バイク初心者

バイクのヘルメットの種類は?初めてなら読んでおこう【新ジャンルあり】

ヘルメット選びは、バイクデビューする方にとっては、バイクの次に考える重要アイテムですよね

どれ買ったらいいか? ヘルメット選びに迷っていませんか?

そんな基礎知識もほとんどない、ゼロからバイクグッズについて知りたい方、読んでみてください。

本来ならば、ヘルメットは安全性が確保されていればそれで良いのです。
つまり、デザインなんて、なんでも良いと言えますが、

バイク好きは、過去からの歴史や流れで、車種に似合うヘルメットや使い勝手も考え、こだわるのです。

これを読めば、初心者のあなたが、どんなヘルメットを自分は選ぶべきなのかがわかります。

この記事を読むべき方

免許を取って本格的にバイクデビューする方

バイクヘルメット選びに迷っている方

本格的なバイク用ヘルメットを探している方

カッコいいバイクファッションを知りたい方

 

バイクのヘルメットの種類

ヘルメットは、日本製・海外製品と多種多様な製品があります。

さまざまなデザイン・カラーがあり、種類別のジャンルというものがあります。

まず、ヘルメット種類について説明します。

●フルフェイス型
●ジェット型
●システム型
●オフロード型
●半帽型(半ヘル)

それぞれの特徴を挙げていきます。

【関連記事】初心者のヘルメットの選び方(商品紹介あり)

バイク初心者におすすめヘルメット5種 徹底比較 コスパ良く選ぼうバイク初心者に向けたヘルメットの選び方 信頼できるメーカーのリーズナブルなベーシック製品5週を比較して本格的なヘルメット選びに役立つ記事です。...

フルフェイス型

フルフェイス型ヘルメット
頭部全体を包み込む最も安全性を考えたヘルメット

サーキット走行を前提としたレースの世界のヘルメットは、全てこのタイプです。

●特徴とメリット

安全性が高くで密封性がある

風切り音が少なく静粛性が高い

風が頭部には当たらないため快適

強度の高いハイグレードなものは値段が高い

●デメリット
脱着が面倒

重い

外の音が聞こえない(会話はできない)

つけたままでは、飲食ができない

ヘルメット内部は暑くなりがち

どんなバイクに合うか

●スーパースポーツタイプ
●ストリートファイタータイプ
●ネイキッドバイク(大型)

ジェットヘルメット型

ジェット型ヘルメット
頭部全体はカバーしているが、顎の部分は開放しているヘルメット

●特徴とメリット

脱着が簡単

開放感があり、会話や飲食が着けたまま可能

軽い

密封性がなく、夏は涼しい

価格が安い

●デメリット
顎の部分が無防備で安全性が低い

風切り音がする

冬は、寒い

ジェットヘルメットは、大きく分けて、2タイプに分かれます。

●シールドありタイプ
●シールドなしタイプ

※シールドなしタイプでも装着できるものもあります。

それぞれの特徴とメリット・デメリットです。

シールドありタイプ

ジェットヘルメットシールド付きタイプ
はじめからシールドがついているタイプが一般的です。

シールドの上げ下げもできるものもあります。

●特徴とメリット

どんなバイクにも合うデザイン

モダンなデザインでどんなバイクにも似合う

機能面でも使いやすいものが多い

●デメリット

安全性は、フルフェイスに劣る

個性的ではない

どんなバイクに合うか

●全ての車種

シールドなしタイプ

ジェットヘルメット シールドなしタイプ
シールドがないタイプはファッション製を重視したヘルメットです。

●特徴とメリット
機能性は無視したヘルメット

外輪が小さいタイプもあり、小ぶりでかっこいい

風を感じる爽快感はNo. 1

●デメリット

目や顔面を守るための補助アイテムが必要
(サングラス・ゴーグルなど)

雨や寒さには無力

顔面に風が当たり疲れやすい

どんなバイクに合うか

●アメリカンクルーザータイプ
●クラシックタイプのネイキッド
●カフェレーサータイプ

 

【関連記事】小さめな古いバイク合うジェットヘルメットの記事↓↓

カフェレーサーファッション 古いバイクに似合うヘルメット小さめ8選カフェレーサーなどの旧車風バイクに似合うヘルメットはビンテイジタイプのヘルメットです。アメリカンクルーザーのカスタムや古いテイストのバイクにはスモールタイプのジェットヘルメットを選びましょう。カッコよくキマリます。...

