オートバイライフ

タンデム旅行の荷物 最強の積載方法とおすすめバッグ20選

タンデムで旅行(ロングツーリング)は楽しいものです。

北海道タンデムロングツーリングなんて最高です。

ツーリング中でも話し相手がいる。バイクは孤独な乗り物ですが、一気に
楽しさが広がりますね。

そこで問題なのがタンデムの荷物の問題です。

ただでさえ荷物がたくさん積めないバイクで、
旅行をタンデムでできるのか気になりますよね。

1週間以上のタンデムのロングツーリングを経験してきた私から、荷物の積載方法についてアドバイスいたします。

荷物を積むためのバッグ類は必要になりますが、無理なく快適に旅を始められる方法がわかります。

(タンデムキャンプツーリングだってできますよ)

この記事はこんな方向け

●はじめてタンデム旅行を始める方

●タンデムでの荷物の上手な積載方法が知りたい

●たくさん荷物をバイクに積めるバッグが欲しい方

おすすめの積載方法3種とおすすめ品をご紹介します。

最後まで読んでみてください。 これでタンデム旅行の不安がなくなりますよ。

タンデムでの荷物の積載方法は対策が必要

タンデムでのもつを積むのには対策が必要
タンデムの場合、一番荷物の積みやすい、タンデムシート部分に荷物が積めません。

それが大きな問題点です。 そのため、リアシート以外に荷物を積む工夫をしなければなりません。

旅行(ロングツーリング)には、数泊分の2人分の荷物を積むのですから

普通のやり方では無理なんですね。

タンデマー(同乗者)も快適でないと失敗します

これから、具体的な方法をお話ししますが、 タンデム旅行の場合、

長時間バイクに乗ることになります。しかも何日もです。

ライダーはまだ良いとしても、タンデマー(同乗者)が快適にリアシートに
座れないと旅行を続けるのも辛くなるはずです。

まして、同乗者(奥様やGF)はバイクに乗り慣れていない人かもしれません。

バイクの後部座席が荷物で窮屈だったり、荷物を背中に背負っていく発想では
疲れてしまって途中で旅をやめたいなんてことにもなりかねません。

タンデムの荷物の積載で同乗者が辛い思いをすることになったらそれは、失敗ということになります。

ライダーも同乗者も負担にならない積載方法が必要なんですね。

タンデムでも荷物の積載を確保する方法

タンデムのための積載グッズは、大まかにいって3種類です。

●リアボックス(トップケース)
●サイドバッグ(サイドボックス)
●タンクバッグ(大型タイプ)

この3点で積載グッズを吟味するのです。

リュックを背負うというのは、先ほども触れましたが、窮屈で疲労の原因になるだけで、おすすめできません。

長時間の走行には、基本的に何も体には身につけないことです。

タンデム荷物の積載グッズ リアボックス(トップケース)

