記事内にはアフィリエイト広告を使用している場合があります。

バイク用品

バイクヘルメット ベルは日本人でも被れるのか?サイズ感や選び方を解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ベル(BELL)のヘルメットのブリットBULLITT)は気になるヘルメットですね。

カスタム500もヘルメットの元祖だけあり、気になる方はいることでしょう。

ベルのクラシカルなヘルメットは欲しいヘルメットです。

この記事はBELLヘルメットを日本で購入を考えている人に向けた解説記事です。

あまり、日本では情報がなく、試着できるショップも少ないため

日本人ががかぶって問題ないのか?自分に合うのか?

ハードルが高くないか?

と気になる方もいるのではないでしょうか。

BELLヘルメットのサイズ感や特徴、評判などをまとめてみました。

あなたのヘルメット選びのお役に立てれば幸いです。

目次(クリック)

BELL ヘルメットはどんなヘルメットメーカーか?

ベルヘルメット どこのメーカー
BELLは世界で最初にヘルメットを作った

歴史あるアメリカのヘルメットメーカーで、

ヘルメットの原型と言われているメーカーです。

1970年台は世界の四輪レースシーンで使われメジャーなブランドでしたが、

一時会社は解散しています。

しかし、近年復活し、F1ドライバーも数多く使用する世界的に有名なメーカーになっています。

我々バイク乗りにとっては、どちらかというと

往年のヘルメットの復刻版である

レトロタイプのヘルメットが人気で注目すべきヘルメットだと考えます。
(モダンタイプのヘルメットやオフロードヘルメットもありますが)

ここではクラシックタイプのベルヘルメットを中心に解説していきます。

バイクヘルメット ベルはクラシックタイプがおすすめ
ベルヘルメット ブリット 評判

BELLヘルメット(バイク用)の特徴

BELLのヘルメットの特徴は、一言では言いづらいのですが、

自転車用・四輪レース用はメジャーブランドなので、

バイク用に限定した特徴を挙げると、

●ヘルメットデザインを復刻しクラシカル部門では人気

●モダンタイプのフルフェイスはデザイン性が高い

●オフロードヘルメットのレース向け愛用者がいる

BELLヘルメット クラシカルタイプ

ベルメルメット ブリットベルヘルメット カスタム500
(画像引用元 BELL

カーボン製のヘルメットもあるクラシカルタイプの

BULLITTカスタム500がBELLで注目のレトロモダンヘルメットです。

※そのヘルメットについては、後で詳しく解説します。

【参考動画】BELL BULLITT(動画引用元 DANS

BELLヘルメット その他 モダンデザインのヘルメット

ベルヘルメット フルフェイス
グラスファイバー製ではないABS製の手軽なモダンフルフェイスは

デザイン製が高くかっこいいヘルメットです。

もちろん本格タイプの最新ヘルメットもあります。

BELLヘルメット オフロードヘルメットはモダンタイプのみ

ベル オフロードヘルメットベル オフロード競技用ヘルメット

オールドオフロードタイプのMOTO3はほとんど見かけなくなりました。

現在のオフロードヘルメットはモダンタイプ

このヘルメットは交換用の内装も日本で手に入ります。

 

3タイプを挙げました。まだラインアップはありますが、省略

日本で人気なのはクラシカルタイプのヘルメットです。

クラシックタイプのヘルメットについて、

日本で購入できるヘルメットについて解説していきます。

バイクヘルメット BELL 日本で購入できるヘルメットは? サイズ規格は

ベルヘルメット サイズ感
世の中にバイク用ヘルメットは星の数ほどありますが、

バイク用品専門店でクラシックタイプのフルフェイスの中で、

日本製ヘルメットを抑えて一番売れたほど、

クラシックバイク派には支持されています。
(パインバレー横浜やWeB!keなど 2020〜2022年)

これは特にBULLITTというレトロタイプのフルフェイスです。

 

さて、BELLヘルメットのサイズ規格についてですが、

 

全て欧米人仕様(頭の形に合わせた)グローバルフィット(仕様)になっています。

バイクヘルメット BELL 日本での取扱店は?

