記事内にはアフィリエイト広告を使用している場合があります。

キャンプツーリング

ツーリングでハンモックを使ってキャンプする 最強のお手軽宿泊術

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

キャンプツーリングをもっと合理的に身軽にできないか?と考えているあなたにとって

ハンモックは興味深いグッズですよね。

テントなしで快適にキャンプができたらもっと気楽にキャンプに出かけられます。

ハンモックでテントのように快適にキャンプ泊ができるのか?

ハンモックについて考えていきましょう。

おすすめ商品関連グッズの活用方法も解説していきます。

ハンモック導入についての不安が解消できる内容ですよ。

この記事はこんな方向け

●ハンモックを検討中の方

●ハンモックで快適キャンプができるか不安な方

ハンモック泊 手軽で通なキャンプ泊のスタイルをバイクに取り入れる

バイクでキャンプする場合、気になるのは荷物の量です。

特にに一番大きなものとしてテントが挙げられますね。

ハンモックはテント不要で外で宿泊できるキャンプグッズで、

小型で軽量、しかも寝心地は最高でリラックスできるんですね。

 

このハンモックをキャンプツーリングで取り入れる場合は、吊り下げ式

自然の樹木を利用するものが最適です。

タープでハンモックを覆えば、雨にも安心、

バイクまで一緒に寝ることだってできるのです。

まず、ハンモック泊のメリットデメリットを考えてみましょう。

ハンモックでキャンプツーリングのメリット

ハンモックでキャンプする場合のメリットは、

●小さくて軽い
●テントより手軽で安い
●設営が簡単
●寝心地が良い
●夏涼しい
●椅子代わりになる
●雨で体が濡れる心配がない

簡単に説明していきます。

ハンモックは小さくて軽い

ハンモックはバイクに用に適していて、荷物にならずしかも軽量です。(1kg程度)

バイクでソロキャンプにはおすすめなのです。

ハンモックはテントより手軽で安い

しっかりしたテントは、20,000円以上。
ハンモックは手軽で安いのです。

本体は10,000円程度からあるのです。

ハンモックは設置が簡単

しかもテントは、整地された平坦な場所を探さないといけませんが、

ハンモックは丈夫な木があれば設営は簡単です。

ハンモックは寝心地が良い

ハンモックの寝心地は慣れてしまえば実に快適

単なるリラックスアイテムではありません。
(海軍が使っていることを考えてみてください。)

場所を取らない快適睡眠グッズなのです。

ハンモックは夏涼しい

夏場のキャンプは、テント泊では暑い場合もあります。

ハンモックは、開放的で虫除けのカヤ付きで夏でも涼しくて快適です。

ハンモックは椅子代わりになる

ハンモックの設置で高さを調整すれば、寝る時以外に椅子としても使えます。

タープの下にハンモックを張って焚き火もできてしまいます。

ハンモックは雨で体が濡れる心配がない

地面から離れたミノムシ状態のハンモックは、雨の場合に実は快適です。

地面と接していないメリットで体が濡れる心配がありません。

ハンモックでキャンプツーリングのデメリット

ハンモックのデメリットを考えます

●荷物が入れられない
●防犯対策ができない
●冬は寒い
●木がないと使えない
●ロングツーリングには向いていない

簡単に説明します。

ハンモックは荷物が入れられない

ハンモックの弱点は、テントのようにハンモック内に荷物が置けないこと

耐荷重は大人2人が逢っても問題ない強度があるものでも、荷物を収納するスペースはありません。

ハンモックは防犯対策ができない

荷物がハンモック内に保管できないため、防犯対策がしずらい点もあります。

荷物は、ハンモック下や、バイクに乗せておく必要があります。

ハンモックは冬は寒い

ハンモックは、冬場はやや苦手です。

地面からくる冷気はダイレクトには伝わりませんが、完全に覆われているテントと違って保温効果が期待できません。

冬に使う場合は、保温のための補助アイテムが必要になります。
(冬用補助アイテムは後で紹介いたします)

ハンモックは木がないと使えない

バイクで使えるハンモックは、土台(スタンド)のいらない吊り下げ式です。

しっかりした樹木や固定物がないと設置できません。

ハンモックはロングツーリングには向いていない

ハンモック泊は、どうしても多くの荷物を収納する場所がないため、数泊もするようなロングツーリングには向いていません。

あくまでも、一泊程度の気楽なツーリング向きです。

ハンモックに必要な機能とは 必要なオプション

ハンモック泊を快適にするために必要なものがあります。

快適に使うためのグッズとして以下のものが揃えるとさらに使いやすくなります。

ハンモックの有名ブランドDDハンモックの例を挙げてみます。

ハンモックスリーブ設置や撤収が簡単になるグッズ

ウービースリングフレキシブルに長さ調整ができるグッズ(使える場所が広がる・簡単)

