バイク用品

ジェットヘルメットのシールドの種類とおすすめ度 デザイン製より機能性

クラシックタイプのジェットヘルメットには顔を守るシールドがありませんね。

バブルシールドがおしゃれで主流ですが、使いやすいシールドについて考えてみました。

ジェットヘルの開放感をそのままに最適なシールドを選びましょう。

果たして、快適なジェットヘル用シールドはどれでしょうか?

失敗しないシールドの選び方の解説です。

この記事はこんな向け

●ジェットヘルメット用シールドを探している方

●シールドなしヘルメットを買った方

●バイク初心者の方

ジェットヘルメットのシールドは必要な重要アイテム

ジェットヘルメットでもシールドは必要
ジェットヘルメットにはシールドは必要だと考えます。

クラシックタイプのかっこいいジェットヘルですが、そのままバイクに乗るのは、乗ってみればわかりますが、辛くて長距離を走ることはできません。

シールドはバイクのヘルメットにとって最も合理的で重要な補助アイテムです。

 

シールド以外でライダーの目を守る方法はありますが、基本はシールドということでここではシールドについて深く掘り下げていきます。

シールドの重要性

ジェットヘルメットのシールドはなぜ必要かというと

●目や顔を守るため

●雨風をさえぎるため

●冬の寒さ対策のため

●長距離走行の疲労軽減のため

●顔を隠せるため(プライバシー保護)

以上の目的のため重要だと考えます。

目や顔を守る

バイクで走行するとゴミやほこり、夏場などは虫などが顔面に当たってきます。

顔面ならまだしも、目に虫やゴミが当たってしまえば危険ということは理解できると思います。

顔面を守るためにもシールドは必要なものです。

雨風をさえぎる

風だけではなく、雨になった場合の走行ではシールドがないと大変です。

顔面だけでも雨に当たらないシールドがないと辛いだけですよ。

冬の寒さ対策になる

冬場のバイクの走行は、想像以上に寒さを感じる辛いものです。

防寒ウエアに身を固めても顔面が無防備では大変です。

直接風が顔に当たらないシールドは必需品となります。

長距離走行でも疲れない

風が直接素肌に当たると、思わぬ疲労感を感じるものです。

長距離を走るツーリングなどでは実感するはずですよ。

顔面も直接風を受けないようにすることは疲労対策にもなるのです。

顔が見えない かっこよさ


シールドは、色のついたものやミラーなどになっているものもあり、

外から顔が確認できない利点もあります。

ある意味プライバシーも守れる効果があります。

シールドの種類 3タイプ

ジェットヘルメットのシールドの種類は大きく分けてタイプあります。

バブルシールド

コンペシールド

アビエーターシールド

それぞれの特徴とメリット・デメリットを挙げていきます。

バブルシールド

バブルシールドは人気
バブル(泡)状のシールド部分が球形をした、いわゆる金魚鉢タイプのシールド

この形状の理由は、

おしゃれなデザイン
顔面からシールドが遠くにあるので閉塞感がない。

こんな理由で特徴としては、レトロ感あるデザインということで
クラシカルなバイク似合うおしゃれアイテムだと思います。

実際の実用面を考えるとどうでしょうか?

メリット

おしゃれでレトロなデザイン

ヘルメット内の閉塞感がない

ですが、デメリットがあります。

 

デメリット

横風に弱い。

デザイン上 顎の部分までは風を防げない。

製品によっては歪んで景色が見えてしまう。

これがバブルシールドのメリットとデメリットです。

 

人気のデザインのため、多種多様なメーカーと、廉価品が氾濫していますが、
デザイン面以外のメリットはあまりないシールド

結論をいうと、デザイン優先、それがバブルシールドです。

コンペシールド

コンペシールドが一番おすすめ
平面上の柔軟性のあるシールドをヘルメットの形に合わせて装着する、やや柔軟な平面シールドと

ノーマルなヘルメットの形状に合わせたハードタイプがあります。

あごの下部分までカバーしている実用的シールド

メリット

実用的で機能的シールド

デメリット

デザイン性に乏しい

デザイン性には乏しいですが結論をいうと、ベストなジェットヘルメット用シールドです。

アビエータータイプ


飛行機の操縦士(アビエーター)タイプのシールドは目の周辺のみのショートタイプのシールドです。

シールド付きのヘルメットにはインナーバイザーとしてシールド内部に取り付けられているものが流行しています。

見た目がかっこいい目の保護用シールド

 

