オートバイライフ

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編

こんにちは 老ライダーです。

 

老ライダー
老ライダー
2気筒の大型バイクのおすすめ

イタリアの名車 DUCATI 編です。

その中で”空冷エンジン”を取り上げた、よく分かる内容です。

DUCATI おしゃれで魅力的なバイクですよね。

違いの分かるあなたは乗りたいバイクにDUCATIを候補に
入れていることでしょう。

見た目がファッショナブル

それだけでなくMOTOGPでの
活躍でもわかるように、日本車にも引けを取らない性能
でメジャーなバイクメーカーになりました。

レーサーそのもののようなスーパーバイクから 我々一般ライダーの
楽しめる高性能なバイクが今やDUCATIにはラインアップされています。

これは、詳しくない人にはどれに乗ったら自分に合っているかわからない
かもしれません。

結論から言って 選ぶべき車種は”空冷のツインエンジン” です。

DUCATIのこと深く愛する私が、ご説明いたします。

これを読めば、どれを選択すれば良いかわかります。

あなたの DUCATIライフが始まりますよ!

 

 

悩める人
悩める人
DUCATI乗りたいけど

私に乗れるかな?

老ラーダー
老ラーダー
大丈夫です。

あります。

詳しくご説明しましょう♬

大型バイク2気筒外車 DUCATI 車種は? エンジンは?

DUCATIは現在 現行車種で39種の車種があります。

 

内訳をエンジン別にお話ししますと、

V4エンジンが7

V2エンジンが32種です。

ずいぶん多いですね。いずれにしてもDUCATIのエンジンは

V型90°エンジンです。 エンジン部分を前に倒した形でL型エンジン

”Lツイン”です。

エンジンを前に倒すことにより低重心化でき、走行性能が上がるよう
考えられたレイアウトです。伝統的なDUCATIの型です。

大型バイク DUCATI 水冷と空冷の差

水冷エンジンは 29 種類

空冷エンジンは 10 種類

空冷エンジンと水冷エンジンは何が違うのでしょうか?

その差を挙げてみます。

空冷と水冷の差
1パワーの差
2重量の差
3大きさや周辺部品の数
4乗り味の差
5価格の差

1のパワーの差は水冷エンジンは高回転型のハイパワーエンジン
空冷エンジンはそれに比べればパワーでは劣ります。
例えれば急激なパワーの出方ではなく扱いやすいエンジン
と言えます。

2の重量の差は、水冷機能のある部品の有無で重さが水冷式の
場合重くなります。

3の大きさは、これも同様に水冷機能の差で水冷は部品が多くなり
エンジンも大型化します。見た目がすっきりしなくてゴテゴテという
印象です。

4高回転型ではない空冷エンジンは低速でも高速でも同様の
鼓動感があり、乗ること自体楽しさを感じられます。一方、水冷式は加速感を強烈に味わえる乗り味で低回転時は空冷と比較すると
鼓動感に乏しい味付けのエンジンです。

5価格の差 空冷エンジンの方が価格が安めです。
現実的に手の届く価格です。

大型バイク DUCATI 大人が選ぶなら空冷エンジンがおすすめ

バイクに長年乗っているベテランは空冷を好むと言います。

空冷が良いという理由として

1 軽量でコンパクトな車体
2 見た目のデザイン(エンジン)やシンプルさ
3 通常速度での走行で乗り味が良い
4 価格が安くメンテナンスもしやすい

こういうことになります。

つまり、ヤンチャなバイクより、大人のバイクの方が良い!

こう考えるのが、大人の選択です。

こう話をしますと、DUCATIの空冷エンジンはパワフルなエンジンではない
という印象を持たれるかもしれませんが、そんなことはありません。
DUCATIのLツインエンジンはパワフルな色気のあるエンジンですよ。

独特の排気音 独特の乗り味 これに憧れて外車に乗る人は多いのです。
日本メーカーもそれを目指していますが、今でも何かが違うのです。
それは、乗ってみれば分かる こういうしかありませんが。

DUCATIのラインアップ 車種別紹介

色々なカテゴリーで存在するDUCATI
ラインアップを見てみましょう。

スーパーバイク シリーズ


MOTOGPやスーパーバイクシリーズで活躍する L型4気筒 パニガーレ
と L型2気筒 パニバーレ があります。
メーカー技術を注ぎ込んだシリーズですので、200kg以下で軽量ハイパワー
価格は2気筒のパニガーレで227万円から 4気筒は270万円からです。