アメリカ仕様のBULLITTカスタム500

日本代理店ではなく通販では、

ユーロライダー(EURO RIDER)という会社が取り扱うのみです。
(全てグローバルフィットの輸入品)

通販サイトで販売するユーロライダーという会社の評判は割と良いので安心です。

その他取り扱い店舗(ショップ)は横浜のパインバレー程度です。

 

また、その他のヘルメットは一部を日本人仕様で設計し、

扱う輸入代理店があります。

輸入代理店は(株)アクティブ(直販はしていません)

一部のヘルメットのみ、日本人仕様のアジアンフォーム(頭の形に合わせた)で設計し国内で販売されているものもあります。

ただしクラシックタイプの4機種のみ

株式会社アクティブが4機種(M5XJ・M3J・500TXJ・STARⅡのの代理店)取り扱いがある。

●取り扱い販売店一覧

 

上記の4機種以外のヘルメットは日本仕様ではありません。

ここからはUS仕様(グローバルフィット)の
ヘルメットについて解説していきます。

バイクヘルメット BELL サイズ規格は?

BELLヘルメットは通販では欧米人仕様のグローバルフィットのみです。

サイズ表で合わせても、欧米人仕様のヘルメットはサイズが合わないので

日本人が選ぶ場合考えなければいけません。

グローバルフィットとアジアンフィットの違い

バイクヘルメットこ規格の違い

左 グローバルフィット(欧米人向け)
右 アジアンフィット(日本人向け)

 

【参考記事】バイクヘルメットサイズの測り方と選び方 試着できなくても迷いなく選べる方法

バイクヘルメットのメーカー別サイズ感一覧 試着できなくても迷いなく選ぶバイクヘルメットのサイズ感 メーカー別の測り方と選び方 試着できなくても迷いなく選べる方法を解説...

それでは、ベルヘルメットを選ぶ際のの注意点について説明します。

BELLヘルメット選びの注意点 日本人に合う?

ベルヘルメット選びの注意点は、まずサイズ選びです。

ヘルメットのサイズ規格は

●USサイズ(グローバルフィット)

●BELLのサイズ感

●BELLのサイズ表と帽体の種類

日本人に合うか、日本仕様かというと違うわけです。

欧米人仕様です。

国産ヘルメットに慣れている場合は違和感があるようです。

USサイズ(グローバルフィット)に対する考え方

横幅の広い日本人頭の場合、ベルヘルメットの横幅はかなり狭いので、

最低でもワンサイズもしくは2サイズ大きめを選ぶべきです。

ベルヘルメットのサイズ感

ベルヘルメットの内装は日本製ヘルメットのようにソフトではなく、

硬いと思ってください。

被り心地は良くないと言えますが、時間がたつにつれ内装はヘタリ、

窮屈さは弱まるようです。

かぶる時も開口部は狭く、ARAIヘルメット同様にストラップを横に広げて

かぶる必要がありますが、内部はゆったりしているはずです。

【参考動画】ベル ブリット(BULLITT)サイズ感(動画引用元 パインバレー

ベルヘルメットのサイズ表・帽体の種類

サイズ表は下記の通り

気になるのはクラシックタイプの2種のはずですね。

BULLITT

帽体(外装)は3サイズ

XS(54-55cm)・S (55-56cm)=一番小さい帽体

M(57-58cm)・L (58-59cm)= 中くらいの帽体

XL(60-61cm)・2XL(62-63cm) = 一番大きい帽体

カスタム500ジェット

帽体(外装)は5サイズ

XS (53-54cm) =最も小さい帽体

S (55-56cm )=小さい帽体

M (57-58cm)・L (59-60cm )=中くらいの帽体

XL (61-62cm )=大きい帽体

XXL( 63-64cm)=最も大きい帽体

サイズを選ぶ場合はプラス2センチで選ぶ
(ワンサイズまたは2サイズ大きめ)

