オートバイ知識

バイクの種類は?排気量やエンジンで全然違う車種選び【バイクの始め方】

バイクに乗ろう
筆者 老ライダー
筆者 老ライダー
こんにちは! オートバイ 歴40年の’老ライダー”と申します。

オートバイにこれから乗りたい!という方、

興味はあるけど、乗ったことがない。でも乗ってみたいという方

また復活を考えている、40代リターンライダーの方

初めてのバイクや憧れの大型バイクに乗りたいと言う方向け

知識ゼロでも読めるオートバイの世界の話を

書いてみました。車種選択の参考になると思います。

読んでみてください♬

 

 

 

 

オートバイ(バイク)  子供の頃に自転車に乗りたくてしかたなかった子ども時代と同様に
大人にとって自転車に代わる憧れ的なおもちゃでだと思うのです。

自転車よりエンジンが着いてますから別次元の乗り物です。

こんな楽しい爽快な乗り物に乗らないで人生終わるなんてもったいない。

車と違って決して快適とは言えないけれど、一度経験すればハマる!

そしていつしかあなたの人生に欠かせない趣味となって行くでしょう。

バイクの魅力 奥深い趣味の世界が広がる【入門編から上級編】バイクは魅力的で奥深い楽しいさがいっぱい。 人生を豊かにする相棒になりうる。入門編から上級編まで解説...

 

まず、オートバイの世界にご案内いたします。
これであなたの疑問も解けどう始めるべきか確信することでしょう。

これからの内容は
すでにバイクに乗っているベテランライダーの方にとっては読むべき内容ののものではありません。

あくまでも、これからオートバイに乗って見たい!
またはバイク復活したい!と考えている大人に向けた内容の発信です。

custum

 

 

バイク(オートバイの略称で今後こう呼びます)は子供の乗り物
今更乗るなんて大人げない。恥ずかしい。
と思われそうで周りに聴けない。

こう思って情報が欲しいと思っていることでしょう。

 

 

悩める人
悩める人
色々なオートバイがあって、見た目が好きだな!はあるけど自分に合っているか不安だな。

 

 

老ライダー
老ライダー
これを読めばオートバイのことがよくわかり、あなたに合った一台がわかるでしょう!

 

 

オートバイ 歴40年の 私 老ライダー がそんなあなたのモヤモヤを取り去り
あなたを 「大人のオートバイライフ」にご案内いたします。

それでは

これから説明いたします。内容は以下の通りです。

 

バイクの種類 ①オートバイの知識 免許の種別

① 小型二輪(原付2種)免許

排気量 51〜125cc までのもの

②普通二輪免許

排気量 400ccまでのもの

③大型免許(限定解除

排気量 400cc超のもの

(※AT免許については割愛)

このくらいは常識ですね。 二輪免許のない方は小型免許から取得もしくは普通免許を取得という流れになります。

免許がないと少しめんどくさいですね。

しかし、すでに昔取った二輪免許があれば大型免許取得のハードルは低いのです。

憧れの大排気量車も夢ではありません。 すぐそこにありますよ。

簡単! 大型バイク免許教習 誰でも取れる。注意点はたった2つだ

大型バイク免許教習は簡単!誰でも取れる。注意点はたった2つだけ!大型バイク免許は教習所で取れる。普通二輪免許があれば誰でも取れる。気を付けるポイントはたった2つだけ...

トライしない手はありませんね。

バイクの種類 ②オートバイの知識 排気量別の差

費用面では二輪 250ccまでは車検免除 250cc超から2年に一度の車検を受けるのはご存じでしょう。(新車の場合は初回は3年後)

 

 

●125ccは 今 HONDAのスーパーカブ等で人気のカテゴリー

気楽に乗れる 経費も掛からないという点で売れているようです。

こちらの排気量は 気楽に移動手段としてバイクを楽しみたい人向け。
その他にもメーカー各社のラインアップはありますが、やや若年層向けのラインアップです。

バイクで旅をしたい。ゆくゆくはタンデム(二人乗り)で旅をしたい!
という目的がある場合パワー面や快適性を考えると若干物足りないかもしれません。

 

 

 