タンデム旅行ではリアボックスは必須
リアボックスというのは、バイクのリアシートの後ろに取り付ける箱ということ。

樹脂製やアルミ製のハードタイプで、大容量の荷物が完全防水で収納できます。

取り付け取り外しがワンタッチのものもあり、

バイクを降りたらスーツケースのように持ち運べる取手がついたものがほとんどです。

とにかく荷物がたくさん入って便利です。

リアボックスには荷掛け用のステーがあるものもあって、

上に荷物をくくりつけやすいものもあります。

もう一つのメリットは、同乗者の後ろに装着するため、同乗者の背もたれになる点。

有ると無いとでは、同乗者の快適さに雲泥の差が出ます。

背もたれパットがついているものもあり、まるで応接シートに座っているほど快適になります。

リアボックスはタンデムの場合の必須品と考えましょう。

ただし、小型バイクにあまり大型のものを装着するとバイクのバランスが後ろにいきすぎてライディングしにくくなる場合があります。

タンデム荷物の積載グッズ サイドバッグ

タンデム旅行ではサイドバッグがおすすめ
バイクの左右に振り分けて使うものです。

これも樹脂製のハードタイプの固定式と、取り外しができる手軽なタイプがあります。

固定式のハードタイプは専用のステーも必要になり高額品です。

サイドバッグは手軽ではありませんでしたが、今はタンデムしても邪魔にならない

手軽なもので良い製品があります。 取り外しも簡単なものもあり便利です。

注意点としては、バイクの横幅が広くなること  大容量のサイドバッグの場合、

バイクの横幅がどれくらいになるかよく考えて選びましょう。

タンデム荷物の積載グッズ 大型タンクバッグ

タンデム旅行ではタンクバッグは大容量タイプを活用する
タンクバッグをツーリングで使っている方は多いと思います。

通常のサイズのタンクバッグは10L程度で、あまり多くの荷物は入りません。

バイクの車種やハンドル形状にもよりますが、ハンドルを切った時にバッグに当たらない
大きさのなるべく大容量のタンクバッグはおすすめです。

かなり、荷物が入ります。 荷物の増減によって大きさが変えられる可変式は
応用範囲が広く便利に使えます。

25L(フルフェイスヘルメットが余裕で収まるサイズ)
のものあります。  大容量のタンクバッグは活用すべきです。

注意点は、取り付け方法で、マグネットは手軽ですが、鉄製タンクでない場合は吸盤式かストラップ式を選びます。

タンデム荷物の車種別積載方法について

バイクの車種別の積載方法について簡単に説明します。

●ネイキッドタイプ(ハンドル位置が高く幅広のバイク)

●SSタイプ(ハンドル位置の狭く低いタイプ)

●アメリカンクルーザータイプ

●アドベンチャータイプ

ネイキッドバイクの積載方法

ハンドル幅の広いネイキッドバイクは積載に大型タンクバッグを活用します。

リアキャリアがないタイプはリアボックスを取り付けるための土台になる、

リアキャリアが必要です。

●大型タンクバッグ
●大型リアボックス
●(リアキャリア)
●サイドバッグ

スーパースポーツタイプの積載方法

スーパースポーツタイプの場合タンクバッグは大型にできません。

また、リアボックスを装着するベースとなる リアキャリアが必要になります。

SSタイプには大型リアボックスを取り付けるためにリアキャリアをまず入手
(バイクメーカー純正品にはまずありません)

●大型リアボックス
●リアキャリア
●サイドバッグ
●防水バッグ (リアボックスの上に乗せて容量確保)

SS用のリアキャリアを探しましょう。

純正品にはないリアキャリア、あなたの愛車専用のリアキャリアを探すのです。

タンデム旅行にはリアキャリアは必須

下記リンク(楽天)でSS用バイク用のリアキャリアが探せます
(楽天には、豊富にSS用リアキャリアがありますよ)

リアキャリアを探す(楽天)

●●楽天でSS用のリアキャリアを見つれる

HONDA車 SSリアキャリア リンク

HONDA SS用リアキャリア

YAMAHA車

YAMAHA SS用リアキャリア

SUZUKI車

SUZUKI SS用リアキャリア

KAWASAKI車

KAWASAKI SS用リアキャリア

 

※SSで荷物も積むために書いた記事があります。(タンデムについても書いています)
【参考記事】SSでもキャンプツーリングができる

SSでもキャンプツーリングができる カッコよく積載する方法SSでもキャンプツーリングができる サイドバッグとシートバッグのカッコいい組み合わせで積載量を確保し旅仕様に。...

