記事内にはアフィリエイト広告を使用している場合があります。

バイク用品

フルフェイス軽量ランキング とにかく軽い最軽量フルフェイスがわかる

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

バイクに乗り慣れてくると、軽いヘルメットにこだわりだしますね。

 

なんといっても長時間かぶっていても疲れません。

特にフルフェイスは顔全体を保護してくれるので重いのは仕方がないのですが、

なるべく軽いヘルメットで優秀なものはないか?バイク乗りなら誰でも思うはず。

 

どんなフルフェイスが軽いのでしょうか?

結論から言ってしまうと、カーボン製のヘルメットが最軽量なのですが、

最新のカーボンヘルメットは価格も高いので一概にカーボン一択というわけには

いかないですよね。

 

あなたにとって理想的な軽い最適なヘルメットを探してみてください。

有名メーカーの国産・海外製のフルフェイスの軽量ランキングを作りました。

重量以外の詳細も記載していますので、ヘルメット選びの役に立つはずです。

フルフェイス 軽量なフルフェイスはどんなヘルメットなのか?

軽量なバイク用フルフェイスはどんなヘルメットなのかというと

先ほども少し触れましたが、間違いなくカーボン製ヘルメットです。

カーボン製ヘルメットのカーボンにも色々なタイプがありますが、

基本的に、ハイグレードのヘルメットの素材である、FRP(ファイバー製)

よりも軽量です。

平均的なフルフェイスの重量 1,500g〜2,000g
軽いフルフェイスの重量   1,200g〜1,400g

とりあえず、とにかく軽いヘルメットという方は

カーボンヘルメットのランキングをみれば最軽量ヘルメットがわかります。

フルフェイスのランキングも作っています。
手頃な価格のカーボンヘルメットがあるのです。

【参考記事】バイクのカーボンヘルメットの重量比較とランキング 日本製はどう?

バイクのカーボンヘルメットの重量比較とおすすめ品 日本製はどう?バイクのカーボンヘルメットの重量比較とランキング 国内・海外メーカーのおすすめ品をピックアップ 重量・価格・機能性で考えたランキング(フルフェイス。ジェットヘル別に解説)...

 

さて、重量面ではカーボン製ヘルメットが圧倒的に軽量なのですが、

その他の軽いヘルメットについて考えていきましょう。

最新のヘルメットはカーボン製ヘルメットに負けずに軽量なものもあるのです。

最軽量フルフェイス 軽量なヘルメットの特徴

軽いフルフェイスの特徴
最軽量のフルフェイスの特徴はどうなのか?

また、軽量に作れる理由について考えて行きます。

ヘルメット帽体の素材

ヘルメットの帽体の素材は3タイプ

●樹脂(ABS・PC)
●ファイバー(FRP)
●カーボン(CFRP)

素材の特徴としては

●樹脂(ABS・ポリカーボネート)

一般的ヘルメットに使用されるコストの安い素材
ABSよりポリカーボネート(PC)の方が耐久性が高い

熱(摩擦)に弱いが軽量

●ファイバー(FRP)

ガラス繊維を内蔵した樹脂ヘルメット

軽量で熱(摩擦)に強く耐久性あり

●カーボン(CFRP)

ファイバーよりも軽量で同機能

製法によっては、ファイバーよりも強度が高く耐久性も高い

基本的に軽いヘルメットは、ファイバー製もしくはカーボン製です。

ヘルメットの強度も軽量順

ヘルメット素材の強度は

一般的に カーボン>ファイバー>樹脂 の順

また、素材の違いで重量に差が出ると考えて良いのです。

重量もカーボン>ファイバー>樹脂 の順に軽量です。

 

強度面を気にするならカーボンかファイバー製を選ぶことになります。

特にカーボンはMOTOGPなどの採用されている軽量で最強強度の素材です。

ヘルメットの内装

内装が薄ければ、軽いヘルメットになり重量に影響します。

そのため、最軽量素材のカーボン製ヘルメットと

内装のしっかりした高機能ファイバー製ヘルメットとは、

差がない場合もあります。

ヘルメットの機能オプション

ベンチレーションや、インナーバイザーなどの機能性の高いフルフェイスは、

色々なパーツが追加されているため、多少重くなる場合があります。

インナーバイザー付きのヘルメットで軽量なヘルメットは、

優秀なヘルメットだと思って間違いありません。

メーカー別軽量フルフェイス 日本製

日本のヘルメットメーカーの大手3社と比較的軽量なヘルメットのあるメーカー

をリストアップしてみます。

素材と重量についてみてください。

Araiの最軽量フルフェイス

(動画引用元 ARAI

Araiのヘルメットは、重量面での軽量化についてより

安全性を重視しているため、

最軽量クラスのフルフェイスのラインアップとはいえません。

 

ARAIのフルフェイスのラインアップ

EX-7X     1,642g

アストロGX  1,540g

ラパイドネオ  1,520g

XD      1,620g

※ヘルメットは個体によって多少の誤差もあります。

Araiの最軽量のフルフェイスは、

RAPAIDO NEO 1,520gが最軽量のフルフェイスです。

クラシカルなフォルムですが、中身は最新、

Araiで軽いフルフェイスが欲しければこれですね。

ベンチレーションも優秀で口元の広さが良いのです。

 

