記事内にはアフィリエイト広告を使用している場合があります。

オートバイライフ

ネオクラシックバイクファッション(服装)はレトロでカジュアルな普段着感覚でキメる!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ネオクラシックなバイク・(ネイキッドバイク・カフェレーサー)好きな方必見のバイクファッションの記事です。

 

バイクのファッション(服装)はレーサーレプリカ全盛の時代とは明らかに変わってきています。

バイクの流行も一回りして、復刻し、今は”ネオクラシックバイク”です。

どこか懐かしいレトロでおしゃれなバイクなのです。

当時のバイク乗りのファッションは”黒の革ジャン”これさえ来ていれば良かったのです。

やがて、バイクメーカーのロゴが入ったレーシングスーツを、バイク乗りはかっこいいと思って着ていました。

これって、バイクに乗らない人には”ダサい”と写るのです。

それで”バイク乗りはダサい”こう言われてきました。

しかし、今は違います。

大人のバイクであるネオクラシックバイクには、大人のバイクウエアが必要です。

街中を颯爽と駆け抜けるおしゃれなネオクラシックバイクに似合うファッションなのです

流行のネオクラシックバイクに似合う服装は、”おしゃれ”な”普段着”や”タウンユース”に似合うこと、

もっと言えば”デートに着ていけるファッション(服装)”という感覚で考えること

タウンユース主体のおしゃれなバイクの使い方なのですから、頭を切りかえる必要があるのです。

バイクがファッションの一部になってきたからです。

そこで大人なあなたは、ネオクラシックバイクに似合うファッションを考え、今の時流に乗り、ダサいと言われないようにしなければならないですよね。

バイクウエアは、基本はヘルメット・ウエア・パンツ・グローブ・シューズです。

ダサくならない、流行に乗り遅れたオヤジライダーにならないために、

どう選んで着こなしたほうが良いか考えます。

 

【関連記事】普段着感覚のバイクファッションを実現する↓↓↓

>>>普段着でバイクに乗ろう! インナープロテクターで悩み解消

普段着でおしゃれにバイクに乗りたい。最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...

【関連記事】レイト感覚のおしゃれなバイクシャツ↓↓↓

>>プロテクター入りおしゃれなバイクシャツ

プロテクター入りおしゃれなバイクシャツ モトシャツやコーチジャケットプロテクター入りおしゃれなバイクシャツ モトシャツやコーチジャケットのおすすめ12選 ライト感覚の街乗りバイクシャツで快適走行を実現する...

バイクファッションはこうあるべき そんな古い概念は捨てる

バイクは”男”の乗り物 硬派でストイックな趣味

こういう古い概念はネオクラシックバイクに乗る時は捨てましょう。

街中に溶け込める粋なファッションがネオクラシックファッションです。

(※安全性を考えれば、バイク用のゴツいウエアには意味があるのですが、ここではファッション性優先で考えるため除外します。)

※ただし、対応策はあります。
インナープロテクターを着れば安全です。

 

ネオクラシックバイクはおしゃれなバイク 大人のバイクウエアを目指す

センスいいバイクファッション
ネオクラシックバイクにタウンユース主体で乗るわけですから、ファッション性は重要です。 大切なポイントは?

普段着感覚のウエア

街に溶け込めるウエア

おしゃれでデートにも着ていけるウエア

こう書いてきました。 バイクの使い方と、レトロなバイクに乗るわけですから、マッチするウエアを選択したいですね。

バイクメーカーや関連会社の専用品である必要はない!と言い切れます。

機能面(風の侵入やバタつきが防げれば)がしっかりしていれば良いのです。

海外のバイカーファッションを見習おう

海外のバイカーファッション
ネオクラシック バイクファッション3

バイク発祥の地、英国など欧米(アメリカの場合は除く)のバイク事情は昔から日本とは少し違います。

普段の足としてレトロなバイクに大人が乗るという文化が根付いています。

日本とは事情が違うバイクの成熟した文化があるのです。

バイクに乗ってそのまま仕事をする、極端な例ですが、スーツでバイクに乗る文化 またはスーツに似合うバイクの文化です。

ヨーロッパのバイク乗りのファッションは大いに見習うべきです。

海外の画像や映像は参考にすべきです。

 

