記事内にはアフィリエイト広告を使用している場合があります。

バイク用品

カーボンヘルメットの最軽量品は?重量比較とおすすめ品紹介 

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

カーボン製ヘルメットはそのヘルメットの重量や安全性を考えると

選ぶべきヘルメットではないかな?誰もが考えるはず。

カーボン柄もかっこいいですし、

安全性が高くて軽い、まさに理想のヘルメットだからです。

しかし、カーボンヘルメットが欲しいけれど価格は?

どうせ選ぶなら最軽量のヘルメットはどれ?

そんなことが気になるはず。

カーボンヘルメットを製造するメーカー(日本製・海外製)をピックアップし、

カーボンヘルメットの価格比較・重量比較をして

機能面を考慮して総合的なランキングを作りました。

とにかく軽いヘルメットおすすめのヘルメットもわかります。

カーボンヘルメット選びの助けになるはずです。

目次(クリック)

なぜカーボンヘルメットが欲しいのか?

カーボンヘルメットのメリット 軽さ 強度
あなたのカーボンヘルメットが欲しい理由はなんですか?

●カーボン柄がかっこいいから
●安全性が高いから
●最軽量だから
●最先端の技術の入ったヘルメットのはずだから

このいずれかでしょうが、使う用途はどうでしょうか?

カーボンヘルメットは欲しい2つの理由

カーボンヘルメットが欲しい理由は色々あるはずですが、

あなたの”カーボンが良い!”と思う理由は

どちらか2つに分かれるはず

 

●ステイタスアップやモータースポーツで使いたいから

●ツーリングで疲れないヘルメットが欲しいから

 

ステイタス優先や競技用なら↓↓

モータースポーツ志向の本格的

有名メーカーのフラッグシップモデル

 

ツーリングなどの実用面を考えて

軽いヘルメットが良ければ、

理由は価格面ですから↓↓

なるべく安くて実用的で優秀なもの
(フラッグシップモデルでななくても良い)

ですよね?

なるべく安くて軽いてかっこいいカーボンヘルメットが欲しいのです。

カーボンヘルメットの共通点で軽量で強度が高いから

いずれの目的でもカーボン製ヘルメットは欲しい理由としては、

強度面重量面のメリットがあるから。

万が一の事故や転倒でも強度が高いから安全

長時間かぶっていても軽いから疲れないからです。

 

ではカーボンヘルメットのメーカーについて説明していきます。

カーボンヘルメットのメーカー

カーボンヘルメットを製造しているメーカーは

日本のメーカー(日本製)

アライ(Arai)※限定販売品

ウィンズジャパン(WINS)

ゴットブリンク(ZEALOT)

海外のメーカー(輸入品)

AGV(イタリア)

SIMPSON(イタリア)

BELL(アメリカ)

SCORPION(アメリカ)

ASTONE(フランス)

SHARK(フランス)

X-LITE(NOLAN)(イタリア)

PREMIER(イタリア)

CABERG(イタリア)

RUBY(フランス)

BOGOTTO (ドイツ)

LS2(スペイン)

BANDIT(ドイツ)

※有名メーカーやカーボン主体のメーカーですが、まだまだあります。

カーボンヘルメットのメーカーは明らかに海外メーカーが多いのです。

むしろ、海外メーカーはカーボンヘルメットのラインアップがたいていあるのです。

日本の代表的メーカーのARAI・SHOEI・OGKカブトは日本国内では
一般市販はしていません。

Araiのカーボンヘルメットが気になる方

※重量は1,450g MFJ公認ではありません。

アライRXー7ーRCカーボン(ショップ限定販売品 240,000円)
取り扱いショップリスト


OGKカブト
はAEROBLADE-5R SM-1というカーボン柄
(カーボンとファイバーの複合体(表面だけカーボン)

AEROBLADE 5R SM-1

 

日本メーカーがカーボン製ヘルメットに積極的でないのは

ファイバー製でも充分強度が出せるし、

製造コスト面を考えると高額になるため需要がないと考えているためです。

安全性は意識するけど、究極の軽さに重点を置いていないと言えます。

カーボンヘルメットの深掘り 素材には2タイプ 構造にも2タイプ

一言でカーボンヘルメットと言っても

バイクのヘルメットのカーボン素材には

大きく分けて2つのタイプがあります。

素材

ドライカーボンとうウェットカーボンです。

 

