オートバイライフ

ネオクラシックバイクファッションはレトロでカジュアルな普段着感覚で!

バイクのファッションはレーサーレプリカ全盛の時代とは明らかに変わってきています。

バイクの流行も一回りして、復刻し、今は”ネオクラシックバイク”です。

どこか懐かしいレトロでおしゃれなバイクなのです。

当時のバイク乗りのファッションは”黒の革ジャン”これさえ来ていれば良かったのです。

やがて、バイクメーカーのロゴが入ったレーシングスーツを、バイク乗りはかっこいいと思って着ていました。

これって、バイクに乗らない人には”ダサい”と写るのです。

それで”バイク乗りはダサい”こう言われてきました。

しかし、今は違います。

街中を颯爽と駆け抜けるおしゃれなネオクラシックバイクに似合うファッションが必要です。

流行のネオクラシックバイクに似合うファッションは、”おしゃれ”な”普段着”や”タウンユース”に似合うこと、

もっと言えば”デートに着ていけるファッション”という感覚で考えること

タインユース主体のおしゃれなバイクの使い方なのですから、頭を切りかえる必要があるのです。

バイクがファッションの一部になってきたからです。

そこで大人なあなたは、ネオクラシックバイクに似合うファッションを考え、今の時流に乗り、ダサいと言われないようにしなければならないですよね。

バイクウエアは、基本はヘルメット・ウエア・パンツ・グローブ・シューズです。

ダサくならない、流行に乗り遅れたオヤジライダーにならないために、

どう選んで着こなしたほうが良いか考えます。

バイクファッションはこうあるべき そんな古い概念は捨てる

バイクは”男”の乗り物 硬派でストイックな趣味

こういう古い概念はネオクラシックバイクに乗る時は捨てましょう。

街中に溶け込める粋なファッションがネオクラシックファッションです。

(※安全性を考えれば、バイク用のゴツいウエアには意味があるのですが、ここではファッション性優先で考えるため除外します。)

※ただし、対応策はあります。

ネオクラシックバイクはおしゃれなバイク マッチするファッションを

センスいいバイクファッション
ネオクラシックバイクにタウンユース主体で乗るわけですから、ファッション性は重要です。 大切なポイントは?

普段着感覚のウエア

街に溶け込めるウエア

おしゃれでデートにも着ていけるウエア

こう書いてきました。 バイクの使い方と、レトロなバイクに乗るわけですから、マッチするウエアを選択したいですね。

バイクメーカーや関連会社の専用品である必要はない!と言い切れます。

機能面(風の侵入やバタつきが防げれば)がしっかりしていれば良いのです。

海外のバイカーファッションを見習おう

海外のバイカーファッション
ネオクラシック バイクファッション3

欧米(アメリカの場合は除く)のバイク事情は昔から日本とは少し違います。

普段の足としてレトロなバイクに大人が乗るという文化が根付いています。

日本とは事情が違うバイクの成熟した文化があります。

バイクに乗ってそのまま仕事をする、極端な例ですが、スーツでバイクに乗る文化 またはスーツに似合うバイクの文化です。

ヨーロッパのバイク乗りのファッションは大いに見習うべきです。

海外の画像や映像は参考にすべきです。

 

ネオクラシックバイクファッションは自由で粋

ネオクラシックバイクに似合うファッションは当然、トータルで粋なかっこよさ

つまり、バラバラで考えずトータルで雰囲気の良いチョイスが必要です。

つまりコーディネートですね。 一つ一つ考えていきましょう。

(※コーディネートはこうでねえと!ですよね)
ネオクラッシックバイクファッション
ネオクラシックバイクファッションのコーディネート1
ネオクラシックバイクファッションのコーディネート2
ネオクラシックバイクファッションのコーディネート3

ネオクラシックバイクにピッタリ ヘルメットを選ぶ

ネオクラシックバイクに似合うヘルメット
クラシックタイプがネオクラシックバイクには似合うと思いましょう。

当然、ネオクラシックバイクはレトロなバイクですから、オールドルックな古典的デザインのヘルメットがしっくりくるのです。

ジェットヘルタイプは?