品名ラパイド・ネオ
重量1,520g
素材ファイバー製
強度規格SNELL・JIS規格
機能ベンチレーション
価格58,000円ほど

SHOEIの最軽量フルフェイス

フルフェイス軽量ランキング SHOEI

(画像引用元 SHOEI

SHOEIヘルメットは本格的なヘルメットであり、

なおかつ重量面でも軽量化されたヘルメットで、

基本カーボン製ではありませんが軽量です。

SHOEI フルフェイスのラインアップ

XーFIFTEEN  1,447g

GT ーAIR2  1,521g

GLAMSTER    1,291g

Z-8      1,331g

OPTICSON  1,786g

EX-ZERO   1,180g

SHOEIの最軽量のフルフェイス

EX-ZERO 1,180g

シンプルでオールドオフロードタイプでは人気No. 1

品名EX-ZERO
重量1,180g
素材ファイバー製
強度規格JIS規格
機能ショートバイザー式
価格60,000円ほど

GLAMSTER  1,291g

クラシカルなフォルム

品名GLAMSTER
重量1,291g
素材ファイバー製
強度規格JIS規格
機能ピンロックシールド・ベンチレーション
価格70,000円ほど

Z-8  1,331g

モダンデザイン

品名Z-8
重量1,331g
素材ファイバー製
強度規格JIS規格
機能ピンロックシールド・ベンチレーション
価格70,000円ほど

OGK KABUTOの最軽量フルフェイス

(動画引用元 OGK KABUTO

OGK KABUTOもそれほど軽いヘルメットではありませんが、

以前よりも軽量化しています。

ファイバー製フルフェイスはあまりありません。

 

OGK KABUTOのフルフェイスラインアップ

F-17       1,721g

AEROBLADE-6  1,380g

KAMUI3     1,600g

SHUMA      1,519g

OGKカブトの最軽量のフルフェイス

AERO BLADE−6 1,380g

樹脂製ですが軽量、価格面を考えれば納得ですね。

品名AERO BLADE−6
重量1,380g
素材樹脂製(ポリカーボネート)
強度規格JIS規格
機能ベンチレーション・ピンロックシールド対応
価格32,000円ほど

ZENITH(YAMAHA)の最軽量フルフェイス

ZENITHのヘルメットは軽量とはいえないヘルメットですが

一応紹介しておきます。

フルフェイスの最軽量は
YF-1C ロールバーン  2,000g

むしろ、重いフルフェイスですね。

リード工業の最軽量フルフェイス

フルフェイス軽量ランキング リード工業
(画像引用元 リード工業

リード工業のヘルメットは樹脂製ヘルメットがほとんどですが、

シンプルな構造のヘルメットのため、比較的軽量といえます。

中でも、オールドオフローダタイプのRUDEが最軽量です。

RX-300R      1,400g

RX-200R       1,400g

RUDE        1,250g

STRAX SF-12   1,500g

MODELLO     1,500g

リード工業の最軽量フルフェイスは

オールドオフローダータイプの

RUDE が 1250g と最軽量

(注)サイズはフリーサイズのみ(57〜60cm)

 

品名RUDE
重量1,250g
素材樹脂製(ABS)
強度規格SG規格
機能ゴーグル付き
価格11,000円ほど

リード工業のヘルメットの詳細記事

WINSの最軽量フルフェイス

(動画引用元 WINS JAPAN)

WINSのフルフェイスはカーボン製が特に注目です。

軽量で強度の高いドライカーボン製法で軽量です。

カーボン製の割には価格が安いのです。

A ーFORCE RS  1,380g

品名A-FORCE RS TYPEーC
重量1,380g
素材ドライカーボン製
強度規格SG規格
機能インナーバイザー・ベンチレーション
価格45,000円ほど

 

カーボンで軽量なWINSヘルメットの詳細記事があります。

ウィンズヘルメットの評判とサイズ感 ジェットとフルフェイスの目から鱗の軽量カーボン日本のカーボンヘルメットといえばWINS(ウィンズ) ウィンズヘルメットの評判と人気の4機種解説 ウィンズヘルメットは目から鱗のカーボンヘルメットがありおすすめです。...

