バイク用品

バイク 冬の防寒対策まとめ 冬でも暖かく快適になる7つの方法

冬のバイク走行の防寒対策について書いていきます

ある意味、冬は道は空いているし、観光地は人が少ないし、路面の凍結する場所以外は、

しっかりとした防寒対策をすれば、

冬でも寒くなく快適にバイクに乗ることができます。

バイクでの冬の防寒対策全般について注意点やおすすめの商品記事をご紹介いたします。

じっくり読んで、冬の防寒対策を万全にして、

快適な冬のバイクライフを実現してください。

結論 冬は良いもので固めれば快適な防寒対策ができる

冬ツーリングの服装バイク用おすすめインナーウエア

冬のバイクライディングの基本対策として7つの方法(対策)があります。

結論から言いますと、ウエア類は上質のバイクグッズを選ぶことが、

冬の寒さでの一番の対抗策といえます。

全て、本格的なもので揃えれば、それだけ寒さに対し快適になりますね。

●ヘルメット
●ヘルメット周辺
●ジャケット
●パンツ
●グローブ
●シューズ

●その他の対策(手軽な対策)

上記について解説していきます。

ヘルメットの防寒対策

まずは、ヘルメットです。

冬場に適した寒くないヘルメットは、やはり顔全体を外気から守れるフルフェイスやシステムヘルメットということになります。

●ヘルメットについて
●シールドの曇り止め対策
●ヘルメットの首元対策

ジェットヘルメット派のアメリカンバイカーでも冬場はフルフェイスヘルメット
が欲しくなりますね。

 

【関連記事】アメリカンバイクに似合うフルフェイス20選

アメリカンバイクに似合うフルフェイス 冬も寒くないおすすめ20選アメリカンバイクに似合うフルフェイス レトロでクラシカルな冬にも活躍するおすすめ20選...

風を防ぐにはしっかりしたシールド

有名ブランドのフルフェイスには密封性の高いシールドがついています。

国内大手ブランドARAI・SHOEI・KABUTO製のヘルメットはその点安心

風を防ぐだけではなく、ベンチレーション機能を兼ね備えた製品は内部のシールドの曇りを季節に合わせ調整できるものもあります。

曇り止め対策の必要性

冬場は外気が入らないようにベンチレーションを全閉にしますと、シールドがライダーのはく息で曇りがちになります。

ピンロックシールド(二重構造)のシールドになると、この曇りを防止する機能があり冬場でも快適です。

もちろんピンロックシールドを標準装備しているヘルメットもありますし、

追加で装着できるシールドもあります。 冬用の快適グッズなのです。

ネックウォーマーはおすすめ

ヘルメット周りの防寒対策として、

首ものから入ってくる風をストップできるネックウォーマーは有効です。

効果はかなりあり、ぜひ用意したいアイテムです。

口元を覆えば、ヘルメット内部の曇り防止にも効果があります。

ウエアのの防寒対策

冬専用のウエアは、やはりバイク用に開発された、

防寒使用のウエアが良いですね。

タウンユース用の防寒着は、風圧を受けて走るバイクには、

首筋・袖口・合わせ部分などの防風対策が不十分で、

結果的に風通しが良すぎて、

ウエア内部に空気が入って膨らんだ”ミシュラン坊や風”になってしまうと、

防寒着の意味が半減します。

 

また素材によっても冬用ウエアは違います。

革製品は防風性はありますが冷えやすく、どうしても重ね着が必要になります。

重ね着しすぎると、まるで”芋虫” で動きづらくなってしまいます。

 

ウエアに関しては三重の対策

一つ目は インナーウエア(保温や発熱素材)

二つ目は インナーウエアとアウターウエアの間の空気の層になる素材

三つ目は 防風素材のアウターウエア(インナーライナー付きなど)

この組み合わせ、厚着にならないスマートな対策がベストです。

 

下記記事でおすすめ品を集めた記事があります。

【参考記事】 冬用バイクジャケットのおすすめ

【参考記事】 バイクの冬用インカーウエアのおすすめ

 

