記事内にはアフィリエイト広告を使用している場合があります。

バイク用品

バイクの電熱ウェアの失敗しない選び方 最強の給電方法や温度やおしゃれなおすすめ品 

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

バイクを冬に乗るときの寒さ対策に電熱インナーウェアを考えている方は多いと思います。

ちょっと大袈裟?でも寒くない最強の対策をしたいのならトライすべきですよね。

寒い冬の日の走行で、お腹に入れたカイロ一つでも十分寒さに耐えられることを知っていますよね。

電熱インナーのジャケット(ベスト)を着れば、お腹だけではなく、

何箇所にもカイロを入れた状態で

ぬくぬく寒風の中でも快適な走行ができるのです。

では、電熱ウェアをどう選んだら良いのか?

バイクの電熱ウェアの賢い選び方とおすすめ品を紹介します。

電熱ウェアを活用すれば、着膨れにならず、高額な防寒ウェアに買い替えなくても

寒くない冬のライディングが可能になるのです。

読んでみてください♪

この記事はこんな方向け

●バイクに使える電熱ウェアが欲しい方

●電熱インナーウェアの選び方が知りたい方

●バイク用で最強の電熱ウェアが欲しい方

目次(クリック)

バイクの電熱ウェア どう選ぶと正解なのか?

バイク電熱ジャケットのおすすめ
バイクの電熱インナージャケットはどう選ぶべきか
(画像引用元 RSタイチコミネ

バイクの電熱ウェアを選ぶ場合、何を選んだら良いのでしょうか?

基本は

上半身用のインナージャケットは?

バイク用の専用品が良いのか?

2点について考えます。

上半身は電熱ベストかジャケット または他の部分は?

基本は、上半身用の電熱インナージャケットです。

ベストタイプで良いのか?長袖のジャケットタイプが良いのか?

ベストのメリットは動きやすいこと、

一般的には電熱ウェアはベストタイプが多いのです。

体の中心部分にカイロをいくつもつければ、寒さを感じることはあまりないので

ベストが効率的だからです。

ベストタイプは着膨れしにくいという大きな利点があります。

バイク専用品 コミネ RSタイチ電熱ウェアか?

電熱ウェアはバイク専用のメーカー品を選ぶべきなのか?

安い防寒用の電熱ウェアを選ぶべきなのか?

考えますよね。

コミネRSタイチにはバイク用電熱ウェアはラインアップされています。

バイクウェア専用品を選ぶか、一般の野外作業用やアウトドア用品から

選ぶかは、考えるところです。

どちらを選ぶかは、これから詳しく書いていきます。

バイクの電熱ウェア 給電方法をチェック

バイクで使う電熱ウェアの給電方式(電源)については、

バイク本体のバッテリーから給電

単体のウェアについたバッテリーで給電

(●両方とも使えるタイプもあります)

この2タイプになっていますね。

それぞれの給電方式のメリットとデメリットを整理しておきます。

どちらを選んだらあなたに合っているかわかるはずです。

車体のバッテリーから取る

バイク本体のバッテリーとつないで使うタイプの

メリット・デメリットは、

間違いなく暖かい

バッテリーなしなのでウェアが軽い

使用可能時間を気にする必要がない

コードがあるのでライディングで気を使う

バイクのバッテリーに負担がかかる

バイクバッテリーとの配線処理が必要

電熱ウェアや接続コードの価格が高い

車体バッテリーから電源を取るタイプは、使用時間に気を使う必要がなく、

確実に暖かいのですが、価格がアウタージャケットと同じくらいの高額品です。

単体の専用バッテリーから取る

電熱ウェア本体の専用バッテリーとつないで使うタイプの

メリット・デメリットは、

配線がないので乗り降りに気を使う必要がない

価格が安い

暖かさは最強とは言えない

使用可能時間が限られる

毎回のバッテリー充電が必要

市販タイプのモバイルバッテリーを使う配線不要タイプは、価格が安いのですが、

物によっては、スペック通りではなく、暖かく感じないものがある。

バイクの電熱ウェア 給電方式の選び方  結論

電熱インナーウェアの選び方の結論としては、

冬場の街乗りや短時間の通勤などでの使用なら

ウェアについているバッテリーを使うタイプが間違いなくおすすめです。

理由は、

●めんどくさくない

●手軽

●電熱ウェアは安い

バッテリーは充電が必要といっても一日走った後は充電すれば良いだけ

(バッテリーは市販のモバイルバッテリーが使えれば手軽)

