バイク初心者

普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決

バイクを乗る時にプロテクーは安全のため必要だと思うけど、

プロテクター入りの革ジャンなんかはゴツくてダサいし、

手軽じゃないし、何か良い対策はないだろうか?

 

こう感じているバイク乗りは多いのではないでしょうか?

普段着でバイクに乗れたら、そんな悩みを解消できます。

手軽に着込める

インナープロテクターでお気に入りのファッションでバイクに乗れますよ。

使い勝手が最強のインナープロテクターの記事です。

読んでみてください。

目次(クリック)

バイクの安全性を考えたらプロテクターは必要

バイクでの転倒・事故などのことを考えたら、

体を守ってくれるプロテクターは着けておいた方がやはり安全です。

バイク用品には、本格的なレーシングウエアでなくても、

プロテクター内蔵のウエアはあります。

しかし、そこでこんな悩みが出てくるんですよね。

●ゴツい

●価格が高い

●ダサい

●好みのデザインがない

ゴツい・ダサいバイクウエアでなくても安全を確保できる

この悩みを解消してくれるのが、 インナープロテクターです。

ウエアの下に装着すれば、どんなウエアでも安心ですよね。

普段着の下に着る合理性がおすすめ おしゃれにバイクに乗れる

ただ、ウエアの下に装着するインナープロテクターは、こんなものを想像してしまいます。

鎧(よろい)ですよね。(あるいは『マッドマックス』の世界ですね)

ウエアの下に装着するプロテクターですが、 シャツを着る という感覚で

楽にプロテクター機能をはたす良いものがあるんです。

ご存知でしたか?

インナープロテクターという選択で自由なウエアを楽しめる

手軽に着れるゴツくないインナープロテクター
シャツを着る感覚でプロテクター をつける

実に手軽で、自由なウエアの選択ができ、安全性が確保できる製品があるのです。

バイク専用ウエアでなくても使える、自由なバイクファッションが楽しめるようになります。

インナープロテクターのメリット・デメリット

おすすめのインナープロテクターを紹介する前に、

手軽になったインナープロテクターのメリイトとデメリットを

考えていきましょう。

まず、メリットを整理しますと

●インナーウエア感覚で気楽に着込める

●鎧(よろい)のようなゴツさはない

●防寒対策に効果が期待できる。

●価格が手頃 専用ウエアを買うより断然安上がり

●マッチョ感が作れて、ある意味かっこいい

●Tシャツ感覚でアウターにも使える

●好きなウエアでバイクに乗れる

デメリットも考えてみましょう。

●ゴワゴワした圧迫感はある

●夏は暑い

●上に着るウエアが小さいと着れない

おすすめのできるバイクのインナープロテクターの紹介

コミネから評判の良いインナープロテクターが上下(上半身・下半身)

で発売されています。

これで、事故に遭った方の口コミがありますが、 おかげでほとんどケガにならなかったという口コミが多数あります。

充分な強度があるんです。役に立ちます。

コミネ アーマードトップインナー SKー693


コミネのインナータイプのプロテクターは、人気No. 1です。

カバーする場所

●胸部
●’肩
●ひじ
●背中

重量はわずか660g程

多少、見た目がマッチョにゴツくなりますが着心地もよく、ズレない。

寒さ防止のインナーとしても役に立ちます。

各部のプロテクターは全て取り外して洗えます。

価格は、12000円程

ウエアを買うより断然安上がりで安全が確保できる

必要なアイテムですね。

(使用者の口コミ)

口コミ アーマードプロテクターの必要性
nisekorose
5つ星のうち5.0

安心感があって装着しないと不安になる→事故を目撃しプロテクターの重要性をさらに自覚
2020年1月1日に日本でレビュー済み
色名: ブラックサイズ: XLAmazonで購入

砂利道のUターンでこけてしまいました。やはりとっさに受け身を取るもので、手・肘・肩をついたのですが、割と大き目の石があったせいでほぼ立ちごけなのに打ち身がそこそこ酷く、半年たってもまだ少し痛いです。そのときプロテクターさえしていれば全くダメージはなかったと確信し、翌日に購入しました。わずか1万円ほどで済む話です。それ以来、全身コミネマンです。大げさと言われても自分の身は自分で守らないとね。

コミネ アーマードトップインナー SKー625

同じく、コミネのインナータイプのアーマープロテクター SKー625

上記のSKー693との違いは、表のロゴデザインがあるなしと、

胸部の部分のプロテクターの違いです。

こちらの胸部部分のプロテクター素材は

スポンジのような薄い柔らかい素材です。

多少、ゴツさは無くなりますが、安全性を考えたら、

価格差はわずか1000円程ですので、SKー693の方がおすすめですが、

スリムな着こなしが良い方は、こちらでも良いと思います。

 

コミネ プロテクターメッシュアンダーパンツ

足裏にループを通すことで、ズレたりめくれ上がったりせず、快適に使えます。

多少、脱ぎ着が面倒ですが、プロテクト能力は高くて安心です。

カバーする場所

●尾骨
●大腿
● ひざ

SKー693 と上下でそろえれば、最強になります。

そろえて損はなしです。

価格は8000円程

(使用者の口コミも高評価)

