記事内にはアフィリエイト広告を使用している場合があります。

バイク用品

ラパイドネオ・グラムスター 人気ネオクラヘルメットの比較 どっちを選ぶ?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

かっこいいヘルメットで人気の

AraiラパイドネオSHOEIグラムスター

気になるヘルメットですね。

ヘルメットを買うならAraiSHOEIと考える方は多いはず。

もちろん信頼のブランドですし、この2つはクラシック感のある

ヘルメットの代表格でおしゃれさにも惹かれるんですよね。

この記事はラパイドネオとグラムスターの徹底比較記事です。

老ライダー
老ライダー

比較検討をしてどちらのヘルメットを選ぼうかと迷っている方に向けた

ラパイドネオ

グラムスター

の徹底比較をしています。

読んでみてください。

 

 

目次(クリック)

クラシカルなバイクにはラパイドネオやグラムスターが似合う

ラパイドネオ グラムスター どっちラパイドネオ グラムスターの比較

クラシカルなルックスのバイクに似合うヘルメットで気になるヘルメット

ラパイドネオグラスムターは、

クラシックでレトロなヘルメットとして品薄気味なほど人気です。

間違いなく似合うんですよね。

日本製ヘルメットのAraiかSHOEIはどちらを選ぶか迷う方もいることでしょう。

ラパイドネオ → グラムスター の順に細かくチェックしていきましょう。

ARAIラパイドネオというヘルメット

ラパイドネオ 特徴

ラパイドネオは、Araiの最先端技術の入ったヘルメットの一つ

サーキット走行などは想定していませんが、安全性はハイエンドモデルと

変わらない安全性の高さがあり、 製品コンセプトがクラシックなレトロ感です。

今のバイクのトレンド,ネオクラシックバイクに合うデザインです。

発売になって数年経ちますが、人気のヘルメットです。

(動画引用元 Arai ラパイドネオ

 

ラパイドネオ カラーバリエーション

ラパイドネオのカラーバリエーションは

ソリッドが4

グラフィックが12

合計16

バリエーションは豊富で、車種を問わず自由な選び方ができるのが良い点です。

カラー・グラフィックバリエーション

単色

ラパイドネオ カラーバリエーション

グラフィック(一例)

ラパイドネオ グラフィックタイプ

(画像引用元 Arai ラパイドネオ

ラパイドネオの特徴

口元スリットがあり、シンプソンのM30を意識したようなフォルムが特徴です。

全体的に丸みを帯びたシンプルなレトロ調のヘルメットで

どんなバイクにも似合うようなデザインコンセプトです。

ラパイドネオ フォルム

ラパイドネオ 特徴ラパイドネオ 魅力ラパイドネオ デザインパライドネオ シールド周辺のデザイン

口元スリット部分は少し張り出ていて、

フルフェイスの閉塞感を弱める工夫がされています。

ラパイドネオ  サイズ表

ラパイドネオのサイズはサイズ

頭周cm(54)(55-56)(57-58)(59-60)(61-62)

ラパイドネオ 機能面

ラパイドネオの機能面をチェックします。

●ベンチレーション

●シールドのバリエーション

●シールド交換の方法

ラパイドネオ ベンチレーションについて

パライドネオ ベンチレーションラパイドネオ ベンチレーション後方ダクト

後方排気付きのベンチレーションです。

インナーライナーベンチレーション(エアフロー)
ラパイドネオベンチレーションは優秀

ヘルメットのインナーにも空気を流す工夫がされているいため

シールド上部のベンチレーションのみでも十分にベンチレーション効果が出る構造なのが特徴です。

ヘルメット上部にベンチレーションがないクラシックタイプのヘルメットの

ベンチレーションの弱点をうまく補っている点は良い点です。

ラパイドネオ シールドのバリエーション・交換方法について

●ラパイドネオのシールドの標準仕様の

交換シールドのバリエーションは3色です。

(クリアー・ライトスモーク・スモーク)

 

●シールドの交換方法をチェック

ややめんどくさいという印象で慣れないと戸惑うかもしれません。

【シールド交換の参考動画】

(動画引用元 しゅ〜

ラパイドネオ 安全性

ラパイドネオのFRP帽体の画像

Araiのヘルメットの安全性は国内ナンバーワンクラスで全く問題はなく

国内ヘルメットでは最強です。(ラパイドネオも同様です。)