メリット

見た目がかっこいい

デメリット

目以外はカバーしていない

 

目をカバーしているが、巻き込み風によって目に風が当たり実用的ではない。

ゴーグルなどと違って、目の部分に密着させて使う物ではないため、

目を守る効果が低く、実用的とはいえないシールドということになります。

シールドの選び方 注意点3つ

シールドのタイプの特徴とメリットデメリットがわかったところで、
シールドの選び方について書いていきます、

選び方とは、快適に使用できるシールドを選ぶ注意点です。

●カラーにより視認性に注意

●シールドの形状により快適性の注意

●可動式と固定式の注意点

上記3点について説明していきます。

カラーにより視認性

色付きシールドは視認性が気持ち悪くなるミラーシールドは夜危険ダークカラーシールドは夜視認性が悪い
シールドは無色透明のものから、プライバシーを守れるミラータイプや

ダークカラータイプ色付きタイプなど様々なカラーデザインのシールドがあります。

バイクでの走行には夜もあれば、昼間でもトンネル内走行などがあります。

ダークスモークミラータイプのシールドは、夜やトンネル内での走行では、

暗くて視認性が悪くなり使えないものもあります。

 

また、色付き(イエローやピンク)などのおしゃれなカラーのバブルシールドなどは、色付きの景色を一日中見ながら走行することになります。

せっかくの景色を楽しむどころか、

気持ち悪くなっていまう場合もありますよ。

上記のシールドはおすすめできません。

プライバシーを気にするなら、ライトスモークなどの薄めの着色シールドにしましょう。

シールドの形状による快適性について

風切り音はシールドの形状によって意外と差があるものなのです。

基本的には長めの顔全体を覆ってくれるシールドは、まるで車の中にいるようで静かでおすすめです。

バブルシールドは、顎の部分が覆えないデザインがほとんどのため、

風切り音が強いということを覚えておきましょう。

可動式と固定式


シールドには、ワンタッチでフリップアップできる可動式タイプもあります。

また、アタッチメントを使うことで、可動式にすることもできます。

可動式は便利ですが、走行のことを考えるとあまりおすすめはできません。

走行中に横を向いた時などに動いてしまうものもあります。

後付けのシールドの可動式は高速走行中心の場合は注意が必要です。

かっこいいバブルシールドについての注意点

バブルシールドはデザイン性からか人気があるようです。

ゆっくり走って楽しむバイクにはぴったりフィットするレトロな魅力がおしゃれで良いのですが、

景色が歪んで写ってしまう廉価品も多く存在します。

景色が歪んで見えると、はっきり言って視認性が悪くて危険です。

極端な事例を挙げれば合わない眼鏡をかけた時同様、めまいや吐き気を感じる場合もあります。

選ぶならしっかりしたメーカー品を購入しましょう。

おすすめのジェットヘルメット用シールド紹介

おすすめのシールドは、 視認性や実用面を考えたものを選んでいます。

おすすめできるのはコンペタイプのシールドです。

あなたのヘルメットに合うシールドかどうか確認して選びましょう。

コンペタイプシールド  クリアタイプ ARAI

アライの純正ジェットヘル用シールドです。 ある程度の汎用性はありますが、

全てのメーカーと互換性があるかどうかは不明です。

固定式シールドですがおすすめできるシールドです。

【購入者の口コミ】

ジェットヘルはコンペに限る
2021年11月15日に日本でレビュー済み
色: クリア
ライトスモーク版は既に持ってたのだが、従来使ってたペラ板のスワンズ(絶版)が傷んで来たのを機にクリアを追加購入。
ちとカッコ良すぎてレトロ感が今ひとつな気もするが、ヘリにダクトのある新型クラシックエアーとのデザイン的な組合せは抜群。
後、大型バイクで使っても剛性とか風切音に関する問題無しでジェットである事を忘れる安定感。(※安全面からはお勧めしない)

コンペタイプシールド ライトスモーク ARAI

同アライ製のライトスモークカラーで、外から顔が見えにくいタイプ

これならプライバシーの面や夜間でも安心のカラーです。

傷もつきにくいしっかりしたシールドです。

【購入者の口コミ】

5つ星のうち4.0 シンプルですっきり

アライS70 に使用中です
通勤用の原付きに遊びバイクのレプリカフルフェイスはちょっとアレだったのでメットとシールド同時に買ってみました。

取付用のボタンが結構固いですが、一度付いてしまえばちょっとした衝撃で外れる事はまずなさそう
一年間通勤で使ってみてキズやクモリもほとんど無く視界良好です
純正品とあってアライのメットと組み合わせると元々付属していたかのようなすっきりとした見た目になり、シンプルで気に入っています