バイクの乗り降りで、いちいちコードをつけたり外したりが不要な便利さがある。

 

一方、車体と繋ぐタイプは、

まず最初のバイクバッテリーとの接続作業が面倒

バイク本体のバッテリーに負担がかかるので、バイクのバッテリーケアが必要で、

そうでなくても装備品の多いバイクです。

ジャケットとコードを繋いだり

繋いだり外したりは、気を使うしストレスになる気がしますね。

 

冬場に毎日バイクに長時間乗る人や、冬場のロングツーリングをしたい

勇者など、真剣に防寒対策をしたい、

寒さが辛いと切実に感じている人向けでしょう。

 

バッテリータイプが手軽で断然おすすめ

電熱ウェアの電源は、手軽なバッテリー付属タイプを選ぶとして、

バッテリーについて考えていきましょう。

単体バッテリータイプの能力について気になる点をチェックしましょう。

バッテリーの使用可能時間の目安は?

使用するのは一般的なモバイル用バッテリーですが、

バッテリーの容量によって使用可能時間が違ってきます。

 

実用的な電熱ウェアの容量は10,000から20,000mAh(ミリアンペア)

使用可能時間の目安はこうです。

20,000mAh

低温モード約10-12時間、中温モード約8-10時間、高温モード約6-8時間

10,000mAh

低温モード約8-10時間、中温モード約6-8時間、高温モード約4-6時間

(参照データ Amazon

しかし、何箇所も電熱部分があるため、高温モードの使用可能時間の

一番短い時間で考えた方が正解です。
(メーカーの表示は鵜呑みにしないこと)

10,000m Ahの場合 4時間
20,000m Ahの場合 6時間

これが実際の実用使用可能時間です。

ツーリングなどで長時間使用する場合、

バッテリーの容量は20,000m Ah以上ものを選択しましょう。
(電熱ウェアにはバッテリーがセットでついているものがほどんどです)

温度は?

電熱ベストはどれぐらい暖かいの?思いますよね。

発熱温度は商品によってまちまちですが、

40度〜65度くらいの保温温度のものが多いです。

モードの切り替えがついていて弱・中・強で、

強が50度程度というのが一般的

実際のバイク走行では強モードの50度で使用するのが実用レベル

40度程度ではあまり暖かさを実感できません。

温度だけ見ると熱すぎるように感じる方もいるかもしれませんが、

実際に着用してみると、50度の温度は最低必要です。

バイクの電熱ウェア おすすめは?注意点について

電熱ウェアを選ぶ注意点として、

中華製の安いもの

バイク用品メーカー専用品

この2タイプについて説明します。

市販品の安いものは評判の良いもの

ノーブランドの中華製電熱ウェアは評判の良いものを選ぶべきです。

安い中華製は5,000円以内で手に入ります。

中華製のこの手の製品は

評判の良いものを選ばないと失敗します。
(スペック通りに機能しないものも多いため)

中華製の電熱ベストは

電熱ベスト(ジャケット)は長年使えるとは思わないこと
(1シーズンか2シーズン程度と考えるべき)

 

冬のツーリングを年1回、2回する程度や

通勤で30分程度バイクに乗る人は、安いもので十分

バイク専用メーカー品

バイク用品専用メーカー品は給電方法がバイク本体のバッテリーを

使用するタイプがほとんどです。

(専用のウェア用バッテリーを使用するものもあります)

バイクバッテリー本体と繋ぐため暖かさは最強で、

バッテリーの容量などを気にする必要はありません。

また基本的にジャケットタイプの長袖仕様です。

安いものではないため、どうせ買うなら

デザイン性やその他の機能性を考えて最強品を選ぶべきです。

数年使えるものが欲しけれはなおさらですね。

(ただし、消耗品であるケーブルや専用バッテリーは数年でモデルチェンジしていて互換性がない新型に切り替わっています。あくまでも3、4年が目安だと考えるべきです。)