シェルの構造でもわかるようにファイバーによる補強が施されています。

JIS規格以外に SNELL規格(※SNELL規格とは)を取得しているため、

最も安全性の高いヘルメットのレベルにあります。
(Araiのフルフェイスでは常識的なこと)

FRP製のシェルにも二重に衝撃がかかる部分には補強がなされています。

アライヘルメットのシェルは優秀 強度が高い

こんなヘルメットは見たことはありません。Araiの安全性へのこだわりです。

ラパイドネオ 重量

メーカーでは公表されていませんが、

Mサイズの重量は1,520gとなっています。

重量面では、軽いヘルメットとはいえませんが、標準的な重量です。

(一般的なフルフェイスの重量は1,500g〜2,000kg)

ラパイドネオ 価格

ソリッドカラーが55,000円(定価)

実勢価格は50,000円を切るものもあります。

ラパイドネオ かぶってきた時の感想

実際にかぶってみた後の感想です。

良い点と気になる点を挙げます。

良い点

全体的に包まれているという安心感が高いのはやはり良い点

どこにもヘルメットの重さを感じることなく軽いヘルメットだなと実感できる。

インナーの頭頂部の形状がフラットなので髪の毛がぺったんこになりずらい点も良い点

気になる点

アライヘルメットの共通部分ですが、かぶる方にコツがいること

しっかりしたホールド感はありますが、
アライのヘルメットはこの点だけが気になります。

口元スリットは意外と先端が狭く前が広いというものではない

老ライダー
老ライダー

次にSHOEIグラムスターについて

グラムスラーというヘルメットについて

グラムスターはどんなヘルメット

グラムスター

本格モータースポーツ用ヘルメットではなく、SHOEIのネオクラシックバイク

向けにデザイン設計されたレトロデザインのフルフェイスです。

(動画引用元 SHOEI

グラムスター カラーバリエーション

ソリッドカラーは5

グラフィックが7色 合計12

カラー・グラフィックバリエーション

単色
グラムスター カラーバイエーション

グラフィック(一例)
グラムスター グラフィックバリエーション

(画像引用元 SHOEIグラムスター

グラムスター 特徴

グラムスターの特徴はクラシックルックのヘルメット

シンプルな構造で、丸みを帯びたレトロデザインです。

グラムスター フォルム

グラムスター ヘルメットのデザインはレトログラムスターのフォルムグラムスターリアビュー

控えめですが、口元スリットのクラシカルなルックスを意識し、
シルエットはクラシカルなレトロデザインです。

グラムスター  サイズ表(種類)

サイズ

頭周cm

S 55cm・M 57cm・L 59cm・X L 61cm・XXL 63cm

特に特大サイズ(63cm)の対応したサイズもあります。

グラムスター 機能面

グラムスターの機能面をチェックしていきます。

●ベンチレーション

●シールドのバリエーション

●シールド交換の方法

グラムスターのベンチレーションについて

グラムスターのベンチレーションはおでこと口元の2箇所

(後方ダクトはありません)

また口元のスリット部分のベンチレーションは開閉式ではなく、常時開放です。

しかし、直接口元の風が当たるのではなく、インナーの外側から後方に抜けていくように設計されていて、

冬場に寒いということではなく、吐く息による曇り止め程度のものです。

夏場に快適なベンチレーションの優秀なヘルメットかどうかというと、

数カ所ベンチレーションのあるヘルメットと比較すれば暑いヘルメットですね。

 

グラムスターのベンチレーションは後方ダクトはない

グラムスターのシールド バリエーション・交換方法

●シールドのカラーバリエーション

クリアーのみ1色
(※社外品では他のカラーあり)

●シールドの交換方法

左右2箇所のネジにより脱着ができます。

のドライバー使用推奨ですが、

非常に簡単でシンプルな構造で戸惑うことやめんどくささもありません。

【シールド交換の参考動画】

(動画引用元 SHOEI HELMET

グラムスター安全性

グラムスターのFRPシェル構造は一般的
安全性については JIS規格のみです。

Araiの持つSNELL規格は取得しておりません。

JIS規格とは一般的なヘルメットと同等ということです。

ただし、EQRS (緊急のクイックリリースシステム付き)を装備しています。

ヘルメットクイックリリースシステムのマーク

ヘルメットの緊急時の脱着はこの仕組みがないと大変なのです。

ピンロックシールド標準装備(曇り止め二重シールド)は、視界確保の安全性を重視

しているといえます。

グラムスター 重量

1,214〜1,437g とフルフェイスとしては軽量

Mサイズの重量はは1,291g

シェルの形状も小ぶりなため、軽量なフルフェイスと言えます。

(一般的なフルフェイスの重量は1,500g〜2,000kg)