アメリカンタイプの積載方法

アメリカンタイプにも大型のタンクバッグはつけられない場合があります。

アメリカンバイク専用のサドルバッグ(サドルバッグ)がありますが、
タンデムできるものになると限定されてしまいます。
(バッグがタンデムステップを隠してしまうため)

荷物のことを考えると、大型リアボックスの上に防水バッグを取り付ける方法も

選択しましょう。

●大型リアボックス
●(リアキャリア)
●大型リアボックス
●サドルバッグ左右
●防水バッグ(リアボックスの上に乗せて容量確保)

アドベンチャーバイクの積載方法

アドベンチャーバイクは荷物の積載に向いているバイクです。

タンクバッグも大型にしやすく、サイドバッグ・リアボックスもつけやすい。

リアキャリアも標準装備されていれば準備しやすいバイクです。

●大型タンクバッグ
●サイドバッグ(サイドケース)
●大型リアボックス

おすすめ品の紹介

効果的な積載方法と注意点がわかったところで、

タンデム旅行の必須積載グッズ3点について商品紹介に入ります。

車種によっては、適応しない場合もありますので、詳細は商品ページにて確認しましょう。

リアボックス

リアボックスは大きく分けて2タイプあります。

●丸型(楕円)樹脂製
●角型金属製
(一部例外もあります →角型樹脂製)

オンロードバイクには丸型樹脂製が一般的ですが、

角型の荷物を上に乗せやすいものの方が便利だと思います。

角型ステー付きボックスはアドベンチャーバイク専用のようですが、

実用面を考えたらオンロードバイクでも良いと思いますよ。

GIVI リアボックス 43L

角型で有名ブランドGIVIのリアボックスとしてはリーズナブルな価格

この製品はリアボックスの人気ナンバーワンになっています。

以前は、荷物固定ネット付きタイプや、荷掛けステーなどのバリエーションがあったのですが、今はこのノーマリタイプのみのようです。

少し、残念ですが、これでもよく品切れしています。

あるときを見つけたら即ゲットしたほうが良いでしょう。

価格は16000円程です。

●このGIVIは”モノロック”式でリアキャリアに取り付けるためのベース付きです。

GIVI製リアボックスには2タイプあり、耐荷重が違います。

 

◆GIVIのリアボックスについて詳しく解説した記事があります。

気になる方はチェックしてみてください。 よくわかりますよ。

 

【参考記事】GIVIのリアボックスの比較記事

バイクの荷物をどうする? おすすめのGIVIのリアボックス徹底比較バイクの荷物が多い場合、リアボックスを考えましょう。GIVIがやはりおすすめです。どう選ぶ?モノキー・モノロックの違いは?おすすめ品の紹介...

●おすすめ品の商品リンク

リアボックス アルミ製角型 45L ブラック

アドベンチャーバイクにつけてかっこいい角型金属製リアボックス。

堅牢で無骨で機能的なデザインが人気です。 オンロードバイクにだって

似合うと思います。   有名な本家のGIVI製品は高品質で高評価ですが、

デメリットとしては価格が高いこと。

似た機能で似たデザインの廉価品もあります。

これでも十分役に立ちます。細かいところで差はありますが、

中華系のリアボックスのおすすめ品です。(ブラック)

価格は20000円程 取り付けベース付きでお得です。

リアボックス アルミ製各柄 45L シルバー

同じく、シルバー(アルミ製)のおすすめ品です。

価格は20000円程

SHAD リアボックス 40L

丸型樹脂製のリアボックスですが、荷物を上に固定しらすいデザインです。

イタリアの有名ブランド品ですので安心です。

価格は14000円程

GIVI トレッカーアウトバック 42L

本家のGIVIのアドベンチャーバイク用のリアボックスの大容量タイプ

本物が欲しければ、これでしょう。 品質面で評価が高く品切れ気味の人気製品です。

取り付けには専用ベースが別途必要です。

GIVI モノキーベース(専用ベース)