システムヘルメット

システムヘルメット
フルフェイスと同様の形状ですが、 ヘルメットの前面を上げ下げできるヘルメット

●特徴とメリット
フルフェイスの安全性を確保し、ジェットヘルの開放感も得られる
便利なヘルメット

(基本的には、上げ下げは走行中に行うものではありません。)

ヘルメットを外さなくてもジェトヘルのように飲食が可能

※一部のヘルメットは、ジェットヘルとフルフェイスに切るかえて使用できるものもあります。

●デメリット
ヘルメットの外輪が大きくなる

ヘルメット自体が重くなる

フルフェイスよりも強度面で弱い

どんなバイクに合うか

●カウル付きバイク

●ストリートファイタータイプ

●アドベンチャーバイク

 

【関連記事】システムヘルメットの記事(商品紹介あり

システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...

オフロードタイプ

バイザー付きオフロード用ヘルメット
●特徴とメリット
通気性を一番に考えられたオフロードの短時間走行用のヘルメットで
バイザーがついている。
(バイザーは、日差しよけだけではなく、チリや小石からの顔面防御、
ヘルメット内部への強制送風)この効果のため

基本的にヘルメットの形状はフルフェイスタイプですが、

顎の部分を通気性をよくした形状になっている。

オフロードタイプも大きく分けて3タイプに分類できます。
●オフロード専用

●【新ジャンル】アドベンチャーバイク用

●【新ジャンル】クラシカルタイプ

それぞれ説明しますと

オフロード専用

オフロード専用ヘルメット
●特徴とメリット

オフロードの激しい動きでもヘルメット内部を快適にできる通気性のよさ

カラフルで派手なデザインが多い

●デメリット

通気性が良いので冬は寒い

ゴーグルが必要

オフロードタイプ以外のオンロードバイクに、似合うバイクが少ない

どんなバイクに合うか

●オフロードバイク
●アドベンチャーバイク
●モタードタイプ

アドベンチャーバイク用

アドヴェンチャーバイク用ヘルメット
●特徴とメリット

過去にはなかった新ジャンルのヘルメット

デザインは、オフロード用と同じですが、ツーリングを前提に

考えて密封性を重視していて長距離走行での快適性を追求している

●デメリット

機能性の高いものは価格が高い

オフロードバイク以外は、似合うバイクが限られる

どんなバイクに合うか

●アドベンチャーバイク
●モタードタイプ

 

【関連記事】アドベンチャーバイク用ヘルメット(商品紹介あり)

アドベンチャーバイクに似合う専用ヘルメット14選【おすすめ入門編】アドベンチャーバイクにかっこよく似合う専用ヘルメット ハイブリッドなマルチパーパスがおしゃれ おすすめ14選 ...

クラシカルタイプ

スクランブラーに合うビンテイジフルフェイス
●特徴とメリット

これの以前はなかった新ジャンルのヘルメット

クラシカルなオフロード用ヘルメットとして
機能面よりも個性的デザイン性で人気

オフロードバイクのなかった時代を彷彿とさせるデザイン

特徴はフルフェイスの”ダースベイダー”のようなヘルメットの口元

ゴーグルや特殊なシールドを併用します。

●デメリット

個性的なので、似合うバイクが限られる

デザイン以外にメリットがあまりない

どんなバイクに合うか

●スクランブラーバイク

●カフェレーサーバイク

【関連記事】スクランブラーバイクに似合うヘルメット(商品紹介あり)

スクランブラーバイクに合うフルフェイス チョイ悪のおすすめ12選スクランブラーバイクやネオクラシックバイクのストリート系のバイクに似合うファッションとして、ビンテージテイストのチョイ悪タイプのヘルメットが人気です。 アレンンジできる楽しいスリット入りフルフェイスのおすすめ品12選...