グラムスター 価格

グラムスターの価格は51,700〜66,000円

ただし通販での実勢価格は67,000円ほどになっています。

WEB!KEなら定価で買えます。

WEB!KE(ウェビック)

 

グラムスター かぶってきた時の感想

かぶってみた時の感想を挙げておきます。

良い点と気になる点です。

良い点

圧倒的に軽くてかぶりやすい。

視野はラパイドネオより広い

気になる点

ラパイドネオと比較すると作りに安っぽいイメージがある。

SHOEIの上位機種に比べるとやや貧弱な印象です。

小さいヘルメットなのであご部分が少しはみ出る
(風が入って風切り音が大きいという口コミはこのせいですね)

ラパイドネオ・グラムスターを比較する

ラパイドネオ・グラムスターの比較注目ポイントは、

ヘルメットの強度規格の差

Araiは最強強度のSNELL規格品でSHOEIは一般的な強度ということ

 

ヘルメットのシルエットの大きさ(帽体)の部分です。

画像で比較できますが、大きさに違いがあります。

明らかにグラムスターは小さいのです。

ラパイドネオ グラムスター 大きさ比較画像

(画像引用元 バッテン堂

比較表

P(ラパイドネオ)G(グラムスラー)
カラーP 16 色 G 12色
重量(Mサイズ)P1,520g  G 1,291g
強度規格P SNELL規格 G JIS規格
口元スリット開閉可能 開閉不可
チンカーテンオプション G 標準装備
ピンロックシールドPオプション  G 標準装備
クイックリリースなし あり
実勢価格P48,000円〜 51,700円〜

 

ラパイドネオはは安全性が高く、ベンチレーションが優秀なヘルメット

グラフィックが豊富でグラムスターよりも安く買えます。

グラムスターは軽量(230gの差)でオプションが豊富な高機能ヘルメット

 

総評 (筆者の意見)

ラパイドネオ・グラムスターを比較してみましたが、

どちらを選ぶべきと言い切れるものではありませんね。

さほどの差はない両方とも良いヘルメットであることは確かだからです。

色々比較してもまだ決まらない方に筆者の意見を書き留めておきます。

ラパイドネオを選ぶべき人

●5万円以内のヘルメットにしたい方

●ヘルメットのグラフィックに個性が欲しい方

●安全性の最も高いヘルメットが欲しい方

●夏場のベンチレーションが気になる方

グラムスラーを選ぶべき人

●ヘルメットのシルエットはなるべく小さい方が良いと考えている方

●初心者の方→理由は被りやすさとシールド交換のしやすさ

●なるべく軽いヘルメットが良い方

●63cmの頭周(頭のとにかく大きいの方)

ラパイドネオ・グラムスターが似合うバイク

参考までに似合うバイクをあげておきます。

ネオクラシックバイクと言われるバイクです。

どうちらのヘルメットも似合うバイクです。

カラーやグラフィックは好みの問題のはず。

KAWASAKI Z900RS

KAWASAKI Z650RS

KAWASAKI W800

KAWASAKI MEGURO K3

YAMAHA XSR700

YAMAHA SR400

HONDA GB350

HONDA  CL500・250

SUZUKI SV650

トライアンフ スピードツイン

モトグッチ V7

ロイヤルエンフィールドCONTINENTAL GT 650

他 空冷エンジンのバイクなど

結局ヘルメット選びは好みで選ぶのです

ラパイドネオ・グラムスターを比較してきましたが、

最終的には同品質のヘルメットから選ぶなら、

バイク乗りは好みのグラフィックやカラーで選ぶんですよね。

私なら、同じ価格なら安全性の高いAraiを選びます。

安全性の高い良いヘルメットは大きなヘルメットで頭でっかちになりがちです。

小さいヘルメットが欲しければグラムスターですが、

もっと小さな帽体のヘルメットはあります。

いずれにしても、クラシカルな本格的なフルフェイスとして選ぶなら

この2種のどちらかではないでしょうか?