アウターウエア(ライディングジャケット)

冬用ジャケット(アウターウエア)は厳選したいですね。

バイク専用品を選んで、機能的で、

バイクを降りても違和感なく街に溶け込めるデザインのウエアがベストですね。

【参考記事】 冬用バイクジャケットのおしゃれなおすすめ品

冬のバイクジャケット 防寒仕様のおしゃれなおすすめ16選冬のバイクウエアのおすすめ16選 カジュアルでおしゃれ 汎用性が高くアウトドアシーンやタウンユースに似合うウインタージャケット...

インナーウエア

インナーウエアは厳選すると、厚着にならず快適な暖かさが得られる優れものです。

ユニクロのヒートテック以上の冬山登山用やバイク用の防寒インナーウエアがあります。

【参考記事】 冬のバイクライフを快適にする冬用インナーウエアのおすすめ

バイク冬用インナーで防寒対策を最強にしよう おすすめ厳選10種冬のバイクの防寒対策はインナーウエアで万全で快適に。インナーウエアの素材別解説とおすすめ品厳選10選...

パンツの防寒対策

ジャケット以外にパンツについては、

ジャケット同様に気にすべき部分です。

下半身の冷えは辛いものです。

冬場にパンツの下にパッチを履くくらいでは冬のライディングには不十分です。

バイク専用オーバーパンツなどで対策しましょう。

 

【参考記事】バイクの冬の防寒パンツについて

バイクの防寒パンツ 最強のオーバーパンツと防風裏起毛タイプ10選これで安心の冬対策 バイクの防寒パンツ 最強のオーバーパンツとおすすめパンツ10選...

グローブの防寒対策

グローブも重要です。冬用グローブを厳選すると

やはり本格的な冬用を選ぶしかありません。

袖口までカバーするロングタイプであることと、一流メーカー品一択です。

それでも寒い場合があります。

その場合、グローブの上から被せるオーバーグローブもありますが、

インナーグローブの方が操作性を損なわず、薄くて暖かくおすすめです。

下記記事にてグローブ周り全般についておすすめ品を紹介しています。

【参考記事】冬用グローブのおすすめ

バイクグローブで冬の防寒対策をして快適に  おすすめ16選バイクグローブで冬のツーリングや通勤を快適にするおすすめ品の紹介...
冬用バイクグローブ クラシックな本革製のおすすめ品 11選クラシックバイクに似合うクラシックテイストの冬用本革製のグローブ特集 DEGNER製品のおすすめ11選...

ハンドルカバー

グローブだけでは不十分と感じたら、

ハンドルカバーは手軽で最強な防寒グッズです。

自転車用ではないかと思うかもしれませんし、ダサいと思うかもしれませんが、

バイク用でかっこいいものがあります。 寒い厳冬期の場合、体裁ではなく実用を考えたら

手軽に手に入るバイク用ハンドルカバーはおすすめです。

ナックルガード

風が直接手に当たらないというもう一つの対策として、

転倒時などにレバー類の破損を防止する、ナックルガードも有効です。

直接手に風が当たらないだけでも快適さは雲泥の差です。

転倒対策と一石二鳥と考えれば、必要なものとも考えられます。

シューズの防寒対策

シューズについては、冬用の防風シューズということになりますが、

実際には防寒タイプのブーツ、それだけでは不十分なのです。

足先が冷たいというのは、辛いことです。

冬用の防寒シューズであっても対策をしたほうが良いといえますよ。

インナーとして足先を守る、ウエットスーツ素材のインナーカバーが手軽で有効です。

 

【購入者の口コミ】

5つ星のうち5.0
すごく効果があります!

ネオプレーン生地の防寒靴下ならホームセンターでも売ってますが、あれだとブーツがきつくなり、シフト操作がやりづらくなったり、足が痛くなったりしてました。 この商品だとそれもなく、履くのも容易です。 一見、爪先だけなので防寒に不安がありますが、ところがどっこい!劇的に効果があります。 おすすめです!