その他の注意点

サイズは小さめのサイズを選ぼう

インナーは体にフィットしないと電熱のメリットが薄れてしまいます。

小さめサイズを意識した方が正解です。

季節ものなので、すぐに売り切れになる

バイク専用品などは、一定の需要があるようで(冬ツーリングの猛者など)

すぐに売り切れになってしまいます。

購入するなら早いうちがおすすめです。

バイクの電熱ウェア 安いだけじゃない 評判の良いおすすめ品

バイク専用メーカー品ではありませんが、

市販のモバイルバッテリーが使えて、価格も買いやすく、’

評判(ユーザーの口コミ)の良いものを

を探してみました。

中華製ですが、評判が良いものです。

30,000mAh バイク電熱ベスト おすすめ

バイク電熱ベスト 高評価品
●30,000mAhのバッテリーがついた高評価品

電熱部分は15箇所 汚れたら水洗いも可能

もちろんモード切り替えは3段階

16,000m Ah バイク電熱ベスト おすすめ

バイク電熱ベスト おすすめ
●16,000mAhのバッテリーのついた高評価品

電熱部分は11箇所  水洗い可能 モード切り替え3段階

10,000m Ah バイク電熱ベスト おすすめ

バイク電熱インナーおすすめ
●10,000mAhのバッテリーのついた高評価品

アルミ蒸着生地付きの上級モデルのような仕様で

安くて暖かいと高評価です。

バイクの電熱ベスト  おしゃれさも気にするなら おすすめ品

手軽なバッテリー付きタイプでおしゃれなものを選んでみました。

おしゃれな(作業用などはインナーなのでダサい)もの

冬場の気軽な街乗りや、バイクを降りても使える物です。

アウトドアウェア風の電熱ベスト

バイク電熱インナー おしゃれ
●20,000mAhのバッテリー付き

電熱ベスト  ロングタイプフード付き

バイク 電熱ベスト おしゃれ
バイクを降りてもさまになる、デザインで

しかも手軽なタイプです。

フードは脱着可能、モバイルバッテリーもついています。

着丈が長いのがやや難点。コーチジャケットなどの

着丈の長いウェアに下なら問題なし

12,800mAhのバッテリー付き

ロングタイプなので21箇所の電熱部分付き

電熱ジャケット カモ柄ダウン風

バイク 防寒 電熱ジャケット おすすめ
袖のない電熱ベストではなくジャケットタイプの電熱ウェア

これなら、袖部分もカバーできます。

デザインはダウンジャケットと変わりません。

カモ柄でおしゃれです。

洗えるジャケットです。

発熱箇所は2箇所のみ(背中と首裏)ですが、

ジャケットに電熱機能が付いたと思えば納得です。

(市販のUSBケーブル付きのモバイルバッテリー使用可能(別売))

 

バイクの電熱ウェア  バイク用のメーカー品も紹介

バイク専用メーカーの電熱ウェアを見てみましょう。

 

バイク用の専用品を選ぶ場合は、

●最高に暖かい最強品であること

●給電方式はバイクバッテリー使用が基本

●バイク専用設計なので機能面をチェック

●価格は高いものが多い(専用ケーブルやバッテリーは別売)

この4点を考慮して選ぶべきです。

最強品(冬の長時間のライディングが前提)が欲しければ
この選択しかありません。

メジャーなバイク専用ブランドのコミネRSタイチの製品です。

バイクの電熱ウェア  コミネのおすすめ品

コミネの電熱ウェアの基本はバイク本体との接続処理が必要です。

(一部 手軽な専用バッテリー(市販モバイルバッテリー使用可能品)仕様のものがあります。)

おすすめ品をピックアップしました。

ハイスペック品で20,000円ほどです。

EK-106 エレクトリックインナージャケット

コミネ電熱ジャケット おすすめ
●ストレッチ生地仕様なので動きやすいインジャージャケット

防風性も備えたハイスペックモデル

車体バッテリー給電式です。

電熱グローブとの接続ソケット付き

胸部・背中・袖に電熱箇所に通電

EK-111 エレクトリックWPシステムインナージャケット

コミネ 電熱インナー おすすめ
●防風仕様の電熱インナージャケット

車体バッテリー給電式

電熱グローブと接続できるソケット付き

胸部・背中・袖に電熱箇所に通電

EK-112 エレクトリックウォームシステムインナージャケット

コミネ電熱ジャケット おすすめ

●中綿入りの電熱インナージャケット

車体バッテリー給電式

電熱グローブとの接続ソケット付き

胸部・背中・袖に電熱箇所に通電

見た目はいかにもインナーウェア 実用本位の最強の防寒着

EK-108 エレクトリックインナー ハイブリッドベスト

コミネ 電熱インナー おすすめ

●2通りのバッテリーが使える手軽なベスト

(モバイルバッテリーと専用バッテリー用)