レトロなデザインで個性を出したいところですね。

これにゴーグルでもレトロ感が増し、良いと思います。
クラシックタイプヘルメット ジェットヘル1
クラシックタイプヘルメット ジェット2
クラシックタイプヘルメット ジェット4

フルフェイスならクラシックタイプ

フルフェイスになると、多少カジュアル感は薄れますが、レトロデザインを選べば雰囲気は出ます。

クラシックタイプヘルメット1
クラシックタイプ ヘルメット2
クラシックタイプヘルメット3

ネオクラシックバイクにピッタリ ウエアを選ぶ

ウエアも同様です。
ドーンと メーカーロゴの入った原色のゴツいパット入り 牛革ジャケットではありません。

ゴテゴテしていないシンプルなものが似合います。

ネオクラシック バイクに合うジャケット3

レザージャケットでキメる場合 素材や色の固定概念を捨てよう

レザーは素材的にバタつかない、風を遮る素材として、また使い込むほどの風合いという点で

最適なバイク乗りのファッションアイテムであることに変わりまありません。

ただし、バイク乗りの象徴のようなレザー(革)のジャケットは”黒”というのは古い固定概念です。

ネオクラシックバイクに似合うレザージャケット1
ネオククラシックバイクに似合うジャケット2
ネオククラシックバイク似合うジャケット3

提案したいのは、 ダサくない ゴツくない 着心地が軽くて軽快なもの

ソフトで軽くて体に馴染む 羊・馬・豚等の素材がおすすめです。

ゴツい牛革ではない 羊 馬 豚の革

カラーは黒でないもの

なるべくシンプルなデザイン

ゴツくなく、カジュアルなレザージャケットはネオクラシックバイクに合うのです。

【関連記事】革ジャン(レザージャケット)について

バイクで革ジャン 適した季節と選ぶべきポイント 実用面を考えるバイクウエアと言ったら革ジャン(レザージャケット)ですね。 ツーリングや街乗りでバイクに乗る時、かっこいい革ジャンを着て颯爽と走り...

ジャケットがレザー(革)でなくたって良い

また、レザー(革)でなくたって良いわけです。

水にも強い加工がされている(オイルコットン等)の素材もあります。

ネオクラシック バイク似合うジャケット1
ネオクラシック バイクに合うジャケット2
ネオクラシックバイクに似合うジャケット4

ネオクラシックバイクにピッタリなシューズは?

ネオクラシック バイクに合うシューズ
いわゆる バイク用ブーツ という選択も古い固定概念です。

機能面で注意する点は2つです。

チェンジペダルの当たる部分がしっかりした硬い素材であること

くるぶしまで覆うタイプの長めのシューズ

このタイプでタウンユースに似合うデザインで選びましょう。

”黒”という選択肢はマストではありません。

ジャケットが レザーのチャコール系ならシューズが黒というのがダサいですよね。

『黒のビジネスシューズにジーンズ、Tシャツ』の組み合わせと同じくらいダサいですよね。

ネオクラシック バイクに合うシューズ2
ネオクラシック バイクに合うシューズ3
ネイクラシックバイクに合うシューズ4

ネオクラシックバイクにピッタリ 最適なパンツは?

ジーンズや綿パンツなどがやはり似合います。

レザー(革)パンツである必要はないと思います。

バイク用のひざ部分にプロテクターを装着できる専用品は見た目がカジュアルで実用性もあり、ベストです。。

ライダージーンズひざパット

 

ネオクラシックバイクにピッタリ グローブは?

ネオクラシック バイクファッション グローブ
クラシカルなバイクに似合うグローブは、革製のチャコール(茶色系統)の色がしっくりきます。

ネオクラシック バイクに合うグローブ1
ネオクラシック バイクに合うグローブ3

ネイクラシックバイクにピッタのバッグは?