コミネの最軽量フルフェイス

コミネのフルフェイス一種のみ

樹脂製のため軽さはありません。

標準的なフルフェイスの重さですね。

HK-170Fl は1,600g

コミネヘルメットの評判の記事

TT&COの最軽量フルフェイス

フルフェイス軽量ランキング TT&CO
(画像引用元 TT&CO

TT&COのフルフェイスはオールドオフロードスタイルが軽量です。

帽体の小さなヘルメットなので軽量

オールドオフロードタイプなので内装もシンプルなので軽量です。

トゥカッター 1,200g

品名トゥカッター
重量1,200g
素材未発表
強度規格DOT規格
機能バイザーを付ける、外すで2WAYに
価格28,000円ほど

TT&COヘルメットの詳細記事があります。

GODBLINCの最軽量フルフェイス

フルファイス軽量ランキング ゴッドブリンク
(画像引用元 GODBLINC

ゴットブリンクはカーボン製ヘルメット(ZEALOT)が注目です。

価格が安く軽量なカーボン製ヘルメット(ウェットカーボン)と

ファイバーの組み合わせのハイブリット構造

価格の安さに注目です。

ゴッドブリンクは新興メーカーですが、オフロードヘルメットでは
MFJ規格を取得してるしっかりしたメーカーです。

BULL RAIDER2  1,400g

NV ROADRACER 2 1,200g

ゴッドブリンクの最軽量フルフェイスはタイプの違う2つ

BULL RAIDER2 1,400g

最新の機能性ヘルメットで軽量で安い、

ヘルメットデザインもエッジがきいていて

一流品と変わりません。

軽さとカーボンの光沢、かっこよく個性が出せます。

品名BULL RAIDER2
重量1,400g
素材カーボン・ファイバー混合体
強度規格SG規格
機能インナーバイザー・ベンチレーション
価格38,000円dほど

NV ROADRACER21,200g

いわゆるシンプルな族ヘルタイプですが、

カーボンでフルフェイスでは最軽量という大きなメリットがあります。

品名NV ROADRACER2
重量1,200g
素材カーボン・ファイバー混合体
強度規格SG規格
機能内装取り外し可
価格40,000円ほど

ゴットブリンクヘルメットが気になる方は読んでみてください。

ゴッドブリンクのZEALOTヘルメットの詳細記事

ZEALOTヘルメットの評判 カーボンヘルメットの生産国や安全性についてZEALOTヘルメットの評判 カーボン製ロードタイプのヘルメット3種の詳細記事 日本規格のヘルメットは果たして買うべきヘルメットなのかを検証...

海外メーカー別軽量フルフェイス

軽量なフルフェイスのある海外メーカーです。

軽量タイプのヘルメットはカーボン製です。

SIMPSONの最軽量フルフェイス

フルフェイス軽量ランキング シンプソン
(画像引用元 SIMPSON

シンプソン(SIMPSON)は全てファイバー製ヘルメットですが、

カーボン製ヘルメットもあります。

最軽量クラスです。

M30 CARBON 1,230g

品名M30 CARBON
重量1,230g
素材カーボン製
強度規格SG規格
機能フリーストップバイザー機能
価格100,000円ほど

SIMPSONのヘルメットが気になる方は読んでみてください。

SIMPSONヘルメットの詳細記事

シンプソンヘルメットはどうなの? 選び方は日本人仕様タイプがおすすめ シンプソンヘルメットはどうなの?カッコいいが多少問題あり 選ぶなら日本人仕様タイプがおすすめ 各機種の紹介...

BELLの最軽量フルフェイス

フルフェイス軽量ランキング BALL
(画像引用元 BELL)

BELLのレトロヘルメットのBULLITTは、

全てファイバー製ヘルメットですが、

カーボン製ヘルメットもあります。
(カーボン製は1,350gとさほど変わりません)

日本ではこのタイプのBELLフルフェイスが売れています。

BELL BULLITT 1,400g

品名BELL BULLITT
重量1,400g
素材ファイバー製
強度規格DOT・ECE規格
機能ベンチレーション・内装本革製
価格90,000円ほど

BELLのレトロフルフェイスは気になる方は読んでみてください。

BELL BULLITTの詳細記事

バイクヘルメット ベルは日本人でも被れるのか?サイズ感や選び方を解説バイクヘルメット ベル(BELL)は日本人でも被れるのか?サイズ感や選び方を解説 おすすめ品を紹介...

ASTONEの最軽量フルフェイス

フルフェイス軽量ランキング アストン
(画像引用元 ハトヤ

メジャーブランドではありませんが、アストンは

価格が安いカーボン製ヘルメットがあります。

ウェットカーボン製ですがグラフィックタイプもあります。

GT1000ーF 1,250g

革命的に低価格の軽量カーボンヘルメットです。

ASTONEは自社でデザイン・設計・製造を手がけるため
低価格を実現している大手ヘルメットのOEMメーカー

品名GT-1000F
重量1,250g
素材カーボン製
強度規格SG規格
機能インナーバイザー・ベンチレーション
価格27,000円ほど

価格の安いASTONEヘルメットが気になる方は詳細記事があります。

ASTONEヘルメットの詳細記事

アストンヘルメットはおすすめ 評価の高いおしゃれなカーボン製は最強のコスパヘルメットアストンヘルメットはおすすめできるヘルメット 評価の高いおしゃれなカーボン製は最強のコスパヘルメットで3万円で手に入る...

AGVの最軽量フルフェイス

フルフェイス軽量ランキング AGV
(画像引用元 ダイネーゼ

AGVはカーボン製ヘルメットが3種

K-6はドライカーボン製のヘルメット

AGVの最軽量ヘルメット

K-6 1,350g

軽量、上位機種のカーボンヘルメット

ツーリング用では最高峰です。

 

品名AGV K-6
重量1,350g
素材ドライカーボン製
強度規格SG規格
機能ベンチレーション・ピンロックシールド
価格80,000円ほど

 

AGVヘルメットが気になる方は 詳細記事があります。
Kシリーズか人気で比較的軽量なフルフェイスです。

AGVヘルメットのおすすめは? K1 k3 K5 の違いとサイズ感の解説AGVヘルメットのK1 k3 K5  ジェットのサイズ感と特徴の解説 AGVヘルメットのおすすめがわかる。似合うバイクや口コミについても解説...