この角型ならば、このボックスに上にバッグを固定することは簡単です。

荷物掛け用のステーがあり機能的、欲しいリアボックスですね。

価格は52000円程

●GIVI専用 リアボックスのモノキーベース
GIVI モノキーベース

GIVI リアボックス 46L

先に紹介したGIVIの改良型モデル  デザインがシンプルなタイプ。

これならどんなバイクにも似合いそうです。

容量が4L増え軽量化されました。

価格は46000円程

●GIVI専用リアボックスモノキーベース

GIVI モノキーベース

サイドバッグ

サイドバックは、アメリカンバイク用と その他用に分けて考えます。

デザイン面での違いが理由ですが、ここでは車種を限定せず、評価の高い製品を

取り上げていきます。

 

タナックス ツアーシャルケース2 40L

サイドバッグとしては一番おすすめできる製品です。

価格は少し高いのですが、角型サイドボックスに比べれば雰囲気はそのままにリーズナブル

ハードタイプで 巻き込み防止のステーも不要です。

容量はたっぷり40L   どんなバイクにもフィットするデザイン

価格は22000円程

 

ROCKBROS サイドバッグ 62L

ソフトタイプの角型大容量タイプ  ロールアップ式の完全防水バッグです。

ハードタイプではないので耐久性は高くないと思いますが、耐荷重は60kg

価格が9800円程とリーズナブル

 

ヘンリービギンズ サイドバッグ 32L

スポーツバイクに似合う流線形フォルム  かっこいいサイドバッグです。

巻き込み防止ステーは不要 価格は14000円程

タナックス マルチフィットサイドバッグGT 31L

可変式の31Lタイプ 巻き込み防止ステー不要でバッグがあまり横に

張り出さない工夫がされている人気商品

価格は12000円程

 

タナックス カービングシェルケース 32L

最もかっこいいサイドバッグだと思います。 ハードシェルタイプで

SSバイクにはピッタリ  価格は33000円程

サドルバッグ アメリカン用

アメリカンバイクにピッタリの廉価品を一つ取り上げます。

革製でないため防水性も高く実用品 ネイキッドバイクにも似合う汎用タイプ

サドルバッグは、アメリカンバイク専用の設計のものも数多くありますが、

実用面を考えたらこれで十分だと思います。

価格は7000円程

 

●こだわりのアメリカンバイク向けサドルバッグが気になる場合は、サドルバッグを

集めた記事があります。気になる方は読んでみてください。

【関連記事】旧車・クラシックバイクに合うサドルバッグの記事

クラシック・旧車バイクに似合うおすすめサイドバッグ(サドルバッグ)15選クラシックテイストの旧車風バイクに似合うバイカーバッグの15選 おしゃれにカッコよくバイクを仕立てる...

 

●おすすめ商品のリンク

大型(大容量)タンクバッグ

大容量(20L以上)のタンクバッグは あまりバリエーションがなく、なかなな探せないのですが、

可変式で容量が変化し、それに伴いバッグの大きさも変わる大容量タイプは、

気軽な日帰りツーリングにも使える万能選手だと思います。

タンクバッグを買うなら、取り付け可能なら、大容量タイプを選びべきだと考えます。

タナックス ラリータンクバッグ 21L

アドベンチャーバイク用の大容量タンクバッグですが、大型ネイキッドバイクにも

装着可能のようで評価が高い製品です。 容量は可変式

取り付け方法は、強力な吸盤で固定

価格は10000円程

MENAT 2WAY タンクバッグ

2WAY大容量タンクバッグの人気商品です。 最近価格が変動し

少し高くなったのが残念ですが、選ぶべき製品の一つです。

取り付け方法はマグネット式

価格は11000円程

GIVI タンクバッグ 25L

取り付け方法はマグネット式 可変式の2WAYタイプ

バイク用バッグのトップブランドGIVIでも大容量タンクバッグはあります。

価格は11000円程

GIVI タンクロック

GIVIは積載グッズメーカーのこだわりのメーカーです。

価格的に廉価品が基本的にありません。 このタイプは、タンクへの取り付け

取り外しを合理的に考えた製品で、専用ベースでタンクを固定します。

タンクとバッグが接触して擦れて傷がつくことのない取り付け方法を採用

先進的なグッズです。(取り付けには車種別アタッチメントが必要です)