強力な専用バッテリーの場合は60度まで

40度(弱モード)で使用した場合 3、5時間というスペックです。

価格は10,000円を切ります。

専用バッテリー

バイクの電熱ウェア RSタイチのおすすめ品

RSタイチの電熱ウェアは、一見 3シーズン用のジャケットのような見た目で

おしゃれです。

給電方式は、バイク本体からの給電と専用のバッテリーでの給電の2通りで便利です。

ただし、専用バッテリーは1万円以上(2個セット)と高額です。

※専用バッテリーの使用目安時間は最強モードでも3時間なので

ある程度実用的です。

 

電熱ジャケットと接続ケーブル・専用バッテリーの合わせると3万円以上の

予算が必要です。

eーHEAT  インナーパーカ RSU ー638

バイク電熱ジャケット RSタイチ おすすめ

●おしゃれなパーカーデザインの電熱ジャケット

フード取り外し可能

電熱グローブ接続ソケット付き

女性用シルエットのレディースサイズも用意されています。

 eーHEAT インナージャケット RSUー637

電熱インナー RSタイチ おすすめ

●防風仕様の生地を使ったおしゃれなインナージャケット

仕様はインナーパーカと同様です。

女性用仕様もありますよ。

専用バッテリー

車体接続ケーブル

バイクの電熱ウェア その他の部位について

電熱ウェアはバイクで考えた場合、ジャケットやベストだけではありませんね。

●電熱グローブ
●電熱パンツ
●電熱靴下タイプ(足先用)

とにかく電熱で全身を固めたいですか?

その場合は、チェックしておきましょう。

もちろん、ここまで考える方は、冬場に長時間毎日バイクに乗らなければいけない方ですよね。

いつも冬場に走っていて、この部分が寒くて辛いんだよ!

と思う部位について電熱ウェアを導入すれば良いと思います。

私の場合、電熱ウェアが欲しくなる場所は足先ですが、人それぞれ

違うはずです。

バイクの電熱ウェア 電熱グローブのおすすめ

バイク用品専用メーカーは電熱グローブを

電熱ジャケットと繋いで便利に使えます。

電熱グローブはさほど高額品ではなく電熱の機能を

使わなくとも冬用グローブとしても使えるものです。

色々な手先用の防寒グッズはありますが、

電熱グローブも一つの有効な対策です。

 

●コミネの電熱ジャケットと接続できます。

●RSタイチの電熱ジャケットと接続できます。

【参考記事】バイク冬用の最強グローブ

バイクグローブで冬の防寒対策をして最強に  おすすめ13選バイクグローブで冬のツーリングや通勤を快適にするおすすめ品の紹介 最強の冬用極寒グローブで暖かさを実現 ...

 

バイクの電熱ウェア 電熱パンツのおすすめ

電熱ジャケットとセットで考えるのであれば最強の防寒対策になるでしょう。

電熱パンツは、ジャケットと接続するものではなく単体で用意するものです。

コミネのインナーパンツ

バッテリー給電式でジャケットと同様の使い方です。

NANKAI 電熱インナーパンツ

NANKAIには手軽なインナーパンツがあります。

●汎用モバイルバッテリー(市販品)を利用する電熱パンツ
●モバイルバッテリー以外でも、バイクのUSB取り出し口からの電源供給もできます。

温度設定は3段階(強・中・弱)の切り替え式で、寒さに合わせて調節可能。
ヒーター部分は太もも部分

 

パンツに関しては正直、電熱ウェアはあまり便利だとは思えません。

パンツ部分の寒さ対策をするなら、

オーバーパンツなど脱ぎ着が可能なものの方が

手間がかからずで実用的だと思いますね。

 

【参考記事】バイクの防寒パンツ 最強のオーバーパンツと防風裏起毛タイプ12選

バイクの防寒パンツ 最強のオーバーパンツと防風裏起毛タイプ12選これで安心の冬対策 バイクの防寒パンツ 最強のオーバーパンツとおすすめパンツ12選【2023ー2024年最新版】...