XーLITE (NOLAN)の最軽量フルフェイス

フルファイス0両ランキング NOLAN
(画像引用元 NOLAN

MFJ公認の最強強度のモータースポーツ向きカーボン製ヘルメット

は軽量です。

ハイスペックカーボンヘルメットですが10万円で手に入ります。

強度の高いドランカーボン製フルフェイスでは破格の価格です。
(他のモータースポーツ用カーボンは20万円以上)

X-LITE X-803(RS)  1,300g

品名XーLITE X-803(RS)
重量1,300g
素材ドライカーボン製
強度規格MFJ・SG規格
機能ピンロックシールド・ベンチレーション
価格100,000円ほど

PREMIERの最軽量フルフェイス

フルフェイス軽量ランキング プレミア
イタリアのPREMIERはカーボンヘルメットとして注目です。

カーボンとファイバーの複合体ヘルメットがあります。
(最軽量のドライカーボン製ヘルメットも作っているメーカーです。)

ゴツいイメージのフルフェイスですが軽量なのです

TROPHY CARBON NX 1,300g

品名TROPHY CARBON
重量1,300g
素材カーボン・ファイバー混合体
強度規格ECE規格
機能シールドなし
価格60,000円ほど

個性的ヘルメットが特徴のPREMIERヘルメットが気になる方は
全てカーボン製のPREMIERヘルメットを解説しています。

プレミアヘルメットは評価されていいヘルメット サイズ感などの詳細イタリア製ヘルメットプレミア(PREMIER)ヘルメットの評判やサイズ感などのついての詳細記事 レトロ感がありカーボン製こだわりヘルメットは評価されるべきヘルメット...

SCORPIONの最軽量フルフェイス

フルフェイス軽量ランキング スコーピオン
アメリカのスコーピオンにもカーボンとファイバーの組み合わせの

軽量ヘルメットがあります。

 

EXO 1400 AIR CARBON  1,290g

品名EXO 1400 AIR CARBON
重量1,290g
素材カーボン製
強度規格ECE規格
機能ピンロックシールド・ベンチレーション
価格60,000円ほど

SHARKの最軽量フルフェイス

フルフェイス軽量ランキング シャーク
(画像引用元 SHARK

フランスの高級ヘルメットメーカーのSHARKにもリーズナブルで軽量な

カーボン製ヘルメットがあります。

カーボンの美しい光沢そのままに軽量化の実現しています。

SHARKのカーボンフルフェイスの中でのエントリーモデル

SPARTAN CARBON SKIN 1,280g

品名SPARTAN CARBON SKIN
重量1,280g
素材カーボン・ファイバー混合体
強度規格ECE規格
機能インナーバイザー・ベンチレーション
価格60,000円ほど

CABERGの最軽量フルフェイス

フルフェイス軽量ランキング カバーぐ

(画像引用元 CABERG

ドイツの人気メーカーのCABERGにもコスパの良い

軽量カーボンヘルメットがあります。

カーボン製ヘルメットが安いメーカーです。

多機能で価値ある軽量ヘルメットだと思います。

Drift Evo Carbon 1,300g

品名Drift Evo Carbon
重量1,300g
素材カーボン製
強度規格ECE規格
機能インナーバイザー・ベンチレーション・PLシールド
価格58,000円ほど

フルフェイス 軽量ランキング

フルフェイスの軽量ランキングです。

 

上位は口元スリットタイプのフルフェイスになりましたが、

やはりカーボン製ヘルメットがほとんどです。

カーボン以外のフルフェイスで軽量なのは

SHOEI GLAMSTER

OGK KABUTO AEROBLADE-6

 

フルフェイス軽量ランキング

1位  (1,180g SHOEI EX-ZERO

2位  (1,200g TT&CO トゥカッター

3位  1,200g ZEALOT NV ROADRIDER2

4位  (1,230g シンプソン M-30 カーボン)

5位  1,250g ASTONE GT-1000F
(1,250g リード工業 RUDE)

7位  1,280g SHARK EXO1400 AIR CARBON

8位  1,290g SCORPION SPARTAN CARBON SKIN

9位  1,291g SHOEI GLAMSTER

10位  1,300g CABERG Drift Evo Carbon

【次点】1,350g AGV K6

 

 

( )のフルフェイスはオールドタイプのヘルメットのため
内装部分がシンプルで軽量のため上位です。

なお、デュアルパーパスヘルメット(アドベンチャータイプ)は除外しています。
オンロード用のフルフェイスの重量ランキングです。

 

最軽量フルフェイスの価格ランキング

価格が安いものから順のランキングを参考までに。

価格も重要な選択要素ですし。

軽量フルフェイスの価格ランキング(5万円以内まで)