ラパイドネオ

Amazon

楽天

グラムスター

楽天

ラパイドネオ・グラムスターの比較 どちらを選ぶ? まとめ

まとめ

アライ ラパイドネオとSHOEIグラムスター どっちか良いかの比較記事

●ネオクラシックタイプのバイクにはこの2つがやはりおすすめ

●ラパイドネオについて
○カラー
○サイズ
○特徴
○機能面
○安全性
○重量
○価格
○かぶった時の感想

●グラムスターについて
○カラー
○サイズ
○特徴
○機能面
○安全性
○重量
○価格
○かぶった時の感想

●比較と総評

●似合うバイクについて

●ヘルメット選びは結局好みで選ぶしかない

以上の内容でした♪

バイク記事一覧roriderblog

バイク用品・装備ランキング
バイク用品・装備ランキング

バイクランキング
バイクランキング

人気ブログランキングでフォロー

金利の低い銀行ローンの近道

かしこく借りて夢をかなえる

\詳しく見てみる/
クラウドローン

バイクでローンを組むなら銀行から借りる方が
金利は低くて圧倒的に有利です。

クラウドローンは銀行ローンの代行業者

●ネットで3分で診断完了

●金利の安い銀行を探して交渉

交渉はクラウドローンにお任せ
(金利の安い安心の銀行マイカーローンが選べます)

●登録無料
闇金業者ではありません。
(2020年スタートの新システム)

バイク店の信販ローンとの金利差は約7%
(銀行のマイカーローンの金利は約3%
バイク店は約10%)
3年で100万円のローンなら13万円もお得です。
200万円なら26万円もお得)。

バイクをローンで買うなら
銀行のマイカーローンを使いましょう!

\サイトで3分間診断をしてみる/
クラウドローン

●欲しいバイクを探そう
(中古バイク)
\Zutto Ride Market/

中古バイクが探せる ZuttoRide Market
\ 欲しいバイクを探す/
\【登録無料】/

バイク盗難保険

盗難保険は任意保険とは違います。
盗難に特化した保険です。

ZuttoRide保険はロードサービスとセットもあります。

1日25円からのZuttoRideバイク盗難保険

 

●バイク保険に入っておこう

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!

<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

●バイクの置き場所を確保しよう(レンタルボックス)

(全国対応 あなたの近所で探せます)
屋根付き・屋根なし・本格バイクヤードが選べます。
●IF物件はバイクに使えます。(物件多数)

トランクルーム、レンタルボックス、バイクヤードなら加瀬倉庫!

\バイク用レンタルBOXを探す/

>>バイク専用(バイクヤードは4タイプ
>>レンタルボックスもバイクで利用可能

●バイクの買い替え資金を確保しよう(バイク買取業者)

乗らなくなったバイク、買い替えで手放すバイク

無料で査定してもらって売れる

●バイク王
バイク王に無料見積依頼をしよう!

\No. 1のバイク王にアクセス/
バイク王

●バイクワンバイク買取
\ネットで簡単査定のバイクワン/

バイクワン●KATIX
複数業者が見積もる
納得したら売るシステムのKATIX
\写真で簡単査定/

◆バイクを売る方法のおすすめ記事

バイクの売り方 高く売る方法とコツ 買取業者情報や最強の具体策ですバイクの売り方 高く売る方法コツを解説 買取業者の情報を知って上手にバイクを売る具体的対策...
バイク売るならどこがいい?の疑問に答えます。知恵袋を読むより簡単なことバイクの売り先はどこがいい?バイク買取はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...

●バイクウェアを高く売る

 

眠っているバイクウェア、買い替えでいらなくなったウェア

思わぬ価格で買い取ってくれるかも?

(宅配便で送って手間要らずで売れる)

バイクウェア専門 バイクウェア宅配買取STST

\バイクウェア宅配買取STST/

 

