記事内にはアフィリエイト広告を使用している場合があります。

バイク用品

バイクの夏の服装と装備 8つの対策で快適に猛暑を乗り切る

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

夏のツーリングを経験したことはありますか?

どうしても、バイクのツーリングは、まとまった休みの取れる夏になりがちです。

走っていると、風で体感温度が下がるバイクですが、夏は、そうはいきません。

軽く考えていると、辛いだけでなく熱中症にもなりかねませんし。

 

バイクの夏ツーリングを快適にする方法を解説いたします。

真夏には、バイク特有の真夏の服装や暑さ対策を考える必要があります。

これ以上の対策はありませんという対策をお話いたします。

万全の対策をして今年は快適な夏ツーリングを楽しみましょう!

 

バイクの夏の暑さ対策グッズについて読んでみてください。

【関連記事】バイクの熱中症対策 真夏のツーリングの手軽な対策グッズ

バイクの熱中症対策 真夏のツーリングの手軽な対策グッズバイクの熱中症対策 真夏のツーリングの手軽な熱中症予防・対策グッズの紹介...

真夏のバイクツーリングの暑さ対策グッズ 基本装備

バイク夏対策の装備
真夏のツーリングで考えられる必要な夏対策装備を考えます。

8つのポイントを考えれば夏のツーリングに完璧な準備が整います。

①ジャケット→フルメッシュ

②パンツ→メッシュ

③グローブ→メッシュ

④ヘルメット→インナーパットやインナーキャップ

⑤シューズ→メッシュ

⑥プロテクター→メッシュタイプ

⑦インナーウエア→冷感インナー

⑧シートカバー→メッシュカバー

数が多い!と思うかもしれません。

バイクに乗る場合は、仕方がないことなので、この装備についての夏対策を考える必要があります。

また、安全面と直射日光により紫外線対策も重要なのです。

おすすめは半袖・半ズボンなんてことはありません。

真夏は軽装になりがち 安全面と紫外線対策は必要

暑いからと言って軽装(半袖・半ズボン)のツーリングはあり得ません。

転倒や事故のことを考えて肌を露出した軽装は避けなければいけません。

安全性をまず、外さずに考えていきましょう。

長袖のウェアは必須です。

また、紫外線対策も考えなければいけませんから体を覆って涼しいものを考えましょう。

半袖で1日走ったら、腕の日焼けで風呂にも入れなくなる経験もあることでしょう。

走っても体感温度は30℃以上の真夏 乗り切るためにアイテムを徹底吟味する

真夏のツーリングは服装を吟味するのは必須
安全性を確保した上でこれから考えるのはいかに涼しくするかです。

1つ1つの装備について解説していきます。

身につける服装や装備についての8項目です。

バイクの暑さ対策① ジャケット フルメッシュタイプの長袖がベスト

フルメッシュジャケットの裏地フルメッシュジャケット 表地
メッシュ素材の長袖を選びましょう。

ジャケットは、とにかく風通しの良いことを第一に考えます。

選ぶべきなのはフルメッシュジャケットです。(裏地もメッシュ)

スリーシーズン使えるハーフメッシュジャケットというものもあります。

しかし、
フルメッシジャケットと比較すると、涼しさでは比べ物にならないほど
涼しくないのです。

真夏には、快適ではありません。

フルメッシュジャケットは、吸水性や速乾性の高い合成繊維製のものを選びます。

革製のパンチングメッシュなどもありますが、

革製のものは速乾性が低く、汗をかく夏には向いていません。

フルメッシュジャケットは、大袈裟に言ったら、「網」や「ザル」で良いのです。

真夏のジャケットは網かザルのようなものが理想

フルメッシュジャケットについての詳しい記事があります。

チェックしてみてください。

速乾性のあるフルメッシュジャケットは真夏には必須です。

バイクの厚さ対策② パンツ メッシュライディングパンツ

ジャケットをフルメッシュにして、パンツもメッシュ製にすれば快適です。

メッシュ製のパンツは、バイク専用の手軽なものがたくさんあります。

ぜひ 準備したいところ

メッシュパンツの一覧が見られます↓

メッシュパンツ
(出典 amazon)
amazon 夏用メッシュライディングパンツ(画像タッチでおすすめ品ページに)