前傾姿勢がキツく、ツーリング等には向きません。ハイパワーすぎて

一般公道では楽しめません。

全7種 いずれも水冷エンジンです。

ディアベル シリーズ


アメリカンクルーザー(ハーレー)を意識して開発されたハイパワークルーザー
車体の大柄 重量も250kgほどあります。これはDUCATIらしからぬ。

アメリカ市場を狙って開発されたからなのですが。
価格も244万円から
全4種 いずれも水冷エンジンです。

モンスター シリーズ


アップハンドルでネイキッド 今までのDUCATI以外の一般ユーザーに向けて開発された歴史あるシリーズ

今や水冷がメイン 見た目は大人しいですがエンジンはハイパワー。
価格は155万円から210万円
全5種 空冷は一種のみ
※画像は 空冷の797

ハイパーモタード シリーズ


オフロードスタイルのバイクをオンロード用に改良したカテゴリーのシティーユース用
ハイパワーシリーズ。 価格は169万円から
全3種 いずれも水冷エンジンです。

ムルティストラーダ シリーズ


オン・オフ兼用というコンセプトで開発されたディアルパーパスモデル
今は”アドベンチャーシリーズ”と呼ばれているDUCATIのシリーズ
重量も250kgほどになりました。シート高も高め
価格は174万円から
全7種 いずれも水冷エンジンです。

ストリートファイター シリーズ


カウルのないスーパーバイク こういう表現がわかりやすいです。
攻撃的なデザインで名前の通りストリートのレーサー
価格は243万円から
全2種 いずれも水冷エンジンです。

スーパースポーツ シリーズ


スーパーバイクシリーズの無かった時代からDUCATIの最もスパルタンなシリーズ
伝統の”スーパースポーツ”の名から”SS”と呼ばれています。近年復活しました。ハンドル位置はスーパーバイクと比較すると少し高め
しかし、以前は空冷でしたが、なぜか水冷エンジンとなり価格は162万円から

スクランブラー シリーズ


デザインは1970年台の スクランブラー からの復刻版ですが、エンジン等は
新設計の空冷Lツインのパワフルなエンジンを搭載。レトロでアップハンドルな
気楽に乗れるDUCATIとして人気です。
価格は108万円から
全9種 空冷エンジンです。

※写真はアイコン

DUCATIに乗るなら 空冷エンジン その理由

もうすでに、お分かりかと思いますがまとめてみますと

軽量でコンパクトな車体
程よいパワーで乗り味がよく
メンテナンスも楽で
価格が手の届く範囲であること。

これが DUCATIに大人が乗るのは空冷ツインにすべきという理由です。

DUCATI 空冷エンジンのおすすめ車種紹介

では、 おすすめできる具体的な車種をご紹介いたします。

全て現行車種です。

スクランブラー アイコン

ABS装備 スクランブラー シリーズのベイシックスタイル
豪華装備はありませんが 最も手の届く価格 カスタムしても
面白いですね。 まずこれが一押しです。ハンドル位置も高めでツーリングやシティユースにも快適

排気量 空冷L型2気筒 803cc
シート高 798mm
車体重量 189kg
パワー 73ps
タイヤ径 前 後 18 17インチ
価格 108万4000〜114万6000円

 

スクランブラー 1100

ABS トラクションコントロール装備 1100ccモデルです。

排気量 空冷L型2気筒 1078cc
シート高 810mm
車体重量 189kg
パワー 86ps
タイヤ径 前 後 18 17インチ
価格 158万4000〜162万2000円

スクランブラー 1100スペシャル


1100の仕様プラス アルミの金属パーツ。ブラックアウトしたスポークホイールで高級感ある一台

排気量 空冷L型2気筒 1078cc
シート高 798mm
車体重量 194kg
パワー 86ps
タイヤ径 前 後 18 17インチ
価格 175万9000〜178万9000円