ヘルメットの作りにも2つのタイプがあります。

●カーボンヘルメットの作り(構造)

カーボンヘルメット作りも2タイプあります。

カーボン素材の2タイプ

簡単にわかりやすく表現すると

ドライカーボンウェットカーボンは、

ドライカーボン

カーボン繊維以外の水分が少ない(熱処理や圧縮法により)

繊維が密になり強度が高くなる

コストがかかり、どこでも作れるものではない
(例として)(F1マシンのモノコックなど)

強度が高い、薄い 軽い

光沢がない

※ほとんどバイクヘルメットでは使われていません。

ウェットカーボン

強度はグラスファイバーと同じ、若干軽い

コストはかからない

光沢がある

カーボン繊維の美しさは出る

 

●補足説明(見分け方について)

ウェットカーボンとドライカーボンは、今は加工方法や製造方法が進化し、
一見しただけでは見分けがつかなくなっています。

ヘルメットメーカーも一部のメーカー以外公表していないのです。

また、新製法のドライカーボンはカーボンのデメリット(光沢がない)を抑えて

強度よりも軽量だけがメリットというドライカーボンもあるのです。

日本メーカーがヘルメットで作らないのはそのためです。

 

カーボンヘルメットの作り(構造) 2タイプ

カーボンヘルメットの作りも2タイプ

カーボンのみのヘルメット
帽体はカーボンのみでつくられている
※強度は高く軽量だが製造コストがかかる

ファイバー素材とカーボン素材を組み合わせた複合素材
(表面がカーボンで内側はファイバー製だったりの他素材との組み合わせ)
※強度は変わらず若干軽量。製造コストが抑えられる

バイクヘルメットは一部の例外を除き

ほとんどが2番目の組み合わせ複合製法です。

 

同じカーボンと言っても素材のコストの掛け方で
価格が変わるということです。

安いカーボンヘルメットは4万円

高いカーボンヘルメットは25万円と

大きな差があります。

どちらも カーボン製ヘルメット と呼ばれていますが、

4万円のヘルメットではドライカーボン100%のヘルメットはありません。

本物のカーボンヘルメットはドライカーボン100%のヘルメットと言えますが

この違いは、はっきり言ってあまり重要ではないのが現実です。

【結論】カーボンの素材 タイプの違いについて

カーボンのタイプや作り方はさまざまですが、

結論として、

カーボンヘルメットは、厳密に考えるより、

他の素材と比較して

軽くてカーボン柄がカッコ良ければ良いのです。

カーボンヘルメットを選ぶべき理由

カーボンにもピンからキリまであるのはわかったところで、

では、コストの安いファイバーとの複合体のカーボンへメットはダメなのか?

というと、そんなことはないのです。

なぜなら、一定基準の安全性があり、しかも軽いわけですから。
(カーボンヘルメットは排気量全車種対応)

何より、カーボン柄が美しくてかっこいいですしね。

5,000円の樹脂製ヘルメットとは重量が同じでも比較になりません。

 

とりあえず、ツーリングなどの一般使用では、

カーボンヘルメットは安心と信じても間違いではないのです。

軽いだけの他の樹脂製ヘルメットと比較するものではありません。

カーボンヘルメットのおすすめ フルフェイス

各社のカーボンヘルメット情報を紹介します。

各メーカーの代表的カーボンフルフェイスと

カーボンヘルメットのラインアップを紹介している関連記事を載せておきます。

カーボンヘルメットではないフルフェイスの重量

1,600〜2,000g程度

カーボンヘルメットフルフェイスの重量

1,200g〜1,500g程
※カーボンヘルメットはかなり軽量です。

WINSジャパンのカーボンヘルメット

●WINSのカーボンフルフェイス

日本(石川県)で唯一国内工場でドライカーボンの製法で作られている

カーボンヘルメット(圧縮製法)

A-FORCE RS です。

価格は5万円ほどで革命的な価格と言えます。

 

強度規格SG・JIS・MFJ
素材ドライカーボン
重量1,300g
特徴ドライカーボン製のヘルメット
価格5万円ほど

【参考記事】ウィンズ(WINS)ヘルメットの評判 目から鱗のカーボンヘルメットがおすすめ

ウィンズヘルメットの評判とサイズ感 各種の紹介とどんな人に向いたヘルメットか考察日本のカーボンヘルメットといえばWINS(ウィンズ) ウィンズヘルメットの評判と人気の4機種解説 ウィンズヘルメットは目から鱗のカーボンヘルメットがありおすすめ どんな人に向いているかの考察...

