カスタム

BMWバイクは”ヘリテイジ” が良い!理想な形にカスタムする考察

こんにちは! 老ライダー です。

老ライダー
老ライダー
今回は 私の今一番気になるオートバイ

人気のBMWヘリテイジ(クラシック)タイプの

カスタムについて考えました。

読んでみてください。

みなさんは、
好きなバイクのことを考える事ってありますよね。
あれこれ自分にとっての理想のバイクを思い描く事。
エンジンはこんなので、そんな見た目で、
こんな風に変えたらしたら楽しいだろうな〜と。

具体的に売られているバイクに思いを馳せることもあるし、
かっこいいカスタムバイクの憧れたり。
誰でもあると思いますし、人それぞれ思い描く理想のバイクには違いはあるとは思いますが。

私はバイクに乗り始めて40年近く経つわけで、考えてみると昔考えていた自分にとっての理想のバイク、振り返ってみると随分変わってきたような気がします。

私は、このブログを始めて、色々なメーカーの新車情報など久しぶりに見るようになり、
ずいぶんとバイクの世界も変わってきたように感じます。

日本車も変わってきました。パワー一辺倒志向から、日本のメーカーも味のあるバイクを捻り出そうと頑張っているなと思います。

しかし、すべてのバイクメーカーに対して詳しわけでもありませんし、全く触れたことのないメーカーもあります。

そして、その過程で 心の変化が生まれてきました。

前置きが長くなりましたが、

今回は BMW バイクについての考察 と題してみなさんにご紹介したいと思います。

全く、私はBMWについて知りません。 ただ、突然沸き始めた部分から、ある車種について興味が湧き始め掘り下げてみたくなりました。

情報発信なではなく、むしろ読者の方に詳しい方がいらっしゃったらお教えいただきたい!
こんなスタンスで書いています。

マニアの方には、読む価値にない記事ですが、私同様 BMWのバイクについて知らない方は何かの参考になるかと思います。

BMWバイク全般のことは書いておりません。その点はご了承ください。

老ライダー
老ライダー
BMWが理想のバイクと思い始めた

私の調べたこと読んでみてください。

バイク乗りが最後に行き着く理想のバイク BMWバイク

今思う私の理想のバイクの形
レトロなノスタルジックを感じるようなベーシックなもの

個性的な外観
シンプル
余計なものがない
スカスカな見た目
コンパクトな車体で軽量
低いシート高
乗り味が楽しいバイク

イメージとしてこんなバイクと考えておりました。単にお借りしてきた画像ですが、
それを画像にすると BMW バイクだったのです。

老ライダー
老ライダー
小さくて、シンプル、レトロな懐かしいデザインに魅かれますなあ

BMW というバイク

歴史等はともかく、 代名詞的に言われている ”ボクサーツイン” 水平対向エンジン
は、好きな人から言わせると理想のエンジンとも言われています。

老ライダー
老ライダー
よく見ると無骨ですが、かっこいいエンジンだと思いませんか?

BMWバイク 今までのイメージ


おじさんくさい 地味

あるいは

スーツで乗れるバイク デザインが個性的

お金持ちの乗るバイク

とっつきづらいバイク

こんなのが一般的に言われていることです。

老ライダー
老ライダー
DUCATI好きな私には 確かに地味に見えます。ハイ!

BMWバイク そのエンジン ボクサーツイン

横に張り出しているが 低重心で安定感が抜群

見ようによっては個性的でかっこいい

予想以上にパワフル


同じボクサーツインエンジンでも、 空冷OHVの2バルブから 水冷のOHV4バルブまで進化しているエンジンです。 (画像は空冷エンジン)

BMWバイク その走り

予想以上に速い。

あまりバイクレースの動向は知らない私ですが、水冷OHV4バルブのエンジンは、

レースでも活躍しているようです。

特に、エンジンレイアウト上、低重心(シリンダーの位置が最も地面に接近したエンジンレイアウトという点)
であることが最大のメリット。
走っていてタイヤが地面に吸い付くような安心感があると言います。