●250ccは入門者には車検が不要、人気車種の中古車も多く値段も手頃

ニューモデルも多くメーカーも力を入れています。

その選択もアリでしょう。 車検の心配もないため自由にカスタムも可能です。 (カスタムについては他記事で詳細に説明しますが。)

パワー面でも 長距離移動も充分可能です。

ただし、新車は価格的に年々高騰しているように思えます。
排気量の割には価格的なメリットが少なくなっているような気がいたします。

”最新テクノロジーの詰まったバイクの簡素化版”という車種が多いです。

 

もちろん、これでもいいのでしょうが、

初心者は良いとして、大人が乗るバイクではないのです。

つまり本物(大型バイク)の縮小版コピー こんなイメージです。

大人のバイクライフ  目指すなら 練習用に慣れるまで中古で乗ってみる この選択なら良いと思いますが。

 

 

●400cc超大型 車検は必要 バイク本来の楽しさがある

b
400ccから車検の義務が発生します。  排気量の左右される重量税も大差はありません

それなら、あなたが大型免許を取得する、あるいは持っているならば400cc超の大型バイクを選択すべきでしょう。

余裕あるパワー 希少性 本物感 満足感 まさに 大人のバイクライフに適した排気量のバイクです。

余裕あるパワー

普通二輪と大型二輪を比べて維持費等で差はあまりない。

大型二輪は本物・本格志向のバイクである。

希少性や他との差別化ができて所有欲を満たせる。

 

 

ここまでをまとめますと

 どれを選択するかは個人の自由ですが、魅力的なのは、やはり、大型バイクですね。 どうせ楽しむなら本格的な大型バイクでしょうかね?!

次に、タイプ別に考えていきましょう。?

バイクの種類 ③ オートバイ タイプ別解説

 

一言で言ってバイクには使用目的で様々なタイプ・カテゴリーに別れています。

ここで簡単に使用目的だけ説明していきます。

1 ロードタイプ

road

(ノーマルなハンドル) ネイキッド(カウリングのないものの総称)
乗車姿勢は自然体に近いもの、オーソドックスなタイプです。

オンロード(舗装路)走行を考えたバイクですが、

オールラウンドタイプで様々なシュチュエーションに変更が可能です。

まだ、バイクに乗る主目的が定まらない場合はこのネイキッド型がおすすめです。

※ネイキッドタイプ(カウルの無いタイプ)には細かく分けていくつかのカテゴリーに分かれています。

●ストリートファイタータイプ⇨スーパースポーツのカウルを外し、
アップハンドルにしたハイパワータイプ

●モタードタイプ⇨オフロードバイクにロード用タイヤを装着したタイプ

●スクランブラー タイプ⇨アップハンドル・アップマフラー の
昔のオフロードレーサー風にデザインされたタイプ

●レトロモダンタイプ(ネオクラシック )⇨クラシックバイクを模したデザインのバイク(中身は最新)もののが多い

(ここでは、細かい解説は省略)

 

 

2 アメリカンタイプ(アメリカンクルーザー)

haely
アメリカの伝統ある名車 ハーレーを代表とする フルバックハンドル

乗車姿勢はゆったりしていてハンドル位置は高く、幅広くできています。

のんびりと移動、旅をしたいというならこのタイプでしょう。

 

3 スーパースポーツタイプ(フルカウルスポーツ)

サーキットを走ることを前提とした前傾姿勢のハイパワーバイク

カウリングに覆われているものがほとんどです。

nullメーカー技術の結晶が詰まったバイク。 スピード 走り を重視したい人向け。 ハイパワーなので街中だけの使用ではパワーを持て余す性能があります。

4 ツアラータイプ

tourer
荷物を積み長距離を快適に走行するためのバイク

遠くまで旅したい!タンデムもしたい! そういう人に最適です。サイズも大型です。舗装路 高速道路クルージング向き。

5 オフロードタイプ

off
舗装路以外を走行するための軽量コンパクトなバイク

一部の車種以外大型排気量のものはありません。

悪路でも走行しやすい設計で、実は、初心者でも乗り易い。

市街地でも乗り易いバイク やや車高とシート高が高いので小柄な人には不向きですが、軽量で取り回しは楽。

オフロードを走りたいならこの一択です。

燃料タンクの容量が少なく、長距離の移動には不向き。

6 アドベンチャータイプ

adventuer
荷物も積め悪路も走破できる前提のバイク

オフロードとツアラーをミックスしたようなバイク 見た目も個性的

車体も大型 軽量というわけでもなく車高も高い。小柄な方には不向き

ロングツーリングに適した個性派バイク。

7 トライアルタイプ

trial
基本的に競技用 大型排気量のものはありません。

道無き道をバイクで走ることが目的で軽量小型。
競技が目的なので初心者には不向き。

 

あなたのバイクに乗る目的は何ですか?