ゴットブリンク(ZEALOT)のカーボンヘルメット

●ZEALOTのフルフェイス

ゴットブリンクは日本のメーカー(愛知県)

新興メーカーですが、

ZEALOTというブランドで安いカーボンヘルメットが特徴です。

BullRaider2

とにかく軽いモダンヘルメットです。

強度規格SG規格
素材カーボン・ファイバー複合体
重量1,400g
特徴インナーバイザー付き
価格4万5,000円ほど

NV ROADRACER2

族ヘルタイプのレトロでシンプルなフルフェイス

現在最軽量です。

強度規格SG規格
素材カーボン・ファイバー複合体
重量1,200g
特徴レトロヘルメット
価格4万7,000円ほど

AGVのカーボンヘルメット

●AGVのフルフェイス

AGVには3タイプのカーボンヘルメットがありますが、

K-5Sは複合体の構造のカーボンヘルメットでエントリーモデルです。

ソリッドカラーはカーボン柄ではありません。

強度規格SG・JIS規格
素材カーボン・ファイバー複合体
重量1,500g
特徴インナーバイザー付き
価格6万5,000円ほど

SPORTMODULAR 002-GLOSSY CARBON

はドライカーボン100%のヘルメット

PISTA GP Rと同じ強度規格のシステムヘルメット

PISTA GP Rは200,000円ですがこちらはリーズナブル

 

(※最強のヘルメットが必ずしも最軽量というわけではありません)

強度規格SG規格
素材ドライカーボン
重量1,295g
特徴ドライカーボン製システムヘルメット
価格14万円ほど


【参考記事】AGVヘルメットのK1 k3 K5  ジェットのサイズ感と特徴を解説

AGVヘルメットのおすすめは? K1 k3 K5 の違いとサイズ感の解説AGVヘルメットのK1 k3 K5  ジェットのサイズ感と特徴の解説 AGVヘルメットのおすすめがわかる。似合うバイクや口コミについても解説...

SIMPSONのカーボンヘルメット

●SIMPSONのフルフェイス

最も人気のM-30にはカーボンヘルメットがあります。

かっこいいSIMPSONのカーボンは10万円です。

フルフェイスタイプでは最軽量です。

サイズ感などを考えると日本人仕様を選ぶべきですね。

強度規格SG規格
素材カーボン製(詳細不明)
重量1,230g
特徴カーボン柄が美しい
価格9万円ほど

【参考記事】シンプソンヘルメットはどうなの? 選び方は日本人仕様タイプがおすすめ 

シンプソンヘルメットはどうなの? 選び方は日本人仕様タイプがおすすめ シンプソンヘルメットはどうなの?カッコいいが多少問題あり 選ぶなら日本人仕様タイプがおすすめ 各機種の紹介...

BELLのカーボンヘルメット

●BELLのフルフェイス

BULLITTはクラシカルで人気のレトロヘルメット

BULLITTは全てがカーボン製ヘルメットです。

強度規格DOT・ECE規格
素材ドライカーボン
重量1,400g〜
特徴クラシックタイプ
価格7万5,000円ほど

 

【参考記事】バイクヘルメット ベルは日本人でも被れるのか?サイズ感や選び方を解説

バイクヘルメット ベルは日本人でも被れるのか?サイズ感や選び方を解説バイクヘルメット ベル(BELL)は日本人でも被れるのか?サイズ感や選び方を解説 おすすめ品を紹介...

ASTONEのカーボンヘルメット

●ASTONEのカーボンフルフェイス

GT-1000Fのカーボンヘルメット

脅威の低価格を実現していて、

グラフィックタイプもあります。

最軽量ではありませんが、注目のヘルメットです。
(フランス製)

 

強度規格SG規格
素材ウェットカーボン
重量1,250g〜
特徴インナーバイザー付き
価格3万円ほど

 

【参考記事】
アストンヘルメットはおすすめ 評価の高いおしゃれなカーボン製は最強のコスパヘルメット

アストンヘルメットはおすすめ 評価の高いおしゃれなカーボン製は最強のコスパヘルメットアストンヘルメットはおすすめできるヘルメット 評価の高いおしゃれなカーボン製は最強のコスパヘルメットで3万円で手に入る...