ネオクラシックバイクの服装(ファッション)は自由で粋

ネオクラシックバイクに似合うファッションは当然、トータルで粋なかっこよさ

つまり、バラバラで考えずトータルで雰囲気の良いチョイスが必要です。

つまりコーディネートですね。 一つ一つ考えていきましょう。

(※コーディネートはこうでねえと!ですよね)
ネオクラッシックバイクファッション
ネオクラシックバイクファッションのコーディネート1
ネオクラシックバイクファッションのコーディネート2
ネオクラシックバイクファッションのコーディネート3

【参考記事】プロテクター入りおしゃれなバイクシャツ モトシャツやコーチジャケット

プロテクター入りおしゃれなバイクシャツ モトシャツやコーチジャケットプロテクター入りおしゃれなバイクシャツ モトシャツやコーチジャケットのおすすめ12選 ライト感覚の街乗りバイクシャツで快適走行を実現する...

ネオクラシックバイクにピッタリ ヘルメットを選ぶ

ネオクラシックバイクに似合うヘルメット
クラシックタイプがネオクラシックバイクには似合うと思いましょう。

当然、ネオクラシックバイクはレトロなバイクですから、オールドルックな古典的デザインのヘルメットがしっくりくるのです。

 

【参考記事】ネオクラシックバイクに似合うヘルメット(商品紹介あり)

ネオクラシックバイクに似合うヘルメット15選 渋くカッコいいおすすめネオクラシックバイクに似合うおすすめヘルメット15選 クラシックタイプがカッコいい ...

ジェットヘルタイプは?

レトロなデザインで個性を出したいところですね。

これにゴーグルでもレトロ感が増し、良いと思います。
クラシックタイプヘルメット ジェットヘル1
クラシックタイプヘルメット ジェット2
クラシックタイプヘルメット ジェット4

【関連記事】ジェットヘルのおすすめ商品↓↓↓

ジェットヘルメットは開放感が最高 機能性やレトロ感で選ぶおすすめ18選 バイクのヘルメットの基本形、ジェットヘルメットはおしゃれでレトロな個性を主張できる点で楽しい。安全性や機能性、デザインで考え、車種別購入者の評判の良いものを厳選した18選...

関連記事】カフェレーサーバイクファッションのヘルメットの記事↓↓↓

カフェレーサーに似合う人気のヘルメット15選 シンプルなスモールタイプでキメるカフェレーサーなどの旧車風バイクに似合うヘルメットはビンテイジタイプのヘルメットです。カスタムした古いテイストのバイクにはスモールタイプのジェットヘルメットを選びましょう。カッコよくキマリます。...

フルフェイスならクラシックタイプ

フルフェイスになると、多少カジュアル感は薄れますが、レトロデザインを選べば雰囲気は出ます。

クラシックタイプヘルメット1
クラシックタイプ ヘルメット2
クラシックタイプヘルメット3

【関連記事】バイクヘルメット レトロで旧車・旧車會・ビンテイジバイクに似合う奴

レトロヘルメットの選び方 旧車にぴったりのモデルを探るレトロヘルメットの選び方 旧車にぴったりのモデルのおすすめ品紹介...

【関連記事】レトロなチョイ悪フルフェイスヘルメットの記事↓↓↓

スクランブラーバイクに合うフルフェイス チョイ悪のおすすめ15選スクランブラーバイクやネオクラシックバイクのストリート系のバイクに似合うファッションとして、ビンテージテイストのチョイ悪タイプのヘルメットが人気です。 アレンンジできる楽しいスリット入りスクランブラーヘルメットのおすすめ品15選...