初夏から稲刈りの時期までは農道や川沿いの土手では虫たちが乱舞するのでこのシールドがとても役立っています
たまに気流に乗ってシールドを回り込んでくる小さいやつもいますが、カナブンやカブトムシなどこっちがケガするおそれのある大物はしっかり弾いてくれるので安心です

コンペタイプシールド 可動式  RIDEZ

コンペタイプですが、可動式。

しかも、シールド部分が下に長く風切り音対策されています。

ある意味最強の対策が施されたシールドです。

耐久性に関しては価格が安いという点でアライ製と同等とは

考えない方が良いと思いますが、おすすめ品です。

RIDEZは汎用の可動式シールドを最初に開発したメーカーです。

ライトススモークカラーであれば夜間も安心です。

バブルシールド 可動式 RIDEZ


同 RIDEZの可動式バブルシールド

バブルタイプの可動式です。

バブルシールド 可動式 72JAMテックジャパン

バブルタイプの可動式シールドはこのメーカーもおすすめ

バブルシールド 可動式  中華系 Chromeミラータイプ

ノーブランドの中華系可動式バブルシールドです。

ミラータイプでも夜間は視認性が良いようです。

バブルシールド 固定式 リード工業

リード工業は、純正シールドとして同社の多くの製品に取り付けられ販売している固定式バブルシールドです。

とりあえず、バブルシールドという方には無難な選択です。

 

アビエーションタイプ 固定式

アビエーションタイプのシールドはおすすめではないのですが、

このショートタイプで可動式が欲しけれがこれが無難です。

見た目だけで判断しないシールドを選んで安全に快適ツーリング

何度も書いてきましたが、シールドを選ぶ場合、実用性を最優先に選んで欲しいものです。

特に大型バイクなどで高速走行やロングツーリングなどに出かける場合は、

バブルシールドやアビエーターシールドはおすすめできません。

目の疲労感にも直結するのがヘルメットのシールドです。

しっかりした固定式シールドをおすすめいたします。

【関連項目】 目を守る サングラスやゴーグルについて

バイクでの走行にはシールド以外に目の保護対策が必要
シールドはジェットヘルメットに必須と書いてきましたが、

実際のバイクでの長距離走行を考えた場合、フルフェイスのヘルメットであっても
目を巻き込み風から守るため、

サングラスなどで二重に目の保護を行い疲労対策をするのは
ベテランライダーの常識なのです。

 

フルフェイスヘルメットでも、インナーバイザー付きにヘルメットが人気のように、

目に保護には

二重対策(シールドプラスゴーグルや風防用サングラス)などをすることをおすすめします。

バイクで走って休憩したら目が真っ赤なんてことを防止できる対策として覚えておきましょう。

これは実体験からくるバイクの走行で目を守る対策です。

 

【関連記事】 ジェットヘルメットにおすすめのオーバーサングラスとゴーグル

ジェットヘルメットにはオーバーサングラスや眼鏡対応のゴーグルがおすすめジェットヘルメットには、しっかり目を守るオーバーサングラスやゴーグルがおすすめ。眼鏡をつけたままで快適ツーリング...

【関連記事】 かっこいいジェットヘルメットの記事紹介

おすすめのジェットヘルメット
クラシックバイクやアメリカンタイプのバイクにおすすめのジェットヘルメットの記事があります。

チェックして見てください。  かっこいい自分だけのヘルメットが探せます。

【関連記事】ジェットヘルメットの紹介記事

ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
カフェレーサーファッション 古いバイクに似合うヘルメット小さめ8選カフェレーサーなどの旧車風バイクに似合うヘルメットはビンテイジタイプのヘルメットです。アメリカンクルーザーのカスタムや古いテイストのバイクにはスモールタイプのジェットヘルメットを選びましょう。カッコよくキマリます。...
アメリカンバイクに似合うジェットヘル16選 海外製おすすめ品アメリカンバイクに似合うジェットヘル 海外製の個性派おすすめ16選 アメリカンでもクラシックバイクでも似合うかっこいいヘルメット...