SCORPIONのカーボンヘルメット

●SCORPIONのカーボンフルフェイス

EXO1400 AIR CARBONが代表的なカーボンヘルメット

軽量タイプです。(アメリカ製)

 

強度規格ECE規格
素材カーボン・ファイバー複合体
重量1,280g
特徴ピンロックシート付き
価格6万円ほど

LS2のカーボンヘルメット

●LS2のカーボンフルフェイス

価格が安くてかっこいいヘルメット
(スペイン製)

人気のCHARENGER C GT

強度規格SG規格
素材ウェットカーボン製
重量1,535g〜
特徴カラーバリエーションが豊富
価格46,000円ほど

SHARKのカーボンヘルメット

●SHARKのカーボンフルフェイス

高品質なヘルメットのSHARKには

高額のものが多いですが、

カーボン製ヘルメットの中でも廉価なものの

最軽量タイプを紹介します。

SPARTAN CARBON SKIN
(フランス製)

強度規格SG規格
素材カーボン・ファイバー複合体
重量1,290g
特徴インナーバイザー・ピンロックシート付き
価格5万4,000円ほど

X-lite(NOLAN)のカーボンヘルメット

●XーLITE(NOLAN)のカーボンフルフェイス

X-LITE X-803(RS)が代表的なカーボンヘルメット
(イタリア製)

レース仕様の本格派(MFJ公認)ですが、

10万円で手に入ります。

強度規格SG・MFJ規格
素材ドライカーボン(メーカー名ウルトラカーボン)
重量1,300g
特徴ピンロックシールド付き
価格10万円ほど

●X-LITEのアドベンチャータイプ

XーLITEはアドベンチャーバイク向けのカーボンヘルメット

も注目です。

XーLITE X-552

強度規格SG・ECE規格
素材ドライカーボン(メーカー名ウルトラカーボン)
重量1,500g
特徴ピンロックシールド付き
価格7万円ほど

PREMIERのカーボンヘルメット

●カーボンフルフェイス

PREMIERはカーボンヘルメットが主体のこだわりのメーカー

レトロなデザインのヘルメットTROPHYは注目です。

TROPHYは全てカーボン製ヘルメットです。
(イタリア製)

TROPHY CARBON NX

強度規格ECE規格
素材ウェットカーボン・グラスファイバー複合体
重量1,300g
特徴レトロフルフェイス
価格8万円ほど

 

【参考記事】プレミアヘルメットは評価されていいカーボンヘルメット サイズ感などの詳細

プレミアヘルメットは評価されていいヘルメット サイズ感などの詳細イタリア製ヘルメットプレミア(PREMIER)ヘルメットの評判やサイズ感などのついての詳細記事 レトロ感がありカーボン製こだわりヘルメットは評価されるべきヘルメット...

RUBYは全てカーボンヘルメット

●RUBYフルフェイス

Castel Munich 90

 

RUBYはフランス(パリ)のフルカーボン製ヘルメットの専門メーカー

プレミアムレトロヘルメットの最高峰

宝石のようなヘルメットと称されます。

全ての製品はカーボン製というメーカーですので外せません。

 

強度規格DOT規格
素材ウェットカーボン
重量1,520g
特徴高級レトロヘルメット
価格26万円

CABERGのカーボンヘルメット

●CABERGのフルフェイス

Drift Evo Carbonはモダンな高機能カーボンヘルメット

価格も手頃です。(イタリア製)

 

強度規格ECE規格
素材カーボン製(詳細不明)
重量1,300g
特徴インナーバイザー・ピンロックシート付き
価格6万円ほど

カーボンヘルメットのおすすめ ジェットヘルメット

ジェットヘルメットのカーボンヘルメットを紹介します

重量はファイバー製の本格ヘルメットより軽いのです。

カーボンヘルメットではない
ジェットヘルメット(ファイバー製)の重量

1,400〜1,600g程度

カーボンジェットヘルメットの重量

850g〜1,200g程度

※カーボン製はやはり軽量です。

WINSジャパンのカーボンジェットヘル

●WINSジャパンのジェットヘルメット

A-FORCE RSジェットはドライカーボン製

チンガード(別売)でワンタッチでフルフェイスにもなります。

 

