バイク用品

ツーリングの服装 夏対策の快適装備の決定版 これで猛暑も乗り切れる

真夏のツーリングを経験したことはありますか?

どうしても、バイクのツーリングは、まとまった休みの取れる夏になりがちです。

走っていると、風で体感温度が下がるバイクですが、夏は、そうはいきません。

真夏のツーリングを快適にする方法を解説いたします。

真夏には、真夏専用の対策が必要です。

これ以上の対策はありませんという対策をお話いたします。

真夏のバイクツーリングの基本装備

ツーリングで必要ま服装で外せないのが以下のアイテムですね。

●ジャケット

●パンツ

●グローブ

●ヘルメット

●シューズ

いずれも、体を覆う装備ばかりです。

バイクに乗る場合は、仕方がないことなので、この装備についての夏対策を考える必要があります。

また、安全面と直射日光により紫外線対策も重要です。

真夏は軽装になりがち 安全性を忘れない装備にしよう

暑いからと言って軽装(半袖・半ズボン)のツーリングはあり得ません。

転倒や事故のことを考えて肌を露出した軽装は避けなければいけません。

安全性をまず、外さずに考えていきましょう。

また、紫外線対策も考えなければいけませんから体を覆って涼しいものを考えましょう。

走っても体感温度は30℃以上の真夏 乗り切るためにアイテムを徹底吟味する

真夏のツーリングは服装を吟味するのは必須
安全性を確保した上でこれから考えるのはいかに涼しくするかです。

1つ1つの装備について解説していきます。1

ジャケットはフルメッシュタイプの長袖

フルメッシュジャケットの裏地フルメッシュジャケット 表地
メッシュ素材の長袖を選びましょう。

ジャケットは、とにかく風通しの良いことを第一に考えます。

選ぶべきなのはフルメッシュジャケットです。(裏地もメッシュ)

スリーシーズン使えるハーフメッシュジャケットというものをあります。

しかし、
フルメッシジャケットと比較すると、涼しさでは比べ物にならないほど
涼しくなありません。 真夏には、快適ではありません。

フルメッシジャケットは、吸水性や速乾性の高い合成繊維製のものを選びます。

革製のパンチングメッシュなどもありますが、革製のものは速乾性が低く、

汗をかく夏には向いていません。

フルルメッシュジャケットは、大袈裟に言ったら、「網」や「ザル」で良いのです。
真夏のジャケットは網かザルのようなものが理想

フルメッシュジャケットについての詳しい記事があります。

チェックしてみてください。

速乾性のあるフルメッシュジャケットは真夏には必須です。

【関連記事】フルメッシュジャケットで真夏の暑さ対策(商品紹介あり)

真夏のバイクジャケットはフルメッシュが快適 失敗しない選び方真夏のツーリングのジャケットはフルメッシュジャケットを1つ用意して、快適な暑さ対策を。 失敗しない夏用ジャケットの選び方を解説します。...

パンツは、メッシュライディングパンツ

ジェケットをフルメッシュにして、パンツもメッシュ製にすれば快適です。

メッシュ製のパンツは、バイク専用の手軽なものがたくさんあります。

ぜひ 準備したいところ

メッシュパンツ
(出典 amazon)
amazon 夏用メッシュライディングパンツ(画像タッチでおすすめ品ページに)

グローブは、メッシュグローブ

グローブもメッシュです。

転倒時のケガの軽減のため、注意点として、プロテクター入りのショートタイプがおすすめです。

メッシュブロー分
(出典 amazon)
(画像タッチでおすすめ品ページに)

 

【関連記事】夏用メッシュグローブを車種別に選べる記事

バイクグローブ 夏用最強の車種別おすすめメッシュグローブ 20選夏用バイクグローブのおすすめ20選 夏最強のメッシュグローブを車種別におしゃれに選ぶ...

ヘルメットの夏対策は内部の蒸れ防止

ヘルメットには残念ながら、メッシュ製のものはありませんね。(当たり前ですが)

安全性を考えるとフルフェイスでしょうが、現実的には厳しいですね。

ベンチレーション機能があっても、ヘルメット内部の蒸れはどうしても気になります。

ヘルメット内部の風通しをよくする対策として、

ヘルメットのサイズ調整機能も兼ねた製品があり、蒸れを軽減できます。

ヘルメットを脱いだら、髪の毛がぺったんこ このカッコ悪さを無くす優れもの

ヘルメット内に空気の流れを作ることで、蒸れないということです。

バイクに乗ってヘルメットかぶってばかりいたら薄毛になる、これは事実かどうかは別にして、気になる方には便利なアイデア快適グッズ。

ヘルメットを買ったけど、少し大きいな と後になって感じることはあると思います。

そんな時には、一石二鳥、ちょうど良い補助パッドになってくれます。 どうせ補助パットを買うなら夏に快適な、これを選んだ方が賢い選択ですね。

●メーカーのコメント

柔らかいシリコンでできたパッドをヘルメットの内側に貼り付け挿入することで、ヘルメットと頭皮の間に物理的な空間を作り出し、ヘルメット内部に空気の流れを生みだします。
これによりヘルメット内部の湿気、汗、そして髪がつぶれてしまうことを軽減します。
また、医療用レベルのシリコンを用い、静電気防止、抗菌、アレルギー対策加工を施しております。
ユニークなデザインはどのようなヘルメットの内側にもぴったりフィットするように工夫された形です。 ヘルメット内部が若干大きい場合にはサイズ調整にもご使用可能です。
ヘルメットから外して水洗いできます。