ジェットヘルメットのシールドの種類とおすすめ度 まとめ

まとめ

ジェットヘルメットのシールドに関する記事でした。

●ヘルメットのシールドの必要性について

●シールドの種類は3タイプ

バブルシールド
コンペシールド
アビエーターシールド

各シールドの特徴とメリット・デメリット
おすすめはコンペ式シールド。

●各種おすすめ品の紹介

●シールドプラスサングラスで二重対策がおすすめ

●クラシカルなヘルメットについての記事紹介

 

以上の内容でした。

老ライダー
老ライダー

最後までお読みいただきありがとうございます♪

その他のバイク用品の記事もチェックして見てください。

バイク乗り目線で役に立つ記事がありますよ♪

【関連記事】

バイク用品の記事をチェック

\バイク用品についての記事をチェック/
バイク用品INDEX

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET/
\
 欲しいバイクを探す【登録無料】/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

●バイクを売ろう●



バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策を解説...
バイクの買取業者はどこがいい?の疑問に答えます。考える前にすぐ行動バイクの買取業者はどこがいい?の疑問に答えます。一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法...
ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

\ヘルメット・季節ごとのウエア・バッグ類など/
\バイクに関する役立つグッズについての記事/
>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込む大人のバイクには、レトロでカジュアルなセンスある大人のバイクファッションを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...

 

キャンプツーリング

\キャンプツーリング全般について/
\バイク・キャンプ道具・積載グッズの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
キャンプツーリングの持ち物 使える便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...
ツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適にツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適に...
キャンプツーリングの積載 効率良い5つの方法【ソロキャンプ編】キャンプツーリングの積載 効率よく荷物を積む工夫と方法を考える【ソロキャンプ編】 5つの積載方法...

 

バイクを高く売る

\バイクの売却方法について/
\買取業者情報や売り方のコツについての記事/
>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイク王の買取査定交渉術で上手にバイクを売る方法バイク王の買取査定交渉術で上手にバイクを売る方法...
バイクの買取のコツ 高く売るための査定業者選び 損しない方法バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?口コミから考える買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...
バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策を解説...
ローンが残ってるバイクでも売れるのか?全然問題なく売れますよ!ローンが残っているバイクでも売れるのか?ハイ、全然問題なく売れますよ! 買取専門業者なら可能です。...
傷のあるバイクは売れる?ボロボロでも売れる?治して売るかの考察少し問題のあるバイク、壊れたり傷や凹みがあったり、動かないバイク、ボロボロのバイクなどを高く買取してもらうには、修理をすべきなのか、そのまま売るべきなのか?最適な方法をアドバイス...
バイクを個人で売るのはトラブルの元 買取専門業者ならすぐ売れるバイクを個人で売るのはトラブルの元 すぐ売れてトラブルのない買取専門業者に売ろう...

オートバイライフ

\バイクライフの提案記事/
\バイク選び・ツーリングに関する記事/
>>INDEX一覧

【人気の記事】

中古バイクの250ccはネイキッドがおすすめ 安く買える車種20選手軽な中古バイクを買うならネイキッドタイプの250ccが断然おすすめ 安く買える狙い目20車種...
スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種のおすすめ これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...
タンデム旅行の荷物 最強の積載方法とおすすめバッグ20選タンデム旅行の荷物は3つの積載方法で最適になる。おすすめバッグ20選...

オートバイ知識

\バイクの知識全般/
\エンジンや車種タイプについての記事/
>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

\バイク初心者向けの記事/
\バイク選び・バイク用品選びなどの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめ250ccバイクランキング8選 初心者向けを徹底比較バイク初心者におすすめの国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...
ツーリングのおすすめバイク25選 目的や内容で全く変わる選び方初心者向けツーリングのおすすめバイク25選 ツーリングの目的や内容で選び方は変わる...

バイク保管・盗難防止

\バイクの盗難防止対策について/
\ガレージライフ・ロック・盗難対策の記事/
>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクのアパートでの保管について解説...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックは必要バイクの盗難は2度と経験したくない。 最強のバイクロックと対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

\バイクに関する雑談/
\バイクの歴史・情報などの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

\外車の魅力について/
\各メーカーの車種紹介の記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...
かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

\バイクのカスタムについて/
\基本的なカスタム・旧車のカスタム/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です