バイク用品

バイクのブーツカバーは雨ツーリングで合羽より重要 おすすめと選び方 

ツーリングの雨対策を考えるなら、レインウエア意外にブーツカバーを忘れてはいけません。

ある意味、ブーツカバーは、合羽よりも重要なのです。

理由と、選び方のポイントをお話しいたします。

バイクでで雨にあった場合、

ほんの通り雨程度なら、そんなに神経質になることはありません。

しかし、
ツーリングで雨にあった場合、

場合によっては一日中雨の中を走らなければいけない場合もあります。

レインウエアがあるから大丈夫!と思っていたらそれは大間違いです。

ツーリングを快適に過ごすなら、ブーツカバーを忘れないで準備しておきましょう。

この記事を書いた私

バイク歴40年

ツーリングで全国46都道府県(沖縄除く)
走行経験ありのツーリング好き

ロングツーリング・高速走行
タンデムツーリング等
経験豊富

雨のツーリングを快適ために必要なものは3つ


雨の中の走行で必要なものは3つ

●レインウエア(合羽)

●レイン用グローブ

●ブーツカバー

この3点です。

一番、おろそかになるのが”ブーツカバー”だと思います。

実は、一番重要と言っても過言ではないのです。

 

バイクのレインウエアについての記事↓↓↓

バイクのレインスーツ 失敗しない選び方 ツーリングに最強15選バイクのレインウエアはシーンによって選ぶ 失敗しない選び方とおすすめ品15種 特にゴアテックス製品がおすすめ...

ブーツカバーが重要な理由

理由は2つ

● 防水のはずのシューズも長時間の雨では内部が濡れるから。

●雨以外の路面の泥はねで、シューズがドロドロになるのを防げる。

 

具体的にお話しします。

 

レインウエアに当たった雨は、下に流れ、レインウエアのパンツを伝わり

シューズに落ちてくるのです。

どんなに雨を通さない優秀なレインウエアでも、

シューズに落ちてくる雨は防げませんよね。

 

そこでブーツですが、あなたがどんなに防水性の高い高級ブーツを履いていたとしても、

長靴でもない限り、長時間の雨の打たれれば、

内部まで濡れてきてしまうのです。(私も経験済み)
(ゴム製の長靴をツーリングに用意する人はいないですよね)

 

それは、どんなにレインウエアが優秀で濡れなかったとしても、

足が濡れてきて、不快そのもの つまり辛い雨走行になるのです。

雨だけではなく、路面の泥はねでシューズはドロドロ、汚れてしまいますし。

 

雨のときは、夏でも水に濡れると”寒い”ものです。

体調を崩してしまいます。

ブーツカバーは、それを防止してくれるマストアイテムなのです。

必ず、長距離を走るツーリングには必要なのです。

ブーツカバーの正しい使い方

ブーツカバーの正しい使い方
よく、製品説明などの写真で、レインウエアの上につけている写真がありますが、

正しい装着方法は、

ブーツカバーをレインウエアのパンツに下に装着することです。

外からブーツカバーをかぶせて装着したら、隙間から雨が入るだけで、効果なしです。

ブーツカバーの選び方

ブーツカバーの選び方ですが、

重要なことは、

●簡単に装着できること

履くのに時間がかからないこと

●丈夫なこと

すぐ傷ついてしまわないこと

(チェンジペダル操作等)

●長めのロングタイプ

レインウエアのパンツとシューズの隙間を全部カバーできる

●装着したまま歩行して耐久性はどうか

靴底の形状や素材

 

以上の点をチェックしましょう。

おすすめのブーツカバーは3タイプある

おすすめできるブーツカバーには3タイプあります。

①  ゴム底タイプ

② つま先のみタイプ

③  足袋タイプ

ブーツカバー ゴム底タイプ メリット・デメリット

ゴム底タイプは、靴のように靴全体にゴム底があるものです。

バイク専用ではない万能タイプもあります。

水深のある水たまりでもシューズが濡れません。

バイクを降りて歩行しても底部が痛まない

水の中を歩いても濡れない

 