1位 リード工業 RUDE  11,000円)

2位 TT&CO トゥカッター 28,000円)

3位 ASTONE GT-1000F 30,000円

4位 OGK KABUTO AERO BLADEー6 32,000円

5位 ゴッドブリンク BULL RAIDER2 38,000円

6位 ゴットブリンク NV ROADRIDER2 40,000円

7位 WINS A-FORCE RS  45,000円

( )部分はオールドオフロードタイプで手軽なもの

予算に応じた賢い選択をして理想の軽量フルフェイスを選ぼう

最軽量でおすすめのフルフェイス4選
(画像 ゴッドブリンク Bullraider2)

ランキングでは重量のみに焦点を合わせて紹介しましたが、

フルフェイスの重量は1,500g〜2,000gが平均重量です。

最軽量でなくても1300g〜1,400gのヘルメットを選んでおけば

十分軽さを実感できるはずです。

100g ・200gの差であっても軽い感じることは間違いありません。

 

あとは、ヘルメットのデザインや機能性をよくみて考えれば

良いのではないでしょうか。

しっかりしたオンロード用軽量フルフェイスで

価格面も考えて選ぶべきは下記の4種だと思えますね。

 

ASTONE GT-1000F

【詳細記事を見る】ASTONE軽量カーボンヘルメット

 

OGK KABUTO AERO BLADEー6

【詳細記事を見る】OGK KABUTOヘルメットの詳細

 

ゴットブリンク
(Bullraider2・NV Roadracer2)

【詳細記事を見る】ゴットブリンク(ZEALOT)軽量カーボンヘルメット

 

WINS A-FORCE RS

【詳細記事を見る】WINSの軽量カーボンヘルメット

 

フルフェイス軽量ランキング とにかく軽い最軽量フルフェイスはどれ? まとめ

まとめ

バイクフルフェイスの重量ランキング

国内・海外の最軽量ヘルメットを比較

重量・機能・価格で買うべき軽量フルフェイスがわかる。

●軽量なフルフェイスとはどんなヘルメットなのか?
●軽量なフルフェイスの特徴
○素材
○内装
○機能性

●メーカー別軽量フルフェイス(日本製)
●メーカー別軽量フルフェイス(海外製)

●フルフェイス軽量ランキング
●軽量フルフェイス価格ランキング

●予算と相談して軽量ヘルメットを選ぼう

おすすめ4種を紹介

以上の内容でした♪

老ライダー
老ライダー

ヘルメット関連記事も当サイトにはたくさんあります。

チェックしてみてください。

あなたの好みのヘルメットはきっと見つかります。

【関連記事】バイクヘルメット関連

バイクのヘルメットメーカー 国内・海外の主要人気ブランド20選とランキング世界のヘルメットメーカー 人気有名ブランド20選の特徴とランキング(日本ブランド・海外ブランド) ...
バイクヘルメットのメーカー別サイズ感一覧 試着できなくても迷いなく選ぶバイクヘルメットのサイズ感 メーカー別の測り方と選び方 試着できなくても迷いなく選べる方法を解説...
おしゃれな海外製フルフェイス25選 大人のセンスある選択デザインは個性的 面白いバイクヘルメット 大人のおしゃれは海外ヘルメットで実現 おすすめ25選...

 

 

バイク記事一覧roriderblog

バイク用品・装備ランキング
バイク用品・装備ランキング

バイクランキング
バイクランキング

人気ブログランキングでフォロー

金利の低い銀行ローンの近道

かしこく借りて夢をかなえる

\詳しく見てみる/
クラウドローン

バイクでローンを組むなら銀行から借りる方が
金利は低くて圧倒的に有利です。

クラウドローンは銀行ローンの代行業者

●ネットで3分で診断完了

●金利の安い銀行を探して交渉

交渉はクラウドローンにお任せ
(金利の安い安心の銀行マイカーローンが選べます)

●登録無料
闇金業者ではありません。
(2020年スタートの新システム)

バイク店の信販ローンとの金利差は約7%
(銀行のマイカーローンの金利は約3%
バイク店は約10%)
3年で100万円のローンなら13万円もお得です。
200万円なら26万円もお得)。

バイクをローンで買うなら
銀行のマイカーローンを使いましょう!

\サイトで3分間診断をしてみる/
クラウドローン

●欲しいバイクを探そう
(中古バイク)
\Zutto Ride Market/

中古バイクが探せる ZuttoRide Market
\ 欲しいバイクを探す/
\【登録無料】/

バイク盗難保険

盗難保険は任意保険とは違います。
盗難に特化した保険です。

ZuttoRide保険はロードサービスとセットもあります。

1日25円からのZuttoRideバイク盗難保険

 

●バイク保険に入っておこう

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!

<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

●バイクの置き場所を確保しよう(レンタルボックス)

(全国対応 あなたの近所で探せます)
屋根付き・屋根なし・本格バイクヤードが選べます。
●IF物件はバイクに使えます。(物件多数)

トランクルーム、レンタルボックス、バイクヤードなら加瀬倉庫!