バイクヘルメット ブリット・カスタム500

ベルヘルメット ブリット
ベルヘルメット カスタム500
クラシカルタイプのヘルメット2種の現在購入可能なグラフィックを含めた

製品をあげていきます。

以前よりも、日本で購入可能なバリエーションが少なくなっています。

購入を検討しているなら早い方が良いかもしれません。

BELL ブリット(BULLITT)の紹介(商品リンク)

ベル ブリット ベル ブリットヘルメットベル クラシカルヘルメット おすすめベルヘルメット ブリット
現在購入可能なラインアップです。

ドライカーボン製の重量は1,350g

価格は約10万円

ドライファイバー製の重量は1,400〜1,500g

価格は約7万円ほど

 

Bullitt は「地球上で最もクールなヘルメット」とよく言われますが、このレトロなスタイルの蓋に現代の安全基準と利便性が備わっていることがよくわかります。ブリットは広い開口部で視界を広げ、このヘルメットをよりオープンフェイス ヘルメットのように感じさせるため、景色に浸り、ライドの真の精神を活用することができます。
(BELLのコメント) 引用元BELL

●カーボン

●カーボン  RSD CHECK

 

●ブラック

●マットブラック

●BLAZON

 

●Atwyld

 

●BOLT

●コマンド

●シールド BILLITT用

バブル

 

ノーマル

 

BELLブリット( BULLITT)の魅力

ベルヘルメット 魅力

BULLITTの魅力は、

●レトロなデザインであるが比較的最新の機能性がある
(スピーカーポケットやベンチレーション)

●軽量であること(カーボン製は最軽量クラス)

●作りがしっかりしている(内装は本革製)

●視界がジェットヘル並みに広い

BELL ブリット( BULLITT)の気になる点

●価格が高い

●帽体内部が硬くてヘタリやすい

●強度規格のSGマークは取得していない
米国DOT・欧州ECE規格のみ
(使用に関しては公道使用は可能)
※BELLヘルメットの強度は問題ありません。
ドライファイバー製ヘルメットですから。

●視界が広いが帽体(シェル)は大きめで宇宙飛行士風
顔が丸見え
※シールドをスモークにすれば解決

BELL カスタム500の紹介(商品リンク)

ベル カスタム500ベルジェットヘルメットベル カスタム500ベルヘルメット ジェット おすすめ
現在購入できるラインアップです。

カーボン製の重量は1,200g

価格は約6万円

ドライファイバー製の重量は1,032g

価格が約3万円ほど

古い話ですが、
映画「大脱走」でスティーブマックイーンが被っていたヘルメット

をモチーフにしやカスタム500というオールドファン向けヘルメットです。

 

●カーボン

●マットブラック

●ブラック

●ホワイト

●スティーブマックイーン

BELL カスタム500の魅力

シンプルなデザインとBELLのいうブランド力と

革貼りの内装は所有欲を満たしてくれます。

 

ドライファイバー製のジェットヘルは強度面で安心、

国産ヘルメットのARAIもクラシカルジェットはありますが、

価格面のメリットはまだまだあり、安いヘルメットです。

BELLカスタム500の気になる点

●以前は2万円ほどで手に入りましたが、今が3万円ほど

●日本製ヘルメットと比較すれば内装やストラップのクオリティーは低い

●強度規格のSGマークは取得していない
米国DOT・欧州ECE規格のみ
(使用に関しては公道使用は可能)
※BELLヘルメットの強度は問題ありません。
ドライファイバー製ですから。

ベルヘルメット その他のヘルメットについて

今回はクラシックタイプのベルのヘルメットを紹介しましたが、

ベルのヘルメットのラインアップのその他のタイプのヘルメットも紹介しておきます。

(サイズなどは機種ごとに違いますので注意が必要です。)

BELL モダンデザインのヘルメット

フラッグシップモデル「STAR(スター)