BMW水平対向エンジン ボクサーツイン 独特の鼓動感

私は、まだ経験しておりませんが、 同じ個性あるツインエンジンのDUCATI (横置きVツイン)や
モトグッチ (縦置きVツイン)とはまた違う独特の乗り味があると言います。

老ライダー
老ライダー
大人っぽい鼓動感だとか。  なるほど いいですなあ

BMWバイク ”ヘリテイジ”というカテゴリー 素晴らしいカスタム車

しかし、 BMWのカスタムの世界はガラリと様子が変わります。

こんなカスタム  惚れ惚れとしますね。

老ライダー
老ライダー
欲しいですね。 人生最後のバイクはこんなバイクが良いと思うのですが。

みなさんはいかがでしょうかね?

このBMW ”ヘリテイジ” カフェレーサー  ベース車は?


女性ライダーのことじゃないですよ。 このBMWのカフェレーサーことですよ!

これが今現在の市販車がベースのカスタム車なのです。
カスタム と言っても さほど大幅に作り直しているわけではないのです。

これはなに? と思いますよね。後で紹介いたしますね。

次はこんなカスタム

トラッカー風かスクランブラー 風か

これは、海外での市販車か?

あまり詳しく分かりませんが いずれにしても  R80 や R100 という少し古めタイプのカスタムのようです。
ベースはこれです。 確かにタンクの形状は同じ。 かなり手が入っているのでしょうか?

でも、近年、初めからこのカスタムに近いようなものをBMWは発売しているのです。
さほど大幅なカスタムでなくても ”かっこいいカスタム”にできそうな気がいたします

無駄な部分を削ぎ落として行くという感じになります。

BMW”ヘリテイジ”  市販車でもカスタム車のような R NINE T

BMWは”ヘリテイジ”というカテゴリーで最近販売しているシリーズが、

これが最新の R NINE T

オーナーの方のレビューなどを見てみますと、やはりみなさん 昔のR80やR100を彷彿とさせる
デザインが気に入ってカスタムし始めているようです。やや、プラスチックなどを使用した部分が気になる、
というコメントがあります。  でも ”ヘリテージ”というレトロな新車の発想。DOHC4バルブ しかし空冷エンジンです。 欲しくなりますね。
エンジンは空油冷2気筒 OHV4バルブ 1169CC 110ps
充分すぎるほどのパワフルなエンジンを搭載しています。
しかし、 購入のことを考えると 車両価格が200万程です。


これが、こうなるわけです。 こんな前傾のカフェレーサーでなくても アップライトなハンドルで充分だと思います。 いいですね〜

老ライダー
老ライダー
惚れ惚れとしてしまいます。

バイクにですよ!

 BMW”ヘリテイジ” R NINE T PURE

次が R NINE T PURE





廉価版に抑えて車両はカスタム前提というBMWのコンセプトのようですが
作りも見た目もカスタム車両のようでBMWのイメージとは違いますね。
カスタムがしやすいようにタンデムステップや
タンデムシートレールの脱着が可能に設計されています。 サスペンションはノーマルなテレスコピック型。タコメーターは省略してありコストダウンを図って”ベーシック”を意識しています。
このままでも充分いい感じですが。

エンジンは同様にOHV4バルブ  1169CC 110PS
価格は 167万円〜  これならまだ可能性がありますね。

BMW クラシカル 古めのR80やR100でカスタム

こういうやり方もあるかという提案で 中古の1980年代の R80 や R100
これをベースにしたカスタムを考える。 これも検討の余地があるの私は思いました。

上記の新型復刻版とは違い旧式エンジンですが、 エンジンは空冷OHV2バルブエンジン  R80のの場合 50Psほどです。
扱いやすい、充分なパワーと言えます。 こんな程度が気楽に乗れるバイクなのです。

これが、ベース車

こういう風になるわけです。

ベースとなる車両は 中古のみですが、60〜80万円。

当然、エンジンやサスペンション、キャブレター等の初期メンテナンス費用等 他に安心して走れるような電装品交換は必要になりますが
標準的に考えて40〜60万円は必要ではないかと予測できますが。
合計で100 〜140万円でしょうか!なんとかなる気がしてきました。
(少し甘い考え方でしょうか?)

