オートバイ知識

アドベンチャーバイク中型スモールクラス  比較して失敗しない方法

人気のアドベンチャーバイクですが、実用的な中型(スモールクラス)を比較した記事です。車種選びの参考になり役立つはずです。

このスモールクラスは、バイクに乗り慣れていない方や初心者にも最適です。

パリダカール・ラリー等で活躍するバイクがモチーフ、今や バイクの人気のカテゴリー ”アドベンチャータイプ”

オフロードとツアラーの機能をミックスしたオールラウンドタイプとして人気なのは皆さんご存知でしょう。

試乗レポートなどを研究して現在発売中の車種の良い点悪い点をまとめてみました。

初心者の方にも参考になると思います。

人気のアドベンチャーバイクの特性


人気のアドベンチャータイプは大型バイクが始まり

大型クラス → ロングツーリングで一日1000キロもの移動が可能
ただし、パワーも重量もあり決して手軽なバイクとは言えません。

ミドルクラス → 2から3泊ほどのツーリングや、オフロード走破も可能
日本人の体型に合っているがやはり手軽ではありません。

スモールクラス →見た目は大型クラスと同様ですが実用的
シート高も低くなり、身長の低い方でも安心して乗り出せる設計のもののあります。

初心者にも乗りこなせる上、多少の悪路も走行可能
タウンユースでも気楽に使用できる。

このスモールクラス の人気が高まっている。と言うわけですね。

アドベンチャーバイクは中型(スモールクラス)が良い

 

理由はスモールクラス は車検がないこと。これは維持費の点で大きなメリットですね。

 

今や、注目されているのは中型クラス
日本人の体格に合っているのはミドルクラス
しかし、 もっと気軽に手頃なスモールクラス

 

日本の各メーカーも入門者をターゲットにオフロード車からの変更車種も発売しています。今後面白くなるカテゴリーです。

アドベンチャーバイク中型は、初心者にも日本の事情にも最適

 

リターンライダーもなじみやすい 操縦安定性も魅力です。

オフ車ベースのバイクは安定感があり非常に運転が楽なバイクです。

バイク入門者にも最適です。

大型のアドベンチャーバイクは欧州で大人気ですが、 よく考えてください。

日本人の体型や道やバイクの使い方のことを。

欧州では、石畳や荒地などを超rより異動で走破するバイクの使い方のため、需要があるのです。

日本の道路事情とは違います。小回りのきく中型が日本では使いやすい。これも理由です。

アドベンチャーバイク 中型ならではの 使い方

 

中型(スモールクラス)は軽量で気楽にタウンユースに使えます。

また、キャンプツーリングの需要も増えています。

つまり、ちょっとした悪路を少し走る機会が有るという程度です。

軽い中型なら、多少の悪路も初心者でも安心して走れることです。

アドベンチャーバイク 中型の メリット・デメリット

車検がない。(維持費が安く済みます)

軽量 (初心者でも安心)

タウンユースにも手軽に乗り出せる

大型車と比較すれば価格が安い

見た目は堂々としたアドベンチャーバイクの風格

絶対的パワーはない(高速走行などは苦手)

一日に長距離を走るようなツーリングには向かない

本格オフロード走行にはそれほど適していない

所有することでのステイタスはない

 

しかし、 実用範囲で考えると、これで良いと思うのです。
”見た目” ”風格”は 大型と変わらず 男っぽいバイクです。

アドベンチャーバイク 中型 車種別紹介

 

これから日本メーカーも 車種が増えると予測できますが、現在の車種は以下のような内容です。

今後 国内メーカーヤマハもセローに変わる新型を出してくる気もいたします。

 

 

① SUZUKI Vストローム 250ABS

SUZUKI Vストローム250 特徴

 

今一番売れている中型アドベンチャータイプ
前後17インチタイヤを装着 オンロード走行重視タイプ

SUZUKI Vストローム250 良い点

 

堂々とした車格・見た目

シート高が800mmと低めの設定

ナックルガード・フック付きリアキャリア・センタースタンド標準装備

ガソリンタンク容量17Lと大容量で燃費も良い

価格的にクラスナンバーワンの低価格(中国での製造)

エンジン形式 水冷並列2気筒
排気量・馬力 248cc 24ps
車両重量 188kg
シート高 800mm
車両価格 61万3800円

 

 