機能的大容量タンクバッグ 本体価格は16000円程

●タンクロック車種別アタッチメント

GIVIタンクロック アタッチメント

タンクバッグ 23L

大容量タンクバッグでもリーズナブルな製品がありました。

マグネット4箇所のためしっかりと固定できるでしょう。

容量は明記されていませんが20L以上の容量はあると思われます。

価格は6500円程 タンクバッグの機能はきっちり揃っていますよ。

タンクバッグ 迷彩柄

大容量バッグでも珍しい迷彩柄があります。

有名メーカー品ではありませんが、タンクバッグの機能はきちっと備えています。

取り付け方法はマグネット式  左右各一個のマグネットという点で

吸着能力が少し心配です。 デザインが気に入ればこれもアリとは思える

大容量タイプ  価格は10000円程

防水バッグ

タンクバッグ・リアボックス・サイドケース(サドルバッグ)を取り付けても

まだ荷物が入り切らない場合、防水バッグをリアボックスの上に取り付ける必要があります。

防水で荷物の量に応じてフレキシブルに使えるソフトタイプの防水バッグが便利です。

バイクを降りれば、ショルダーバッグになるものなど使えるものを紹介します。

しっかりと、リアボックスに取り付けましょう。

防水バッグは、数千円と比較的手軽なもののおすすめ品があります。

ドッペルギャンガー ターポリンデイパック 20L

防水性・耐摩耗性に強いターポリン素材のロールアップ式デイパック

バイク用防止バッグとして人気ナンバーワン製品です。

価格は3600円程とリーズナブル

キャリアバッグ 多機能 35L

アウトドアユースを前提に作られた多機能ショルダーバッグですが、

完全防水でバイクツーリングに使用する方も多いようです。

ロールアップ式 価格は5800円程

ヘンリービギンズ シートバッグ 60L

ロールアップ式で防水性と耐摩耗性に強いターポリン素材のシートバッグ

ですが、フレキシブルに使えるバッグとして評価の高い製品です。

60Lサイズ以外に30Lサイズもあります。

価格は5600円程

●バッグを固定するためのストラップの優れもの

タンデム旅行では荷物だけでなくタンデマーの安全や快適性を確保することも忘れずに

タンデムでも長時間の走行を考えると、先ほども触れましたが、荷物を積んでも同乗者が

快適でないといけません。

同乗者用の快適グッズがあると安心で、安全が確保できます。

どんなものが必要なのかというと

●タンデム用のつかまりベルト(安全確保)

●補助シート(お尻の蒸れや痛さ対策)

●インカム(走行中での会話)

必ず必要というわけではありませんが、同乗者への配慮として、あると便利で喜ばれるでしょう。

タンデムの便利グッズについて解説した記事があります。 参考になりますよ。

【参考記事】タンデムを快適にする便利グッズ

タンデムツーリング便利グッズ 6種のおすすめ これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

荷物の積載グッズを駆使すればロンツーもタンデムキャンプも可能

紹介してきました3種の各種積載グッズの個別の記事もありますので、

気になる方は、ぜひ チェックしてみてくださいませ♪

商品紹介も多数あります。

□おすすめの積載グッズの記事一覧

リアボックス

(●リアボックスGIVI製品

サイドバッグ一般的なサイドバッグの記事

サドルバッグアメリカンタイプ用がメインの記事

タンクバッグ大容量タイプを集めた記事

 

【関連記事】バイクのタンデム関係の記事 

タンデムツーリングに関しては様々な記事がこのサイト内でありますよ。

気になる記事をチェックしていてみてください。役に立ちますよ。

 

◆タンデムに関する役立つ記事一覧

ツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適に

タンデムツーリングでキャンプを始めよう 装備を10万円で揃える

キャンプツーリングの積載 ソロ・タンデムに適した最強の対策

人気の250cc4車種で荷物を最大化しタンデムもキャンプもする方法

 