 

とりあえず
乗って見たい! と言うのであれば オーソドックスな ネイキッドバイクから始めましょう。

かっこいい というだけで 大型ツアラーや アメリカンタイプ はたまたスーパースポーツタイプはあまりおすすめできません。

理由は 以下に通りです。

 

大型ツアラーは重いので取り回しが大変です。 それは事実です。

また

●スーパースポーツは軽量ハイパワー。

一般公道でそのパワーを使う機会はあまり必要ではありません。

技量が伴わないでハイパワーバイクに乗るのは危険なためです。

乗車姿勢が前傾姿勢が強いため、長距離での走行は体に負担がかかります。

要は”乗車姿勢が高速走行用”ですので一般走行では辛いものなのです。

もう一つ

あと一言だけ 言わせてもらうと、

●アメリカンタイプは最初のバイクには不適ということです

ライディング技量向上の妨げになります。

理由は、 速く走るための基本的な構造のバイクでは無いからです。

要は直線を安定させて走る目的メインに作られているバイクだからです。
バイクの機動性・運動性を犠牲にしているデザイン優先と言うことです。

以上が一般的に考えられることと私の経験をプラスした、タイプ別バイクの特徴です。

いかがですか? 乗りたいバイクのタイプは掴めてきましたか?

ここまでのおすすめは

ノーマルな乗車姿勢で取り回しが比較的楽なもの。そしてシート高もあまり高くない車種
持て余すような車重・車高のものは避けるべきでしょう。

車体の大きさ・車重・車高は同系列の中型バイクと変わらないものもあります。

ノーマルなタイプのネイキッドタイプが 疲れにくい ライディングの技術が磨きやすい ということになります。

750
※ 参考までに、これは往年の名車 DUCATI 750 スリムで当時としては軽量コンパクト。ハンドル位置は低めですが車重は当時の750ccの日本車では考えられない軽さ・デザインでした。(イタリア製)
私の憧れの一台でした。

 

次はバイクメーカーについて大まかに説明します。

 

 

 

バイクの種類 ④オートバイメーカー別紹介

 

大まかなイメージです。 参考になれば幸いです。 車種別にここで紹介するには紙面が足りません。

国内4メーカー

世界を席巻している日本のオートバイメーカーですが、
日本製バイクは どのメーカーを選んでも信頼性・品質に差はない程優秀なものだと思います。

メーカー選択は 個人の好みや諸事情(近くにあるバイク屋)によるもので良いと思います。

maker

 

 

●HONDA 日本車というより世界バイクシェア1位の総合メーカー

●YAMAHA HONDAと肩を並べる世界の二輪メーカー

●SUZUKI 個性的なバイク なぜSuzukiを選ぶか 一度乗ると Suzuki病に掛かる とも言われています。

●Kawasaki男のバイク と言われる所以は何でしょうか? イメージカラーは 黄緑色 大型バイクが異彩を放つ

 

■その他外車■ 海外メーカー

少しだけここでは触れていきます。 大表的なメーカー(詳細は別記事で)

●ハーレーダビッドソン 

hd大排気量アメリカンタイプの元祖
同じハーレーの中でもいくつかのカテゴリーに別れていて相容れない世界があります。(アメリカ製)

ハーレーダビッドソンの世界 憧れる前に知っておくべき事 ハーレーなんて乗るのはやめましょう! 私の第一声はこれです。 あくまでも バイクを楽しむための ”嗜好” の問題ですが。 ...

 

● BMW

bmw

大人のバイクの代表格 スーツでも乗れるバイク ワンランク上のバイク旅用のバイク(ドイツ製)

BMWバイクは”ヘリテイジ” が良い!理想な形にカスタムする考察こんにちは! 老ライダー です。 みなさんは、 好きなバイクのことを考える事ってありますよね。 あれこれ自分にとっての...