の機能を取り入れつつも価格を抑えたデザイン性の高いフルフェイスヘルメット「QUALIFIER」が最も手軽なフルフェイス(ポリカーボネート製)

●BELL (ベル) QUALIFIER MIPS

●BELL (ベル)ELIMINATOR

ブリットのようなオールドスタイルを残しつつ、
ドラッグレース感を持たせたストリート風

ドライファイバー製

価格は高めです。
ドラッグレーズタイプが好きな人には良いかもしれませんね。

BELL オフロードタイプのヘルメット

オールドオフロードタイプのヘルメットではなく、

モトクロス・アドベンチャータイプの最新のヘルメットを紹介しておきます。

アドベンチャーバイク仕様やオフロードレース専用品など

ラインアップは充実しています。

欧米の匂いのするデザイン性の高いヘルメットです。

 

 

●Bell Moto-9 MIPS
モトクロス専用のヘルメット(公道使用不可)

●BELL MX-9 MIPS アドベンチャー

 

ベルヘルメット ブリット カスタム500の評判

Twitter(X)のベルヘルメットの評判をピックアップしました。

●ブリット(BULLITT)のヘルメットは人気ありますね。

 

●カスタム500

BELLのレトロタイプヘルメットはアメリカンバイクやネオクラシックバイクに似合う

ベル ブリット カスタム500はクラシックバイクに似合う
紹介してきたクラシックタイプのベルのヘルメットは、

大型ネイキッドやアメリカンクルーザータイプにはぴったりです。

高いけど気になるので仕方がない、

日本製ヘルメットほど被り心地が良くないかもしれないが、

好きだから買うで良いのでなないでしょうか?

BELLというブランド どこか良いんですよね。

ベルヘルメットは日本人に合うのか? サイズ感や選び方 まとめ

まとめ

BELLヘルメットは日本人に合うのか?被れるのか?
サイズ感や選び方のアドバイス

●BELLヘルメットはどんな会社か

●BELLヘルメットの特徴

バイク用ではクラシカルタイプが日本では人気

●BELLヘルメット 日本での取扱店

●BELLヘルメットの選び方の注意点

○サイズ規格はグローバルフィット
○サイズ感
○サイズ表

●BELLヘルメットの紹介

魅力・気になる点

○ブリット(BULLITT)
○カスアム500
○その他のヘルメット

●BELLヘルメットの評判

ブリットは人気のヘルメット

●BELLヘルメットはクラシックタイプのバイクに似合う

【参考記事】
シンプソンヘルメットはどうなの? 選び方は日本人仕様タイプがおすすめ 

シンプソンヘルメットはどうなの? 選び方は日本人仕様タイプがおすすめ シンプソンヘルメットはどうなの?カッコいいが多少問題あり 選ぶなら日本人仕様タイプがおすすめ 各機種の紹介...
バイク記事一覧roriderblog

バイク用品・装備ランキング
人気ブログランキングでフォロー

金利の低い銀行ローンの近道

かしこく借りて夢をかなえる

\詳しく見てみる/
クラウドローン

バイクでローンを組むなら銀行から借りる方が
金利は低くて圧倒的に有利です。

クラウドローンは銀行ローンの代行業者

●ネットで3分で診断完了

●金利の安い銀行を探して交渉

交渉はクラウドローンにお任せ
(金利の安い安心の銀行マイカーローンが選べます)

●登録無料
闇金業者ではありません。
(2020年スタートの新システム)

バイク店の信販ローンとの金利差は約7%
(銀行のマイカーローンの金利は約3%
バイク店は約10%)
3年で100万円のローンなら13万円もお得です。
200万円なら26万円もお得)。

バイクをローンで買うなら
銀行のマイカーローンを使いましょう!

\サイトで3分間診断をしてみる/
クラウドローン

●欲しいバイクを探そう
(中古バイク)
\Zutto Ride Market/

中古バイクが探せる ZuttoRide Market
\ 欲しいバイクを探す/
\【登録無料】/

バイク盗難保険

盗難保険は任意保険とは違います。
盗難に特化した保険です。

ZuttoRide保険はロードサービスとセットもあります。

1日25円からのZuttoRideバイク盗難保険

 

●バイク保険に入っておこう

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!