\バイク用レンタルBOXを探す/

>>バイク専用(バイクヤードは4タイプ
>>レンタルボックスもバイクで利用可能

●バイクの買い替え資金を確保しよう(バイク買取業者)

乗らなくなったバイク、買い替えで手放すバイク

無料で査定してもらって売れる

●バイク王
バイク王に無料見積依頼をしよう!

\No. 1のバイク王にアクセス/
バイク王

●バイクワンバイク買取
\ネットで簡単査定のバイクワン/

バイクワン●KATIX
複数業者が見積もる
納得したら売るシステムのKATIX
\写真で簡単査定/

◆バイクを売る方法のおすすめ記事

バイクの売り方 高く売る方法とコツ 買取業者情報や最強の具体策ですバイクの売り方 高く売る方法コツを解説 買取業者の情報を知って上手にバイクを売る具体的対策...
バイク売るならどこがいい?の疑問に答えます。知恵袋を読むより簡単なことバイクの売り先はどこがいい?バイク買取はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...

●バイクウェアを高く売る

 

眠っているバイクウェア、買い替えでいらなくなったウェア

思わぬ価格で買い取ってくれるかも?

(宅配便で送って手間要らずで売れる)

バイクウェア専門 バイクウェア宅配買取STST

\バイクウェア宅配買取STST/

 

【バイク関連】
【カテゴリー別記事一覧】

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ
老ライダー
老ライダー

気になる項目の記事をチェックしてみてくださいね♪

バイク用品

\ヘルメット・季節ごとのウエア・バッグ類など/
\バイクに関する役立つグッズについての記事/
>>INDEX一覧

【注目のピックアップ記事】

バイク乗りのファッション(メンズ)最新トレンドと車種別ウェアのおすすめバイクファッションのかっこよくておしゃれな最新トレンドと車種別目的別のファッションスタイルの選び方 モテるバイク乗りになるにはバイクファッションのトレンドを知ろう...
バイク用便利グッズ 快適で買って良かったと思うはず おすすめ33選快適なツーリングのためのおすすめできるバイク便利グッズを紹介 疲労軽減とストレスフリーを考えてバイクライフが快適に、 よく考えられた実用的でリーズナブルな評判の良いバイク用便利グッズ33選を紹介します。...
普段着でおしゃれにバイクに乗りたい。最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...
ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚でキメる!ネオクラシックバイクのファッションを考える。街に溶け込む大人のバイクには、レトロでカジュアルなセンスある大人のバイクファッションを選んで渋く粋にキメる。もうバイク乗りがダサいとは言わせない。おすすめ品の紹介...
ツーリングの雨対策 これで完璧 楽しく安全な快適グッズ まとめツーリングでの雨対策のポイントと、防水性と機能性の高い3種の神器(レインスーツ ・レイングローブ ・ブーツカバー )のすすめ 完璧な最強アイテムで快適ツーリングを実現しよう! バイクの雨対策のまとめ ...
ジェットヘルメットは開放感が最高 機能性やレトロ感で選ぶおすすめ18選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した18選...
システムヘルメットのおすすめ12種とランキング 機能的2wayタイプも機能的で便利、人気のかっこいいシステムヘルメットについて、初心者からベテランまで納得できるおすすめ品12選 2WAYタイプが特におすすめです。...
バイクインカム最強のおすすめ16選 最適な選び方が目的・予算別にわかるバイクインカムのおすすめ16選 最適な選び方がわかる 音質良い最強品から目立たないものから予算別に紹介しています。...
バイクガレージを予算10万円以内で実現 バイクを守る保管庫5選バイクガレージを10万円以内で実現 しっかり保管するバイクガレージを安く建てられる保管庫5選を紹介...

キャンプツーリング

\キャンプツーリング全般について/
\バイク・キャンプ道具・積載グッズの記事/
>>INDEX一覧

【ピックアップ記事】

バイクでキャンプする完全ガイド 不安なしの粋なキャンプツーリングバイクでキャンプを楽しむためのキャンプツーリングを完全網羅 キャンプのメリットやバイクの準備・バイク合ったキャンプグッズの紹介...
テントがあればバイクでキャンプは簡単 選び方とおすすすめ11選バイクでキャンプ(キャンプツーリング)を始める初心者向けのおすすめの始め方と、バイク用に最適なテント選びについて解説 おすすめテント11種の紹介...
バイクでキャンプする便利グッズ 超コンパクトな15選キャンプツーリングに使えるコンパクトで実用的な便利グッズ15選 これでキャンプが劇的に快適になります。...
ソロキャンプできる手軽なバイク おすすめ125〜250  10車種バイクでソロキャンプに行くなら、125ccで考えるのが手軽でコスパが良く賢い方法です。 キャンプできるバイク(キャンプバイク)を選ぶ注意点とおすすめの10車種を紹介...
ツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適にツーリングの荷物の積み方対策まとめ キャンプやタンデムでも快適に...
バイクキャンプの積載 効率良い5つの方法を解説【ツーリング編】キャンプなどのツーリングの積載を効率よく荷物を積む工夫と方法を考える記事【ツーリング編】 5つの積載方法を解説...