ネオクラシックバイクにピッタリ ウエアを選ぶ

ウエアも同様です。
ドーンと メーカーロゴの入った原色のゴツいパット入り 牛革ジャケットではありません。

ゴテゴテしていないシンプルなものが似合います。

ネオクラシック バイクに合うジャケット3

レザージャケットでキメる場合 素材や色の固定概念を捨てよう

レザーは素材的にバタつかない、風を遮る素材として、また使い込むほどの風合いという点で

最適なバイク乗りのファッションアイテムであることに変わりまありません。

ただし、バイク乗りの象徴のようなレザー(革)のジャケットは”黒”というのは古い固定概念です。

ネオクラシックバイクに似合うレザージャケット1
ネオククラシックバイクに似合うジャケット2
ネオククラシックバイク似合うジャケット3

提案したいのは、 ダサくない ゴツくない 着心地が軽くて軽快なもの

ソフトで軽くて体に馴染む 羊・馬・豚等の素材がおすすめです。

ゴツい牛革ではない 馬・山羊・羊・鹿 の革

カラーは黒でなくても良い

なるべくシンプルなデザイン

ゴツくなく、カジュアルなレザージャケットはネオクラシックバイクに合うのです。

【関連記事】ライダースジャケット(革ジャンの安い本革)のおすすめ品リュグーレザーについて↓↓↓

リューグーレザーはダサくない おすすめできる安くてかっこいい本革ジャケットライダースジャケット(革ジャンの安い本革)はリューグーレザーがおすすめ 安い革ジャンとは?と考えるとやリュウグーレザーがしっくりきます。 購入者の評判とリーズナブルなおすすめ品をを紹介...

【関連記事】ライダースジャケット(本革)の商品紹介記事↓↓↓

ライダーズジャケットのブランド おしゃれでかっこいい革ジャン20選バイク用ライダースジャケット(革ジャンブランド)のおしゃれでかっこいいおすすめ品の紹介記事。本物にあこがれる方に選び方を解説。初めての一着探しに役立つ記事です。...

【関連記事】クラシック感のあるDEGNERの革ジャンの商品紹介記事↓↓↓

デグナーの革ジャンの評判 バイク専用メーカー品として選んで正解バイク用のかっこいい革ジャンを探している方は DEGNER(デグナー)の革ジャンが気になりますよね。 革ジャンは有名海外ブラ...

【関連記事】革ジャン(レザージャケット)の季節について↓↓↓

バイクで革ジャン 適した季節と選ぶべきポイントを知っておしゃれに着こなすバイクの革ジャンは一年中は着れない 季節別におしゃれのできればカジュアルなものを選んだ方がかっこいい...

【関連記事】冬のバイク革ジャンについての紹介記事↓↓

冬にかっこいいバイク革ジャンのおすすめ品 最強ダウンジャケットと王道ムートンバイク革ジャンを冬カッコよく着こなす バイク冬の革ジャンスタイルのおすすめ品をピックアップ 本革ダウンジャケットと王道ムートン16選...

ジャケットがレザー(革)でなくたって良い

また、レザー(革)でなくたって良いわけです。

水にも強い加工がされている(オイルコットン等)の素材もあります。

ネオクラシック バイク似合うジャケット1
ネオクラシック バイクに合うジャケット2
ネオクラシックバイクに似合うジャケット4

 

【関連記事】バイクジャケットについて

大人のバイクジャケットについての記事【商品紹介あり】↓↓

バイクジャケットの選び方 ダサくならないおしゃれな考え方とヒントツーリングで使えるかっこいいバイクジャケットの選び方  ダサくならない大人のおしゃれジャケットを選ぶ考え方とヒント...

 

【関連記事】バイカーシャツ(Tシャツ)のおすすめ45選

ジャケットの下にセンスよく着込む

大人のおしゃれなバイクTシャツやロンT バイク乗りにおすすめ50選 バイクTシャツ 大人のバイク乗りに似合うおしゃれなTシャツ50選 バイクメーカー別・車種別・機能性・レディース・おもしろTシャツ別におすすめ品をピックアップしました。...

ネオクラシックバイクにピッタリなシューズは?

ネオクラシック バイクに合うシューズ
いわゆる バイク用ブーツ という選択も古い固定概念です。

機能面で注意する点は2つです。

チェンジペダルの当たる部分がしっかりした硬い素材であること

くるぶしまで覆うタイプの長めのシューズ

このタイプでタウンユースに似合うデザインで選びましょう。

”黒”という選択肢はマストではありません。

ジャケットが レザーのチャコール系ならシューズが黒というのがダサいですよね。

『黒のビジネスシューズにジーンズ、Tシャツ』の組み合わせと同じくらいダサいですよね。

ネオクラシック バイクに合うシューズ2
ネオクラシック バイクに合うシューズ3
ネイクラシックバイクに合うシューズ4

【関連記事】 カジュアルなバイク用シューズの記事 商品紹介あり↓↓↓

バイクシューズおすすめ10選 カジュアルでおしゃれな靴を履くべしバイク用シューズ(靴)はカジュアルでおしゃれに選ぼう。本格的なバイク専用スニーカータイプと本革クラシックタイプのライディングシューズのおすすめ10選...