<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

●バイクの置き場所を確保しよう(レンタルボックス)

(全国対応 あなたの近所で探せます)
屋根付き・屋根なし・本格バイクヤードが選べます。
●IF物件はバイクに使えます。(物件多数)

トランクルーム、レンタルボックス、バイクヤードなら加瀬倉庫!

\バイク用レンタルBOXを探す/

>>バイク専用(バイクヤードは4タイプ
>>レンタルボックスもバイクで利用可能

●バイクの買い替え資金を確保しよう(バイク買取業者)

乗らなくなったバイク、買い替えで手放すバイク

無料で査定してもらって売れる

●バイク王
バイク王に無料見積依頼をしよう!

\No. 1のバイク王にアクセス/
バイク王

●バイクワンバイク買取
\ネットで簡単査定のバイクワン/

バイクワン●KATIX
複数業者が見積もる
納得したら売るシステムのKATIX
\写真で簡単査定/

◆バイクを売る方法のおすすめ記事

バイクの売り方 高く売る方法とコツ 買取業者情報や最強の具体策ですバイクの売り方 高く売る方法コツを解説 買取業者の情報を知って上手にバイクを売る具体的対策...
バイク売るならどこがいい?の疑問に答えます。知恵袋を読むより簡単なことバイクの売り先はどこがいい?バイク買取はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...

●バイクウェアを高く売る

 

眠っているバイクウェア、買い替えでいらなくなったウェア

思わぬ価格で買い取ってくれるかも?

(宅配便で送って手間要らずで売れる)

バイクウェア専門 バイクウェア宅配買取STST

\バイクウェア宅配買取STST/

 

【バイク関連】
【カテゴリー別記事一覧】

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ
老ライダー
老ライダー

気になる項目の記事をチェックしてみてくださいね♪

バイク用品

\ヘルメット・季節ごとのウエア・バッグ類など/
\バイクに関する役立つグッズについての記事/
>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク乗りのファッション(メンズ)最新トレンドと車種別ウェアのおすすめバイクファッションのかっこよくておしゃれな最新トレンドと車種別目的別のファッションスタイルの選び方 モテるバイク乗りになるにはバイクファッションのトレンドを知ろう...
バイク用便利グッズ 快適で買って良かったと思うはず おすすめ33選快適なツーリングのためのおすすめできるバイク便利グッズを紹介 疲労軽減とストレスフリーを考えてバイクライフが快適に、 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ33選を紹介します。...
普段着でおしゃれにバイクに乗りたい。最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚でキメる!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込む大人のバイクには、レトロでカジュアルなセンスある大人のバイクファッションを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘルメットは開放感が最高 機能性やレトロ感で選ぶおすすめ18選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した18選...
システムヘルメットのおすすめ12種とランキング 機能的2wayタイプも機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品12選 2WAYタイプが特におすすめです。...
バイクインカム最強のおすすめ16選 最適な選び方が目的・予算別に解説バイクインカムのおすすめ16選 最適な選び方がわかる 音質良い最強品から目立たないものから予算別に紹介しています。...
バイクガレージを予算10万円以内で実現 バイクを守る保管庫5選バイクガレージを10万円以内で実現 しっかり保管するバイクガレージを安く建てられる保管庫5選を紹介...

キャンプツーリング

\キャンプツーリング全般について/
\バイク・キャンプ道具・積載グッズの記事/
>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイクでキャンプする全てがわかる完全解説 バイク 積載 ウェア キャンプ道具バイクでキャンプを楽しむためのキャンプツーリングを完全解説 キャンプのメリットやバイクの準備・バイク合ったキャンプグッズの紹介...
テントがあればバイクでキャンプは簡単 選び方とおすすすめ11選バイクでキャンプ(キャンプツーリング)を始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント選びについて解説 おすすめテント11種の紹介...
バイクでキャンプする便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...
ツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適にツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適に...
バイクキャンプの積載 効率良い5つの方法を解説【ツーリング編】キャンプなどのツーリングの積載を効率よく荷物を積む工夫と方法を考える記事【ツーリング編】 5つの積載方法を解説...