 

バイクを高く売る

\バイクの売却方法について/
\買取業者情報や売り方のコツやヒント/
>>INDEX一覧

【注目記事】

KATIXはバイクを写真で売る手間要らずのシステム おまかせで売れる仕組みについて解説KATIX(旧アップス)でバイクを高く売る手間要らずの方法です。 ネットに写真をアップしておまかせで売れる仕組みについて解説 希望価格を設定できますよ。...
バイク売るならどこがいい?の疑問に答えます。知恵袋を読むより簡単なことバイクの売り先はどこがいい?バイク買取はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...
バイクの買取(下取り)のコツ 査定で損しない楽に高く売る方法バイクを高く売りたい人への、失敗しない売り方のアドバイスとバイク買取業者の基礎知識と交渉のコツ【体験談】...
バイク王の評判は最悪?でもおすすめでバイクを高く売るには外せない理由バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...
バイクの売り方 高く売る方法とコツ 買取業者情報や最強の具体策ですバイクの売り方 高く売る方法コツを解説 買取業者の情報を知って上手にバイクを売る具体的対策...
ローン中のバイクでも売れるのか?問題なく売れます!賢く売りましょうローンが残っているバイクでも売れるのか?ハイ、全然問題なく売れますよ! 買取専門業者なら手間要らずで可能です。あなたはなるべく高く売ることに集中するだけで良いのです。...

 

オートバイライフ

\バイクライフの提案記事/
\バイク選び・バイク免許/
\ツーリング/

>>INDEX一覧

【おすすめの記事】

バイク盗難保険は盗難特化のずっとライドクラブがおすすめ 評判と入るべき6つの理由バイクの盗難保険は盗難特化のZuttoRideClubの一択で決まり。 他の盗難保険よりもバイク乗りにはうれしい安心の補償内容で最強です。...
バイク保管には月極のコンテナ・ガレージがおすすめの4つの理由バイク保管には月極のコンテナ・ガレージがおすすめの4つの理由を解説  盗難対策には最強対策です。...
バイクが好きで職業にするには?バイクに関わる仕事に転職して夢を実現させるバイクが好きでバイクの仕事をしたい場合、自分に合った関わり方を考えて転職しよう。 バイクに関わる具体的職種14種を紹介 夢を実現させよう...
かっこいい中古バイクのネイキッド250cc 安く買える車種12選手軽な中古バイクを買うならネイキッドタイプの250ccがカッコよくておすすめ 安く買える狙い目12車種をピックアップ ...
スクランブラーバイク 250−400 中型で選ぶおしゃれバイク今流行のスクランブラーバイクは、中型クラス(250cc〜400cc)の外車がおすすめ おしゃれで手軽、カジュアル感覚でタウンユースに使える車種を紹介します。 どこで買えるかも判ります。...
タンデムツーリング 二人乗りを快適にする6種の対策 これで不安解消!タンデム(2人乗り)でタンデマーが快適で安全になる対策6種 タンデムで持つところや背もたれも。ツーリングの二人乗り不安を解消する...
タンデム旅行の荷物 タンデムの邪魔にならないタンデムバッグ20選タンデム旅行の荷物は3つの積載方法で最適になる。タンデムの邪魔にならないおすすめバッグ20選...

●バイク免許●

\バイク免許/
\教習所情報/
>>INDEX一覧

【免許取得のためのおすすめ記事】

普通二輪から大型二輪 限定解除は簡単 誰でも取れる 注意点は2つだけ大型バイク免許は教習所で取れる。普通二輪免許があれば誰でも取れる。気を付けるポイントはたった2つだけ...
バイクの合宿教習の徹底解説 二輪免許合宿の疑問点・不安点を解消するバイクの合宿教習に関する疑問点や不安点を解消できるまとめ記事 大型・普通の免許別 年齢や経験別におすすめ教習所を紹介しています。 安心して合宿に臨める情報満載です。...
バイク免許を合宿で快適に取れるおすすめの合宿教習所厳選5選バイクに特化して選んだ合宿教習所のおすすめ 若者ばかりの教習所でも快適に過ごせる教習所5選...
バイク免許を取るのは難しい? 免許の取り方の不安を解消するバイク免許取得が難しく取れる気がしない!と考えているバイク入門者に向けたアドバイス。簡単に取るための2つの方法と未経験者と教習中の悩みについての解決策のアドバイス。...
バイク合宿の教習所の評判・口コミで考察した教習所20選ランキングバイクの合宿免許 合宿で免許の取れる教習所を調べたランキング 評判・口コミ集を20箇所チェックしました。 あなたにあった失敗しない快適教習所を探せます。...
大型二輪免許合宿の格安教習所18選 安いだけでないメリットも探そう大型バイク免許は合宿で取るのが安くてメリットいっぱい! 全国の格安おすすめ教習所18選の紹介...
50代でバイク免許は取れる シニアや女性でも参加可能な合宿教習所50代でバイク免許は取れる 女性でも挑戦 夢実現!シニアに優しい教習所5選の紹介...