【関連記事】低身長での足つき性の良い厚底ブーツ

バイクの足つき改善の対策 低身長でも安心の厚底ブーツのおすすめ品バイクの足つき改善について低身長の方向けに解説 バイクのシート高を下げる対策以外ではバイク用厚底ブーツを履くことが一番手軽な方法です。バイク専用のおすすめ品の紹介しています。...

ネオクラシックバイクにピッタリ 最適なパンツは?

ジーンズや綿パンツなどがやはり似合います。

レザー(革)パンツである必要はないと思います。

バイク用のひざ部分にプロテクターを装着できる専用品は見た目がカジュアルで実用性もあり、ベストです。。

ライダージーンズひざパット

 

ネオクラシックバイクにピッタリ グローブは?

ネオクラシック バイクファッション グローブ
クラシカルなバイクに似合うグローブは、革製のチャコール(茶色系統)の色がしっくりきます。

ネオクラシック バイクに合うグローブ1
ネオクラシック バイクに合うグローブ3

バイク用グローブのおすすめの記事のなかに
ネオクラシック バイクににぴったりのビンテイジタイプがあります。

バイクグローブのおすすめ15選(商品紹介あり)↓↓↓

バイクグローブのおすすめ15選 スマホ対応や革製でプロテクターが大切バイク用グローブの選び方 重要なのは安全性(プロテクター入り)と機能性(スマホ対応) 季節や用途によって使い分けるグローブは(3シーズン・冬・雨)と分けて考えるべき。 自分のバイクにあったグローブを見つける。...

本革グローブのおすすめ品(商品紹介あり)↓↓↓

クラシックタイプの旧車に似合う本革バイクグローブ おすすめ12選バイクグローブの本革製レザーのクラシックタイプにこだわる。旧車に似合う渋い大人のググローブでバイクに乗るのが楽しくなる。季節別のおすすめ12選...

 

ネオクラシックバイクにピッタリのバッグは?

ネオクラシックバイクファッション ネオクラシックバイクに合うバッグ

バイクに荷物を積んで走るのは、どこかツーリングという感じでスマートではありません。

身につけてしまいましょう。

リュックサック型(デイパック)が一番スマートです。

リュック型とならなんでも良いというわけではありません。

バイク専用の角型の専用のものが、より良いですね。

 

【関連記事】 リュックタイプのバッグのおすすめ品↓↓↓

バイクのバックパック おしゃれでカッコいいSSにも似合う個性派5選バイクのツーリングのリュック(バックパック)にこだわる おしゃれなハードシェルタイプも スポーティーでで人と被らない個性的5選...

ネオクラシックバイクのファッション 服装は安全面を考える

ファション性を考えて、バイク専用ウエアでなくても良いわけです。

ただし、専用のバイクウエアは機能面で、安全性が盛り込まれているものがあります。

転倒時や事故の場合、ライダーを守る、”プロテクター”です。

しかし、これが原因で、ゴツい。ダサい となりがちです。

おしゃれなウエアを選択すると、プロテクターはありません。

安全面を考えるなら、単体で 肘・ひざ・胸・背中を守る”プロテクター ”を下につけることで対応しましょう。

 

【関連記事】おすすめプロテクターの記事↓↓↓

バイクのプロテクター(インナープロテクター)の記事

普段着でおしゃれにバイクに乗りたい。最強・安全なプロテクターで解決バイクのプロテクターは安全上必要なアイテム。インナープロテクターは、おしゃれで自由な着こなしが楽しめるバイクの最強アイテムです。...