ネオクラシックバイクファッション ネオクラシックバイクに合うバッグ

バイクに荷物を積んで走るのは、どこかツーリングという感じでスマートではありません。

身につけてしまいましょう。 リックサック型が一番スマートです。

リック型とならなんでも良いというわけではありません。

バイク専用の角型の専用のものがより良いですね。

ネオクラシックバイクのファッション 安全面を考えると

ファション性を考えて、バイク専用ウエアでなくても良いわけです。

ただし、専用のバイクウエアは機能面で、安全性が盛り込まれているものがあります。

転倒時や事故の場合、ライダーを守る、”プロテクター”です。

しかし、これが原因で、ゴツい。ダサい となりがちです。

おしゃれなウエアを選択すると、プロテクターはありません。

安全面を考えるなら、単体で 肘・ひざ・胸・背中を守る”プロテクター ”を下につけることで対応しましょう。

バイクファッションを街に溶け込ませることがこれからの大人のバイク乗り

バイクは、バイクに乗らない人にとって、不良、暴走族、アウトロー こんなイメージがあると思います。

危ない、命を落とす!と心配されて”3ない運動”でバイクに若者を乗せないという社会運動まで起きた時代がありました。

イメージの悪いバイクですが、大人がおしゃれに乗ることで、日常の足として、こだわりの趣味として、

ヨーロッパのように市民権を得る日が日本でもくることを期待したいですね。

街に溶け込んだおしゃれな小道具にバイクが一般的になるように、

バイク乗りのイメージアップをいかつくないファッションでイメージアップして欲しいものです。

ネイクラシックバイクに似合うファッション まとめ

まとめ

ネオクラシックバイクに似合うファッションは固定概念を捨てること

ネオクラシックバイクファッションはファッション性を重視すべき

バイクメーカー専用品である必要はない。

似合うファッションのアイテム別提案

●ヘルメットはレトロデザイン

●ウエアは素材重視

●グローブはレトロな革製

●パンツはジーンズや綿パンツ

●シューズ(ブーツ)はカジュアルに

●バッグはリックタイプ

(注)安全性を考えるなら、別にプロテクターがおすすめ

大人のバイク乗りなら、ネオクラシックバイクファッションを極めよう

以上の内容でした。

ネオクラシックバイクファッション おすすめ品一覧

記事内で紹介したおすすめ商品の一覧です。

● ライダーズパンツ EDWIN 056タイプ デニムライダーズパンツ
(プロテクターは別売)

●ライダーズパンツ KOMINE ライダーパンツ デニム(プロテクター付き)

●単体プロテクター 各種

プロテクター 胸部

ひざすね

脊髄パット

老ライダー
老ライダー
最後までお読みいただきありがとうございます♬

⭐️バイクの買い替えをお考えなら、下記記事をチェックしてみてください♫

バイクの買取相場 ネットで気軽に! でも、売りたいならそれは損です!バイクの買取相場を知ることはネットで簡単にできます。しかし、あまり意味のあることではありません。高く売りたい場合は、複数買取業者に見積もりをとり交渉することです。...

バイクを高く売る 老ライダー
●バイクを賢く高く売る! バイクの買い替え等をお考えなら、

バイクを売りたい方向けの記事はこちらでご覧になれます。

●買取専門業者

\記事を読んでみる/
バイクを売るための基礎知識とコツ

\バイク王の評判 最大手バイク王の記事/
バイク買取 バイク王の評判

\買取業者ランキング/
出張買取業者ランキング

●バイク販売店

\レッドバロン/
レッドバロンの評判と特徴
\バイク館SOX/
バイク館SOX 特徴と評判
\YSP/
YSPの評判と特徴
\ホンダドリーム店/
HONDAドリーム店 評判と特徴

\バイク買取最大手のバイク王の記事/

バイク王の評判は最悪?でも高く売りたいなら買取依頼しないと損 バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイク王でバイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...
●読んでみてくださいませ♪

NEW スマホ ホルダー

【革新的】新しいタイプのスマホ ホルダーは簡単脱着

\詳細を見てみる/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です