 

オートバイ知識

\バイクの知識全般/
\エンジンや車種タイプについての記事/
>>INDEX一覧

【読まれている記事】

バイクのエンジンでロングストロークって良いの?ランキング12選ロングストロークエンジンのバイクは今注目のバイク GB350ばかりではなく、隠れた楽しいバイクがこんなにあるのです。 乗り味が玄人好みのエンジンですが、言葉にできないけれど乗ってしまえば虜になる。それがロングストロークエンジンの魅力です。...
タンデムツーリング タンデムしやすいバイク おすすめ10選タンデムツーリング でバイクライフ を楽しみたい!と一念発起した方。 バイクの2人乗りでバイクの旅は楽しさが広がる! その考え方は...
ネイキッドバイクランキング40選(大型〜250)現行から名車までネイキッドバイクのラインアップのおすすめ40選を、250cc・中型(400cc)・大型の 名車・外車・現行車をランキング形式で紹介しています。 ...

バイク初心者

\バイク初心者向けの記事/
\バイク入門・バイク用品選びなどの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

普通二輪から大型二輪 限定解除は簡単 誰でも取れる 注意点は2つだけ大型バイク免許は教習所で取れる。普通二輪免許があれば誰でも取れる。気を付けるポイントはたった2つだけ...
40代からのバイク初心者  大型乗りたいならこう選ぼう!おすすめ車種バイク初心者が大型バイクに乗りたい場合、バイクの選び方を解説。おすすめ車種10選 ...
初心者におすすめは250ccバイク ランキング8選で徹底比較バイク初心者には国産250ccがおすすめできるバイク 8車種の紹介と比較ランキング一覧 価格・重量・パワー・シート高などを比較して選びやすくしてみました。...
ツーリングのおすすめバイク25選 目的や内容で全く変わる選び方初心者向けツーリングのおすすめの旅バイク25選 ツーリングの目的や内容で選び方は変わる...

バイク保管・盗難防止

\バイクの盗難防止対策について/
\ガレージライフ・ロック・盗難対策の記事/
>>INDEX一覧

【注目記事】

バイクガレージどこにたのむ?低予算で地元のプロの施工業者が探せますバイクガレージを作るたいけどDIYに自信がない方に向けたプロを紹介するZehitomo(ゼヒトモ)というサービス。利用すればやりたい夢であるバイクガレージが実現できる。...
バイクガレージは土間・床付どちらが良い?メリット・デメリットと失敗しない方法バイクガレージは土間・床付どちらが良い?メリット・デメリットと失敗しない方法...
バイクガレージ メーカー比較 イナバ ヨドコウ タクボ どれがいい?国内メーカーのイナバ・ヨドコウ・タクボのバイク用物置はやはり安心 3社の比較とどこで買うかどう作るかを解説 ...
バイク盗難防止チェーンロックの最強品で盗難対策を完璧にするバイク盗難防止の最強のロックチェーン紹介 バイクの盗難は2度と経験したくない。 経験者が最強のバイクロックと防犯対策を解説...

 

【番外編】     バイク雑談

\バイクに関する雑談/
\バイクの歴史・情報などの記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

バイク乗りの出会い バイク女子との出会うのが一番 出会う方法を考えるバイク乗りの出会いの方法を考える。ここではバイク女子だけではなくバイクに興味のある予備軍女子を狙った方がうまく行きやすいということでマッチングアプリでの出会いを推奨しています。...
大型バイク外車(輸入車)2気筒のすすめ DUCATI空冷エンジン編大型バイクは2気筒がおすすめ DUCATIの2気筒全車種とおすすめを紹介...
バイク乗りに贈るセンス良いプレゼント16選 バイク好きが選んだおすすめ品バイク乗りへのプレゼントにバイク好きが選んだおすすめ品を贈りましょう。センス良いと喜ばれること請け合いです。おすすめ品16選...
V型2気筒エンジンの大型バイクがおすすめ 魅力は心地よい音と振動! 大型Vツインエンジンのバイクの魅力を知らない人のための提案記事 音と振動と魅力的な車種を紹介...

外車の魅力

\外車の魅力について/
\各メーカーの車種紹介の記事/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

外車 バイクの魅力満載 かっこいい単気筒250cc【最新版】  単気筒の250cc外車は、おしゃれで個性的、まるでカスタムしたように魅力的で価格も安くておすすめです。 ...
かっこいい大型バイク 手に入れたい外車の個性あふれる30選 必読です!個性あふれる大型バイクのかっこいい外車を紹介。 日本車とは違った魅力ある渋くてすごいバイク30選...

カスタム

\バイクのカスタムについて/
\基本的なカスタム・旧車のカスタム/
>>INDEX一覧

【おすすめ記事】

バイクのカスタム 愛車を手軽にドレスアップするおすすめグッズ25選 バイクのカスタムはしたいけど 専門知識もないし、自分でできる気がしないというあなた、 私も初心者の頃はそんなライダーでカスタ...
BMWバイクの旧車カスタム がおすすめ カフェレーサー いくらでできる? こんにちは 老ライダーです。 今回は、色々なバイクに乗り継いできたベテランライダー向け内容です。 普通のバイクには飽...

●コンタクトフォーム お問い合わせはこちらまで●