街に溶け込むかっこいい服装 これからの大人のバイクウエア

バイクは、バイクに乗らない人にとって、不良、暴走族、アウトロー こんなイメージがあると思います。

危ない、命を落とす!と心配されて”3ない運動”でバイクに若者を乗せないという社会運動まで起きた時代がありました。

イメージの悪いバイクですが、大人がおしゃれに乗ることで、日常の足として、こだわりの趣味として、

ヨーロッパのように市民権を得る日が日本でもくることを期待したいですね。

街に溶け込んだおしゃれな小道具にバイクが一般的になるように、

バイク乗りのイメージアップをいかつくないファッションでイメージアップして欲しいものです。

ネオクラシックバイクの服装(ファッション)はレトロでカジュアルな普段着感覚でキメる! まとめ

まとめ

ネオクラシックバイクに似合うファッションは固定概念を捨てること

ネオクラシックバイクファッションはファッション性を重視すべき

バイクメーカー専用品である必要はない。

似合うファッションのアイテム別提案

●ヘルメットはレトロデザイン

●ウエアは素材重視

●グローブはレトロな革製

●パンツはジーンズや綿パンツ

●シューズ(ブーツ)はカジュアルに

●バッグはリュックタイプ

(注)安全性を考えるなら、別にプロテクターがおすすめ

大人のバイク乗りなら、ネオクラシックバイクファッションを極めよう

以上の内容でした。

ネオクラシックバイクの服装(ファッション) おすすめ品一覧

記事内で紹介したおすすめ商品の一覧です。

● ライダーズパンツ EDWIN 056タイプ デニムライダーズパンツ
(プロテクターは別売)

●ライダーズパンツ KOMINE ライダーパンツ デニム(プロテクター付き)

●単体プロテクター 各種

プロテクター 胸部

特にコミネのエニグマは涼しくて軽くて薄くて強度も高いのでおすすめです。

SK-848 世界最薄のCE規格2レベルのエアスルータイプの胸部プロテクター


ひざ・すねの手軽なタイプ

脊髄(背中)パット

 

老ライダー
老ライダー
最後までお読みいただきありがとうございます♬

バイク用品の記事はまだまだたくさんあります。
ぜひ チェックしてみてくださいませ♪

【関連記事】バイク用品の記事

\バイク用品についての記事をチェック/
バイク用品INDEX

 

【バイクを高く売る】

⭐️バイクの買い替えをお考えなら、下記記事をチェックしてみてください♫

バイクを高く売る 老ライダー
●バイクを賢く高く売る! バイクの買い替え等をお考えなら、

バイクを売りたい方向けの記事はこちらでご覧になれます。

●買取専門業者

KATIXはバイクを写真で売る手間要らずのシステム おまかせで売れる仕組みについて解説KATIX(旧アップス)でバイクを高く売る手間要らずの方法です。 ネットに写真をアップしておまかせで売れる仕組みについて解説 希望価格を設定できますよ。...

\記事を読んでみる/
バイク売るならどこがいい?知恵袋を読むより簡単なこと

\バイク王の評判 最大手バイク王の記事/
バイク買取 バイク王の評判

\買取業者ランキング/
出張買取業者ランキング

●バイク販売店

\レッドバロン/
レッドバロンの評判と特徴
\バイク館SOX/
バイク館SOX 特徴と評判
\YSP/
YSPの評判と特徴
\ホンダドリーム店/
HONDAドリーム店 評判と特徴

\バイク買取最大手のバイク王の記事/

バイク王の評判は最悪?でもおすすめでバイクを高く売るには外せない理由バイク王のバイク買取はネットでの評判が悪いのは大手であることの宿命。 業界No. 1の理由と、バイクを高くスマートに売るためのコツのアドバイス記事...

●読んでみてくださいませ♪

バイク記事一覧roriderblog

バイク用品・装備ランキング
人気ブログランキングでフォロー

金利の低い銀行ローンの近道

かしこく借りて夢をかなえる

\詳しく見てみる/
クラウドローン

バイク買うのにローンを組むなら銀行から借りる方が
金利は低くて圧倒的に有利です。

クラウドローンは銀行ローンの代行業者

●ネットで3分で診断完了

●金利の安い銀行を探して交渉

交渉はクラウドローンにお任せ
(金利の安い安心の銀行マイカーローンが選べます)

●登録無料
闇金業者ではありません。
(2020年スタートの新システム)

バイク店の信販ローンとの金利差は約7%
(銀行のマイカーローンの金利は約3%
バイク店は約10%)
3年で100万円のローンなら13万円もお得です。
200万円なら26万円もお得)。

バイクをローンで買うなら
銀行のマイカーローンを使いましょう!

