速も減速のしないスロットル開度のこと)で加速可能なところを待つことです。
アクセル全閉ではエンジンの回転が下がってしまいます。

スローインファストアウトつまり 余裕を持ってコーナーに入り早めにアクセルを開けられるように準備しましょう! ということになるのです。

エンジン回転を高くキープする

アクセルを閉じた状態ではバイクのエンジン回転数は落ちていきます。

低いギア(エンジン回転数が上がる)で走るという単純な意味ではありません。

スロットル全閉の時間を作らないようにするのが理想です。

適切なスピードに合ったギアでトルクピークを過ぎていない高回転をキープするにはアクセルを全閉にしないこと。

理由は、アクセルを開けたらすぐ加速できる イコール直線が早く走れるからです。

先へ先へコースを読んで走る

アウトインアウト という言葉はご存知でしょう。

コーナーの入り口ではなるべく 外から侵入する そして コーナーの頂点の内側を目指す。

これはなるべく旋回の角度を少なくし、直線的に走ることです。

一般公道で楽しくバイクの運動性能を楽しむための基本です。

目線を先へ先へと進めていきましょう。

視線を移動する図解

ベテランライダーでも この視線が近い人は意外と多いものです。

このことを意識することだけでも”走りが変わる”こと間違いなしです。

まとめ 入門編と初級編

一般公道で安全に速く走ること、初心者にもわかりやすく書いたつもりです。

ライディングテクニック向上で大切なのは、ただ誌面を見ての知識の吸収だけでなく、経験をを積むことが第一です。

ですが意外とスポーツライディングで心がけることはシンプルなことが重要だったりします。

目線

ライン取り

スムーズなシフトダウン

字に表せばこれで終わってしまいます。

実践には 慣れが必要ですが 上記のことを意識してみてください。
あなたの走りが変わるかもしれません。

くれぐれも安全運転でバイクの楽しい機動性を楽しんでください。

 

ライディングテクニックを磨く方法【東京近郊】おすすめプチツーコース東京近郊のおすすめの日帰りツーリングコースを紹介 穴場でテクニックを磨くのに最適なコースを紹介...
バイクを高く売りたい!スマートに売るための基礎知識とコツバイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識...
NEW スマホ ホルダー

【革新的】新しいタイプのスマホ ホルダーは簡単脱着

\詳細を見てみる/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です