タープ荷物やバイクも覆える(雨対策になる)

これらはハンモック泊には必要です。

ツーリングでハンモック泊 おすすめ品の紹介

ハンモックは、手軽なファミリー向けリラックスグッズまで範囲を広げればたくさんの商品があるのですが、

アウトドアでテント代わりになるヘビーユースを想定すると限られてきます。

結論から言って価格面を考えるても、圧倒的にDDハンモックがおすすめです。

ヒロシのソロキャンプでもお馴染みですが、色々探してみても、価格面や豊富な関連グッズがそろっている点で、DDハンモックがおすすめできるハンモックです。

ハンモックを紹介していきます。

DDフロントラインハンモック 迷彩

バイクでキャンプするハンモック

DDのアウトドアの雰囲気あるハンモック 人気の迷彩柄

DDハンモックは英国のアウトドアテントのブランド

日本では最もメジャーなハンモックで、関連グッズの充実して手に入りやすいため輸入品ですが買って失敗はないブランドです。

虫除けの蚊帳付き、内部が広く使えるハンモックです。

本体重量850g

 

DDトラベルハンモック BIVI

キャンプツーリング ハンモック

 DDハンモックのスタンダードタイプ

このハンモックは底部の防水対策がしっかりしていて、

木がない場所でも地面にハンモックを置いてもキャンプ可能なBIVIキャンプ仕様になっています。(BIVIとは英国のビバーク(仮キャンプ)を意味する言葉)

DDハンモックはBIVI使用も可能

カラーが選べる最も人気の普及タイプ 蚊帳付きです。

本体重量930g

DDスーパーライトジャングルハンモック

ハンモックでキャンプツーリングのススメ

タープ不要の最高級DDハンモック

雨の日もタープ要らず、すべてのアウトドアシーンを想定した

DDハンモックの最上位機種です。  BIVIキャンプも可能です。

これなら不安なし 重量は1,5kgとやや重くなっています。

 

HITORHIKE ハンモック

バイクでキャンプハンモック

●蚊帳付き コスパ良いハンモック

ポケットがたくさんついています。

蚊帳のジッパー部分は貧弱ですが、コスパは最高です。

機能的にはDDハンモックと大差はありません。耐久性が不明

総重量1、72kg とやや重め

SOTECH ハンモック

バイクでキャンプ ハンモック
●ミニタープ付きのハンモック

蚊帳付き 2人用

総重量は1,93kgと重め(耐荷重300kgの大型)

荷物を減らしたいキャンプツーリングにはハンモックは使える

ソロキャンプツーリングにハンモックは最適

ハンモック泊のメリット・デメリットを挙げてきましたが、

極力荷物を減らしてキャンプする方法としてはハンモックは使えます。

もちろん、ハンモックに2人入ることのできますが、

キャンプを想定した場合、あくまでもソロキャンプ用ということです。

 

人知れず静かに1人キャンプを楽しみたいボッチライダーには手軽で最適

荷物も少なく、週末のキャンプに手軽に出発できます。

DDハンモックの参考動画

ハンモックの参考動画を紹介します。

設営方法とDDハンモックをヒロシが使っている動画が観れます。

【参考動画】DDハンモックの設営方法(引用元 Tシマ

【参考動画】ヒロシのハンモック (引用元 ヒロシキャンプ

強者用 冬のハンモック泊用グッズ

ハンモックで冬でもキャンプしたい強者のあなたに向けた冬対策グッズを挙げておきます。

ハンモックは、地面に設置していない点で冬の冷たい地面からの影響を受けないのですが、寒さ対策は必要です。

●DDハンモック専用のシュラフ・耐熱マット・アンダーブランケット

このアイテムがあれば冬キャンプも可能になります。

関連グッズ バイクでキャンプの荷物対策は軽量化対策

キャンプツーリングに軽量化対策を第一に考えている場合、

軽量化対策についての

パップテント軽量化対策の記事があります。

記事紹介を読んでみてください。

ハンモックを使わなくてもあなたの目指す、手軽なキャンプ道具の軽量化が実現できる方法もありますよ。

ツーリングでハンモックを使ってキャンプする 最強ハンモック術 まとめ

まとめ

●バイクでキャンプの軽量化にはハンモックは使える

●ハンモックのメリット・デメリット

●DDハンモックはやはりおすすめのハンモック

●ハンモックのおすすめ品紹介

●ハンモックの参考動画(取り付け方等)

●冬にキャンプするグッズ

●【関連記事】キャンプツーリングの軽量化対策

以上の内容でした。

当サイトは、キャンプツーリングについての記事が豊富にあります。

 