バイクの電熱ウェア 電熱足先用のおすすめ

足先用の電熱用品

これは手軽です。小型バッテリーなので割と実用的です。

意外と長時間使用可能です。

 

バイクの電熱ウェアで冬の快適走行を実現

バイクの電熱ウェアを選ぶ場合、

一番に考えるべきことは、使用頻度とバイクに乗る目的です。

●街乗りや短時間の通勤で寒さが辛い、嫌いという方は、

手軽なモバイルバッテリーを使うベストタイプ

少なくともカイロをいくつか使っているように快適になります。
(3〜4時間は使えるものがあります)

 

冬ツーリングや毎日長時間バイクに乗る方

バイク用品メーカーの専用ジャケット

上記の選択にした方が正解です。
(使用可能時間はバイクが動いていれば制限がありません)

せっかく防寒対策をするのですから最強の対策として

電熱ウェアを選ぶ、出費は覚悟すべきです。

 

以上が電熱ウェア選びで失敗しない快適になる方法です。

 

バイクの電熱ウェアの賢い選び方とおすすめ品 給電方法や温度をチェックして選ぼう まとめ

まとめ

バイクの電熱インナーウェア(ジャケット)の賢い選び方解説

●バイク用電熱インナーの選び方の正解は?

○どんなジャケット?
○バイク専用品か一般野外用か?

●手軽さではバッテリータイプがおすすめ

○バッテリーの能力について

○おすすめできる電熱ウェアと注意点

●バッテリータイプ 安いだけではない 評判の良いおすすめ品

●バッテリータイプ 安いだけじゃない おしゃれなおすすめ品

●バイク専用品 コミネ・RSタイチのおすすめ品

 

●電熱ウェア その他の部位のおすすめ品と考察

●電熱ウェアで冬の走行を快適に

 

バイクの電熱ウェアはバイクの使用目的で選ぶと失敗しない

という電熱ウェアに関する解説でした。

 

【関連記事】冬用バイクグッズの記事

冬のバイクジャケットの最強品 おしゃれな防寒ジャケットのおすすめ20選冬のバイクウエアのおすすめ20選(2024最新) カジュアルでおしゃれで最強クラスの防寒ジャケットも紹介 汎用性が高くアウトドアシーンやタウンユースに似合う最強のウインタージャケット...
バイクの防寒パンツ 最強のオーバーパンツと防風裏起毛タイプ12選これで安心の冬対策 バイクの防寒パンツ 最強のオーバーパンツとおすすめパンツ12選【2023ー2024年最新版】...
冬にかっこいいバイク革ジャンのおすすめ品 最強ダウンジャケットと王道ムートンバイク革ジャンを冬カッコよく着こなす バイク冬の革ジャンスタイルのおすすめ品をピックアップ 本革ダウンジャケットと王道ムートン16選...
バイクの冬用靴下 最強ソックスを選んで防寒対策 おすすめ8選バイクの冬用靴下に関する記事 冬のライディングに足元対策は防寒の盲点です。最強の靴下はメリノウール靴下 バイク向きおすすめ品を紹介...
バイク乗りのコーチジャケット厳選12選 冬バイカーが選ぶべき一着バイク乗りのおすすめのおしゃれなバイカーコーチジャケット厳選12選 かっこだけでなく冬でも使える素材や機能性で選んだ大人のバイク乗り向けです...
バイク冬用インナーで防風・防寒対策を最強にしよう 2段構えで暖かく冬のバイクの防風・防寒対策はインナーウエアで万全で快適に。2段構えで対策するインナーウエアの解説...