また、SSや大型バイクの場合、エンジンからくる輻射熱も気になる部分です。

特に夏場に対策が必要なのは下半身のパンツです。

対策品を集めた記事があります。読んでみてください。

夏のSSや大型バイク用の低音やけど対策品

大型バイクやSSの夏の熱対策 遮熱ジーンズやパンツで対策できる大型バイクやSSの夏の熱対策は2通りあるが、遮熱ジーンズやパンツが手軽で効果的 夏の熱対策と暑さ対策のヒント...

バイクの暑さ対策③ グローブ メッシュグローブ

グローブもメッシュです。

転倒時のケガの軽減のため、注意点として、プロテクター入りのショートタイプがおすすめです。

メッシュグローブの一覧が見られます↓

メッシュブロー分
(出典 amazon)
(画像タッチでおすすめ品ページに)

 

【関連記事】夏用メッシュグローブを車種別に選べる記事

バイクグローブ 夏最強の車種別おしゃれで涼しいメッシュグローブ 20選夏用バイクグローブのおすすめ20選 夏最強のメッシュグローブを車種別におしゃれに選べる...

【関連記事】こだわりの夏用本革メッシュグローブ

夏の本革クラシックグローブにこだわる 洗えるバイクグローブがおすすめ バイクグローブもクラシックにこだわる。革製で洗える風合いある便利な夏用グローブがおすすめ品 メッシュタイプも紹介...

バイクの暑さ対策④ ヘルメットの夏対策 内部の蒸れ防止

バイクヘルメットの夏対策
ヘルメットには残念ながら、メッシュ製のものはありませんね。(当たり前ですが)

安全性を考えるとフルフェイスでしょうが、現実的には厳しいですね。

ジェットヘルにするか、フルフェイスの場合はベンチレーション機能の高いものを選ばないと、はっきり言って暑いです。

ベンチレーション機能があっても、ヘルメット内部の蒸れはどうしても気になります。

 

ヘルメット内部の風通しをよくする対策として、

ヘルメットのサイズ調整機能も兼ねた製品(インナーパット)があり、

蒸れを軽減できます。

ヘルメットを脱いだら、髪の毛がぺったんこ このカッコ悪さを無くす優れもの

ヘルメット内に空気の流れを作ることで、蒸れないということです。

バイクに乗ってヘルメットかぶってばかりいたら薄毛になる、これは事実かどうかは別にして、気になる方には便利なアイデア快適グッズ。

ヘルメットを買ったけど、少し大きいな と後になって感じることはあると思います。

そんな時には、一石二鳥、ちょうど良い補助パッドになってくれます。

どうせ補助パットを買うなら夏に快適な、これを選んだ方が賢い選択ですね。

○メーカーのコメント

柔らかいシリコンでできたパッドをヘルメットの内側に貼り付け挿入することで、ヘルメットと頭皮の間に物理的な空間を作り出し、ヘルメット内部に空気の流れを生みだします。
これによりヘルメット内部の湿気、汗、そして髪がつぶれてしまうことを軽減します。
また、医療用レベルのシリコンを用い、静電気防止、抗菌、アレルギー対策加工を施しております。
ユニークなデザインはどのようなヘルメットの内側にもぴったりフィットするように工夫された形です。 ヘルメット内部が若干大きい場合にはサイズ調整にもご使用可能です。
ヘルメットから外して水洗いできます。

もう一つの対策としてインナーキャップがあります。

夏の暑い時に、ヘルメットの下にインナーキャップじゃ暑くない?