コミネアンダーパンツの口コミ

5つ星のうち5.0
凄いです。
2019年5月19日に日本でレビュー済み

サイズ: LAmazonで購入
先日、コーナーで滑り転倒しました。
その時、ジーパンの下にこのプロテクターを付けていました。
結果、ジーパンの膝部分はボロボロに破けましたが、このプロテクターはほぼ無傷で済みました。
怪我等もなくピンピンしております。このプロテクターが無かったらと思うと、かなりゾッとします。
コミネさん本当にありがとうございます。

 

【冬の使用】 防寒性の効果も期待できる 一石二鳥が最高

プロテクターの機能だけでなく、インナーウエアとして考えたら一石二鳥のバイクグッズです。

冬場に重宝します。  この上下の組み合わせです。

コミネ アーマードトップインナー SKー693

カバーする場所

●胸部
●’肩
●ひじ
●背中

 

コミネ プロテクターメッシュアンダーパンツ

カバーする場所

●尾骨
●大腿
●ひざ

夏対策 インナープロテクターを部分的に使えば快適

夏のことを考えてみましょう。

やはり、着こむタイプのインナープロテクターは暑い!と考えますね。

であれば、部分的にプロテクター を着けましょう。

もちろんウエアの下につけるタイプです。

カバーしたい場所としては

●ひじ

●胸部

●背中

●肩

なのですが、 ひじ・胸部・背中が部分プロテクターになります。

特に大切な部分は、胸部

交通事故での死亡者の死因ナンバーワンは頭、その次が胸なのです。

 

コミネ マルチチェストプロテクター

胸部限定のプロテクター

これでも充分です。

コミネ エアスルーボディーアーマー

夏にはこんなものが良いのです。

涼しく風通しの良い構造の、胸部と背中のプロテクター

 

RSタイチ ステルス ニーガード

ひざ用インナープロテクター

ストレッチタイプのパンツなら問題なく使えます。

RSタイチに高評価の良いものがあります。

RSタイチ ステルス エルボーガード

ひじ用インナープロテクター

バイク用品のプロテクターとして高評価品です。

インナープロテクターは装着が面倒なら このチョイスが正解

プロテクターは必要だけど、脱着が面倒

そう思う方も
多いかもしれません。

それならば、最も手間いらずな考え方で

2点のみ揃えて、ケガ防止とカジュアル感を手軽に実現する方法を選択しましょう。

シャツ感覚の インナープロテクターとジーンズ感覚のプロテクター入りライダーパンツです。

コミネ アーマードトップインナー SKー693

やはりこれが一番です。 夏場はこれをアウターにしたって良いわけですし。

 

コミネ バイク用ジーンズ ブラック ストレッチ


ジーンズを普段から履き慣れている方は全く問題なく使えます。

ひざプロテクター入りのコミネのプロテクター入りジーンズです。

ストレッチタイプ

RENHE ライディングパンツ・ジーンズ ストレッチ

こちらのライディングパンツも、カジュアルなジーンズタイプ

黒なのでどんなウエアにも合わせられます。 ストレッチジーンズ

プロテクターは、ひさと腰部分

リーズナブルなベストセラー商品

バイク用ジーンズ プロテクター入り

こちらもカジュアルなkジーンズタイプ

黒に近い色。どんなウエアでも合わせやすいです。

リーズナブルな価格で人気 価格は4400円程

バイクファッションの選択の幅が広がる インナープロテクターで快適・安全なツーリング

普段着感覚でバイクにスマートに乗りたい。

ツーリングでなくても、バイクに乗る機会は多いと思います。

ストリートタイプのスクランブラーバイクや、ネオクラシックバイクに

似合うバイクファッションがインナープロテクターによって安全でかっこよく実現できます。

普段着でもバイクに乗りたい その悩みを安全・最強なプロテクターで解決 まとめ

この記事のまとめ

●プロテクターの必要性

●ゴツくないプロテクターは使える

●夏対策は、部分的なプロテクターを考える

●プロテクターは面倒くさいという場合の対処法

●普段着でバイクに安全に乗れる使い勝手が最強な

対策完了

以上の内容でした。

 

老ライダー
老ライダー
最後までお読みいただきあるが冬ぞざいます♬

普段着感覚でバイクに乗れる インナープロテクター

はバイクライフの幅が広がりますね♪

バイク記事一覧roriderblog

(広告)
クラチャイダムゴールドお試し

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテムです。 インナープロテクターは、おしゃれでダサくならないバイクのファッションの幅広がる最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込むおしゃれなバイクには、レトロでカジュアルなセンスあるアイテムを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
便利で人気のシステムヘルメット 初心者からベテランまでおすすめ10選機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種は必要 これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング形式(大型〜250)40選ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
初心者のバイク入門の徹底解説とおすすめ250cc車種比較ランキング8選バイク初心者むけのおすすめ国産250cc8車種の紹介とランキング一覧...

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイクを高く売りたい!買取で損しない方法 基礎知識とコツバイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識とコツ...
バイク王の評判は最悪?高く売りたいなら買取依頼のコツと方法がある バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイク王でバイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクの保管について...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...
かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告
クラチャイダムゴールドお試し

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です