スクランブラー 1100スポーツ


1100の仕様プラス オーリンズの倒立フォーク

排気量 空冷L型2気筒 1078cc
シート高 798mm
車体重量 189kg
パワー 73ps
タイヤ径 前 後 18 17インチ
価格 187万7000円

スクランブラー カフェレーサー


803ccのアイコンのカフェスタイル クリップオンハンドルのスポークホイール仕様

ゼッケンプレート付きでレトロ感の漂う一台

排気量 空冷L型2気筒 803cc
シート高 805mm
車体重量 196kg
パワー 73ps
タイヤ径 前 後 17 17インチ
価格 140万〜144万6000円

スクランブラー デザートスレッド


アイコンの803cc倒立フォーク、スポークホイール・ブロックパターンタイヤを装着
アップハンドルのシート高めのオフロード兼用モデル

排気量 空冷L型2気筒 803cc
シート高 860mm
車体重量 193kg
パワー 73ps
タイヤ径 前 後 19 17インチ
価格 137万〜146万6000円

スクランブラー フルスロットル


テルミニョーニのレーシングエキゾースト
アメリカントラックスタイルレースのスタイル

排気量 空冷L型2気筒 803cc
シート高 798mm
車体重量 189kg
パワー 73ps
タイヤ径 前 後 18 17インチ
価格 130万〜133万9000円

モンスター 797


味わいのあるモンスター唯一の空冷エンジン搭載の797
倒立フォーク 軽量コンパクトなDUCATIらしい一台
軽快にコーナーを駆け抜けられます。

排気量 空冷L型2気筒 803cc
シート高 798mm
車体重量 175kg
パワー 73ps
タイヤ径 前 後 17 17インチ
価格 116万円

DUCATI編  まとめ

●空冷エンジンと水冷エンジンの差

●DUCATIのカテゴリーの説明

●おすすめの空冷エンジンの車種

こう説明してきました。

DUCATIを大人が乗るなら空冷エンジンがおすすめと書いてきました。

今の時代、バイクも水冷かが進んでいてDUCATIもその例外ではないようです。

他の、外国車は 乗り味の点で ”空冷”にこだわりいまだに空冷エンジンは主流です。

独特のエンジンレイアウトの伝統のLツインのDUCATIですが、
コンセプトの ”レーシングマシンの市販化” の通り
進化し続ける宿命なのでしょうか?

主流は水冷へと移り変わろうとしています。

しかし、バイクの楽しみ方は水冷スーパースポーツタイプだけではありません。

大人の乗るべきオートバイ  これは 空冷ツイン の味のあるエンジンだと思います。

価格も日本車と比較しても差がありません。

こだわりのオートバイとして

ファッショナブルに軽量・コンパクトな空冷2気筒DUCATIを選んでみませんか?

きっとあなたのオートバイライフ 輝き始めると思いますよ。

● 同じ 2気筒エンジンが特徴の外車メーカーの車種紹介の記事もどうぞ

モトグッチ 楽しい空冷ツインエンジン 大人の変態?バイク こんにちは 老ライダーです。 今日は私の大好きな 空冷ツインエンジンの話です。 大人のバイクライフとくれば、空冷ツイ...

【トライアンフ編】

2気筒エンジンの正統派 トライアンフはレトロで魅力的こんにちは! 老ライダー です。 トライアンフ 最近日本でもメジャーになるつつあるメーカーです。 英国を代表する世界最古の二...

【ロイヤルエンフィールド編】

バイク ロイヤルエンフィールドは”シーラカンス”のような 希少なバイクイギリス発祥のインドのバイクメーカー ロイヤルエンフィールドは実に希少なバイクの持つ、個性的なバイクメーカーです。 どんな希少な魅...
バイクを高く売りたい!買取でスマートに売るための基礎知識とコツバイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識とコツ...

【乗らないバイクを賢く売る方法】↓↓↓

バイクをすぐに売るなら大手が安心 出張買取業者ランキングバイクを高くスマートに売るためにはバイク買取業者をるようするのが一番です。 大手買取業者のランキングと買取の特徴を解説と注意点を解説しています。...
バイクを高く売りたい!買取でスマートに売るための基礎知識とコツバイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識とコツ...

 

 

NEW スマホ ホルダー

【革新的】新しいタイプのスマホ ホルダーは簡単脱着

\詳細を見てみる/

POSTED COMMENT

  1. Blair より:

    Quality articles is the important to be a focus for the people to pay
    a quick visit the site, that’s what this web site
    is providing.

    my webpage :: Edmund

Blair へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です