【バイク関連】
【カテゴリー別記事一覧】

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ
老ライダー
老ライダー

気になる項目の記事をチェックしてみてくださいね♪

バイク用品

\ヘルメット・季節ごとのウエア・バッグ類など/
\バイクに関する役立つグッズについての記事/
>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク乗りのファッション(メンズ)最新トレンドと車種別ウェアのおすすめバイクファッションのかっこよくておしゃれな最新トレンドと車種別目的別のファッションスタイルの選び方 モテるバイク乗りになるにはバイクファッションのトレンドを知ろう...
バイク用便利グッズ 快適で買って良かったと思うはず おすすめ33選快適なツーリングのためのおすすめできるバイク便利グッズを紹介 疲労軽減とストレスフリーを考えてバイクライフが快適に、 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ33選を紹介します。...
普段着でおしゃれにバイクに乗りたい。最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚でキメる!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込む大人のバイクには、レトロでカジュアルなセンスある大人のバイクファッションを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘルメットは開放感が最高 機能性やレトロ感で選ぶおすすめ18選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した18選...
システムヘルメットのおすすめ12種とランキング 機能的2wayタイプも機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品12選 2WAYタイプが特におすすめです。...
バイクインカム最強のおすすめ16選 最適な選び方が目的・予算別にわかるバイクインカムのおすすめ16選 最適な選び方がわかる 音質良い最強品から目立たないものから予算別に紹介しています。...
バイクガレージを予算10万円以内で実現 バイクを守る保管庫5選バイクガレージを10万円以内で実現 しっかり保管するバイクガレージを安く建てられる保管庫5選を紹介...

キャンプツーリング

\キャンプツーリング全般について/
\バイク・キャンプ道具・積載グッズの記事/
>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイクでキャンプする完全ガイド 不安なしの粋なキャンプツーリングバイクでキャンプを楽しむためのキャンプツーリングを完全網羅 キャンプのメリットやバイクの準備・バイク合ったキャンプグッズの紹介...
テントがあればバイクでキャンプは簡単 選び方とおすすすめ11選バイクでキャンプ(キャンプツーリング)を始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント選びについて解説 おすすめテント11種の紹介...
バイクでキャンプする便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...
ツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適にツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適に...
バイクキャンプの積載 効率良い5つの方法を解説【ツーリング編】キャンプなどのツーリングの積載を効率よく荷物を積む工夫と方法を考える記事【ツーリング編】 5つの積載方法を解説...

 

バイクを高く売る

\バイクの売却方法について/
\買取業者情報や売り方のコツやヒント/
>>INDEX一覧

【注目記事】

KATIXはバイクを写真で売る手間要らずのシステム おまかせで売れる仕組みについて解説KATIX(旧アップス)でバイクを高く売る手間要らずの方法です。 ネットに写真をアップしておまかせで売れる仕組みについて解説 希望価格を設定できますよ。...
バイク売るならどこがいい?の疑問に答えます。知恵袋を読むより簡単なことバイクの売り先はどこがいい?バイク買取はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...
バイクの買取(下取り)のコツ 査定で損しない楽に高く売る方法バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?でもおすすめでバイクを高く売るには外せない理由バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...
バイクの売り方 高く売る方法とコツ 買取業者情報や最強の具体策ですバイクの売り方 高く売る方法コツを解説 買取業者の情報を知って上手にバイクを売る具体的対策...
ローン中のバイクでも売れるのか?問題なく売れます!賢く売りましょうローンが残っているバイクでも売れるのか?ハイ、全然問題なく売れますよ! 買取専門業者なら手間要らずで可能です。あなたはなるべく高く売ることに集中するだけで良いのです。...

 

オートバイライフ

\バイクライフの提案記事/
\バイク選び・バイク免許/
\ツーリング/

>>INDEX一覧

【おすすめの記事】

バイク盗難保険は盗難特化のずっとライドクラブがおすすめ 評判と入るべき6つの理由バイクの盗難保険は盗難特化のZuttoRideClubの一択で決まり。 他の盗難保険よりもバイク乗りにはうれしい安心の補償内容で最強です。...
バイク保管には月極のコンテナ・ガレージがおすすめの4つの理由バイク保管には月極のコンテナ・ガレージがおすすめの4つの理由を解説  盗難対策には最強対策です。...
バイクが好きで職業にするには?バイクに関わる仕事に転職して夢を実現させるバイクが好きでバイクの仕事をしたい場合、自分に合った関わり方を考えて転職しよう。 バイクに関わる具体的職種14種を紹介 夢を実現させよう...
かっこいい中古バイクのネイキッド250cc 安く買える車種12選手軽な中古バイクを買うならネイキッドタイプの250ccがカッコよくておすすめ 安く買える狙い目12車種をピックアップ ...
スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング 二人乗りを快適にする6種の対策 これで不安解消!タンデム(2人乗り)でタンデマーが快適で安全になる対策6種 タンデムで持つところや背もたれも。ツーリングの二人乗り不安を解消する...
タンデム旅行の荷物 タンデムの邪魔にならないタンデムバッグ20選タンデム旅行の荷物は3つの積載方法で最適になる。タンデムの邪魔にならないおすすめバッグ20選...

