オートバイライフ

小型二輪でセカンドバイク 125cc”カブで各駅停車の旅”

こんにちは。 老ライダーです。

小型二輪125cc(新型スーパーカブ)で楽しむ新しい”旅”の提案です。

こんな使い方ができるんです。新しい発想のバイクの楽しみ方

セカンドバイクで各駅停車感覚の旅はいかがですか?

 

小型二輪 セカンドバイク 125ccという発想

セカンドバイクとは、もう一台バイクを持つということを意味します。

必要ですか? バイクに興味のない人はこう否定することでしょう。

実は私も一台 ずっと手放さないセカンドバイクがあります。何かと言うと スーパーカブの70cc(製造年不明)です。

以前、足として使っていた HONDA VT250スパダを引越しの際に友人に売ってもらい、代わりにこの古いカブ70ccを仕入れてもらったのです。

足として毎日乗っていたVT250は手軽で便利だったのですが、やはり場所をとります。

それなりの装備を整えて乗らなければなりません。スピードも充分出ますからついつい飛ばしてしまいます。

本当に このカブには重宝しました。 30キロくらいの距離でしたらタンデムで用事を済ますのは、車より手軽で便利でした。 渋滞も気になりませんし。

セカンドバイクは ”便利な行動半径の広い自転車” こんな風に考えます。

でも、考え方を変えて意外な使い道もあること発見できますよ。

セカンドバイクは 小排気量のバイク というお話です。

老ライダー
老ライダー
こんな考え方もある と思って読んでみてください。バイクの世界が広がります。

小型二輪 用途を使い分けて 便利 これがセカンドバイク125cc

 

セカンドバイクは同じような排気量やタイプで持つことは意味がありません。

気に入っているから あっちも! これでは良い事はないのです。

同タイプ

同排気量

大型バイクと400cc

こんな風にそろえるのはおすすめしません。

スーパースポーツ2台で同排気量ではどちらかが乗らなくなってしまいます。

大型も250・400ccも同じ ついつい手軽な400に乗ってしまいます。

小型二輪のセカンドバイク125cc 最適なものは何か?

 

その点手軽なセカンドバイクは 小型二輪がいいのです。

50cc

スポーツタイプ

こう言うタイプも向いていません。

 

50ccの交通ルールは不便なだけ。(二段階右折・30キロ制限・タンデム不可))

パワーの面で車の流れに乗り辛いと言うのも50ccの辛いところです。

普段着でさっと出かけることができる。なおかつ 交通ルールの縛りがない。そこそこのパワーである事。

カジュアルな服装でも違和感がない。ゆったりした乗車ポジション

つまり便利で手軽、なおかつおしゃれな別用途の乗り物と考えるから意味があるのです。

セカンドバイク 125cc小型二輪が良い!

こう考えるとセカンドバイクとしては 125ccの小型二輪という選択になりますね。

 

そして、この125ccの小型二輪のメリット

維持費が安い

小さくて場所を取らない

車の流れに乗れるパワーがある

50ccのような交通規制がない。

タンデムもできる。

気楽に走り出せるという点で

カジュアルに気軽に乗り出せる。

おしゃれなデザイン 普段着でも乗れる。

でも、ギアシフトのあるオートバイであること。

こう考える必要もあると思いますよね。 どうせなら。

セカンドバイク125ccは やはりオートバイでなくちゃ!

 

最も向いているのが 世界に誇る HONDAスーパーカブ ということになります。

厳しくない ギアシフトにないスクーターでもない。 これはオートバイである。

しかし、カブ? 非力 ダサい こう考えていませんか?

カブは、今やおしゃれでレトロなバイクです。

そして、125ccで新型が発売されているのです。

今までもカブのイメージは

ダサイ。出前用バイク

ブレーキが不安

(そこそこスピードは出るがブレーキが効かない)

このマイナスのイメージは 今はありません。

レトロな可愛いカブは、以前からありましたが、今はそのラインアップも増えています。

もう一つ、125ccが発売され、パワーの点でも改善され、不安なブレーキも改善されています。(前輪ディスクブレーキ仕様もあります。)

選ぶなら、このレトロで可愛いおしゃれなカブ セカンドバイクにはもってこいの小型二輪です。

そして最大のメリットは

壊れない カブはそう簡単には壊れない

燃費がいい リッター60kmは走ります。

ギアチェンジがあり、走りに楽しさがある。

メンテナンスや多少扱いが雑でも壊れないのです。それがカブが長年愛されている理由です。

詳しく紹介しましょう。

小型二輪125cc スーパーカブのラインアップ

カブ125
スーパーカブC 125

排気量を125ccにアップして、フロントブレーキをディスクブレーキに変更。ギアシフトは従来の自動遠心クラッチでクラッチレバーなし。

ギアも3速から4速になり走りの幅も広がりました。タイヤもチューブレスタイヤです。サスペンションも普通のバイクのようにテレスコピック型に変更

手軽だけど心もとないカブのイメージは無くなりました。

二台目は


CT 125 ハンターカブ

前後ブレーキをディスクブレーキ化 ガソリンタンク容量も5,3Lを確保
エンジンはトルク重視型の設定 低速でも走りやすいように。
多少のの悪路でもこなせるアップマフラー仕様 冒険心満載の魅力的なカブですね。
大きな荷台にタンデムシート 、収納ボックス等を付ければ充分でタンデムでも可能です。

これでタンデムツーリングにも不安はないでしょう。

 

こちらは110cc仕様のカブです。

 

スーパーカブ110

レトロなデザインは変わりません。フロントサスペンションはテレスコピック型。ブレーキは前後ドラム式 価格面で最もリーズナブル

 