気になる方は、バイクでキャンプするノウハウがたくさんある当サイトの記事をチェックしてみてくださいませ♪

【参考記事】バイクでキャンプ キャンプツーリングの完全解説

バイクでキャンプする全てがわかる完全解説 バイク 積載 ウェア キャンプ道具バイクでキャンプを楽しむためのキャンプツーリングを完全解説 キャンプのメリットやバイクの準備・バイク合ったキャンプグッズの紹介...
バイク記事一覧roriderblog

バイク用品・装備ランキング
人気ブログランキングでフォロー

金利の低い銀行ローンの近道

かしこく借りて夢をかなえる

\詳しく見てみる/
クラウドローン

バイク買うのにローンを組むなら銀行から借りる方が
金利は低くて圧倒的に有利です。

クラウドローンは銀行ローンの代行業者

●ネットで3分で診断完了

●金利の安い銀行を探して交渉

交渉はクラウドローンにお任せ
(金利の安い安心の銀行マイカーローンが選べます)

●登録無料
闇金業者ではありません。
(2020年スタートの新システム)

バイク店の信販ローンとの金利差は約7%
(銀行のマイカーローンの金利は約3%
バイク店は約10%)
3年で100万円のローンなら13万円もお得です。
200万円なら26万円もお得)。

バイクをローンで買うなら
銀行のマイカーローンを使いましょう!

\サイトで3分間診断をしてみる/
クラウドローン

 

バイク盗難保険

盗難保険は任意保険とは違います。
盗難に特化した保険です。

ZuttoRide保険はロードサービスとセットもあります。

1日25円からのZuttoRideバイク盗難保険

 

●バイク保険に入っておこう

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!

<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

●バイクの置き場所を確保しよう(レンタルボックス)

(全国対応 あなたの近所で探せます)
屋根付き・屋根なし・本格バイクヤードが選べます。
●IF物件はバイクに使えます。(物件多数)

トランクルーム、レンタルボックス、バイクヤードなら加瀬倉庫!

\バイク用レンタルBOXを探す/

>>バイク専用(バイクヤードは4タイプ
>>レンタルボックスもバイクで利用可能

●バイクの買い替え資金を確保しよう(バイク買取業者)

乗らなくなったバイク、買い替えで手放すバイク

無料で査定してもらって売れる

●バイク王
バイク王に無料見積依頼をしよう!

\No. 1のバイク王にアクセス/
バイク王

●バイクワンバイク買取
\ネットで簡単査定のバイクワン/

バイクワン●KATIX
複数業者が見積もる
納得したら売るシステムのKATIX
\写真で簡単査定/

◆バイクを売る方法のおすすめ記事

バイク売るならどこがいい?の疑問に答えます。知恵袋を読むより簡単なことバイクの売り先はどこがいい?バイク買取はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...

バイクメーカー(リンク)メーカーの新車がチェックできる

HONDA

YAMAHA

SUZUKI

KAWASAKI

二輪車関連団体(リンク)バイク業界の情報を詳しく見る

(社)全国軽自動車協会連合会

(社)日本の二輪車普及安全協会

(財)日本モーターサイクルスポーツ協会

【カテゴリー別記事一覧】

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ
老ライダー
老ライダー

気になる項目の記事をチェックしてみてくださいね♪

バイク用品

\ヘルメット・季節ごとのウエア・バッグ類など/
\バイクに関する役立つグッズについての記事/
>>INDEX一覧

キャンプツーリング

\キャンプツーリング全般について/
\バイク・キャンプ道具・積載グッズの記事/
>>INDEX一覧

バイクを高く売る

\バイクの売却方法について/
\買取業者情報や売り方のコツやヒント/
>>INDEX一覧

オートバイライフ

\バイクライフの提案記事/
\バイク選び・バイク免許/
\ツーリング/

>>INDEX一覧

●バイク免許●

\バイク免許/
\教習所情報/
>>INDEX一覧

オートバイ知識

\バイクの知識全般/
\エンジンや車種タイプについての記事/
>>INDEX一覧

バイク初心者

\バイク初心者向けの記事/
\バイク入門・バイク用品選びなどの記事/
>>INDEX一覧

バイク保管・盗難防止

\バイクの保管・盗難防止対策について/
\ガレージライフ・ロック・盗難対策の記事/
>>INDEX一覧

【番外編】     バイク雑談

\バイクに関する雑談/
\バイクの歴史・情報などの記事/
>>INDEX一覧

外車の魅力

\外車の魅力について/
\外車各メーカーの車種紹介の記事/
>>INDEX一覧

バイクカスタム

\バイクのカスタムについて/
\基本的なカスタム・旧車のカスタム/
>>INDEX一覧

 

●コンタクトフォーム お問い合わせはこちらまで●