●バイク免許●

\バイク免許/
\教習所情報/
>>INDEX一覧

【免許取得のためのおすすめ記事】

普通二輪から大型二輪 限定解除は簡単 誰でも取れる 注意点は2つだけ大型バイク免許は教習所で取れる。普通二輪免許があれば誰でも取れる。気を付けるポイントはたった2つだけ...
バイクの合宿教習の徹底解説 二輪免許合宿の疑問点・不安点を解消するバイクの合宿教習に関する疑問点や不安点を解消できるまとめ記事 大型・普通の免許別 年齢や経験別におすすめ教習所を紹介しています。 安心して合宿に臨める情報満載です。...
バイク免許を合宿で快適に取れるおすすめの合宿教習所厳選5選バイクに特化して選んだ合宿教習所のおすすめ 若者ばかりの教習所でも快適に過ごせる教習所5選...
バイク免許を取るのは難しい? 免許の取り方の不安を解消するバイク免許取得が難しく取れる気がしない!と考えているバイク入門者に向けたアドバイス。簡単に取るための2つの方法と未経験者と教習中の悩みについての解決策のアドバイス。...
バイク合宿の教習所の評判・口コミで考察した教習所20選ランキングバイクの合宿免許 合宿で免許の取れる教習所を調べたランキング 評判・口コミ集を20箇所チェックしました。 あなたにあった失敗しない快適教習所を探せます。...
大型二輪免許合宿の格安教習所18選 安いだけでないメリットも探そう大型バイク免許は合宿で取るのが安くてメリットいっぱい! 全国の格安おすすめ教習所18選の紹介...
50代でバイク免許は取れる シニアや女性でも参加可能な合宿教習所50代でバイク免許は取れる 女性でも挑戦 夢実現!シニアに優しい教習所5選の紹介...

 

オートバイ知識

\バイクの知識全般/
\エンジンや車種タイプについての記事/
>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクランキング40選(大型〜250)現行から名車までネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

\バイク初心者向けの記事/
\バイク入門・バイク用品選びなどの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

普通二輪から大型二輪 限定解除は簡単 誰でも取れる 注意点は2つだけ大型バイク免許は教習所で取れる。普通二輪免許があれば誰でも取れる。気を付けるポイントはたった2つだけ...
40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
初心者におすすめは250ccバイク ランキング8選で徹底比較バイク初心者には国産250ccがおすすめできるバイク 8車種の紹介と比較ランキング一覧 価格・重量・パワー・シート高などを比較して選びやすくしてみました。...
ツーリングのおすすめバイク25選 目的や内容で全く変わる選び方初心者向けツーリングのおすすめの旅バイク25選 ツーリングの目的や内容で選び方は変わる...

バイク保管・盗難防止

\バイクの盗難防止対策について/
\ガレージライフ・ロック・盗難対策の記事/
>>INDEX一覧

【注目記事】

盗難されないバイクの保管方法 アパート編 盗難された後にしたこと大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクのアパートでの保管について解説...
バイク盗難防止チェーンロックの最強品で盗難対策を完璧にするバイク盗難防止の最強のロックチェーン紹介 バイクの盗難は2度と経験したくない。 経験者が最強のバイクロックと防犯対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る究極の方法 評判の良いデイトナで作るバイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える快適空間を手軽に作る究極の方法の解説です。 バイク乗りに評判の良いデイトナ製バイクガレージで提案します。...

【番外編】     バイク雑談

\バイクに関する雑談/
\バイクの歴史・情報などの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

バイク乗りの出会い バイク女子との出会うのが一番 出会う方法を考えるバイク乗りの出会いの方法を考える。ここではバイク女子だけではなくバイクに興味のある予備軍女子を狙った方がうまく行きやすいということでマッチングアプリでの出会いを推奨しています。...
大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るセンス良いプレゼント16選 バイク好きが選んだおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品16選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

\外車の魅力について/
\各メーカーの車種紹介の記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...
かっこいい大型バイク 手に入れたい外車の個性あふれる30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力ある渋くてすごいバイク30選...

カスタム

\バイクのカスタムについて/
\基本的なカスタム・旧車のカスタム/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

バイクのカスタム 愛車を手軽にドレスアップするおすすめグッズ25選 バイクのカスタムはしたいけど 専門知識もないし、自分でできる気がしないというあなた、 私も初心者の頃はそんなライダーでカスタ...
BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

●コンタクトフォーム お問い合わせはこちらまで●