 

バイク記事一覧roriderblog

バイク用品・装備ランキング
人気ブログランキングでフォロー

金利の低い銀行ローンの近道

かしこく借りて夢をかなえる

\詳しく見てみる/
クラウドローン

バイクでローンを組むなら銀行から借りる方が
金利は低くて圧倒的に有利です。

クラウドローンは銀行ローンの代行業者

●ネットで3分で診断完了

●金利の安い銀行を探して交渉

交渉はクラウドローンにお任せ
(金利の安い安心の銀行マイカーローンが選べます)

●登録無料
闇金業者ではありません。
(2020年スタートの新システム)

バイク店の信販ローンとの金利差は約7%
(銀行のマイカーローンの金利は約3%
バイク店は約10%)
3年で100万円のローンなら13万円もお得です。
200万円なら26万円もお得)。

バイクをローンで買うなら
銀行のマイカーローンを使いましょう!

\サイトで3分間診断をしてみる/
クラウドローン

●欲しいバイクを探そう
(中古バイク)
\Zutto Ride Market/

中古バイクが探せる ZuttoRide Market
\ 欲しいバイクを探す/
\【登録無料】/

バイク盗難保険

盗難保険は任意保険とは違います。
盗難に特化した保険です。

ZuttoRide保険はロードサービスとセットもあります。

1日25円からのZuttoRideバイク盗難保険

 

●バイク保険に入っておこう

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!

<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

●バイクの置き場所を確保しよう(レンタルボックス)

(全国対応 あなたの近所で探せます)
屋根付き・屋根なし・本格バイクヤードが選べます。
●IF物件はバイクに使えます。(物件多数)

トランクルーム、レンタルボックス、バイクヤードなら加瀬倉庫!

\バイク用レンタルBOXを探す/

>>バイク専用(バイクヤードは4タイプ
>>レンタルボックスもバイクで利用可能

●バイクの買い替え資金を確保しよう(バイク買取業者)

乗らなくなったバイク、買い替えで手放すバイク

無料で査定してもらって売れる

●バイク王
バイク王に無料見積依頼をしよう!

\No. 1のバイク王にアクセス/
バイク王

●バイクワンバイク買取
\ネットで簡単査定のバイクワン/

バイクワン●KATIX
複数業者が見積もる
納得したら売るシステムのKATIX
\写真で簡単査定/

◆バイクを売る方法のおすすめ記事

バイクの売り方 高く売る方法とコツ 買取業者情報や最強の具体策ですバイクの売り方 高く売る方法コツを解説 買取業者の情報を知って上手にバイクを売る具体的対策...
バイク売るならどこがいい?の疑問に答えます。知恵袋を読むより簡単なことバイクの売り先はどこがいい?バイク買取はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...

●バイクウェアを高く売る

 

眠っているバイクウェア、買い替えでいらなくなったウェア

思わぬ価格で買い取ってくれるかも?

(宅配便で送って手間要らずで売れる)

バイクウェア専門 バイクウェア宅配買取STST

\バイクウェア宅配買取STST/

 

【バイク関連】
【カテゴリー別記事一覧】

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ
老ライダー
老ライダー

気になる項目の記事をチェックしてみてくださいね♪

バイク用品

\ヘルメット・季節ごとのウエア・バッグ類など/
\バイクに関する役立つグッズについての記事/
>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク乗りのファッション(メンズ)最新トレンドと車種別ウェアのおすすめバイクファッションのかっこよくておしゃれな最新トレンドと車種別目的別のファッションスタイルの選び方 モテるバイク乗りになるにはバイクファッションのトレンドを知ろう...
バイク用便利グッズ 快適で買って良かったと思うはず おすすめ33選快適なツーリングのためのおすすめできるバイク便利グッズを紹介 疲労軽減とストレスフリーを考えてバイクライフが快適に、 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ33選を紹介します。...
普段着でおしゃれにバイクに乗りたい。最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚でキメる!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込む大人のバイクには、レトロでカジュアルなセンスある大人のバイクファッションを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘルメットは開放感が最高 機能性やレトロ感で選ぶおすすめ18選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した18選...
システムヘルメットの12種の重量比較 切り替え可能タイプもおすすめ機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品12選を比較 2WAYタイプもおすすめです。...
バイクインカム最強のおすすめ16選 最適な選び方が目的・予算別に解説バイクインカムのおすすめ16選 最適な選び方がわかる 音質良い最強品から目立たないものから予算別に紹介しています。...
バイクガレージを予算10万円以内で実現 バイクを守る保管庫5選バイクガレージを10万円以内で実現 しっかり保管するバイクガレージを安く建てられる保管庫5選を紹介...