 

バイクを高く売る

\バイクの売却方法について/
\買取業者情報や売り方のコツやヒント/
>>INDEX一覧

【注目記事】

KATIXはバイクを写真で売る手間要らずのシステム おまかせで売れる仕組みについて解説KATIX(旧アップス)でバイクを高く売る手間要らずの方法です。 ネットに写真をアップしておまかせで売れる仕組みについて解説 希望価格を設定できますよ。...
バイク売るならどこがいい?の疑問に答えます。知恵袋を読むより簡単なことバイクの売り先はどこがいい?バイク買取はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...
バイクの買取(下取り)のコツ 査定で損しない楽に高く売る方法バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?でもおすすめでバイクを高く売るには外せない理由バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...
バイクの売り方 高く売る方法とコツ 買取業者情報や最強の具体策ですバイクの売り方 高く売る方法コツを解説 買取業者の情報を知って上手にバイクを売る具体的対策...
ローン中のバイクでも売れるのか?問題なく売れます!賢く売りましょうローンが残っているバイクでも売れるのか?ハイ、全然問題なく売れますよ! 買取専門業者なら手間要らずで可能です。あなたはなるべく高く売ることに集中するだけで良いのです。...

 

オートバイライフ

\バイクライフの提案記事/
\バイク選び・バイク免許/
\ツーリング/

>>INDEX一覧

【おすすめの記事】

ずっとライドクラブの盗難保険てどうなの? 評判と入るべき6つの理由バイクの盗難保険は盗難特化のZuttoRideClub(ずっとライドクラブ)の一択で決まり。 他の盗難保険よりもバイク乗りにはうれしい安心の補償内容で最強なのです。...
バイク保管には月極のコンテナ・ガレージがおすすめ 欠点やメリットを解説バイク保管には月極のコンテナ・ガレージがおすすめの4つの理由を解説  盗難対策には最強対策です。...
バイク関係の仕事をしたい バイク好きなら思い切って転職もありバイクが好きでバイクの仕事をしたい場合、自分に合った関わり方を考えて転職しよう。 バイクに関わる具体的職種14種を紹介 夢を実現させよう...
かっこいい中古バイクのネイキッド250cc 安く買える車種12選手軽な中古バイクを買うならネイキッドタイプの250ccがカッコよくておすすめ 安く買える狙い目12車種をピックアップ ...
スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング 二人乗りを快適にする6種の対策 これで不安解消!タンデム(2人乗り)でタンデマーが快適で安全になる対策6種 タンデムで持つところや背もたれも。ツーリングの二人乗り不安を解消する...
タンデム旅行の荷物 タンデムの邪魔にならないタンデムバッグ20選タンデム旅行の荷物は3つの積載方法で最適になる。タンデムの邪魔にならないおすすめバッグ20選...