と思うかもしれませんが、汗をすとってくれて、汗のベタベタ感を
感じないため快適ということで愛用者は多いのです。

試してみる価値はあると思いますよ。

ヘルメットインナーキャップ

バイクの暑さ対策⑤ シューズ メッシュタイプがある

シューズもメッシュであれば快適です。

一般用の夏用スニーカーなどと同様の通気性を確保していて、バイク用に強度のある機能的なものもあります。

やるなら徹底的に。

 

バイクの暑さ対策⑥   お尻が蒸れないシートカバー

通称”ゲルザブ”と呼ばれている 快適ツーリンググッズです。

ロングツーリングの必需品。夏場のお尻も蒸れも軽減してくれます。

一気に快適になりますよ。

バイクの暑さ対策⑦ プロテクターもメッシュなら涼しい

フルメッシュジャケットにもプロテクターがついていますが、

プロテクターまでメッシュになっているものは、あまりありません。

欲を言えば、プロテクターまでメッシュに交換できたら、

さらに風通しがよくなり、最強になります。

汎用性のあるもので、夏場は交換できれば対策になりますね。(上半身用)

パンツにプロテクターがないものは、パンツの外側に装着する、

手軽で涼しいひざ用プロテクターがおすすめです。

バイクの暑さ対策⑧ 冷感インナーウエア 夏のツーリングの裏技

バイクの夏対策 冷感インナー
猛暑のツーリングですが、 山間部の涼しいところへ行ったときの

対策も頭に入れておきましょう。

急に涼しい場所、そんな時にはフルメッシュジャケットの下に着ていれば

問題ない 冷感インナーウエアが役に立ちます。

冷感インナーウエアはジャケットの下に着込んで、

涼しいというメリットがあります。

Tシャツと比較したら快適さは全く違ってきます。

 

防風性があり風を通しませんが、接触冷感機能があり、暑さに対して快適になるウエアです。

むしろ、冷感インナーウエアは暑さ対策の裏技とも言えるのです。

冷感インナーウエアについて書いた記事があります。

 

【関連記事】夏対策 冷感アイテム(インナーウエア))の記事

バイク夏インナー 暑さ対策の最強冷感インナーでツーリングを快適に夏のバイクツーリングは辛いもの 暑さ対策を手軽な冷感インナーウエアで最強の快適さを得る おすすめ品も紹介...

または、涼しくなったら、ジャケットの下にさっと出してはおれる、コンパクトなウエアがあると便利です。

ジャケットには、脱着できる防風ライナーがついているものもありますが、

脱着には、少し手間がかかります。

これなら、簡単に着込めてめんどくさくありませんよ。

単体の防風ライナーで価格も手頃、バックの中に入れておけば安心です。

また、寒いと感じたら、レインウエアを着れば解決できることを覚えておきましょう。 急な寒さ対策ができますよ。

 

バイクで真夏の暑さに耐える 完全な夏対策でツーリングを快適に

夏のバイクの暑さ対策
真夏のツーリングは、想像以上に過酷なものです。

35℃を超えるも猛暑日も珍しくありません。

長時間屋外にいるだけで、命の危険すらあります。

 

真夏は、風を受けるバイクで走っていても、体感温度は30℃以下にはなりません

万全の暑さ対策をしてツーリングにでれば、いつもの夏とは違う快適なツーリングが

楽しめるというわけです。 ぜひ実践してみてください。

バイクの夏の服装と装備 8つの対策で快適に猛暑を乗り切る まとめ

まとめ

バイクの夏の暑さ対策としてバイクの服装や装備についての8つの対策

●ジャケット
○フルメッシュジャケットがおすすめ

●パンツ
○バイク専用のメッシュタイプは手軽

●グローブ
○プロテクター入りのメッシュタイプ
(ショートタイプ)がおすすめ

●ヘルメット
○ヘルメット内部の蒸れを防止

●シューズ
○専用メッシュ製品もある

●その他の対策
○シートカバーは蒸れない

○プロテクター
汎用のメッシュタイプに交換

○冷感インナーウエア
接触冷感で裏技的対策になる

●夏の快適なツーリングのために必要なものを準備して

快適を手に入れる。

以上の内容でした。

 

老ライダー
老ライダー

最後までお読みいただきありがとうございます♪

 