シューズもメッシュタイプがある

シューズもメッシュであれば快適です。

一般用の夏用スニ=カーなどと同様の通気性を確保していて、バイク用に強度のある機能的なものもあります。

やるなら徹底的に。

 

その他の暑さ対策   シートカバー

通称”ゲルザブ”と呼ばれている 快適ツーリンググッズです。

ロングツーリングの必需品。夏場のお尻も蒸れも軽減してくれます。

一気に快適になりますよ。

プロテクターでも究極の快適性を確保する

フルメッシュジャケットにもプロテクターがついていますが、

プロテクターまでメッシュになっているものは、あまりありません。

欲を言えば、プロテクターまでメッシュに交換できたら、

さらに風通しがよくなり、最強になります。

汎用性のあるもので、夏場は交換できれば対策になりますね。(上半身用)

パンツにプロテクターがないものは、パンツの外側に装着する、

手軽で涼しいひざ用プロテクターがおすすめです。

夏のツーリングの裏技 冷感インナーウエアは使える

猛暑のツーリングですが、 山間部の涼しいところへ行ったときの

対策も頭に入れておきましょう。

急に涼しい場所、そんな時にはフルメッシュジャケットの下に着ていれば

問題ない 冷感インナーウエアが役に立ちます。

冷感インナーウエアはジャケットの下に着込んで、

涼しいという機能があります。

Tシャツと比較したら快適さは全く違ってきます。

 

防風性があり風を通しませんが、接触冷感機能があり、暑さに対して快適になるウエアです。

むしろ、冷感インナーウエアは暑さ対策の裏技とも言えるのです。

冷感インナーウエアについて書いた記事があります。

 

【関連記事】夏対策 冷感アイテム(インナーウエア))の記事

バイクの夏対策を強化 暑い夏を手軽な冷感インナーで快適にする真夏のバイクツーリングは辛いものです。暑さ対策を手軽な冷感インナーウエアや快適アイテムで快適さ強化しましょう。...

または、涼しくなったら、ジャケットの下にさっと出してはおれる、コンパクトなウエアがあると便利です。

ジェケットには、脱着できる防風ライナーがついているものもありますが、

脱着には、少し手間がかかります。

これなら、簡単に着込めてめんどくさくありませんよ。

価格も手頃、バックの中に入れておけば安心です。

また、寒いと感じたら、レインウエアを着れば解決できることを覚えておきましょう。 急な寒さ対策ができますよ。

 

真夏の暑さを軽減 完全な夏対策でツーリングを快適に

夏の快適ツーリングアイテム
真夏のツーリングは、想像以上に過酷なものです。

35℃を超えるも猛暑日も珍しくないありませんね。
外にいるだけで、命の危険すらあります。

真夏は、風を受けるバイクで走っていても、体感温度は30℃以下にはなりません

万全の暑さ対策をしてツーリングにでれば、いつもの夏とは違う快適なツーリングが

楽しめるというわけです。 ぜひ実践してみてください。

ツーリングの服装 夏対策の快適装備の決定版  まとめ

まとめ

真夏の暑さ対策としてバイクの服装についての
対策を書いてきました。

●ジェケット
○フルメッシュジャケットがおすすめ

●パンツ
○バイク専用のメッシタイプは手軽

●グローブ
○プロテクター入りのメッシュタイプ
(ショートタイプ)がおすすめ

●ヘルメット
○ヘルメット内部の蒸れを防止

●シューズ
○専用メッシュ製品もある

●その他の対策
○シートカバーは蒸れない

○プロテクター
汎用のメッシュタイプに交換

○冷感インナーウエア
接触冷感で裏技的対策になる

●夏の快適なツーリングのために必要なものを準備して

快適を手に入れる。

以上の内容でした。

 

老ライダー
老ライダー
最後までお読みいただきありがとうございます♪

 

ツーリングを快適にするグッズで楽しく、安全なバイクライフを目指しましょう♪

【関連記事】バイク用品の記事

\バイク用品についての記事をチェック/
バイク用品INDEX

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET 欲しい中古バイクを探す/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

\(広告)強い男へ クラチャイダム初回お試し500円/
クラチャイダムゴールドお試し

 

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテムです。 インナープロテクターは、おしゃれでダサくならないバイクのファッションの幅広がる最強アイテムです。...

 

ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込むおしゃれなバイクには、レトロでカジュアルなセンスあるアイテムを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...

 

ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
便利で人気のシステムヘルメット 初心者からベテランまでおすすめ10選機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...

 

タンデムツーリング便利グッズ 6種は必要 これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...

 

タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング形式(大型〜250)40選ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...

 

初心者のバイク入門の徹底解説とおすすめ250cc車種比較ランキング8選バイク初心者むけのおすすめ国産250cc8車種の紹介とランキング一覧...

キャンプツーリング

>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める場合のおすすめの方法と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
バイクのキャンブに使える便利グッズ 超コンパクトな14選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ 14選 これでキャンプがより快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...

 

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイクを高く売りたい!買取で損しない方法 基礎知識とコツ【体験済】バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ...
バイク王の評判は最悪?高く売りたいなら買取依頼のコツと方法がある バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイク王でバイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクの保管について...

 

バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...

 

V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告
クラチャイダムゴールドお試し

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です