老ライダー
老ライダー
カスタムの度合いにもよりますが、これならなんとかなるかな?

みなさんはどうお考えですか?

 

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

BMW Rタイプのカスタム 有名人の例

伊勢谷友介さん

自分の生まれた年に製造された 1978年製のR80 を フルカスタムしたんだそうです。
カスタム費用 400万円だとか?  こういう話を聞くと
あまり良くないですね。 これでは 単なる芸能人やお金持ちの”夢”の世界の話で終わってしまいます。
もっと、楽しめる範囲で発信して欲しいものです。スペシャルパーツ・ペイントは
やりすぎ感がありますね。

(※ちょっとこの人のおかげでイメージ悪くなりそうですが)

所ジョージさん
あの”世田谷ベース”で取り上げて古いBMW をカスタムしたようです。
どれくらいの費用かは不明。 ですが 見えない所にも色々お金をかけているでしょうから、
あまり調べても意味はないかもしれません。

BMWバイク カスタムビルダーについて

では、BMWバイクを カスタムする と言っても自分でできないわけではないですから、
カスタムショップにお願いするしかありません。

トータルで考えて中古車の入手から、あるいは新車のR NINE T を持ち込んでか。

こうなると、 どうもこのカスタムショップが出てきます。

リモト・セレーノ  (東京・西東京市)

46WORKS

(元リモト・セレーノの方が 理想の

カスタムハウスを求め 八ヶ岳山麓に移住して開業)

※伊勢谷友介さんのバイクはここで製作だそうです。

果たして、カスタム費用は如何程に?気になる所ですね。

BMW 私なら R 80 R100のカスタム

BMWは確かに手軽なバイクではありません。(価格的な部分で)

しかし、エンジンは”面白味”があり、乗りやすいバイクだと言います。

古いバイクであっても、エンジン設計がしっかりししているので、きちんと再整備して乗り出せば、走行距離の多いエンジンでも新車のように快調にに故障なく楽しめると言います。

古くとも部品は揃っており、設計が単純にできておりメンテナンスしやすいエンジンということです。

もちろん自分でやるというのは無理だと思いますが、信頼できる実績あるショップにお願いすれば問題はないと推測されます。

私は、 古いR80 やR100 のカフェレーサー風カスタム これが良い気がしております。

BMWはエンジンには信頼性があり、シャフトドライブは基本的にメンテナンスフリーターと優秀なバイクだそうです。

老ライダー
老ライダー
いつかは この BMW 乗りますよ〜

レトロなBMWのカスタム これはセカンドバイク? 盆栽バイク?

こんな、バイク どんな使い方をするかというと。

天気の良い日に日帰りツーリングに出かける。 少し、家の近所を走ってきて楽しむ。

あとは磨いて 眺めて楽しむ。

ある意味、セカンドバイクというような使い方ですね。(逆ですが)

これがセカンドで、 旅や ロングツーリング タンデムツーリングは

日本車の 旅仕様にしたバイクを別に持つ。 これが私の理想です。

最後は、シンプルなこんなこだわりBMWに乗っていたいものです。

まとめ と BMWカスタムに詳しい読者の方にへのお願い。

 

敷居が高いとか、おじさん臭いとか、地味と思っていたBMWですが、R という

車種で実に面白いBMWが味わえる!  人生最後に乗るのは このバイクだと思う!

こんなことを発信してきました。 私は発信者ですが、今回は 未知のBMWについての自分なりのカスタムについて書きました。

最後に

詳しい方や業者の方へ

 

このBMWに詳しい方、ぜひ もっと掘り下げた情報がありましたらご一報くださいませ。

ここでも、紹介いたします。また、カスタムショップの方、BMW初心者に有益な情報を是非、披露させていただきたいのでご一報くださいませ♬

老ライダー
老ライダー
ご意見・情報等お待ちしております。

よろしくお願い申し上げます!!

 

 

NEW スマホ ホルダー

【革新的】新しいタイプのスマホ ホルダーは簡単脱着

\詳細を見てみる/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です