●DUCATI

dq

スピード ファッションを求めるスポーツバイクメーカー イメージは赤 最先端 派手(イタリア製)

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...

 

●モトグッチ 

GUCCI
個性的エンジンレイアウトの大人のバイク   渋い (イタリア製)

モトグッチ 楽しい空冷ツインエンジン 大人の変態?バイクの魅力 こんにちは 老ライダーです。 今日は私の大好きな 空冷ツインエンジンの話です。 大人のバイクライフとくれば、空冷ツイ...

 

●トライアンフ

null
ブリティッシュスタイルの古典的デザインの大人のバイク

イメージは黒が主体 古典的デザイン(イギリス製)

2気筒エンジンの正統派 トライアンフはレトロで魅力的こんにちは! 老ライダー です。 トライアンフ 最近日本でもメジャーになるつつあるメーカーです。 英国を代表する世界最古の二...

 

● KTM

最先端現代的デザインのメーカー 歴史はあるが日本では馴染みが薄い。

(オーストリア製)

 

 

●ロイヤルエンフィールド

re

インド製 懐古趣味にはおすすめなバイク(インド製)

バイク ロイヤルエンフィールドは”シーラカンス”のような 希少なバイクイギリス発祥のインドのバイクメーカー ロイヤルエンフィールドは実に希少なバイクの持つ、個性的なバイクメーカーです。 どんな希少な魅...

他もありますが、ここでは省略します。

自分好みのタイプの車種はたくさんありますが、
日本のメーカーは似たようなデザインが多いですね。

個性という点では外車を選んでみるのも大人の選択です。
日本車と価格面で割高ではない車種もあります。

バイクの種類 ⑤オートバイ エンジンタイプ(型式)別解説

これからは、エンジンの型式別の特徴について説明します。

 

技術的なことは書きません。 情報と特徴 乗る我々が感じることへの説明 とガイドラインです。

 

車種選択にもはエンジン型式は重要な項目なのです。

バイクには乗り味 や エンジンデザインの外観の見た目も重要です。

それを左右するのが、エンジン型式なのです。

●冷却方式について

空冷式と 水冷式 があります。(油冷式もありますが)

水冷式は高回転にも耐えられハイパワーになっている場合が多いですが、
エンジン本体のデザインは バイク特有のエンジンデザインは見られず見た目のバイクらしいエンジンのデザインと言う点では物足りない見た目になります。
suirei

一方、 空冷エンジンはエンジンに冷却用のフィンが施され、有機質な特有な形が特徴です。  メーカー独自の美しいデザインというものが存在します。

(例)DUCATI Lツイン(Vツイン)エンジンとシングルエンジン

DD
single

(例)ハーレーの45度 Vツインエンジン

h

 

BMWの水平対向ツインエンジン

BMW

 

幻の名車 ビンセントのVツインエンジン

VIN

機械の持つ気候的な美しいデザイン。車と違って剥き出しになっているのでデザイン面も考慮されています。   各メーカーの個性もあります。

では、エンジンの気筒数について。

バイクの種類 ⑥オートバイ エンジン気筒数別解説

●気筒数 シリンダーの数

気筒数の違いで大きな違いがあります。

順番に解説していきます。

 

単気筒エンジン

言葉の通り シリンダー1つのエンジン
1

小型車に多いですが、 600ccくらいまでの大型車も存在します。

大型車の特徴を挙げて説明すれば、他エンジン形式と比べて言えば、
燃費が良い、メンテナンスが楽、車体がスリムで軽量、トルク型エンジンでバイクらしい鼓動感。

パワーは同排気量では最も低くなります。振動の大きなエンジン形式ですが、それが楽しめる乗り味にもつながり根強いファンも存在します。

単気筒ビッグシングル エンジンの具体的おすすめ車種はこちらの記事でご覧になれますよ。

ビッグシングルの魅力 大型単気筒バイク ラインアップ10選 こんにちは。老ライダーです。 ビッグシングル ノスタルジックなこの響き シングルエンジンは独特な特徴があります。 ...