強度規格SG規格
素材ドライカーボン
重量1,350g
特徴インナーバイザー付き
価格4万円ほど

ゴットブリンク(ZEALOT)のカーボンジェットヘル

●ZEALOTのジェットヘルメット(日本メーカー)

FRY BOY JET2

カーボンハイブリット帽体とメーカーは表記しているのは
内側がファイバーグラス。外側がウェットカーボン製

とにかく軽くて安いカーボンヘルメットです。

生産国はベトナムや中国で低価格を実現しています。

強度規格SG規格
素材カーボン・ファイバー複合体
重量850g
特徴カーボン柄ではない
価格2万7,000円ほど

AGVのカーボンジェットヘル

●AGVのジェットヘルメット

カーボン製ジェットヘルがあります。

K−5 ジェット

カーボン柄仕様はありません。

強度規格SG規格
素材カーボン・ファイバー複合体
重量1,385g
特徴インナーバイザー・ピンロックシート付き
価格5万5,000円ほど

BELLのカーボンジェットヘル

●BELLのジェットヘルメット

クラシカルタイプのカスタム500には

カーボン製もあります。

強度規格DOT規格
素材ドライカーボン
重量1,200g
特徴レトロジェットヘルメット
価格9万5,000円ほど

SHARKのカーボンジェットヘル

●SHARKのマスク型カーボンジェットヘルメット

代表的なマスク型のジェットヘルは有名です。

SーDARAK

 

強度規格ECE規格
素材ウェットカーボン・ファイバー複合体
重量1,000g
特徴ショートバイザー・マスク付き
価格5万5,000円ほど

BOGOTTOのカーボンジェットヘル

●BOGOTTOのジェットヘルメット

カーボン製で安いヘルメットとして注目です。
(ドイツ製)

V-587 CARBON

強度規格ECE規格
素材カーボン製(詳細不明)
重量900g
特徴スモールバイザー パイロットタイプ
価格3万3,000円ほど

BANDITのカーボンジェットヘル

●BANDITのジェットヘルメットは最軽量

カーボンジェットヘル

ドライカーボン製で低価格で軽量なジェットヘル

これも外せないカーボンヘルメットです。(ドイツ製)

強度規格ECE規格
素材ドライカーボン
重量850g
特徴ドライカーボンの質感
価格5万7,000円ほど

PREMIERのカーボンジェットヘル

●PREMIERのジェットヘルメット

Le Petit Carbon Jet

低価格で外せないフルカーボン製ヘルメット
(イタリア製)

 

強度規格ECE規格
素材ドライカーボン
重量900g
特徴クラシックジェットヘル
価格5万6,000円ほど

RUBYは全てカーボン製

●ジェットヘルメット

見惚れるほど美しいカーボンヘルメットが

RUBY PAVILLON(パヴィヨン)

シャネルのCMでも使用され有名になりました。

さまざまなカーボン柄・グラフィック柄があり美しいヘルメットです。
(フランス製)

強度規格SG・ECE規格
素材ウェットカーボン
重量未発表
特徴高級プレミアムジェットヘル
価格15万円ほど〜

カーボンヘルメットの重量比較ランキング 最軽量は?

紹介したメーカーの代表的製品の重量比較です。

最軽量のカーボンヘルメットはどれでしょうか?

●フルフェイス(軽量順)

①ZEALOT  NV Roadracer2        1,200g

②SIMPSON M30 カーボン       1,230g

ASTONE GT1000F                  1,250g

④SCPRPIONN EXO 1400           1,280g

⑤SHARK     SOARTAN CARBON SKIN 1,290g

⑥AGV SPORTMODULAR  CARBON 1,295g

⑦PREMIER TOROPHY   1,300g
⑦CARBERG DRIFT EVO CARBON 1,300g

ジェットヘルメット(軽量順)

①ZEALOT FRY BOY2      850g

②BANDIT カーボンジェットヘル  850g

③BOGOTT V-587         900g

④PREMIER  Le Petit カーボン 900g

⑤SHARK S-DARAK      1,000g

カーボンヘルメットの価格ランキング

価格面で安いカーボンヘルメットはどれでしょうか?