 


CROSS CUB 110

ブレーキは従来のドラム式で変わりませんが、サスペンションはテレスコピック型。
スーパーカブ110よりもアクティブに利用範囲が広げられます。

 


スーパーカブ110PRO

従来の業務用カブ ブレーキは前後ドラムですが、サスペンションはテレスコピック
大型の荷台や前部の収納カゴは標準装備です。

 

各種カブの仕様表です。

車種名 価格 パワー’・重量
スーパーカブC125 40万7000円 9,7ps  110kg
CT125

ハンターカブ

44万円 8,8ps  120kg
スーパーカブ

110

28万円 8,0ps  99kg
CROSS CUB

110

34万1000円 8,0ps  106kg
スーパーカブ

110PRO

30万2500円 8,0ps 109kg

楽しい小型二輪の世界が広がります。

小型二輪125cc こういう使い方もある タンデムツーリング

ある意味 眼から鱗の楽しい提案をいたしましょう!

何かというと、 ツーリングに出る事です。しかもユニークな。

125cc どんなツーリングが似合うのか?

有料道路や自動車専用道路での走りを目指して遠出する。
大型バイクに乗っていると、こういう発想になります。

それはそれで楽しいのでしょうが、 景色を楽しみながら木になるもの、場所を通りかかったら
ちょっと止まって見てみる。 こういうことはできません。

交通機関を使っての旅に例えれば、

大型バイクは新幹線の旅

小型二輪は各駅停車の旅

こんな例えになると思います。大人の旅ですね。

125cc 行く場所を吟味する

高速道路や自動車専用道路は走れない。
スピード制限は自動車と同じですが、パワーの点で同じペースで走ることは辛いのが小型二輪です。

行動半径は狭くなります。 それを前提に行き先を考える必要はあります。
同じ距離を大型二輪同様に走ろうと思うのには無理があります。

ですから、距離を短く設定する必要があります。
大型が1日の移動距離を 例えば300kmと考えた場合、その半分150kmで計画します。

負担が減り、のんびりムードで走ることができます。

125cc 走る場所を吟味する

あえて大型二輪で走ると楽しくないようなルートを走ります。
3桁台の国道や町道などの狭い道を選びます。

大型トラックなど自動車の往来の少ない田舎道で景色を楽しむ
これも、ツーリング”非日常”の楽しみです。

小型二輪125cc さらに広がる楽しさ 【タンデムツーリング】

小型二輪はパワーや車体の小ささでタンデムするには辛いかもしれません。
しかし、今やタンデムに適した仕様のバイク用品はスーパーカブには充実しています。


大型バイクと違い低予算で揃えることができます。

積載やタンデム用の快適なシートなどが代表例です。

いずれにしても 、スピードを出すということが目的ではありません。

のんびり景色を楽しみながら、田舎にちを行く”各駅停車のような旅”を楽しむ。
何か、ワクワクしませんか?

私は、 大型バイクは日帰りツーリング用 (自分が走りを楽しむもの)

小型二輪(スーパーカブ)は数日のタンデムツーリング (情緒いっぱいの旅を楽しむもの)

こんな風に考えます。身軽な服装で観光を楽しむこともできる小型二輪

大型二輪では味わえない楽しみがあると思うのですが。

タンデムツーリング 夫婦で始めるメリットと広がるバイクライフタンデムツーリング は夫婦で始めるのがおすすめ。 その理由とすごいメリットを解説 タンデムに便利なグッズも紹介...

小型二輪 セカンドバイク125ccのすすめ まとめ

まとめ

要約しますと、、、、、
小型二輪をセカンドバイクに!という内容ですが、単なるチョイ乗り用の手軽なバイクの提案ではありません。

セカンドバイク(スーパーカブ125)は普段着でも気楽に出かけられる ”各駅停車の旅”を楽しむためのもう一つのバイクという提案でした。

メインのバイク(大型バイク)は、むしろ チョイ乗りで”走りに行きたくなったら乗る”バイク
あまり酷使しないで大切に乗りたい。 普段は整備・メンテナンスに注意しながら眺めて楽しむ。

セカンドバイク(スーパーカブ125)は むしろ旅用の”ファーストバイク”という言い方でもいいのではないか? こんな風に考えます。

本格的なバイクウエアに身を固める必要もないカジュアルで楽しめるバイク、各駅停車に乗ったような感覚の旅実現の提案でした。

 

老ライダー
老ライダー
小型バイクでタンデムツーリング  北海道にでも1ヶ月くらい行って見たいですね。北海道ツーリングでは急いでも意味がありません。ゆっくりが楽しい!
タンデムツーリング便利グッズを徹底解説 タンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...
\バイクの買い替え 高く売るなら/
●バイクを賢く高く売る! バイクの買い替えで損をしないように!

バイクを売りたい方向けの記事はこちらでご覧になれます。

\記事を読んでみる/
バイクを売るための基礎知識とコツ
\バイク王の評判 最大手バイク王の記事/
バイク買取 バイク王の評判
\買取業者ランキング/
出張買取業者ランキング
\レッドバロン/
レッドバロンの評判と特徴
\バイク館SOX/
バイク館SOX 特徴と評判
\YSP/
YSPの評判と特徴
\ホンダドリーム店/
HONDAドリーム店 評判と特徴

バイク王の評判 悪いが買取査価格は高い 最後に依頼するのがコツバイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイク王でバイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...
●読んでみてくださいませ♩

NEW スマホ ホルダー

【革新的】新しいタイプのスマホ ホルダーは簡単脱着

\詳細を見てみる/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です