●バイク免許●

\バイク免許/
\教習所情報/
>>INDEX一覧

【免許取得のためのおすすめ記事】

普通二輪から大型二輪 限定解除は簡単 誰でも取れる 注意点は2つだけ大型バイク免許は教習所で取れる。普通二輪免許があれば誰でも取れる。気を付けるポイントはたった2つだけ...
バイクの合宿教習の徹底解説 二輪免許合宿の疑問点・不安点を解消するバイクの合宿教習に関する疑問点や不安点を解消できるまとめ記事 大型・普通の免許別 年齢や経験別におすすめ教習所を紹介しています。 安心して合宿に臨める情報満載です。...
バイク免許を合宿で快適に取れるおすすめの合宿教習所厳選3選バイクに特化して選んだ合宿教習所のおすすめ 若者ばかりの教習所でも快適に過ごせる教習所3選...
バイク免許を取るのは難しい? 免許の取り方の不安を解消するバイク免許取得が難しく取れる気がしない!と考えているバイク入門者に向けたアドバイス。簡単に取るための2つの方法と未経験者と教習中の悩みについての解決策のアドバイス。...
バイク合宿の教習所の評判・口コミで考察した教習所20選ランキングバイクの合宿免許 合宿で免許の取れる教習所を調べたランキング 評判・口コミ集を20箇所チェックしました。 あなたに合った失敗しない快適教習所を探せます。...
大型二輪免許合宿の格安教習所18選 安いだけでないメリットも探そう大型バイク免許は合宿で取るのが安くてメリットいっぱい! 全国の格安おすすめ教習所18選の紹介...
50代でバイク免許は取れる シニアや女性でも参加可能な合宿教習所50代でバイク免許は取れる 女性でも挑戦 夢実現!シニアに優しい教習所3選の紹介...

 

オートバイ知識

\バイクの知識全般/
\エンジンや車種タイプについての記事/
>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクランキング40選(大型〜250)現行から名車までネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

\バイク初心者向けの記事/
\バイク入門・バイク用品選びなどの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

普通二輪から大型二輪 限定解除は簡単 誰でも取れる 注意点は2つだけ大型バイク免許は教習所で取れる。普通二輪免許があれば誰でも取れる。気を付けるポイントはたった2つだけ...
40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
初心者におすすめは250ccバイク ランキング8選で徹底比較バイク初心者には国産250ccがおすすめできるバイク 8車種の紹介と比較ランキング一覧 価格・重量・パワー・シート高などを比較して選びやすくしてみました。...
ツーリングのおすすめバイク25選 目的や内容で全く変わる選び方初心者向けツーリングのおすすめの旅バイク25選 ツーリングの目的や内容で選び方は変わる...

バイク保管・盗難防止

\バイクの盗難防止対策について/
\ガレージライフ・ロック・盗難対策の記事/
>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクガレージどこにたのむ?低予算で地元のプロの施工業者が探せますバイクガレージを作るたいけどDIYに自信がない方に向けたプロを紹介するZehitomo(ゼヒトモ)というサービス。利用すればやりたい夢であるバイクガレージが実現できる。...
バイクガレージは土間・床付どちらが良い?メリット・デメリットと失敗しない方法バイクガレージは土間・床付どちらが良い?メリット・デメリットと失敗しない方法...
バイクガレージ メーカー比較 イナバ ヨドコウ タクボ どれがいい?国内メーカーのイナバ・ヨドコウ・タクボのバイク用物置はやはり安心 3社の比較とどこで買うかどう作るかを解説 ...
バイク盗難防止チェーンロックの最強品で盗難対策を完璧にするバイク盗難防止の最強のロックチェーン紹介 バイクの盗難は2度と経験したくない。 経験者が最強のバイクロックと防犯対策を解説...

 

【番外編】     バイク雑談

\バイクに関する雑談/
\バイクの歴史・情報などの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

バイク乗りの出会い バイク女子との出会うのが一番 出会う方法を考えるバイク乗りの出会いの方法を考える。ここではバイク女子だけではなくバイクに興味のある予備軍女子を狙った方がうまく行きやすいということでマッチングアプリでの出会いを推奨しています。...
大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るセンス良いプレゼント16選 バイク好きが選んだおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品16選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

\外車の魅力について/
\各メーカーの車種紹介の記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...
かっこいい大型バイク 手に入れたい外車の個性あふれる30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力ある渋くてすごいバイク30選...

カスタム

\バイクのカスタムについて/
\基本的なカスタム・旧車のカスタム/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

バイクの手軽なカスタムドレスアップグッズ25選 イメージチェンジが簡単にできるバイクの手軽なカスタムドレスアップグッズ25選 カスタム初心者でもイメージチェンジが簡単にできるグッズの紹介...
BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

●コンタクトフォーム お問い合わせはこちらまで●