SUZUKI Vストローム250 悪い点

オフロード走行にはあまり向いていない。
17インチタイヤではオフロード走行を過信しない方が良い。

オンロードタイヤ装着だがサスペンションストロークがオフ車ほどないため、タイヤをブロックタイヤに変えたとしてもオフロード走行には不向き

② Kawasaki VERSYSーX ツアラー

Kawasaki VERSYSーX ツアラー 特徴

ツアラーという名称の通り、パニアケース ナックルガード リアキャリアを標準装備

このクラスではパワフルなエンジンで高速道路走行も楽々こなす。

エンジン形式 水冷並列2気筒
排気量・馬力 248cc 33ps
車両重量 183kg
シート高 815mm
車両価格 70万4000円

Kawasaki VERSYSーX ツアラー 良い点

スポークホイール オンオフ両用タイヤ

フロント19インンチタイヤは悪路でも安定して走行できます。

ツアラー としての装備が標準装備

Kawasaki VERSYSーX ツアラー 悪い点

低速トルクがなくサスペンションも本格オフロード向きではないため、オフロード走行には技術が必要

③ HONDA CRF250ラリー

HONDA CRF250ラリー特徴

CRF 250L をアドベンチャー仕様にして発売

ベースはオフロード車フロントタイヤ径21インチの本格オフ車仕様

エンジン形式 水冷単気筒
排気量・馬力 249cc 24ps
車両重量 157kg
シート高 895mm(LD 835mm)
車両価格 66万3000円

HONDA CRF250ラリー 良い点

パリダカに出る CRF450ラリーのイメージを再現

大型スクリーン 異形2目ヘッドライトは夜道でも明るく安心

スポークホイール・ブロックタイヤの本格オフローダーの流れのためアンダーガードも装着

前後度起立したABS採用でオフ走行に心強い

車体が157kg と軽量

HONDA CRF250ラリー 悪い点

シート高が高く、足つき性が不安な場合がある。

LD(ローダウン)仕様もあるがその場合のサスペンションストロークは、本格オフ走行には十分ではない。

④ BMW G310GS

BMW G310GS 特徴

車検なしの250ccクラスではないですが、注目のBMWの小型アドベンチャーバイク

後方排気・前方吸気 後方にエンジンシリンダーを倒したユニークなエンジンレイアウト

BMWのアジア向け戦略の一環 小排気量車で低価格路線(インドで生産)

 

エンジン形式 水冷単気筒
排気量・馬力 313cc 34ps
車両重量 170kg
シート高 820mm
車両価格 69万5000円

BMW G310GS 良い点

車格は兄貴分の大型GSに匹敵するような堂々としたものがある。

車体も上質な仕上がり

820mm のローシートと 850mmのハイシート仕様も選択できる

国産車に負けない低価格の設定

BMW G310GS 悪い点

ABS以外の電子制御機能はない。シンプルな構造

ガソリンタンク容量が11Lと少なめ

フロントがハイスクリーンではない
(高速走行ではやや不安)

サスペンションストロークは本格オフ車ほどではないストローク。

アイドリングに近い状態での走行はエンストしやすい。
3000回転以下の回転数は使えないエンジン特性

失敗しないアドベンチャーバイク 中型(スモールタイプ)の比較 まとめ

まとめと筆者の意見

最近注目の小型アドベンチャー バイクについて書いてきました。

乗りやすいと言う点で、バイクに不慣れな初心者や運転に不安のあるリターンライダーの方でも安心して乗れるカテゴリーのバイク

それがアドベンチャーバイクです。

各車とも個性的デザイン、男らしい見た目で本格志向 しかもタウンユースでもこのクラスは楽々楽しめます。

さらに今のトレンドであるアウトドア志向にもマッチして、

これから車種が増えるカテゴリーではないかと思います。

上記のレビューの各車種の 良い点悪い点を吟味していただいて、あなたの車種選択にお役立てください。

このアドベンチャーバイクの小型は、大人のバイクライフが楽しめます。

私も今後の、アドベンチャーバイクに期待しています。

老ライダー
老ライダー
最後までお読みいただきありがとうございます。

\バイクの買い替え 高く売るなら/
●バイクを賢く高く売る! バイクの買い替えで損をしないように!

バイクを売りたい方向けの記事はこちらでご覧になれます。

\記事を読んでみる/
バイクを売るための基礎知識とコツ
\バイク王の評判 最大手バイク王の記事/
バイク買取 バイク王の評判
\買取業者ランキング/
出張買取業者ランキング
\レッドバロン/
レッドバロンの評判と特徴
\バイク館SOX/
バイク館SOX 特徴と評判
\YSP/
YSPの評判と特徴
\ホンダドリーム店/
HONDAドリーム店 評判と特徴

バイク王の評判は最悪?でも高く売りたいなら買取依頼しないと損 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイク王でバイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...
●読んでみてくださいませ♩

NEW スマホ ホルダー

【革新的】新しいタイプのスマホ ホルダーは簡単脱着

\詳細を見てみる/

POSTED COMMENT

  1. erotik より:

    I believe you have noted some very interesting details , thankyou for the post. Robbyn Nealon Leopoldine

    • inouekenichi より:

      Thank you so much for reading!

      I will continue to write many articles about my favorite motorcycle.

      please read.

  2. sikis izle より:

    You want your site to come off as clear, concise and incredibly user friendly. Abagael Gage Berkow

  3. erotik より:

    There as definately a great deal to know about this subject. I like all the points you have made. Lea Dwain Adolf

  4. sikis izle より:

    I am not real wonderful with English but I line up this real easygoing to interpret. Vivyan Yank Harve

  5. porno より:

    Ahaa, its pleasant discussion about this post here at this weblog, I have read all that, so at this time me also commenting here. Timmi Dilan Martijn

sikis izle へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です