\サイトで3分間診断をしてみる/
クラウドローン

 

バイク盗難保険

盗難保険は任意保険とは違います。
盗難に特化した保険です。

ZuttoRide保険はロードサービスとセットもあります。

1日25円からのZuttoRideバイク盗難保険

 

●バイク保険に入っておこう

同じバイク保険でも保険料は保険会社毎に異なります。
複数の保険会社を比べてみれば、
一番安くてお得なバイク保険が見つかります!

<無料>バイク保険一括見積もりで最大8社を比較しよう!
<最短5分>

\バイク保険を調べる/
インズウェブバイク保険

●バイクの置き場所を確保しよう(レンタルボックス)

(全国対応 あなたの近所で探せます)
屋根付き・屋根なし・本格バイクヤードが選べます。
●IF物件はバイクに使えます。(物件多数)

トランクルーム、レンタルボックス、バイクヤードなら加瀬倉庫!

\バイク用レンタルBOXを探す/

>>バイク専用(バイクヤードは4タイプ
>>レンタルボックスもバイクで利用可能

●バイクの買い替え資金を確保しよう(バイク買取業者)

乗らなくなったバイク、買い替えで手放すバイク

無料で査定してもらって売れる

●バイク王
バイク王に無料見積依頼をしよう!

\No. 1のバイク王にアクセス/
バイク王

●バイクワンバイク買取
\ネットで簡単査定のバイクワン/

バイクワン●KATIX
複数業者が見積もる
納得したら売るシステムのKATIX
\写真で簡単査定/

◆バイクを売る方法のおすすめ記事

バイク売るならどこがいい?の疑問に答えます。知恵袋を読むより簡単なことバイクの売り先はどこがいい?バイク買取はどこがいい?の疑問に答えます。買取業者が一番ですが、一社に絞らず複数社に連絡 考える前にすぐ行動することが失敗しない方法です。...

バイクメーカー(リンク)メーカーの新車がチェックできる

HONDA

YAMAHA

SUZUKI

KAWASAKI

二輪車関連団体(リンク)バイク業界の情報を詳しく見る

(社)全国軽自動車協会連合会

(社)日本の二輪車普及安全協会

(財)日本モーターサイクルスポーツ協会

【カテゴリー別記事一覧】

ブログカテゴリー別一覧 老ライダーブログ
老ライダー
老ライダー

気になる項目の記事をチェックしてみてくださいね♪

バイク用品

\ヘルメット・季節ごとのウエア・バッグ類など/
\バイクに関する役立つグッズについての記事/
>>INDEX一覧

キャンプツーリング

\キャンプツーリング全般について/
\バイク・キャンプ道具・積載グッズの記事/
>>INDEX一覧

バイクを高く売る

\バイクの売却方法について/
\買取業者情報や売り方のコツやヒント/
>>INDEX一覧

オートバイライフ

\バイクライフの提案記事/
\バイク選び・バイク免許/
\ツーリング/

>>INDEX一覧

●バイク免許●

\バイク免許/
\教習所情報/
>>INDEX一覧

オートバイ知識

\バイクの知識全般/
\エンジンや車種タイプについての記事/
>>INDEX一覧

バイク初心者

\バイク初心者向けの記事/
\バイク入門・バイク用品選びなどの記事/
>>INDEX一覧

バイク保管・盗難防止

\バイクの保管・盗難防止対策について/
\ガレージライフ・ロック・盗難対策の記事/
>>INDEX一覧

【番外編】     バイク雑談

\バイクに関する雑談/
\バイクの歴史・情報などの記事/
>>INDEX一覧

外車の魅力

\外車の魅力について/
\外車各メーカーの車種紹介の記事/
>>INDEX一覧

バイクカスタム

\バイクのカスタムについて/
\基本的なカスタム・旧車のカスタム/
>>INDEX一覧

 

●コンタクトフォーム お問い合わせはこちらまで●