タンデム旅行の荷物 最強のおすすめバッグ20選  まとめ

まとめ

タンデムでの旅行について 不安な積載方法についての解説

●タンデムの荷物の積載に必要なこと
○積載のためのグッズを揃える
リアボックス
サイドバッグ
大型タンクバッグ
(リアキャリア・防止バッグ・荷物固定ストラップ)

○同乗者を快適にすること
体に荷物をつけないこと(✖️リュック)

●車種別積載対策について

●各種積載グッズの紹介(20種)

●タンデムを快適にするその他グッズ

●タンデムについての関連記事紹介

以上の内容でした。

老ライダー
老ライダー

最後までお読みいただきありがとうございます♪

その他のバイク関連用品の記事も

ぜひチェックしてみてくださいね♪

【関連記事】

バイク用品の記事をチェック

\バイク用品についての記事をチェック/
バイク用品INDEX

バイク記事一覧roriderblog

\楽天で探す/

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

\amazonで探す/

\ZUTTO RIDE MARKET 欲しいバイクを探す【登録無料】/

 

●バイク保険に入っておこう●

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!
<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ

【カテゴリー別記事一覧】

バイク用品

>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク用便利グッズ 買って良かったと思うはず。快適おすすめ20選ツーリングを快適にするには、疲労軽減とストレスフリーを考える事が重要です。 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ20選を紹介します。...
普段着でバイクに乗りたい。その悩み 最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込む大人のバイクには、レトロでカジュアルなセンスある大人のバイクファッションを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘル 開放感が最高 機能性とおしゃれなおすすめ15選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した15選...
システムヘルメットのおすすめ10種 便利で機能的2wayでも使えちゃう機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品10選 2WAYタイプが特におすすめです。...

 

オートバイライフ

>>INDEX一覧

【人気の記事】

スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング便利グッズ 6種のおすすめ これでタンデムの不安解消!タンデム(2人乗り)でバイクライフ を楽しむための便利グッズの提案 最低限必要なバイクのタンデムツーロングを快適にする商品の紹介記事...

オートバイ知識

>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクのおすすめ人気ランキング40選(大型〜250)ネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
おすすめ250ccバイクランキング8選 初心者向けを徹底比較バイク初心者におすすめの国産250cc8車種の紹介と比較ランキング一覧...

キャンプツーリング

>>INDEX一覧

【おすすめピックアップ記事】

バイクでキャンプツーリング テント選びとおすすめの始め方バイクのキャンプツーリングを始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント11種の紹介...
キャンプツーリングの持ち物 使える便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
バイクに合うキャンプの始め方 道具一式を上手に揃えるコツと予算バイクでキャンプの旅の始め方 道具一式をコンパクトに上手に揃えるコツと予算を解説...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...

バイクを高く売る

>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイク買取のコツ 高く売る方法と買取交渉について【体験談】バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?口コミから考える買取成功のコツと方法 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

バイク保管・盗難防止

>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクの盗難対策と泣き寝入りしない保管方法 【アパート編】大切なバイク(愛車)を守るための盗難対策と窃盗団の手口を解説。同時にバイクのアパートでの保管について解説...
バイクロック 盗難防止の最強対策はこれです。最強ロックは必要バイクの盗難は2度と経験したくない。 最強のバイクロックと対策を解説...
バイクのガレージハウスを手軽に作る方法。盗難防止と自由空間の実現バイクの保管・盗難対策にバイクガレージ は必要ですが、バイクに乗っていない時も楽しめる、書斎や作業スペースとして使える移住空間を手軽に作る方法の解説です。...

【番外編】     バイク雑談

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るプレゼント バイク好きが選ぶ喜ばれるおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品12選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...

 

かっこいい大型バイク 外車の個性ある30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力あるすごいバイク30選...

カスタム

>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

 

(広告) 二郎系ラーメンの宅配

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です