キャンプツーリング

\キャンプツーリング全般について/
\バイク・キャンプ道具・積載グッズの記事/
>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイクでキャンプする全てがわかる完全解説 バイク 積載 ウェア キャンプ道具バイクでキャンプを楽しむためのキャンプツーリングを完全解説 キャンプのメリットやバイクの準備・バイク合ったキャンプグッズの紹介...
テントがあればバイクでキャンプは簡単 選び方とおすすすめ11選バイクでキャンプ(キャンプツーリング)を始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント選びについて解説 おすすめテント11種の紹介...
バイクでキャンプする便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...
ツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適にツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適に...
バイクキャンプの積載 効率良い5つの方法を解説【ツーリング編】キャンプなどのツーリングの積載を効率よく荷物を積む工夫と方法を考える記事【ツーリング編】 5つの積載方法を解説...

 

バイクを高く売る

\バイクの売却方法について/
\買取業者情報や売り方のコツやヒント/
>>INDEX一覧

【注目記事】

KATIXはバイクを写真で売る手間要らずのシステム おまかせで売れる仕組みについて解説KATIX(旧アップス)でバイクを高く売る手間要らずの方法です。 ネットに写真をアップしておまかせで売れる仕組みについて解説 希望価格を設定できますよ。...
バイク売るならどこがいい?の疑問に答えます。知恵袋を読むより簡単なことバイクの売り先はどこがいい?バイク買取はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...
バイクの買取(下取り)のコツ 査定で損しない楽に高く売る方法バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?でもおすすめでバイクを高く売るには外せない理由バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...
バイクの売り方 高く売る方法とコツ 買取業者情報や最強の具体策ですバイクの売り方 高く売る方法コツを解説 買取業者の情報を知って上手にバイクを売る具体的対策...
ローン中のバイクでも売れるのか?問題なく売れます!賢く売りましょうローンが残っているバイクでも売れるのか?ハイ、全然問題なく売れますよ! 買取専門業者なら手間要らずで可能です。あなたはなるべく高く売ることに集中するだけで良いのです。...

 

オートバイライフ

\バイクライフの提案記事/
\バイク選び・バイク免許/
\ツーリング/

>>INDEX一覧

【おすすめの記事】

ずっとライドクラブの盗難保険てどうなの? 評判と入るべき6つの理由バイクの盗難保険は盗難特化のZuttoRideClub(ずっとライドクラブ)の一択で決まり。 他の盗難保険よりもバイク乗りにはうれしい安心の補償内容で最強なのです。...
バイク保管には月極のコンテナ・ガレージがおすすめ 欠点やメリットを解説バイク保管には月極のコンテナ・ガレージがおすすめの4つの理由を解説  盗難対策には最強対策です。...
バイク関係の仕事をしたい バイク好きなら思い切って転職もありバイクが好きでバイクの仕事をしたい場合、自分に合った関わり方を考えて転職しよう。 バイクに関わる具体的職種14種を紹介 夢を実現させよう...
かっこいい中古バイクのネイキッド250cc 安く買える車種12選手軽な中古バイクを買うならネイキッドタイプの250ccがカッコよくておすすめ 安く買える狙い目12車種をピックアップ ...
スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング 二人乗りを快適にする6種の対策 これで不安解消!タンデム(2人乗り)でタンデマーが快適で安全になる対策6種 タンデムで持つところや背もたれも。ツーリングの二人乗り不安を解消する...
タンデム旅行の荷物 タンデムの邪魔にならないタンデムバッグ20選タンデム旅行の荷物は3つの積載方法で最適になる。タンデムの邪魔にならないおすすめバッグ20選...