 

●カーボンフルフェイス(低価格順)

①ASTONE  GT1000ーF       3万3,000円

②ZEALOT NV Roadracer2     4万5,000円

③ZEALOT Bullraider2                       4万7,000円

④LS2  Chalenger C GT         4万7,000円

⑤WINS A-FORCE RS         5万円
⑤PREMIER TOROPHY       5万円
⑤CABERG Drift EVO CARBON           5万円

●カーボンジェットヘルメット(低価格順)

①ZEALOT  FRYBOY JET2  2万7,000円

②BOGOTT V587 カーボン    3万3,000円

③WINS A-FORCE RSジェット  4万円

④PREMIER Re Petit カーボン  5万円

⑤AGV K-5ジェット        5万5,000円

カーボンヘルメットの機能性ランキング

ヘルメットの機能性も考えて評価

カーボンフルフェイス(機能性)で優秀なもの

○AGV SPORTMODULAR  CARBON

○SHARK SPARTAN CARBON SKIN

○X-LITE(NOLAN) X-803(RS)

○ZEALOT Bullraider2

モダンタイプのヘルメットになります。

●ジェットヘルメット(機能性)で優秀なもの

○WINS AーFORECE RSジェット

○SHARK S-DARAK

付加価値の機能面で考えるとこの2つです。

重量・価格・機能から考えたカーボンヘルメットランキング

重量・価格・機能性から考えた

カーボンヘルメット(フルフェイス・ジェットヘル)別ののランキングです。

個人的な見解も含めた総合的に考えたランキングベスト3です。

カーボンフルフェイスヘルメットベスト3

 

○WINS A-FORCE RS

 

○ASTONE GT1000ーF

 

○SHARK SPARTAN CARBON SKIN

 

 

カーボンジェットヘルメット ベスト3

 

○WINS A-FORECE RS ジェット

 

○BOGOTT V-587 CARBON

 

○ZEALOT FRY BOY2

 

 

商品リンク(筆者のランキング)

◆フルフェイス ベスト3

◆ジェットヘルメット ベスト3

【関連記事】カーボンジェットヘルメット紹介記事

カーボンヘルメットのその他の製品が見たい方は

下記記事で紹介しています。

【参考記事】疲れないバイクヘルメットはカーボンが最強 ツーリング用コスパの良い15選

とにかく軽いヘルメットはカーボンヘルメット ツーリング用コスパの良い15選カーボンヘルメットは最強のおすすめヘルメット 日本一軽い超軽量ヘルメットツーリングで首が疲れないおすすめ品...

目的にあったカーボンヘルメットを選ぶのが正解

モータースポーツで使うヘルメットと

ツーリング用のお財布に優しいヘルメットからで選ぶヘルメットは

違うはずです。

人それぞれですが、かっこいい自分の目的に合った

カーボンヘルメットを選んでください。

何よりも軽くて長時間のライディングでも

疲れないヘルメット、それがカーボンヘルメットです。

魅力的な海外製カーボンヘルメットが気になる方

海外製ヘルメットのサイズ感をは把握して、失敗なくあなたに合う適切な

サイズを選んでください。

【参考記事】バイクヘルメットのメーカー別サイズ感 試着できなくても迷いなく選ぶ

バイクヘルメットのメーカー別サイズ感一覧 試着できなくても迷いなく選ぶバイクヘルメットのサイズ感 メーカー別の測り方と選び方 試着できなくても迷いなく選べる方法を解説...

カーボンヘルメットの最軽量品は?重量比較とおすすめ品紹介 まとめ

まとめ

国内、海外製バイクのカーボンヘルメットの重量比較とランキング

●カーボンヘルメットが欲しい理由

●カーボンヘルメットのメーカー(日本製・海外製)

●カーボンヘルメットの深掘り(素材や作り方)

カーボンと言っても同じではない。

●それでもカーボンヘルメットを選ぶべき理由

●カーボンヘルメットのおすすめ フルフェイス

●カーボンヘルメットのおすすめ ジェットヘルメット

●カーボンヘルメットの重量比較ランキング

●カーボンヘルメットの価格比較ランキング

●おすすめカーボンヘルメットの機能性

●カーボンヘルメット総合ランキング

○フルフェイス
○ジェットヘル
○商品のリンク

●自分に合ったカーボンヘルメットを選ぶ

強度面は最強とは言えない製品もあるが、

最軽量で疲れないというメリットがある。

 