その他の防寒対策 電熱で対策

インナーウエアなどは、人体の体温や発散した水蒸気などで発熱する素材などがありますが、

電気の力を利用した電熱ウエアが最強なのはいうまでもありません。

問題は、手軽でないこと

特にバイクのバッテリーと接続するタイプは、

バッテリー上がりなどの心配や、

接続・取り付けの手間を考えると面倒なだけではないかと思いますね。

電熱ベスト 電熱パンツ

そこで、手軽さを優先した

スマホなどの補助バッテリーをポケットに入れて使用する電熱ベストが最も手軽で効果的です。

電熱製品は、シンプルで手軽なものから試してみましょう。

パンツの部分もあるとさらに効果的でしょうが、

簡単に脱ぐ・着るができる 電熱ベストがおすすめです。

5,000円程度で1日使える充電式のものがありおすすめです。

これなら簡単に薄着が実現できます。

●専用のモバイルバッテリー(適合品)

グリップヒーター

ハンドル部分に装着するグリップヒーターも有効です。

標準装備されている車種もあるほど快適な冬対策グッズですね。

手の甲はハンドルカバーで守れても、

手のひらは寒いというのが厳冬期のバイクツーリングです。

ハンドルに巻きつけるタイプの手軽なものがおすすめです。

電源は、スマホ用バッテリーも使えるので手軽なのです。

売れ筋No. 1商品になっています。

冬の体感温度は驚異の温度 要注意

冬と言っても暖かい小春日和(外気温10℃程度)ならそこまで寒いだろうか?

と考えますよね。

バイクは、外気温以外に走行風によって外気温以上の体感気温になるのです。

●体感温度の算出方法を知っていますか?

調べることができるんです。

平均的なバイクでの走行速度を

時速60km /h の場合と 高速走行100km /hの場合の速度を、

風速に置き換えて計算しますと、以下のような結果になります。
(湿度は50%として計算しています)

気温 速度 体感温度
外気温10℃ 60km /h走行 ー3,6℃
外気温10℃ 100km/h ー5,2℃
外気温 5℃ 60km /h ー10,5℃
外気温 5℃ 100km/h ー12℃
風速 60km /hは16,6m  100km /hは27,7m

参照元 CASIO KEISAN サイト

外気温が10℃でも体感温度はマイナス(氷点下)なのです。

氷点下での長時間走行を想像してみてください。

防寒対策は、大袈裟なくらいがちょうど良いということがわかりますね。

 

【防寒対策グッズ全般】

今まで紹介してきた冬用防寒グッズ、気になるものをさらに探すには、

防寒対策グッズは、amazon ・楽天で検索して探すことができます。

amazon バイク用防寒対策グッズで検索

楽天 バイク防寒グッズで検索

バイクの冬の走行は準備を整えれば寒くなく楽しめる

冬ツーリングのメリットもあります。

済んだ空気で、空いた道路を快適に渋滞なく走ることができる。

観光地も空いています。

場所選びやグッズ選びを楽しんで、冬のバイクツーリングを快適に楽しむこともできます。

冬の防寒対策をしたら、あなたの冬ツーリングが楽しく、快適になります。

 

【参考記事】バイクの冬ツーリングのすすめ

冬ツーリング 始める準備と注意点 必要装備を厳選して快適に  冬ツーリング 始めてみませんか?! 北海道や東北地方、日本海側などのいわゆる雪国住まいの方には無縁ですが、 バイク乗...