●バイク免許●

\バイク免許/
\教習所情報/
>>INDEX一覧

【免許取得のためのおすすめ記事】

普通二輪から大型二輪 限定解除は簡単 誰でも取れる 注意点は2つだけ大型バイク免許は教習所で取れる。普通二輪免許があれば誰でも取れる。気を付けるポイントはたった2つだけ...
バイクの合宿教習の徹底解説 二輪免許合宿の疑問点・不安点を解消するバイクの合宿教習に関する疑問点や不安点を解消できるまとめ記事 大型・普通の免許別 年齢や経験別におすすめ教習所を紹介しています。 安心して合宿に臨める情報満載です。...
バイク免許を合宿で快適に取れるおすすめの合宿教習所厳選3選バイクに特化して選んだ合宿教習所のおすすめ 若者ばかりの教習所でも快適に過ごせる教習所3選...
バイク免許を取るのは難しい? 免許の取り方の不安を解消するバイク免許取得が難しく取れる気がしない!と考えているバイク入門者に向けたアドバイス。簡単に取るための2つの方法と未経験者と教習中の悩みについての解決策のアドバイス。...
バイク合宿の教習所の評判・口コミで考察した教習所20選ランキングバイクの合宿免許 合宿で免許の取れる教習所を調べたランキング 評判・口コミ集を20箇所チェックしました。 あなたに合った失敗しない快適教習所を探せます。...
大型二輪免許合宿の格安教習所18選 安いだけでないメリットも探そう大型バイク免許は合宿で取るのが安くてメリットいっぱい! 全国の格安おすすめ教習所18選の紹介...
50代でバイク免許は取れる シニアや女性でも参加可能な合宿教習所50代でバイク免許は取れる 女性でも挑戦 夢実現!シニアに優しい教習所3選の紹介...

 

オートバイ知識

\バイクの知識全般/
\エンジンや車種タイプについての記事/
>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクランキング40選(大型〜250)現行から名車までネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

\バイク初心者向けの記事/
\バイク入門・バイク用品選びなどの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

普通二輪から大型二輪 限定解除は簡単 誰でも取れる 注意点は2つだけ大型バイク免許は教習所で取れる。普通二輪免許があれば誰でも取れる。気を付けるポイントはたった2つだけ...
40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
初心者におすすめは250ccバイク ランキング8選で徹底比較バイク初心者には国産250ccがおすすめできるバイク 8車種の紹介と比較ランキング一覧 価格・重量・パワー・シート高などを比較して選びやすくしてみました。...
ツーリングのおすすめバイク25選 目的や内容で全く変わる選び方初心者向けツーリングのおすすめの旅バイク25選 ツーリングの目的や内容で選び方は変わる...

バイク保管・盗難防止

\バイクの盗難防止対策について/
\ガレージライフ・ロック・盗難対策の記事/
>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクガレージどこにたのむ?低予算で地元のプロの施工業者が探せますバイクガレージを作るたいけどDIYに自信がない方に向けたプロを紹介するZehitomo(ゼヒトモ)というサービス。利用すればやりたい夢であるバイクガレージが実現できる。...
バイクガレージは土間・床付どちらが良い?メリット・デメリットと失敗しない方法バイクガレージは土間・床付どちらが良い?メリット・デメリットと失敗しない方法...
バイクガレージ メーカー比較 イナバ ヨドコウ タクボ どれがいい?国内メーカーのイナバ・ヨドコウ・タクボのバイク用物置はやはり安心 3社の比較とどこで買うかどう作るかを解説 ...
バイク盗難防止チェーンロックの最強品で盗難対策を完璧にするバイク盗難防止の最強のロックチェーン紹介 バイクの盗難は2度と経験したくない。 経験者が最強のバイクロックと防犯対策を解説...

 

【番外編】     バイク雑談

\バイクに関する雑談/
\バイクの歴史・情報などの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

バイク乗りの出会い バイク女子との出会うのが一番 出会う方法を考えるバイク乗りの出会いの方法を考える。ここではバイク女子だけではなくバイクに興味のある予備軍女子を狙った方がうまく行きやすいということでマッチングアプリでの出会いを推奨しています。...
大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るセンス良いプレゼント16選 バイク好きが選んだおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品16選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

\外車の魅力について/
\各メーカーの車種紹介の記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...
かっこいい大型バイク 手に入れたい外車の個性あふれる30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力ある渋くてすごいバイク30選...

カスタム

\バイクのカスタムについて/
\基本的なカスタム・旧車のカスタム/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

バイクの手軽なカスタムドレスアップグッズ25選 イメージチェンジが簡単にできるバイクの手軽なカスタムドレスアップグッズ25選 カスタム初心者でもイメージチェンジが簡単にできるグッズの紹介...
BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

●コンタクトフォーム お問い合わせはこちらまで●