 

 

2気筒エンジン

これには 並列(バーチカルツイン等) 横置きV型  縦置きV型 並列180度(ボクサーツイン)などがあります。

221

単気筒エンジンよりパワーが出やすい特徴があります。

おおまか説明すると、独特の鼓動感が味わえます。一部には根強いファンがいて

このエンジン型式を長年変えないメーカーもあります。

(例)ハーレーのVツインエンジン、

BMWの水平対向ツインエンジン、

モトグッチの縦置きVツインエンジン、

DUCATIのLツインエンジン

 

パワーだけではないと言うのがバイクの乗り味たる所以なのです。

国産 大型バイクの2気筒の全車ラインアップが、こちらの記事でご覧になれますよ。

初の大型バイクには国産ツイン(2気筒)が最適 一覧とおすすめの理由国産大型ツイン(2気筒)バイクが初めての大型バイクにはおすすめ その理由の解説と全車種一覧と筆者の選んだランキングを記載しています。...

外車の2気筒エンジン(DUCATI編)もこちらでご覧になれます。

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...

 

3気筒エンジン

後から紹介する4気筒エンジンと似た特性のあるパワーの出るエンジンで、

よりパワフルな4気筒エンジンの登場により廃れていった歴史があります。

しかし、車種は限られますが、現代の3気筒エンジンのバイクは、

パワフルで軽量ということで、見直されつつあります。

3気筒バイクは軽量・ハイパワー 色気ある魅力的バイク3気筒バイクはマイナーな存在ですが、実は4気筒に負けないパワーが今はあります。軽量さと低価格(お買い得)でマルチエンジンではおすすめバイクです。...

 

 

4気筒エンジン

同排気量で最もパワーの出るエンジン型式です。
4
ほとんどは並列ですが 一部V型や縦置きタイプもあります。

最もパワーが出やすく、また人気のあるエンジン型式ですが、鼓動感というより、モーターが回っているようなスムーズな印象があり、その強烈な加速感ゆえ、人気があります。

スーパースポーツと言われる各メーカーのフラッグシップモデルは、

ほとんど4気筒エンジンを採用しています。

しかし、部品点数が多いため重量面で最も重きなりやすいエンジン型式です。

スピードを出す時の加速感以外はスムーズすぎて、バイクの乗り味での醍醐味乏しいエンジンです

パワーでは他を圧倒するエンジンです。

バイク初心者が4気筒の大型バイクに乗るのはパワーがありすぎるため、

危険ですのでおすすめできません。

 

※ 私の意見は

ハイパワーのみ追究した4気筒ではなく 独特の乗り味を楽しめるVツインエンジンがおすすめです。

同じツインエンジンでもV型エンジンはデザイン的にも美しさがあるエンジンデザインですし、 鼓動感が独特でこれを ”乗り味がある”と表現されます

速く走るだけがバイクでは無いということです。

よく見てください。バイクのエンジンデザインにも注目ですよ。

車と違ってバイクはエンジンの鼓動をダイレクトに感じることで走る楽しいを味わえる乗り物で、またそれが魅力です。

剥き出しになったエンジン各種パーツは、プラモデル や モデルガン にも通じる大人のお遊び道具だと思います。

⚠️これらは4サイクルエンジンの記述です。
2サイクルエンジンは今の排ガス規制に適応しないため生産されておりませんので割愛しました。

バイクの種類(個性) エンジン型式で言いたい事は

バイクはカタログスペックだけでないということです。
エンジンデザインのフォルム 乗り味 排気音も重要です。

Vツインエンジンの独特の排気音がわかるでしょうか?

最大のパワーの出るエンジン形式ではありませんが、レースするわけでもない、最高速を競うわけでもない、大人の選択 ということで

空冷のツインエンジンがちょうど良い つまり、おすすめです。

11

DUCATI 空冷Lツインエンジン (V型ですが、重心を下に置くため前に倒した型でL型になっています。) 美しいエンジンです。

⑦バイクの種類 こんなに豊富で個性的!バイクの車種の解説 のまとめ

 

 

要点のまとめと筆者の意見

これまで

①免許の種別

②排気量別

③タイプ別

④メーカー別

⑤エンジン型式別

⑥エンジン気筒数別

と解説してきましたが、

オートバイに乗り出す時にどれを選んだらいいのか? というあなたの悩みの解消になったでしょうか?