ツーリングを快適にするグッズで楽しく、

安全なバイクライフを目指しましょう♪

【関連記事】バイク用品の記事

\バイク用品についての記事をチェック/
バイク用品INDEX

バイク記事一覧roriderblog

バイク用品・装備ランキング
人気ブログランキングでフォロー

金利の低い銀行ローンの近道

かしこく借りて夢をかなえる

\詳しく見てみる/
クラウドローン

バイク買うのにローンを組むなら銀行から借りる方が
金利は低くて圧倒的に有利です。

クラウドローンは銀行ローンの代行業者

●ネットで3分で診断完了

●金利の安い銀行を探して交渉

交渉はクラウドローンにお任せ
(金利の安い安心の銀行マイカーローンが選べます)

●登録無料
闇金業者ではありません。
(2020年スタートの新システム)

バイク店の信販ローンとの金利差は約7%
(銀行のマイカーローンの金利は約3%
バイク店は約10%)
3年で100万円のローンなら13万円もお得です。
200万円なら26万円もお得)。

バイクをローンで買うなら
銀行のマイカーローンを使いましょう!

\サイトで3分間診断をしてみる/
クラウドローン

 

バイク盗難保険

盗難保険は任意保険とは違います。
盗難に特化した保険です。

ZuttoRide保険はロードサービスとセットもあります。

1日25円からのZuttoRideバイク盗難保険

 

●バイク保険に入っておこう

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!

<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

●バイクの置き場所を確保しよう(レンタルボックス)

(全国対応 あなたの近所で探せます)
屋根付き・屋根なし・本格バイクヤードが選べます。
●IF物件はバイクに使えます。(物件多数)

トランクルーム、レンタルボックス、バイクヤードなら加瀬倉庫!

\バイク用レンタルBOXを探す/

>>バイク専用(バイクヤードは4タイプ
>>レンタルボックスもバイクで利用可能

●バイクの買い替え資金を確保しよう(バイク買取業者)

乗らなくなったバイク、買い替えで手放すバイク

無料で査定してもらって売れる

●バイク王
バイク王に無料見積依頼をしよう!

\No. 1のバイク王にアクセス/
バイク王

●バイクワンバイク買取
\ネットで簡単査定のバイクワン/

バイクワン●KATIX
複数業者が見積もる
納得したら売るシステムのKATIX
\写真で簡単査定/

◆バイクを売る方法のおすすめ記事

バイク売るならどこがいい?の疑問に答えます。知恵袋を読むより簡単なことバイクの売り先はどこがいい?バイク買取はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...

バイクメーカー(リンク)メーカーの新車がチェックできる

HONDA

YAMAHA

SUZUKI

KAWASAKI

二輪車関連団体(リンク)バイク業界の情報を詳しく見る

(社)全国軽自動車協会連合会

(社)日本の二輪車普及安全協会

(財)日本モーターサイクルスポーツ協会

【カテゴリー別記事一覧】

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ
老ライダー
老ライダー

気になる項目の記事をチェックしてみてくださいね♪

バイク用品

\ヘルメット・季節ごとのウエア・バッグ類など/
\バイクに関する役立つグッズについての記事/
>>INDEX一覧

キャンプツーリング

\キャンプツーリング全般について/
\バイク・キャンプ道具・積載グッズの記事/
>>INDEX一覧

バイクを高く売る

\バイクの売却方法について/
\買取業者情報や売り方のコツやヒント/
>>INDEX一覧

オートバイライフ

\バイクライフの提案記事/
\バイク選び・バイク免許/
\ツーリング/

>>INDEX一覧

●バイク免許●

\バイク免許/
\教習所情報/
>>INDEX一覧

オートバイ知識

\バイクの知識全般/
\エンジンや車種タイプについての記事/
>>INDEX一覧

バイク初心者

\バイク初心者向けの記事/
\バイク入門・バイク用品選びなどの記事/
>>INDEX一覧

バイク保管・盗難防止

\バイクの保管・盗難防止対策について/
\ガレージライフ・ロック・盗難対策の記事/
>>INDEX一覧

【番外編】     バイク雑談

\バイクに関する雑談/
\バイクの歴史・情報などの記事/
>>INDEX一覧

外車の魅力

\外車の魅力について/
\外車各メーカーの車種紹介の記事/
>>INDEX一覧

バイクカスタム

\バイクのカスタムについて/
\基本的なカスタム・旧車のカスタム/
>>INDEX一覧

 

●コンタクトフォーム お問い合わせはこちらまで●