シューズではない底部は滑りやすい場合がある

バイク専用品というものではなく、強度的に弱いものもある

LIVELY LIFE スーズカバー ロングタイプ

水深のある水たまりを歩いても大丈夫な構造
災害用 ベストセラー商品です。

TWONE シューズカバー ロングタイプ

同じく災害用 水たまりも歩けます。 ロングタイプで安心

ブーツカバー つま先タイプ メリット・デメリット

つま先タイプのブーツカバーの底部の画像
つま先タイプは、底部がつま先部分のみで、

あとはゴムバンドなどで留めるものです。

手軽で便利です。(バイク専用品に多い)

装着が簡単

シューズの底部がむき出しなので滑らない

バイク用に各部が強化された専用品が多い

バイクを降りて歩行すると底部が痛みやすい

カバーがずれやすく、歩きづらい

ラフアンドロード レインシューズ ロング

バイク専用メーカーの安心の製品 ロングタイプの万能タイプ

チェンジペダル部分も強度アップされていて安心

コミネ ネオレイン ブーツカバー ロング

同様のバイク専用メーカーの安心設計 ロングタイプ

チェンジペダル部分も強化されています。

コミネ レオレイン ブーツカバー ショート

ロングタイプは手軽でないと感じる方は、ショートタイプがおすすめ

ブーツカバー 足袋タイプ メリット・デメリット

足袋タイプのブーツカバー
足袋(たび)のように履くタイプ

理想はこんなブーツカバーですね。

ゴム製で完全防水 価格もリーズナブル

シューズにぴったりフィットしてズレにくい

ゴムタイプなので完全防水で安心

装着に時間がかかる

強度面で弱い

ワイルドウイング シューズカバー

Amazonで人気No. 1ベストセラー商品です。

伸縮自在のゴム製でシューズに

ぴったりフィットするタイプ

完全防水を実現  ただし、傷つきやすい。

(自転車用チューブ補修キットで修復可能)

伸縮自在のゴム素材使用足袋タイプのブーツカバーの修復方法

履くのは、少しめんどくさく時間がかかります。

それでも、人気商品のため、

品切れも多いです。

欲しければ、在庫があれば即ゲット

ブーツカバー 使用後のメンテナンスも重要

ブーツカバーは、雨に濡れて使用するものなので、

防水機能をうたっている商品でも、防水性は衰えてきます。

使用後は、よく乾かして、防水性を維持するためのメンテナンスを

しておきましょう。

使用後はこまめにメンテナンスしましょう。

長持ちしますよ。

【防水スプレー】

ツーリングの雨でも快適に過ごそう

不幸にして、長時間の雨の中を走行することになったツーリングでも、

快適に走行できるよう、レインスーツ(合羽)同様にブーツカバーを

用意しましょう。

自分の好みにあったものを選択して、

これで、ツーリングの雨対策は万全になりますよ。

ブーツカバーはツーリングの雨では合羽より重要 まとめ

まとめ

●ツーリングでのブーツカバーの必要性

●ブーツカバーの正しい使い方

●ブーツカバーの選び方

○タイプは3タイプ

自分の好みにあった選択を

●各タイプ別の商品紹介とメリットデメリット

●使用後のメンテナンスについて

●ブーツカバーは雨のツーリングを

快適にするマストアイテム

 

老ライダー
老ライダー

雨のツーリングでの快適に♪

最後までお読みいただきありがとうございます。

バイク用品の他の記事もたくさんあります。
チェックしてみてください。

【関連記事】 バイクのレインスーツの選び方

バイクのレインスーツ 失敗しない選び方 ツーリングに最強15選バイクのレインウエアはシーンによって選ぶ 失敗しない選び方とおすすめ品15種 特にゴアテックス製品がおすすめ...

 

 

バイク記事一覧roriderblog

(広告)
クラチャイダムゴールドお試し

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテムです。 インナープロテクターは、おしゃれでダサくならないバイクのファッションの幅広がる最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込むおしゃれなバイクには、レトロでカジュアルなセンスあるアイテムを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
便利で人気のシステムヘルメット 初心者からベテランまでおすすめ10選機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種は必要 これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング形式(大型〜250)40選ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
初心者のバイク入門の徹底解説とおすすめ250cc車種比較ランキング8選バイク初心者むけのおすすめ国産250cc8車種の紹介とランキング一覧...

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイクを高く売りたい!買取で損しない方法 基礎知識とコツバイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識とコツ...
バイク王の評判は最悪?高く売りたいなら買取依頼のコツと方法がある バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイク王でバイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクの保管について...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...
かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告
クラチャイダムゴールドお試し

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です