オートバイライフ

バイクの夏対策を強化 暑い夏を手軽な冷感インナーで快適にする

真夏のバイクの暑さ対策 どうしてももっと快適にできないか?手軽で効果的な方法はないか?と考えますよね。

 

 

バイクでツーリングに出る休暇のベストシーズンはどうしても夏になりがち

休暇がいつでも取れるわけではないので仕方がないことなのですが、

ここで問題になるのか、 バイクの暑さ対策です。

バイクに乗らなくたって日本の夏の暑さは近年異常な猛暑が普通です。

真夏のツーリングや通勤を快適に過ごす方法を考えます。

色々な装備を考えますが、 意外なことにインナーウエアが快適になる最強の方法なのです。

 

読んでみてください。

バイク乗り
バイク乗り
インナーウエア?

夏だからTシャツでしょ? これしかないでしょ!

夏用のメッシュ素材のウエアの話でしょ?

老ライダー
老ライダー

いいえ、バイクジャケットの話ではありません。
インナーウエアの話です。

インナーウエアを工夫すれば、
今までの辛い夏のツーりングが快適
になるんです♪

真夏にバイクは地獄 快適に乗り切るには?

真夏にバイクに乗る。 照りつける太陽

ただでさえ暑いのに

エンジンの熱

渋滞

走っていても熱風

猛暑日にバイクに乗ったら、命の危険を感じるくらい暑い!そんな経験を

ツーリングで感じたことはないですか?

夏のツーリングはどうしても快適にする必要があるのです。

対策を考えなければなりません。

Tシャツとジーンズでいいの?

昔は、夏のツーリングと言ったら Tシャツとジーンズが普通でした。

今は、それをすすめるような情報はありません。

夏のツーリング 考えていかなければならないことがあります。

日焼けや熱中症が心配

暑いから、Tシャツ一枚 これしかないよ!

なんて、昔は私もそうでした。

しかし、今はライダーの意識も変わって、

暑いけど長袖は必要、半袖Tシャツじゃ日焼けしてひどい目に遭う

日焼けや怪我の予防にどうしてもプロテクター入りの

バイクウエアを着る必要はある。

こう変わってきました。

しかし、日焼けや怪我が防止できても。

今は、 熱中症が心配です。

バイクは走っていれば、風を感じるから涼しい?と思うかもしれませんが、

直射日光や渋滞での走行で、車の熱や自分のバイクのエンジンから来る熱で

外気温以上の暑さを味わうこともあります。

真夏は山間部にでも行かないと、走っていても風は熱風だったりします。

脱水症状に注意する必要もあるくらいです。

 

暑さを軽減する冷感対策アイテム 決めては冷感インナーウエア

冷感インナーウエア
こまめに休憩、水分補給は、熱中症予防に必要ですが、

人間の感じる暑さを軽減することも暑さに耐えるためには必要です。

つまり、体感をなるべく快適にする”冷感対策”が必要です。

それができれが、気分は、爽快です。

 

これから、当たり前のことをお話しします。

ウエアを工夫して夏の暑さ対策をするには

一般的に言われているのはヘルメットやウエア類についてですね。

基本的ライディングウエアについて

ウエア(具体的には)

●ヘルメット→ ベンチレーションやジェットヘルが良い

●ジャケット→涼しいメッシュ素材が良い

●グローブ→メッシュ素材

●シューズ→通気性の良いもの メッシュ素材

●パンツ→メッシュ素材

これらは重要ですが、よく言われることですね。

 

(※上記ウエアについての夏対策は、別記事にて紹介します)

【関連記事】夏のメッシジャケットについて

真夏のバイクジャケットはフルメッシュが快適 失敗しない選び方真夏のツーリングのジャケットはフルメッシュジャケットを1つ用意して、快適な暑さ対策を。 失敗しない夏用ジャケットの選び方を解説します。...

 

夏のインナーウエアに注目 重要なその理由

インナーウエアを着るのは、さらにもう一枚重ね着をするようで暑そう!

と思うのですが、実は違うのです。

夏用インナーウエアの具体的特徴


夏用のインナーウエアは、バイク乗りのためというより、

屋外で一日中作業をする仕事の方向けや

アウトドア用に快適なウエアとして進化を続けています。

暑さ対策の効果という点で、バイク用にも適したものになっています。

今ある、”冷感”と言われるインナーウエアには以下のような効果があります。

●速乾性
●着心地
●UVカット
●通気性
●接触冷感
●伸縮性
●消臭効果

これだけの効果が期待できる。これが今のインナーウエアなんです。

速乾性

汗がすぐ乾きやすい。 ベタベタしなくてサラサラな爽快感

着心地

柔らかくてソフトな素材、チクチクしない爽快感

UVカット

肌にとって有害なUVをカット

通気性

メッシュ素材使用で空気の通りが良い

接触冷感

肌に繊維を密着させることで 冷たく感じさせる素材

特筆すべき効果は”着ていて感じる冷感”です。この機能です。

伸縮性

伸び縮みするので動きやすい。

また、圧縮効果(コンプレッション)により肌にフィット

接触冷感効果を高めます

消臭

汗による臭いを除去する繊維を使用、

汗をかいた後も匂う事なく、

洗濯後も効果が持続

バイク用をプラスしたインナーウエアの特徴

 

インナーウエアで暑さは乗り切れるとうわけです。

野外で仕事をする人のウエアがやはり最強なのです。

 