以上の内容でした♪

バイク記事一覧roriderblog

バイク用品・装備ランキング
人気ブログランキングでフォロー

金利の低い銀行ローンの近道

かしこく借りて夢をかなえる

\詳しく見てみる/
クラウドローン

バイク買うのにローンを組むなら銀行から借りる方が
金利は低くて圧倒的に有利です。

クラウドローンは銀行ローンの代行業者

●ネットで3分で診断完了

●金利の安い銀行を探して交渉

交渉はクラウドローンにお任せ
(金利の安い安心の銀行マイカーローンが選べます)

●登録無料
闇金業者ではありません。
(2020年スタートの新システム)

バイク店の信販ローンとの金利差は約7%
(銀行のマイカーローンの金利は約3%
バイク店は約10%)
3年で100万円のローンなら13万円もお得です。
200万円なら26万円もお得)。

バイクをローンで買うなら
銀行のマイカーローンを使いましょう!

\サイトで3分間診断をしてみる/
クラウドローン

 

バイク盗難保険

盗難保険は任意保険とは違います。
盗難に特化した保険です。

ZuttoRide保険はロードサービスとセットもあります。

1日25円からのZuttoRideバイク盗難保険

 

●バイク保険に入っておこう

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!

<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

●バイクの置き場所を確保しよう(レンタルボックス)

(全国対応 あなたの近所で探せます)
屋根付き・屋根なし・本格バイクヤードが選べます。
●IF物件はバイクに使えます。(物件多数)

トランクルーム、レンタルボックス、バイクヤードなら加瀬倉庫!

\バイク用レンタルBOXを探す/

>>バイク専用(バイクヤードは4タイプ
>>レンタルボックスもバイクで利用可能

●バイクの買い替え資金を確保しよう(バイク買取業者)

乗らなくなったバイク、買い替えで手放すバイク

無料で査定してもらって売れる

●バイク王
バイク王に無料見積依頼をしよう!

\No. 1のバイク王にアクセス/
バイク王

●バイクワンバイク買取
\ネットで簡単査定のバイクワン/

バイクワン●KATIX
複数業者が見積もる
納得したら売るシステムのKATIX
\写真で簡単査定/

◆バイクを売る方法のおすすめ記事

バイク売るならどこがいい?の疑問に答えます。知恵袋を読むより簡単なことバイクの売り先はどこがいい?バイク買取はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...

バイクメーカー(リンク)メーカーの新車がチェックできる

HONDA

YAMAHA

SUZUKI

KAWASAKI

二輪車関連団体(リンク)バイク業界の情報を詳しく見る

(社)全国軽自動車協会連合会

(社)日本の二輪車普及安全協会

(財)日本モーターサイクルスポーツ協会

【カテゴリー別記事一覧】

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ
老ライダー
老ライダー

気になる項目の記事をチェックしてみてくださいね♪

バイク用品

\ヘルメット・季節ごとのウエア・バッグ類など/
\バイクに関する役立つグッズについての記事/
>>INDEX一覧

キャンプツーリング

\キャンプツーリング全般について/
\バイク・キャンプ道具・積載グッズの記事/
>>INDEX一覧

バイクを高く売る

\バイクの売却方法について/
\買取業者情報や売り方のコツやヒント/
>>INDEX一覧

オートバイライフ

\バイクライフの提案記事/
\バイク選び・バイク免許/
\ツーリング/

>>INDEX一覧

●バイク免許●

\バイク免許/
\教習所情報/
>>INDEX一覧

オートバイ知識

\バイクの知識全般/
\エンジンや車種タイプについての記事/
>>INDEX一覧

バイク初心者

\バイク初心者向けの記事/
\バイク入門・バイク用品選びなどの記事/
>>INDEX一覧

バイク保管・盗難防止

\バイクの保管・盗難防止対策について/
\ガレージライフ・ロック・盗難対策の記事/
>>INDEX一覧

【番外編】     バイク雑談

\バイクに関する雑談/
\バイクの歴史・情報などの記事/
>>INDEX一覧

外車の魅力

\外車の魅力について/
\外車各メーカーの車種紹介の記事/
>>INDEX一覧

バイクカスタム

\バイクのカスタムについて/
\基本的なカスタム・旧車のカスタム/
>>INDEX一覧

 

●コンタクトフォーム お問い合わせはこちらまで●