バイク 冬の防寒対策のまとめ 冬でも暖かく快適な7つの方法

まとめ

●バイクの防寒対策7つの方法について解説したまとめ記事

●冬は体感温度の要注意

●冬ツーリングの準備を整えれば楽しめる

 

以上の内容でした。

 

【バイク用品おすすめ記事】
バイク用品の記事をチェック
\バイク用品についての記事をチェック/
バイク用品INDEX

バイク記事一覧roriderblog

●Amazonプライム 30日間無料体験がお得



amazon会員なら「人気映画やテレビ番組が見放題」「Kindle Unlimitedなら200万冊以上読み放題」「豊富な配送特典」「入会ポイントプレゼント」「200万曲音楽聴き放題」といった様々なメリットがあります。

\解約も簡単 試してみる/
Amazonプライム30日間無料体験

 

\amazonで探す/

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

●\ZUTTO RIDE MARKET/
\
 欲しいバイクを探す【登録無料】/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

●バイクを売ろう●



バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策を解説...
バイクの売るならどこがいい?の疑問に答えます。買取業者を選びましょうバイクの売り先はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...
ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

\ヘルメット・季節ごとのウエア・バッグ類など/
\バイクに関する役立つグッズについての記事/
>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込む大人のバイクには、レトロでカジュアルなセンスある大人のバイクファッションを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...

 

キャンプツーリング

\キャンプツーリング全般について/
\バイク・キャンプ道具・積載グッズの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
バイクでキャンプする便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...
ツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適にツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適に...
キャンプツーリングの積載 効率良い5つの方法【ソロキャンプ編】キャンプツーリングの積載 効率よく荷物を積む工夫と方法を考える【ソロキャンプ編】 5つの積載方法...

 

バイクを高く売る

\バイクの売却方法について/
\買取業者情報や売り方のコツについての記事/
>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイク王の買取査定交渉術で上手にバイクを売る方法バイク王の買取査定交渉術で上手にバイクを売る方法...
バイクの買取のコツ 高く売るための査定業者選び 損しない方法バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?口コミから考える買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...
バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策バイク売却のおすすめの方法 買取業者情報やよくわかる具体策を解説...
ローンが残ってるバイクでも売れるのか?全然問題なく売れますよ!ローンが残っているバイクでも売れるのか?ハイ、全然問題なく売れますよ! 買取専門業者なら可能です。...
傷のあるバイクは売れる?ボロボロでも売れる?治して売るかの考察少し問題のあるバイク、壊れたり傷や凹みがあったり、動かないバイク、ボロボロのバイクなどを高く買取してもらうには、修理をすべきなのか、そのまま売るべきなのか?最適な方法をアドバイス...
バイクを個人で売るのはトラブルの元 買取専門業者ならすぐ売れるバイクを個人で売るのはトラブルの元 すぐ売れてトラブルのない買取専門業者に売ろう...

オートバイライフ

\バイクライフの提案記事/
\バイク選び・ツーリングに関する記事/
>>INDEX一覧

【人気の記事】

中古バイクの250ccはネイキッドがおすすめ 安く買える車種20選手軽な中古バイクを買うならネイキッドタイプの250ccが断然おすすめ 安く買える狙い目20車種...
スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種のおすすめ これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...
タンデム旅行の荷物 最強の積載方法とおすすめバッグ20選タンデム旅行の荷物は3つの積載方法で最適になる。おすすめバッグ20選...

オートバイ知識

\バイクの知識全般/
\エンジンや車種タイプについての記事/
>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

\バイク初心者向けの記事/
\バイク選び・バイク用品選びなどの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめ250ccバイクランキング8選 初心者向けを徹底比較バイク初心者におすすめの国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...
ツーリングのおすすめバイク25選 目的や内容で全く変わる選び方初心者向けツーリングのおすすめバイク25選 ツーリングの目的や内容で選び方は変わる...

バイク保管・盗難防止

\バイクの盗難防止対策について/
\ガレージライフ・ロック・盗難対策の記事/
>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクのアパートでの保管について解説...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックやアンカーバイクの盗難は2度と経験したくない。 最強のバイクロックと対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る究極の方法。盗難防止と快適空間バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える快適空間を手軽に作る究極の方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

\バイクに関する雑談/
\バイクの歴史・情報などの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

\外車の魅力について/
\各メーカーの車種紹介の記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...
かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

\バイクのカスタムについて/
\基本的なカスタム・旧車のカスタム/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です