”大人のバイクライフを始める

このことをよく考えて、少し立ち止まって目的を明確にした上で自分の大人の感性で選ぶことが重要だと思います。

ここでは、まず基礎的な情報、概要と言う形で説明させていただきました。

細かな説明やバイクの楽しみ方についての説明は、また別記事にて掲載しておきます。

この記事が、あなたのバイクライフを始める手助けに少しでもなったら嬉しい限りです。

どうぞ、他の記事の興味ある項目もご覧ください。

私も 自身のバイクライフを充実すさせるためにまだまだ発展途上やりたい事がたくさんあります。このブログもその一環ですが、

バイクと共に人生を楽しむ。私の経験した事、これからの事、発信していきます。 お楽しみ下さい。

老ライダー
老ライダー
もっと掘り下げた他の記事もご覧くださいませ♪!
大型オートバイ入門 おすすめが目的別でわかる方法。大型バイク入門者に向けた、ライダーのタイプ別のおすすめバイクの提案記事...

 

バイクショップ選び 一人で始める上手な始め方 ショップの選び方 いよいよバイクライフをスタートするあなた もうどんなバイクを買おうかとすでに候補は決まっていることでしょう。 バイク...

 

バイク用品安く買うならどう買う? アマゾンか楽天で選ぶバイク用品の良いものを安く買うなら、店舗型の大型店でチェック、同じものをAmazonや楽天で探してお得にゲットしましょう。 各種大型バイク用品店を上手に使って安くお時な買い物する提案...

 

バイクを高く売りたい!買取で損しない方法 基礎知識とコツバイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識とコツ...

●コンタクトフォーム お問い合わせはこちらまで●






    バイク記事一覧roriderblog

    (広告)
    クラチャイダムゴールドお試し

    ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

    【カテゴリー別記事一覧】

    バイク用品

    >>INDEX一覧

    【注目のピックアップ記事】

    バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
    普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテムです。 インナープロテクターは、おしゃれでダサくならないバイクのファッションの幅広がる最強アイテムです。...
    ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込むおしゃれなバイクには、レトロでカジュアルなセンスあるアイテムを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
    ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
    ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
    便利で人気のシステムヘルメット 初心者からベテランまでおすすめ10選機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選...

     

    オートバイライフ

    >>INDEX一覧

    【人気の記事】

    スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
    タンデムツーリング便利グッズ 6種は必要 これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

    オートバイ知識

    >>INDEX一覧

    【読まれている記事】

    バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
    タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
    ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング形式(大型〜250)40選ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

    バイク初心者

    >>INDEX一覧

    【おすすめ記事】

    40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
    初心者のバイク入門の徹底解説とおすすめ250cc車種比較ランキング8選バイク初心者むけのおすすめ国産250cc8車種の紹介とランキング一覧...

    バイクを高く売る

    >>INDEX一覧

    【ピックアップ記事】

    バイクを高く売りたい!買取で損しない方法 基礎知識とコツバイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識とコツ...
    バイク王の評判は最悪?高く売りたいなら買取依頼のコツと方法がある バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイク王でバイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

    バイク保管・盗難防止

    >>INDEX一覧

    【注目記事】

    バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクの保管について...
    バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

    【番外編】     バイク雑談

    >>INDEX一覧

    【おすすめ記事】

    大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
    V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

    外車の魅力

    >>INDEX一覧

    【おすすめ記事】

    外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...
    かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

    カスタム

    >>INDEX一覧

    【おすすめ記事】

    BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

     

    (広告
    クラチャイダムゴールドお試し

    POSTED COMMENT

    1. Adolfo より:

      I’m pretty pleased to uncover this website. I wanted to
      thank you for ones time due to this wonderful read!!
      I definitely appreciated every little bit of it and i also have
      you bookmarked to see new things on your web site.

      Feel free to visit my homepage; best CBD

    2. Nicole より:

      Hey there! Would you mind if I share your blog with my facebook group?
      There’s a lot of folks that I think would really appreciate your content.
      Please let me know. Thanks

      My website – cbd gummies

    3. Roscoe より:

      This is very interesting, You’re a very skilled blogger.

      I have joined your rss feed and look forward to seeking more of your wonderful post.
      Also, I have shared your site in my social networks!

      Feel free to visit my webpage :: thc gummies

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です