 

半帽(ハーフキャップ)タイプ

半帽ヘルメット
●顔面は無防備、頭部のみを保護したヘルメット

小型バイク用の手軽なものから、
ファッション性を重視したデザインのヘルメットもある

価格は、一番安い

●デメリット

強度・安全面は不安

ハーレー御用達ヘルメット

半ヘル(ハーレー御用達)
●特徴とメリット

似合う、かっこいいという部分で、アメリカンクルーザー(ハーレー等)で愛用される。

価格は安いものが多いが、大型バイク用の強度のものはない。

●デメリット

安全面が不安

どんなバイクに合うか

●アメリカンクルーザー

小排気量用お手軽タイプ


●特徴とメリット

別名お椀ヘル・半ヘルと呼ばれる

最も手軽なヘルメットで価格も安い
一部のクラシックバイクには似合う。

クラシックレーサーファッションとして存在するのみ。

もしくは、ファミリーバイク用として存在する。
ゴーグルと併用して使用する。

●デメリット

安全性が問題

どんなバイクに合うか

●スクーター(ファミリーバイク)

●クラシックレーサー

バイクのヘルメットで選びで注意すること

ヘルメットの種類について書いてきましたが、選ぶ際のの注意点がいくつかあります。

●安全性はどうか?

●日本製・海外製 どう違うのか?

●価格の差が大きいがどんな基準で選ぶべきか?

こんな疑問があると思います。

安全性規格について

ヘルメットの強度規格 SGマークヘルメットの強度規格 SNELL規格
ヘルメットの安全規格
強度規格というものがヘルメットにはあります。

日本では SGマークがバイク用ヘルメットには義務つけられています。

強度面を示す規格として他に

JIS規格SNELL規格等があります。(他にもありますが)

また、適応車種の明記されていて(小型車125cc以下・全車種用)などに
分かれています。  最低でも全車種対応のSGマーク付きにしましょう。

強度面で安心です。

日本製品・外国製品について

ARAIヘルメットSHOEIヘルメット
初めてなら、日本製を選びましょう。

ARAI SHOEI OGKカブトの大手3社のものから選べば、
品質面の問題はありません。

外国製品は欧米ブランドと 新興のアジア(中国・台湾・韓国)とあります。

欧米ブランドは、品質・強度面で日本製と差はありませんが、価格が割高傾向にあります。(また、西洋人とアジア人の頭の形状の差で日本人に合わないものもあります)

(※アジア人の頭に合わせた”アジアンフィット”製のものもあり、それなら問題なし)

 

アジア製のものは、デザインも豊富で廉価なものが多数ありますが、あまりおすすめはできません。

強度面は基準をクリアしていても、品質面で耐久性がないものが多いのです。

安いということは、それなりの製品だと考えてください。

 

【関連記事】バイクのヘルメットメーカー・ブランドの記事↓↓↓

バイクのヘルメットメーカー 国内外の主要人気ブランド 16選世界のヘルメットメーカー 人気有名ブランド16選の特徴 ...

 

バイクのヘルメット 使用シチュエーションで考える

ヘルメットは使用目的や季節などによっても使い分けます。

ツーリング

スポーツ走行

ストリートユース(チョイ乗り)

 