プラス、さらにバイク用に考えられたものが最強と言えます。

●乗車姿勢のあわせた裁断でライディングが快適

バイクの乗車姿勢を考え伸縮する場所や強度面の配慮

●遮熱製

熱を中にいれずに遮断する機能

ということで、おすすめ品をご紹介します。

暑さ対策 インナーウエアで最強の夏対策 バイク用コスパの良いおすすめ品

今まで書いてきた夏に冷感があり、快適なインナーウエアですが、

コスパが良いということも、選択の基準にしました。

5000円以上のインナーウエアは多数ありますが。

正直、手軽とは言えません。

できれば着替え用に2、3着用意したいものですね。

 

おたふくボディタフネス

バイク専用品ではありませんが、

野外作業用、炎天下での長時間労働をする、

建設現場作業者などに圧倒的に評価の高い製品です。

肌に密着させることによって接触冷感が強く快適です。

コンプレッション(締め付け)効果を高く設定しているため、バイクで使用する場合、

少し大きめサイズを選択する方が良いようです。

半袖・長袖と カラーも白と黒があります。

一番のおすすめの理由は、価格が圧倒的にリーズナブルな点です。

1着1000円程度で快適さが手に入ります。

効果は

●伸縮素材
●着心地
●接触冷感
●消臭
●UVカット

特筆する点は、接触冷感 ピタッとした着心地なのに常に着ていてひんやり涼しい

という点です。

山城 遮熱インナーウエア

バイク用品メーカーの山城にも良いものがあります。

効果は

●速乾性
●着心地
●伸縮性
●接触冷感
●UVカット
●通気性

バイク用に考えられた裁断による動きやすさが特徴

伸縮性(コンプレッション)はさほど強くないタイプ

他にない一番の特徴は

●遮熱製 →太陽光を反射し、熱を伝わりずらくする素材

価格はバイク専用メーカー品ということもあってか

3000円程ですが、他専用メーカー品の中ではリーズナブルな価格です。

半袖タイプがおすすめです。


(画像は長袖タイプの画像)

RSタイチ クールライド ベーシックインナーウエア

RSタイチのクールライドシリーズのスタンダードタイプ

ベーシックシリーズの中からチョイス。

価格は、3300円程ですがシリーズの中では最安品です。

効果は

●速乾性
●伸縮性
●着心地
●通気性
●UVカット

一番の特徴は、超微細繊維により、着るときのなめらかな着心地です。

伸縮性はありますが、コンプレッション性は低く締め付け感は弱い。

アウターとしても着られそうなデザイン的考慮があり、良いセンスです。

RSタイチには、5000〜9000円ほどのバリエーションがありますが、

このベーシックタイプでも効果は十分。価格的にも最初の一枚は

これで良いと言えます。

 

その他 インナーウエアについて

その他の夏対策インナーウエアも

他メーカーから多数発売していますが、

機能面では、大差がない!と思います。

価格的には高額なものが多く、

同機能のもので6000円から10000円と価格的に幅もあります。

効果の程は、高額なものはそれなりに比較すると優秀という口コミも

ありますが、 大差ない! という口コミも多いので

リーズナブルで評判の良い使えるものを今回ご紹介しました。

使い勝手がよければ、1枚とは言わずツーリングには数枚持参したいものですから、

あまり高額なものにこだわる必要はないと思います。

その他の夏対策グッズ

その他の夏対策について考えます。

手軽に対策できる、おすすめグッズを探してみました。

ツーホイールクール

ヘルメットにベンチレーション機能があっても、

ヘルメットと頭部は密着しているものです。

頭部とヘルメットシェルの間に隙間を作る、
風を通しやすくした優れものです。

ヘルメットをかぶった後の髪型がぺっちゃんこになるのを防止する効果があります。

ハゲ防止にも効果ありとの意見もありますよ。 ヘルメット内部が、涼しくなります。

メッシュシートカバー

ビニールレザーで作られたバイクのシートは、夏は暑くて蒸れるもの。

滑り止め効果のあるメッシュタイプのシートカバーは

取り付け方も簡単です。

快適な蒸れない座り心地が手に入る良品です。

 

●コミネ エアメッシュシートカバー

真夏の対策をさらに強化して、快適なツーリングを実現しよう

暑い真夏のツーリング、暑さ対策をさらに強化し、暑さに負けない

快適性を手に入れてください。

きっと、去年の夏のツーリングとは、比べられないほど

快適になること請け合いですよ。

 

【関連記事】夏のバイクツーリング用品全般(決定版)の記事

ツーリングの服装 夏対策の快適装備の決定版 これで猛暑も乗り切れる真夏のツーリングの暑さ対策について最強のアイテムを紹介する記事 【まとめ記事】 ...

 

バイクの夏対策 手軽で最適な冷感インナーウエア まとめ

まとめ

●真夏のバイクのウエアについて
●1歩進んだ夏対策はインナーウエア
●インナーウエアの特徴・効果
●おすすめの夏対策インナーウエア
●その他の夏対策バイク用品

以上の内容でした。

老ライダー
老ライダー

夏は、バイクにとって辛い季節ですが、

インナーウエアで去年と違う快適なツーリングを♪

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

【関連記事】バイク用品の記事

\バイク用品についての記事をチェック/
バイク用品INDEX

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET 欲しいバイクを探す【登録無料】/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込む大人のバイクには、レトロでカジュアルなセンスある大人のバイクファッションを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種のおすすめ これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめ250ccバイクランキング8選 初心者向けを徹底比較バイク初心者におすすめの国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...

キャンプツーリング

>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
キャンプツーリングの持ち物 使える便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイク買取のコツ 高く売る方法と買取交渉について【体験談】バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?口コミから考える買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクのアパートでの保管について解説...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックは必要バイクの盗難は2度と経験したくない。 最強のバイクロックと対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告) 二郎系ラーメンの宅配

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です