また、ヘルメットは、季節によっても選び方の基準が変わります。

寒いか暑いか極端なのが、バイクに乗る時の特徴です。

寒いは、 冬でなくても風を受けたり、山間部を走行したりを考えると
冬だけではないのです。

暑いは、 ヘルメットをかぶっている以上、夏、屋外で使用するのですから
ヘルメット選びを考えなくてはなりません。

はっきり言ってキマリや規則はないのですが、

ツーリングなどで長期間使用する場合と、ストリートユースの場合でも
選び方が違うと考えましょう。

ツーリング用には

ツーリングにはシールド付きヘルメットをかぶろう
ツーリングに求められる機能とは、通気性(ベンチレーション)や雨での走行も
視野に入れて選びます。

もちろん、高速道を使う場合は安全性も重視する必要があります。

疲れないこととと快適性を考えましょう。

選択肢に、半ヘルやシールドなしのジェットヘルメットはなしと思いますよ。

スポーツ走行には

スポーツ走行にはフルフェイスヘルメット
スポーツ走行は安全性が第一です。

機能性は上位機種には、風洞実験による風の抵抗を軽減した機能などがあり、

同じヘルメットでも風の抵抗が全く違うハイグレード品もあります。

5万円以上するものを選びましょう。

スポーツ走行主体なら、フルフェイス一択で選ぶべきですね。

ストリートユースやチョイ乗りには

ストリートユースにはジェットヘルシールドなしでも良い
ストリートユースでは、バイクに合うかっこよさが優先されます。

安全性は軽視のようで、フルフェイスでなくても良い!こう考えることもできます。

こだわりのジェットヘルメットビンテイジタイプのヘルメットは似合います。

あくまで自己責任ですが、かっこいいビンテイジ風のヘルメットを選ぶ場合、

強度のしっかりしたものを選びましょう。

季節によって使い分けることも考える

夏は、フルフェイスでは辛い(暑い)

冬は、フルフェイスが一番(風が顔に来ない)

これにつきます。

夏用。冬用で分けて2つ持つ、あるいは、

1つで、フルフェイス・ジェットヘルと仕様を変えて使い分けられる
システムヘルメットがあれば、より便利ですね。

ヘルメット 初心者ならよく考えて選ぼう

デザインやジャンルも大切ですが、ある程度の価格のものを選びましょう。

強度面や快適性、耐久性が段違いです。

機能性が同じと書いてあっても、機能性が本当に快適なものなのかは、

怪しいのです。

10000円以下のヘルメットでは信用しないこと。

目安としては、20000円くらいのものから選びましょう。

初めてのヘルメット選びにはおすすめ記事があります。↓↓↓

バイク初心者におすすめヘルメット5種 徹底比較 コスパ良く選ぼうバイク初心者に向けたヘルメットの選び方 信頼できるメーカーのリーズナブルなベーシック製品5週を比較して本格的なヘルメット選びに役立つ記事です。...

 

ヘルメットランキングをチェック↓↓↓

\amazonヘルメット人気ランキング/
〇〇amazon ヘルメット人気ランキングのリンク

まとめ バイクのヘルメットの種類 安全性や目的別に選ぶ

この記事のまとめ

説明した内容

●ヘルメットの種類と特徴

メリットとデメリット

どんなバイクの合うのか?

●ヘルメット選びの注意点

強度や安全性を把握する

日本製?輸入品?どちらが良いか?

価格は判断基準になる

●使用目的で選び方が違う

○ツーリング

○スポーツ走行

○ストリートユース

○季節

初心者はヘルメットの安全性をよく考えて選ぼう。

(安いものに飛び付かないことが重要

以上の内容でした。

 

 

【関連記事】バイク用品の記事

\バイク用品についての記事をチェック/
バイク用品INDEX

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET 欲しいバイクを探す【登録無料】/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込む大人のバイクには、レトロでカジュアルなセンスある大人のバイクファッションを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種のおすすめ これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめ250ccバイクランキング8選 初心者向けを徹底比較バイク初心者におすすめの国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...

キャンプツーリング

>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
キャンプツーリングの持ち物 使える便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイク買取のコツ 高く売る方法と買取交渉について【体験談】バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?口コミから考える買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクのアパートでの保管について解説...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックは必要バイクの盗難は2度と経験したくない。 最強のバイクロックと対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告) 二郎系ラーメンの宅配

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です